烟霞淡泊

カテゴリ:食事&食事会 > 家食・家飲み

此処数日間は最高気温が30℃未満の日が続いていましたが、今日は32℃くらいまで上がる予報です。
20200921_134601

お昼は、チキンカレー、今日で5回目でそろそろレシピを固定したいのですが、もう少し時間が掛かりそうです。
材料は、冷凍の鶏腿肉(丸鶏を裁いて冷凍保存していたもの)、冷凍の自家製炒め玉葱ペーストと同トマトペーストの3点。
何時も目分量ですが、次回は量りましょう。
20200918_082638
自家製炒め玉葱ペーストとトマトペーストを煮こむ。
20200918_082957
人参を薄切りにして炒め、鍋に加えて、人参の形が無くなるまで煮込む。
20200918_084808
骨付き腿肉を半分に割る。
20200918_084135
塩故障して、フライパンで焦げ目をつけるように焼く
20200918_084401
鶏肉を加えて煮込む。
20200918_102818
味付けは、コンソメキューブ2個(1個/1人前)、ウスターソースととんかつソースとトマトケチャップを適宜。
塩分はコンソメキューブ1個で、2.3gなので、鶏肉の振り塩やウスターソースととんかつソースとトマトケチャップを加えると、3.5~4gくらいと推測。
20200918_112753
香辛料その1:刻み鷹の爪小さじ山盛り1杯(写真無し)
香辛料その2:生生姜の千切り
20200918_113449
香辛料その3:エスビーカレー(小さじ山盛り2杯、1杯/1人)、その4:ガラムマサラ(適宜)、その5:クミンシード(適宜)、その6:カルダモン(適宜)
香辛料のを加えるタイミング(食べる時を0時間としてそれ以前の時間)は、刻み鷹の爪:3時間、カレー粉:1時間、生生姜千切り:30分、ガラムマサラ/クミンシード/カルダモン:直前。
20200918_113929
思い付きで茄子を追加。
20200918_121211
最後の香辛料を加えて出来上がり。
20200918_122426

今日の出来上がりは?、
香り、スパイス感、辛み、塩梅、旨味、食感、合格です。
失敗は茄子は切ってそのまま煮込んだこと、色が悪く食感もイマイチでした。
揚げ焼きかよく炒めて加えるべきでした。
20200918_122939
20200918_122943
美味しく頂き、ご馳走様でした。

朝晩の気温が25℃を切るようになって、秋らしい日が続いています。
鮮やかな黄緑色のカマキリ、この時期には余り見かけないような気がします。
カマキリは緑色から褐色に変化するものと思っていましたが、緑色個体と褐色個体に分かれるそうです。
分かれる原因は特定されいませんが、環境への保護色、捕食されないようにするための対策等があげられています。
カマキリの色は種類によって違う?茶色や緑色に変わることはあるか?」に詳しい解説がありました。
なかなか面白いですね。
20200915_100215

修理に出していたモバイルPCが帰ってきました。
左底部の冷却ファンの故障(接触)で、交換修理とのこと。
これでblogの入力が楽になります。
溜めている宿題を片付けなくては
20200919_090032

お昼はカレー南蛮そば、涼しくなってきたので久々の登場です。
汁が少なく、カレー南蛮そばらしくないというか、見栄えが悪いですが、塩分摂取低減対策です。
またカレー粉は7g、刻み鷹の爪は小さじ1杯、と辛くして塩分が少なくても満足できるようにして、汁としては塩分2.5gなのですが、乾麺のそば1束(80g)に塩分は2.8gも含有しているので、多少湯で水に溶けだすのでしょうが、総塩分量は5gになると思います。
ちょっと検討が必要ですね。
ところで先日400gのカレー粉缶を買いましたが、これでカレー南蛮そば60杯分なんですね。
20200915_122753
20200915_122805
ご馳走様でした。

夕食は、豚ロースのソティ(自家製スパイスミックス、山椒本返し)、近海メバチ鮪の刺身、チーズ納豆アボカドサンド、茹でモヤシの胡麻油和え、焼き獅子唐。
20200915_184849
脂身が適度に入っているロース肉、肩ロースに近い?、美味しいです。
20200915_184855
生のメバチ鮪、爽やかでありながらしっかり鮪の旨味もあって、これは良いですね。
20200915_184903
チーズ納豆アボカドサンド、「9月11日に放送された日本テレビの沸騰ワード10で紹介されていた志麻さんのレシピ」、なかなか美味しい。
20200915_184906
20200915_184908
写真の粉は自家製スパイスミックス(ガラムマサラ、カルダモン、クミンシード、ジンジャー、粉末鶏ガラを適宜に混ぜる)、ソティした肉に付けて頂きますが、エスニック感がでて美味しいです。
20200915_184912
ご馳走様でした。

