烟霞淡泊

キーワード:川場田園を含む記事

道の駅川場田園プラザ(09:00)⇒吹割の滝(09:40)⇒光徳牧場(12:00)⇒湯ノ湖駐車場(15:00)

北関東の旅第2日目、「道の駅川場田園プラザ」の朝、良い天気です。

KIMG3259

朝食前に道の駅周辺の散策コースに行ってみました。
林檎畑と田圃の長閑な道を6km強、名所(?)を巡りながら楽しみました。
途中、歴史民俗資料館の火災(ボヤ)を発見するというハプニングも。
KIMG3260

KIMG3261
KIMG3263
林檎畑に謎の自動車(?)が入って何やら液体(水?)を噴霧。
過去に何度か見ていますが、こんなような動きをするのですね。
KIMG3264
未だ残っている稲穂
KIMG3266
大きな吊橋
KIMG3267
フィッショングエリアがあり、朝早くから沢山のアングラーがロッドを振っていました。
KIMG3268
民俗資料館に近づくと、大きなベルのような音が聞こえてきました。
でかい目覚まし時計が鳴りっぱなし?
建物を廻り込むと、焦げ臭い匂いと何と換気孔から白い煙が・・・・
火事です。
119に掛けようと思ったら、遠くからサイレンの音が。
どうやら火災警報器が消防署に直結していたみたいです。
KIMG3271
消防車が到着、どうやらボヤ程度のようで、先ずは良かったです。
KIMG3272
遠くから見て何の畑か判りませんでした。
初年か2年物の蒟蒻畑ですね。
KIMG3273
隣の蒟蒻畑、これは3年?4年?物でしょうか。
KIMG3274
道々の花々

KIMG3280
KIMG3281
湧水「お諏訪の水」
KIMG3283
程好い運動後の朝食を美味しく頂きました。
KIMG3287


国道120号線を走って、吹割の滝、今年の7月に開業した「道の駅尾瀬かたしな」、金精峠に立ち寄りながら奥日光の光徳へ。

吹割の滝への遊歩道、今日は水量が多くなかなかの迫力ですね。

KIMG3290
KIMG3292
古風なキャッチコピーの「東洋のナイアガラ」は笑えますが、判りますよね。
以前は滝の縁まで近寄れたのですが、今は縄を張っています。
KIMG3295
KIMG3300
KIMG3302
KIMG3303
展望台からのぞき込んでみました。
KIMG3305

今年の7月にオープンした「道の駅尾瀬かたしな」、規模は小さいのですが、良い雰囲気の道の駅です。
KIMG3306
今日のおやつその1、上州名物「焼きまんじゅう」、熱々ふかふかです。
KIMG3309

金精峠下から奥日光方面の景色、男体山と湯ノ湖です。
KIMG3310
KIMG3312
KIMG3314

光徳駐車場に到着
KIMG3315
昨日、道の駅川場田園プラザで購入したギンヒカリのおし寿司
KIMG3316
ギンヒカリ」は、群馬県の公式HPによれば次のようです。

・水産試験場川場養魚場(現 川場養魚センター、平成15年改称)に「三年成熟系ニジマス」(通称「ギン」)が存在することは以前から経験的に知られており、このニジマスを10年余り選抜育種した結果、雌の80%弱が3年成熟系であることを確認しました。

・通常のニジマス(雌)は2年で成熟し成熟期には肉質が低下しますが、このニジマスは2年で成熟せず、成熟に伴う肉質の低下がありません。

・県では平成12年度「群馬のマス」ブランド化推進事業を立ち上げ、調理師会、観光協会、温泉旅館協同組合、生産者(養殖業者)等で構成するブランド化検討委員会を発足させ、ネーミング、宣伝、販売、調理方法等を検討し、創作料理レシピ集を作成するとともに、三年成熟系ニジマスを「ギンヒカリ」と命名し特許庁に商標登録出願を行いました。

