烟霞淡泊

カテゴリ:工場見学 > その他工場

道の駅あさひかわ(07:30)⇒道の駅とうま⇔バスで男山酒造

暖かい朝です。
DSC_7314

今日の朝食は珍しくフランスパンで洋風に。
ハムサラダ、温泉卵、コーンクリームスープ、ヨーグルトを添えて。
DSC_7313
ご馳走様でした。

道の駅とうまへ小移動。
DSC_7315
道の駅にプレアデス号を停めて、そこからバスに乗って「男山酒造」へ向かいます。
DSC_7343

キャンピングカー倶楽部のMさんから情報を頂いて、「男山酒蔵開放」にやってきました。
男山酒造の年に一度の一大イベント、開始の10時前に着くと、既に長蛇の列。
DSC_7328
DSC_7323
鏡開き樽酒の振る舞い
DSC_7317
気前の良い注ぎっぷり、きりっと端麗、杉の香りもよく、う~ん美味しい。
DSC_7318
亀仕込み酒、微炭酸のどぶろく、甘酸のバランスよく、とても美味しい。
DSC_7319
これ以外にも3箇所で試飲があり、一番大きいところは9種類の試飲ができました(写真撮影に失敗)。
全部で12種の試飲のお酒があって、何処も少し並べば飲み放題、なんとも気前が良いです。
12種を2人で1杯から1人で2杯まで頂き、1杯はおよそ50mLくらい、1人で正3合は飲みましたね。
DSC_7324
DSC_7327
安くて美味しい食べ物の出店があって、日本酒と頂きまし。
う~ん、酒飲みにとっては天国です
DSC_7329
DSC_7330
DSC_7333
恒例の福袋抽選会、25本の福袋(3,000円で実際は10,000以上の商品とのこと)を抽選、1,500名くらいが参加したようなので、当選確率は2%ですね。
DSC_7331
ここの試飲の濁り酒も炭酸が少し強めで、本当に美味しい。
DSC_7332
お酒の販売所、今日飲んだお酒で一番気に入った「スパークリングSAKE男山」の小瓶を購入しました。
3種あった濁り酒で一番炭酸が強く、甘めですが爽やかでとても美味しい。
DSC_7336
一応工場見学も。
DSC_7337
DSC_7340
お土産の男山の小瓶も頂いて、大満足の酒蔵開放でした。
Mさん、情報有難うございました。
DSC_7342
男山酒造の近くの立ち寄り湯「大雪の湯」でゆっくりと温まって、バスで道の駅とうまに戻りました。
DSC_7341

道の駅とうま、夕方で既に-10℃、今夜は冷えそうです。
DSC_7344
[画像:cf2bbb0d-s.jpg]

今日の夕食は、鶏団子鍋、オヒョウの刺身、昨日のお持ち帰りの新子焼き、G7シャルドネ。

オヒョウの刺身、如何にも北海道らしい食材です。

脂が乗ってなかなか美味しかったです。

[画像:dbe0fee9-s.jpg]

本日走行距離:19km、累計走行距離:1,704km

道の駅くろまつない(08:35)⇒岩内(10:20)⇒余市(11:20)

今日は余市に向かいます。
道南は今夜から暴風雪とのことで丁度良いかもしれません。
それと余市であるイベントに参加したくて、可能性は低いのですが、トライしてみることに。
もう一つ、朝のHTBで岩内の尾崎商店の「たつかま」の紹介をしていて、少し遠回りして買いに行くことに。
国道5号線を走っていきますが、殆ど雪は無く、普通に走行できます。
DSC_6633
羊蹄山、頭は雲の中です。
DSC_6640
ニセコの山々ですね。
DSC_6643

岩内の尾崎商店で「たつかま」(750円×2袋)を購入、とても楽しみです。
DSC_6644
DSC_6645
DSC_6650

余市には昼前に着き、本日の温泉は小樽寄りの「鶴亀温泉」、HOで半額入浴です。
DSC_6648

ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低調性高温泉)・無加熱加水源泉ドバドバ掛け流し・泉温47.8/湯舟36~43℃・黄褐色(湯舟)・無臭・強っぱ苦み・ツルスベ・近代的立ち寄り湯系
なかなか個性的な温泉を堪能しました

新岡鮮魚店、柿崎商店の傍で何時も店頭にお客さんが沢山居て通る度に気になっていましたが、真鱈と見紛うような特大の助宗鱈を1匹購入。
DSC_6647
DSC_6646

