烟霞淡泊

カテゴリ:芸術祭 > 瀬戸内国際芸術祭2016

道の駅源平の郷むれ(06:30)⇒高松港(07:30)⇒直島(09:15~14:20)⇒高松港(15:20)⇒道の駅南国風良里
(20:30)

西への旅第17日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第4日目で直島(再訪)へ。

今日のモーニング讃岐うどんは高松市の「さか枝」、高松市役所近くで朝5時開店、凄いですね。
かけ+海老掻き揚げとぶっかけ冷し
+揚で、560円(190×2+90×2)、。
こし、のどごしのバランス良く、かけもぶっかけ冷やしもとても美味しく、安く、とても良い店ですね。
DSC_4841
DSC_4840
 
高松港から直島へ。
DSC_4872
 春に巡り切れなかった、「地中美術館」、「季禹煥美術館」、「ベネッセハウスミュージアム」と「直島銭湯」のアトラクション?参加が目的です。
美術館等の内部は撮影できないので外観のみですね。...
019:地中美術館
DSC_4844
モネの水連をイメージした地中美術館へ続く小公園。
DSC_4850
DSC_4845
モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が恒久展示されています。
DSC_4847
018:李禹煥美術館
DSC_4851
DSC_4854
DSC_4855
017:ベネッセハウスミュージアム
DSC_4856
DSC_4857
3つの美術館、なかなか見応えがあります。
建築が全て安藤忠雄の設計です。

ベネッセハウス周辺の作品群の一つ、あまりに有名な204:南瓜(草間彌生)。
DSC_4861

お昼を頂いて、001:「直島銭湯」(大竹伸朗)へ一風呂浴びに。
DSC_4863
001:直島銭湯「I♡湯」
フェリーの時間の関係で10分の鴉の行水ですが、開店直後で独り占め、素晴らしい、ちょっと感動してしまいました。
image

image

image

NETから入手
image


これで、我が家の瀬戸内国際芸術祭2016は終了。
春会期7日間、秋会期4日間の計11日間、12島中11島訪問、206作品中162作品鑑賞、春と秋の瀬戸内の島々の旅、楽しかったです。
高松に戻って、高知へ国道11号~32号で移動。
本日のP泊は道の駅南国風良里です。

道の駅恋人の聖地うたず臨海公園(06:30)⇒本島(08:50~12:40)⇒道の駅源平の郷むれ(15:00)

西への旅第16日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第3日目で本島へ。

道の駅恋人の聖地うたず臨海公園の朝。
DSC_4747
DSC_4746

今日のモーニング讃岐うどんは丸亀市の「よしや」であつあつとひやひや、てんぷら(げそとカニ棒)、おでん(厚揚げとすじ)で910円、どんだけ食うんじゃい!?
DSC_4748
こしの強い噛むタイプのうどんで、あつあつの方が合っている感じですが、美味しく頂きました。
 
本島へ。
DSC_4754
DSC_4749
青空が広がり、今日も良い天気です。
DSC_4756
 平地の多いゆったりとした島で、良い雰囲気の古い街並みと作品の在り様がとても良く合っています。
美しい作品も多く、秋会期の最後にふさわしい島をゆっくりと楽しんで巡りました。
145:水の下の空(アレクサンドル・ポノマリョフ)
本日のNo2、大掛かりで美しい作品、如何にも芸術祭にふさわしいとといった作品です。
DSC_4758
DSC_4759
DSC_4760

DSC_4761
笠島まち並保存地区へ。
DSC_4764
美しいまち並み、豊かなしまだったのですね。
DSC_4766
DSC_4767
DSC_4769
DSC_4770
144:Moon Tunes(ツェ・スーメイ)
DSC_4774
DSC_4773
DSC_4776
146:善根湯(斎藤正✖続・塩鮑大工衆)
DSC_4780
DSC_4779
DSC_4783
近くの墓地、故人毎の墓が多数あり、不思議な風景です。
「本島には、亡骸を埋める「埋め墓」とお詣りする「詣り墓」を分ける「両墓制」という風習が今も残っています。」ということで、これは埋め墓のようです。
DSC_4785
143:産屋から殯屋(古郡弘)
DSC_4793
DSC_4794
DSC_4791
DSC_4796
141:威臨丸の家(眞壁陸二)
本日のNo1、美しい、とっても好みです。
DSC_4814
DSC_4809
光の使い方が素晴らしい。
DSC_4813
DSC_4811
142:そらあみ(五十嵐靖晃)
本日のNo3、春の沙弥島で観ましたが、本島に移ったのですね。
これも美しい作品です。
DSC_4818
DSC_4819
DSC_4820
早目のお昼代わり、蛸の天ぷらとコロッケ。
DSC_4824

