烟霞淡泊

カテゴリ:旅行&小旅行(&出張) > 茨城県

明野のひまわりフェスティバルへ、野木のひまわりの連続敗退で、リベンジに。
大好きなブログで紹介されていた、水海道のブラジル食材の店も。
本日の「おめざ」です。
下の右から、ブドウは「瀬戸ジャイアンツ」別名「桃太郎ブドウ」、プラム(多分)の「ケルシー」、プルーンの「グランドプライズ」、上は桃で「あかつき」です。
どれも美味しいのですが、桃太郎ブドウは別格です。
甘味と酸味が絶妙で、味が濃い。
DSC_0620
桃太郎ブドウと言われる所以は。
DSC_0621
自宅発、08:15。
朝食は何時もの戸頭のクーロンヌhttp://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080301/8008774/dtlrvwlst/で。
キノコのクリスピー(180円)とホットドック(400円)、サービスのコーヒーと一緒に、店のテラス席で頂きます。
テラスの鉄板でソーセージを焼いて、その場でパンに挟んで手渡す、スペシャリテといったところ。
何時もながら美味しかったです、御馳走様。
DSC_0622

明野の「あけのひまわりフェスティバル」http://www.ibarakiguide.jp/event_calendar/です(10:00)。
遅咲きの向日葵なんでしょうか?。
今が見頃です。
コスモスと向日葵が一緒に咲く、「名残り」と「走り」ですかね。
そんなに期待していなかったのですが、なかなか良いです。
コスモスがいい味ですね。
県道から会場。

DSC_0623
向日葵の向こうは筑波山。
DSC_0625
いつも見ている向日葵とは違うような、少し変わった向日葵です。
DSC_0626
夏空が眩しい。
DSC_0627
楽しみましたが、兎に角暑いです!。
猛暑リターン、クラクラします。
DSC_0630
水海道のSEPER MERCODO TAKARAへ(12:30)
DSC_0638
本格的な(?)ブラジル食材店。
面白そうな食材がてんこ盛りです。
大人しく、パン3種5個とオイルサーディンを買いました。
さて、お目当てはLANCHONETE AMIGOS、http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080603/8002540/dtlrvwlst/で、アミーゴスハンバーグ(750円)とパステウネカルネ(300円)とインカコーラ(200円)。
DSC_0637
アミーゴスバーガーは、ソーセージ,牛肉のパティ,チーズ,目玉焼き,塩焼鶏肉,ベーコン、レタス、トマトで凄いボリュームです。
パステウネカルネは平べったい春巻きといった感じで、サルサソースが良く合います。
2人で食べて、お腹一杯になりました。
御馳走様でした。

茨城の県西の古河市とその周辺へ。
07:30出発。
朝食は戸頭のクーロンヌhttp://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080301/8008774/dtlrvwlst/で。
朝も早くからお客で一杯です。
夏野菜カレーのクリスピー(180円)と戸頭あんぱん(140円)、サービスのコーヒーと一緒に、店のテラス席で頂きます。
美味しかった、ご馳走様。
DSC_0567
国道16号線から国道4号線を経由して古河方面へ。
少し足を延ばして、7月20日では全く咲いていなかった野木町の向日葵畑に、思いついてリベンジに。
ははは・・・。
来年へ持越しです。
DSC_0569
「道の駅まくらがの里こが」http://www.dynac-japan.com/michinoeki-koga/へ。
写真を取るのを忘れました。
今年の7月にオープン。
施設(野菜・物産売り場、フードコート)も広々としています。
茨城県で最大級の規模だそうです。
それでも、やはり野菜は「道の駅にのみや」http://michinoeki-ninomiya.jp/の方が良いかな。
次は古河市内の篆刻美術館http://www.city.ibaraki-koga.lg.jp/tenkoku/へ。
篆刻専門の美術館というのも珍しいですね。
DSC_0571
篆刻美術館の中庭
結構見ごたえがありました。
昔の石造りの蔵を改造した展示室で、なかなか雰囲気も良いですね。
予約で篆刻の体験もできるそうです。
季節の良いとき、来てみましょうか。
やはり「烟霞淡泊」、ちょっと難しいかも。
DSC_0570
そのまま帰るのも、ということなりまして、ネーブルパークに寄ってみました。
子供が小学生の時何回か来たことがあります。
DSC_0572
長い滑り台と地下迷路の広場
DSC_0573
流れ落ちているのは、ほとんど「お湯」でした。
DSC_0574
さて、お昼です。
国道354号線を南下していると、行列のお店が。
活力豚骨ラーメン大成屋http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080601/8002829/dtlrvwlst/へ。
私は「醤油豚骨ラーメン」(680円)。
DSC_0575
相方の「こくとろつけ麺(中盛り)」(850円)
DSC_0576
背油たっぷりですが、見た目より軽めで美味しかったです。
中盛り(大盛りも)サービスというのは、ついつい頼んでしまいますが、大概多すぎた、ということになります。
いい年なんだからと思うのですが・・・・。
さてさて、7月に引き続き古河の小旅行でした。
町の造りが素敵で、小旅行にはぴったりですね。
ポタリングにも良いところです。
また来ましょう。

