烟霞淡泊

カテゴリ:食事&食事会 > 家食・家飲み

ウェラブルカメラをヘルメットに装着するためのアタッチメントを購入しました。
Panasonic ウェラブルカメラ用 マルチマウントVW-MKA1-Kです。
ウェアラブルカメラのオリジナルの装着具(ヘッドセット)は、ホワイトウォーターのように動きの激しい場合はズレ易く、気になって居たのですが、キャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」さんが、ヘルメットの頭頂に上手い具合に取り付けているのを見て、真似することにしました。
カメラを装着して撮影すれば判り易かったですね。
DSC_3183
DSC_3181

以前に道の駅こもちで購入した蒟蒻粉で蒟蒻を作ってみました。
生芋蒟蒻から作るのは、手に入れ難さ、手間で、前々から蒟蒻粉で作ってみたいと考えていました。
レシピ通りに作ったのですが、やわやわで辛うじて固まったといった具合。
再度挑戦して上手く出来れば詳細を投稿します。
やわやわでしたが、改めて茹でると固まって、夕食におでんにして食べることができました。
DSC_3129
DSC_3131

夕方、長女が来宅して、3人で食事会。
長女のお土産の「来福 愛山 別誂 純米大吟醸 研き二割九分」。
来福は茨城県西の筑西市の造り酒屋で、我が家の大贔屓、よく飲みますがこんな高級な銘柄は見たこともありません。
楽しみです。
DSC_3132

本日の夕食、槍烏賊の筒焼き、目鉢鮪の刺身、摘まみ数種
DSC_3134
来福  愛山 別誂 純米大吟醸 研き二割九分、素晴らしい吟醸香、甘酸のバランスが良く、どっしりとした旨味、とても美味しいです。
DSC_3135
本日のメインディッシュの冷製おでん、とまと、半熟卵、手羽先、牛筋、じゃこ天、ひら天、蒟蒻、大根、薬味の茗荷と大葉。
DSC_3136
冷製おでん、とても良い出来、美味しかったです。
自分で作った料理は、途中何度も味見をするので飽きたりして、美味しくても感動が無いのですが、おでんは別ですね。
冷製おでんは熱いうちに味見して、冷たい状態で初めてロにするので、尚更です。
DSC_3138
ご馳走様でした。

月例の墓参りで中野へ。
梅雨入り宣言の日、ふさわしいく柔らかな小雨が降っています。
DSC_3102
この紫陽花の青、何とも美しい色です
DSC_3105
百合も咲き始めましたね。
DSC_3103
DSC_3104
7月の墓参りはお休みです。

帰りに南柏の釣り具屋さんのキャスティングで買い物、トラウトロッド(TIFA、中古)とAbu Garciaの廉価のスピニングリール、計9,500円。
DSC_3110
レイクトラウトのトローリングに使っているロッドが柔らかすぎるので、少し固めのロッドを探していました。

本日の夕食。
ジンギスカン(生ラムと玉葱、最近お気に入りの”源タレ“)、もやしサラダ、ながらみの塩茹で。
ながらみ(生ラムも)は藤代のタイヨーで300円弱で購入、安!!!。
タイヨー、特に魚介類は珍しい物が出るので、楽しめます。
DSC_3106
巻き具の中で一番好きかも。
DSC_3109
ご馳走様でした。

ダイネットの全席の窓側の壁にはアルミパネルが入っていて、外気温が伝わり易く、冬は結露や凍結が起こります。
アルミを張ったマットを両面テープを使って張っていたのですが、外れ易く見た目も悪く、何とかしようと思っていました。
相方が適した素材を見付けてきて貼り直しました。
素材:Kumimoku クッションシート ホワイト(770×700×10mm)@カインズホーム
DSC_3100
これで冬場の相方の席の寒さは防ぐことが出来ますね。

今日の夕食。
先日、喜多方酒蔵のんびりウォークでお土産に買った会津塗の片口銚子を使ってみました。
焼売、豆もやしのサラダ、蕎麦の実納豆。
DSC_3094
槍烏賊のアヒージョ
DSC_3097
きっちり一合が入って、木地が軽くて注ぎ易く、なかなか具合が良いです。
DSC_3095
ご馳走様でした。


朝食は、もち麦玄米ご飯とアイナメのあらの味噌汁。
濃厚でありながら上品な旨味、とても美味しいですね。
DSC_0293
ご馳走様でした。

プレアデス号の床はクッションと防寒の為にコルクシートを敷いていますが、大分古くなってコルクも剥がれたところが散見されるようになったので、張り替えることにしました。
DSC_6486
今回はコルクシートではなく、表面に繊維を貼り付けて絨毯のような感じのシートです。
色も明るいモスグリーンにしてみました。
床の形に合わせて裁断・敷き詰めは相方の担当。
経費は2,000円弱でした。
DSC_0302
DSC_0301
DSC_0300
車内が明るくなり、また心地良い感触、気に入りました。

午後は、明日からの旅の準備をして、過ごしました。
カヤックは、ワイルドカード号とダッキーの2艇とパドリング用品一式、キャンプ用品も積んで、プレアデス号の積載率は70%程度と、ここ最近で一番の多さです。

アイナメの昆布締め、良い感じで締め上がりました。
DSC_0296
本日の夕食、アイナメの昆布締め、豚肉生姜焼きレタスサラダ、アイナメの唐揚げと揚げチーズワンタン、大根の即席漬け。
DSC_0297
アイナメはどんな料理にも合いますね。
2本は鱗を引いて腸を抜いて冷凍保存したので、煮付け等でまた楽しめます。
ご馳走様でした。

