烟霞淡泊

カテゴリ: 芸術祭


TORIDE ART PATH 2018の2日目です。

今日は工房ワークショップで「サンドブラストでオリジナルストーンタイルをつくろう」に参加する予定です。
昨年から始まったイベントで、我が家は連続2回の参加です。
11:00~12:30と14:30~16:00の2回で各10名なので受け付け開始の10:00前に並んで6番目と7番目、直ぐに3人が並んで定員、危なかったですねー。

予約が終わったので、昨日行けなかった美術館取手館へ。
大掛かりな作品の展示があってなかなか見応えがあります。
KIMG4881
KIMG4874
KIMG4873
KIMG4877
KIMG4878
KIMG4879
KIMG4876

工房ワークショップで「サンドブラストでオリジナルストーンタイルをつくろう」です。
昨年の経験(昨年は用意されていたサンプル図柄からチョイス)から予め図柄を用意しました。
石板の合わせて切り取り。
強力な糊の付いたゴム版を張り付け、カーボンを上に載せ、更に図柄紙をセロハンテープで留めて、図柄をゴム版に転写します。
KIMG4883
デザインカッターで図柄を切り出します。
見た目通りの仕上がりにするために、黒い所はゴム版を残し、白い所はゴム版を切り取るように、作業をしていきます。
その作業に1時間近く掛かりました。
KIMG4885
皆、もくもくと。
KIMG4887
ゴム版切り取り終了です。
次の行程でサンドブラスト(高速で研磨砂を吹き付ける)を掛けると、黒い所が削られて白くなり、ゴム版で保護されているところは黒いまま残る、となります。
KIMG4889
相方の猫、ちょっと表情が怖いかも!?
1543740421889
サンドブラストして、保護分のゴム版を剥がします。
KIMG4891
完成です。
先ず先ずの出来かな?
KIMG4893
相方の猫、可愛い!!!、反転すると表情が全く変わるんですね。
1543740399897

お昼は、佐藤研のPizza Camera Ardenteで昼食を頂きました。
KIMG4900
手製のピザ窯と薪で焼きます。
KIMG4896
ダッチオーブンで焼く塩豚
KIMG4897
ミネストローネ(200円)と塩豚(300円)
KIMG4895
マルゲリータ(700円)
KIMG4898
カルツォーネ(800円)
KIMG4899
なかなか本格的で美味しですね。
塩豚、気に入りました、今度真似してみましょう。

野焼きで素焼きの植木鉢を焼いているそうです。
KIMG4901

TORIDE ART PATH、2日間楽しみました。
また来年も訪れましょう。

いよいよ12月になってしまいました。
午前中に守谷方面に買い物に出て、TX守谷駅近くの「土塔森林公園」(土塔森林公園)に寄りました。
綺麗な椛が何本かあって、2016年11月28日に訪れています。
KIMG4835
若干暗い赤色ですが、紅葉していました。
KIMG4836
KIMG4837
斜面を降りたところの椛、枝ぶり西陽の光の具合がなかなか良い感じです。
KIMG4838
こんなグラデーションがある紅葉が綺麗ですね。
KIMG4839
KIMG4840
KIMG4841
KIMG4842
今年は台風と塩害で紅葉はいまいちみたいですね。
また来年を楽しみにしましょう。

午後は、東京藝術大学取手校の「TORIDE ART PATH 2018」(TORIDE ART PATH 2018)へ。
2015年に初めて訪れ、以降毎年、今年で4回目です。
KIMG4843
KIMG4844
KIMG4845
KIMG4846
美しい作品です。
KIMG4847
KIMG4848
KIMG4850
KIMG4851
KIMG4854
KIMG4855
KIMG4856
本日の一番のお気に入り
KIMG4858
KIMG4860
KIMG4861
陽も暮れました。
KIMG4859
藝大食堂でレセプションパーティーが始まりました。
飲み物(アルコール飲料もあり)とビュッフェの食事付きで参加は無料という太っ腹です。
KIMG4871
美術学部 先端芸術表現学科の学部長で研究科長の日比野 克彦 氏の挨拶。
顔と名前が一致する数少ない現代アート作家の一人ですね。
KIMG4867
先端芸術表現学科の佐藤 時啓 教授の乾杯
KIMG4868
立派な料理が沢山
KIMG4869
KIMG4870
ご馳走様でした。

用事で出掛けていた相方に迎えに来て貰って、そのまま「手賀沼温泉 満天の湯」(手賀沼温泉 満天の湯)へ。
土曜日の夜、沢山のお客さんで賑わっています。
KIMG4872
ゆっくりと温まりました。

月例の墓参りで中野へ。
毎月訪れているのですが、最近は少し巡ってくるのが早いような気がします。
大銀杏はまだ葉を残しています。
DSC_5224
DSC_5225
DSC_5226
氷川台の次女の所へ寄って、引っ越しの最後の荷物を届けて、取手に戻りました。

取手に戻ってそのまま、東京藝術大学取手校の「TORIDE ARTPATH 2017」へ。
昨日、今日の開催のオープンキャンパス兼在校生による作品展示会です。
一昨年から参加して今年で3回目です。
~公式HPのaboutから~
『取手アートパス2017は、東京藝術大学取手校地のオープンキャンパス及び、先端芸術表現科2、3年生の進級展、他学年・他学科の有志による展示に加え、取手の土地を生かしたイベントなどが一体となった芸術祭です。
まず、たくさんの方にお越しいただけるように、光のように温かいものにしたい、という思い。それから私たち自身とその作品が光のように、自由で明かるく、まっすぐでいられるように。
「光を。」
本年度のアートパスが皆様にとって「光」と出会う場所になることを願い、取手で一同お待ちしております。』

DSC_5227

MATCH FLAG PROJECT
DSC_5232
DSC_5233
MATCH FLAGを作るワークショップに参加。[画像:949a21f5-s.jpg]
サッカーのワールドカップロシア大会で戦う日本-コロンビアのMATCH FLAGです。
日本とコロンビアの国旗を融合して一枚の旗で表現する、というようなものみたいです。
私が赤、相方が青部を担当。
[画像:e4ad78bd-s.jpg][画像:37a29a3f-s.jpg]DSC_5234
出来上がり、乾かしています。
DSC_5266

展示作品で気を惹かれた作品。   
[画像:f406a6ad-s.jpg]
[画像:e07668e1-s.jpg]
[画像:c7ebff53-s.jpg]
[画像:93d5350d-s.jpg]
[画像:dbae35df-s.jpg]
本日のお気に入り   
[画像:e50c211c-s.jpg]
 漆芸作品、毎回楽しみにしています。
[画像:803b5c44-s.jpg][画像:8e58a809-s.jpg]   
本日のお気に入り   
[画像:cde05b57-s.jpg]
[画像:33489d8a-s.jpg][画像:1aed6795-s.jpg][画像:98eff975-s.jpg][画像:1d883bbf-s.jpg][画像:fd03f78f-s.jpg][画像:69635c1e-s.jpg][画像:bb4b68b5-s.jpg]
[画像:b44f539a-s.jpg]
[画像:1ab21be9-s.jpg]

石材工房の「オリジナルストーンタイルを作ろう」に参加。
ストーンタイルをサンドブラストで加工するという体験(無料)です。
先着10名でギリギリ滑り込みました。
[画像:ace55bd3-s.jpg]
ストーンタイルに軟性のゴム版を貼り付けて、図柄(準備されている中から選択)を転写して、カッターで切り抜いて、切り抜いたところをサンドブラスト加工して、ゴム版を剥がして完成、という手順です。
[画像:04d8a2e3-s.jpg]
[画像:b411e5f4-s.jpg]
切り抜くのがなかなかの手間です。
[画像:33f0c846-s.jpg]
切り抜きの完成。
[画像:2977f8d4-s.jpg]
サンドブラストを掛けた後。
[画像:59f54030-s.jpg]
ゴム版を剥がします。
[画像:df773b16-s.jpg]
[画像:40b533da-s.jpg]
私の眼張と相方のオリジナルの河豚(NETのデザインを参考に)。
私のは普通でちょっと面白みに欠けますが、相方のはユーモラスでなかなか良いですね。
相方は結構絵心があります。
[画像:16b927f7-s.jpg]

