烟霞淡泊

カテゴリ:キャンピングカーの旅 > 櫻旅

道の駅厚岸グルメパーク(08:20)⇒釧路市(10:00)⇒標茶(12:00)⇒道の駅パパスランドさっつる(15:00)

道の駅厚岸グルメパークの朝
KIMG1809
KIMG1808

「櫻林No.53:別保公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道釧路町、無料駐車場有」、六分から七分咲き。
KIMG1810
未だ蕾が多く、この辺りの櫻は遅いのですね。
KIMG1811
KIMG1812
KIMG1813

「櫻林No.54:鶴ヶ岱公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道釧路市、無料駐車場有」、満開。
櫻旅の大団円です。
KIMG1817
KIMG1825
KIMG1818
KIMG1824

「一本櫻No.153:釧路市の櫻の標準木(エゾヤマザクラ、樹齢不詳、北海道釧路市、無料駐車場有)」、満開。
当初は根室市の開花宣言(5月9日10時)が全国最後になると予測していたのですが、釧路市の開花宣言が其れよりも6時間遅れ、最後に開花宣言した標準木として訪れました。
KIMG1823
KIMG1821
KIMG1819
全国最初に開花宣言(3月19日)した長崎市の櫻の標準木を訪れたのが3月21日、3月29日の福岡県柳川のお花見カヤックからスタートした櫻旅は、今日の全国最後の開花宣言の釧路市の標準木の満開の櫻を訪れて終わりとなりました。
櫻の名所54箇所、一本櫻の銘木154本を巡る旅の大団円です。

釧路フィッシャーマンワーフで買物。
さんまんま魚政」でお昼その1。
KIMG1826
KIMG1827
さんまんま(690円)と秋刀魚のつみれ汁(250円)。
秋刀魚の炊き込みご飯を秋刀魚で包んでカリッと焼き上げて、見た目通りの美味しさです。
KIMG1828
ご馳走様でした。

釧路市から国道391号線で北上。
本日の温泉入浴は標茶温泉の「味幸園」。
藤花温泉ホテルへ行く予定でしたが、営業時間が合わず、此方となりました。
KIMG1830
KIMG1831
KIMG1832
この辺りの温泉の定番のモール温泉です。
主浴槽、結構な水量の掛け流しです。
KIMG1836
レトロなライオンゲーです。
KIMG1837
KIMG1838
KIMG1839
小浴槽、小型のライオンゲーです。
KIMG1835
KIMG1840
KIMG1841
アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:47/43and41、黒褐色透明・モール臭・無味・ヌルンツルン・レトロ温泉宿系。
素晴らしい温泉でした。

お昼その2で「小さなパン屋 ひとつぶの麦」へ。
KIMG1845
店名の通り小さなパン屋さん、素敵なショーケース、カレーパン、あんぱん、レーズンパンを購入。
KIMG1846
もちっとして、しっかりした食感と小麦の香りが良い、美味しいパンでした。
KIMG1847
ご馳走様でした。

標茶の川上神社へ。
KIMG1853
本殿にお詣り。
KIMG1848
川上キャンピングカー神社に、これまでの旅の安全を感謝して、これからの旅の安全を祈願しました。
KIMG1851

「道の駅パパスランドさっつる」に到着。
KIMG1854

キャンピングカー仲間のNさんの清里町の別宅を訪問しました。
実はこの旅で3月6日に兵庫県姫路のNさんの古民家の本宅にお邪魔しましたが、2か月後に今度は北海道の別宅に伺うという何とも不思議な巡り合わせです。
昨年に中古の平屋を購入されて、今年の4月に移り住んで壁紙等の内装をリフォームしているそうです。
KIMG1856
家から斜里岳が見えるのですが、雲に隠れています。
KIMG1857
同じくキャンピングカー仲間の川崎のKさんも滞在されていて、再開を祝した食事会となりました。
何時ものことながら、食事会のまともな写真がありません。
KIMG1858
持ち寄り料理を沢山美味しく頂き、皆さんの面白い会話、とても楽しい一時となりました。



道の駅おだいとう(08:40)⇒納沙布岬(10:50)⇒根室市(12:00)⇒道の駅厚岸グルメパーク(16:20)

道の駅おだいとうの朝、綺麗な朝陽が昇っています。
KIMG1760

尾岱沼の市街へ向かう途中、未だ白い知床連山。
KIMG1762

「一本櫻No.148:野付小学校の千島櫻(チシマザクラ、樹齢120年?、北海道別海町、無料駐車場有)」、七分咲き。
明治39年(1906年)頃、野付半島から当時3年生の小学生3名が小船で3本を運搬し現在地に植樹したもので、
樹高、枝張りが大きく日本最大の千島桜といわれているそうです。
KIMG1763
千島櫻で初めて一本櫻、素晴らしいです。
KIMG1767
KIMG1768
KIMG1770
KIMG1766

根室半島の納沙布岬へ。
KIMG1771
KIMG1772
日本本土4極の最東端です。
KIMG1773
KIMG1774

根室市内で3軒を展開する「タイエー」の曙店、タイエーは函館のコンビニ「ハセガワストア」からのれん分けしたコンビニだそうです。
当然、買い物は「やきとり弁当(うま辛味)」です。
KIMG1776
KIMG1777

「櫻林No.51:明治公園の櫻(チシマザクラ・エゾヤマザクラ、北海道根室市、無料駐車場有」、満開。
「一本櫻No.149:明治公園の千島櫻(チシマザクラ、樹齢不詳、北海道根室市、無料駐車場有)」、満開。
KIMG1781
KIMG1787

明治8年に国が創設し、北海道では2番目の歴史を誇る牧場の跡地を利用した公園で、このサイロは昭和7年と昭和11年に建てられ現在では国指定の登録有形文化財となっており、 現存するレンガ造りのサイロとしては国内でも有数の古いものだそうです。
KIMG1780
KIMG1783
KIMG1786
お花見弁当、タイエーのやきとり弁当(450円)、当然のことながらハセガワストアのやきとり弁当と同じレシピみたいですね。
スーパーで買ったエスカロップ(321円)、ごく安いのですがちゃんとエスカロップになっています。

KIMG1778
ご馳走様でした。

「一本櫻No.150:根室市の櫻の標準木(チシマザクラ、樹齢不詳、北海道根室市、市役所の無料駐車場)」、満開。
市役所の傍の根室合同庁舎の敷地内にある千島櫻の大木。
この標準木は例年全国で一番遅い開花宣言をする櫻として有名で、今年は5月9日の10時に開花宣言していますが、何と釧路市の開花宣言が未だで、2番目に遅い開花宣言の櫻になってしまいました。
因みに釧路市の標準木の開花宣言は、5月9日の16時と根室市と6時間の差と本当に僅差ですね。
KIMG1789
KIMG1788

根室市役所で日本本土四極最東端出発・訪問・到達証明書を頂きました。
KIMG1790
平成から令和を跨ぐ一つの旅の中で、四極を巡ることが出来ました。
最南端・鹿児島県南大隅町佐多岬:平成31年3月19日
最西端・長崎県佐世保市神崎鼻  :平成31年3月22日
最北端・北海道稚内市宗谷岬   :令和  1年5月10日
最東端・北海道根室市納沙布岬  :令和 1年5月14日
KIMG1914
KIMG1916

「一本櫻No.151:根室市役所の櫻(チシマザクラ、樹齢不詳、北海道根室市、市役所の無料駐車場)」、満開。
これもなかなかの大木です。
KIMG1792

「櫻林No.52:青隆寺の櫻(チシマザクラ・エゾヤマザクラ、北海道根室市、無料駐車場有」、満開。
KIMG1799
立派な千島櫻の櫻林、日本随一でしょう。
KIMG1797
KIMG1796
KIMG1795
KIMG1793

「一本櫻No.152:根室地方裁判所の櫻(チシマザクラ、樹齢不詳、北海道根室市、市役所の無料駐車場)」、満開。
如何にも千島櫻といった見事な樹形、雪吊りをしているのも良く合っていますね。
KIMG1800

本日の入浴は厚岸市の銭湯の「喜楽湯」(440円)、こじんまりとしたなかなか雰囲気の良く、ゆっくりと温まりました。
KIMG1803

今夜のP泊地は道の駅厚岸グルメパーク。
KIMG1804
こんなの食べました。
幻の地ウイスキー、厚岸ウイスキーの「NEW BORN」(1mL)を掛けるミルクソフト、美味しいです。
KIMG1806

本日の夕食は、花咲ガニ、鶏肝煮、蒸かしキタカムイのイカ塩辛添え、冷奴、他。
花咲ガニは解凍物で少しパサつきがありましたが、美味しいですね。
北海道を訪れると一回は食べます。
キタカムイ、少しねっとりして、甘みが強く、好きです。
KIMG1807
ご馳走様でした。

道の駅おんねゆ温泉(07:15)⇒置戸町(07:50)⇒道の駅おだいとう(19:45)

昨日に続き今日もパークゴルフを楽しみます。
今日のパークゴルフ場は「おけとパークゴルフ場」(17コース153H、300円/1日、NGPA公認)です。
昨年の秋、NGPA((社)日本パークゴルフ協会)の「公認コース案内」で全国のパークゴルフ場(PG場)を一通りチェックしたところ、一番コース数が多いPG場で、この旅で是非訪れたいと思っていました。
それにしても、総面積:172,368mm、17コース153Hは昨日の「紋別市まきばの広場パークゴルフ場」の倍以上と只々凄いとしか言いようがありません。