ヨークベニマル取手戸頭店で珍しや生の富山湾の白エビを売っていたので、買いました。
白エビは初夏が旬と記憶していたので、今頃?と思ったのですが、漁期は4月から11月と長いのですね。
白エビは火を通す場合は、唐揚げやかき揚げが主な調理法ですね。
さて、唐揚げと、掻き揚げでは無く、一匹一匹上げるバラ揚げの天婦羅にして、食べ較べをしてみることにしました。

本日の夕食、白エビの唐揚げ(小麦粉塗し)、白エビのバラ揚げ天婦羅、照り焼きスペアリブ、アボカドの山葵本返し和え、鱈のつみれ汁。
白エビの食べ較べ、何れも美味しいのですが白エビのバラ揚げ天婦羅に軍配、一層の甘みと旨味、ふわっと柔らかい食感、本当に美味しい。
そういえば公魚も、唐揚げよりもバラ揚げ天婦羅が気に入って、最近は専らこれです。
やはり調理法としては、天婦羅の方が上なのかもしれませんね。
20200912_185022

近くのスーパーで生筋子が100gで498円と安かったので、購入。
走りの時期なので本来なら600円から700円くらい、安いですね。
20200906_112034

いくら作り。
①材料
生筋子:300g
漬け汁:醤油40mL、煮切り酒40mL、煮切りみりん40mL
②生筋子を解す
20200906_112731
20200906_112733
20200906_114134
③②を十分に水切りして保存瓶に移す
20200906_115309
④③に漬け汁を加えて冷蔵庫で保存
20200906_115516
本来なら、この時期には生筋子も自家調達して作る予定だったのですが、今年も叶わずでした。
来年こそは、ですね。

今日の夕食
20200906_191105
醤油漬けいくら、小粒ですが皮が柔らかく、爽やかな風味、美味しい。
20200906_191118
我が家の夏の定番、冷やし掻き玉汁針生姜添え
20200906_191239
長葱のキムチ和え
20200906_191242
炙りじゃこ天」
20200906_191245
梅きゅう
20200906_191247
寄席豆腐の青紫蘇ペースト
20200906_191251
豚ロースの塩焼き、三種の味付け種(山椒本返し、ミックススパイス、かんずり)
ミックススパイスはサイゼリアのアロスティチーニのスパイスを真似て、ガラムマサラ、クミンシード、カルダモン、ジンジャー、粉末チキンスープを適宜混ぜたものですが、なかなか美味しいです。
20200906_191257
烏賊塩辛バターポテトの写真は撮り忘れ。
飲み屋さんの摘まみのような品々、楽しく、美味しく頂きました。

紫水ファームに用事があってお邪魔しました。
シンボルツリーのミモザ、緑から黄緑のグラデーションが綺麗です。
来年春に咲く花芽が沢山ついていました、何とも早い準備ですね。
20200901_121424
20200901_114004
丁度沢山収穫できたバジルで、バジルペーストを自製されるところで、少しお手伝いしました。
バジル、大蒜、オリーブオイル、塩をブレンダーでペーストしていきます。
20200901_111824
最近購入されたT-falのブレンダー、なかなか強力ですね。
20200901_111841
20200901_112142
バジルペースト初め、ファームでできた南瓜等々を頂き、恐縮の限り、有難うございました。

お昼は頂いたバジルペーストでスパゲティジェノベーゼを頂きました。
20200901_134707
バジルソースは、茹でたてのスパゲティと合えると、鮮やかな緑色が褪せてしまいましたが、バジルの鮮烈な香りはそのままでなかなか美味しいです。
20200901_134710
20200901_134712
ご馳走様でした。

今夜の特選素材、八甲田山の玉蜀黍です。
青森県在住のキャンピングカー仲間のYさんから送られてきたものです。
先ずは皮付きのまま蒸して、それと炊き込みご飯用も準備しました。
20200901_155727
芯も入れて炊き上げ、十分に蒸らした後、バターを落として混ぜ合わせます。
20200901_175931