今日の朝食は珍しくパン食です。
オニオングラタンスープ(パン抜き)、ミニハンバーグとキャベツ、食パン。
オニオングラタンスープはこの一杯で、新玉葱1.5個分のペーストを使用、だそうです。
玉葱の甘くて濃厚な旨さ、美味しいですね。
DSC_0153
デザートは、寺沢製菓のカシューナッツチョコ(ホワイトとキャラメル)を紅茶と共に。
DSC_0154
ご馳走様でした。

お昼は、新玉葱カレー。
久々に私が担当。
新玉葱のペースト2個分、新玉葱ざく切り1個分、豚肩ロース肉100g、コンソメキューブ1個、S&Bカレー粉小さじ山盛り2杯、ウスターソース少々、トマトケチャップ少々。
①400mLのお湯を沸かし、新玉葱ペーストを加え、弱火に(以下、最後までごく弱火)
②豚肩ロースを広げながら加え、ごく弱火で1時間程度煮込む
③S&Bカレー粉小さじ山盛り2杯、ウスターソース少々、トマトケチャップ少々を加える
④深めの椀にご飯130gをよそい、玉葱ざく切りを盛って、その上からカレーを掛ける
DSC_0156
よく煮込まれた玉葱の甘みと旨味、ざく切りの生の玉葱がカレーとよく合って、気に入ってます。
新玉葱がある間、もう一回ぐらい食べたいですね。
ご馳走様でした。

プレアデス号のカヤック用ルーフキャリア取り付けと後部MAXX FANの修理の為に、先週の土曜日からRVランドに預けていましたが、作業が終了したとのことで、取りに行きました。

DSC_0157
カヤック用のルーフキャリアは我が家で、THULE社の以下3点を揃えました。
・ベースキャリアTH953レインガーターフットセット28cm(アマゾン他NETで購入、12,047円)
・ベースキャリアTH763スチールスクエアバー150cm(6,024円)
・カヤックアタッチメントTH874(14,580円) 小計:32,651円
RVランドにはカヤック用キャリアを固定するためのベースプレート「VANTECH社 システムキャリア用ベースプレート4P」とリアラダー(梯子)の「フィアマ ラダー DELUXE8」の設置を依頼しました。
部品代+工賃で小計:92,880円
ということで、総額125,531円の経費を掛けました。

リアラダーはオーソドックスなFIAMAの折り畳み式、キャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」さんと「カム郎」さんも同じものを設置しています。
ラダーの上端で20cm強、高くなりますね。
DSC_0158
横から見たところ、レインガーターフットは28cmで、カヤックアタッチメントは15cmで、40cm強高くなります。
DSC_0159
前後のスクエアアバーはMAXX FANと位置が被りますが、スクエアバーが28cmの高さにあるので、MAXX FANの開閉は干渉しません。
またカヤック用のキャリアはノブを回せば簡単に外すことが出来ますので、使用しない時は外しておくことになりますね。
DSC_0160
こんな感じです。
DSC_0161
カヤックを乗せたまま高速や長距離を走ることは避けなければなりませんが、湖沼を渡り歩く時は組み立てたワイルドカード号を乗せて移動ができます。
後はカヤックをルーフに引き上げる時の車体キズ付き防止用のマット(自製)が必要ですね。

本日の夕食、鶏腿肉の塩焼き、鯖の干物、蕗と油揚げの炊き合わせ、蕎麦の実納豆。
金華鯖と謳っている鯖の干物、安いのですが、なかなか美味しいです。
DSC_0163
ご馳走様でした。

ちょっと食べ過ぎの一日でしたが、本日の玉葱指数は、何と3.0でした。
罪滅ぼしになりますかね

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その10で、今日は①地区の第45番、③地区の第46番、①地区の47番の3番を巡ります。
自宅から利根川の土手・自転車道を上流へ走って戸頭、常総ふれあい道を走って井野台、国道294号線を走って稻戸井、稲を廻って帰宅という取手市内を行ったり来たりの走行距離25kmのコースですが、今回も3番と距離の割に効率が悪いですね。
407c484f (1)
①戸頭の第45番
7ebd19a5-s
③井野台の第46番
[画像:390a982b-s.jpg]
①の稻戸井の第49番
7ebd19a5-s

利根川の土手の道を上流へ走ります。
DSC_0127
ゆったりとした坂東太郎の流れ
DSC_0128
土手を降りて、河川敷の道を戸頭へ。
DSC_0129

戸頭の第45番の戸頭の永蔵寺境内(廃寺)へ本堂の左手に第34番のお堂があります。
DSC_0130
DSC_0131
DSC_0132
第45番のお堂はお堂の右手です。
第45番: 戸頭の永蔵寺境内(廃寺)
移し寺:高知県本尾山種間
ご詠歌:世の中にまける五穀のたねま寺 深き如来の大悲なりけり
DSC_0133

常総ふれあい道を取手駅方面へ走ります。
DSC_0134

第46番の井野の阿弥陀堂へ
DSC_0135
DSC_0137
第46番:井野の阿弥陀堂
移し寺:愛媛県医王山浄瑠璃寺
ご詠歌:極楽の浄瑠璃世界たくらえば 受くる苦楽は報いならまし
DSC_0138