とても面白かったです。
他に「錫の器をつくろう」、「カスタムペイント体験」、「しっぽう体験」、「和紙のはがきを漉こう」、「お箸を削ろう」等の体験があり、来年は事前に申し込みをして2日間たっぷりなんて計画するのも良いですね。

少し遅いお昼を最近リニューアルしたという藝大食堂で食のインスタレーションとしての作品を頂きます。
[画像:6f4dd306-s.jpg]
[画像:67896f64-s.jpg]
[画像:67b5396e-s.jpg]
[画像:fb0f9554-s.jpg]
「世界と私と手のひら食堂」(1,000円)、なかなか面白い(美味しい)作品(食事)でした。
[画像:adf9d2d5-s.jpg]
焼きおにぎり2種(100円×2)とゴマクロワッサン(150円)、切り干し大根の焼きおにぎりが美味しい。
[画像:8556755a-s.jpg]
ご馳走様でした。

展示作品の続き。
DSC_5273
本日のお気に入り
DSC_5274
DSC_5275
DSC_5276
DSC_5277
DSC_5271
今年も楽しみました。

道の駅霊山たけやま(09:00)⇒四万温泉(09:30)⇒伊参(11:30)⇒道の駅霊山たけやま(15:30)⇒道の駅南魚沼(19:00)

群馬県・新潟県から富山県の旅第3日目。
毎日似たような投稿です
道の駅霊山たけやまの朝。
DSC_3739
本日は第6回中之条ビエンナーレ2017の第3日目で、四万温泉エリア・伊参エリア、15会場60作品を巡りました。

先ず、四万温泉エリアへ
【24】中屋
(87)新里碧「GAME"ON CEN”TER ドリィム四万」
DSC_3740

(88)茅根賢二「Like Lake」
DSC_3741
(89)クリス・ブルー+ジュリー・ストッパー「ネスト(第4の部屋)」
DSC_3742
(90)ドミニク・バロン-ボナルジー「時間の曲線」
本日のお気に入り、不思議な作品でした。
DSC_3743
DSC_3747

【25】旧第三小学校
DSC_3749
(91)加藤崇「耳をすまして」
撮影失敗
(92)ナディア・ソラーリ「関連性の操作」
DSC_3750
(93)島津晴美「つなぎあう世界」
本日のお気に入り、美しい作品、なかなか写真では伝わりません。
DSC_3751
(94)佐藤令奈「Everybody/Somebody」
DSC_3754
(ポーランド・ブルガリア・タイ企画展から)
DSC_3755
DSC_3757
DSC_3758
DSC_3761
DSC_3762

【26】四万サロン
(95)ユアサエボシ「忘れられた画家」
DSC_3764

【27】四万ギャラリー
(96)茅根賢二「Waver」
DSC_3765
DSC_3766

【28】四万民家
(97)永井俊平「水を引く」

【29】
(98)渡邊ひろ子「温泉口の家」
DSC_3768
(99)永井文仁「不思議なこと」
本日のお気に入り、美しく、また窓の外の映像が効果的です。
DSC_3769

【30】
(100)カリン・ピサリコバ+マルティン・オンダラチェック「人生の問い」
DSC_3771

【23】岩本キクジ家
DSC_3772
(86)飯沢泰輔「土と太陽の記憶」
本日の一番、圧倒的な存在感、岩本キクジさんご本人とその住まい(住居の2階が作品展示場)も素晴らしい。
DSC_3773
DSC_3776
DSC_3774

【22】伊参スタジオ
(74)浅見俊哉「Shadow of lives「-2017」」
DSC_3778
(75)島津晴美「つながりあう世界」
DSC_3780
(76)渡辺俊介「この音の聴こえないどこか遠くへ」
DSC_3781
(77)石原次郎「Amber memories」
DSC_3782
(78)藤原京子「フィグメント」
本日のお気に入り、これも作品の美しさが写真ではなかなか伝わりません。
DSC_3783
(79)村上郁「教室/1988」
DSC_3785
(80)遠藤研二「網」
DSC_3786
DSC_3787
(81)鳥越義弘「景色の記録」
DSC_3788
(82)ユアサエボシ「Newspaper collage series 」
DSC_3790
(83)倉本弥紗「そして、遠くの声に輪唱する」
DSC_3792
(84)山口信哉「空に響く」
DSC_3793
(85)山口信哉「倍音のへそ」
DSC_3795

【21】イサマムラ
DSC_3797
(58)つちやあゆみ「歯車のオルゴール」
DSC_3798
(59)YORIKO「中之条みんなの美術部」
DSC_3799
(60)LUNA..CLIP..「段ボールにはナミナミがあります」
DSC_3801
(61)宮内理「playroom」
DSC_3803
(62)今井尋也「中之条の光と影」
DSC_3804
(63)永井文仁「スクラップアンドビルト」
DSC_3806
(64)田島鉄也「言語、イメージ、物」
DSC_3807
(65)佐野彩夏「山のはなし」
DSC_3808
(66)人見将「イサマムラ写真館」
DSC_3809
(67)ソ・ヨンベ「彼にあなたの話をして」「月曜午後三時」
DSC_3810
(68)三好由起「Swing」
DSC_3811
(69)S+N laboratory(榊貴美+西園政史)「つむぐプロジェクト」
DSC_3812
(70)水野暁+ルーシー・デ・パラウ「日本を思う」
DSC_3813
(71)佐藤悦子「点在する場所」
DSC_3814
(72)西岳拡貴「STRIPPER」
DSC_3816
DSC_3817
(73)岩城和哉+東京電機大学岩城研究所「FRP FABLIC SPHERE」
DSC_3818

【伊参集会所】
(57)アルチュール・バーブ+イイヌマ・ヨウコ
DSC_3819
【JAあがつま倉庫】
(56)升谷絵里香「シノニム」
DSC_3820

お昼になったので、伊参エリアを一旦離れて中之条駅前の「ほずみとんかつ店」へ、2年前の第5回の時に訪れて、美味しく安くて気に入っての再訪です。
DSC_3821
DSC_3822
カツカレーラーメンとソースかつ丼(各600円)を注文。
麺がもう少し硬めでも良いかな、ソースがもう少し酸味が強くなくても良いかな、等と多少のことはありますが、それでも相変わらず美味しく満足しました。
DSC_3823
DSC_3824
地元に愛されている実直な食堂です。
ご馳走様でした。

午後の部、再開です。

【18】花の駅美野原
(50)菅沼稔「懐かしき油彩画」
DSC_3825
(51)ピルコ・ジュリアン・シュローダー「ファウンド・シチュエーション」
DSC_3826
(52)ダルシャナ・プラサド「relax」
DSC_3828
(53)ガンフヤ・グラハムスレン「世界中が平和で安らかにあるために」
DSC_3829

(54)トーマス・メイ「ツリーガーデン」
DSC_3830
DSC_3831
(55)ドルゴル・セル-オド「Bird Cherry Tree」


【17】旧五反田学校
(44)加藤哲「ツナガリノモリ」
DSC_3833
(45)鈴木美緒「時間を辿る」
DSC_3834

(46)菅沼稔「懐かしき油彩画」
DSC_3840
(47)高島芳幸「MDUS Art Project 「関係Sep.2017 at  旧五反田学校/或いは旧五反田学校の教室を松代大本営象山地下壕のズリとゴム糸で確認する」」
DSC_3836
(48)ヒグマ春夫「農の精神と農具の魂」
DSC_3839
DSC_3839

(49)齋藤寛之「Fleeting World」
DSC_3841
DSC_3842

【16】道の駅「霊山たけやま」
(41)菊池史子「採光」
作品は茶室の中にあるのですが、暗闇の中の微かな光といったもので、写真に撮ることはできません。
DSC_3843
(42)ジェシカ・フ「見えないつぶやき」
DSC_3844
(43)佐野暢晴「無何有の祭り」
DSC_3846
DSC_3847

2.5日で51会場139作品を巡り終え、スタンプラリーのコンプリートでオリジナルのメモ帳とカンバッチもゲット。
^[画像:ad069247-s.jpg]

素敵に感じる作品から???まで色々、里山から山村や温泉街に散在する会場を巡る楽しみ、堪能しました。
次は来年の「大地の芸術祭 越後妻有トリエンナーレ2018」ですが、例年の北海道の旅と上手くスケジュールが組めますかね。

