小野川湖パドリング(04:30~06:50)⇒三島温泉(11:00)⇒沼沢湖(13:00)

早朝の小野川、無風の湖面へ漕ぎ出しました。
DSC_0609
西部(下流)の多島地帯へ。
DSC_0610
此処でも磐梯山の裏側が見えます。
裏磐梯4湖は明治の磐梯山大噴火の時に堰き止められた自然湖なので、当たり前といえば当たり前ですね。
DSC_0612
振り返ると稜線から朝陽が昇りました。
DSC_0615
まだ少し朝靄が残っています。
DSC_0616
DSC_0617
周りに迫る高い山が無く、空が広くて、樺の類(?)の木立、何処か北海道の朱鞠内湖を思い出させるような美しい風景が広がっています。
DSC_0618
DSC_0619
この湖はカナディアンが良く似合いますね。
DSC_0623
綺麗な鏡面が続きます。
DSC_0624
DSC_0631
水面に浮かんでいるのは「アカメヤナギ」の綿毛ですね。
DSC_0628
DSC_0633
島の間を縫うようにパドリング。
DSC_0634
DSC_0635
DSC_0637
DSC_0641
日の当たる北岸の小さな砂浜で朝食、もち麦玄米のおにぎりと汁代わりのカップ麺(2人で1個)です。
DSC_0644
DSC_0648
1527590172685
1527590179136

小野川湖畔の家キャンプ場の管理棟、訪れたお客さんの写真が飾られています。
2回目、2年前の写真ですね。
DSC_0650
こんな写真も、トロフィーサイズのサクラマスも。
トローリングだそうです。
DSC_0651
2日間お世話になりました。
お気に入りの裏磐梯でキャンプ場、また訪れましょう。

金山町の沼沢湖へ行く途中で三島町の宮下温泉栄光館で入浴。
「まっとうな温泉(東日本版)」で無料入浴、通常料金の550円が無料となって、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は8,820円となりました。
DSC_0653
DSC_0660
ナトリウム-塩化物/硫酸塩/炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯舟:63.2/43・淡黄緑色微濁・無臭・微塩味・サラスベ・温泉旅館系。
DSC_0654
析出物が見事な湯口
DSC_0655
DSC_0656
明るく開放的な温泉、ゆっくりと温まりました。
DSC_0658

沼沢湖畔キャンプ場にチェックイン(1,000円+300円×2)、キャンプ場に入場すれば場内の出艇場所が利用可能となります。
沼沢湖は二重カルデラで周囲を外輪山に囲まれた静かな周囲5km程の静かな湖です。
DSC_0667
DSC_0662
DSC_0663
出艇から15分で、突然の雷と驟雨、湖岸の木の下に避難、慌てて雨雲レーダーを見ると、暫くは雷雲が居座りそうなのでパドリングは中止して戻ることに。
DSC_0665
DSC_0664
DSC_0666
1527590185529
1527590191341

沼沢湖の南西の玉梨温泉の共同浴場(協力金200円以上)で本日2回目の入浴。
DSC_0670
男性浴室は先客が居たので、相方が女性浴室の写真を。
1527590200072
ナトリウム-塩化物/硫酸塩/炭酸水素塩(低張性中性高温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:45.9/44・無色透明・無臭・ダシ鉄味・激渋共同温泉系。
実は45年くらい前にこの辺りの山登りで巡っていた時に訪れたことがあり、その頃から変わっていないような・・・、素晴らしい温泉、何時までも変わらずに残って欲しいものです。

キャンプ場に戻って一杯飲みながら。
DSC_0683
道の駅で購入した山独活、油揚げと一緒に炊き合わせ。
DSC_0671
鯖缶に玉葱をこんもり乗せて火に掛けてぐつぐついったら、チーズを山盛り乗せてバーナーで炙ります。
美味しいですね。
キャンプの摘まみに最適です。
DSC_0681
DSC_0687
陽が沈んで、雨が上がりました。
DSC_0686