・平成14年5月31日付けで特許庁から正式に「ギンヒカリ」が商標として認められ、商標登録されました。

・群馬県養鱒漁業協同組合では現在ギンヒカリ部会を結成し、ギンヒカリの品質向上、販路拡大に取り組んでいます。
さてお味は、富山の鱒の寿司に比べると、鱒の味は濃いのですが脂の乗りは浅く、さっぱり目ですね。
季節、個体差はあるかもしれませんがそんな印象でした。
KIMG3319
ご馳走様でした。

光徳牧場へ
KIMG3320
アイスクリームは濃厚でちょっと古風な味わい、牛乳も爽やかな良い香りです。
KIMG3334
付近を散策
KIMG3321
牧場らしい美しい風景
KIMG3325
光徳沼、昔はもっと沼らしかったと思うのですが、かれこれ50年くらい昔の話です。
KIMG3326
KIMG3330
KIMG3341

本日のP泊地の湯ノ湖駐車場に移動して、昨年の冬に訪れて気に入った「湖畔の宿 湯の屋(800円)」で本日の温泉入浴。
KIMG3353
三連休の中日なのに他にお客さんがおらず贅沢に独り占め(と言っても10分もしたらお客さんが次々と訪れましたが)。
KIMG3345
滔々と掛け流される少し青みがかった白濁の硫黄泉、誰しもが思い描く温泉といった風情です。
含硫黄-ナトリウム/カルシウム-硫酸塩/炭酸水素塩/塩化物泉(中性低張性高温泉)・加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:65.8/41・淡緑白濁・強硫化水素臭・微ダシ味/微塩味・サラスベ・鄙び温泉ホテル系。
KIMG3352
あっと謂う間に積もる湯の華、歩くと足跡が残ります。
KIMG3347
温泉の析出物を纏ったラブリーなライオンゲー
KIMG3349
水中に潜っている配管、ここから大量の温泉が注ぎ込まれています。
上から注げば良いのに、奥ゆかしい?ですね。
KIMG3350
KIMG3351

湯ノ湖には広い駐車場がいくつかありますが、さすがに今日は満杯でした。
KIMG3354
夜半、星空が綺麗でした。






自宅(06:00)⇒伊勢崎(09:50)⇒吉岡(11:45)⇒月夜野(11:30)⇒道の駅川場田園プラザ(15:00)

この三連休に北関東の小旅行に出掛けました。
6月初旬から8月下旬の北海道の旅以来の車旅ですね。
朝早く国道16号・125号・17号を走って、我が家定番の伊勢崎の「日の出食堂」でブランチ。
上州名物のもつ煮、この辺りでは渋川の「永井食堂」が有名ですが、私はこちらの方が好みです。
KIMG3217
もつ煮定食(700円)を2人前ともつ煮大盛単品(540円)。
定食のもつ煮(普通盛り)でもなかなかのボリューム、もつ煮大盛はその1.5倍以上です。
KIMG3219
煮込みはもつと薬味の葱のみ、ふるふるで旨味は濃いのですが、見た目以上にさっぱり。
「この煮込みは飲み物」と謂う呟き、言い得て妙ですな。
KIMG3220
今日も美味しく頂き、ご馳走様でした。

道のよしおか温泉のパークゴルフ場を偵察。
KIMG3224
KIMG3225
KIMG3221
3コース27Hのコースですが、敷地が広大で緩やかな起伏があり、素晴らしく綺麗に整備されています。
料金は600円/1日ですが、「パークゴルフ/温泉/食事のセット(1,600円)」、「平日の午後は300円」とお得なメニューがあり、そそられます。
道東や道北のパークゴルフ場のような雰囲気です。
OBになり難いでしょうね
KIMG3222
KIMG3223
今回は色々と予定が入ってラウンドできませんが、近いうちに是非訪れましょう。