新潟へ向けて走って、本日のP泊は「道の駅南魚沼」。
DSC_3852

道の駅あがつま峡(09:00)⇒六合赤岩(09:30)⇒花楽の里(12:00)⇒名久田(15:30)⇒道の駅霊山たけやま(18:00)


群馬県・新潟県から富山県の旅第2日目。    
第6回中之条ビエンナーレの第2日目で、六合エリア・沢渡暮坂エリア、名久田エリアの24会場47作品を巡りますが、先ずは六合エリアの重要伝統的建造物群保存地区に指定された絹産業で栄えた赤岩集落を巡ります。                            

DSC_3583
DSC_3581
DSC_3587

DSC_3642
【43】長英の湯広場
(126)石坂孝雄「赤岩の風について」
DSC_3578
DSC_3580
【44】長英の隠れ家「湯本家」
DSC_3643
(127)福島ゆり「ユモト・イン・ザ・ボックス」
DSC_3590
DSC_3591
(128)山形敦子「Still living with the shado of lives -今も尚彼らは-」
本日のお気に入り、外光が美しい。
DSC_3593
DSC_3594
(129)ヤーチュ・カン「シルクトリロジー コンパス・凝結・合図」
DSC_3597
DSC_3598
(130)フランツィスカ・フルター「リキッドデイズ」
本日のお気に入り、判り易い面白さですね。
DSC_3607
(131)西島雄志「-空-」
本日の一番、作品はとても美しく、また視覚的な効果もまたシチュエーションも素晴らしい。
DSC_3601
写真では美しさがなかなか伝わりませんね。
DSC_3602
DSC_3605
【45】ホタル小径の裏山
(132)三宅光春「赤岩フラワーパーク」
本日のお気に入り、コスモス畑とオブジェと集落と背景の山、面白い効果です。






DSC_3614
(133)白根改善学校「六合の奏(かなで)・風鈴プロジェクト」
DSC_3617
(134)木村吉邦「禨(きざし)の郷」
DSC_3622
【46】
(135)木村吉邦「諏訪神社跡」
DSC_3624
【47】修験道の家
(136)橋本仁「橋本曼荼羅」
本日のお気に入り、なかなかの大作です。
DSC_3626
DSC_3630
【48】赤岩の窓
(137)ラディナ・ストイメノヴァ「グーグル アンシーズ、ドローイングシリーズ」
DSC_3632

【49】昔々の家
(138)下野友輔「すべてをかんかんげいする」
DSC_3634
【50】赤岩公民館
(139)関未来「風景と、その向こう側」
DSC_3638
【51】かいこの家
(140)ヤーチュ・カン「シルクトリロジー コンパス・凝結・合図」
DSC_3640

四万温泉エリアへ
【42】よってがねぇ館
DSC_3644
DSC_3646
(125)古川葉子「山のめ組」
DSC_3647
DSC_3649
【41】十二みます
(123)吉野祥太郎「Memories」
DSC_3651
(124)中川祥吾「鹿を殺める日」
DSC_3653
DSC_3655
【40】花楽の里
(121)齋江貴志「束ねる」
DSC_3658
(122)林耕史「月が通う森~月が眠る山」
DSC_3659
DSC_3660
お昼は花楽の里のレストランで、六合カレー(750円)ととんかつ定食 (850円)。
美味しく頂きましたが、明日も同じような食事になりそうです
DSC_3661
DSC_3662

【39】晩釣せせらぎ公園
(120)半谷学「野花は嘘を言った?」
DSC_3665
【38】薪の家
(119)長谷部勇人「鹿の聲」
DSC_3667
DSC_3669
【37】階段の家
(118)木林ナオコ「夜明けを待つ」
DSC_3672
【36】沢渡民家
(117)ガイ・ウィグモア「HOME」
DSC_3674
【35】沢渡別荘
(116)鈴木のぞみ「MIRRORS」
DSC_3680
【34】沢渡ギャラリー
(114)アーサー・ファン「日常の線描回路」
DSC_3676
(115)齋木三男「牧水の旅」
DSC_3678
【33】寺社原田圃
(113)鉾井喬「風と土の接点」
本日のお気に入り、風が吹くと銀色の筒が大きく動いてちょっと不思議な効果を生みます。
DSC_3684
【32】諏訪神社
(112)Makoto「Codice NB」
DSC_3687
DSC_3688
【31】旧沢田小学校
(101)加藤崇「はじまりの合図」
DSC_3691
(102)本郷芳哉「ぼけていく記憶」
DSC_3693
(103)糸井潤「白い光の中に」
DSC_3695
(104)西澤利高「うんこは心」
本日のお気に入り、机の合板の天板を削ると色の変化が出て、面白い効果が出てきます。
素晴らしいアイデアですね。
「作者は子供の頃にこっそり机を削って楽しんでいたのでは」と相方、慧眼ですね。
DSC_3697
[画像:93f690c4-s.jpg]
(105)masami saitou「Movement Diary」

DSC_3700
(106)マルゲリータ・マルキオニ「箱の中の暮らし
DSC_3703
(107)花輪菜穂「こもれび、こだま、風のいろ」
DSC_3705
(108)小林正樹「-影と光-」
DSC_3707
(109)渡邊智子「位置する空間-色彩の効能-」
DSC_3709
(110)田口一枝「The Mediterranean landscape No.5」
本日のお気に入り、とても美しい作品です。
DSC_3712
(111)ブランコ「内と外のあいだ」
DSC_3714
本日最後の名久田エリアへ
【名久田教場】
(33)石坂孝雄「手洗い場の陶管」
DSC_3721
DSC_3722
(34)桑山彰彦「鏡面と消失点」
DSC_3723
(35)山口貴子「Listen to the time」
DSC_3724
(36)小林清乃「Polyphony 1945- もっともっとたくさん話したことがありましたけど 遂に云うことが出来なく遠い所に来てしまいました 」
DSC_3725
(37)ユアサエボシ「GHQ PORTRAITS」
DSC_3727
DSC_3728
(38)山田悠「Here」
本日のお気に入り、巨大な日時計、本日の秋空が主役かな。
DSC_3730
【五区公民館】
(39)東野哲史「運び屋」
DSC_3732
【六区公民館】
(40)赤堀里夏「salire No.54」
DSC_3734
本日はこれで終了。
会場間の移動は車中心ですが、それでも10km以上は歩きました。

[画像:8a4bb39a-s.jpg]

温泉は「沢渡温泉共同浴場」で、今回のパスポートのスタンプで無料で入浴(浴室の写真ばNETから拝借)。 

DSC_3683
[画像:23567fc5-s.jpg]
カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯船:54.8/44and46、無色透明・硫化水素臭・微塩味・サラスベ・正統派共同浴場系。
こじんまりとしていますがとても良い温泉、46℃の浴槽に浸かったら、地元の常連さんに誉められてしまいました(^-^)。

本日のP泊は「道の駅霊山たけやま」で、今のところ我が家の一台だけです。
DSC_3736

夜中、今日も名月、光冠が綺麗です。

[画像:18295297-s.jpg]

さて今日は昨日と同じような内容の1日で、明日も同じようになるでしょう。

自宅(06:50)⇒伊勢原(10:45)⇒中之条(13:40)⇒道の駅あがつま峡(17:15)

群馬県・新潟県から富山県の旅第1日目。
群馬県で中之条ビエンナーレ、新潟県の某キャンプ場、富山県へと旅の予定です。
DSC_3431

途中、伊勢崎市の「日の出食堂」でお昼。
DSC_3437
 一昨年に訪れた渋川市の「永井食堂」と群馬県のもつ煮のワン・ツ一と言われています。
結構なボリュームとのことで、相方と二人で、もつ煮定食+もつ煮単品(700+440円)。
野菜や蒟蒻無しでフルフルのもつのみ、旨味たっぷりでも塩分甘味控え目でさっぱり、とても美味しい。
DSC_3438
DSC_3439
食べても食べてもなかなか減りません。
DSC_3440
永井食堂より好み、ご馳走様でした。

中之条に到着しました。
一昨年の中之条ビエンナーレ2015(第5回)に引き続き2回目で、実は同じ芸術祭で2回目は初めてで少々大袈裟ですが、感慨深いものがあります。
先ずは中之条駅前のインフォメーションセンターに寄って、パスポート(1,000円×2)とガイドブック(1,000円×1)とケース(400-100円)を購入。
DSC_3442