道の駅スペース・アップルよいちに到着して、お昼は内食で牛筋そばとたつかまの刺身を頂きました。
今日はもう運転もせずに此処でP泊するので一杯頂きました。
たつかまは助宗鱈の白子と澱粉と塩だけで作られているそうですが、何とも表現ができない美味しさと食感です。
DSC_6652
作り置きの牛筋を食べきりました。
DSC_6653
ご馳走様でした。

午後はゆっくりと休んで、ニッカウヰスキーの余市蒸留所へ。
先ずは普通に見学と試飲、何度か来ていますが、冬の蒸留所はまた風情があって良いですね。
DSC_6655
DSC_6656
DSC_6657
DSC_6658
ウイスキーを製造していて、甘い香りが漂う中、ポットスチルで蒸留しているところも初めて見学できました。
石炭で蒸留しているウイスキー工場は世界で此処だけになっているそうです。
DSC_6659
DSC_6662

DSC_6668
DSC_6670
DSC_6673
DSC_6674
定番の試飲
DSC_6675
DSC_6676
「試飲賞品のオススメの飲み方」
DSC_6679
特にシングルモルト余市は生で飲むより香りをのこしたまままろやかになって、成程と思います。
DSC_6677

16:30に蒸留所の入り口へ、ナイトツアーの集合場所です。
今冬最後の今日のナイトツアーに参加申し込みをしたのですが、既に予約で満杯、当日キャンセルが出ることもあると聞いて、それを目当てに、来ました。
DSC_6681
何と1組2名のキャンセルが出て参加できることに、まさに執念ですな。
小さな雪洞の蝋燭の灯りが綺麗です。
DSC_6682
DSC_6684
DSC_6687
DSC_6688
昼と違って、外に漏れる家の中の灯りが良い感じです。
DSC_6689
DSC_6691
DSC_6692
DSC_6695
DSC_6696
DSC_6698
DSC_6705
試飲会場は、ウイスキー博物館の有料テイスティングルームで頂きます。
DSC_6699
DSC_6700
DSC_6701
ナイトツアー特別のホットウイスキーとホットアップルワインとチョコレート、ぽっと体が温まります。
DSC_6703
DSC_6710

DSC_6709
イルミネーションに飾られた夜の蒸留所、貯蔵庫の特別公開、ホットウィスキーとホットアップルワインの試飲、とても素敵な体験、大満足です。

道の駅に戻って夕食。
助宗鱈の鱈鍋、店の人のアドバイスに従って、三枚に下ろして、軽く塩を振って3時間ほど置きました。
たつかまのバター焼き、たつかまのしゃぶしゃぶ、助宗鱈の真子の煮つけも添えて、そう言えば全部助宗鱈の食材ですね。
DSC_6714
DSC_6715
真鱈は自分で釣るのでよく食べますが、助宗鱈をこのようにして食べるのは初めてで、とても美味しいですね。
たつかまのバター焼きは絶品、官能的な美味しさです。
DSC_6716
ご馳走様でした。

道の駅スペース・アップルよいちにキャンピングカーが3台もP泊、札幌、旭川、仙台のナンバーでした。
本日走行距離:125km、累計走行距離:1052km

諏訪市(06:30)⇒道の駅白州(08:50)⇒シャトレーゼ白州工場(09:15)⇒道の駅都留(11:50)⇒自宅(18:00)

群馬県・新潟県から富山県の旅第9日目。
諏訪湖の朝。
DSC_4138
DSC_4139
DSC_4140

茨城県へ向かって帰宅の途中、シャトレーゼ白州工場に寄りました。
本栖湖のパドリングの旅で8月15日に訪れましたが、駐車場に入るために1km以上の渋滞発生と、余りの混雑に断念しての再訪です。
DSC_4143
ウィークデーの9時過ぎ、さすがに工場見学のお客さんは7~8人と空いています。
DSC_4144
なかなか立派な工場で、見学にもカを入れているのが伺えます。
DSC_4145
DSC_4146
餡の製造所
DSC_4149
DSC_4150
アイスクリームの製造所と試食会場
DSC_4153
試食のアイスクリームは9種となかなかの太っ腹です。
DSC_4151
DSC_4152
相方と二人で4種食べ、カロリーを計算すると800kcalと軽め食事並みです
DSC_4154
DSC_4155
DSC_4156
DSC_4157
美味しく頂き、ご馳走様でした。


後は、道の駅白州、道の駅都留、道の駅八王子滝山に寄って、夕刻帰宅しました。
DSC_4142
DSC_4160
DSC_4159

18時に無事帰宅しました。
群馬県の中之条ビエンナーレ2017、新潟県のSPW2017 in HQ、富山県の庄川温泉、長野県の御岳自然湖パドリング、2か月ぶりの9日間のキャンピングカーの旅を楽しみました。
走行距離:1,428km
燃費:8.4km/L
さて、次は何処に行きましょうか?