高松に戻って、本日のP泊の「道の駅源平の郷むれ」にプレアデス号を停めて、夕方から高松の街歩きと外飲みで高松市のライ
オン通の「よって屋」へ。
DSC_4826
DSC_4827
DSC_4828
DSC_4829
DSC_4830
よって屋」、茹で地海老、骨付き鳥(オヤ)、豚キムチ、おでん、餃子とお酒少々(?)・・・で5,443円、安くて美味しい。
この旅3回目の外飲みでした。
DSC_4837
DSC_4832
DSC_4831
DSC_4833
DSC_4834
DSC_4835
DSC_4836
デザート?!
DSC_4838
DSC_4839
 
明日は直島再訪です。


西への旅第15日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第2日目、高見島と粟島を巡ります。

朝食は昨日に引き続き、モーニング讃岐うどんで、三豊市の「上杉食品」、営業時間がなんと06:30~08:00という店です。
DSC_4601
DSC_4600
かけ小(250円)とかまたま中(350円)を注文。
芯が少し残るような一寸アルデンテな感じで、小麦の香りが強くて、なかなか美味しい。
てんぷら等のトッピング無しなので、かまたまを中(1.5玉)にしましたが、少し多過ぎでした。

須田港から粟島、更に船を乗り換えて高見島へ。
DSC_4607
すだちのお接待、有難く頂きました。
DSC_4604
DSC_4608
DSC_4610
DSC_4611
DSC_4613

高見島の9作品を巡ります。
以下、作品をピックアップしました。
150:錆色の旅(若林亮)
DSC_4616
152:覚悟のイロハ(後藤靖香)
DSC_4619
坂道の路地を行きます。
DSC_4625
DSC_4626
DSC_4647

DSC_4629
DSC_4631
DSC_4632
DSC_4627
153:うつりかわりの家(中島伽耶子)
本日のNo2です。
古民家の壁に無数の穴を開け、そこにアクリルの棒を差し込んでいます。
鮮やかに光が入って不思議な効果を生み出しています。
とても好みです。
DSC_4642
DSC_4643
DSC_4645
155:除虫菊の家(内田晴之+小川文子+田辺桂)。
本日のNo*です。
DSC_4651
DSC_4652
DSC_4653
45分で一山が燃え尽きるそうで、10月8日以来展示時間中休まずに燃やし続けた結果だそうです。
DSC_4655
DSC_4656
庭に咲いていた除虫菊。
DSC_4657
149:時のふる家(中島伽耶子)
本日のNo1です。
153と対になる作品で、こちらは古民家の壁に多数のアクリル板を差し込まれて、外光が伝わって不思議な効果が、まるで光が四角く切り取られたような効果が。
大変美しい作品でした。
DSC_4659
DSC_4660
DSC_4661
148:漁師と職人(田辺桂)
DSC_4663
DSC_4664

 高見島から粟島に戻って、粟島の8作品を巡ります。
昼食代わりの買い食いその1、これがなかなか楽しいですね。
DSC_4668
156:瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト「一昨日丸」「ソコソコ想像所」「Re-ing-A」
DSC_4670
DSC_4671
粟島海洋記念館

DSC_4672
158:SOKO LABO OPEN(?)
本日のNo4です。
古い校舎と美しい作品との組み合わせに弱いです。
DSC_4678
DSC_4679

DSC_4680
DSC_4681

DSC_4688

DSC_4689
161:Project for Awashima(エステル・ストッカー)
本日のNo3です。
素晴らしい、不思議な感覚で見ていて飽きません。
DSC_4698
DSC_4699
DSC_4700
DSC_4701
DSC_4702
162:過ぎ去った子供たちの歌(ムニール・ファトゥミ)
DSC_4704
157:「Re-ing-A」(日比野克彦)
DSC_4711
DSC_4712
159:漂流郵便局(久保田沙耶)
DSC_4716
DSC_4717
DSC_4718
道すがらのピザ屋さん、自製の耐火煉瓦窯でパリパリのピザを焼いていました。
昼食代わりの買い食いその1で、1枚(500円)注文。
DSC_4719
熱々でなかなか美味しい、ご馳走様でした。
DSC_4720
160:日々の小学校(粟島芸術家村)
DSC_4722
DSC_4724
DSC_4725
DSC_4729
DSC_4732
DSC_4734
DSC_4740
DSC_4741
image

今曰は好みの作品が多くあり、芸術祭を堪能しました。

須田港に戻り、本日のP泊地の「恋人の聖地うたづ臨海公園」へ。
DSC_4743
 途中、3軒のスーパーを梯子して、「一番搾り香川づくり」を手に入れました。
これで四国の一番搾り都道府県別づくりをコンプリートしました。
本日の夕食、目立った地元食材はありません。
DSC_4744
さて一番搾り香川づくりは?
バランス良くなかなか美味しいのですが、少し味が薄く感じて、取手づくりに軍配、でした。
明日は本島を予定します。

道の駅小松オアシス(06:00)⇒うちぬき公園(06:15)⇒観音寺港(09:45)⇒伊吹島(10:10~13:30)⇒観音寺港(14:00)⇒道の駅ふれあいぱーくみの(18:00)

西への旅第14日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第1日目で、愛媛県西条市から香川県観音寺市、伊吹島へ。