さて本日は、伊勢町地区12会場32作品を巡ります。

 【1】通運ビル
(1)ナマイザワクリス「FASHION DESIRE」
DSC_3444

【2】中之条駅壁画
(2)TETTA/kanagawa「中之条三十三観音めぐり」
DSC_3447
DSC_3448

【3】伊勢町民家
(3)元木孝美「Big city in house」
DSC_3453

【4】もりやま
(4)阿部浩之「中継地点」
DSC_3456
(5)木内祐子「スローガン」
DSC_3458

【5】中田木材
(6)ジェイミ・ハンフリーズ「人間が話す「自然」の物語」
DSC_3466
(7)サム・ストッカー「プロトタイプ」
DSC_3461
DSC_3462
(8)東城信之介「Sakuhanakutiru」
DSC_3472
(9)ジソン・キム「明かりと黒」
DSC_3474
(10)クリスティアン・ボッフェッリ「The World is a huge House2」
本日のお気に入り、古い家屋に展開する作品が好きです。
何といっても判り易い
DSC_3476
(11)丸橋浩「Well」
DSC_3480

【6】かねんて倉庫
(12)井出高史「トキハナツ」
DSC_3482
本日のお気に入り、古い倉庫の隙間からの外光が美しい。
漂う水蒸気も面白いですね。
DSC_3484
DSC_3486

道端の花、白いコスモス?。
DSC_3489

【7】博物館ミュゼ
DSC_3490
(13)木村吉邦「歴史の庭」
DSC_3495
DSC_3497
DSC_3499
DSC_3500
DSC_3501
DSC_3506
(14)山田悠「煙突のある風景」
DSC_3493
DSC_3494

作品ではありません。
DSC_3502

【8】つむじ
(15)MAU/Tokyo「BARDO  -痕跡-」
DSC_3509

【9】旧竹の屋
(16)佐藤令奈「Nowhere/Somewhere」
DSC_3512

【10】上之町商店街
(17)古屋崇久「自己」
DSC_3526
(18)サイモン・ウェザム「日常の発光」
DSC_3523
(19)新井麻弓+ニナ・ウィリマン「The gift exercise」:Invitation 2
DSC_3521
(20)魚住哲宏+魚住紀代美「コミュニケーションのズレ~人と人の間で生まれる現象~」
DSC_3519

【11】旧廣盛酒造
(21)清水裕貴「熊を殺す」
DSC_3529
(22)堀越達人「Artist room」
DSC_3533
(23)光主あゆみ「時を綯う」
DSC_3531
(24)村上郁「トレース、誤読、光と影」
DSC_3567
(14)山田悠「煙突のある風景」
本日のお気に入り、こういう効果、好きです。
DSC_3544
(25)佐野彩夏「けもの道」
DSC_3536
(26)ティン・チャオン・ウェン「空中空間」
DSC_3539
(27)リン・チャウェン「空のバスを待つバス停」
DSC_3547
(28)yukaotani/Tokyo「Anicca」
本日の一番、飴で作った仏像が長い時間を掛けて光(熱)で溶けていくというアイディア、作品と入れ物の麹室との効果、不思議な美しさ。
DSC_3549
DSC_3550
DSC_3552
(29)三好由起「Three light diffractions」
DSC_3561
(30)田村吉康+マルファ・ヴァシリーヴァ「高天原プロジェクト 作品群」
DSC_3558
DSC_3559
(31)福島陽子「ブルーオデッセイ」
本日のお気に入り、とても美しい作品です。
DSC_3563
DSC_3564

【12】近藤公園胡桃沢
(32)クラウディオ・ベオルキア「ひとしずくの前」
DSC_3570

道すがら
DSC_3568
道端の花、コルチカムですね。
DSC_3571

出発点の中之条駅まで戻ってきました。
DSC_3572
歩行距離は4.4kmでした。
[画像:474cfe78-s.jpg]
今日巡ったのは全体の1/5ぐらい、先は長いですね。

本日のP泊は「道のあがつま峡」で、併設の「天狗の湯」で入浴。
DSC_3573
カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:42.1/?、無色透明・無臭・無味・サラスベ・道の駅併設系。
見事な仲秋の名月が上りました。
DSC_3574

2017年開催の芸術祭をNETで探したら、blog「能ある鷹h氏」の「2017年国内開催のトリエンナーレ・ビエンナーレ・芸術祭を総まとめ!新しいアートフェスが続々誕生!」に行きあたりました。
情報を拝借すると次の通りです。

1)「中房総国際芸術祭 いちはらアート×ミックス2017(4/8~5/14)」
アートいちはら2015秋」(開催しない年の短期展示会?)に行き、結構面白かったですね。

2)「北アルプス交際芸術祭(6/4~7/30)」
初開催。
会場は信濃大町、新緑から梅雨、初夏と季節も良く、観光と合わせると良さそうですね。

3)「Reborn-Art Festival 2017(リボーンアートフェスティバル 2017)[7/22~9/10]」
初開催。
会場は、牡鹿半島・石巻市内中心部・松島湾(石巻市、塩竈市、東松島市、松島町、女川町)。

4)「ヨコハマトリエンナーレ2017「島と星座とガラパゴス」(8/4~11/5)」
第6回目の開催。
開催回数も多く、大変有名な芸術祭です。

5)「札幌国際芸術祭2017(SIAF2017)[8/6~10/1]」
トリエンナーレで第2回目の開催
北の大地の札幌の芸術祭、そそられますね。
昨年の北海道旅行でパンフレットを貰ってきました。

6)「奥能登国際芸術祭 珠洲2017(9/3~10/22)」
初開催だと思います。

7)「中之条ビエンナーレ2017(9/9~10/9)」
第6回目の開催です。
中之条ビエンナーレ2015」に行きました。
こじんまりとして、なかなか良い感じの芸術祭で、気に入った作品も沢山ありました。
2017のパンフレットが郵送されてきました。

8)「亀山トリエンナーレ2017(9/24~10/15)」
第4回目の開催です。

手元にあるパンフレット
image

夫々の芸術祭、面白そうです。
さて、何処に行きましょうかね。


取手アートパス2016」へ。
東京藝術大学取手校の年1回の作品展で、昨年初めて訪れて、面白かったので、今年も来てみました。
取手駅東ロから藝大専用バスに乗って、取手校へ。
image

image

気に入った作品も含め一部を、作品名・作者等も省いて写真のみを貼り付けました。
image

image

image

本日のお気に入り
image

image

ステンドグラスの習作
image

image

本日のお気に入り
image

image

image

image

image

漆芸
image

本日のお気に入り
image

image

image

image

image

image

本日のお気に入り
image

image

image

image

本日のお気に入り
image

陽も少し傾いた頃、作品展を巡り終わりました。
image

昨年に比較すると、作品が少なく、少し寂しい感じがします。
今年から体制が変わって、取手校に在籍する生徒数が大部減ったようで、そのせいかもしれません。

レセプションパーティーが始まりました。
image

飲み物(ビール、ワイン、日本酒等のアルコール有り)と軽食(寿司、鶏唐揚げ、ポテトサラダ、枝豆、等)が振る舞われますが、なかなかの太っ腹です。
image

image

日比野克彦氏(顔と名前が一致する数少ない現代芸術家の一人、越後妻有や瀬戸内国際等のメジャーな芸術祭でよく作品を見掛け、東京芸術大学美術学部の学部長で先端芸術表現科の教授)の挨拶。
image

同じく先端芸術表現科の佐藤時啓教授(だと思います)の特製の芋煮、此れは美味しい!!。
image

日本酒は、来福・愛山純米吟醸、田中酒造・君萬代大吟醸、府中誉・渡舟純米大吟醸、という滅多に飲めない茨城の銘酒3本、うち2本は藤井取手市長の差し入れとのこと。
遠慮なく、美味しく頂きました。

模擬店の窯焼きピザ(マルガリータ)をお土産に買って、バスに乗って帰宅。
image

image

半日、ゆっくりと楽しみました。
来年も訪れましょう。

本日は曇りの一日でした。
image


今年の国内の大規模芸術祭は、①「瀬戸内国際芸術祭_、②愛知トリエンナーレ、③さいたまトリエンナーレ、④みちのおくの芸術祭山形ビエンナーレ、⑤茨城県県北芸術祭ぐらいで、①(春会期3月と秋会期10月)と⑤に行きました。
②と④は既に修了しており、未だ開催中は③の「さいたまトリエンナーレ2016」のみです。
どうしたものか思案中です。
image