先日、鮎の塩焼きの再挑戦。
今日はスーパーの愛知県産の鮎です。
串打ちしました。
20200901_165035
裏で竹串を使って、鮎が動かないように固定します。
20200901_165049
庭で焚火台で炭焼きの準備。
この炭は、キャンピングカー仲間の奈良県在住のTさんに頂いた立派な切り炭です。
点けやすくて火持ちも良く、魚を焼くには理想的な炭ですね。
先日の鰻もこの炭で焼きました。
20200901_165917
20200901_180510
鰭に飾り塩を塗し、全体に薄く塩をして、焼き始めます。
20200901_181316
頭を下に、鮎を立てて、強火の遠火で焼きます。
こうすると身から水分が流れ落ちて、ふっくらと、また骨まで柔らかくなるはずですが・・・?
20200901_181702
20200901_182338

本日の夕食、蒸し玉蜀黍、トウモロコシの炊き込みご飯のお結び、豚肩ロースの照り焼き、鮎の塩焼き。
玉蜀黍は、甘くて柔らかく、風味が高くとても美味しいです。
まだたっぷりありますので、醤油のつけ焼きやコーンクリームスープ等で楽しもうと思います
さて、鮎の塩焼きは?
まあ美味しく食べれるレベル。
あまり綺麗に焼けず、頭から丸ごと背骨も食べられるまでにはならず、工夫を修業が必要ですね。
20200901_183704
ご馳走様でした。

夏らしい暑い日が相変わらず続いていますが、今日は8月31日、一年の1/3が終わろうとしています。
あっと言う間に過ぎた感じです。
新型コロナウイルスの自粛生活と梅雨の長雨や梅雨明け後の酷暑で、日々の行動量が極端に減ったからですね。
明日から9月1日、題名のない日用の「盛夏のある日」は今日までで、明日以降は少々暑くても「初秋のある日」にしましょう。

利根川の土手に上りました。
先日草刈りをしたばかりで、綺麗です。
20200830_103545
利根川パークゴルフ場、プレイヤーが木陰で涼んでいました。
20200830_104034
日差しは強くて暑いのですが、木陰は爽やかな風が吹いて、結構涼しく感じます。
20200830_104145

前回同様に関西風一口羽根付き餃子と浜松風餃子(真ん中に茹でもやしを置いただけですが)、漬け木肌鮪の山掛け、おぼろ豆腐。
今回も餃子は包みと焼きも私が担当、先ず合格点の出来上がりでした。
20200831_183550
これでもう少しパリッと感があれば・・・。
20200831_183554
羽が上手くでき、焼き加減も良いです。
20200831_183557
木肌鮪はそのままの刺身では少し物足りなくいのですが、自家製本返しと山葵で強めに漬けるとなかなか美味しいです。
20200831_183604
ご馳走様でした。

セブンパークアリオ柏へ買い物。
8月最後の暑い日曜日、結構混んでいました。
20200829_110053
20200829_110158
お目当ての物が買えました。
20200829_110357

帰りに「道の駅しょうなん」で枝豆他の野菜を調達して、我孫子市の天王台駅南口の新しくできたスーパーの「おっ母さん」へ。
天王台北口には古くから「おっ母さん」があって、以前天王台に住んでいたころは利用していました。
先日南口を車で通った時に発見して、北口店が移転?かと思ったら、北口店はそのままで南口店が追加されたようです。
そんなこともあり寄ってみました。
20200829_122250
おっ母さんはこじんまりとしているのですが魚と肉の品揃えが良く安価、今でも我孫子や沼南方面の帰りに寄ることがあります。

今日のお昼は、セブンパークアリオで買った辛子明太子で辛子明太バターのスパゲッティに雲吞スープ(自家製冷凍)、枝豆。
スパゲッティは最近1人前75gにして、野菜をたっぷり摂ることにしています。
久々の辛子明太バター、美味しいですね。
20200829_125611
ご馳走さんでした。

セブンパークアリオ柏で買った季節の物は、鮎でした。
依然見かけた時に良さそうと思って、今日買って、炭火焼の準備をして串を打とうと思ったら、鮮度がいまいちで串が上手く打てません。
仕方がないのでガスレンジのグリルで焼くことに。
鮎の塩焼き、中華風蒸し鶏、柏産の枝豆2種。
20200829_192453
グリルで充分に焼き上げると、まあ何とか食べれましたが、骨は柔らかくならず、また鮎独特の腸の旨さや風味も弱いですね。
20200829_192459
鶏腿肉は丁度の蒸し加減、千切り胡瓜を敷いて、そぎ切りの鶏もも肉を乗せて、刻み長葱と茗荷の中華たれを掛けています。
棒棒鶏より、こちらの方が好きです。
20200829_192505
ご馳走様でした。