先ず西条市の「うちぬき」で当面の飲料水をゲット。
DSC_4530
噴き出しから柄杓を使って水を容器に入れるのは、結構コツが要ります。
DSC_4529

愛媛県から香川県へ。
モーニング讃岐うどんで、今年の3月臨時休業で振られた観音寺市の「上戸」へ。
今日も振られてしまいました。
 通り掛かりのご近所の方が「最近は本当に時折開けるかな?」と・・・。
DSC_4531
気を取り直して、「鳥越製麺所」ヘ向かい、かけ小+とり天とぶっかけ冷し小+お揚げ(280+120+280+110=790円)を。
DSC_4534
DSC_4533
 早朝からひっきりなしにお客さんが押し掛け、茹でたて揚げたて、とても美味しく、朝からこんな美味しいうどんがお安く食べられるご近所の方が羨ましいと思った次第。

観音寺港の瀬戸芸の専用駐車場にプレアデス号を停めて、伊吹島へ。
DSC_4535
DSC_4536
DSC_4538
DSC_4539
 瀬戸内国際芸術祭の楽しみは、作品の鑑賞は当然ですが、島を巡る旅の面白さ、ですね。
いりこ作りで栄えた伊吹島、迷路のような道を辿って、7作品を巡ります。
164:トイレの家(石井大五)
DSC_4540
DSC_4542
DSC_4543
165:沈まぬ船(豊福亮+Chiba Art School)
本日のNo1、島民のボランティアの6万個の浮きで造った巨大なオブジェ、大掛かりで美しい作品です。
DSC_4545
DSC_4546
DSC_4549
166:伊吹島ドリフト伝説(コンタクト・ゴンゾ)
DSC_4551
途中で昼食代わりのおやつその1
DSC_4557
DSC_4558
167:イリコ庵(みかんぐみ+明治大学学生)
DSC_4565
DSC_4563
昼食代わりのおやつその2
DSC_4566
167:ト・ラ・ン・ス・フォー・マー -島になる-(小林耕兵平)
DSC_4573
168:限界/伊吹の静けさ打つ水の音(ウィルフレド・プリエロ)
DSC_4576
伊吹島の路地を行きます。
DSC_4578
DSC_4579
DSC_4580
DSC_4581
Here, There, Evrywhere:Project Another Country-Dap-Pay-(アルフレイ&イザベル・アキリザン)
DSC_4583
DSC_4586
ゆっくりと3時間くらいの滞在でした。
DSC_4597

観音寺港に戻って、P泊地の「道の駅ふれあいぱーくみの」へ。
本日の夕食の地元食材は、オリーブ牛と鰆の刺身と釜揚げ鰯の天婦羅。
美味しく頂きました。
DSC_4599

明日は、粟島、高見島の2島を廻ります。


道の駅一本松展望園(07:00)⇒宝伝港(08:00)⇒犬島(08:10~13:20)⇒宝伝港(13:30)⇒草津PA(20:00)

本日は瀬戸内国際芸術際の第7日目で、犬島を巡ります。
image

宝伝港で高速船に乗りますが、フェリー以外の船に乗るのは今回が初めてですね。
image
遠くの島の蜃気楼。
image
あっという間、10分で犬島へ。
image

125:石職人の家跡/太古の声をきくように、明日の声を聴く(浅井裕介)
DSC_0292
DSC_0293
DSC_0296
123:S邸/コンタクトレンズ、本日のNo.2、美しい、レンズ越しに見ると風景にバリエーションが生まれ、不思議な効果を。
DSC_0298
DSC_0300
DSC_0302
DSC_0337
121:リフレクトゥ(荒神明香)、本日のNo.1、唯々美しい、環境との調和も素晴らしい。
今回の瀬戸内国際芸術祭のNo.1です。
DSC_0338
DSC_0342
DSC_0340
DSC_0347
DSC_0346
DSC_0345
128:犬島精練所美術館(アート:柳幸典)、本日のNo.3。
合わせ鏡を鍵状に繋いだ通路で何度も直角に曲がっているのに、前方は出口、振り返ると入り口がどこまでも見えるという不思議は通路と三島由紀夫の作品や旧宅をモチーフにした作品。
旧精錬所跡もモニュメントのようで良い雰囲気です。
DSC_0315
DSC_0332
DSC_0326
DSC_0316
DSC_0322
DSC_0327
120:F邸/Biota(名和晃平)、外観のみ。
DSC_0334
124:C邸/エーテル、本日のNo.4、張り巡らされた蛍光の緑色の水糸が美しく、建物そのものも素晴らしい。
DSC_0354
122:I邸/プレーンミラーリバース、外観のみ。
DSC_0360
山陽高校の海の家の「犬島の島犬」。
造形家・川埜龍三さんが、個人企画「犬島ハウスプロジェクト」として、
2年の歳月をかけた作成下巨大パブリックアート(奥行5m10cm×高さ3m×幅2m40cm)とのことで、とても可愛い。
DSC_0363
小さな港のベンチで一休み。
DSC_0367
DSC_0368
在本商店」でお昼に、犬島丼セット(犬島丼、ゲタの唐揚げ、コーヒーゼリー、1,000円)と焼きそば(500円)を。
犬島丼はゲタ(舌平目)のミンチと野菜の汁掛けご飯で、優しい味付けですが結構なボリュームがあります。
焼きそばも竹輪がいい感じです。
DSC_0374
DSC_0370
DSC_0371
DSC_0373
ご馳走様でした。