立派な管理棟で受付をします。
KIMG1688
KIMG1865
自然な木を残した林間コースや広大な広場のようなコースとなかなか変化に富んでいます。
KIMG1689
スタート地点のやなぎAのスタートまで歩いていきます。
KIMG1690
やなぎコース、タイトで複雑なアンジュレーションのフェアウェイ、いきなり外してO.B.スタートでした。
KIMG1692
フェアウェイはよく刈り込まれて良く転がります。
KIMG1695
KIMG1694
数本の蝦夷山櫻が咲いているので、お花見PGとしました。
「櫻林No.50:おけとパークゴルフ場の櫻(エゾヤマザクラ、北海道置戸町、入場料300円)」、満開。
KIMG1698
櫻に向かって打て!
KIMG1703
KIMG1704
KIMG1705
KIMG1706
KIMG1708
全体が綺麗に刈り込まれているホールが連続するコースもあります。
KIMG1709
思いっ切り叩けます。
KIMG1707
受付した時に、全コースをラウンドしたいと話したら、一日では無理と言われましたが、08:00~13:30の5時間30分で17コースを終了。
早い!と褒められました?、スピードだけはベテラン並みの我が家であります。
スコアは以下の通り、初めてで各ホールの状態もまったく掴めず、出入りの激しいラウンドになりました。
やなぎA:+3
やなぎB:-2
いたやA:-5
いたやB:-4
くるみA:-2
くるみB:-6
みずならA:-2
みずならB:0
さくら:+6
しんぱく:+2
ななかまど:-4
かつら:-6
とどまつ:0
からまつ:-1
いちい:-4
あかまつ:-6
しらかば:-2
総平均:-1.9

さて恒例の評価は、①規模:6、②整備状況:4、③面白さ:5、④料金:4、⑤環境/設備:4、⑥総合:4.6、堂々の2位です。
①の基準は、5:8コース以上ですが、17コースという余りに多いので、例外的に6という評価を付けました。
このコースも再訪必至です。

お昼は少し遅くなりましたが、訓子府の「駅茶屋」のタレかつ丼を食べようと思って行ったら、何と早めにお昼営業を終了していました。
KIMG1710
KIMG1711
気を取り直して、近くの「清水屋」でカツ丼セット(950円)とたぬきそば(600円)を頂きました。
KIMG1712
甘めのタレに浸けられたカツ丼、ちょっと新潟のタレかつ丼に近いでしょうか?
KIMG1713
ご馳走様でした。

今日のP泊地の尾岱沼まで走ります。
知床国道(国道334号線)からまだ雪を沢山残した斜里岳。
KIMG1731
斜里国道(国道224号線)の根北峠辺り。
KIMG1740
KIMG1743

尾岱沼の「野付温泉浜の湯」(440円)、2017年6月23日に訪れて気に入り、再訪です。
KIMG1745
写真は以前訪れた時の写真で代用
ba5f4d74-s
2つの源泉を混合したり単独で使用したりして、4つの浴槽を提供しています。
ナトリウム-塩化物泉(高張性アルカリ性高温泉)/単純温泉(低張性アルカリ性低温泉)・無加熱無加水単独/混合ドポドポ~ドバドバ掛け流し・泉温/湯船:55と28/28~42・無色透明・無臭/微硫黄・塩っぱダシ/無味・ヌルツル・正統派温泉銭湯系。
熱湯(42℃)と温湯(39℃)の2浴槽
ab27f61d-s
fceb02e1-s
e82323e2-s

db2c8db0-s
溢れたお湯の排水孔、気持ちが良いくらい流れています。
d845654e-s
露天風呂は混合浴槽と低温泉
0cad226d-s
1d6c6130-s
タイルが剥がれていて修理もしていない、源泉のカランが安定しない、等々、突っ込みどころ満載ですが。
相変わらず素晴らしい泉質、また訪れるでしょう。

本日のP泊地は道の駅おだいとう。
夕食は、つみれ鍋(市販のつみれ2種、かじかと北寄)、鶏肝煮、茹でホワイトアスパラ、G7。
北海道のスーパーのつみれ、安くて美味しく、種類も豊富で、鍋種に最適です。
KIMG1759
ご馳走様でした。

道の駅香りの里たきのうえ(06:40)⇒紋別市まきばの広場パークゴルフ場(07:20)⇒道の駅おんねゆ温泉(19:15)

道の駅香りの里たきのうえの朝

KIMG1625
今朝はちょっと冷え込みました。
中断は本体の居室の温度・湿度、下段左は冷蔵庫、中央は外気、右はベッド下のラッゲージです。
KIMG1626
道の駅北オホーツクはまとんべつの「こんがり堂」のパン、目玉焼き&ウインナ、珈琲。
パンは翌日で少し硬くなっていますが、小麦の香り良くなかなか美味しいです。
10時の開店で買って、そのままブランチで頂くのが一番でしょうか。
1557612011626
ご馳走様でした。

本日は「紋別市まきばの広場パークゴルフ場」(8コース72H、無料、NPGA公認コース)で一日遊ぶ予定です。
管理棟で受付をします。
一回受付をすれば3枚の利用券が渡され、次回から2回はその都度利用券をボックスに入れればよいといったシステムです。
KIMG1627
約64,000平方メートルで8コース72Hの広大なパークゴルフ場、ラベンダーとハマナスに各4コース、休屋やトイレのある所から各コースのスタート地点があって、無駄が無く、また空いているコースが選ぶことが出来るというとても合理的なコースレイアウトです。
KIMG1628
KIMG1629
ラベンダーコースはフラットで素直なコースが多く、思い切り打つことができるホールが多いですね。
フェアウェイとラフトとグリーンは明確に刈り込まれていて、ラフは少し深めです。
KIMG1631
今日はラベンダーもハマナスも大会が行われているのですが、コースが多いのとコースレイアウトの上手くできているのと、もう一つ大会に出るくらいの人が揃っているので、然程渋滞することはありません。
KIMG1635
99mラベンダーD-5の99mパー5、多分ナイスショット?
KIMG1638
シーズン初めなので芝が少し薄い所もありますが、夏になれば綺麗に生え揃うでしょう。
KIMG1645
管理棟で少し休憩
KIMG1643
KIMG1642
北海道らしいですね。
KIMG1649
雲が切れて青空が広がってきました。
KIMG1655
KIMG1651
ハマナスは打ち上げ、打ち下ろし、大きなアンジュレーションや砲台グリーンがあったりと、変化が富んでいるコースが多いですね。
KIMG1656
おまけ、管理棟のトイレの、なかなかのセンスです。
KIMG1639
KIMG1641
KIMG1640

7ハマナスは3回、ラベンダーは2回廻って、延べ20コース180H、今まで1日の最大ラウンド数は19コースなので、記録更新です。
07:30~15:00、途中昼食や休憩を摂ったので、正味6時間強でよくラウンドしました。
本日の平均スコア、ハマナスA:-1.6・B:-3.0・C:-2.3・D:-2.0、ラベンダーA:-2.0、・B:-1.0・C:-4.5、D-3.0、総合:-2.4。
このコースは2018年の7月に2回訪れていて、評価は、①規模:5、②整備状況:5、③面白さ:5、④料金:5、⑤環境/設備:5、⑥総合:5.0、堂々の一位です。
シーズン初めでコースコンディションは完全ではありませんが、この評価は変わりません。
また訪れますね、その時は各コース3回、延べ24コースを目指しましょう。

「櫻林No.49:かみゆうべつチューリップ公園の櫻(ヤエザクラ、北海道湧別町、入場料500円)」、咲き始め。
温根湯に移動中、チューリップ公園に通り掛り、チューリップが綺麗に咲いていたので寄ったところ、公園の外周に八重櫻が咲いていたので、無理やりですが櫻林としました。
昨日の芝桜との競演に引き続き、今日はチューリップと躑躅との競演ですね。
KIMG1663
KIMG1662
チューリップは蕾が多く2分咲きぐらいです。
KIMG1661
風車や周りの洋風の建物と合って、なかなかの雰囲気です。
KIMG1664
KIMG1666
巨大なムスクの花畑
KIMG1669
鮮やすぎる紫、見つめるとクラクラします。
KIMG1668
KIMG1671
こんな花畑初めて、良い物を観ましたね。
KIMG1674

本日の温泉入浴は温根湯温泉郷のポン湯温泉の三光荘(500円)。
昨年初めて訪れて気に入り2回、そして今日で3回目ですね。
KIMG1675
KIMG1433
KIMG1434
アルカリ性単純温泉(アルカリ性低張性(高)温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:43/39and42/38、無色透明・硫化水素臭・無味・ヌルンツルン・古風温泉旅館系
温めのお湯にゆっくり浸かって、パークゴルフで疲れた体を解しました。

今日のP泊地の道の駅おんねゆ温泉へ。
正面に見える円錐形の綺麗な山は、調べてみると北見富士、成程なな山名です。
KIMG1679
夕食は、牛肉の甘辛炒めのレタス添え、良く寝たシリーズのキタアカリの蒸かし芋のイカ塩辛添え、茹でホワイトアスパラ、〆鯖とG7。
KIMG1687
今日も北海道らしい食材を頂きました。
ご馳走様でした。

続きを読む

道の駅北オホーツクはまとんべつ(10:45)⇒道の駅香りの里たきのうえ(17:15)

道の駅北オホーツクはまとんべつ、昨日来の雨が降り続いています。
1557612036344
KIMG1587
朝はゆっくりしてblogやFBの投稿等を少し片付けました。

昨日の夕刻に道の駅を訪れた時、パン屋さんの「こんがり堂」で「本日のパンは完売しました」という張り紙があり調べてみると、開店するとあっという間にパンが売り切れてしまう人気店とのこと。
10時開店なので行ってみることに。
早朝には車が殆ど居なかった駐車場に結構な車が停まり、店にもお客さんの列が並んでいました。
1557612029477
開店すると開店時に陳列されていたパンがどんどん売れて、30分後には殆ど無くなりました。
我が家も5種類のパンを購入。
1557612042350
おやつにクロワッサンを頂くととても美味しい。
残りのパンは明日の朝頂きましょう、楽しみです。
KIMG1588

ウスタイベ千畳岩キャンプ場で昼食でも作ろうかと寄ったら、6月1日開設で水場などの施設が閉まったままでした。
KIMG1590
この旅で数えきれないほど作った立ち喰い風天婦羅そば、飽きているはずなのに、食べれる不思議です。
KIMG1591