早朝は雲がありましたが、陽が出るころには青空が広がりました。
20200828_061013
20200828_061101

今年の春に移植した山椒の木、当初は水遣りをしていましたが、それ以来は雨水のみです。
一時期、毛虫によって新芽を食べられてしまいましが、それ以降は元気にしています。
すっかり根付いて、まず安心ですね。
来年は木の芽が楽しめか?、楽しみです。
20200830_172640
同じところの横に植栽した紫陽花、今年は夏の間も水遣りはしませんでした。
これなら水遣りしなくとも、一夏過ごせそうです。
20200830_172650
20200830_172654

今日のお昼は冷やし中華。
ヤオコーオリジナルの生ラーメン太麺と胡麻だれ冷やし中華スープ(東洋水産)。
茹で時間は規定時間の1.5倍の7分。
具材はベーコン、錦糸卵、胡瓜、赤黄のパプリカ、茹で豆もやし。
麺も具材も器もしっかり冷やして頂きます。
20200828_124006
長めに茹でて氷水で〆た麺はむっちり、つるんとした食感で、とても美味しい。
麺を美しく持ち上げたいと思うのですが、なかなか難しいです
20200828_124111
ご馳走様でした。

我が家のお昼は、殆ど麺類で、その中でも定番の一つは焼きそばです。
焼きそばは「マルちゃん焼きそば3人前」(東洋水産㈱)一択で、具材は豚肉、キャベツ、もやしで味付けはオリジナルのソース、これも変わりはありません。
今日は珍しく、「Sate Tom」と鶏ガラで味付けしてみました。
ベトナムの調味料で、主成分は大豆油、唐辛子、干し海老、砂糖、にんにく、食塩、レモングラス、アミノ酸、海老とにんにく風味が強い甘めのラー油、といった感じです。
20200825_131352
20200825_131401
こうみると、色目が単調で、焼きそばのソースは味だけでなく美味しそうな濃い茶色、という役割もあるのですね。
20200825_131405
さてお味は?、程よい辛みとエスニックな風味で美味しいのですが、ちょっとパンチが無いですね。
+αの味付けが必要、オリジナルのソースを少し加えるだけでも良いかもしれませんね。

デザートは黄金桃のアイスクリーム。
①材料
 a生クリーム(200cc)をホイップ
 b卵白(2個分)をホイップ
 c砂糖(50g)
 d黄金桃(400g、ミックスブレンダーで軽くブレンド)
②abcをサクッと混ぜる
③②にdを加えサクッと混ぜる
④冷凍庫で冷やし緩く凍ったところで混ぜ合わせる
⑤さらに冷凍庫で保存する
黄金桃の風味が強く、爽やかな口当たり、美味しいです。
20200825_152122
ご馳走様でした。

今日も猛暑日となるようです。
20200826_143542
20200826_143619

朝食は、オムレツとチーズとアボカド、バタートースト、アイス珈琲。
20200822_073329
デザートは、道の駅花の駅千曲川のワッサーと黄金桃。
ワッサーは果肉がまだ固く、爽やかな甘さと風味、これも美味しいです。
20200822_073335

お昼は、冷ったい肉そば風で夏野菜てんこ盛り。
具材は蒸し鶏、焼き茄子、さらし葱、大葉、茗荷(室温)。
乾麺のそばは規定より2分長く茹でて、氷水でしっかり〆る。
汁は市販の麺汁の掛け汁の1.5倍くらいの薄さ(室温)。
キンキンに冷やさず、あまり冷たくないそば、このくらいが丁度よいです。
20200822_123748

昨日でキャンピングカーの旅の延べ日数が、800日となりました。
2013年10月にプレアデス号が納車されて、7年で800日、多いのか少ないのか?
2013年:  16日
2014年:  57日(累計  73日)
2015年:  51日(累計124日)
2016年:136日(累計260日)
2017年:147日(累計407日)
2018年:169日(累計576日)
2019年:187日(累計763日)
2020年: 37日(累計800日)
今年も2/3が終わろうとしていますが、2月の冬の東北の旅が17日と唯一旅らしい旅で、それ以外は関東近県で2日~4日程度の旅をぽつぽつで、まだ37日です。
世の中の在り様が新型コロナウイルス以前に戻ることは最早無く、それに見合った生活を探していくしかないのは判っているのですが、なかなか思い切ることができないですね。

夕食は、鰹の刺身、自家製餃子2種(関西風羽根つき一口餃子と浜松風餃子)、自家製小茄子の漬物。
最近は、包むだけでなく、焼きも担当し始めたのですが、これがまた難しい。
餡がジューシー、底がカリッと上がムチッ、が基本目標ですが、上手く行きません。
もう少し修業が必要です。
20200822_190513
ご馳走様でした。

