烟霞淡泊

カテゴリ:ポタリング > ツールドチバ(千葉県一周一筆書きポタ)

夕刻に元勤め先の同僚と一杯飲むことになり、買い物も兼ねて都内へ出掛けました。

上野駅の正面出口のアーケード、夏休みで人出が多いですね。
KIMG3384

ちょっと遅いお昼を軽く一杯のつもりで、お目当ての店に行ったら臨時休業。
仕方なく、何時もの店に行ってしまいました。
おとんば 上野店」、多分4回目ですね。
KIMG3390
ホッピー白(450円)、焼酎が結構多くて、外1中3となりますが(ホッピー1本で焼酎3杯が飲める)、お昼なのでホッピーを口まで注いで、外1中2にしました
KIMG3391
焼き物はお好み5本(450円)を頼みますが、時間が掛かるので、併せて豆もやし(180円)とキムチ(?)を注文。
KIMG3392
焼きトンの各部位、大振りで品質が良く、90円は破格です。
KIMG3393
今日も美味しく頂きました。

付近を歩いて上野駅へ戻ります。
KIMG3394
上野駅の正面2階、こんなスペースがあるのですね。
KIMG3395
まるで海外の駅みたい雰囲気ですね(といっても大して行ったことはありませんが)。
KIMG3396

有楽町の東京交通会館へ。
KIMG3397
ミストシャワー、夏らしい風景です。
KIMG3398
此処に寄ったのはこれまた何時もの買い物。
「徳島香川トモニ市場」で「すだち果汁」(徳島産業㈱、360mL、1,080円)です。
KIMG2258
1本で約2ヶ月分、これで4ヶ月分ですね。
次回購入は年末でしょうか。
KIMG3433
東京交通会館、1Fは各県のアンテナショップ、B1は変わった店舗というか施設が結構あります。
B1の「涸沢ヒュッテ」の案内所?、そそります。
お客さんが居なければ入るところですね。
KIMG3399
KIMG3400
ステッキの専門店、その奥には箸の専門店
KIMG3401

有楽町から待ち合わせの勝どき駅へ移動、Iさんと待ち合わせて勝どき駅近くの焼き鳥の名店の「鳥善」へ。
美味しい焼き鳥初め鶏料理を頂きましたが、何時ものように写真はありません、何処か恥ずかしくて写真が撮れないですね。
さて、Iさんとは同じ会社である時に部署が一緒になって25年来の知り合いで、子供も同い年で近くに住んでいたこともあり、家族で近郊へ遊びに行ったりもしました。
これも何時もの決まり文句ですが、お互いのことや会社や共通の知り合いの近況等々・・・、懐かしくも楽しく、話を楽しみました。
Iさん、お忙しい所、お付き合い下さり有難うございました。

大江戸線で上野御徒町駅経由で上野から常磐線で帰宅。
夜のアメ横、少し日本離れした風景ですね。
今日は少し遅くなったので、梯子の誘惑は断ち切って、そのまま帰宅しました。
KIMG3405

2011年4月に、サイクルベースあさひのオリジナルの折り畳み自転車アルブレイズを購入しました。
私と相方で色違い(似ている色しかなかったが)を2台、ライトやチェーン等のアクセサリーを付けて総額で6万円程度でした。
アルブレイズを選んだのは、3万円以内、最も軽い、という条件からです。
前輪16インチで後輪20インチで、重量10.7kgを達成しているとのこと。
車に積んだり、収納袋に入れて電車で輪行するには便利で気に入っています。
ただし直進性にやや欠ける(運転のせい?)のと、漕いでも漕いでもスピードがでないのは、まあしょうがないかなと。
さてこの2年で色んな所へ行きましたが、幾つか紹介します。
千葉県一周(2011年12月から2013年5月で15日)。
内輪ではツールド千葉と呼んでます(後で、本当の”ツールド千葉”があることを知りましたが)。
千葉県の海岸線と県境を忠実に走って、千葉県の「一筆書き」です。
これができる県は案外少ないのです。
第1回:自宅→佐原、第2回:佐原→銚子、第3回:銚子→飯岡、第4回:飯岡→八日市場、第5回:八日市場→上総一ノ宮、第6回:上総一ノ宮→勝浦、第7回:勝浦→安房鴨川、第8回:安房鴨川→千倉、第9回:千倉→館山、第10回:館山→上総湊、第11回:上総湊→姉ヶ崎、第12回:姉ヶ崎→南船橋、第13回:南船橋→金町、第14回:金町→関宿、第15回:関宿→自宅。
正確な記録は採っていませんが全行程で600km位になると思います。
ところで移動と走り方ですが、例えば第1回は、自宅から出発して佐原まで走り、佐原からJRで自宅最寄り駅まで帰る、第5回は自宅から八日市場まで車で走り、八日市場の駅最寄りの駐車場から自転車で上総一宮まで走り、上総一ノ宮からJRで八日市場まで戻り、車に乗り換えて自宅に帰る、といように尺取虫のように回数を重ねました。
北西の風に押されて利根川沿いを快走、砂に埋もれたサイクリングロードを悪戦苦闘、冬の青い海を眺めながら散走、走り終えた後の食事(当たりも外れも)、等々、楽しい思い出です。

DSC_0187上総小湊前の海沿い、断崖絶壁の小道。


































DSC_0309市原辺りの車道のグリーンベルト。
「猫の尻尾」と呼んでいる雑草。


















DSC_0313関宿から自宅へ、利根川河口から  111km。
自宅まではあともう少しです。
ツールド千葉(自称)の最後の楽しみは、自宅に辿り着き、自転車を畳んで、直ぐに心置きなくビールが飲めること。


















このページのトップヘ