烟霞淡泊

カテゴリ:カヤック > 檜原湖/福島県

道の駅裏磐梯(07:00)⇒檜原湖パドリング(08:00)⇒米沢市(13:00)⇒道の駅川のみなと長井(17:30)

道の駅裏磐梯の朝
KIMG7045

和朝食は、塩鮭、目玉焼きにトマトとコールスロー、水菜の味噌汁、ご飯。
キャンピングカーの旅の定番です。
KIMG7046
ご馳走様でした。

道の駅から数分の雄小沢駐車場にプレアデス号を停めて、出艇準備です。
KIMG7047
出艇です。
KIMG7054
紅葉は殆ど終わり、10日くらい前がピークだったようです。
それでも、小島が散在して複雑な入江が奥まで続く迷路のようないかり潟で名残の紅葉を楽しみました。
KIMG7056
檜原湖の南部はこのような小島が散在しています。
左手は磐梯山(裏側)ですね。
KIMG7061
KIMG7064
いかり潟入り口のキャンプ場。
KIMG7066
いかり潟へ。
KIMG7073
KIMG7074
KIMG7076
小島に上陸して休憩。
KIMG7079
KIMG7080
KIMG7086
帰り途、こんな岩があるはずで探すと。
d4298010
見付けましたが、水位が低くて、ワイルドカード号を寄せて岩に登ることが出来ません。
KIMG7090
仕方がないので登れそうな岩を見付けて登りましたが、余り面白い風景ではありませんね。
KIMG7091
KIMG7094
雄小沢のエントリーポイントに帰着。
KIMG7096
ワイルドカード号をプレアデス号の屋根に乗せて後始末終了です。
KIMG7100
本日の漕行軌跡
1573127386116
2時間強、7.3kmのパドリング、程好い運動でした。
1573127411178

西吾妻スカイバレーで山形県米沢市方面へ。
白布峠の手前の展望台から檜原湖、磐梯山を望む。
KIMG7112

お昼は米沢ラーメンの名店の「ひらま」へ、米沢ラーメンは初めて、楽しみです。
2日連続のラーメン、今日は少々運動したのでよしとしましょう。
駐車場は満杯で裏手の1台分の空に相方が何とかプレアデス号を停めました。
KIMG7118
KIMG7119
チャーシューメン(830円)、山形の醤油ラーメンの定番の鶏ガラと煮干し(?)の端麗なスープ、ふわっとした食感の細打ち縮れ麺、肉厚のたっぷり叉焼、美味しいです。
麺量も東北らしくたっぷり。
KIMG7121
激辛ラーメン(700円)、醤油ラーメンに豆板醤を加えたような辛味、美味しいのですが、ちょっと単調に感じてしまいますね。
KIMG7122
KIMG7123
ご馳走様でした。

米沢城跡の上杉神社へ。
KIMG7141
KIMG7126
KIMG7127
上杉鷹山ですね。
KIMG7130
何をしているかと見ていると。
KIMG7132
これですね。
作業している方にこれは何と呼ぶのか?と尋ねると、「雪囲い」であると。
この件をFBに投稿すると、CCC山形県在住のSさんから「そ垣(そがき)」とも呼ぶ、との情報を頂きました。
KIMG7133
KIMG7134
「タカオモミジ(イロハカエデ)」の巨木、緑⇒黄色⇒赤のグラデーションが見事です。
KIMG7138
KIMG7139
KIMG7140

本日の温泉入浴は、南陽市の赤湯元湯(200円)、これで赤湯共同浴場4湯(烏帽子の湯、とわの湯、あずま湯)コンプリートです。
此処は源泉が2種と贅沢な湯使い。
<森の山源泉>
含硫黄-カルシウム/ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:60/42、無色透明・硫化水素臭・苦ダシ・サラスベ
<湯川原源泉>
単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:52/42、無色透明・無臭・無味・ヌルツル
モダン共同浴場系
KIMG7144
KIMG7145
浴室の写真はNETから拝借


長井ダム管理支所へ。
明日のながい百秋湖パドリングの湖面利用申請所を提出するために訪問。
申請書は、持参、郵送、FAXで提出可能ですが、申請書の印刷を忘れてしまい、直接提出に来ました。
KIMG7149
KIMG7147
KIMG7146
KIMG7148
紅葉は終盤ですが、まだ残っていますね。
KIMG7152

本日のP泊地は、道の駅川のみなと長井。
夕食は、寄せ鍋(鶏肉、鰰、豆腐、白菜、椎茸)と茹で馬もつの豆板醤和え。
鰰、炊くと身がほろっと骨からとれて、優しい旨味、美味しいです。
KIMG7154
ご馳走様でした。