今日も酷暑の一日でしたが、夕方には少し爽やかな風が吹いて、夏の終わりような夕暮れとなりました。
20200817_172633
20200817_172716

Nintendo Switchの本体の左のジョイコンの不具合が発生。
左のジョイコンは主人公を前後左右に動かすために使うのですが、押さなくても動いてしまうような誤動作(多様)が起こるようになりました。
NETで調べてみると、この不具合はNintendo Switchの「あるある」みたいで、結構沢山出ています。
その対処法は、次の3点です。
①任天堂に修理に出す(保証期間は無償、期間外や保証書が無い場合は有償)
②自分で修理する
③ジョイコンを買い替える
本来は①なのですが、保証書が見当たらず、修理代と配送料の負担と所要日数(2週間程度)も考えると③の方が良いという選択になりました。
②も、「部品交換(根本改善)」や「スプレイの接点改善剤を吹き付ける」が報告されているので、取り合えず後者を試してみることに。
KUREの接点復活スプレーです。
20200816_165837
20200816_165822
さて結果は?
完全には治らないのですが、不具合の症状が相当に軽減されて、騙し騙し使えるくらいまでになりました。
買い替えたジョイコンが届くまでは、これで何とかなりそうです。

今日の夕食は、米国産の廉価なチャックステーキのローストビーフ風、バナメイエビのフライ千切りキャベツ添え、胡瓜とオクラの酢の物、茄子の即席漬け。
チャックステーキのローストビーフ風は、適度に脂肪が入った良い部位があると400gくらいの塊を買って、両面を各1.5分から2分強火で焼いて、アルミホイルと新聞紙で包んで休ませて火を通す方法で調理して、半分に割って2日間で食べる、といったことをよくやります。
バナメイエビは甘み旨味が強く、また安いので重宝します。
15年くらい前から日本に入るようになって、依頼こればかりで、ブラックタイガー等は殆ど食べなくなりました。
20200817_183007
ご馳走様でした。

抜けるような青空、気温は高いのでが、からっとして盛夏という表現がぴったりな一日になりそうです。
20200812_130607

お昼は、山形風温いラーメン。
スープと具材(蒸し鶏、茹でモヤシ、茹で豆苗、豆板醤の辛葱)は室温で、麺のみ規定時間より長く茹でて(2分⇒3.5分)、氷水で〆て合わせます。
氷を浮かべたような冷やしラーメンではなく、熱くないラーメンという感じですが、結構好きです。
蒸し鶏はフライパンと深皿で強火8分の蒸し時間、ふっくらした食感、美味しいです。
20200812_123614
長めに茹でてしっかり冷やした中太麺、外側はツルンで芯はモチっ、一番おいしい茹で加減だと思います。
20200812_123706
ご馳走様でした。

15:00頃、ゴロゴロと遠雷。
表に出て南西を見ると積乱雲がもくもくと。
20200812_140005
20200812_140031
雨がぽつりぽつりと振ってきて、夕立で涼しくなることを期待したのですが、ぽつりぽつりで終わってしまいました。
20200812_140128
20200812_163924

夕食は、スペアリブ我が家風(茹で⇒ケチャップソースの付け焼き)、本鮪の切り落とし、納豆。
飲み物はミントジュレップです。
食事会の時のミントソースの残りのスペアミントで作りましたが、オリジナルから相当にアレンジしています。
レシピは、
①バーボンウイスキー(ワイルドターキー):30mL
②炭酸水:150mL
③刻んだスペアミント(たっぷり)
④沢山のクラッシュドアイス
ロンググラス(350mLくらい)にクラッシュアイスを6分目ほど入れて、バーボンウイスキーとスペアミントを加えてよくステア、炭酸水を加えて軽くステア。
ミントジュレップ擬き、ミントの香りと苦みにバーボンの焦げたような甘い風味が合って、なかなか美味しいです。
バーボンを少なくして砂糖を抜いたので、食中酒といても結構いけますね。
20200812_183054
ご馳走様でした。

何をしたでもなく一日が過ぎていきます。
新型コロナ禍と猛暑の夏です。

夕食は茨城県産の公魚の天婦羅、自家製関西風羽根つき一口餃子、焼き獅子唐と茄子、冷奴。
公魚は霞ケ浦産でしょうか?、今年の新子(?)なのか小ぶりでとても美味しいです。
自家製関西風羽根つき一口餃子は、餃子作りはいつも通りで、焼きも私が担当しました。
餃子も羽もパリ感が薄く、改善の余地ありですが、まあ美味しく頂きました。