さて今日のお楽しみのフルーツめぐりその1で、「鷹之羽ぶどう園」へ。
KIMG3227
KIMG3226
試食して皮ごと食べれる品種の「ウィンク」を購入、香り高く、甘酸のバランス良く、パリパリとした食感、美味しいです。
KIMG3250

本日の温泉入浴は、奥利根湖のパドリングの帰りに必ず立ち寄る「みなかみ町営温泉センター三峰の湯(360円)」へ。
数えてみると今日で5回目の入湯、プレハブの建屋、こじんまりとした温泉ですが、気に入ってます。
KIMG3228
KIMG3229
カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:46.6/45and42、無色透明・微硫化水素臭・無味・サラスベ・おらが村共同浴場系。
写真はNETから拝借
KIMG3230
KIMG3231
泉質、浴室の造り、湯使い、そして低価格、素晴らしい温泉です。

三峰山の下のトンネルを潜って川場村へ。
本日のフルーツその2で「喜楽園」で旬を迎えた林檎を、ここでも試食して秋映、シナノスイート、あかぎを各3個購入。
KIMG3234
KIMG3235
KIMG3233

本日のP泊の「道の駅川場田園プラザ」に到着。
KIMG3237
KIMG3238
早速、食べ物に走って定番の山賊焼きを始め、KAWABA BEER、ギンヒカリ押し寿司、ベーカリーのパン、等々を購入。
KIMG3246
KIMG3240
KIMG3249
おやつ(?)
KIMG3243
KIMG3244
KIMG3245

殆ど買ったものを並べるだけの超簡単夕食、クラフトビール4種の飲み比べ、山賊焼き、鯖水煮缶玉葱チーズ
KIMG3252
KIMG3257
KIMG3253
KIMG3254
罪滅ぼし
KIMG3255
ご馳走様でした。

よく走って、食べた1日でした。
さて明日は、朝この辺りを散策して、奥日光方面に移動です。

道の駅川場田園プラザ(05:10)
⇒自宅(11:30)

本日午後に人と会う約束があり、道の駅川場田園プラザを早朝に立って、一路帰宅の途へ。
(駐車ではなく、写真を撮るために一時停車したものです。)
image


多少の通勤渋滞に巻き込まれましたが、順調に走って昼前に帰宅。
後片付けとサッと洗車して、キャンピングカーの旅は終了。

走行距離480km、燃費8.5km/L、でした。

道の駅月野夜矢瀬親水公園(05:10)⇒奥利根湖管理道路入口(05:55)⇒奥利根湖ダム駐車場(06:15)⇒奥利根湖エントリーポイント(07:10)⇒利根川本流(水根沢辺り09:40~10:10)⇒奥利根湖エントリーポイント(11:45)⇒川場温泉いこいの湯(14:15)⇒道の駅川場田園プラザ(15:30)


今回の旅のメインイベントの奥利根湖新緑パドリングへ。
パドリングの記録と併せて、昨年秋と今回のパドリングから、覚書や関連する情報も載せてみることにしました。

奥利根湖管理道路の開通時間の06:00に合わせて出発して05:55に着きましたが、既にゲートは開かれていました。
ダムの駐車場に着つくと、釣りのボートが5艇、シーカヤック1艇、出艇準備中でした。
我が家も管理小屋に行ってダム湖利用申請書(利用者氏名・住所、コース、帰着時間、緊急連絡先、等)を提出してその半券を受け取ります(帰着時に管理人さんに渡します)。
10日前までは貯水率98%前後だったのに、この一週間で毎日3%程度づつ低下して今日は81%、満水が一番ですが、まあなんとか許容できるぐらいですね。
image

ワイルドカード号組み立てて、エントリーポイントまで運んで出艇。
image
本日のパドリングコースは、右コース(利根川本流方面)で、20kmのロングコースです。
image