今度は国道294号線を稻戸井方面へ。
もう紫陽花が咲いていました。
DSC_0139

第47番の米の井の竜禅寺へ
DSC_0140
立派な古刹です。
DSC_0141
DSC_0142
第47番:米の井の竜禅寺境内の三仏堂
移し寺:愛媛県熊野山八坂寺
ご詠歌:花を見て歌詠む人は八坂寺 三仏じょうのえんとこそきけ
DSC_0143
取手市唯一の国指定の重要文化財である「三仏堂」。
創建500年、見事な茅葺の美しいお堂です。
DSC_0145
DSC_0148
裳階(もこし)」が付いているお堂の形式は類がないそうです。
DSC_0147
この茅葺のカーブが何とも美しいですね。
DSC_0149

本日の走行軌跡
1526646222672

1526646228484

本日走行距離:24.6km
相馬霊場累計走行距離:312.2km
累計走行距離:4,575km

八十八箇所ポタリングの昼食は高カロリー、高塩分の外食を許しているのですが、今日は内食で、二郎風に野菜たっぷりの濃厚豚骨ラーメンを。
DSC_0151
ご馳走様でした。

午後は、龍ヶ崎のビバホームとドン・キホーテ、藤代のタイヨーとヤオコー、取手のケイヨーD2と買い物。

今日の夕食、鰹の刺身とオニオンスライス、新生姜の肉巻きと焼き茄子、蕎麦の実納豆、ゆり根の梅肉和え、新さつま節。
DSC_0152
ご馳走様でした。
今日の玉葱指数(1日で食べた1人当たりの玉葱の個数)は、0.50でした。 

月例の墓参りで都内中野へ。
行き帰りに長女と次女の所に寄って、玉葱や相方の母上の届け物をお裾分け。

中野の上高田の東光寺、緑がますます濃くなってますね。
DSC_0125

スーパーの「タイヨー」に行って夕食の材料を購入して帰宅。
午後は身の回りの片付けなどをして過ごしました。

夕食は、タイヨーで買ったラムの肩肉と大量の新玉葱でジンギスカン、同じくタイヨーで買った生メバチ鮪の刺身、蕗と油揚げの炊き合わせ、蕎麦の実納豆。
ラムの脂を纏った半生焼けの新玉葱、絶品です。
2年前の初夏に旭川の「成吉思汗 大黒屋 五丁目支店」(当時の食べログのジンギスカン専門店で第1位)でサービスで付いてきた玉葱のあまりの美味しさに吃驚して以来、気に入っています。
イワタニのカセットガス用のジンギスカン鍋(今は絶版)、これも我が家の愛用品です。
DSC_0126
ご馳走様でした。
今日の玉葱指数(1日で食べた1人当たりの玉葱の個数)は、0.75でした。 

年に2回、5月と10月頃に高圧洗浄器で排水系の洗浄を行っています。
家の外に排水の集合孔があり、そこから下水道へ落とすようになっているのですが、以前木の根が入り込んで伸びて詰まらせたことがあって、それ以来定期的にチェックを兼ねて洗浄しています。
外の集合孔と家の中の台所の流し、風呂場、洗面所、トイレと洗浄して1時間半の作業でした。
DSC_0115
.
玉葱を干します。
相方が玉葱を炒めてストック用のペーストを作っていますが(玉葱30個、大きなフライパン3杯分)、その残りです。
2~3ヶ月分はありますね。
DSC_0117

利根川の土手、最近ゲートボール場の横にトイレが新設されました。
ゲートボール場とテニスコート3面の施設なのに、トイレが無くて不便だったようです。
DSC_0122
草を刈った後でスッキリしています。
DSC_0119
DSC_0121
夏の午後のような日差しです。
DSC_0120

夕食は、煮豚、鯖の乾物、オニオンスライス、蕎麦の実納豆、それに相方の母上からの鱒寿司(何時もの高岡の高田屋さん)。
普段は夕食にご飯は食べないのですが、鱒寿司ばかりは別、それに今晩(作った2日目)が食べ頃です。
DSC_0124
美味しく頂き、ご馳走様でした。
今日の玉葱指数(1日で食べた1人当たりの玉葱の個数)は、0.5でした。  

今日の朝食は、タイヨーの食パン(北のたより)、目玉焼き(ターンオーバー)、ソウセージと絹さやと、トマトスープ、とヨーグルト。
DSC_9815

今日は5月5日、晴天のこどもの日。
岡堰で「みんな来い恋鯉三昧」(主催:鯉のぼりプロジェクト実行委員会、協賛:取手市)が開催されているということで、ポタリングを兼ねて行ってみることに。
取手市役所の傍を通って岡堰へ、田植えしたばかりの田圃の道を行きます。
この辺りは初めて走ります。
DSC_9816
こんな公園が。
DSC_9817
湧水がある小さな池
DSC_9819
この黄色い花は何でしょうか?
時期が早く水辺ということであれば杜若かと思うのですが、杜若の花は青か白で違いますね。
どうやら「キショウブ」をいう種みたいです。
DSC_9818
田圃に導水する用水路、変わった構造です。
DSC_9820
ここで地元の古老と思しき人と少しお話ししました。
この用水路は岡堰から引いているとのことで、この辺りの地形や、昭和25年の堤防決壊の時の話等、なかなか興味深い話でした。
DSC_9821