ここ数年間、肉類と魚類と野菜を各一品、それに豆の食べ物一品、が基本になっています。
例外を除いて、ご飯物の糖質は取りません。
これにアルコールは、ビール・焼酎に時折日本酒或いはワインを適宜で、純粋アルコール換算で60から100mLくらいです。
この日は2人で缶ビール1本(350×0.06)、粗摺り檸檬ハイボール4杯(40×4×0.25)で純粋アルコール換算61mLとなります。
単純にアルコールの1gの熱量は7.1kcaLなので、アルコールによる摂取熱量はmL表記×0.79×7.1で、336kcaLから560kcaLとなり、夕食だけでも摂取カロリーは1,000kcaLを超えていて、朝食と夕食を含めれば、軽く2,000kcaLを超えているはずですが、此処5年間は65±1kgで収まっています。

何時も思う「アルコールを飲むことによって太るか?という議論」、NETの情報を読めば読むほど判らなくなりますね。
太るという主な論点は、①アルコールの代謝が優先されて脂肪の燃焼(代謝)が後回しにされる、②食欲増進他(食事時間の長期化等々)による食物の過剰摂取、なのですが、②はその通りでしょう、①については推論のレベルで厳密な実証は行われていないようです。
こういう時は疫学調査が頼りとなるのですが、アルコールを飲むことのある種の多様性か?、「アルコールそのものは太るか?」は調査ができないのでしょうね。
まあ、そのうち結論が出るかもしれませんが、少なくとも我が家は飲み続けるでしょう
20200811_194329

20200811_194334

20200811_194337
20200811_194341
ご馳走様でした。

「あつまれどうぶつの森」、エキスパートの次女のお陰で順調に進んで、移住した無人島「なみのはて島」にも「タヌキ商店」が開店して、文化的になりました。
タヌキ商店開店のセレモニーでなみのはて島全員で記念撮影でした。
20200811_171708
実生活とはうって変わって、釣りは順調そのものです。
20200811_153143
今日も朝早く充分活動したような錯覚が・・・・。

朝食は少し遅くして、ブランチに。
フレンチラムラックの残りでホットチーズサンド、焼きおにぎり、たっぷり野菜。
20200810_102544

ブランチのデザートは、次女持参の「カービーのまんまる手づくり最中」。
謳い文句は、「200年続く京菓子の老舗がおくる、カービーと和菓子のはんなりの世界。」、です。
20200810_105243
さくらバージョンで、最中にも餡にもさくら色。
20200810_111122
最中に餡を詰めて頂きます。
20200810_111316
20200810_111429
20200810_111458
20200810_111511
20200810_111518
桜の香り風味が広がって、なかなか美味しいです。
ご馳走様でした。

長女と次女を送りがてら、月例の両親の墓参りへ。
蝉が煩く鳴いています。
先祖代々の墓所がある菩提寺、創建年代は不詳ですが、江戸時代初期とされています。
本家の墓には古い墓石があって読めて一番古いものは「正徳元年(1711年)」とありましたので、少なくともそのあたりから住んでいたみたいです。
20200810_141107
本堂横のとても立派な大師堂。
ここは「豊島八十八ヶ所霊場 第八十八番」の第87番札所です。
豊島八十八ヶ所霊場は、愛染院第17世亮意が、明治40年(1907)に開いたもので、旧豊島郡にある弘法大師ゆかりの八十八ヶ所の寺院を、祈願のために参詣するもので、比較的新しい霊場です。
20200810_141122
今、巡礼している四郡大師はあと2回で結願しそうです。
これで近隣(茨城県と千葉県)の八十八箇所霊場は廻り終えてしまいます。
次に近いところは埼玉県と東京都なので、この豊島八十八ヶ所霊場や「南葛八十八箇所霊場」も候補になります。
豊島八十八ヶ所霊場は豊島区、板橋区、中野区、新宿区、練馬区、荒川区と広い範囲に散らばっていて、広くて、また一部山の手に掛かっているのでちょっとしたアップダウンもありそうです。
車で行って駐車場に停めて巡るのが基本になりますが、輪行で行って巡礼後に一杯飲んで帰るという楽しみもできそうです。
どんな感じになるのか?、少し検討してみましょう。