犬島チケットセンターのカフェで、ゆったりと帰りの高速艇の出発時間を待ちました。
DSC_0375
DSC_0383
宝伝港へ帰ります。
DSC_0384

これにて、瀬戸内国際芸術祭の春会期を巡り終え、206作品(春に展示無しの分も含めて全会場)にうち、121作品を観たこととなります。
島を渡り歩いて作品を巡るという、大変面白く、風情というか、旅情も感じられる芸術祭でした。
確かに、島渡りというある種の不便さがあるのですが、それも味わいの内で、天候ににも恵まれ、春の穏やかな瀬戸内海も楽しむことができました。
瀬戸内国際芸術祭は、春会期(3/20-4/17)、夏会期(7/18-9/4)、秋会期(10/8-11/6)があり、あと作品展示が秋会期に集中する本島、高見島、粟島、伊吹島を訪れれば、殆どの作品を巡ることができます。
それと直島で見れなかった地中美術館他の作品群もあり、併せて秋にも訪れようかと思い始めたところです。

さて、本来はこのあと九州まで走って、九州から北海道まで櫻の開花を追う約2か月の「櫻旅」を予定していたのですが、事情があって、茨城に帰ることになりました。
残念ですが、櫻旅は来年以降の楽しみに残そうと思います。

そのまま山陽自動車道、名神高速道を、80~90kmでゆっくりと走って、草津PAでP泊。

道の駅大阪城残石記念公園(09:15)⇒大部港(09:40)⇒土庄港(12:30)⇒ 道の駅一本松展望園(19:30)

道の駅大阪城残石記念公園の朝、本日は、小豆島島の第3日目です。
image


113:ダイナマイト・トラバース変奏曲(秩父前衛派)、黒い御影石に音符か"刻まれているのですが、写真に撮ると風景が映って面白い効果が。
image
image
image
image
112:小豆島の木(竹越耕平)、外観のみ。
image
077:オリーブの夢(ワン・ウェンチー)、本日のNo.1、とても美しく、作品へのアプローチも素敵。
image
image
image
image
image

image
image
image
075:猪鹿の島(齋藤正人)
image
image
image

小豆島ラーメンHISHIO 小豆島エンジェルロード店」で昼食を。
image
しま飯付き醤そば(780円)とHISHIO RED(750円)で、無料の替え玉一杯を。
濃厚な豚骨と醤油が立ったスープに低加水率の細麺で博多ラーメンとはまた違う美味しさ。
REDは程よい辛味です。
しま飯と替え玉一杯でお腹も一杯。
image
image
ご馳走様でした。

土庄港から岡山宇野港へ。
KIMG1706

宇野港に到着して、宇野地区を巡ります。
184:船底の記憶(小沢敦志)
KIMG1710
KIMG1716
182:宇野のチヌ(淀川テクニック)、本日のNo.4、なかなかかわいい。
KIMG1712
206:?(山本哲也)
KIMG1713
KIMG1714
187:JR宇野みなと線(ステル・ストッカー)、本日のNo.3、美しい。
KIMG1717
KIMG1719
183:終点の先へ(小沢敦志)
KIMG1720
KIMG1726
186:海の記憶(内田晴之)、本日のNo.2、このような風景を映し出す鏡のような作品に弱いです。
KIMG1727
KIMG1729

本日のP泊は「道の駅一本松展望園」で、明日は瀬戸内国際芸術祭の第7日目、最終日です。

道の駅小豆島ふるさと村(07:00)⇒土庄港(08:40)⇒豊島櫃港(09:00)⇒島内⇒唐櫃港(16:30)⇒土庄港(17:00)⇒道の駅大阪城残石記念公園(19:50)

本日は瀬戸内国際芸術祭の第4日目で、豊島を巡ります。

image
image
image

唐櫃岡地区
039:豊島美術館(アート:内藤礼、建築:西沢立衛)、追加の入館料が1,000円必要で、撮影は不可でした。
一つの建物とその内側に作品、主として床の細工が展示物の全てです。
それと周りの環境(晴れ、曇り、雨、風・・・・)も作品の一部でしょうか。
床には水が滲み出る穴とゆるい傾斜と水が浸み込む穴が組み合わされ作られていて、水がゆるい傾斜をゆっくりと、時に足早に流れる様は見ていて飽きることがありません。
とても不思議な作品で、言葉で現すことが難しいですね。
建物の天井には2か所の穴?窓?が開口されていて、光、風が入り込みます。
今日は曇りですが、晴れた時はとても鮮やかな風景となるでしょう。
夕方にもう一度来てみようと思います。
本日のNo.1、別格ですね。
DSC_0192
DSC_0186
DSC_0187
DSC_0190
028:島キッチン(安部良)、写真は外観のみ、なかなか素敵なレストランです。
DSC_0193
026:世らの粒子/唐櫃(青木野枝)
DSC_0194
近くにあった「唐櫃の清水」、弘法大師伝説です。
DSC_0196
027:あなたの最初の色(ピピロッティ・リスト)と029:ストームハウス(ジャネット・カーディフ&ジョージ・ビュレス・ミラー)は写真無し。

