烟霞淡泊

カテゴリ:釣り > ワカサギ釣り

道の駅裏磐梯(05:30)⇒こたかのもり(06:00~13:30)⇒檜原ふれあい温泉湖望(14:00)⇒道の駅裏磐梯(15:30)

道の駅裏磐梯の朝、今日は-1.2℃と暖かいです。
20210226_052132

朝食は、昨日、喜多方の「たんたんどる」で求めたリュスティックとチリビーンソーセージパンとカップスープのコーンポタージュ。
リュスティックがとても美味しい、再訪しましょう。
20210226_051547
ご馳走様でした。

昨日の激渋の公魚釣りに懲りず、今日も檜原湖に出撃です。
天気は一変して小雪が舞う陽気です。
20210226_060714
ソリに荷物を積んで、釣り場に向かいます。
20210226_063012
釣り場は昨日のポイントより少し東に設定。
三つ穴を開けて、その上にテントを張るようにしました。
20210226_064349
20210226_064612
あっという間に設営終了。
公魚釣りの腕前はさっぱりですが、準備設営等は上達しましたね。
20210226_065653

今日は3つの竿で勝負です。
さて今日の公魚のご機嫌は?
昨日に引き続き絶不調のようです。
20210226_073113
釣り始めて1時間半で相方の竿に強い当たりが訪れ、見事掛けました。
なかなかの引き、竿を叩いています。
20210226_073517
中型の公魚、坊主逃れの1匹です。
20210226_073605

相方の1匹以降は全く当たりは無く、ただ時間が過ぎていきます。
実釣開始から4時間、早めのお昼でカップ麺タイム。
20210226_103101
今日は少し大人しめです。
20210226_103225

昨日は2匹で、今日は1匹で終わるかと思ったら、私に来ました。
20210226_114029
ちっちゃな公魚。
20210226_114047
20210226_114053
少し時間をおいて2匹目。
20210226_114058
何とか3匹目も。
20210226_115800
ストップフィッシング。
今日の釣果は4匹です。
昨日は2匹、今日は4匹、立派な?ステップアップです
20210226_125401

2日間、公魚釣りを楽しみました。
目を覆いたくなるような激渋2連荘でしたが、面白かったです。
技術を磨いて、装備を揃えて、また挑戦しましょう。

明日予定しているスノーシューハイクの下調べに裏磐梯サイトステーションを訪れました。
1614327550330
レンゲ沼の自然探勝路
1614327559823
1614327569953
明日はレンゲ沼と中瀬沼の自然探勝路を巡ろうと思います。

今日の温泉入浴は「檜原ふれあい温泉 湖望」(村外者で400円)。
裏磐梯に訪れる度に必ず立ち寄り、今日で4回目の訪問です。
20210226_142250
北塩原村の役場の出張所と兼ねているという変わり種です。

1b10053b
今日は珍しく入浴者が私も含めて3人いたので、以前に撮った写真を借用しました。
2人でゆったり、詰めれば何とか3人の小さな湯舟に、滔々と掛け流し。
これ以上はないというシンプルさです。
bd2ef0b6-s
badcd5d5-s
単純泉(アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:48/40、無色透明・無臭・無味・ツルヌル・個性派公共立ち寄り湯系。

道の駅裏磐梯に戻りました。
雪見酒です。
20210226_155019

今日の夕食、メインディッシュの公魚の白焼き(助っ人に同じサケ目キュウリウオ科のカラフトシシャモに応援を頂きました)、鰊の山椒漬け、冷奴。
20210226_192528
塩も何もせずにそのまま白焼きした公魚、4匹中3匹が子持ちでした。
旨味と甘みが強く、とても美味しいです。
今まで公魚は天婦羅か唐揚げで食べていましたが、これも良いですね。
20210226_192540
もう一品は、餃子の王将の冷凍餃子。
情報番組で取り上げられていて、一度食べてみたいと思っていました。
ちょっと焼きが甘かったようですが、皮はもっちりも餡はジューシー、羽根もなかなか上手くできて、美味しいです。
20210226_194456
ご馳走様でした。

道の駅喜多の郷(04:30)⇒道の駅裏磐梯(05:20)