パドリングスタート、二股までまっすぐ北に漕ぎあがりますが、やや強い吹き下しの向かい風です。
DSC_0569
遠くにまだ雪の残っている国境稜線の山が見えます。
DSC_0571
左コース方向の国境稜線の山々。
DSC_0573
新緑と残雪の残る山、パドラーの間では、日本のユーコン、リトルカナダ等と謂われているそうです。
DSC_0614
本流方面(右コース)に入ると場所によっては風が通らない湖面も現れます。
DSC_0575
漕ぎ始めて1時間で休憩、お茶と甘い物を頂きました。
DSC_0578
新緑の鏡面、芽吹いたばかりの新緑が眩しいです。
DSC_0579
DSC_0581
DSC_0582
DSC_0584
DSC_0585
DSC_0589
割沢の対岸辺りにある万年滝、一年中見られる滝です。
DSC_0591
DSC_0607
DSC_0594
終点の利根川本流に近づいて、両岸が狭まってきます。
DSC_0596
水深も浅くなって、川のような様相になってきました。
船底に触れている足が冷たく感じるようになりました。
とても冷たい水が流れ込んでいるようです。
こんなところで落水すると数分で低体温症になってしまうでしょうね。
DSC_0597
DSC_0598
漕ぎ上がれるところまで行って終点、漕ぎ出してから2時間30分でした。
DSC_0599
DSC_0601
早いお昼、パドリングの定番のカップラーメンを頂きます。
カップラーメンはパドリングの時だけと決めていますが、何時ものことながら美味しい。
ゆっくりと休憩しました。
DSC_0603
さて、エントリーポイントに戻ります。
漕ぎ上がったところから、200mぐらいの川下り、結構楽しい。
DSC_0602
DSC_0604
DSC_0605
まだ吹き下しの風が吹いていて、追い風状態で快適にパドリング。
秋に来た時は風が吹き下しから吹き上がりに変わって、帰りが苦労しましたが、今日はとても楽です。
DSC_0608
DSC_0618
エントリーポイントまで1時間30分と相当早く帰ることができました。
DSC_0619
DSC_0621
往き2時間30分、帰り1時間30分、休憩30分、計4時間30分の楽しいパドリングでした。
昨年10月の錦繍の左コースに続いて新緑の右コース、この逆も良さそうです。
また来ましょう。

<奥利根湖パドリング覚書>
1.情報
1)「独立行政法人水資源機構 八木沢ダム 奈良俣ダム
 貯水率、ダム湖の映像(1週間毎、新緑や紅葉の時期の見極め)管理道路(冬季閉鎖)の開通期間・時間、奥利根湖の利用上の注意等の情報が纏まっています。
2)パドリング記録
以前私が調べた参考になりそうなblog(私の秋の記録も加えています)。
①春~夏
ユーコンに行ってきました、なんちゃって奥利根湖カヤックキャンプ」、「右か左か~奥利根湖~-IS-AMU log」、「奥利根パドリング
②紅葉
錦繍奥利根」「カヤックで紅葉狩り(奥利根湖)」、「晩秋の奥利根湖でカヤック」、「カヤック@錦繍の奥利根湖

2.注意事項他
1)湖上での通信
①湖上では携帯は繋がらない(と思われる)。
auは繋がりませんでした(DoCoMo、他は判りませんが)。
事故等が起こったら、無線機でも持っていない限り人が伝える他は方法が無いのでは…。
②位置情報(Yahoo!地図等)もスタートから二股までは表示されましたが、それ以降は表示が更新されない状態。⇒詳細な地図を必ず持参すること。
2)風について
秋春の2回のパドリングから、
朝から午前中は吹き下しの風となることが多いようです(2回とも吹いた)。
昼前後から、吹き上げの風が発生することも(秋は吹いた、今回は判らない)。
⇒可能な限り早く出発することが望ましいと思う。
3)パドリング速度
右コースや左コース等、長距離を漕ぐ場合、少々の向かい風でも4km/hrぐらいの速度で漕げる艇が望ましい。
4)動力船
動力船はカヤックやカヌーを認めれば減速して呉れるが、峡部は波が大きく返しの波も立つので、注意が必要。

