道の駅常陸大宮(09:15)⇒キャンプ村やなせ(10:00)

「花火キャンプ2016年初夏」の会場の「キャンプ村やなせ」へ移動。
受付は2番目でした。

キャンプ場の前の久慈川は小さな3つの瀬と淵で、今のところ鮎釣り師はおらず、1kmくらいのパドリング、上流の水郡線の鉄橋のブロックまで漕ぎ上がって、車道の橋まで下れそうです。
早速、ワイルドカード号を組み立てました。
image

image

流れの無い淵を漕ぎ上がります。
image

平たい瀬をワイルドカード号を引き上げ、ライニングアップ(?)。
image

ブロックの落ち込みまで遡って、そこから下ります。
image

image

ライニングアップした瀬はギリギリ下れました。
image

後の2つの瀬は写真無し。
キャンピングカー倶楽部のNさんが到着して2回目の漕ぎへ。
image

image

2つの瀬を下るNさん。
image

Nさんのお友達も試乗。
image

Nさんのカヤックは、フジタのアルピナ2 430 スペシャルVerでショッキングピンクのオプションカラー、川に浮かべるととても映えます。
はからずも今日の久慈川が進水式となったとのことです。
今日の久慈川は流水は少なく一寸した瀬は下れないほどでした。
午後に鮎釣り師が二人。
鉄橋下の落ち込みで少しドブ臭く感じましたが、上流まで住宅があって生活排水が流れ込む川ですのでこの季節はしようがないですかね。
やはりダウンリバーするのであれば、春か秋でしょうね。
鉄橋下のブロック積みはポーテージすれば、ファルトでも下れそうです。

午後は付近を散歩したり、知り合いとお話をしたり、また一杯やりながら花火大会を待ちました。
知り合いは「いつもの川原の焚き火会」でお会いした数名で、後は初めての人ばかりでしたがFBで遣り取りしたりしているせいでしょうか、初めてではないように感じてしまう方がいました。

花火大会、650発!!、想像以上、皆さんアマチュアの花火師とのことですが、凄いですね。
スマホの写真で精一杯。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

花火大会の主宰の疾風迅雷組の皆様、有り難うございました。