昨夜は全く雪が降らなかったので、檜原湖までの道の大半は、乾いた道だろうと朝早く出発しました。
道の駅裏磐梯で朝食を摂りました。
外気温は-6.3℃、冷え込んでいます。
20210225_052624

道の駅裏磐梯から檜原湖の東岸の「こたかのもり」へ向かいます。
1614233795602
檜原湖の南岸の北向きの道路が圧雪道になっていました。
1614233818503
「こたかのもり」に到着して、駐車場料金(800円)と入漁料(700円×2)を支払って、公魚穴釣りの準備をしました。
20210225_065608
荷物をソリに載せて、引いて湖面に降りていきます。
20210225_070238
正面に遠く見えるテントが沢山立っているところを目指します。
20210225_070806

到着してテントの設営、今回の旅の為に揃えたワンタッフィッシングテントワイド T5-244(ビーズ株式会社)です。
20210225_071857
広げて中に入って、傘のように広げて完成、2分も掛からずに組み立てることができます。
組み立てた写真を撮り忘れです。
20210225_072008
今度はアイスドリルで氷に穴を開けます。
20210225_072714

釣りの準備をして、水深を見るために餌なしで下まで仕掛けを下ろしたところ、なんと当たりがあって引き上げると小振りなワカサギが1匹掛かっていました。
金針できらきら光っていて、活性の高い時は餌なしでも喰いつくので、今日は期待できるかもと思ってしまいました。
20210225_075349

ところが、釣りにはよくある、「さにあらず」というパターンで、それ以降は全くウンともスンともいいません。
20210225_090208
20210225_102021
1時間くらい経って、私に2匹目、その後はまたウンともスンとも。
20210225_090255
3時間くらい経った頃、お隣テントの常連さんと釣り宿の方?との会話が聞こえてきました。
「滅多に無いような喰い渋りでやっと5匹、もう帰る」というような内容。
こりゃダメですね。

仕方がないので、早めにお昼のカップ麺を頂きました。
20210225_104029
スノーシューハイクの時等は、お湯を入れて待っている時間でもあっという間に冷めてしまうのですが、テントの中で風も全く無いせいでしょうね、何時までも熱々です。
20210225_105214
ご馳走様でした。

もう少し粘りましたが、全く好転せず、結局のところ釣果はこの2匹に終わりました。
20210225_101928

青空の下、とぼとぼと帰ります。
20210225_131215
裏磐梯が美しいです。
20210225_131410

さて、待ちに待ったマイテント公魚穴釣り釣行は、こうして散々な結果に終わりました。
普通なら、次のアクティビティに移るところですが、諦めの悪い?潔くない?私は泣きのもう1回に走ることに。
その為に、喜多方市まで買い物を出ました。

途中飯豊連峰の真っ白な山並み、圧巻です。
20210225_141935
買い物を済ませて、明日朝の朝食用のパンを調達。
20210225_144202

道の駅裏磐梯に戻ってP泊です。
夕食は、メインディッシュの公魚の天婦羅(蛸の天婦羅のおまけ付き)、鶏腿肉の水炊き風(鶏腿肉、大振りなめこ、)、烏賊の塩辛、市販檸檬果汁酎ハイ。
20210225_190631
釣り立て公魚の天婦羅、甘くてほろっと柔らかく美味しいです。
ああ、せめて一人10匹は食べたかった。
20210225_190643
鶏腿肉は弱火でことこと煮込みます。
20210225_190651
信州や東北でよく見かける大振りなめこ、見掛けると買わずにいられません。
20210225_190655
ご馳走様でした。

岩洞湖ワカサギ穴釣り⇒岩洞湖レストハウス(13:30)⇒道の駅石神の丘(16:30)

今日はこの旅のメインイベントの岩洞湖の氷上ワカサギ穴釣りです。
5時に起床して、4人用テントや穴あけドリルや橇をレンタルして(5,000円+1,000円+1,000円)、入漁料(6,00円×4)を支払い、橇に荷物を積んで湖上へ。
KIMG0122
結構な荷物ですが、橇で助かります。
KIMG0123
KIMG0126

レストハウスの店員さんに聞いたポイントで、先ずは氷に穴を4つ開けます。
最初はなかなか上手く開けられなかったのですが、慣れると案外簡単です。
KIMG0131
四つ開けた穴の上にテントを張ります。
KIMG0134