小旅行という程ではありませんが、先日の飯田ダム見学会で、茨城県自然博物館の無料招待券を2枚貰ったので、久々に行ってみることに。
子供が小さいころは、家族会員になってよく行ったものです。
その前に、牛久の掛かり付けの医院とモンベル@つくば店で最近気になっているものを見ることに。
牛久の掛かり付けの医院、1回/2か月、体重変わり映え無く、T-C、LDL-C改善の兆しも無し。
モンベル@つくばhttp://store.montbell.jp/search/shopinfo/?shop_no=618935、(11:45)。
DSC_0515
お目当ては、フォールディングカヌーです。
真ん中のARFEQ ボイジャー460T。
全長:460cm、最大幅:70cm、総重量:20kg、最大積載重量:290kg
2名で、数日間のカヌー旅行ができるサイズだそうです。
DSC_0513
カナディアンカヌーよりは安定性は欠けますが、走行性は優れているようです。
組み立て所要時間は30分程度とのこと。
カナディアンカヌーには何度か乗ったことがあります。
北海道の大沼、屈斜路湖から釧路川上流、塘路湖、達古武湖。
勤め先の上司に連れられて、中禅寺湖、牛久沼、涸沼。
勤め先の上司は昨年定年退職して、北海道に移住しました。
こんなこともあり、何時かはカヌーを持ちたいと思っていました。
カナディアンカヌーは大きくて、狭い我が家に置く場所がありません。
組み立て式ならば収納は問題が無いので、また持ち運びも楽ですね。
検討中(思案中?)です。
さてお昼になりましたので、つくばのQ’tのインド料理の「サイノ」http://tabelog.com/ibaraki/A0802/A080201/8012067/dtlrvwlst/3584157/でカレーを(12:30)。
私のサイノセット(880円)、カレーはバターチキンとマトン、定番です。
DSC_0511
これは相方のレディースセット(850円、女性限定のデザート付きサービス品)で、カレーは豆とエビ。
DSC_0512
ナンの下にターメリックライスが隠れていて、ボリュームたっぷりです。
カレーもナンも、先ず美味しい。
お腹一杯になりました。
ご馳走様でした。
果てさて、メタボ脱出は何時になるやら?。
茨城県自然博物館(14:00)。
すごい暑さです。
車から降りると、暑い空気の塊に囲まれるといった感じで、息をしても空気が暑い。
DSC_0516
企画展「ぎょ・魚・漁」です。
人と関わりの強い魚と最近の話題の魚にスポット当てて、といった感じです。
これは鰻の幼体のレプトセファルスです。
始めて見ました。
鰻の完全養殖(孵化⇒幼体⇒シラス⇒成体)も近い将来、商業化できそうだ、とのことです。
DSC_0519
国鱒です。
これも始めて見ました。
DSC_0517
久々に企画展を見ましたが、相変わらず面白いですね。
定番のヌオエロサウルスもパチリ。
DSC_0520
さて、家に
さて、本日は取手の花火大会。
行ってみました。
スマホで花火を撮影するのは難しいですね。
DSC_0118
最近の花火は演出が面白いですね。
楽しみました。
DSC_0155