茨城県北芸術祭は9月19日~22日の4日間巡りましたが、当時、未完成、展示中断、休展示日等で観ることができなかった作品を1日で巡ることに。


6号線を北上、日立バイパス。
image

北茨城市五浦の六角堂
DSC_5131
DSC_5132
DSC_5133
C-03:???(須田悦弘)
DSC_5138
????
DSC_5140

C-04:???(ジャン・ワン)
なかなか美しい作品です。
DSC_5136

DSC_5135

日立市へ南下
A-03:???(AKI INOMATA)
3Dプリンタで作成した宿に生きたヤドカリが入る・・・・。
面白いですね。
DSC_5141
DSC_5142
DSC_5143
DSC_5144
DSC_5145

御岩神社へ
DSC_5146
DSC_5147
A-15:???(森山茜)
美しい作品、残念ながら、写真ではなかなか伝わらない・・・です。
DSC_5149
DSC_5150
DSC_5151

水府村へ
D-03:???(井上信太)
インスタレーション、風景、一体となった作品。
環境が素晴らしく、芸術祭らしい作品。
DSC_5152
DSC_5153

お昼は近くの「藤ひろ」で。
image

盛り(620円)とかき揚げそば(680円)。
まっとうな手打ち蕎麦、ボリュームもあって、良いですね。
大きなかき揚げは揚げたてさくさく・熱々ですが、蕎麦も熱に負けず美味しい。
DSC_5154
DSC_5155
ご馳走様でした。

竜神大橋へ
DSC_5157
バンジー、飛んでます、恐ろしい高さ。
DSC_5158
D-01:???(チェ・ジョンファ)
DSC_5159

大子地区へ。
F-07:???(妹島和世)
足湯、不思議な作品、とても気に入りました。
DSC_5160
DSC_5166
DSC_5161
DSC_5168

追加で巡ったかいのある作品ばかりでした。
茨城県北芸術祭、5日間楽しみました。
継続して開催されると良いですね。

道の駅源平の郷むれ(06:30)⇒高松港(07:30)⇒直島(09:15~14:20)⇒高松港(15:20)⇒道の駅南国風良里
(20:30)

西への旅第17日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第4日目で直島(再訪)へ。

今日のモーニング讃岐うどんは高松市の「さか枝」、高松市役所近くで朝5時開店、凄いですね。
かけ+海老掻き揚げとぶっかけ冷し
+揚で、560円(190×2+90×2)、。
こし、のどごしのバランス良く、かけもぶっかけ冷やしもとても美味しく、安く、とても良い店ですね。
DSC_4841
DSC_4840
 
高松港から直島へ。
DSC_4872
 春に巡り切れなかった、「地中美術館」、「季禹煥美術館」、「ベネッセハウスミュージアム」と「直島銭湯」のアトラクション?参加が目的です。
美術館等の内部は撮影できないので外観のみですね。...
019:地中美術館
DSC_4844
モネの水連をイメージした地中美術館へ続く小公園。
DSC_4850
DSC_4845
モネ、ジェームズ・タレル、ウォルター・デ・マリアの作品が恒久展示されています。
DSC_4847
018:李禹煥美術館
DSC_4851
DSC_4854
DSC_4855
017:ベネッセハウスミュージアム
DSC_4856
DSC_4857
3つの美術館、なかなか見応えがあります。
建築が全て安藤忠雄の設計です。

ベネッセハウス周辺の作品群の一つ、あまりに有名な204:南瓜(草間彌生)。
DSC_4861

お昼を頂いて、001:「直島銭湯」(大竹伸朗)へ一風呂浴びに。
DSC_4863
001:直島銭湯「I♡湯」
フェリーの時間の関係で10分の鴉の行水ですが、開店直後で独り占め、素晴らしい、ちょっと感動してしまいました。
image

image

image

NETから入手
image


これで、我が家の瀬戸内国際芸術祭2016は終了。
春会期7日間、秋会期4日間の計11日間、12島中11島訪問、206作品中162作品鑑賞、春と秋の瀬戸内の島々の旅、楽しかったです。
高松に戻って、高知へ国道11号~32号で移動。
本日のP泊は道の駅南国風良里です。

道の駅恋人の聖地うたず臨海公園(06:30)⇒本島(08:50~12:40)⇒道の駅源平の郷むれ(15:00)

西への旅第16日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第3日目で本島へ。

道の駅恋人の聖地うたず臨海公園の朝。
DSC_4747
DSC_4746

今日のモーニング讃岐うどんは丸亀市の「よしや」であつあつとひやひや、てんぷら(げそとカニ棒)、おでん(厚揚げとすじ)で910円、どんだけ食うんじゃい!?
DSC_4748
こしの強い噛むタイプのうどんで、あつあつの方が合っている感じですが、美味しく頂きました。
 
本島へ。
DSC_4754
DSC_4749
青空が広がり、今日も良い天気です。
DSC_4756
 平地の多いゆったりとした島で、良い雰囲気の古い街並みと作品の在り様がとても良く合っています。
美しい作品も多く、秋会期の最後にふさわしい島をゆっくりと楽しんで巡りました。
145:水の下の空(アレクサンドル・ポノマリョフ)
本日のNo2、大掛かりで美しい作品、如何にも芸術祭にふさわしいとといった作品です。
DSC_4758
DSC_4759
DSC_4760

DSC_4761
笠島まち並保存地区へ。
DSC_4764
美しいまち並み、豊かなしまだったのですね。
DSC_4766
DSC_4767
DSC_4769
DSC_4770
144:Moon Tunes(ツェ・スーメイ)
DSC_4774
DSC_4773
DSC_4776
146:善根湯(斎藤正✖続・塩鮑大工衆)
DSC_4780
DSC_4779
DSC_4783
近くの墓地、故人毎の墓が多数あり、不思議な風景です。
「本島には、亡骸を埋める「埋め墓」とお詣りする「詣り墓」を分ける「両墓制」という風習が今も残っています。」ということで、これは埋め墓のようです。
DSC_4785
143:産屋から殯屋(古郡弘)
DSC_4793
DSC_4794
DSC_4791
DSC_4796
141:威臨丸の家(眞壁陸二)
本日のNo1、美しい、とっても好みです。
DSC_4814
DSC_4809
光の使い方が素晴らしい。
DSC_4813
DSC_4811
142:そらあみ(五十嵐靖晃)
本日のNo3、春の沙弥島で観ましたが、本島に移ったのですね。
これも美しい作品です。
DSC_4818
DSC_4819
DSC_4820
早目のお昼代わり、蛸の天ぷらとコロッケ。
DSC_4824

高松に戻って、本日のP泊の「道の駅源平の郷むれ」にプレアデス号を停めて、夕方から高松の街歩きと外飲みで高松市のライ
オン通の「よって屋」へ。
DSC_4826
DSC_4827
DSC_4828
DSC_4829
DSC_4830
よって屋」、茹で地海老、骨付き鳥(オヤ)、豚キムチ、おでん、餃子とお酒少々(?)・・・で5,443円、安くて美味しい。
この旅3回目の外飲みでした。
DSC_4837
DSC_4832
DSC_4831
DSC_4833
DSC_4834
DSC_4835
DSC_4836
デザート?!
DSC_4838
DSC_4839
 
明日は直島再訪です。


西への旅第15日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第2日目、高見島と粟島を巡ります。

朝食は昨日に引き続き、モーニング讃岐うどんで、三豊市の「上杉食品」、営業時間がなんと06:30~08:00という店です。
DSC_4601
DSC_4600
かけ小(250円)とかまたま中(350円)を注文。
芯が少し残るような一寸アルデンテな感じで、小麦の香りが強くて、なかなか美味しい。
てんぷら等のトッピング無しなので、かまたまを中(1.5玉)にしましたが、少し多過ぎでした。

須田港から粟島、更に船を乗り換えて高見島へ。
DSC_4607
すだちのお接待、有難く頂きました。
DSC_4604
DSC_4608
DSC_4610
DSC_4611
DSC_4613

高見島の9作品を巡ります。
以下、作品をピックアップしました。
150:錆色の旅(若林亮)
DSC_4616
152:覚悟のイロハ(後藤靖香)
DSC_4619
坂道の路地を行きます。
DSC_4625
DSC_4626
DSC_4647