実釣開始。
水深22mとドン深です。
実は此処のところ喰いが落ちて、先ずは目標は10匹、20匹釣れれば御の字、とレストハウスの店員さんの話でした。
実際釣り始めると、「うんともすんとも」が続き、激渋です。
KIMG0135
ユニフレームのカセットストーブを焚くと、テントの中はぽかぽかです。
KIMG0136
それでもポツン・・・・・ポツン・・・・・と当たる時間が訪れました。
待望の一匹です。
KIMG0140
こんなメダカのような(失礼しました)ワカサギも、よっ名人!!!
KIMG0146
「今夜はワカサギ三昧」の夢は破れましたが、楽しいです。
line_30463455074731
お昼は、カップ麺で温まります。
KIMG0150
天気も良くて、絶好の公魚釣り日和なんですがね。
KIMG0148
7時から釣り始めて12時40分にストップフィッシングとなりました。
KIMG0154

本日の4人の釣果、公魚9匹、外道の魚(何だか判りません)が6匹、でした。
KIMG0157

本日のP泊地は「道の駅石神の丘」。
夕食は当然、ワカサギの天婦羅!!!、海老と白魚で増量です。
KIMG0158
今日は日本酒1本と白1本の1.0適量。
KIMG0159
蟹玉と蛸の酢の物、ワカサギと海老の天婦羅と白魚のかき揚げと柚子蓮根。
KIMG0160
ワカサギの天婦羅はほくほくでとても美味しいです。
KIMG0161
一杯食べるのは、来年にしましょう。
KIMG0163
ご馳走様でした。

阿寒湖(13:30)⇒道の駅はなやか小清水(17:00)

今朝は-18.2℃、この旅の最低気温更新でした。
DSC_7817
さて今日は阿寒湖で、ワカサギ釣り第3弾です。
DSC_7818
プレアデス号を阿寒湖の湖上に駐車しました。
氷が厚いので3t程度のトラックでも大丈夫とのことでしたが、それにしても初めての経験ですね。
DSC_7827
セット料金1,500円×2(遊漁料、仕掛け、餌代、貸テント、天ぷら代、込みでとてもお得)を支払って、開始。
DSC_7819
小さなテントですが、二人で釣るには十分な大きさです。
DSC_7820
さてワカサギ釣りですが、喰い渋り、また小さなワカサギが当たるのですが、なかなか針掛かりしてくれません。
DSC_7821
それでも偶に一荷(2匹)も含めて、ポツンポツンと飽きがこない程度に上がります。
DSC_7822
さて釣果ですが、08:00~11:30の3時間半で、激小から中型までを38匹でした。

セット料金に含まれている天ぷら揚げ代で、釣りたてのワカサギを揚げて頂きます。
高温でカリッと揚っていて、素晴らしく美味しいですね。
38匹ですが、思いの外食べ応えがあって、堪能しました。
DSC_7828
ご馳走様でした。

今日の温泉はニュー阿寒ホテル(1,278円)、HOで無料入浴です。
今回のHOで入浴した無料(5軒)と半額割引(3軒)の総額を出すと4,488円、本代(600円)を控除した3,838円を得したということになりますが、我ながら良く使いましたね。
[画像:7d1a8050-s.jpg]
沢山の内風呂と露天風呂にプラスして屋上に「天空ガーデンスパ」があります。
NETから拝借した写真。
縁に障害物の無い露天風呂で阿寒湖と一体化するような作りになっています。
専用の湯あみ着(貸出)か水着を着用して、混浴になっています。
[画像:daab9dbb-s.jpg]
[画像:5e275ff1-s.jpg]
普段先ず入ることのない温泉、贅沢な時間を過ごしました

湖上の駐車場に戻って、小清水へ向かって移動。
DSC_7831
DSC_7839

双岳台、雄阿寒も雌阿寒も雲の中でした。
DSC_7841

道の駅摩周温泉で、おやつに鹿バーガーとノンホモ牛乳を頂きます。
ミンチにしてしまうと鹿感が余り感じられないのですが、なかなか美味しいです。
DSC_7842

小清水のAコープで夕食の買い物。
去年の夏に来た時、気になった量り売りの日本酒を購入。
DSC_7843

道の駅はなやか小清水に到着。
早速「金適 特別純米 原酒」を頂きました。
どっしりと深みがあって、仄かな吟醸香、なかなか美味しいです。
DSC_7844
夕食は、豚しゃぶ(たっぷりの茸)、蒸かしきたあかりの塩辛バター、鮭の子。
蒸かしきたあかりの塩辛バター、これは本当に美味しい、大のお気に入りです。
DSC_7845
ご馳走様でした。