前々から行きたかった赤城乳業の工場見学と併せて道の駅で野菜の調達を目的に群馬県へ。

途中の「道の駅はなぞの」で野菜を調達。
image


赤城乳業の本庄千本桜「5S」工場で、主な製造品はガリガリ君です。
image

image

レクチャー・製造現場見学(60分)はなかなか工夫されていて、氷菓の製造そのものも面白いですね(製造現場の撮影は不可)。
image

image

試食(30分)はガリガリ君(8種)とその他のアイス(5種)が食べ放題。
更に、この13種以外のアイスのUFOキャッチャーもあり、という太っ腹。
その他のアトラクションもあって、子供達は喜びますね。
image

image

image

image

image

image

工場見学の申込み、3回抽選が外れて、漸くの訪問、楽しかったです。

昼食は本庄の「六助うどん」、武蔵野うどんの範疇です。
image

カレーうどん(670円)は熱い汁に漬かったゴワとした極太麺が丁度良い食感になり、武蔵野うどんはカレーが良く合うと再認識。
カツ丼(850円)は厚くて軟らかな肉の豚カツでボリュームたっぷり。
image

image

美味しく頂きましたが、少々食べ過ぎですね。
ご馳走様でした。

さてもうひとつ、高崎市のラスクの「ガトーフェスタ ハラダ」へ、ここも素敵な工場見学なのですが、バターの甘い香りが少々苦しかった
image

北海道第6日目、千歳市の長都明星公園庭球場の朝。
image

今日は朝早くから大雨と強風で、北海道に着いてからの6日、晴/曇:3日、雨:3日、です。
う~ん、もう少し天気良くならないかな?。
本来は支笏湖か北へ朱鞠内湖に行く予定だったのですが、天候と諸般の事情で4日ぐらい千歳~札幌辺りに滞在することに。

さて本日は、午前中に札幌市内の「白い恋人パーク亅へ。
雨降りのウィークデイなのに結構なお客さんが訪れています。
なかなか上手くできた施設ですね。
image

image

image

image

image

image


午後は「雪印メグミルク札幌工場」で工場見学。
雪印メグミルク工場は茨城県の阿見工場以来で2つ目です。
「酪農と乳の歴史館」が色々な乳製品の製造設備のミニュチュアが見応えがありました。
image

image

image

image

image

image


本日のP泊は、「道の駅サーモンパーク千歳」。
夕方、キャンピングカーは10台程停まっていましたがCCCのステッカーは見当たりませんでした。
image

キユーピー五霞工場に見学に行きました。

往きがてら「道の駅さかい」に寄って野菜の調達。
image

開店直後で、トマトと茄子とカリフラワーを購入。
今日は第3木曜日で、買い物したお客に先着100名に農産物(100~250円)のプレゼントがあります。
ラツキー !!
ジャガイモを頂きました。
image


リスカ(株)製造の「ねば~る君納豆味スナック」を食べてみました。
image

なかなか美味しい、ご馳走様でした。

キユーピー五霞工場見学」です。
キューピーではなくキユーピーなんですね。
image

image

大勢のお客さんで、見学は盛況です。
本日は、残念なことに、一番の見物の割卵機が動いていませんでした。
その他のラインは動いていました。
ウィークデーの工場見学はいいですね。
試食は、サラダをマヨネーズ6種、ドレッシング37種で頂きます。
こんなに色んな種類を食べることはありませんね。
なかなか楽しい。
お土産も貰い、満足。
image


近くの「道の駅ごか」に寄って野菜の調達その2。
image

レタスとサニーレタス、そうですキユーピーのお土産のドレッシングのために購入。

お昼は境町の「船町食堂」でカレー饂飩を。
以前お昼に寄った時」に我家以外はカレー(饂飩、蕎麦、ライス)率100%で次回はカレーと思っていました。
またもや臨時休業(?、定休日は土曜です)。
カレー饂飩への道は遠い。