DSC_4629
DSC_4631
DSC_4632
DSC_4627
153:うつりかわりの家(中島伽耶子)
本日のNo2です。
古民家の壁に無数の穴を開け、そこにアクリルの棒を差し込んでいます。
鮮やかに光が入って不思議な効果を生み出しています。
とても好みです。
DSC_4642
DSC_4643
DSC_4645
155:除虫菊の家(内田晴之+小川文子+田辺桂)。
本日のNo*です。
DSC_4651
DSC_4652
DSC_4653
45分で一山が燃え尽きるそうで、10月8日以来展示時間中休まずに燃やし続けた結果だそうです。
DSC_4655
DSC_4656
庭に咲いていた除虫菊。
DSC_4657
149:時のふる家(中島伽耶子)
本日のNo1です。
153と対になる作品で、こちらは古民家の壁に多数のアクリル板を差し込まれて、外光が伝わって不思議な効果が、まるで光が四角く切り取られたような効果が。
大変美しい作品でした。
DSC_4659
DSC_4660
DSC_4661
148:漁師と職人(田辺桂)
DSC_4663
DSC_4664

 高見島から粟島に戻って、粟島の8作品を巡ります。
昼食代わりの買い食いその1、これがなかなか楽しいですね。
DSC_4668
156:瀬戸内海底探査船美術館プロジェクト「一昨日丸」「ソコソコ想像所」「Re-ing-A」
DSC_4670
DSC_4671
粟島海洋記念館

DSC_4672
158:SOKO LABO OPEN(?)
本日のNo4です。
古い校舎と美しい作品との組み合わせに弱いです。
DSC_4678
DSC_4679

DSC_4680
DSC_4681

DSC_4688

DSC_4689
161:Project for Awashima(エステル・ストッカー)
本日のNo3です。
素晴らしい、不思議な感覚で見ていて飽きません。
DSC_4698
DSC_4699
DSC_4700
DSC_4701
DSC_4702
162:過ぎ去った子供たちの歌(ムニール・ファトゥミ)
DSC_4704
157:「Re-ing-A」(日比野克彦)
DSC_4711
DSC_4712
159:漂流郵便局(久保田沙耶)
DSC_4716
DSC_4717
DSC_4718
道すがらのピザ屋さん、自製の耐火煉瓦窯でパリパリのピザを焼いていました。
昼食代わりの買い食いその1で、1枚(500円)注文。
DSC_4719
熱々でなかなか美味しい、ご馳走様でした。
DSC_4720
160:日々の小学校(粟島芸術家村)
DSC_4722
DSC_4724
DSC_4725
DSC_4729
DSC_4732
DSC_4734
DSC_4740
DSC_4741
image

今曰は好みの作品が多くあり、芸術祭を堪能しました。

須田港に戻り、本日のP泊地の「恋人の聖地うたづ臨海公園」へ。
DSC_4743
 途中、3軒のスーパーを梯子して、「一番搾り香川づくり」を手に入れました。
これで四国の一番搾り都道府県別づくりをコンプリートしました。
本日の夕食、目立った地元食材はありません。
DSC_4744
さて一番搾り香川づくりは?
バランス良くなかなか美味しいのですが、少し味が薄く感じて、取手づくりに軍配、でした。
明日は本島を予定します。

道の駅小松オアシス(06:00)⇒うちぬき公園(06:15)⇒観音寺港(09:45)⇒伊吹島(10:10~13:30)⇒観音寺港(14:00)⇒道の駅ふれあいぱーくみの(18:00)

西への旅第14日目、瀬戸内国際芸術祭秋会期第1日目で、愛媛県西条市から香川県観音寺市、伊吹島へ。

先ず西条市の「うちぬき」で当面の飲料水をゲット。
DSC_4530
噴き出しから柄杓を使って水を容器に入れるのは、結構コツが要ります。
DSC_4529

愛媛県から香川県へ。
モーニング讃岐うどんで、今年の3月臨時休業で振られた観音寺市の「上戸」へ。
今日も振られてしまいました。
 通り掛かりのご近所の方が「最近は本当に時折開けるかな?」と・・・。
DSC_4531
気を取り直して、「鳥越製麺所」ヘ向かい、かけ小+とり天とぶっかけ冷し小+お揚げ(280+120+280+110=790円)を。
DSC_4534
DSC_4533
 早朝からひっきりなしにお客さんが押し掛け、茹でたて揚げたて、とても美味しく、朝からこんな美味しいうどんがお安く食べられるご近所の方が羨ましいと思った次第。

観音寺港の瀬戸芸の専用駐車場にプレアデス号を停めて、伊吹島へ。
DSC_4535
DSC_4536
DSC_4538
DSC_4539
 瀬戸内国際芸術祭の楽しみは、作品の鑑賞は当然ですが、島を巡る旅の面白さ、ですね。
いりこ作りで栄えた伊吹島、迷路のような道を辿って、7作品を巡ります。
164:トイレの家(石井大五)
DSC_4540
DSC_4542
DSC_4543
165:沈まぬ船(豊福亮+Chiba Art School)
本日のNo1、島民のボランティアの6万個の浮きで造った巨大なオブジェ、大掛かりで美しい作品です。
DSC_4545
DSC_4546
DSC_4549
166:伊吹島ドリフト伝説(コンタクト・ゴンゾ)
DSC_4551
途中で昼食代わりのおやつその1
DSC_4557
DSC_4558
167:イリコ庵(みかんぐみ+明治大学学生)
DSC_4565
DSC_4563
昼食代わりのおやつその2
DSC_4566
167:ト・ラ・ン・ス・フォー・マー -島になる-(小林耕兵平)
DSC_4573
168:限界/伊吹の静けさ打つ水の音(ウィルフレド・プリエロ)
DSC_4576
伊吹島の路地を行きます。
DSC_4578
DSC_4579
DSC_4580
DSC_4581
Here, There, Evrywhere:Project Another Country-Dap-Pay-(アルフレイ&イザベル・アキリザン)
DSC_4583
DSC_4586
ゆっくりと3時間くらいの滞在でした。
DSC_4597

観音寺港に戻って、P泊地の「道の駅ふれあいぱーくみの」へ。
本日の夕食の地元食材は、オリーブ牛と鰆の刺身と釜揚げ鰯の天婦羅。
美味しく頂きました。
DSC_4599

明日は、粟島、高見島の2島を廻ります。


道の駅日立おさかなセンター(08:30)⇒道の駅かつら(17:30)

道の駅日立おさかなセンターの朝。
3日振り、久々の晴れ、日差しが有難いですね。
DSC_3923
常陸太田経由で御岩神社へ。
DSC_3929

御岩神社
山の中ですが、立派でとても雰囲気の良い神社です。
DSC_3933
DSC_3935
DSC_3936
DSC_3942
DSC_3945
A-14:御岩山雲竜図(岡村美紀)
見事な龍です。
瀬戸国際内芸術祭の小豆島で作品「小豆島縁起絵巻」を見ましたね。
本日のNo。
DSC_3949
DSC_3951
DSC_3952

A-13:フィールド・クリスタル(イアン・カウロ・ハウシャン)
DSC_3964

カミネ動物園&カミネ遊園地
芸術祭パスポートの得点で、無料券を頂き入園。
こじんまりとした動物園ですがなかなか良い感じです。
DSC_3967
DSC_3969
DSC_3971
DSC_3974
DSC_3981
DSC_3983
DSC_3988

小貝ヶ浜
DSC_3993
A-01:日立つ浜の産土神の御座(國安孝昌)
DSC_3997
A-02:(ヴェンザ・クリスト)
image

image

image

A-04:回廊の中で:この場所のための4つの虹-KENPOKU ART 2016のために(ダニュエル・ビュレン)
DSC_4001
DSC_4002
A-05:風景幻灯機(村上史明)
DSC_4003

お昼は日立駅の「シーバーズカフェ」。
DSC_4007
天空のレストラン、日立の海が目の前に広がります。
タコライス(850円)とポークランチ(930円)、スープと珈琲(紅茶)付き。
DSC_4005
ゆっくりと食事して休みました。

