仁淀川ダウンリバー(09:30~12:40)⇒道の駅今治湯の川温泉(18:00)

西への旅20日目、この旅のメインイベントの仁淀川のダウンリバーへ。

SさんのセビラーSK200DSをお借りしました。
何と2艇お持ちです。
急流対応のインフレータブルカヤック(ダッキー)で、現在購入候補品で、試乗も兼ねたダウンリバーです。
実は昨日、Sさんが偵察に行って、仁淀川が減水で魅力は激減しそうなので他の川へ変更もとのお話しを頂きましたが、やはり仁淀川に行ってみたくて当初の予定通りでお願いしました。
SK200DSの組み立てとキャンピングカー2台の回送の手配をして、09:30スタート。
DSC_4933
 四万十川の水も綺麗でしたが、仁淀川は別格で、雲っていても深い青緑の水色が凄いです
仁淀ブルーと謂われる所以ですね。
DSC_4935
DSC_4944
DSC_4949
image
SK200DSは、直進性はなかなか良く、慣れれば真っ直ぐに漕げるようになります。
パドル操作で向きを変えるの容易く、また頑丈な作りで、急流での対応が楽で安心感があります。
さて仁淀川は瀞と瀬の繰り返しで、瀬は昨日の四万十川よりも落差や波が大きく、ファルトボートでは無理ですね。
この瀬は小さい方で、大きな瀬は動画で撮っていますが、静止画がありません。
image
途中、沈下橋に登って写真を撮って貰うは、休憩では熱い珈琲と美味しいサンドイッチとパンを頂くはと、相変わらずお世話になってしまいました。
image

DSC_4951
DSC_4956
DSC_4957
12:40、ダウンリバー終了。
移動ログを取るのを忘れてしまいましたが、たぶん16kmぐらいの行程だったと思います。
減水で魅力激減とのことですが、初体験の我々には充分なスリルでした。
瀬で岩に引っ掛かったり、華麗?にくるくる回ったり(^^;、たまに上手く下りられたり・・・、大変面白かったです。
後片付けをして、Sさんと別れて今治方面に移動。
さて、ダッキーを手に入れて、少し経験を積んで、またSさんとお会いしたいと思った楽しい一日でした。
(Sさんに頂いた写真も含めて貼りました。)
本日のP泊は道の駅今治湯浦温泉です。