オホーツクを南下、雨が上がり雲が少し切れてきました。
KIMG1592

紋別市の南の滝上町へ。
目的は芝櫻滝上公園の櫻を観るためです。
「櫻林No.48:芝櫻滝上公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道滝上町、入場料500円)」、散り始めから散り掛け。
櫻と芝櫻の競演がお目当てなのですが、櫻が満開の時くらいに芝櫻が咲く始めるので、残念ながら満開が重なることはありません。
芝櫻は三分から四分咲でしょうか。
KIMG1595
KIMG1600
KIMG1601
KIMG1604
KIMG1603
こういうものを見ると鳴らさずにはいられない私です。
KIMG1608
この一角は良く咲いています。
KIMG1613
満開となるとこんな感じになるそうです。
KIMG1597

今夜のP泊地は、道の駅香りの里たきのうえ。
KIMG1621
夕食は帆立貝のバター焼きと焼き肉。
剥き帆立貝は少し小振りですが、この量で200円強、北海道は帆立が安くて食べる機会が多いです。
KIMG1623
今日も少し頂きました。
KIMG1624

道の駅ほっと♡はぼろ(09:30)⇒初山別(10:00)⇒稚内市(12:10)⇒宗谷岬(14:45)⇒浜頓別(16:15)

道の駅ほっと♡はぼろの朝、今にも降り出しそうな空色です。
KIMG1514
KIMG1512

オロロンラインを更に北上。
KIMG1518
KIMG1519

「櫻林No.46:遠別の富士見ヶ丘公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道遠別町、無料駐車場有)」、散り始めから散り掛け。
KIMG1521
櫻と白樺の新緑の競演、本州では滅多に見ることは無い風景です。
KIMG1523
KIMG1525
KIMG1526
KIMG1528

道の駅てしおで一休み。
KIMG1530
KIMG1529

稚内市に到着してお昼は「はるな屋」へ。
KIMG1532
十割もりそば(740円)、ちょっと太めですが綺麗に打たれています。
汁は塩分控えめの端麗ですが、出汁が良く利いています。
KIMG1536
たぬきそば(740円)、真っ当な手打ちの蕎麦屋さんではなかなか無いたぬきそば。
熱に負けない強い蕎麦、出汁が効いた掛け汁、油が殆ど浮かない揚げ玉、お手本のようなたぬきそば、美味しいです。
KIMG1533
KIMG1534
ご馳走様でした。

宗谷岬に行く前ですが、稚内市役所で「日本本土四極 最北端訪問・到達・出発証明書」を頂きました。
KIMG1537
これで、平成から令和を跨ぐ一つの旅で、四極の3つをゲットしました。
KIMG1539

「櫻林No.47:稚内公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道稚内市、無料駐車場有)」、散り始めから散り掛け。
最北の櫻の名所と謂われています。
KIMG1541
KIMG1543
KIMG1544

日本本土最北端の宗谷岬へ、日本本土の最北の櫻を探しに行きます。
KIMG1548
国道238号線から櫻を見ながら宗谷岬に向かうという超アナログな方法。
KIMG1547
宗谷岬まで2kmくらいの櫻が西側の最北でした。
KIMG1551
KIMG1554
宗谷岬の日本本土の最北端の碑
KIMG1555
KIMG1557
東側は歩いて調べると、直線距離で400m、南北で数10mくらいの所で、民家の庭の千島櫻を発見。
少なくとも私が観た最北の櫻でした。
KIMG1556

日本本土最北の櫻を観て、オホーツクライン\国道238号線を南下。
KIMG1559

浜猿払を右に折れてエサヌカ線へ。
有名な原野の一本道、初めて走ってみました。
熊笹の道
KIMG1566
KIMG1563
牧草の道
KIMG1568
KIMG1570
擦れ違ったのはこの一台だけでした。
KIMG1572

本日は「はまとんべつ温泉ウイング」で入浴。
KIMG1583

本日のP泊地は、2019年5月1日開設の「道の駅北オホーツクはまとんべつ」。
出来立てほやほや、こじんまりとした道の駅ですが、なかなか居心地が良さそうです。
KIMG1573
KIMG1574

本日の夕食は、蒸し青つぶ貝、ナメタガレイの煮付け、ジンギスカン、如何にも北海道!といったメニューですね。
KIMG1584
茹でないで蒸した青つぶ、これは美味しいです。
KIMG1586
ご馳走様でした。

旭川21世紀の森ふれあいキャンプ場(11:30)⇒東川町(12:15)⇒留萌(15:15)⇒苫前町(16:40)⇒道の駅ほっと♡はぼろ(17:30)

旭川21世紀の森ふれあいキャンプ場、良い天気です。
KIMG1464
満水のペーパンダム
KIMG1466

朝食前の食材採り。
KIMG1462
目的は蕗の薹です。
KIMG1461

今日の和朝食の味噌汁の具は、豆腐と蕗の薹、良い香りです。
KIMG1463
ご馳走様でした。

採ってきた大量の蕗の薹で、「ばっけみそ」作り。
刻んで、多めのサラダ油でさっと炒め、砂糖と味噌を加えて更に炒め、仕上げに胡麻油を回し掛け完成。
KIMG1468
北海道の蕗の薹で初めて作ってみました。
少し蕗の薹独特の香りが弱いように感じますが、美味しいです。
KIMG1469

今日も朝から、、「森せせらぎのパークゴルフ場」(2コース18H、無料)へ。
今日は我が家含めて3組でした。
KIMG1476
KIMG1472
KIMG1474
KIMG1470
大分水が抜けてボールが走るようになり、2回廻って延べ4コース36H、気持ち良くラウンドしました。
本日の平均スコア、東コース:-2.0、西コース:-1.0、総合:-1.5。
昨日とほとんど変わりません。

旭川21世紀の森ふれあいキャンプ場を出発して、留萌を目指します。

今日のお昼は東川町の「讃岐うどん 千幸」で。
KIMG1481
サービスの佃煮、出汁を採った後の鰹節や煮干しのリメイク、美味しいです。
KIMG1477
釜揚げうどんと煮ごぼうの天婦羅(750円)。
ふんわり柔らかいのですが、もち・つるの食感もあり美味しいです。
甘辛く炊き上げた太いごぼうをそのまま天婦羅、なかなかのインパクトです。
KIMG1478
ミニ豚どんと冷やしぶっかけセットとり天付き(1,100円)。
凄いボリューム、ちょっと目測を誤りましたね。
KIMG1479
冷やしぶっかけは、もち・しこ・つるん、讃岐うどん独特の食感、美味しいです。
何とか食べきってお腹一杯。
KIMG1480
ご馳走様でした。

留萌について駅前の駐車場にプレアデス号を停めて買い物へ。
KIMG1486
長田鮮魚店です。
KIMG1487
地の鮮度の良い魚が沢山。
KIMG1488
どれも安いのですが、ちょっと量も多く、また下ろすサービスが無いので、少々手が出し難いです。
結局、大きな黒ソイの半身(450円)を買うことに。
KIMG1489

留萌からはオロロンライン(国道232号線)を北上します。
KIMG1491
KIMG1493

苫前町に到着して、「櫻林No.46:古丹別緑ヶ丘公園の櫻(エゾヤマザクラと?、北海道苫前町、無料駐車場有)」、散り始めから散り掛け。
夕方でしかも雲が厚く少し暗いですね。
KIMG1495
KIMG1498
遠目にも白い櫻が。
KIMG1496
もしかしてと近寄って見ると、染井吉野です。
KIMG1497
ざっと見回すと3本の染井吉野がありました。
染井吉野の北限とされている美唄市の東明公園から120kmくらい北の地です。
NETで調べると、この公園の櫻は蝦夷山櫻と染井吉野と明記されてされていました。
私としては、染井吉野の北限は古丹別緑ヶ丘公園としましょう。

黒ソイの半身(尾を折ってパックしています)で刺身と鍋を。
KIMG1501
尾側の身を刺身にします。
半分に切って、上身側は皮目を軽く炙って焼き霜作り。
腹身側と脇腹の身は皮を引いて普通の刺身に。
残りの身はぶつ切りにして鍋の身にしました。
KIMG1504
本日の夕食の黒ソイ尽くし。
奥の大根のスティックは今朝作った「ばっけみそ」で頂きます。
KIMG1505
刺身、脂が乗っています。
脇身は特に脂が乗って美味しい
KIMG1506
焼き霜作り、焼いた皮の食感と旨味が美味しいです。
KIMG1507
黒ソイ鍋、魚というより鶏のような食感と旨味です。
KIMG1508
黒ソイもこの大きさになると、何か別物みたいになりますね。
ご馳走様でした。

道の駅あさひかわ(12:15⇒旭山公園(12:45)⇒旭川21世紀の森ふれあいキャンプ場(13:50)

道の駅あさひかわの朝
KIMG1405
珍しくコンビニのオニギリ(auのスマートパスのプレゼント)の朝食。
KIMG1404

午前中はblogやFBの投稿を片付けゆっくりしました。
お昼は旭川ラーメンの「天金 四条店」へ、道の駅から歩いて行きました
KIMG1414
KIMG1409
醤油ラーメン(700円)と味噌野菜ラーメン(800円)と山わさびご飯(180円)
KIMG1410
普通に美味しいのですが、東北(特に福島・山形・青森)のラーメンが好きな私には、単調で物足りなく感じます。
ここは旭川ラーメンで食べログ上一番高い店で、同じく旭川ラーメンの名店とされる二軒にも行きましたが、同じような感じです。
KIMG1412
ご馳走様でした。

旭山公園、旭山動物園の隣です。
雲が垂れ込め、寒いです。
「櫻林No.45:旭山公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道旭川市、無料駐車場有)」、散り始めから散り掛け。
KIMG1416
蝦夷山櫻の古木が咲き揃っています。
KIMG1427
KIMG1426
櫻とダケカンバの新緑、なかなか良い組み合わせですね。
KIMG1429
足元をみればカタクリが、綺麗と同時に美味しそうと思うようになってしまいました。
KIMG1424
この花もよく見るのですが、何でしょうかね?
「エゾエンゴサク」、NETで「北海道 春 青い花」で調べたら一番に出てきました。
KIMG1425
ここにもジンパ用の消し炭壺です。
KIMG1418