日立シビックセンター
A-11:バイオトープ?(テア・マキパー)
バスがバイオトープ(生物生息空間)となって、ウサギ、モルモット、鳥、亀が住んでいます。
DSC_4010
DSC_4008
DSC_4011
A-07:日立電輪塔(和田永)
DSC_4014
A-06:クリスタルパレス:万原子力発電国産業製作品大博覧会/3つのお願い
DSC_4016
image


日立市多賀地区へ
A-20:ニットインベーター(力石咲)
DSC_4031
DSC_4033
A-21:ポリプラネットカンパニー(藤浩司)
面白いですね、このような作品に弱いです。
本日のNo。
DSC_4035
DSC_4037
DSC_4040
DSC_4041
A-17:スマイリー・バック・コーポレート(青崎伸孝)
DSC_4045
DSC_4046
A-18:看板屋なかざき(中崎透)
DSC_4048
A-23:ヒタチタガ・コンクリート・マンガ・ベンチ・コレクション(山本美希)
DSC_4051
これでこれで茨城県北芸術祭巡りの終了です。
10強作品が見れませんでしたが、80作品程を鑑賞しました。
初めての試みとしてはなかなか良い出来栄えではないでしょうか。
11月20日の会期を終了して、その後の評価となりますが、ビエンナーレやトリエンナーレとして継続されると良いですね。
その節はボランティアとして参加したいと思います。

通り掛かりの洋菓子屋さんでシュークリームのおやつ。
その場でシューにカスタードクリームを詰めて頂きますが、少し疲れた体にとても美味しい。
DSC_4056
ご馳走様でした。

本日のP泊は、振り出しに戻って道の駅かつらでキャンプもどき。
DSC_4062
9月2日に釣った(釣れちゃった)35kgの木肌鮪のカマ(1/2)、他の夕食。
DSC_4057
image

DSC_4061
美味しく頂きました。
ご馳走様でした。
少し遅くまで楽しみました。
DSC_4063


道の駅奥久慈だいご(08:30)⇒道の駅日立おさかなセンター(17:45)

茨城県北芸術祭第3日目で、本日は大子(残り)と北茨城市と高萩市を巡ります。

袋田の滝の観瀑トンネルの作品からスタート。
DSC_3781
F-18:連鎖的可能性(ジョン・ヘリョン)
良いアイデア、面白い作品です。
本日のNo3。
DSC_3782
DSC_3783
DSC_3784
増水した袋田の滝、普段の優美な姿から想像できない程の迫力です。
DSC_3786
なんと展望台エレベーターが増設されていました。
十数年前に来た時はありませんでしたね。
2008年に造られたとのこと。
DSC_3790
展望台から眺めると、絶景です。
「袋田の滝のハートマーク」は滝の中央によく見えます。
DSC_3791
DSC_3801

北茨城市へ移動。

旧冨士ケ丘小学校
C-06:HIBINO HOSPITAL(日比野克彦)
DSC_3812
DSC_3813
C-05:物々交換プロジェクト at KENPOKU(柚木恵介)
DSC_3817
C-08:今ここにある空(林剛人丸)
ヘリウムガス漏れなのか浮遊しなくなり調整中とのことですが、球体の部分を作り直すと作成者の弁。
とても美しい作品です。
早く直ると良いですね。
本日のNo2。
DSC_3822
DSC_3824
茨城県天心記念五浦美術館
DSC_3826
C-02:Nirvana 、まほろば、空書 円相 無限相、他(チームラボ)
大変凝った映像作品。
なんと言っても、面白い!!、楽しい!!、美しい!!。
今年の2月の佐倉市立美術館の企画展の「魔法の美術館」で作品を見ています。
今日はお客さんも少なく、たっぷりと時間をかけて楽しみました。
本日のNo1です。
DSC_3835
DSC_3842
DSC_3849
DSC_3852
DSC_3882
DSC_3855
DSC_3862
DSC_3865
DSC_3866
DSC_3880
DSC_3881

お昼は高萩のそば屋「うらじ」で。
DSC_3892
創業100年を超える老舗で、最近改築していい感じの店構えです。
この店のスペシャリテのカレー南蛮そば(756円)は、粘度の高いカレー餡の中にボリュームのある細いそば、癖になる美味しさです。
もう一つの天ぷらそば(765円)は、おひょうの天ぷらという変わり種で、サクサクで、きりっと辛めの汁のそばとも合って、何か路麺店のそばに通じるような美味しさがあります(結構好きです)。
DSC_3891
DSC_3889
ご馳走様でした。

高萩に移動
穂積家住宅
DSC_3893
DSC_3894
DSC_3895
B-01:紅毛先生の驚異の部屋(サンドリーム・ルケ)
DSC_3901
B-02:天を仰ぎ地に立つ者として(上野雄次)
DSC_3904
見事な格子細工、お手洗いですが、格子細工愛好家として見逃せません。
DSC_3905
B-03:pearl blueの襞 -空へ・ソラから-
写真では、上手く表現されていませんが、美しい作品。
本日のNo4。
DSC_3910
DSC_3911
B-04:Web of Life(デビー・ハン)
DSC_3915
顔の集合体、面白い。
DSC_3916
高戸海岸
B-07:「?」(スッシリー・プイオック
DSC_3918
B-05:落ちてきた空(イリヤ&エミリア・カバコフ)
DSC_3921

 本日のP泊は道の駅ひたちお魚センター、営業時間に間に合わず、魚が買えませんでした(^^;。
台風16号が接近しています。
だんだん風が強くなってきました。
明日は最終日で、日立市を巡ります。


道の駅ひたちおおた(08:45)⇒道の駅奥久慈だいご(16:45)

茨城県北芸術祭第二日目、今日も朝から強い雨が降っています。
本日は、常陸大宮市と大子町地区を巡り、35作品のうち30作品を鑑賞しました(10月中旬から展示や調整中等あり)。
気に入った作品等を紹介します。

E-15:)ジョイセンターの客(ミヒャエル・ボイトラー)
本日のお気に入り
DSC_3622
手で軽く押すだけ巨大な筒が回るのですが、中心の部材が水に浮いているそうです。
DSC_3616
大掛かりでなかなか面白い作品です。
DSC_3617
DSC_3620
E-17:moonwalk(内海聖史)
本日のお気に入り

DSC_3623
大きくて美しい作品です。
DSC_3625
DSC_3626
DSC_3627
E-16:森の記憶(レ=トゥア・ティエン)
DSC_3631
E14:川床/寄り添う人々(塩谷良太)
DSC_3635
E-11:「?」(ワン・テユ)
アイデア、造形、展示環境、全てが素晴らしい作品。
本日のNo2です。
DSC_3640
DSC_3641
DSC_3643
DSC_3648
DSC_3661
E-10:ブラックフィールド(ザトック・ベン=デイビッド)
入口から見ると黒い食物、反対から見るとカラフルな植物、横を歩きながら見ると、黒から色彩豊か、色彩豊から黒と変化して、不思議な感覚。
本日のNo1です。
DSC_3662
DSC_3663
DSC_3666
DSC_3668
横からみると・・・、本当に不思議です。
DSC_3670
E-02:コロイドディスプレイ?(落合陽一)
DSC_3684
E-04:「?」(CALAR.ink、チアキコハラ他、ハッカソン」
DSC_3694
DSC_3698
DSC_3699
E-01:「?」(Sound of TapBord、米澤一平、他)
DSC_3705


常陸大宮市から移動して大子へ。
本日のお昼は「玉屋旅館」で奥久慈しゃも料理を頂きました。
image

奥久慈しゃも親子丼、奥久慈しゃも弁当(各1,100円)、噛み応えのある旨味の強いしゃも肉がなかなか美味しいですね。
DSC_3710
結構ボリュームもありました。
ご馳走様でした。

午後から大子地区を巡ります。
F-10:japan?(secc)
japanは漆器の意もあるとのことです。
とても美しい作品です。
本日のお気に入り。
DSC_3722
DSC_3724
DSC_3725
F-13:干渉する浮遊体(アビルショウゴ、他、ハッカソン)
本日のNo4。
定期的にしゃぼん玉が作られ、降りてくると透明なボウルの辺りで浮遊したままとなります。
不思議で美しい作品です。
DSC_3729
DSC_3730

