烟霞淡泊

カテゴリ:旅行&小旅行(&出張) > 栃木県

自宅(06:45)⇒小山市(08:30)⇒野木町(13:40)⇒自宅(16:30)

栃木県小山市に3箇所、手塚治虫の作品をモチーフにした田圃アート」があるということで、3年前に2回も訪れて見ることのできなかった「野木町の向日葵畑」を併せて訪れることに。

小山市の田圃アートその1、鉄腕アトムですね。
DSC_2373
櫓や高い建物から見るのではなく、小高い土手から見るというシチュエーションです。
低いところから見えるように工夫がされています。DSC_2372
実際は飛び出るような立体感のあるなかなか見事な絵になっています。
DSC_2370
良く見える位置はごく狭く、少し離れると歪みが生じてしまうのが特徴ですね。
DSC_2371

次の会場へ移る途中に小山百景の丸山弁財天へ。
DSC_2374
典型的な弁財天です。
DSC_2375
水連が綺麗に咲いていました。
DSC_2376

小山市の田んぼアートその2、ブラックジャックです。
DSC_2379
作品の構図、立体感、出来栄え、これは見事。
6月末から7月初旬が見頃で、もっと絵柄が明確だそうです。
DSC_2378

おやまゆうえんハーベストウォークへ。
小山遊園地の跡地にできた大型ショッピングモールです。

DSC_2390
少し涼しい日和ですが、さすが子供達は元気です。
DSC_2389
DSC_2391
遊園地の名残の現役のメリーゴーランド
DSC_2394
DSC_2395

小山百景の「間々田八幡宮」
石段の下に土俵があります。
DSC_2400
立派なお社
DSC_2397
DSC_2398
ここにも弁財天が。
DSC_2399
ここは「テルマエ・ロマエ」と「しこふんじゃった」のロケ地になったようです。
DSC_2401

お昼は小山市内の「らーめんはるか86」へ。
DSC_2404
ラーメン(700円×2)と餃子(400円)。
ラーメンは佐野ラーメンの系譜でしょうか、平打ちでつるんとしています。
スープは少し脂分が多めでワイルドな感じです。
分厚いほろほろのチャーシューと穂先メンマと葱と海苔。
美味しくボリュームもたっぷり。
餃子も野菜たっぷりの餡で、大振り。
DSC_2405
DSC_2406
お腹一杯、ご馳走様でした。

小山市の田圃アートその3、ジャングル大帝ですね。
DSC_2407
3つの田圃アート、なかなか面白かったです。
見頃の頃に訪れて見たいですね。

野木町の向日葵畑、3年越しで楽しむことができました。
DSC_2408
DSC_2410
DSC_2411
DSC_2412
DSC_2413
DSC_2414

道の駅思川」で調達した野菜。
DSC_2424

北関東の小さな旅でした。

小才河豚が釣れなかったこともあり、野菜も含めた食材の買い出しに、遠出しました。

先ずは取手から130km程の栃木県黒羽の「黒羽ふるさと物産センター・くらしの館」へ。
梨の「にっこり」や野菜を沢山購入。
image

image

image


鮎の「高橋商店」で鮎塩焼き(素焼き、250円X18匹)を購入。
塩焼きと鮎ご飯を楽しむ予定。
その場で食べる二本を焼いて貰い、近くのローソンで買ったお握りとサンドウィッチと、那珂川の河原でブランチ。
image

image

image

何時もながら美味しい。
ご馳走様でした。

何時も通り過ぎる国指定史跡「下侍塚古墳」に寄ってみました。
image

image

image

前方後方墳」、だそうです。
東日本には多くあるそうですが、観るのは初めてです。

道の駅はが」にも。
此処も初めてですね。
image

image

image

催し物があるようで、賑わっています。

道の駅にのみや」、「道の駅しもづま」、「やすらぎの里しもつま 農産物千代川直売所」、「産直わが屋」も覗いて取手へ。
image

「産直わが家」は、閉店した水海道の「ほくそう」のスタッフの方々が三妻の辺りに11月15日に開店したお店です。
我が家のお気に入りの黒澤商店の干し芋を取り扱っていて、「紅はるか」の「せっこう」を購入しました。

本日購入した野菜。
image

はぁ~、どんだけ食べるんだ。





自宅(06:00)⇒東照宮(10:00~12:00)⇒竜頭の滝(12:30)⇒湯元温泉(13:00)⇒自宅(20:30)