この駅はJR釧網本線の浜小清水駅と一体化した施設で、夜に道の駅へ行くとたまたまこんな電車(ルパン三世ラッピングトレイン)が停車していました。
モンキーパンチさんの故郷を調べると厚岸郡浜中町(根室本線)なので、なぜ釧網本線を走っているのか?を調べてみると、根室本線と釧網本線と石北本線で1日に2~6本のダイヤを走っているのですね。
この電車は「釧路14:14発 網走行」でした。
DSC_7846
[画像:ead40de6-s.jpg]

本日走行距離:95km、累計走行距離:3,144km


道の駅かみゆうべつ温泉チューリップの湯(06:15)⇒網走湖(08:10~14:15)⇒道の駅流氷街道網走(15:15)

今日も冷えました。
[画像:dcfb347b-s.jpg]
明日から道東も天候が悪化するという予報で、急遽土曜日に予定していた網走湖のワカサギ釣りを今日に変更して、時合の朝に間に合うように少しは早めに出発することにしました。

[画像:e7b2e963-s.jpg]
道路の状態も良好で、順調に走行できます。
[画像:8b7adebb-s.jpg]
[画像:67a2448e-s.jpg]

予定通り、8時過ぎに網走湖のワカサギ釣り場に到着。
遊漁料×2、餌代×1、仕掛け代×2、貸テント代、等で総額5,000円を支払って釣り場へ。
[画像:0ff2a9bd-s.jpg]
気温は低いのですが、青空も顔を覗かせて、風も無く、絶好のワカサギ釣り日和です。
[画像:1b9f2e81-s.jpg]
[画像:ac151006-s.jpg]
貸テント、ドッペルギャンガー製、これは良いですね。
NETで調べると16,000円くらいとドッペルギャンガーとしては結構高価です(スミマセン)。
[画像:6a13785d-s.jpg]
早速釣り始めると、一荷(2匹)や一荷半(3匹)も交じって良く釣れます。
型も、7cm前後の小型から15cmくらいの超大型まで、繊細な当たりからドキドキするような引きと、なかなかの釣趣が楽しめます。
テントの色にスマホのカメラが影響を受けて、赤みが掛かった写真になってしまいました。
[画像:9daff111-s.jpg]
これは大、中、小の一荷半。
[画像:41ef4de8-s.jpg]
開始2時間半でこの釣果。
[画像:4b7cb730-s.jpg]
こんな可愛いカレイ(たぶんクロガシラの子供)も掛かりますがお帰り頂きました。
柔らかいワカサギ釣りの竿を根元まで曲げて、なかなか楽しませてくれました。
[画像:01a78999-s.jpg]
14時でストップフィッシング、朝の時合を過ぎると当たりは遠退きますが、それでもポツポツと飽きない程度に釣れ続きました。

[画像:bc3e3051-s.jpg]
釣果は2人で167匹、公魚ビギナーとしては大漁、結構な重量の獲物を手に陸へ、あ~楽しかった!!!
[画像:a5161211-s.jpg]

ホームセンターやスーパーで買物をして、本日のP泊の道の駅流氷街道網走へ。
温泉まで走るのが面倒になって近くの銭湯を探すと、道の駅から700mの所に「ときわ湯」があり、そこに行くことに。
網走の繁華街を行きます。
[画像:14972408-s.jpg]
[画像:f07e6790-s.jpg]
ときわ湯
[画像:c0816eb9-s.jpg]
お客さんは私だけでしたので、写真を撮りました。
こじんまりとしていますが、なかなか良い浴室で、ゆっくり温ままりました。
[画像:e37a9f47-s.jpg]
温泉が一番ではありますが、地方都市の銭湯に立ち寄るのも面白く、特に外飲みを合わせると良いですね。

さて、本日の夕食の前に釣れたワカサギで保存食を作ることに。
中型を揃えて素焼きに、結構な量になりました。
このまま一晩おいて、続きは明日ですが、さて何が出来るのでしょうか?
[画像:ec584e8b-s.jpg]
[画像:be369689-s.jpg]