本日のP泊地の「旭川21世紀の森ふれあいキャンプ場」へ。
旭川市街から大雪山方面へ20km、道には未だ雪が残っています。
KIMG1445

キャンプ場の管理棟に到着。
北海道を旅するキャンパーの聖地、旭川21世紀の森。
此処は、キャンプ場や併設の温泉やパークゴルフ場も無料、そして分別すればゴミ捨ても可能と、天国のようなキャンプ場です。
KIMG1430

早速、「森せせらぎのパークゴルフ場」(2コース18H、無料)へ。
昨年、パークゴルフを始めた当初3回訪れて、今日で4回目ですね。
KIMG1431
立派な管理棟
KIMG1432
ペーパンダムの下、綺麗に整備されて、平坦ですが結構変化に富んだホールもあってなかなか面白いコースです。
キャンプ場に滞在して行うアクテビティとしては最高ですね。
KIMG1433
KIMG1443
東コースの第3番、ダムに向かって打て!!、ですね。
KIMG1434
KIMG1436
傍にクリークが流れるホールもあります。
KIMG1440
どんぶらこどんぶらことボールが・・・、ははは、私のボールです。
KIMG1441
雨上りで水たまりもあるコンディションでしたが、2回廻って延べ4コース36H、楽しくラウンドしました。
本日の平均スコア、東コース:-2.0、西コース:-1.0、総合:-1.5。
前回のスコアをよく覚えていないのですが、上手くなったという感覚は、残念ながらありません

パークゴルフのあとは「森の湯」へ。
KIMG1448
シンプルで美しい浴槽を独り占め。
KIMG1449
KIMG1450
KIMG1451
bdafb82e
カルシウム/ナトリウム-硫酸塩泉(アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:40/39、無色透明・微硫化水素臭・微苦味・ツルスベ・共同浴場系。

本日の夕食は、網走産の浅利の酒蒸しと道産の槍烏賊の刺身。
道東の浅利、大きくて旨味が強く、我が家の大好物です。
盛期(春遅くから夏?)に比べると値段は大分高いのですが、これで250円と安いです。
KIMG1456
手作り餃子は、焼きがあまり奇麗でないのですが、先ず先ずの出来で美味しく頂きました。
KIMG1457
今日は食事の後、久々にバーボンのソーダ割を頂きました。
KIMG1458
ご馳走様でした。

道の駅つるぬま(09:45)⇒にわ山森林自然公園(10:15)⇒旭川(13:30)

和朝食、目玉焼き&ウインナ、紫蘇味噌、自家製小女子の釘煮(久々で作ってから冷蔵2ヶ月、味は変わりません)、甘塩鮭かま焼き。
KIMG1340
ご馳走様でした。

「櫻林No.44:にわ山森林自然公園の櫻(エゾヤマザクラ、北海道奈井江町、無料駐車場有)」、満開。
小高い山を登っていきます。
KIMG1342
蝦夷山櫻と萌黄色の新緑がパッチワークのようで綺麗です。
KIMG1343
見事な蝦夷山櫻の並木道です。
KIMG1344
KIMG1355
展望台に居た?MONSTER-Wolf、定期的に目を光らせながら吠えて、羆や櫻の芽を食べにくる鹿を追い払うそうです。
KIMG1360
KIMG1359
まだ雪が残る樺山山塊
KIMG1361
KIMG1362
レンギョウも咲いています。
KIMG1347
KIMG1348
KIMG1353
少し櫻の斜面を降りていくと露天掘りの炭鉱跡に、白い櫻が。
KIMG1351
染井吉野ですね。
染井吉野の北限とされる東明公園の10km程北です。
勿論こういうこともあるでしょうが、これから温暖化が進めば日本本土から染井吉野の北限が無くなる日も近いかもしれませんね。
KIMG1349

シゲキックスの”チコちゃんに叱られる ボーっと生きてんじゃねーよ!"バージョン、シャキっとしますね。
KIMG1367

旭川市では色々と用事があります。
先ずは男山酒造で日本酒の購入と宮水の給水。
旭川市を訪れると、此処を避けて通ることはできませんね。
KIMG1374
北海道の飲み水給水の定番中の定番、本当に助かります。
KIMG1372
ちょっと高級な日本酒を購入しました。
何かお祝いの時に飲もうと思います。
KIMG1408
二つ目はプレアデス号のオイル交換。
ぼーっとしていたら走行距離が9,000kmを越えてしまって、慌ててトヨペット旭川大雪国道店でお願いしました。
KIMG1375
三つめはホーマックで、パークゴルフのボールの購入。
北海道に着いたら、カラフルでちょっと高級なボールを買おうと思っていました。
KIMG1406
昨年買って今使っているボールの倍のお値段、なかなか良い感じ、よく飛んだりして?、それは無いか。

今日のP泊地の道の駅あさひかわ、GW中は凄かったのでしょうが、今は静かです。
KIMG1376

旭川市内で泊まれば、行かずに通り過ぎることが出来ない外飲みへ。
2018年2月、2018年7月に引き続き3回目です。
KIMG1377
道の駅から歩いて、旭川市の繁華街へ。
KIMG1378
繁華街の外れにその店はあります。
KIMG1379
旭川ホルモンの発祥の店と謂われる「馬場ホルモン」です。
一軒目はこの店で、3回の皆勤賞?です。
KIMG1380
開店後30分で我が家を含め3組、今日は静かですね。
ここはメニューがありません。
店の方から飲み物を聞かれ、飲み物(サッポロクラシック中瓶他)を頼むと、飲み物と自動的に人数分の豚のミックスホルモンが出てきます。
初めては戸惑うのですが、飲み物とミックスホルモンのみという潔いメニューで、とてもシンプルなシステムです。
KIMG1381
ミックスホルモンとサービスの付け合わせの玉葱とかんかんに火が起きたカンテキ
KIMG1382
ガツ、チレ、マルチョウ・・・、5種類とのことですが判りません。
KIMG1383
ホルモンは塩味と旨味調味料でしっかりと味付けされていて、焼ければそのまま口に放り込むだけです。
結構な量があるのですが、思ったより軽く、不思議と飽きがこなくて、いくらでも食べれます。
またこの玉葱が美味しく良い口直しになっています。
KIMG1384
軽くのつもりが、ホルモン4人前(お代わり2人前)にビール2本とハイボール1杯としっかり頂きました。
これで3,000円強、次回の旭川の外飲みも一軒目はここですね。
やはり、一軒目としてはホルモン3人前までが良いかな(ん?、変わらないか・・・)。

さて二軒目は「居酒屋 天金」、18時前でまだ明るいです。
前二回の二軒目は、「ぎんねこ」と「独酌 三四郎」と銘店続きです。
KIMG1385
ビールは充分飲んだので、日本酒を。
男山酒造と並ぶ旭川の銘醸の「高砂酒造」の特別純米酒と純米吟醸生酒。
香り高く甘酸のバランス良く、我が家の好みど真ん中、美味しい。
KIMG1386
毛蟹の足とじゃが芋の味噌汁、変わった突き出しですが美味しい。
KIMG1390
厚岸の生牡蠣、爽やかな味わいです。
北海道の牡蠣を食べると、西の方がより濃厚な牡蠣の風味があるように感じます。
KIMG1387
KIMG1389
美味しい、独活の葉の天婦羅、山菜の王様の一番の食べ方だと思います。
KIMG1391
キタアカリのじゃがバタ塩辛添え、塩辛が加わると、とても良い酒の摘みになります。
KIMG1392
KIMG1393
塩水雲丹、はぁ~美味しい。
KIMG1394
〆の握り、中とろ、生北寄回、締め鯖、どれも美味しいのですが、締め鯖が絶品。


KIMG1395
6,000円弱のお勘定。
如何に居酒屋と謂った品からちょっと変わった洋風のものまで、おもしろそうなメニューです。
二軒目の三軒中、一番、次回悩みそうです。

北の日暮れは遅いですね、漸く暮れかけた街を道の駅へ向かって歩きます。
KIMG1396
今日の入浴は、2018年2月の時に外飲みの帰りに寄った銭湯の「金栄湯」。
KIMG1397
私独りだったので、写真を撮りました。
こじんまりとしてますが、綺麗で気持ちの良い脱衣場と浴室です。
KIMG1398
KIMG1400
43℃くらいのきりっと熱いお湯が気持ち良いですね。
KIMG1401
KIMG1403
KIMG1402
ゆっくり温まって、道の駅まで帰りました。

道の駅しんしのつ(10:30)⇒美唄市(11:30)⇒道の駅つるぬま(16:30)

毎日、変わり映えしない写真が続きます。
洋朝食は、目玉焼き&ウインナ、ちょこっと野菜、オリーブオイル付きバケットと珈琲。
KIMG1305

朝ゆっくりととして、溜まったblogの入力とFBの「キャンピングカー倶楽部」への投稿等を行い、美唄市へ移動。

「櫻林No.42:東明公園の櫻(ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、北海道美唄市、無料駐車場有)」、満開から散り始まり。
染井吉野の北限とされている櫻林で、これ以北の櫻は蝦夷山櫻と千島櫻となり、この櫻旅の一つの区切りとなります。
染井吉野の古木の櫻並木
KIMG1308
小高い丘に登りました。
KIMG1310
KIMG1319
スペースカリオンという鉄塔が立っていて、100段の階段を上ると、染井吉野の櫻林と雪の残る山並みが。
KIMG1317
美唄の街並み
KIMG1318
蝦夷山櫻も満開です。
KIMG1311
前からやってみたかった、北海道の春の定番お楽しみ、お花見ジンパに挑戦。
風裏の櫻の下で店を広げて、運河亭の味付けジンギスカンとシロコロホルモンと野菜(玉葱とキャベツ)をコンロとフライパンで焼きます。
KIMG1312
ビールを飲みたいところですが、酢橘果汁炭酸で我慢です
KIMG1313
KIMG1316
KIMG1315
美味しく頂きました。
念願叶って満足です。

美唄市はもう一箇所訪れました。
安田侃彫刻美術館アルテピアッツア美唄」、昨年8月の北海道の夏旅で立ちより、とても気に入りました。
その時に櫻を見掛けたので、お花見アート?がお目当てです。
それにしても美しい美術館、これを無料で開放している美唄市はなかなか志が高いですね。
「櫻林No.43:安田侃彫刻美術館アルテピアッツァ美唄の櫻(ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、北海道美唄市、無料駐車場有)」、満開。
KIMG1335
作品の真ん中に染井吉野と蝦夷山櫻、というように作品と櫻が写るように撮ってみました。
KIMG1321
KIMG1322
品種の判らない櫻
KIMG1323
KIMG1328
KIMG1327
KIMG1326
KIMG1330
KIMG1333
KIMG1331
KIMG1332
KIMG1334
お花見アート、まあ何とかそれらしくなりましたでしょうか?