オーストラリア在住の親戚が来日しており、来宅。
何処かに日帰り旅行をしようとなり、日光へ、東照宮から奥日光の小旅行を計画。

東照宮への駐車場への道がとても混んでいて、ウィークデイで変だなと思ってNETで調べると、なんと、5月17日~19日は家康公没後400年の式年大祭でした。
更に式年大祭は50年に1度、本日がハイライトという嵌まりよう。
はあ~、混むわけです。
切り返しで脱出して、 日光田母沢御用邸記念公園の駐車場に車を停めて、歩くことに。

渡御祭「百物揃千人武者行列」の桟敷席が準備されています。
五重塔の前の席は、徳川家の方々の席だそうで、道理でと納得。
image


東照宮にお詣り。
陽明門は修繕中でしたが、その他、ゆっくりと見て回りました。
小さい頃、来たはずなのですが記憶が定かではありません。
細工、彩色が凄いですね。
唐門、本殿は比較的最近の修理だったようでとても鮮やかでした。
image

image

image

image


11時から 百物揃千人武者行列が始まりました。
この行列そのものは毎年の例大祭りで行なわれるそうですが、400年の式年大祭で衣装の新調等がされたとのことです。
image

よいものを見物しました。

ゆっくりとしてしまいまして、奥日光へ、少し急ぎました。

明智平から、竜頭の滝。
image


戦場ヶ原の男体山、 湯滝、 白根の山々。
image


湯元温泉の「湯守 釜屋」で立ち寄り湯。
まっとうな温泉」の温泉手形で無料入浴です。
image

源泉トポトポ掛け流し・硫黄臭・弱渋み・温め・つるすべ系。
image

誰もが思い描くような、これぞ温泉、です。
とても良い温泉でした。
「まっとうな温泉」の2湯目で、もう1つで元が取れます。

ゆっくりと温まって、湯の湖レストハウスで遅い昼食を頂いて、帰宅の途へ。
家康公没後400年の式年大祭というハプニングもありまして、とても良い小旅行となりました。
ところで今日の天気予報は雨だったのですが、爽やかに晴れ上がりました。
オーストラリア在住の親戚は強カな"晴れ族"との噂が高いのですが、見事に証明。
お疲れ様でした。

今月はうって変わって良い天気です。
image


昨日、長女と次女が帰省して久々一家4人が揃いました。
関東3大イルミネーションの一つの「あしかがフラワーパーク」に行ってみることに。
併せて野菜の買い出しも。

道の駅にのみや」で野菜を調達。
リーフレタス、胡瓜、赤蕪、辛み大根、やよいひめ(苺)。
image

やよいひめを味見。
image

甘味、酸味のバランス良く、苺の味が濃くて、とても美味しい。


足利市に向かう途中の岩船山の「最勝寺」に寄ることに。
何かの本で面白い寺と書いてあった記憶があります。

寺への道は急坂で、タイヤがスリップ気味になる程。
回転できるスペースに車を停めて、歩きます。
image

最勝寺の山門
image

石段を登り
image

本堂へ
image

卒塔婆の本堂に向けて置くという、少し変わっているような。
image

奥の院
image

三重塔
image

image


足利市に到着して、商工会議所に車を止めて、街歩きへ。
image

渡瀬橋は足利市にあったのですね。
image

織姫神社へ
image

image

image

振り返ると結構高い。
image

織姫神社
image

image

遠くに渡瀬橋。
image

素敵な瀬戸物屋さん。
image

店中所狭しと瀬戸物が積まれていて、瀬戸物のジェンガ状態。
歩くときも、手に取るときも、細心の注意が必要です。
長女が購入した珈琲カップ、980円の特価、いい感じです。
image