今日の夕食、メインは小型のワカサギの天婦羅、お皿にワカサギが飛び跳ねるように山盛にしてみました。
ほくほくで、甘みと爽やかな苦み、絶品です。
そのままで、塩、醤油、ポン酢、マヨネーズと味を変えて、心ゆくまで堪能しました。
[画像:aaa749f6-s.jpg]
大型のワカサギは、こんがりと焼いて頂きますが、これも美味しいですね。
[画像:83bad423-s.jpg]
酒の肴に最高、ご馳走様でした。

本日走行距離:93km、累計走行距離:2,473km

七飯町(07:15)⇒蓴菜沼(07:30~13:15)⇒道の駅くろまつない(17:30)

明け方前の美しい月です。
DSC_6597
只今の気温は、-12.8℃、キャンピングカーで経験した低温の記録更新です。
DSC_6598

午前中は、今回の北海道の冬の旅で数少ないアクティビティその1で公魚釣りに、蓴菜沼へ。
大沼の傍にある小さな沼ですが、函館の釣具屋さんの情報では結構釣れているとのことです。
受付開始は08:00で、既に受付の湖上のビニールハウスで料金を支払い(600円×2人)、情報を聞きます。
DSC_6599
一番乗りで奥から3番目のビニールテントで釣ることに。
素晴らしい天気です。
DSC_6600
[画像:8203c16a-s.jpg]
外は-10℃ぐらいなのにビニールテントの中は思いの外暖かく、陽が当たるとぽかぽかです。
DSC_6601
こんな可愛いタックルで釣ります。
水深は3mと浅く、タナをさぐるもの楽ですね。
DSC_6602
さて釣況は?
相方がいきなり3連で今日は大漁か?と思ったら、そうは問屋が卸さず、回遊に合わせてポツポツの渋い拾い釣りになってしまいました。
それでも繊細なタックルで釣ると小さいのにドキドキするような引きで面白いです。
[画像:4fc3657f-s.jpg]
DSC_6606
公魚よりトゲウオらしき魚がよく掛かって、小さいのに針を飲み込むは、針が外し難いはと、リリースが出来ません。
確か希少種(一部は絶滅危惧種)なのでどうしたものか?と思ってNETで調べると、北海道では絶滅危惧種の指定は無く、また佃煮や唐揚げで食べる習慣もあるとのことでした(降海性の魚?)。
トイレは沼の入り口にあって、何と驚きの暖房付きで快適です。
DSC_6607
早めのお昼はカップ麺、寒いから激辛系をチョイスしたのですが、陽があたってポカポカ、思い切り厚着していたので、大汗をかく羽目に。
DSC_6608
13時にストップフィッシング、公魚は39匹、両掌に一杯程度の貧果ですが、とても楽しく満足しました。
DSC_6609
DSC_6611

さて、道央方面に小移動します。
本日の温泉は近くの「グリーンピア大沼 温泉保養館ほっとぴあ」、通常料金500円を北海道の情報誌の「HO(600円)」で無料入浴、一軒で元がとれたような。
DSC_6613
此処からも駒ケ岳が違った姿でよく見えます。
DSC_6617

国道5号線を北上して黒松内を目指します。
DSC_6618
DSC_6624

途中にスーパーで食材、セイコーマートでお気に入りのG7のシャルドネ(500円×2本ですがキャンペ-ンで-100円)を購入。
夕刻に本日のP泊地の道の駅くろまつないに到着、車は我が家だけでした。
本日の夕食は、公魚の唐揚げ、北海道道東産のあさり、牛筋こんにゃく(作り置き)、他、とG7シャルドネ。
公魚の唐揚げ、ホクホクで甘くてとても美味しい。
思いの外食べ応えがありました。
北海道のあさりは独特ですね、貝も身も大きく、ふっくらして、何より味が濃く、とてもお安い(これで230円)。
DSC_6627
ホッケの摺り身揚げ、ホッケそのもの味がしてとても美味しい。
DSC_6628
トゲウオの唐揚げ、二度上げして美味しく頂きました。
DSC_6629
ご馳走様でした。

本日走行距離:114km、累計走行距離:927km
明日は余市に向かいます。

このページのトップヘ