道の駅つるぬまでP泊。
夕食は、豚肩ロースのトンテキ風、水蛸のぶつ、鱈のじゃっぱ汁。
酷いピンボケ、このスマホのカメラは湯気が立っていると、ピンボケする傾向があります。
KIMG1338
薄めの味噌味仕立ての鱈のじゃっぱ汁(あら汁)、これを食べると北海道に来た感があります。
KIMG1339
ご馳走様でした。

道の駅むかわ四季の館(06:15)⇒日高町静内町(07:30)⇒道の駅しんしのつ(19:30)

今日は和朝食、焼き鮭かま、辛子明太子、燻りがっこ、温泉卵、とちょっと豪華。
KIMG1264
ご馳走様でした。

ひだか町辺り、周りは競走馬の牧場が続きます。
KIMG1267
KIMG1268

「櫻林No.41:二十間道路櫻並木(エゾヤマザクラ、北海道ひだか町、無料駐車場有)」、満開。
ひだか町静内町の広域農道?の8km及ぶエゾヤマザクラの櫻並木です。
KIMG1270
櫻並木と道路の間に駐車できるのですが、停めた本人が言うのも何ですが、櫻の木立の根本が見えず、折角の景色が損なわれますね
KIMG1280

シルバK&H号で櫻並木を走ります。
KIMG1279
KIMG1276
KIMG1287
櫻祭り会場で一休み
KIMG1281
KIMG1282
静内農業高校のブースに長い行列ができていたので並んで、ヨーグルト飲料(プレーン、110円)、珈琲牛乳(100円)、ミニトマトジャムとなんばん黒味噌・激辛(各120円)、ウインナ4本とベーコン80g(各200円)を購入。
飲み物と焼きウインナ&ベーコンを頂きましたが、とても美味しい。
思わずベーコンとウインナは市販されてますか?と聞くと、定期的に作ってその都度頒布するとのこと、うーん残念!!!
KIMG1283
素晴らしい天気、気持ちの良い花見でした。
KIMG1290

近くの「ヒルズパークゴルフ場」(4コース36H、300円/1日、NGPA公認)で、軽くラウンドすることに。
なかなか立派な管理棟兼クラブハウスです。
KIMG1295
KIMG1296
北海道らしい広大なホール
KIMG1298
深いラフに入れると脱出が難しく、フェアウェイも余り刈り込んでなくボールも走らず、結構な距離の打ち上げのホールもというような状態で、非力なヘボ打ちではスコアが纏まりません。
KIMG1302
1557183990926
林間コースも数ホールあって、見た目簡単そうでいて複雑なレイアウト、砲台グリーンから10m以上も転げ落ちる等、ギブアップのホールも。
1557183982285
変に富んでいてなかな面白いコース、A・C・Dは2回、Bは3回、延べ10コース90H、良い運動になりました。
スコアは、A:+6.5、B:+4.3、C:+4.5、D:+4.5と歯が立ちません。
ラフに入れない正確なショット、走らない長距離の打ち上げには上げ玉打ちの技術が必要ですね。
さて恒例の評価ですが、①規模:3、②整備状況:3、③面白さ:4、④料金:4、⑤環境/設備:3、⑥総合:3.4、です。

ひだか町から道央方面に戻って、道の駅しんしのつを目指します。
KIMG1303

道の駅しんしのつに到着して、直ぐ傍の「たっぷの湯」(500円)に入浴。
たっぷの湯の写真はNETから拝借。
shinshinotu2
ジャグジーやバブルバスの浴槽ですが、源泉掛け流しとのことです。
shinshinotu13
露天風呂もあります。
shinshinotu7
ナトリウム-塩化物泉(高張性中性高温泉)・無加水加熱?源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:42?/42and40・淡黄色微濁・無臭・強塩味・サラスベ・公共日帰り宿泊併設系

夕食は、刺身(ミックス)、生若芽サラダ、豚肩ロースの低温調理、水餃子鍋(ノカンゾウの芽)。
KIMG1304
ご馳走様でした。

東大沼公園キャンプ場(07:00)⇒道の駅YOU・遊・もり(07:20)⇒道の駅むかわ四季の館(17:30)

東大沼公園キャンプ場でSさんご夫妻とお別れして、道央方面へ走り、道の駅YOU・遊・もりに到着。
KIMG1237
「櫻林No.40:森町オニウシ公園の櫻(ソメイヨシノ、エゾヤマザクラ、北海道森町、道の駅の駐車場)」、満開。
KIMG1227
KIMG1225
KIMG1226
KIMG1228
堀井緋櫻という品種、なかなか鮮やかな花色です。
KIMG1229
見たことのない櫻もあるのですが、判りません。
KIMG1231
KIMG1232
とても美しい染井吉野の古木です。
KIMG1233
KIMG1234
KIMG1236
櫻をみてから朝食を、少し体を動かすと本当に美味しいですね。
KIMG1238
ご馳走様でした。

噴火湾に浮かぶ羊蹄山、左端で目を凝らさないと見えませんね
KIMG1243

本日の温泉は「長万部温泉ホテル」(440円)、ほぼ朝風呂です。
KIMG1248
浴室の写真はNETから拝借。
oshamanbe-spa-025
ナトリウム-塩化物(高張性アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:49.6/43and41・淡黄色透明・微石油臭・塩味・ヌルツル・温泉旅館系
昨年の夏に訪れて、気に入り再訪です。
この旅館は食事が良いことも有名で、一度毛蟹の良い季節に宿泊したいと思うのですが、キャンピングカーだとなかなか泊まる機会が設けられないですね。

洞爺湖からの羊蹄山、今度ははっきりと見えます。
KIMG1251

道の駅そうべつ情報館iのエコステーションで、溜まった生ゴミを引き取って貰って(10L×2で30円×2)、資源ゴミの空き瓶(12本どんだけ飲むんじゃい)も処分しました。
エコステーションは本当に助かりますね。
お昼は、今日も立ち喰いそば風天婦羅そばの葱ダク、まあよくも飽きもせずに、ですね。
KIMG1252
ご馳走様でした。

「一本櫻No.146:崎守町の一本櫻(エゾヤマザクラ、樹齢不詳、北海道伊達市、駐車場なし)」、咲き具合?。
未だ咲き始めなのか?、それとも樹勢衰えて花付き僅かなのか?、遠くて判りません。
KIMG1253

次の櫻まで細いダート道を案内されてしまいました。
KIMG1254
「一本櫻No.147:幌萌の大山櫻(エゾヤマザクラ、樹齢220年、北海道伊達市、無料駐車場有)」、五分咲き。
胆振地方の最大の櫻、まだ五分咲きで満開になれば華やかな風景となるでしょう。
KIMG1256

東に走って本日のP泊は、道の駅むかわ四季の館。
ゴールデンウィークの後半、道の駅も混んでますね。
KIMG1259
KIMG1258
夕食は、水蛸と生若芽のしゃぶしゃぶにノカンゾウの芽、鶏と茸の炒め物。
ノカンゾウの芽、初めて食べましたが、仄かな甘みがあってなかなか美味しいです。
KIMG1260
身がが厚い生若芽、こりっと歯応え良く、磯の香りが強くて、これは美味しい。
KIMG1261
KIMG1262
KIMG1263
ご馳走様でした。

函館市内(08:20)⇒北斗市(09:00)⇒七飯町(11:15)⇒東大沼キャンプ場(13:30)

今日は洋朝食、胡桃パンと目玉焼きウインナ添え、ちょこっと野菜と珈琲と林檎。
林檎は道の駅しちのへの物産館で買った激安のフジです。
KIMG1183

今日は北斗市の櫻巡りです。
「一本櫻No.145:法亀寺の枝垂櫻(シダレザクラ、樹齢300年、北海道北斗市、無料駐車場有)」、満開。
KIMG1185
何処から見ても均整のとれた美しい枝垂櫻。
樹齢300年の古木でありながら樹勢盛ん、溢れるような見事な花付きです。
枝垂櫻は江戸彼岸の枝垂れる変異で、江戸彼岸は青森辺りが生育北限に近く、北海道で樹齢が100年を超える銘木は、この櫻一本だそうです。
枝垂櫻の銘木の北限ですね。
KIMG1186
KIMG1190
KIMG1193

「櫻林No.38:大野川沿いの櫻並木(ソメイヨシノ、北海道北斗市、無料駐車場有)」、満開。
1959年のご成婚記念で植樹されたので樹齢60年以上、短いのですがなかなか美しい櫻並木でした。
KIMG1195
KIMG1196
KIMG1198
KIMG1199

「櫻林No.39:松前藩辺切地陣屋後の櫻並木(ソメイヨシノ、北海道北斗市、無料駐車場有)」、満開。
日露戦争の戦勝記念で植樹されたということで、110年以上経っている櫻も残っているのでしょうね。
KIMG1200
800mの櫻並木が続きます。
KIMG1202
KIMG1203
KIMG1205
KIMG1206