F-15:折り紙ミューテーション(BCL)
DSC_3736
大子町の街歩き。
DSC_3740
DSC_3741
DSC_3742
DSC_3749

大子町の旧上岡小学校。
昨年の茨城から福島の櫻旅で訪れましたね。
DSC_3750
F-04:「沈黙の教会、あるいは沈黙の境界」(田中信太朗)
黒いウレタン樹脂を流し込んだプール。
漆黒の鏡のようで、移った景色が美しい。
とても面白い作品です。
本日のNo3。
DSC_3753
DSC_3755
DSC_3756
DSC_3758

旧初原小学校
F-02:大子町の彫刻展(井原宏蕗、松島勇祐、本郷芳哉、木戸修、他)
この動物の像は、その動物の糞と藁と漆で作ったそうです。
DSC_3767
DSC_3768
DSC_3769
DSC_3770
DSC_3773
DSC_3775
DSC_3776

この芸術祭は、大がかりで手が混んだ、また先端技術を取り入れた作品が結構多く、面白く、なかなか見応えがあります。
また、展示会場も閉館した公共施設や廃業した商業施設が多く、今まで巡った芸術祭と少し違う印象がありますね。
 
本日のP泊は「道の駅奥久慈だいご」、明日は北茨城市と高萩市を巡ります。

自宅(05:10)⇒道の駅かつら(07:15)

今那珂川ダウンリバーパドリングから茨城県北芸術祭への旅に出ました。

今日は「道の駅かつら」のキャンプエリアで泊まって明日朝、舟戸⇒大瀬のダウンリバーの予定でしたが、道の駅かつらに着いてキャンプエリア下の那珂川を見ると、普段は殆んど流れの無い清流が濁流状態。
image

image

昨日の24:00まで大瀬上流の水位は変化が無かったので、昨夜半、上流域で強い雨が降ったようです。
今日も栃木・茨城は断続的に雨降りとのことで、残念ですが明日のダウンリバーは無理とは
判断して、ダウンリバーのメンバーのハラさんに連絡しました。
またの機会に、ですね。
ということで予定を早めて、茨城県北芸術祭に向けて常陸太田へ移動しました。

「道の駅ひたちおおた」、今年の7月に開設した新しい道の駅です。
展示会場の一つで、インフォメーションセンターもあって前売券をパスポートに交換して、公式ガイドブック(1,300円)を購入。
image

image

image

ビュッフェレストランの中に作品があり、食事を摂らないと観賞できないというのは、う~んですね。

鯨ヶ丘地区へ。
常陸太田の高台で、遠くから見ると鯨の背のように見えることから生まれた地名だそうです。
Dー14:Sings Memory(原高史)
image

image

image

梅津会館以外にも鯨ヶ丘の街中の沢山の建物で展開されています。
インタビューがなかなか味があって、読み込んでいると店の方と目が合って、照れくさそうな微笑み、良い感じです。
Dー11:イ/バ/ラ/キ(ニパン・オラニウェー)
image

image

image

image

本日の一番のお気に入り、気が遠くなりそうな大作、この手の作品に弱いです。
Dー15:Life Stripe(SPRED)
image

image

image

image

image

image

鯨ヶ丘の街並み、古い商店や石畳の小道、なかなか良い雰囲気です。
image

image

Dー13:リビングルーム(北澤潤)
image

image

image


Dー10:常陸のおお田守る竜神(國安孝昌)
image

image


旧常陸太田市自然休養村管理センター
これ以降、撮った写真がSDカードに落ちていないことが多々あり、写真が抜けています。
D-04~D-09
image

image

image

image

image

image

image


お昼は、常陸秋蕎麦の「天下野」へ。
image

image

もり(700円)、天婦羅(400円)、つけけんちん蕎麦(1,000円)を注文は
丁寧に打たれた美味しい蕎麦でした。
滑りが強く、好みですね。
けんちん汁は野菜の濃厚な旨味が出て、熱々で、蕎麦を浸けると蕎麦がふっくらします。
天婦羅もかりっと揚がって、2人で調度良い量です。
image

ご馳走様でした。

ふるさとセニター 竜っちゃん乃湯
D-02:庭にてー風と森(増田聡子)
image

image


本日のP泊は「道の駅ひたちおおた」です。
設備が素晴らしく、快適でした。

「茨城県北芸術祭」、第1回目の開催ですが、良い作品、運営も上手くできていますね。
明日は大宮と大子を巡りますが楽みです。

道の駅一本松展望園(07:00)⇒宝伝港(08:00)⇒犬島(08:10~13:20)⇒宝伝港(13:30)⇒草津PA(20:00)

本日は瀬戸内国際芸術際の第7日目で、犬島を巡ります。
image

宝伝港で高速船に乗りますが、フェリー以外の船に乗るのは今回が初めてですね。
image
遠くの島の蜃気楼。
image
あっという間、10分で犬島へ。
image

125:石職人の家跡/太古の声をきくように、明日の声を聴く(浅井裕介)
DSC_0292
DSC_0293
DSC_0296
123:S邸/コンタクトレンズ、本日のNo.2、美しい、レンズ越しに見ると風景にバリエーションが生まれ、不思議な効果を。
DSC_0298
DSC_0300
DSC_0302
DSC_0337
121:リフレクトゥ(荒神明香)、本日のNo.1、唯々美しい、環境との調和も素晴らしい。
今回の瀬戸内国際芸術祭のNo.1です。
DSC_0338
DSC_0342
DSC_0340
DSC_0347
DSC_0346
DSC_0345
128:犬島精練所美術館(アート:柳幸典)、本日のNo.3。
合わせ鏡を鍵状に繋いだ通路で何度も直角に曲がっているのに、前方は出口、振り返ると入り口がどこまでも見えるという不思議は通路と三島由紀夫の作品や旧宅をモチーフにした作品。
旧精錬所跡もモニュメントのようで良い雰囲気です。
DSC_0315
DSC_0332
DSC_0326
DSC_0316
DSC_0322
DSC_0327
120:F邸/Biota(名和晃平)、外観のみ。
DSC_0334
124:C邸/エーテル、本日のNo.4、張り巡らされた蛍光の緑色の水糸が美しく、建物そのものも素晴らしい。
DSC_0354
122:I邸/プレーンミラーリバース、外観のみ。
DSC_0360
山陽高校の海の家の「犬島の島犬」。
造形家・川埜龍三さんが、個人企画「犬島ハウスプロジェクト」として、
2年の歳月をかけた作成下巨大パブリックアート(奥行5m10cm×高さ3m×幅2m40cm)とのことで、とても可愛い。
DSC_0363
小さな港のベンチで一休み。
DSC_0367
DSC_0368
在本商店」でお昼に、犬島丼セット(犬島丼、ゲタの唐揚げ、コーヒーゼリー、1,000円)と焼きそば(500円)を。
犬島丼はゲタ(舌平目)のミンチと野菜の汁掛けご飯で、優しい味付けですが結構なボリュームがあります。
焼きそばも竹輪がいい感じです。
DSC_0374
DSC_0370
DSC_0371
DSC_0373
ご馳走様でした。

犬島チケットセンターのカフェで、ゆったりと帰りの高速艇の出発時間を待ちました。
DSC_0375
DSC_0383
宝伝港へ帰ります。
DSC_0384

これにて、瀬戸内国際芸術祭の春会期を巡り終え、206作品(春に展示無しの分も含めて全会場)にうち、121作品を観たこととなります。
島を渡り歩いて作品を巡るという、大変面白く、風情というか、旅情も感じられる芸術祭でした。
確かに、島渡りというある種の不便さがあるのですが、それも味わいの内で、天候ににも恵まれ、春の穏やかな瀬戸内海も楽しむことができました。
瀬戸内国際芸術祭は、春会期(3/20-4/17)、夏会期(7/18-9/4)、秋会期(10/8-11/6)があり、あと作品展示が秋会期に集中する本島、高見島、粟島、伊吹島を訪れれば、殆どの作品を巡ることができます。
それと直島で見れなかった地中美術館他の作品群もあり、併せて秋にも訪れようかと思い始めたところです。

さて、本来はこのあと九州まで走って、九州から北海道まで櫻の開花を追う約2か月の「櫻旅」を予定していたのですが、事情があって、茨城に帰ることになりました。
残念ですが、櫻旅は来年以降の楽しみに残そうと思います。

そのまま山陽自動車道、名神高速道を、80~90kmでゆっくりと走って、草津PAでP泊。

このページのトップヘ