家浦浜地区
024:針工場(大竹伸朗)、外観写真のみ、とても落ち着いた作品で、直島2箇所、女木島の1箇所の作品とは大分趣が違っていました。
DSC_0200
テイクアウトレストランの「スペシャル メイキング コートヤード」で昼食を。
洒落た中庭のベンチで頂きました。
プラネットバケツ(1,080円)とフィッシュフライサンド(200円)、具沢山でボリュームもあって、なかなか美味しい。
ご馳走様でした。
DSC_0202
DSC_0201
DSC_0203
023:豊島横尾館(アート:横尾忠則、建築:永山裕子)、撮影不可、本日のNo.2、絵画と色付きの窓と極彩色の庭、上下の合わせ鏡の塔、不思議な美しい空間、好みです。

DSC_0207
DSC_0205
022:あなたが愛するものは、あなたを泣かせもする(トレアス・レーベルガー)、本日のNo.3、素敵な家で結構居心地が良さそう。

DSC_0214
DSC_0209
DSC_0210
DSC_0212
DSC_0213
エネルギー補給。
DSC_0215

甲生地区
036:Big Bambu(マイク+ダグスターン)、展望台からの遠望のみ。
DSC_0217
DSC_0218
038:遠い記憶(塩田千春)
DSC_0221
DSC_0222
DSC_0224
039:豊島八百万ラボ(アート:スプツニ子/建築:成瀬友梨、猪熊純)、外部の写真のみ。
DSC_0225
道すがらの花、ムスカリですかね。
DSC_0226

再び豊島美術館、瀬戸内海への道。
天気も朝と変わらず、豊島美術館の変化も、残念ながら感じることができませんでした。
DSC_0235

唐櫃浜地区
032:勝者はいないーマルチ・バスケットボール(イベット・ポンズ)
DSC_0236

豊島も比較的大きな島で、会場が離れていて、巡るのが難しい島でした。

小豆島土庄港に戻ります。
DSC_0238

本日はのP泊は、「道の駅大阪城残石記念公園」。
夕食は最近定番の茹でいかなご、安くて美味しく、かって西日本(大阪、広島)に住んでいた頃、春の酒の肴でよく食べました。
大阪での呼び名は、かますご、ですね。
image

ご馳走様でした。

道の駅小豆島オリーブ公園(08:20)⇒三都半島(09:10)⇒草壁港(12:45)⇒馬木(13:30)⇒逆手(15:00)⇒田浦半島(16:50)⇒道の駅小豆島ふるさと(19:00)

道の駅オリーブ公園の朝、本日は瀬戸内国際芸術祭の第4日目で、小豆島の2日目です。
image
image


三都半島地区
081:段山遺跡群(久保寛子)、本日のNo.2、好みです。
DSC_0024
DSC_0027
DSC_0028
 半島の突端まで行って、そこから引き返しながら巡ります。
DSC_0041
090:怪物と少年Ⅱ/この彫刻は一万年の声明を持ちヒトの一生の間には10mほど歩くⅢ、本日のNo.1、作品の素晴らしさと風景との調和、それと作品に乗れるというおおらかさ、気に入りました。
DSC_0029

DSC_0030
DSC_0031
DSC_0032
DSC_0034
DSC_0035
DSC_0040
088:ククリヒメノソノ(入江早耶)、本日のNo.5、印刷された絵を消しゴムで消して、色がうつった削りかすで絵を立体的に再現するという途方もない作品、凄い。
DSC_0060
image

image
082:ひとりおどり(チャールズ・ウォーゼン)
DSC_0062
086:夕焼けハウス:存在の言葉としての家(ジェームス・ジャック)
DSC_0064
DSC_0065
DSC_0066
087:stories-House-(赤坂有芽)
DSC_0067
DSC_0068
DSC_0069
DSC_0072
DSC_0073
084:境界線の庭(土井満治)、本日のNo.6、面白い。
DSC_0075
DSC_0077
DSC_0080
DSC_0081
082:チョウジガマミズについて、写真が上手く取れません。DSC_0085
080:空想と虫篭、本日のNo.7、カマキリ、ウンカ、トノサマバッタ、イネムシ、なかなかの迫力。
KIMG1624
KIMG1627
KIMG1628
KIMG1629