岡堰に辿り着きました。
DSC_9822
少し強めの風が吹いて鯉のぼりが勢いよく泳いでいます。
DSC_9823
DSC_9824
沢山の鯉のぼりと鯉のぼりをモチーフにしたオブジェ
DSC_9826
アトラクション、お茶を飲んでゆっくりと休憩しました。
DSC_9830
ポニーも
DSC_9827
手作り感満載のイベントでした。

先程の用水路の岡堰下の始点です。
DSC_9831
DSC_9832
石楠花も咲き始めていました。
DSC_9833
今日のポタリングの軌跡。

Screenshot_20180505-122859

Screenshot_20180505-122921
本日走行距離:11.7km

累計走行距離:4,562km

夕食の準備、鶏の手羽と手羽元の昆布〆。
DSC_9835
半日昆布で〆て、小麦粉を振って。
DSC_9839
フィリップ社の「ノンフライヤー」、200℃で12分。
DSC_9840
DSC_9844
本日の夕食、小肌と胡瓜の酢の物、白魚干し、胡瓜とエシャロット、ホウレン草のお浸し、蕎麦の実納豆。
DSC_9845
昆布〆鶏手羽と手羽元のノンフライヤーによる唐揚げ擬き、余分な脂が落ちて、さっぱり目のKFCといった感じで、なかなか美味しく気に入っています。
ノンフライヤーは退職の折、職場から頂いた記念品で、もう3年も愛用しています。
DSC_9847
本日のデザートは柏餅です。
DSC_9834
ご馳走様でした。

モバイルPCとデスクトップPCの通信は2016年3月から、auのルーター(Wimax2+)で対応していましたが、今のスマホの通信量を20Gにしたので(+1,000円)、デザリングでも対応可能かと思い、4月30日にルーターを停止して、5月1日にスマホのデザリング開始の手続きをしました。
変更のもう一つの理由は、Wimax2+の月額は4,500円(割引が入って実質は2,500円)と高額、デザリングの月額は+500円なので、差し引き都合-2,000円の節約となる、という点です。
少々気になるのは、今までは自宅や通信状態の良いところでほとんどハイスピードモードの無制限で、通信量を使わなかったのですが、デザリングにすると3台の通信量が全て掛かりますので、20Gで持つかどうか、ですね。
取り敢えず暫くは様子をみてみようと思います。

お昼は今年初めての冷やし中華。
市販の冷やし中華(日清食品チルド㈱、日清のラーメン屋さん 冷やし中華 醤油だれ)に、煮豚(肩ロース)の本返し漬け、茹でもやしの胡麻油和え、金糸卵、胡瓜。
具材の豚以外は冷蔵庫で冷やし、皿と醤油だれは冷凍庫、茹で麺は氷水で〆て、キンキンの冷やし中華になりました。
DSC_9738
美味しいですね、ただ不思議なことに途中で飽きるような・・・。
ご馳走様でした。

守谷ベースで貰ってきた青竹でビアコップを作ってます。
向かって右の相方の容量は350mL、私のは500mLです。
DSC_9769
もう少し青い部分を削りましょうかね。
DSC_9771

蕎麦の実の在庫が無くなったので、「ポケットファームどきどき つくば牛久」へ。
ゴールデンウィークの2日目、気持ちの良い天気です。
DSC_9680
食材を買って、少し周りを歩いてみると、BBQハウスがあるのですね。
DSC_9682
DSC_9681
購入した食材、蕎麦の実(300g×3、2ヶ月弱分です)、大葉、不ぞろいの大量の胡瓜。
DSC_9683

5月の初旬から中旬に計画している八木沢ダム(奥利根湖)と奈良俣ダム(ならまた湖)の貯水状況、貯水率は99%、100%と満水です。
行く時に両方とも満水を保ってくれると良いのですが。
Screenshot_20180501-102958
Screenshot_20180501-103028

今日の夕食、羽根つき餃子、ホンビノスの澄まし汁、するめ烏賊のげそ焼き、小松菜のお浸し、胡瓜と若芽の酢の物、蕎麦の実納豆。
羽根つき餃子、もう少しパリパリ感があると良いのですが、何時にも増して美味しいです。
タレは穀物酢に大量のミルで卸した胡椒と花椒で。
DSC_9684
ご馳走様でした。

薄曇りの朝。
DSC_9559

今日は私の64回目の誕生日の食事会の食材を買いに「セブンパークアリオ柏」へ。
我家のお気に入りの「タカマル鮮魚店」で蟹を探したのですが、予想通り良いものが無く、並びにあるイトーヨーカ堂へ。
DSC_9560
大きなワタリガニがあったので購入、後はアンガス牛のチャックアイロールが安く売っていたので、これも購入。
お昼時になったのでタカマル鮮魚店で持ち帰り用の海鮮丼(金目鯛と鮪中落叩き)と大きな鰻蒲焼おにぎりを頂きました。
DSC_9561

さて帰宅してゆっくり休んで、15時ころから調理。
アンガス牛のチャックアイロール(牛肩ロース)は、ミディアムレアに焼いて(強火で蓋をして片面2分、もう片面1分、即座にアルミホイルと新聞紙に包んで余熱で火を通す)。
所謂、チャックステーキですね。
少し脂が多いのですが、程好くさしも入って良さそうです。
100g200円弱と特売でした。
DSC_9563
ワタリガニは強火で15分、蒸し上げました。
DSC_9562
身を取り出しましたが、カニミソは殆ど無く、残念。
それでも身は茶碗に一杯ぐらい採れました。
DSC_9565
馬鈴薯(男爵)と辛子明太子でタラモサラダを。
DSC_9564
DSC_9566