小野川湖畔の家キャンプ場(03:45)⇒檜原湖・雄子沢(04:20~08:20)⇒曽原湖(09:00~10:15)⇒喜多方市山都(12:00)⇒小野川湖畔の家キャンプ場(15:00)

4時過ぎに檜原湖雄子沢の出艇場所へ。

月曜日なのでさすがに無料駐車場はガラガラでした。

DSC_0512

キャリアからワイルドカード号を下ろして出艇準備終了、便利ですね。
DSC_0514
DSC_0515

檜原湖も南部(下流)は多島地帯が広がっています。
DSC_0517
DSC_0518

今日は生憎の曇りですが、風はほとんど無く、快適なパドリングです。
DSC_0521

湖を横断して、目的地のいかり潟へ。

いかり潟は複雑な入江が奥まで続いていて、絶好のパドリングスポットになっています。

同時にバス釣りの好適地でもあり、休日は沢山のバサーが入り込んでいるのですが、今日は誰も居なくて、静かです。
DSC_0523

DSC_0525

いかり潟の中は、形の良い岩と樹木が続いていて、まるで巨大な日本庭園に迷い込んだょうな感じです。
DSC_0526
DSC_0527

足場の良い小島で小休止。

DSC_0532

更に奥へ
DSC_0534

遊歩道の吊り橋を潜って。
DSC_0535

風が全く無く、見事な鏡面です。
DSC_0536
DSC_0537
DSC_0538
DSC_0540

いかり潟を出て、出艇場所に戻ります。
DSC_0542

見事な岩、乗らずにはいられませんね
DSC_0546
DSC_0547

7km、2時間のパドリングでした。

いかり潟、とても美しく面白い、紅葉の頃も素晴らしいでしょうね。

再訪しましょう。

1527505039467

1527505045137

次の湖へ梯子です。

DSC_0553
DSC_0554
DSC_0555
DSC_0556
DSC_0560

曽原湖は、さざなみ荘から出艇。

駐車料と施設使用料で500円/1人です。
DSC_0561
DSC_0562

時計と反対周りで。
DSC_0563

広い空、湖畔の別荘、美しい木立、山上の湖と言った趣です。
DSC_0565
DSC_0566
DSC_0568

此処からも磐梯山の裏側がみえます。
DSC_0569
DSC_0575
DSC_0576
DSC_0578

パドリングの軌跡

1527505077964

1527505059633

さて今日は、喜多方市の山都地区へ、「山都そば」を食べに。
曽原湖から50km強、途中こんな酷道459も。
DSC_0580
山都地区の宮古の「そば処 西村屋」、立派な古民家です。
DSC_0584
DSC_0585
天井が高く、見事な梁と自在鉤。
DSC_0581
DSC_0582
手前は山菜セット(刺身蒟蒻、鰊の山椒漬け、山菜4品、漬物、蕎麦2杯、2,000円)、そばセット(刺身蒟蒻、山菜2品、漬物、蕎麦2杯、1,500円)
蕎麦は山都地区の蕎麦粉10割、薄い平打ち、椀盛り、しっかりこしがあり、水を纏ってふわっとした食感(水っぽさは無し)、汁は端麗、椀に2杯(追加で提供)で充分なボリューム、ちょっと個性的でなかなか美味しい。
DSC_0586

刺身蒟蒻
DSC_0588
あいご(みやまいらくさ)
DSC_0587
ゼンマイ
DSC_0590

_20180603_224931
鰊の山椒漬け
_20180603_224955
ゆっくりと楽しんで蕎麦を頂きました。
こんな蕎麦も良いですね。

今日も、裏磐梯ふれあい温泉湖望へ。
DSC_0596
今日も他にお客さんが居なく、独り占めです。
DSC_0593
DSC_0595

小野川湖畔の家キャンプ場に帰着。
DSC_0601
管理事務所と炊事場
DSC_0598
トイレとシャワー。
設備は質素ですが、とても綺麗に掃除・整備されています。
DSC_0599
今日も、炭火焼き
DSC_0597
キャンプの炭火焼きの干物、何時もホッケ(時折、シシャモかメザシ)を選んでしまいますね。
焼いて身を食べたあと、中骨や頭をこんがり焼いて、残さず食べてしまいます。
DSC_0603
さつま揚げも定番です。
DSC_0605
鶏は手羽先が多いですね。
ホイル蒸し2種(シメジとエノキ)も定番。
DSC_0604
ご馳走様でした。
今日も静かに陽が暮れました。
DSC_0606
夜半の煌々とした月
DSC_0607

このページのトップヘ