土庄に戻って、満潮時の「エンジェルロード」を撮りに行き、ついでにお昼をラーメン屋さんの「ちりめん屋」で頂きます。
DSC_0091
醤油ラーメン(500円)と塩ラーメン(500円)と特製焼豚丼(360円)、つるんとした麺にオーソドックスなスープ、安心して食べれる美味しさです。
DSC_0089
ご馳走様でした。

草壁地区
093:小豆亭(村上慧)
DSC_0092
092:Haragei(サルナス・バナルジー)
DSC_0093
DSC_0094
Shodoshima Gelato Recipes by カラタチラボ(graf+FURYU)、ジェラート(3種盛り、オリーブ、スイートスプリング、イチゴ)、雰囲気も良くなかなか美味しい。
DSC_0097
DSC_0098
DSC_0101

馬木地区
096:おおきな局面のある小屋(島田陽)
DSC_0107
DSC_0103
097:Follow the rules(黑埼香織)
DSC_0111
DSC_0112
DSC_0113
DSC_0115
DSC_0116
DSC_0114
098:オリーブのリーゼント(清水久和)、25年振りに前髪が・・・。
DSC_0119
DSC_0120

100:Umaki camp(ドットアーキテクツ)
DSC_0124
DSC_0122
101:竹の茶室(京都造形芸術大学 城戸崎和佐ゼミ graf)、本日のNo.4、素敵なシチュエーション、茶室もなかなか良い感じです。
DSC_0126
DSC_0132
DSC_0130
DSC_0131
102:What are we?(ソサ・ジョセフ)、本日のNo.3、美しい絵画、静謐な空間、建物の内装ととても良く合っています。
奥の部屋で作者が制作されていました。
DSC_0134
DSC_0135
DSC_0136
DSC_0137
DSC_0138
095:Revenants 彫刻的、建築的な立体を設置(サヘジ・ラハール)
DSC_0139
DSC_0140
DSC_0141
071:つぎつぎきんつぎ(岸本真之)
DSC_0146
103:Atem(笹岡友梨子)
DSC_0149

坂手地区
105:Creator in Residence(UMA/design farm MUESUM)
DSC_0150
DSC_0152
DSC_0160
DSC_0162
DSC_0163
DSC_0168
DSC_0169
107:アンガー・フロム・ザ・ボトム(ビートたけし×ヤノベケンジ)
DSC_0153
DSC_0154
DSC_0157
104:坪井栄生誕地 お花畑プロジェクト
DSC_0166
106:スター・アンガー(ヤノベケンジ)
DSC_0178
DSC_0174

田浦半島
109:愛のポラード(清水久和)
-写真を消してしまいました-

本日の夕食、手長蛸と穴子の鍋仕立て、他。
手長蛸と穴子で600円くらい、安くてとても美味しい。
DSC_0180
ご馳走様でした。

道の駅源平の里むれ(06:45)⇒沙弥島(08:00)⇒高松港(11:00)⇒小豆島土庄港(12:40)⇒道の駅小豆島オリーブ公園(16:30)

瀬戸内国際芸術祭の第3日目です。
小豆島の会場を調べていくと、大きな島に分散しているので、バスや自転車で巡るのは相当に時間が掛かりそうで、フェリーでプレアデス号とともに渡って、プレアデス号で巡ることとしました。
そこで今日は午前中に坂出市の沙弥島(陸続き)、午後フェリーで小豆島土庄港に渡り、土庄辺りを巡ることに。
image


沙弥島の瀬戸大橋記念公園の駐車場
image
瀬戸大橋記念公園
DSC_9945 - コピー
131:八人九脚(藤本修三)
DSC_9946 - コピー
130:Rippled Sky for Hitomaro(ジェティッシュ・カラット)
DSC_9949 - コピー
DSC_9978
132:階層・地層・層(ターニャ・プレミンガー)
DSC_9950 - コピー
134:そらあみ(島巡り)、本日のN.1、美しい。
DSC_9954 - コピー
DSC_9956 - コピー
DSC_9957 - コピー
133:沙弥島・西ノ浜の家(藤山哲郎+冨井一級建築設計事務所)
DSC_9958 - コピー
136:Las Islas-しま・しま-(中山玲佳)
DSC_9959 - コピー
135:完熟の唄 海原に浮かぶ瀬戸の太陽(さくまはな)
DSC_9964 - コピー
135:ハレの日、金時への道(かわいひろゆき)、本日のNo.5。
白い物は、塩です。
塩を踏みしめて歩くのは初めての経験です。
DSC_9967 - コピー
DSC_9966 - コピー
DSC_9965 - コピー
135:空飛ぶ赤いボタン(戸矢崎満雄)
DSC_9969
DSC_9970
135:赤いネジ(しりあがり寿)
DSC_9972
190:12島の物語 回転式アニメーション
DSC_9973