お祝いの食事。
チャックステーキ(焼き汁と玉葱で作ったステーキソースとガーリックチップス)、タラモサラダ、茹でスナップエンドウ、ワタリガニの剥き身のマヨネーズディップ、ささ身の一夜干し、レタスサラダとスパークリングワイン。
主菜のチャックステーキ、味が濃くて、焼き加減良く、なかなか美味しいです。
他の小皿の副菜もまずまずの出来で、楽しめました。
DSC_9568
デザートは小さい、シュークリーム。
DSC_9569
ご馳走様でした。

寝酒に「甲斐ノ砦」(980円)の水割り。
ヤオコーでラベル買いで購入したウイスキー。
ヤオコーのオリジナルというような表現があったのですが、NETで引いても通販ショップで売っている情報ぐらいしか出てきません。
製造者の南アルプスワインアンドビバレッジ株式会社の公式ホームページを見てもこの商品は出てきません。
原材料名は、グレーン、モルト、スピリッツの順なので、安いグレーンウイスキー>比較的高価なモルトウイスキー>醸造用アルコール(まで入っている)ので、安ウイスキーの類ですね。
水割りで飲んでみました。
甘いバニラのような香りが強く、尖ったところが無く柔らかい口当たりで、飲みやすいです。
ハイボールでも合いそうです。
余りウイスキーが得意でない者には良いかもしれません。
DSC_9570

朝食の後のおやつ(?)に寺沢製菓のてらチョコバー。
珈琲に良く合います。
DSC_9541

昨日買った鶏のささ身(銘柄鶏で少し高級)で一夜干し。
先日の上諏訪の居酒屋で出た肴、気に入って真似して作ってみました。
DSC_9542
たて塩(水100CC+塩8g+日本酒5mL)に、20分浸けます。
このたて塩(塩水)は、魚の干物を作る時ものと同じです。
このようにバットとポリ袋で浸けると、少量のたて塩で事足ります。
DSC_9543
浸け終わったらペーパータオルでしっかりと水分を拭き取ります。
DSC_9544
干し網を出すのが面倒なので、室内で扇風機の風に当てて、表面がさらっとするぐらいまで乾かしました(途中向きを変えて20分くらい)。
DSC_9545
出来上がり、冷蔵庫で保存(2~3日はもつみたいです)。
夕食に頂きましょう。
DSC_9547

プレアデス号を我が家の掛かり付けの整備工場に届けて、半年毎の定期点検に出して、そのまま新取手のダイソーまで散歩を兼ねて買い物へ。
稲の古い家並、躑躅と皐月が良く咲いています。
[画像:3f5342e2-s.jpg]
躑躅
[画像:7953b494-s.jpg]
皐月
[画像:3543db0f-s.jpg]
躑躅
[画像:3569128d-s.jpg]
躑躅
[画像:6108d447-s.jpg]
皐月
[画像:f5efa5cb-s.jpg]
躑躅
[画像:25edf48a-s.jpg]
皐月
[画像:923175c4-s.jpg]
躑躅と皐月の見分け方」はこのリンク先が判り易いですね。
これで見分けることが出来るようになりました。

見たこともない変わった花、調べてみると「シラー」という花でした。
[画像:28c64700-s.jpg]

お昼は少し蒸し暑かったので、金麦(350×24)のオマケで貰ったインスタント麺のラ王で冷やし中華を。
さっと湯引きしてタレに浸けた豚バラ肉、金糸卵、胡瓜、もやしを盛って、製品内の液体スープにお酢と砂糖を加えた冷やし中華ダレを掛けて。
生麺に負けず劣らず、美味しくできますね。
[画像:868a942b-s.jpg]
ご馳走様でした。

本日の夕食。
グリルで軽く炙ったささ身の一夜干しは指で裂いて。
DSC_9548
鯖の干物、ささ身の一夜干し、叩き胡瓜、牛筋と大根の炊き合わせ、蕎麦の実納豆、でした。
ささ身の一夜干し、居酒屋で食べた通りの出来上がり、美味しいです。
簡単で美味しい、キャンピングカーの旅の飲み会の肴にぴったりですね。
DSC_9558
ご馳走様でした。

活動量が少なく、何か食べてばかりの一日、少し反省です。

柏市布施の「あけぼの山農業公園」のチューリップを見に行こうか、という話になり行ってみました。
DSC_9537
自宅から車で10分強、あけぼの山公園の駐車場に車を停めて、チューリップの花畑へ。
ポピー畑ですね、咲くまでにまだ2週間くらい必要みたいです。
DSC_9507
この公園のシンボルの風車。
DSC_9508
DSC_9509
チューリップ畑、とっくに咲き終わって(この暖冬、考えてみれば当たり前でしょうか?)、同じ畝に植えているビオラの花が真っ盛りでした。
DSC_9510
DSC_9511
DSC_9512
DSC_9513
DSC_9514
チューリップが咲き終わっても、もう少し楽しめるという工夫、なかなか良いですね。
DSC_9515
DSC_9516
DSC_9517

櫻の丘へ
DSC_9518
DSC_9519

お気に入りの日本庭園。
DSC_9522
躑躅が盛りです。
DSC_9524
立てば芍薬、座れば牡丹、・・・ですが、これはどちらでしょうか?
牡丹ですが、その見分け方は「こちら」です。
DSC_9525
DSC_9526
DSC_9527