お昼は早めにラッキーピエロ峠下総本店でと思って寄ってみましたが、とんでもない行列で退散。
KIMG1211
Uターンして久々に昆布館に立ち寄ったら、此処もお客さんでごった返していました。
KIMG1212
KIMG1213
KIMG1214
というような訳で、七飯町のセイコーマートのホットシェフでお昼を頂くことに。
KIMG1215
カツカレーと温玉豚丼、この旅初めてのホットシェフ。
KIMG1216
手軽で美味しく安い、ご馳走様でした。

この日は東大沼キャンプ場の駐車場で、山形県在住のキャンピングカー倶楽部のSさんと待ち合わせて夕食会を予定していました。
ちょっと早めに着いたら、激混み、ゴールデンウィークの人気無料キャンプ場を甘く見ていました。
KIMG1217

激混みの駐車場に滑り込み、函館ナンバーの街宣車兼?超巨大バスコンのことや色々とありましたが、先ずは再会を祝して乾杯。
持ち寄り料理は、ボタン海老と帆立の刺身、根曲竹のホイル焼き、厚岸産の浅利酒蒸し、水蛸のカルパッチョとアヒージョ、豚肩ロースの低温調理等々、とても味も見栄えも良い料理だったのに、撮影せずに食べてしまい、写真無しはいつものパターンです
宴もたけなわで現れた「朝日町ワインのデラウェアとナイアガラのスパークリング」。
独特の強い甘みと香り高いナイアガラ、きりっと辛口で爽やかなデラウエア、とても美味しいです。
KIMG1218
コルク栓ではなく、珍しや打栓、初めて見ました。
KIMG1219
美味しくて然程時間が掛からず、2本が空に。
次は「えぞの誉 黒米入り活性酒(生どぶろく)」、これまた好みど真ん中です。
KIMG1222
此方も、空に。
最初にビール少々、その後にセイコーマートのワンコインスパークリングを一本飲んでいるので、スパーリングワインのフルボトル3本に日本酒900mL1本、締めて3.2L、Sご両家、自分で言うのも何ですが、なかなかの酒豪揃いです。
持ち寄り宴会でこんなに飲んだのは初めてですが、沢山食べて一杯話して大笑いしながら頂いたせいか、翌朝は殆ど痕跡を感じないくらいでした。
Sさんご夫妻、有難うございました。

道の駅しりうち(07:30)⇒函館市内(09:00)

朝食はトマトリゾット風と温泉卵、昨日の鍋の汁とトマトジュースとクリームチーズでリメイクですが、結構美味しいです。
KIMG1124
ご馳走様でした。

札苅村上芝桜園という看板で立ち寄りました。
KIMG1125
村上さん個人で作られている芝桜縁園、なかなか見事です。
KIMG1126
KIMG1127

函館市内に戻り、五稜郭公園から1.5kmくらい離れたコインパーキングにプレアデス号を停めて、シルバK&H号で五稜郭公園へ。
「櫻林No.37:五稜郭公園の櫻(ソメイヨシノ、ベニシダレザクラ、北海道函館市、有料駐車場有)」、満開。
KIMG1131
花見席が沢山
KIMG1132
「一本櫻No.144:五稜郭南西の城壁の桜[仮称](ソメイヨシノ、樹齢不詳、北海道函館市、有料駐車場有)」、満開。
五稜郭公園の南の入り口の右手の大きくてなかなか風格のある染井吉野です。
大木が揃う公園の中でも一際大きく目立っています。
KIMG1130
四方に枝を大きく伸ばし、樹勢盛んで、見事な花付き。
KIMG1133
公園の染井吉野は大正3年(1914年)から植樹されたとのことで、その一本、樹齢は105年かもしれません。
KIMG1136

KIMG1141
五稜郭の内側の土塁?の上を一周していくと、上下の幾重にも重なる櫻に挟まれて、まるで櫻の雲の中を歩いているような感覚に。
KIMG1142
KIMG1144

KIMG1146
KIMG1147
KIMG1149
櫻に向かって跳べ、というような写真を撮りたかったのですが、上手く撮れません。
済みません、お疲れ様でした。
KIMG1161_12
この時期、五稜郭の外側の櫻林では火が使えます。
お花見ジンパですね。
KIMG1134
消し炭いれの壺まで用意されていて、さすが北海道です。
KIMG1167
公園脇の六花亭で休憩。
KIMG1168
レジカウンターの後ろが巨大な窓になって、まるで一服の絵のようです。
KIMG1170
花見団子を買って、五稜郭タワーの1Fの休憩スペースで頂きました。
KIMG1172

帰り道、偶然見つけた「ビセラショップ」、内臓専門店、そそりますね。
豚の味付けテッポウと生ラム肩ロースの小さなブロックを買いました。
KIMG1173

お昼は、この旅でもう数えきれない立ち喰いそば風天婦羅うどん、今日は葱ダクで。
KIMG1175
KIMG1179
ご馳走様でした。

午後は雨交じりの強い西風がびゅうびゅうと吹いて、プレアデス号に閉じ籠っていました。
少し雨風が収まったら谷地頭温泉まで歩いて行こかと考えたのですが、収まる気配もなく歩いて直ぐの銭湯「桜成浴場センター」へ。
午後早いのに地元のお客さんが沢山。
綺麗な銭湯でゆっくりと温まり、帰ってお昼寝でした。
KIMG1180

夕食はビセラショップで買った味付け豚テッポウと生ラム肩ロース、地の甘エビ刺身。
KIMG1181
たっぷりの野菜と焼いて頂きます。
KIMG1182
ご馳走様でした。

青森フェリーターミナル(05:20)⇒函館市(09:00)⇒松前町(11:45)⇒道の駅しりうち(17:30)

05:20発の津軽海峡フェリーで函館に向かいます。
激混みで、並ぶのが少し遅くなったら、客室は一杯でロビーの椅子席で過ごしました。
KIMG1082
下船の際はポールポジション、青函航路は10回目ですが、初めてです。
KIMG1083
櫻旅の最後の都道府県の北海道に辿り着きました。
KIMG1087

松前公園を目指して国道228を走り、上磯の最後のハセガワストアで花見で定番の「やきとり弁当」を購入。
KIMG1089

松前城から1.5kmくらいの無料駐車場にプレアデス号を停めて、シルバK&H号で向かい、松前城の北方の櫻見本園辺りから入園。
「櫻林No.36:松前城の櫻(ソメイヨシノ、南殿(ナデン)、雨宿(アマヤドリ)等、北海道松前町、少し離れた所に無料駐車場有)」、満開。
KIMG1091
KIMG1092
その一画に、新元号記念植樹として今日植樹した奈良八重櫻がありました。
KIMG1093
KIMG1094
KIMG1095
KIMG1096
KIMG1104
KIMG1103

お昼になったので、ハセガワストアのやきとり弁当(ミックス:タレ+塩+旨辛、490円)を頂きます。
KIMG1097
櫻を観ながらやきとり弁当、函館(近辺)の花見の弁当はこれですね!!!
ミックスは初めてですが、味の変化があって楽しいです。
特に旨辛(キムチ味)が美味しい。
KIMG1098
ご馳走様でした。

染井吉野は満開から散り始め
KIMG1108
光善寺
KIMG1109
「一本櫻No.140:血脈櫻(南殿、樹齢280年、北海道、無料駐車場有)」、満開。
-血脈櫻の謂われ-
「血脈(けちみゃく)とは、死んだ人が仏になれるようにお坊さんが与える書付のこと。光善寺の18代住職の時、本堂の改修に桜を切り倒すことになったある夜、「わたくしの命は間もなく消え失せます」と血脈を乞う 美しい女性が訪れた。不思議に思いつつ授け、朝を迎えると、桜の高い枝に白い封書が揺れている。血脈だ。さては桜の精だったかと住職は胸を打たれ、直ちに伐採を中止し、盛大に供養を行い、血脈の名が付けられたという伝説がある。
咲き始めは白っぽく、日を追うにつれ、血が通うかのように花びらに赤みがさすといい、満開から2~3日後が一番良いという。」

KIMG1110
松前城の天守閣
1556871345192
1556871325815
1556871421258
南殿の櫻林
1556871340130
1556871356594
1556871413329

「櫻前線本道上陸標準木 品種 染井吉野」とありました。
「一本櫻No.141:櫻前線本道上陸標準木(ソメイヨシノ、樹齢不詳、北海道、無料駐車場有)」、満開。
1556871365915

「一本櫻No.142:天神坂夫婦櫻(台木: 染井吉野、穂木: 南殿、樹齢80年余、北海道、無料駐車場有)」、満開。
白い一重の染井吉野と濃紅の八重の南殿が一本の木で咲き揃うという珍しい櫻です。
左が染井吉野、右が南殿ですね。
1556871373053
1557003182481

「一本櫻No.143:北東石垣のアマヤドリ(雨宿、樹齢70年、北海道、無料駐車場有)」、二分咲き。
1556871406971
蕾は薄紅、咲くと真っ白の八重桜、可憐な櫻です。
1557003166218

本日の温泉入浴は「知内温泉 ユートピア和楽園」(460円)で。
男女別内湯の上の湯と下の湯、混浴の露天風呂があります。


KIMG1112
上の湯と下の湯はNETから拝借
上の湯、析出堆積物が凄いです。
shiriuchionsen6
img_0155
下の湯、湯気が籠っています。
20181006_1308201810862343207393898
混浴露天風呂、独り占めです。
KIMG1115
KIMG1117
KIMG1119
開放感一杯、温めで気持ちの良い温泉です。
KIMG1118
ナトリウム-塩化物/炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:50~65/40~43・無色透明・無臭・苦味~苦味塩味・サラスベ・秘湯温泉宿系。
3箇所に分かれていて、脱衣・入浴・着衣を3回繰り返して忙しないのですが、とても良い温泉でした。