早めのお昼で、坂出市のセルフうどんの「やなぎ屋」へ
DSC_9982
わかめうどんとぶっかけ(冷やし)にげそ天とオデンで800円強。
ぶっかけ冷やしはこしが強いのですが、わかめうどんはこしが感じられませんでした。
湯で置きで、時間帯によってはこういうことなんですかね。
勿論、それでも美味しいのですが、こしを求めるのなら冷やし系の方がよいのかもしれません。
DSC_9981
ご馳走様でした。

高松港から小豆島の土庄港へ、
image

土庄の会場を巡ります。
069:太陽の贈り物(チェ・ジョンファ)
DSC_9985
070:アートノショウターミナル(コシノジュンコ/アトリエオモヤ)
DSC_9988
DSC_9987
DSC_9994
073:大岩島2(大岩オスカール)、本日のNo.3。
エアドームの内側に入り、なかなか面白い。
DSC_9997
DSC_9995
DSC_9998
072:迷路のまち~変幻自在の路地空間~(目|Me|Japan)、本日のNo.2。
とても凝った作品で家の中に迷路があって、とても楽しめます。
撮影不可で伝えられないのが大変残念。
DSC_9999
DSC_0001
DSC_0005

土庄の東港に「エンジェルロード」なるものがあるとのことで、行ってみることに。
1日2回、干潮時に海の中から現れる砂の道で、手をつないで渡った二人は幸せになるという伝説があるそうです。
今でも充分に幸せですが、相方にお願いして、手を繋いで渡りました。
DSC_0008
因みに翌日満潮時の写真を撮りました。
DSC_0088
071:つぎつぎきんつぎ(岸本真之)
DSC_0011
078:Someone’s Coming(ポーズ・アンド・ラオ)、本日のNo.4。
何か変だなと思ったら、白いカンバスが「かくれんぼ」や「達磨さん転んだ」のように動くことに気づきます。
これは面白い。
KIMG1583
KIMG1581
KIMG1582
079:花寿波島の秘密(吉田夏奈)
DSC_0012
KIMG1588

本日はこれにて終了。
今宵のP泊は、「道の駅小豆島オリーブ公園
DSC_0019

道の駅源平の里むれ(06:30)⇒高松港(08:00)⇒男木島(08:40~13:00)⇒女木島(13:20~15:20)⇒高松港(15:40~17:00)⇒道の駅源平の里むれ(20:00)

「道の駅源平の里むれ」の朝、本日は瀬戸内国際芸術祭の第2日目で、男木島と女木島の2島です。
DSC_9732
image


今日も「道の駅源平の里むれ」から、高松港の瀬戸内国際芸術専用の無料駐車場にプレアデス号をデポして、フェリーで男木島と女木島の2島を巡ります。

男木島へのフェリー
DSC_9740
男木島に到着。
DSC_9742

053:男木島の魂(ジャウメ・プレンサ)
DSC_9743
KIMG1493

054:男木島 壁画プロジェクト wallalley、好みです。
DSC_9746
DSC_9749
DSC_9805
DSC_9807
DSC_9814
DSC_9831
058:アキノリウム(松本秋則)、好みです。
DSC_9755
DSC_9750 - コピー
DSC_9752 - コピー
DSC_9753 - コピー
DSC_9754 - コピー
062:記憶のボトル(栗真由美)、今日のNo.1、美しくてとても判りやすい。
DSC_9763
DSC_9758
DSC_9759
DSC_9760
DSC_9761
DSC_9762
061:オルガン(谷口智子)
DSC_9764
DSC_9757
064:部屋の中の部屋(大岩オスカール)、騙しの空間作品。
DSC_9768
人が部屋に立って写真を撮って90度回転させると。
image

060:自転-公転(リン・ティェンミャオ)、大作です。
DSC_9773
image

image
059:SEA VINE(高橋治希)、繊細で美しい作品、逆光で上手く撮れないのが残念。
image

image

057:カレードスコープ ブラック&ホワイト(川島猛とドリームフレンズ)、好み、今日のNo.2。
DSC_9795
DSC_9797
DSC_9799
DSC_9800
DSC_9801
DSC_9802
DSC_9803
056:オンバ・ファクトリー(オンバ・ファクトリー)
DSC_9830
DSC_9826
DSC_9828
068:男気プロジェクト(チーム男気)
DSC_9843
066:青空を夢見て(レジーナ・シルベイラ)
KIMG1451
男木島の道を行きます。
image
男木島の神井戸
image
途中で一休み
image
男木島の猫達。
image
065:歩く箱舟(山口啓介)、本日のNo.4、青空と青い海に浮かぶように…、強烈です。
DSC_9850
DSC_9852
DSC_9854
「オギノトリコ」で軽めの食事。
KIMG1467
揚げピザとティラミスとビールを青空の下で頂きました。
KIMG1462
KIMG1465
KIMG1466
ご馳走様でした。
063:漆の家(漆の家プロジェクト)、好みです。KIMG1471