布施弁天へもお詣りに。
DSC_9528
DSC_9529
DSC_9531

駐車場に変える道の小高い丘へ。
ヒメシャガが沢山咲いています。
DSC_9532
DSC_9533
妙見さんでした。
DSC_9534
DSC_9535
DSC_9536

今日の夕食、牛筋と大根の炊き合わせ、チカの唐揚げ、大根サラダ、蕎麦の実納豆。
牛筋と大根の炊き合わせ、筋は茹でこぼし1回、大根は土鍋で冷たい出汁(出汁も塩分も強め)から軽く炊いて数時間掛けて冷ましながら味を含ませ、筋と合わせて塩分を抑え、煮立たせないように2回焚いて冷ます、というような作り方です。
筋は程々に筋独特の風味が残って柔らかく、大根は充分に煮えながらしゃくっとした歯応えと出汁が染み込んだようになり、気に入っています。
DSC_9539
ご馳走様でした。

auのポイントで手に入れたオーブントースターで、トーストを焼いてみました。
ふっくら焼きあがったトーストにオリーブオイルを掛けて。
海老と蛸のパクチーサラダ、目玉焼き、トマトスープ、ココア掛けヨーグルト。
[画像:6f1a32cc-s.jpg]
ご馳走様でした。

新聞の折り込みに寺沢製菓のチョコレート工場直売会の案内があって、前からその存在は知っていましたが、行ってみることに。
取手市の下高井なので、アルブレイズK&H号で軽いポタリングを兼ねて。
[画像:ab4612a9-s.jpg]
[画像:4b98a808-s.jpg]
[画像:261b773b-s.jpg]

工場に近づくと、チョコレートの甘い香りが漂ってきます。
[画像:dc6469d7-s.jpg]
開店直後なのですが、既に大きな袋を持って帰るお客さんが。
[画像:8bdb46d3-s.jpg]
沢山の種類のチョコレート。
[画像:4e8da8ee-s.jpg]
早速、ホワイトチョコレート・ラムレーズンを味見、さっぱり目でなかなか美味しいです。
[画像:be3f1b03-s.jpg]
本日購入のチョコレート、これで1,700円、安いですね。
持つと結構な重さ、気を付けなくては(毎日少しづつ食べましょう)。
[画像:f1af7661-s.jpg]

お昼はカレーそば。
出汁とカレー粉はたっぷり、とろみも強く、豚バラ肉はさっと茹で、青葱山盛り、美味しゅうございました。
[画像:4da62f50-s.jpg]
ご馳走様でした。

茹で蕎麦の実が無くなったので作りました。
蕎麦の実(150g)に4倍量くらいの水を加え、中火にかけて沸騰させる。
[画像:358b03d3-s.jpg]
沸騰したら、ごく弱火にして7分炊く。
結構ぬめりが出ます。
[画像:fa67ff25-s.jpg]
笊にとる
[画像:1d5ff3af-s.jpg]
水でぬめりを取るように洗います。
[画像:581ec436-s.jpg]
水切り
[画像:4e43e3d5-s.jpg]
水がよく切れたら、密閉容器に移して冷蔵(1週間くらいもちます)。

夕食は小鉢料理風に。
掻き玉の冷製、蕎麦の実納豆、チェダーとモッツアレラの酒盗和え
[画像:d620075e-s.jpg]
昆布〆手羽先のノンフライヤー、大根サラダ、山独活と油揚げの炊き合わせ
[画像:089d9980-s.jpg]
カスベの煮付け、青葱の胡麻油和え、ヒラタケのオリーブオイル煮
[画像:054622c3-s.jpg]
紅茶と寺沢製菓のチョコレート
[画像:97b9776f-s.jpg]
照明の関係か上手く映らないというか、どうも映えませんね。
ご馳走様でした。

庭の花々、躑躅じですね。
例年はゴールデンウィークの半ば頃に咲くのですが、今年は10日くらい早いですね。
[画像:dc049cc3-s.jpg]
裏手の薔薇、今年は良く咲いています。
[画像:50cf035c-s.jpg]

スワローの洗車、ガラスコートしてから3回目です。
今回は、高圧洗浄機で(以下略)水洗⇒洗剤洗浄⇒水洗⇒自然乾燥、にしました。
洗剤洗浄は、青い塗装の部分はスポンジで丁寧に手洗い、シルバー部分はスポンジ付きのデッキブラシでさっと、です。
これだと、青い部分の渇き汚れが目立たず、良い感じ、当分これでやっていきましょう。
[画像:e35d5a76-s.jpg]

auのポイントが少し溜まったので、商品に変えることにしました。
今使っているオーブントースターが、加熱に時間がかかり、また途中で安全スイッチが入って電源が切れてしまうことがよくあり、面倒なので小型のオーブントースターを選びました。
[画像:1199553a-s.jpg]
コンパクトな設計で、出力も220、430、650、860Wと4段階、使い勝手が良さそうです。
先ずは食パンを買ってきて、トーストを焼いてみましょう。
[画像:dca09cc9-s.jpg]

今日の夕食は生春巻き、糖質が少なく、野菜も沢山摂れて、簡単で美味しい、時折食べます。
巻く具材は、海老、蒸し鶏、かにかま、チーズ、韮、パクチー、キャベツ。
海老の茹で汁で作るパクチー入りのトムヤムクン風スープ、結構好きです。
[画像:885d145c-s.jpg]
綺麗に巻けました
[画像:79d619f5-s.jpg]
ご馳走様でした。