連日、猛暑が続いています。
もう少しその辺を歩いて少し変わった風景で載せたいと思うのですが、暑くて動けません。
20200812_130607
駐車スペースの土留め上のハツユキカズラ、今年から自動散水機のスプリンクラーを増設して、毎日夕方(16:00)に2分散水の設定をしています。
その効果か、弦が大分出てきて、底につくように伸びています。
目標は全面こんもりと底に届くようになんですが、もう少し時間が掛かりそうです。
20200812_130435

今日は娘たちが帰ってきて、相方の誕生日の食事会を予定しています。
セブンパークアリオ柏で食材を調達しました。
フレンチラムラックのブロック、この7年で3回目です。
20200809_191038

フレンチラムラックのロースト、本鮪のタルタル風、日本産チーズの盛り合わせ、沢山の野菜(枝豆、蒸し唐黍、アボカド、ベビーリーフ、パプリカ、胡瓜)、甲州産白ワイン2種。
フレンチラムラック、焼きが少し甘かったのですが、それでも柔らかく、程よいラムの香り、美味しいです。
そう言えば前回も焼きが甘かったことを思い出しました。
次回こそ上手く焼き上げましょう。
20200809_203024
賑やかに、楽しく、美味しく頂きました。

今日のデザートは、自家製の水信玄餅(風)と水饅頭。
レシピは、2020年7月8日と同じです。
水信玄餅(風)と水饅頭は丸氷製氷器を使いました。
水信玄餅(風)には見栄えが良いように経木の船をジョイフル本田で買ってきました。
丸氷製氷器と経木の船の効果で、金精軒のそれに大分近づいています。
20200809_214312
黄な粉を振って黒蜜を掛けると、ますますそれらしくなりますね。
20200809_214406
水饅頭、紫陽花の葉を敷きました。
20200809_214706
今日の夕食にもよく合って、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

朝、利根川の土手に登ると、日差しは強いのですが湿度は低く、さらっと気持ちの良い暑さです。

20200808_163207

家に帰って、お昼の準備。
メニューは爽やかな夏の日に相応しいように、チキンカレー&ナンです。
チキンカレーは今日で2回目、未だレシピは検討中で、大雑把に紹介します。
①材料(2人前)
自家製の玉葱ソティ(150g)と同じくトマトピュレ(75g)
20200806_082307
②冷凍保存の骨付き鶏腿肉(1本)
20200806_081808
香辛料と調味料
唐辛子(適宜)、生生姜(20g)、S&Bカレー粉(小さじ大盛2杯)、コンソメキューブ(2個)、ウスターソース・とんかつソース・本返し・ガラムマサラ(各適宜)。
20200806_102123

②玉葱ソティとトマトピュレを適当な量の水と煮込む(沸騰後弱火で1時間半程度)。
20200806_082626
20200806_083231
③鶏腿肉を2分割して塩胡椒して軽く炒める
20200806_093015
③①に②を加え1時間程度煮込む
20200806_093031
④ナンの準備
20200806_105059
1次発酵のみ
20200806_114258
カレー完成と同時にフライパンで焼きます。

⑤調味料と香辛料の添加
完成1時間前に、S&Bカレー粉、コンソメキューブ(2個)、ウスターソース・とんかつソース・本返し、唐辛子(適宜)、生生姜(20g)
火を止める寸前にガラムマサラを加える。

チキンカレー&ナン、オールフリーと頂きます。
20200806_122123

20200806_122635
次回はレシピを固定して、詳細を紹介したいと思います。

夕方に、また利根川土手に登りました。
夏らしい一日でした。
20200808_163347


今日も夏らしい、少しくすんだ様な青空の天気です。
朝からミンミンゼミが賑やかに鳴いていて、遠くでアブラゼミの鳴き声も聞こえます。
先週の前半ごろからセミが鳴き始めたのですが、今年の初蝉はミンミンゼミで、アブラゼミの鳴き声を聞いたのは少し後でした。
昔はアブラゼミばかりでミンミンゼミは珍しかったような記憶がありますが、最近はミンミンゼミが多くなったような、というかアブラゼミが減ったような印象があります。
NETで調べてみると、同じようなことが書かれている記事が散見されて、アブラゼミが減った(或いは減ったように感じる)理由として、次のようなことが書かれています。
①地球温暖化
アブラゼミはもともと湿度の高い環境が好きなのだが、地球温暖化の影響で乾燥が進んで、生息数を減少させている。
②鳥による捕食
アブラゼミの生息域では鳥に捕食され易い。
③もう一つ、出現時期の違いで、アブラゼミが減ったような印象を受ける可能性。
通常アブラゼミは7月上旬~、ミンミンゼミは7月下旬~と言われているが、年によってはそれが逆転する場合もある。
アブラゼミは高温と高湿度を好み、ミンミンゼミは暑さに弱いとされていて、梅雨の長短、降水量の多寡や気温によって出てくる時期が前後して、あたかもどちらかが増えたり減ったりするように感じる。
これらが複合しているのかもしれませんね。
20200808_055442