KIMG1475
KIMG1473
KIMG1478

5~6kmの男木島周回道を行きます。
image
男木島灯台
KIMG1492

女木島へ。
DSC_9855
040:カモメの駐車場(木村崇人)
DSC_9856
DSC_9858
049:鬼の家(カオス*ラウンジ)
DSC_9867

DSC_9861
DSC_9862
DSC_9865
DSC_9879
DSC_9881
DSC_9886
050:均衡(行武治美)、本日のNo.3、越後妻有トリエンナーレの「再構成」の作者、ファンです。
DSC_9868
DSC_9870
048:段々の風(杉浦康益)
DSC_9888
DSC_9891
046:ISLAND THEATRE MEGI(依田洋一郎)
image

045:女根(大竹伸朗)、今日のNo.5、この色使い、うーん好みです。
DSC_9897
DSC_9899
DSC_9902
044:feel feel BONSAI(平尾成志)
image

image

042:MEGI HOUSE(愛知県立芸術大学瀬戸内アートプロジェクトチーム)
DSC_9930
DSC_9922
DSC_9929
041:20世紀の回想(禿鷹墳上)
DSC_9921




女木島から高松へ
DSC_9931
DSC_9934

高松港に戻って、付近の作品を観ることに。
171:Liminal Air-core-(大巻伸嗣)
172:国境を越えて・海(リン・シュンロン)
image

image

173:「銀行家、看護師、探偵、弁護士」(ジュリアン・オピー)、好みです。
image
175:待つ人/内海さん(本間純)
image

2島と高松港周辺、よく巡った、芸術祭らしい一日でした。

道の駅源平の里むれ(06:00)⇒高松港(08:12)⇒直島宮浦港(09:02)⇒島内⇒直島宮浦港(17:00)⇒高松港(18:00)⇒道の駅源平の里むれ(20:00)

道の駅源平の里むれの朝。
image
此処には5~6泊する予定です。
本日は瀬戸内国際芸術祭の第1日目で、直島を巡ります。
image
さて直島ですが、高松港の駐車場にプレアデス号を停めて、フェリーで往復します。
当初予定の高松市営杣場川駐車場、一般車(幅2m、長さ5.5m以内)は1000円/24時間、に入れました。
image
ところが近くに290円/24時間の駐車場を見付けて車を出したところ、大型車扱いになっていたことが判明。
そのままだったら1万円越えになっているところ、危ない、危ない。
自動判定の駐車場は本当に怖いですね。
ところで、駐車場の顛末ですが、フェリー乗り場に瀬戸内国際芸術祭用の無料駐車場があり、明日はそこを利用することになりました。

直島行きのフェリー。
image

瀬戸内国際芸術祭の三種の神器、パスポート(春、夏、秋の通し、5,000円が前売りで4,000円)、公式ガイドブック(1,400円)、フェリー間乗り放題3日間乗船券(2,500円が前売りで2,200円)。
image

今日は打って変わって良い天気です。
image
直島到着、瀬戸内芸術祭の始まり始まり。
image

201:赤かぼちゃ(草間彌生)、
瀬戸内国際芸術祭のシンボル的な作品、公式ガイドブックの表紙にも使われています。
image
さて、開催初日、3連休の中日、人気の高い直島でお客さんが大変多く、人気の会場は予約制で、地中美術館などは予約制してから3時間後という混みようです。
歩きとバスを組み合わせて行こうとしましたが、バスも満員で乗れないことも多々あり、巡り切ることができませんでした。
結構きつい上り下りがあるので、アシスト付きの自転車で巡るのがベストかもしれません。
また、直島は撮影不可の作品が多く、越後妻有トリェンナーレや中之条ビェンナーレのようなまとめ方ができませんでした。
以降は写真をペタペタと貼り付けただけですが(一部付け足しあり)、ご容赦の程を。

014:はいしゃ/舌上夢/ボッコン覗(大竹伸郎)
DSC_9672

DSC_9675
DSC_9676
DSC_9677
DSC_9678

DSC_9682

「shimacoya」でお昼を頂きます。
image
ハムのサンドウィッチ、ハムとブルーチーズ薄く切った林檎で爽やかな美味しさ、これは真似ができそうです。
image
ご馳走様でした。

DSC_9690
DSC_9696

204:南瓜(草間彌生)、赤かぼちゃと対の作品、作品そのもの、シチュエーションも含め、好みです。
DSC_9700
DSC_9707

image
image
011:南寺/バック・サイド・オブ・ザ・ムーン(ジェームズ・タレル)
DSC_9708
202:海の駅なおしま(妹島和世+西沢立衛/SANAA)
DSC_9715

001:直島銭湯「I❤湯」(大竹伸郎)、現役の銭湯で入浴できるそうです。
image

image

203:Bunraku Pupper(ジョゼ・デ・ギマランイス)
image
005:直島パビリオン(藤本壮介)
image
乗船前のおやつ。
image
夕日を背に浴びて、高松港への戻りのフェリー。
DSC_9726

本日の歩数:28,000、21.5km、よく歩きました。
地中美術館等は秋の開催期間に訪れ直そうかなと思い始めたところです。

このページのトップヘ