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その8で、今日は⑥地区の第36番、⑦地区の第37番の2番を巡ります。
自宅から取手大橋渡って岡発戸、布佐、小文間、と巡る走行距離30kmのコースですが、2番と効率が悪いですね。
今回から第17回までは、1回につき2番から4番で25kmから40kmと走行距離が長いコースが続きます。
[画像:7413e875-s.jpg]
⑥我孫子市中心部の第6番
[画像:456c1bab-s.jpg]
⑦布佐地区の第37番
[画像:1518b1cf-s.jpg]

バス通りを取手駅方面へ、国道6号線の取手大橋を渡って我孫子へ。
DSC_9053
青山台の交差点をJR成田線の東我孫子駅から岡発戸へ。
岡発戸、「おかほっと」、我孫子の難読地名の一つです。
手賀沼の「はけ」の急坂を下ります。
DSC_9055

第36番の岡発戸の滝前不動
DSC_9056
DSC_9058
滝前不動の滝、「はけ」の湧き水がぽつりぽつりと落ちています。
DSC_9059
立派な不動堂
DSC_9057
第36番:岡発戸の滝前不動
移し寺:高知県独鈷山青龍寺
ご詠歌:わずかなる泉にすめる青龍は 仏法守護のちかいとぞ聞く
DSC_9060
「はけ」の下に池があって、少し水が溜まっています。
昔は荒れ放題でしたが、竹林も綺麗にして、整備されていました。
DSC_9061
DSC_9062

手賀沼自転車道を走って、今度は手賀川の堤防上の自転車道を走って布佐方面へ。
DSC_9064

第36番の布施の勝蔵院
第21番のお堂もあり、第4回で訪れています。
DSC_9065
素敵な硝子戸のお堂です。
DSC_9066
格子の細工がなかなか良い感じです。
DSC_9067
DSC_9068
向かって右が第21番、左が37番です。
DSC_9069
第37番:布佐の勝蔵院
移し寺:高知県藤井山岩本寺
ご詠歌:六のちり五つのやしろあらわして 深き仁井田の神の楽しみ
DSC_9070
お堂の隣の藤が満開、噎せ返るような甘い匂いです。
DSC_9071
DSC_9073
栄橋を渡って小文間、吉田、新町、最後は利根川の土手道を走って、帰宅。
DSC_9074
DSC_9075

本日の走行軌跡
[画像:24a55da6-s.jpg]
[画像:0569cc01-s.jpg]
本日走行距離:33.8km
相馬霊場累計走行距離:220.8km
累計走行距離:4,470km
さて巡礼の進行は?、回数で1/3、走行キロ数で1/3、番数で2/5、ほぼ予定通りですね。

今日の夕食、アスパラとエノキダケの豚肉巻き、生しらすの刺身、生しらすのアヒージョ、玉葱と鯖の水煮の和え物、大根ステック、バケット、G7のシャルドネ。
生しらす、春になって漁が始まったみたいですね。
初めてアヒージョにしてみましたが、なかなか美味しいです。
甘めのシャルドネと良く合います。
DSC_9078
ご馳走様でした。

日本酒のイベントは、千葉県神崎町の「こうざき酒蔵まつり」(2015年3月11日2017年3月12日2018年3月25日)と北海道旭川市の「男山酒造の酒蔵開放」(2018年2月)と2箇所4回ぐらいなのですが、とても気に入りキャンピングカーの旅のテーマの一つにしようか、なんぞと目論んでいます。
そこで4月5月の気になる日本酒のイベントを調べてみました。

4月14日の茨城県取手市の「SAKE MEETING 2018 春」(第4回)、Boxhillが主催でお気に入りの酒屋の「中村酒店」と取手駅西口の異色の日本酒Barの「コンフリ」が協力企業として参加しています。
茨城県の13の銘醸蔵勢揃いの有料試飲イベントです。
昨年、参加しようとしましたが、奈良の吉野から函館の五稜郭までの櫻旅が重なって断念しました。
[画像:914ec81c-s.jpg]

同じく4月14日の東京都日本橋の「第6回日本橋エリア 日本酒利き酒歩き」、参加費タイプの試飲イベントで51の造り酒屋が参加する大規模なイベントのようです。
取手のイベントと被ってしまって残念ですな。
[画像:923a76f4-s.jpg]

4月29日の茨城県笠間市の「ちょっ蔵 新酒を祝う会」(第12回)、磯蔵酒造単独の参加費タイプのイベントのようですが、キャンピングカー倶楽部の方からの情報で調べてみました。
キプションがなかなか良い味ですね。
[画像:4e96032e-s.jpg]

5月26日の福島県喜多方市の「喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク」、これも参加費タイプのイベントで、13の造り酒屋を歩いて巡るという趣向のようです。
2015年5月24日の裏磐梯の曽原湖パドリングの後に喜多方をポタリングした時、利き酒の盃を首から下げて歩いていた人々を見掛けましたが、このイベントに参加した人達でした。
まだ、今年の開催案内が喜多方商工会議所のHPにアップされていなくて、このPDFは昨年のパンフレットです。
[画像:8ae854a1-s.jpg]

悩むところですが、4/14の「SAKE MEETING 2018 春」と5/27の「喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク」に出掛けようと思います。