最近、お気に入りの観光茨城のイベントカレンダーhttp://www.ibarakiguide.jp/event_calendar/で面白そうなイベントがあり、行くことに。
県北の大子町の「鮎のつかみ取り」です。
自宅発07:45。
国道294号を北上して馬頭から大子へ。
先週と同じようところを走っていますね。
定番の道の駅「にのみや」http://michinoeki-ninomiya.jp/で野菜を仕入れ09:10、後は只管走って、大子到着は11:15。
大子の少し北は福島県です。
自宅から135kmでした。
受付を済ませて、お弁当も食べて、準備万端です。
参加費は1.500円/1人でした。
つかみ取りは鮎、虹鱒、鰻で、鰻をゲットするとマウンテンバイク等の商品が貰えるとのこと。
専用の池(水深20~30cmぐらい)に魚を放流しています。
DSC_0497
12:00のつかみ取り開始待ちます。
DSC_0498
さあ開始です。
DSC_0499
魚は追うと捕まりません。座って来るのを待って捕まえます。
P8040076
足を広げて座って待っていると魚が足に当たり足の下に潜むのでそこを捕まえます。
上手い人はあっという間に10匹以上。
開始して20分ぐらいで勝負は終わりました。
私は6匹でした。初めてにしては上出来かな。
DSC_0500
取った鮎は、焼き立ての鮎と交換できます。4匹を交換しました。
少し焼きが甘く、もうすこしパリッと焼いたのが好みですが、美味しく頂きました。
もう2匹は家に持って帰って、塩を振らずに弱火でこんがりと焼いて、ご飯に炊きこんで、鮎飯にしました。
たっぷりと鮎を堪能しました。
DSC_0501
帰りに、舟納豆http://tabelog.com/ibaraki/A0805/A080502/8002417/により、色んな納豆を試食して、やはりオーソドックスな舟納豆をお土産に。
DSC_0502
先週に引く続き、今週も茨城の小旅行を楽しみました。

小旅行@下館:羽黒神社お祭り、笠間:飯田ダム見学、岩間:滝入不動尊(その2) です。
「道の駅にのみや」を出て笠間の飯田ダムに向かいます。
途中、上野沼に寄りました。茨城県北では知られたキャンプ場です。
DSC_0453
笠間の飯田ダムの見学会です。監査廊はダムの堤の中にある通路で、一年中12℃前後とのこと。
実際入ってみると涼しいを通り越して寒いくらいです。温度計は11.5℃を示していました。
DSC_0455
年に一度の公開で珍しい体験ができました。
お奨めです。
DSC_0091
まだ少々早いのですが、昼食を笠間市内で頂こうと、途中、笠間焼のお店に寄りました。
「きらら館」http://www.kilalakan.jp/kasama.htmlです。
一目でちっちゃな小鉢が気に入り、二つ買いました。
焼き物に限らず、やはり「出会い」ですね。
DSC_0466
「きらら館」では奥の方に喫茶スペースがあって、サービスで珈琲と紅茶が好みの茶碗で頂けます。
これはいいですね。次回も寄ってみようという気にさせます。
DSC_0456
漸くお昼になり笠間の「そばきり一兵衛」http://tabelog.com/ibaraki/A0801/A080103/8001745/dtlrvwlst/
12時前なのに、店の駐車場は満杯です。
DSC_0459
かき揚げせいろ蕎麦(1,100円)。
DSC_0457
湯葉天ぷら田舎蕎麦(1,250円)。
DSC_0458
せいろ蕎麦、田舎蕎麦ともに、喉越し、蕎麦の香り、辛口の汁、風味の良い山葵、それと盛りのよさ、と充分に楽しめました。天ぷらもさくっと揚がっていて美味しい。ここもお奨めです。
ご馳走様でした。
岩間の滝入り不動へ、13:00。
DSC_0462
来る途中は暑かったのですが、ここは別天地です。
ゆっくりと涼みました。
さて家に帰りますか。筑波山の南の麓を横切ってつくばをかすめて自宅へ、15:00。
おまけ、「道の駅にのみや」で買った野菜中心の本日の夕食。
DSC_0463
上の段の左から、日光唐辛子の炒め煮、枝豆、空芯菜の塩炒め。
下段の真ん中、米茄子の味噌田楽、茗荷薬味の奴豆腐。
近場の小旅行もよいですね。