カヤックを干して、畳んで、日帰り温泉へ出発。
当初は昨年の秋に訪れてとても気に入った「水上町営温泉センター 三峰の湯」に行ってみましたが、何と本日は臨時休業。
仕方がないので、本日のP泊予定の道の駅川場田園プラザの近くの「川場温泉いこいの湯」へ。
DSC_0622
DSC_0624
優しいお湯にゆっくり浸かり疲れた筋肉を解しました。


「道の駅川場田園プラザ」に到着。
道の駅川場田園プラザといえば、これです。
山賊焼(500円)と川場ビール(バイツェンとレッドエール、各430円)。
山賊焼は、肉の旨みが強くジューシーでボリュームたっぷり、川場ビールも濃厚で山賊焼に良く合います。
ご馳走様でした。
DSC_0626
お客さんも帰って静かになった夕暮れの道の駅。
DSC_0631
DSC_0632

道の駅川場田園プラザ(05:50)⇒湯の湖(07:15~08:00)⇒大谷資料館(09:15~10:20)⇒権現堂堤公園(12:00~12:50)⇒大勝軒しのや⇒自宅(14:30)
道の駅川場田園プラザの朝
image

金精峠を越えて、奥日光の湯の湖で朝食を。
image

ベーコンとレタス、ベーコンと野菜のスープ、自家製ピクルス、道の駅川場田園プラザのパン工房のパン。
ベーコンがとても美味しい。
御馳走様でした。
image

大谷資料館へ。
大谷石の地下の巨大な採石場跡を公開していて一度行ってみたいと思っていました。
入館料(700円×2のところJAF割引で600円×2)
大谷資料館その1、エントランス
image

大谷資料館その2、中の温度は8℃とのことでウルトラライトダウンを着込んで地下へ
image

大谷資料館その3、更に地下へ
image

大谷資料館その4
image

大谷資料館その5
image

大谷資料館その6
image

大谷資料館その7
image

大谷資料館その8
image

大谷資料館その9
image

大谷資料館その10
image

大谷資料館その11、スマホのカメラの限界ですね。
image

大谷資料館その12
image

大谷資料館その13
image

大谷資料館その14、旧帝国ホテルのレリーフのレプリカ
image

いやーなかなか面白い処でした。
次は「権現堂堤公園のアジサイ祭り」へ。
4月の初旬に桜の花見に来ました。
権現堂堤公園は、水仙(1~2月)、桜と菜の花(4月)、アジサイ(6月)、彼岸花(9月)が楽しめるとのことです。
権現堂堤公園アジサイ祭りその1
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその2、見事な咲きっぷり
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその3
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその4
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその5
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその6
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその7
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその8
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその9
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその10
image

規模が大きくて、一面の白いアジサイの斜面は圧巻です。
明るい日差しを受けたアジサイもまた良いですね。
秋の彼岸花も楽しみです。
お昼は、幸手の広域農道にある「大勝軒しのや」へ。
花園インターへ行く道すがら、一度寄ってみたいと思っていました。
中華そば(730-50円、少なめ210g)、スタ辛つけ麺(880円、普通300g)を。
中華そば
image

スタ辛つけ麺
image

大勝軒の定番の美味しさ、ボリュームもたっぷりで、ご馳走でした。
赤城山の大沼ポタリング、川場村のウォーキング、大谷資料館、権現堂堤公園アジサイ祭りと盛り沢山の旅でした。
道の駅川場田園プラザは、さすがにアンケート日本一で、バラエティーに富んだ立派な施設、地場物産をふんだんに活用した物産店と飲食店、家族連れだったら半日はゆっくりと楽しめるでしょう。
違う季節に来てみたいと思いました。
今回走行距離:415km
給油無しで計算できませんが、燃料計で見ると、10km強です。
前回も10km超で、どうしてでしょうかね。
さて、次は何処に行きましょうか。