情報番組で紹介していた、鶏腿肉の昆布〆の唐揚げを、といってもノンフライヤーで唐揚げ擬きを試してみることに。
鶏腿肉を削ぎ切りして、そのままたっぷりの出汁昆布で6時間ほど〆ます。
[画像:014c11c9-s.jpg]
[画像:6ca40a1d-s.jpg]
〆た鶏腿肉に軽く小麦粉を振って、ノンフライヤーで調理(200℃、余熱無しで10分)。
[画像:fa88792d-s.jpg]

昆布〆鶏腿肉の唐揚げ(擬き)、ミズダコの刺身、ひじきと自家製蒟蒻と筍のきんぴら風、筍の土佐煮、蕎麦の実納豆。
昆布〆鶏腿肉の唐揚げ(擬き)、調味料は一切なしでそのままなのですが、昆布の旨味とほんのり塩味、またノンフライヤーで調理しているので脂も落ちてさっぱりとして、とても美味しいですね。
勿論、普通に唐揚げにしても美味しいでしょうね。
今度は手羽先の昆布〆を試してみようとなりました。
[画像:966fa757-s.jpg]
ご馳走様でした。

春らしい庭の花。
この家を建てた方が花が好きだったようで、色んな花が毎年咲きます。
薄い青の綺麗な花で、以前に調べましたが判りませんでした。
[画像:2ab9b7a3-s.jpg]
垣根の下の沈丁花、毎年一凛の花をつけますが、これ以上大きくなりません。
陽当たり、水分の関係でしょうかね。
[画像:b2fea63f-s.jpg]

お昼は、パスタ。
摘んできた菜の花・ベーコンとトマト・クリームチーズ、ホウレン草のサラダ、お昼からは何処も行かないのでビールも添えて。
トマト・クリームチーズ、初めて食べましたが、濃厚で奥行きのある味で、プロっぽい仕上がり、美味しいですね。
[画像:08e577a0-s.jpg]
ご馳走様でした。

先日のアカムツ釣りで中深場の愛用の竿のトップの次のガイドが取れてしまい、修理。
この竿はSHIMANOの海明(120号負荷、210cm)で、かれこれ20年近く前に、槍烏賊や中深場用に購入した愛竿です。
数年前に槍烏賊専用竿を購入しましたが、今でも深場の沖メバル、中深場五目、ビシ鯵等で良く使ってます。
[画像:6ee20bcf-s.jpg]
取れたガイドを瞬間接着剤で瞬間付けて、糸で竿に巻き付けて固定して、人工漆で固めて出来上がりです。
[画像:94d8a6f5-s.jpg]

夕食はアカムツ三昧第3日目、一夜干し、他です。
一夜干しは昨日の夜に作りました。
8%食塩+5%日本酒の塩水に45分浸けて、上げて塩水を軽く吹いて、干し網に入れて一晩放置。
昨日の煮付けや塩焼きも美味しかったのですが、一夜干しが一番。
程好く水分が飛んで、焼いて滲み出る脂、凝縮した旨味、とても美味しいです。
3日間、アカムツをたっぷり楽しみました。
[画像:88386542-s.jpg]
ご馳走様でした。

朝食は昨日のアカムツのあらで味噌汁。
最近凝っている作り方です。
①たっぷり沸かしたお湯の中に15秒ぐらい浸けて、上げた後水洗いして、残った鱗や血合いを取る。
②分量の水を鍋に入れ、①のあらも入れて、弱火でゆっくり加熱する。
③沸騰したら豆腐を加え、次に砂糖、塩で薄めの吸い物程度に味を調え、少量の味噌を加える。
④豆腐が温まったら大きめの丼によそい、葱を散らして出来上がり。
こうすると、魚の旨味が十分に引き出され、昆布等の出汁が無くともとても美味しいあら汁ができます。
それと煮込まないので身もふわっとして、この点も良いですね。
[画像:a8083ebb-s.jpg]
ご馳走様でした。

午後、利根川の土手歩いて新町へ散策。
[画像:e8148e28-s.jpg]
散策の目的はこの桜を見るためです。
染井吉野の2週間ぐらい前に咲く早咲きの櫻です。
[画像:a0a09997-s.jpg]
7分咲きぐらいでしょうか?、木の上の方が未だ蕾です。
[画像:4c42b1e2-s.jpg]
花はボリュームがあって、蕾は濃い桃色ですが、開くと綺麗なピンクで美しい櫻です。
河津桜より開花が遅く(また河津桜のように葉の芽吹きが無く)、寒緋桜のような濃い桃色では無く、大寒桜、椿寒桜、陽光、等似たような?桜はありますが、これだという品種が判りません。
[画像:c27df296-s.jpg]
[画像:0b1b6380-s.jpg]
この桜について朝日新聞(3月16日)の茨城版に記事が。
[画像:548df511-s.jpg]
「河津桜とエドヒガンの掛け合わせでは?」という情報もあるそうですが、誰が何時植えたのかも、品種も判らずじまいだそうです。
[画像:b2c1f0b7-s.jpg]

今日の夕食は、アカムツ三昧2日目。
煮付け、塩焼き、2日目の刺身、菜の花のお浸し、他。
火が入ったアカムツは、朝食のあら汁と同様にふわっと柔らかく、脂も上品な味わいとなって、本当に美味しいですね。
刺身は、昨日よりねっとり感が増して、また旨味も強くなっています。
[画像:e729d613-s.jpg]
ご馳走様でした。

このページのトップヘ