お昼は、冷ったいそば風、鰹漬け・焼き茄子・大葉茗荷長葱・とろろ冷やしそばです。
20200805_130558
各具材とそばと汁をよく冷やすのと、そば茹でる時間を規定(7分)より2分くらい長く茹でて氷水でしっかり〆る、がコツでしょうか。
そばの表面が柔らかく芯がもちっとして、喉越しがよく、美味しいです。
20200805_130647
ご馳走様でした。

2020年7月8日に水信玄餅擬きや水饅頭を作った時、専用の容器が無くてプリンのカップ等を使ったのですが、皿に盛ると平べったくなって余り見栄えの良くない結果になりました。
やはり丸く成型できる型が必要となりまして、Amazonで「Joyoldelf 製氷皿 丸氷 4個大ボール製氷器 2個セット」 (1,400円くらい)を購入しました。

20200726_153252
20200726_153407
お菓子を作る前に、先ず氷を作ってみることに。
容器に水を入れて冷凍庫で半日でこんな感じにできます。
ハイボール用の氷、保温水筒に入れる氷として良さそうです。
20200728_182943

今日の夕食、情報番組(NHKの突撃カネオ君)で紹介されていたレシピの鶏胸肉の唐揚げ、小肌酢と蒸し帆立、桃。
鶏胸肉をホークで刺して砂糖水に数時間浸けた後に味付けをするのですが、柔らかくジューシーでなかなか美味しいです。
20200726_184306
ご馳走様でした。

次女がこの4連休に帰ってきて、軽くサイクリングしたいとのことで、手賀沼に出かけました。
シルバK&H号と物置からアルブレイズH号を引っ張り出してきて、車に詰め込んで、手賀沼サイクリングロードの柏市側の駐車場で準備。
ぽつぽつと小雨の混じる中ですが、手賀沼1周を目指して走り出しました。
20200725_100302
20200725_091626
次女はシルバK号で快走、相方は久々のアルブレイズH号でシャカシャカと懸命に漕いでいます。
20200725_091720
手賀沼の流れ出しの手賀曙橋
20200725_093145
半周近くに走ったところで、雨が強くなり始め、またシルバK&H号の泥はねが凄くて(シルバのは泥はねカバーがありません)、断念して手賀大橋を渡ってスタート点に戻りました。
手賀沼半周、11kmの軽いポタリングですが、なかなか楽しかったです。
本日走行距離:11.3km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,539km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,309km
本日消費カロリー:294kcal


夕食は、タコ焼き機のアヒージョ(真蛸、槍烏賊、パプリカ、ズッキーニ、マッシュルーム)と焼き焼売、桃のサラダ。
20200725_182322
頂き物の長野県の桃(右)と奇しくもこれまた頂き物の山梨の桃の食べ比べ。
山梨の桃は果肉が固い品種(?)でしたが、これも美味しいですね。
20200725_182329
ご馳走様でした。

やっとのことでオンラインショップでエアリズムマスクが購入できて、イオンタウン守谷のユニクロに受け取りに行きました。
20200724_101848
ついでにジョイフル本田で自動散水機の導水チューブと分岐と散水ノズルも購入。
20200724_104111
更に帰り掛けにワークマンに寄って、軽めの布ベルトも購入。
20200724_112142

早速、自動散水機に、もう一本のノズルを追加しました。
プレアデス号の駐車スペースの擁壁の上のハツユキカズラの散水箇所を3⇒4と増設です。
20200724_144149
20200724_144159
一番上の分岐が追加分です。
20200724_144056
20200724_144239

長野の知人から、桃を頂きました。
立派な桃で、箱を開けた途端甘い香りが広がりました。
夕食に頂きましょう。
20200724_154756

夕食は、次女が帰ってきて、久々3人の夕食になりました。
刺身(生本鮪、アトランティックサーモン)、ガーリックシュリンプ、牛肉のユッケ風、桃のサラダ/バジル・檸檬・オリーブオイル・塩胡椒、枝豆、煮南瓜、他。
20200724_191234
なかなか美味しい、こんな風にすると桃も立派な一品になりますね。
20200724_191246
ご馳走様でした。

このページのトップヘ