道の駅まくらがの里こが(05:50)⇒道の駅くろほね・やまびこ(07:20、自炊朝食)⇒赤城山(08:50~10:20)⇒道の駅川場田園プラザ(11:15)
道の駅まくらがの里こがの朝。
今日は天気は良さそうです。
image

道の駅くろほね・やまびこで朝食を自炊。
image

赤城山へ県道16号線のきつい山道を登ります。
小沼その1
image

小沼その2、空と湖の青さ
image

小沼その3、萌葱色
image

小沼その4、とても良い感じです。
image

小沼その5、盛りは過ぎていますがヤマツツジが綺麗
image

大沼について赤城神社の駐車場にスワローを停めて、大沼一周のポタリングへ。
大沼一周のポタリングその1、木立越しの大沼
image

大沼一周のポタリングその2、少し登りが
image

大沼一周のポタリングその3、水がとても綺麗
image

大沼一周のポタリングその4、水辺を走る
image

大沼一周のポタリングその5
image

大沼一周のポタリングその6、赤城神社
image

大沼一周のポタリングその7、赤城神社
image

小沼、大沼とゆっくりと堪能しました。
赤城山を下って「道の駅川場田園プラザ」へ。
道の駅人気ランキング第1位だそうです。
道の駅川場田園プラザその1
image

道の駅川場田園プラザその2
image

道の駅川場田園プラザその3
image

道の駅川場田園プラザその4、ミート工房でお昼を。
山賊焼き(500円)、冷製ペンネ(250円)、メンチカツ(150円)、ポトフ(200円)、川場地ビールヴァィチェン生(500円×2)。
本日はもう運転はしないのでビールを頂きます。
泊まる(停まる)場所さえあれば、一杯飲んで昼寝もできる、キャンピングーの良いところですね。
さて、皆美味しかったのですが、山賊焼きとポトフが特に気に入りました。
それとビール。
御馳走様でした。
image

スワローに戻って少し昼寝、休憩した後、ウォーキングへ。
川場村ウォーキングその1、武尊山を望む
image

川場村ウォーキングその2、路傍の道祖神
image

川場村ウォーキングその3、道端の花
image

川場村ウォーキングその4、愛宕山の麓の諏訪神社
image

川場村ウォーキングその5、愛宕山の愛宕神社の急な木段
image

川場村ウォーキングその6、ぜいぜい
image

川場村ウォーキングその7、木段の途中から川場村を望む
image

川場村ウォーキングその8、愛宕山の頂上から赤城山を望む
image

川場村ウォーキングその9、懸崖に観音様が彫られた岩観音
image

川場村ウォーキングその10、お諏訪の水、とても冷たくて美味しい
image

川場村ウォーキングその11、吉祥寺
花の寺の別名があるこの地方の名刹だそうです。
拝観料500円×2を払って入山。
吉祥寺その1
山門へ、いい雰囲気
image

吉祥寺その2、九輪草
image

吉祥寺その3、雪の下
image

吉祥寺その4、本堂へ
image

吉祥寺その5、四季咲き駒草
image

吉祥寺その6、本堂から庭を
image

吉祥寺その7、昇竜の滝
image

吉祥寺その8、青龍の滝
image

吉祥寺その9、手を叩くと
image

吉祥寺その10
オダマキの類
image

吉祥寺その11
色々な花々
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

花の寺の名に恥じぬ花々、堪能しました。
川場村ウォーキングその12、川場温泉「弘法の湯」SLホテル
一風呂浴びて、汗を流しました。
白い花の木は、ヤマボウシで、この辺りによく植わっています。
image

川場村ウォーキングその13、夕暮れ、13,000歩でした。
image

本日のタ食
ミート工房の盛り合わせソーセージとスモークチキン、物産店のミズとオータムポエムの茹でたもの、ウォーキングの途中で採った破竹の筍とふきの味噌汁、川場村レッドエール、バーボンのハイボール。
image

美味しいかったです。
御馳走様でした。


このページのトップヘ