本日の夕食は、「きのう何食べた?」風の鶏のトマト煮込みと水蛸のしゃぶしゃぶ、久々のG7のシャルドネ。
KIMG1123
ご馳走様でした。

道の駅浅虫温泉(09:00)⇒青森市(09:30)

朝食は野菜たっぷりスープでと温泉卵とドッグパン。
KIMG1058
ご馳走様でした。

青森市の大星神社、鳥居にとても変わった注連縄がありました。
KIMG1060
若い紅枝垂櫻と枝垂櫻
KIMG1061
今度は簾のような物が付いていました。
KIMG1062
「一本櫻No.139:大星神社の枝垂櫻(シダレザクラ、樹齢350年、青森県青森市、無料駐車場有)」、満開。
青森県は枝垂櫻にとっては厳しい環境のようで、古木で樹勢を保っている櫻は珍しいそうです。
この櫻も30年前に樹勢が衰えたが手厚い治療や土壌改良で回復したとのことです。
櫻が長い年月を生きるということは、その櫻自身と自然環境が大きな要素なのでしょうが、このように大切に世話をする地域の人々の存在も忘れることができませんね。
KIMG1063
この櫻が櫻旅の本州の最後の櫻になりました。

津軽ラーメンの名店の「中華そば ひらこ屋」、開店を待つお客さんが沢山。
店内から強烈な煮干しの匂いが漂ってきて、期待が高まりますね。
KIMG1065
KIMG1072
濃い口(中、700円)、スープは圧倒的な煮干しの風味ですが何処か爽やか、麺は中太麺で少しざらっとしていながらこしの強い不思議な食感、美味しいです。
KIMG1067
KIMG1069
バラそば(中、800円)、透明で端麗でありながら旨味たっぷりの煮干しのスープ、麺は同様、大量の薄いバラ叉焼がなかなかのインパクト、これまた美味しいです。
KIMG1070
ご馳走様です。
多分再訪するでしょう。

今日の温泉入浴は青森市内の温泉銭湯の「沖舘温泉」(400円)へ。
浴室浴槽の写真はNETから拝借。
KIMG1073
大きな主浴槽
201204101315123bbs
ジェットバスですが、ざあざあと掛け流しです。
2012041013151215cs
サウナ横の水風呂(右)と低温温泉浴槽(左)
201204101319005fcs
低温温泉浴槽は主浴槽と別の源泉がドポドポと掛け流し、これがなかなか気持ちが良い。
20120410131859afes
ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:44(35)/41(33)・無色透明・微硫化水素臭・無味・ヌルンツルン・伝統的青森温泉銭湯系。
それにしても、青森の温泉銭湯は素晴らしい。
青森の温泉銭湯は未だ10軒強しか入ったことがありませんが、後何軒くらいまで増やせますかね。

青森のフェリーターミナルでP泊
KIMG1076
今日の夕食材を蒸しています。
KIMG1074
スーパーで買った少し大きめのトゲクリカニ(花見蟹)、1匹250円と安かったです。
KIMG1075
今日の夕食は、シンプルに蒸しトゲクリガニ(三回目です)と豚肩ロースの甘辛炒め。
KIMG1077
身がたっぷり詰まっていて、1匹食べると堪能した気分になります。
KIMG1080
ご馳走様でした。

道の駅しちのへ(10:00)⇒三沢市(11:15)⇒浅虫温泉(16:30)

道の駅しちのへの朝、今日も良い天気となりました。
KIMG0995

洋朝食、目玉焼き・ウインナ、野菜と昨日の残りのポテトサラダ2種、ドックパン、珈琲。
KIMG0990

物産館が開くのを待っていました。
KIMG0991
この地の名産が沢山。
KIMG0993
KIMG0992
お目当てのとっくり芋(徳利のようにずんぐりむっくりした形で自然薯と長芋を足して2で割ったような粘りと甘みが特徴の芋)、林檎(ふじ)、青葱、ウルイ、アスパラを買いました。
昨日の夕方は殆ど売り切れていたので、今朝開店を待った甲斐がありました。
KIMG0997

「一本櫻No.136:営農大学校の枝垂櫻(シダレザクラ、樹齢不詳、青森県七戸町、駐車場無し)」、散り始め?。
学校内に入らず外から撮影、立派な櫻です。
KIMG0999

「櫻林No.34:七戸中央公園の櫻(ソメイヨシノ、青森県七戸町、無料駐車場有)」、満開。
三沢に向かう途中、櫻が綺麗な公園が目に付き、寄り道しました。
KIMG1006
地元の方でしょうね、グランドゴルフをされていました。
KIMG1002
KIMG1005

三沢市に到着。
「櫻林No.35:三沢中央公園の櫻(ソメイヨシノ、青森県三沢市、無料駐車場有)」、散り始め。
花見客が沢山で土地柄でしょうかアメリカの方々(だと思います)も多く楽しんでいらっしゃいました。
KIMG1007
KIMG1008
KIMG1009
陽射しが爽やかで、絶好の花火日和です。
KIMG1010
KIMG1011
KIMG1012

市内のメインストリートを歩いて、三沢市のお気に入りスポットの「Sky Plaza MISHAWA」へ。
KIMG1014
US military baseの街で、そんな雰囲気の街並みが続きます。
KIMG1026
KIMG1027

Sky Plaza MISHAWA
KIMG1015
お昼は、「ピッツェリアマッシモ」のマルゲリータ(850円)とコーラ(250円)と「ラニ チキン ファクトリー」のハーフラニチキン(750円)を注文。
KIMG1016
KIMG1018
KIMG1017
ラニチキンハーフ、小振りな鶏の半身焼き、スパイシーですが案外さっぱりとして、美味しいです。
KIMG1019
マルゲリータ、本格的なナポリピッツア、甘み控え目のもちっとした生地が美味しいです。
KIMG1021
2017年4月29日と同様に、ペロッと頂きました。
ご馳走様でした。

Sky Plaza MISHAWAの中をブラブラと。
本当にアメリカのような雰囲気です(私はアメリカはハワイのみで、本土に行ったことがありませんが)。
KIMG1022
KIMG1023
KIMG1024
このキャンベルのスープ缶の大きさ、笑えませんか?
KIMG1025

今日の温泉入浴は、東北町の「姉戸川温泉」(200円)で二度目の訪問です。
東北町にも沢山の温泉がありますが、行ったことのある温泉は此処と東北温泉の2箇所です。
KIMG1029
シンプルな脱衣場
KIMG1036
高い湯口からドバドバと源泉が投入されています。
KIMG1031
KIMG1032
なかなかの迫力です。
KIMG1034
40℃くらいの温めの温泉ですが、少し長めに浸かると、体の芯から温まります。
KIMG1033
単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:44/40・黄緑色透明・微硫化水素臭・無味・ヌルンツルン・青森温泉銭湯系。
ゴールデンウィーク中なのにこの素晴らしい温泉を独り占めでした。

「一本櫻No.137:常光寺の八重紅枝垂櫻(ヤエベニシダレザクラ、樹齢不詳、青森県野辺地町、無料駐車場有)」、満開。
若い櫻ですが、美しいです。
後50年くらい経つと本当に良い櫻になるでしょうね。
KIMG1037
KIMG1039

「一本櫻No.138:西光寺の枝垂櫻(シダレザクラ、樹齢300年、青森県野辺地町、無料駐車場有)」、散り始め。
樹高は低いのですが、大変風格のある櫻です。
KIMG1040
KIMG1041

「一本櫻No.139:愛宕公園の江戸彼岸(エドヒガン、樹齢350年、青森県野辺地町、無料駐車場有)」、満開。
背の高い江戸彼岸ですね。
KIMG1044

櫻の傍の御前水で飲み水の水汲み。
KIMG1046
前回訪れた時は、水量が多くてあっという間に汲めたのですが、今日はちょろちょろで時間が掛かりました。
KIMG1047

浅虫温泉の浅虫温泉事業協同組合(温泉供給施設)下の「温泉たまご場」で温泉卵作り。
此処は温泉たまご場と飲泉所と足湯の三点セットの施設で、近くに共同浴場もあって一風呂浴びながら温泉卵作りが楽しめるという、温泉卵マニアには天国のような施設です。
KIMG1052
KIMG1050
温度を測ると71℃でした。
前回同じ時期に35分で白身固まらず黄身ねっとり固まりで、今回は30分浸けることにしました。
KIMG1049
KIMG1053
30分ゆっくり足湯、気持ち良く温泉卵の出来上がりを待ちました。
KIMG1048

本日の温泉卵の出来は?、昨年と同様で黄身が少し硬めでした。
私はこれが好きなのですが、相方はもう少し柔らかい方が好きなので、71℃25分が良さそうですね。
KIMG1054
KIMG1055

本日の夕食は、葱焼き(とっくり芋入り)とサーモンや鮪のりゅきゅう、茹で帆立貝、ウルイの酢の物。
KIMG1057
ご馳走様でした。

弘前市の健康温泉桃太郎(08:00)⇒十和田市(10:15)⇒道の駅七戸(15:00)

健康温泉桃太郎の朝、櫻越しの岩木山。
KIMG0863
KIMG0861

今日の朝食は昨日道の駅ひろさきで買ったチーズバケットと目玉焼きとウインナとちょこっと野菜。
KIMG0867

当初は十和田湖経由で十和田市に向う予定でしたが、数日前の降雪で通行止め区間が多数発生して、結局国道394号線⇒県道40号線で八甲田経由で十和田市に向かうことになりました。
KIMG0868
八甲田山はまだ深い雪が残っています。
KIMG0869
KIMG0870
KIMG0872
KIMG0875
眩しい雪道が続きますが、昨年の冬の北海道旅行の為に購入したアタッチメント式のサングラスが活躍します。
KIMG0883
KIMG0878