足利市も面白そうですね。
季節の良いとき北関東の旅シリーズで訪れましょう。

「あしかがフラワーパーク」に到着。
15時30分でイルミネーションにはまだ早いですが、園内を散策。
image

image

休憩室の薪の大きな暖炉
image

そろそろ暗くなってきました。
image


イルミネーション
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

流石、関東3大イルミネーション、見応えがありました。

2時間少しで帰宅。
ドミノピザ取手店」、持ち帰りでMサイズで2枚。
image

美味しいですね。
宅配ピザは10数年振りです。
相方と2人では先ず食べることはありません。
家族が揃った時には良いですね。
御馳走様でした。

遠方よりの客人の希望の温泉・宇都宮餃子・干し芋、で笠間、氏家、喜連川を巡ることに。
まずは常磐道・北関東道で笠間稲荷へ。
image

笠間稲荷は三大稲荷神社のひとつで昔は胡桃下稲荷神社と謂われていたようです。
image

門前の和菓子屋の「中屋総本店」で、かりんとう饅頭と胡桃饅頭を頂きました。
胡桃下稲荷神社という旧名に因んでなのでしょうか両方とも胡桃が入っています。
かりんとう饅頭はサクサクで美味しかったです。
御馳走様でした。
image

笠間工芸の丘に寄り道
image

きらら館
お手頃の焼き物が揃っています。
買った焼き物とサ一ビスの珈琲。
好みの茶碗を選んで珈琲か紅茶が頂けます。
良いもてなしですね、笠間に来れば寄って何か買おうかな、となります。
image

笠間から栃木県のさくら市の氏家へ。
宇都宮餃子の正嗣(氏家店)。
image

メニューは焼き餃子(210円)、水餃子(210円)の2つのみという潔さ。
1人当たり焼き餃子2人前と水餃子1人前を注問。
焼き餃子、かりっと焼き上がっています。
image

水餃子、つるんとしています。
image

美味しくて、此の値段、満足です。
御馳走様でした。
喜連川の早乙女温泉へ。
鮎のシーズンに、道の駅二宮⇒早乙女温泉⇒与一やな、のコースでよく行きました。
硫黄石油臭・エメラルドグリーン・キシスベ系、でお気に入リの温泉です。
1000円と少々高いのと遠いのが難点ですが・・・。
外観を撮るのを忘れて、休憩室、レトロな感じです。
image

道の駅喜連川に寄りました。
image

客人はお土産に干瓢を、これで後は干し芋です。
干し芋は、常総市の「ファーマーズマーケット北総」で仕入れました。
本日の夕食は河豚と冷凍庫の釣り物の寄せ集め。
河豚の薄造り(2日目)と昆布締め、河豚と槍烏賊のフリッター、槍烏賊の湯引きの柚子胡椒和え(画像無し)、木肌鮪と槍烏賊の刺身、木肌鮪の煮付け、土瓶蒸し:河豚団子・槍烏賊のげそ・舞茸・エノキ茸。
槍烏賊は冷凍7箇月、木肌鮪は冷凍4箇月で充分食べれました。
DSC_1300

御馳走様でした。


町内会で、日光と渡良瀬渓谷の日帰り旅行へ。
町内会の旅行というのは初めてです。
出発(07:30)⇒谷和原インター⇒佐野SA⇒いろは坂⇒中禅寺湖⇒華厳滝(11:10)⇒日光グリーンホテル(12:40~13:30)⇒日光おかき工房⇒通道駅(16:05)⇒トロツコ列車「わっしー6号」⇒神戸駅(16:36)⇒北関東道⇒東北道⇒外環⇒常磐道⇒到着(20:30)
中禅寺湖、窓から一瞬でした。
image

男体山、良いお天気です。
image
 
華厳滝
エレベーターで滝の目の前に降ります。
例年に比べて水量が多いそうで、迫力があります。
image

お昼です。
湯葉料理が3種類、その他色々で、美味しく頂きました。
御馳走様でした。
image

渡良瀬渓谷鉄道の通洞駅
image

40数年前、高校生の時、新聞部なぞというクラブに所属して、足尾銅山に取材に来たことがあります。
国鉄で中野から桐生(東北線から両毛線?)、桐生から足尾線に乗り継いで、えらく遠くに来たものだと思いました。
通洞の商人宿に泊って、翌日は足尾銅山から松木沢まで行って写真をとりました。
懐かしい思い出です。
トロツコ列車わっしー6号
image

車窓から
image

普通の列車とすれ違い
image

長いトンネルでイルミネーション
image

神戸駅の陸橋の上から
image

神戸駅
image

駅舎、待合室、等の雰囲気はなかなか素敵です。
それに多くのお客さんに来て貰いたい、楽しんで貰いたい、という一生懸命さが感じられますね。
さて本日のイベントはこれにて終了、一路帰宅の途、茨城へ。
充分楽しみました。



このページのトップヘ