思い立って茨城県北に小旅行。
本日の目的は、その1は下館の羽黒神社の祇園祭最終日の明治神輿の川渡御、その2は笠間の飯田ダムの見学(監査廊)、その3は岩間の滝入不動尊、の3本立て。
04:30、自宅発。
05:45、下館の合同庁舎に駐車して、羽黒神社へ。なかなか雰囲気のある神社です。
下館の祇園祭は、7月の最終週の木曜日から日曜日までの4日間で盛大に行われるそうです。神輿の巡行は18:00~22:00と夜というのが変わっていますね(http://www.chikuseikanko.jp/index.php?code=11)。川渡御は3日間で巡廻でついた穢れを川で流し清めるという神事とのこと。DSC_0449

06:00、明治神輿の出立。立派な明治神輿、重さ1トンだそうです。
DSC_0418
五行川の大橋まで1時間懸けて進みます。DSC_0431
なかなか勇壮です。
DSC_0427
橋につきました。昨日の豪雨で増水して、残念ながら川渡は中止のとのこと。
神輿を河原に下して、川の水を掛けるだけになるようです。
神輿の飾りを取り除いて、晒を巻いて、クレーンでつり下げます。
DSC_0446
川の水を神輿に盛んに掛けます。
DSC_0084
五行川から筑波山を望む。
DSC_0432
良い祭りですね。一度夜の神輿の巡行も観てみたいものです。
次の笠間の飯田ダム見学は10:00からで、大分時間があるので、「道の駅にのみや」http://michinoeki-ninomiya.jp/で野菜を買うことに。
「道の駅にのみや」、09:00。開店と同時にお客さんが押し寄せます。
DSC_0451
相変わらず、野菜は豊富で安いですね。
DSC_0452

その2に続く。


一時期の暑さが和らいだので、ポタリングへ。
茨城の県西古河市辺り、向日葵畑(栃木県下都賀郡野木町)と古河市の七福神巡りの二本立て。
06:30出発。
朝食は戸頭のクーロンヌhttp://tabelog.com/ibaraki/A0803/A080301/8008774/dtlrvwlst/
朝06:30開店で、店のテラス席で。
キノコのクリスピー(180円)とスペシャルクロックムッシュ(180円)、サービスのコーヒーと頂きます。
何時もながら美味しですね。
ご馳走様でした。
DSC_0381
古河市の市役所支所に車を止めて出発(08:30)。
古河市を抜けて野木の向日葵畑へ。
見ごろは7月中旬から8月中旬ということだったんですが・・・・・・・。
DSC_0383
来た道を古河市内、七福神巡りへ。
弁財天@徳星寺
DSC_0388
寿老人@福寿稲荷神社
DSC_0391
布袋尊@諏訪八幡宮
DSC_0392
毘沙門天@秋葉神社
DSC_0393
大黒天@神明宮
DSC_0395
恵比寿尊@蛭子神社。普通は右手に竿なんですが、招き猫みたいですね。
DSC_0396
福禄寿@三神町稲荷神社。
DSC_0397
七福神は全行程で4kmぐらいで古河の中心地に固まってあります。
散歩がてらのお参りによいと思います。
さてお腹がすきました。
以前から行きたいと思っていた餃子の丸満へ(11:50)
http://tabelog.com/ibaraki/A0806/A080601/8000986/favoritelst/
注文は、相方と私の二人で、餃子1.5人前(630円)とほんとん定食(960円)。
DSC_0400
餃子1.5人前
皮はカリ・モチで餡は野菜たっぷり、微かにシナモンの香りがして、なかなか美味しい。
所謂、ホワイト餃子系でしょうか。
DSC_0402
ほんとん定食。
ほんとん、餡が多いワンタンといったところで、あっさりとしたスープとしゃきしゃきの野菜でこれも美味しいです。
+餃子0.5人前と小鉢、ご飯。
お腹一杯、ご馳走様でした。
なかなか楽しいポタリングでした。
さて、家に帰りましょうか。
本日の走行距離:18.9km。
累計:1,797km。






このページのトップヘ