十和田市に到着、少し変わったお櫻巡り、お花見ARTですね。
青森市在住のYさんから奨められた十和田市近代美術館に立ち寄りましたが、ど真ん中ストライク、大いに楽しみました。
気に入った作品をピックアップしてみました。
美術館の外の官庁街通りの作品群、「フラワーホース(チェ・ジョンファ)」、国内の芸術祭で何度かこの作者の作品を観ていますね。
KIMG0884
美しい作品です。
KIMG0885
KIMG0886
「アッタ(椿昇)」、
KIMG0944
こんな写真を撮ってみたくなります。
1556454989076
右:「オクリア(ポール・モリソン)」と左:「夜露死苦ガール2012(奈良美智)」
KIMG0983
館内の常設展示、他を鑑賞します(1,200円)。
1作品を除いて写真撮影OK(数年前からの措置のようです)は、素晴らしいですね。
「スタンディング・ウーマン(ロン・ミュエク)」、小さな女の子が見上げているところを思わず撮ってしまいました。
圧倒的で不思議な存在感です。
KIMG0890
KIMG0895
「あっちとこっちとそっち(山極満博)」、可愛い。
KIMG0896
KIMG0907
「オン・クラウズ[エアポート-シティ](トマス・サラセーノ)」、こういう体験型の作品は結構好きです。
KIMG0910
KIMG0912
「念願の木・三途の川・平和の鐘(オノ・ヨーコ)」、私も短冊を木に下げました。
KIMG0908
KIMG0905
「フライングマン・アンド・ハンター(森北伸)」
KIMG0909
「光の橋(アナ・ラウラ・アラエズ)」、巨大な万華鏡、好みです。
KIMG0913
1556454900154
「ザンプランド(栗林隆)」、好奇心・期待感がこの作品のテーマですね。
00
覗いて見える風景です(ネタバレでしょうか?)。
KIMG0917
「コーズ・アンド・エフェクト(スゥ・ドーホー)」、美しくまた不思議な作品。
KIMG0921
KIMG0922

お昼は近くの「司バラ焼き大衆食堂」。
KIMG0973
さすがゴールデンウィーク、混んでいます。
KIMG0974
KIMG0975
十和田バラ焼き定食(900円)一人前にホルモン鍋(700円)と焼き小籠包(600円)を注文。
バラ焼き、甘辛のタレを塗した玉葱に火が通ったら牛バラ肉を崩して、良く炒めて水分が飛んで照りが出れば完成です(ご飯と味噌汁は撮り忘れ)。
KIMG0976
出来上がりはこんな感じです。
甘辛い牛肉、牛肉の脂を纏った玉葱、ご飯のおかずにピッタリですね。
KIMG0980
ホルモン鍋、豚ホルモンとたっぷりのキャベツや豆腐、唐辛子の利いた味噌味です。
KIMG0978
小籠包は熱々のスープたっぷり。
KIMG0977
美味しく頂きました。

「櫻林No.33:十和田市官庁街通りの櫻(ソメイヨシノ、青森県十和田市、有料駐車場有⇒美術館入館で無料)」、散り掛け。
大分散ってしまいましたが、青空に櫻が映えます。
KIMG0949
美しい櫻吹雪なのですが、写真では上手く撮れません。
KIMG0956
平成⇒令和、櫻の花びらを水で固めたのですが、乾いてきて風で飛んでぼやけたそうです。
KIMG0957
ミニ花筏。
KIMG0968

今日のP泊地の道の「駅しちのへ」
KIMG0984

今日の温泉入浴は道の駅から歩いて行ける「東八甲田温泉」(300円)へ。
KIMG0985
浴室の写真はNETから拝借。
浴槽は4つで壁側手前から、寝湯(加水温め)⇒水風呂(真水でなくこれも温泉?)⇒熱湯(源泉のまま)⇒主浴槽(適温)、全て大量の掛け流し。
この温泉も相当に強いヌルヌル感です。
2016_1220(018)
2016_1220(020)
熱湯、受付の人は47℃で普通の人は入れないと言っていたが、あっさり入れて拍子抜け。
中で体を動かすことができたので45℃ぐらいだと思う。
熱湯で2分⇒水風呂でクールダウンが気持ちが良い、2回繰り返しました。
20130115105316b6bs
単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・加水(一部無加水)無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:48/40~45・無色透明・無臭・無味・ヌルツル・温泉銭湯系。
素晴らしい泉質、源泉ドバドバ掛け流し、青森の温泉銭湯、今日も恐るべし、です。

本日の夕食は、Yさんから頂いたトゲクリガニと手作り餃子。
KIMG0988
大振りのトゲクリガニ、食べ応えがあります。
皆雌でねっとりとした内子が美味しいです。
KIMG0989
ご馳走様でした。

弘前市内に滞在。

市街のコインパーキングから移動して、「道の駅ひろさき」でゆっくり雨宿り。
KIMG0844
KIMG0842

お昼は、この旅何回目か判らない立ち喰いそば風天婦羅そば、です。
KIMG0841

「櫻林No.32:堀越城跡の櫻(ソメイヨシノ、秋田県仙北市角館、有料駐車場)」、散り始め。
国道7号線を走って見付けた染井吉野の櫻林。
KIMG0852
KIMG0847
僅か9本の櫻林ですが、城跡と良く合って、なかなかの風情です。
KIMG0851
KIMG0849

本日の温泉入浴は、キャンピングカー倶楽部の青森在住(キャンピングカー倶楽部)のYさんと待ち合わせの「健康温泉 桃太郎」(割引期間延長中で200円)です。
KIMG0854
KIMG0855
浴室・浴槽の写真はNETから拝借。
大浴槽を始め、岩風呂、打たせ湯、露天風呂、人工炭酸泉浴槽(此処のみ循環)、サウナに水風呂、と入浴料金200円であり得ない充実ぶりです。
湯口



















露天は温め




















単純泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:50/42・無色透明・無臭・微苦微塩味・ヌルツル・伝統的青森温泉銭湯系。
素晴らしい泉質、源泉ドバドバ掛け流し、それで200円、青森の温泉銭湯、恐るべし、です。

Yさんも来られました。
昨年の10月の紫水ファーム以来ですので、半年振りですね。
KIMG0856

何時もの持ち寄り食材の夕食会。
Yさんの茹でトゲクリガニ、帆立貝のバター炒め、海鼠ポン酢と美味しい地の物と、我が家の牛肉の低温調理、アボガド海老、タラモサラダと胆振がっこポテトサラダ。
KIMG0857
4月から5月の産卵期のトゲクリガニは花見蟹と呼ばれて、珍重されます。
親類の毛蟹には及びはしませんが、さっぱりとした旨味と仄かな甘みで、美味しいです。
2017年の櫻小旅で青森に訪れた時も、沢山食べました。
蟹味噌もたっぷり、雌なので味噌の奥にオレンジ色の内子もあって、此れも美味しいです。
KIMG0858
「桃川 純米大吟醸 にごり酒」、はぁ~美味しい。
KIMG0859
濁り繋がり?で、芋焼酎の「おはら 薄濁り」、これも美味しい。
KIMG0860
美味しい食べ物と美味しいお酒と楽しい語らい、幸せな一時、有難うございました。

角館(10:00)⇒弘前市(13:15)

何時もの和朝食、変わり映え無し、です。
KIMG0756

国道105号線で大覚野越え、まだ雪が残っています。
KIMG0757
KIMG0761

弘前市に着いて、津軽ラーメンを食べたくなり、「中華そば にぼし」へ。
KIMG0765
煮干し中華(550円)と豚骨煮干し中華(700円)、両方とも太麺で。
煮干し中華、端麗な煮干し出汁、たっぷり葱と低温調理風の叉焼、美味しいです。
豚骨煮干し中華、にぼにぼ!!!、この苦みとえぐみと酸味と強烈な旨味、好きです。
KIMG0763
KIMG0764

弘前市街に到着して、キャンピングカー倶楽部のTさんの情報で、弘前公園の近くのコインパーキングにプレアデス号を入れました。
KIMG0766

「櫻林No.31:弘前公園の櫻(シダレザクラ・ベニシダレザクラ、ソメイヨシノ、青森県弘前市、有料駐車場有)」、シダレザクラ:散り掛け・ベニシダレザクラ:八分咲き、ソメイヨシノ:散りか始め。
KIMG0767
見事な花筏です。
KIMG0770
KIMG0775
樹齢100年を超える染井吉野の巨木が美しく咲いています。
KIMG0776
KIMG0777
KIMG0779
「一本櫻No.135:二の丸の大枝垂櫻(シダレザクラ、樹齢100年、青森県弘前市、有料駐車場に停めて徒歩)」、散り掛け。

KIMG0781
「一本櫻No.136:御滝櫻(シダレザクラ、樹齢100年、青森県弘前市、有料駐車場に停めて徒歩)」、散り始め。
KIMG0784
「一本櫻No.136:弘前枝垂れ(シダレザクラ、樹齢100年、青森県弘前市、有料駐車場に停めて徒歩)」、散り掛け。
KIMG0785
KIMG0793
大分陽が暮れてきて、霙交じりの氷雨になりました。
KIMG0799
大きな露店が並んでいて、暖を取ることに。
KIMG0812
KIMG0807
熱燗とおでんで温まります。
KIMG0811
屋根付きですが、この寒空で花見の宴、なかなかの猛者ですね。
KIMG0813
KIMG0814
西堀のお堀櫻、弘前城の夜櫻の一番のスポット、お堀と櫻とライトアップと鏡面の逆さ櫻が素晴らしいです。
また丁度良い所に橋があって、まさに絶妙、大満足です。
KIMG0815
KIMG0819
KIMG0820
KIMG0821
KIMG0830
KIMG0832
KIMG0836
東北三大櫻名所の最後の弘前公園、夕暮れから夜、美しい櫻の風景を堪能しました。

夕食は水餃子と豚肩ロース肉のしゃぶしゃぶ、水蛸の頭の刺身。
KIMG0838
今日のデザートは、アップルパイ、青森では街おこしでアップルパイに力を入れているみたいですね。
KIMG0839
ご馳走様でした。

このページのトップヘ