さて、振られたシリーズで坂東市岩井の焼きそばの名店「こうや食堂」に行くことに。
営業していました、良かった。
image

焼そば大(450円)とスープ(80円)
image

タンメン(500円)
image

焼そばは、フワッ?モフッ?、不思議な食感。
さっぱりとした上品な塩味、とても個性的な焼そばですね。
醤油が立ったスープとベストマッチです。
タンメンは、クタッとした野菜がいい感じで、これまた薄塩のス一プと麺に合って、見た目通りの美味しさ。
ご馳走様でした。

本日調達の野菜。
image









知人とひたち海浜公園のネモフィラ見物他へ。

先ずこの方面の定番、かねふくの「めんたいパーク」に寄りました。
image

お楽しみの試食コーナーの様子が最近変わったようで、最初は少し残念にも思いましたが、これはこれで良いかも。
試食の「出来立てお徳用」をお土産に買いました。

ひたち海浜公園」に到着。

ウィークデーの月曜日でも結構人出が。
image


ネモフィラ、今年は例年より早く満開を迎えたようで、そろそろ終盤です。
それでも、青空に映えて風にそよぐ姿は、とても綺麗ですね。
image

image

image

image

image

白いネモフィラが一部に植えられていて、近くからでは判らなかったのですが、離れてみると、白鳥の親子、ですかね。

ぶらりぶらりと散策。
image


お昼は「蕎麦処 みかわ」へ。
image

奥久慈御膳(1450円)
九一蕎麦、豆腐、湯葉刺身、蒟蒻刺身、 蕎麦の実ご飯、漬け物。
image

みかわ御膳(1,650円)
九一蕎麦、豆腐、湯葉刺身、合鴨タース燻製、ばら天丼、漬け物。
image

「木挽庵」に行きたかったのですが、定休日で此方に来ました。
蕎麦は綺麗な細打ちで少しヌメリがあり、こし、喉越しともに申し分なく、汁もすっきりとした旨味、塩梅よし、です。
副菜、ご飯物も丁寧に作られいて、値段もお手頃です。
美味しく、満足、御馳走様でした。

茨城空港近くの「空の駅そ・ら・ら」と「道の駅たまつくり」に寄って買い物。
土浦駅まで知人を送り、帰宅。
楽しい一日でした。





自宅(06:30)⇒めんたいパーク(09:00)⇒ひたち海浜公園(09:45)⇒木挽庵(12:00)⇒茨城空港(13:40)⇒空の駅そらら(14:30)⇒自宅
(17:30)
長女が昨日帰宅して、近場で何処かにとなり、ひたち海浜公園のコキアを見に行くことに。
ひたち海浜公園の前に「かねふく めんたいパーク」へ。
ユニークなオブジェ
image

ハロウィン
image

工場
image

image

試食コーナー
image

image

image

image

image

飲み物と試食、なかなか太っ腹です。
御馳走様でした。

ひたち海浜公園」へ。
コスモスとコキアが見頃のようです。
色々なコスモス
image

image

image

image

image

image

image

バンパスグラス、狐の尻尾のよう。
image

コキア
image

image

image

image

image

image

萩と蕎麦とコキア
image

image

ひたち海浜公園のコキアは初めてですが、とても綺麗で、面白いですね。

お昼は蕎麦のリクエストでひたちなか市の「木挽庵」へ。
image

image

image

二色盛り(1,300円)
image

掻き揚げせいろ(舞茸と季節の野菜と田舎、1,300円)
image

せいろは更科のような感じ、田舎は平打ちで個性的、蕎麦つゆ薬味も良しで、とても美味しい。
掻き揚げもさっくりと揚がっています。
雰囲気、接客も申し分なく良い店ですね。
御馳走様でした。

茨城空港で来場者500万人突破の記念イベントをやっているとのことで寄ることに。
茨城空港は自衛隊の百里基地と共用で、こんな展示もあります。
image

この石像は!?
image

image

イベントで茨城県立麻生高校の書道部のパフォーマンス。
image

image

image

image

なかなかのものです。

空の駅そ・ら・ら」で野菜の仕入れと休憩。
image

image


「道の駅たまつくり」で、鯉のあらと生白魚を今晩のおかずに。
さて、帰宅へ。
秋の1日をゆっくりと楽しみました。

本日のおまけその1
長女のお薦めのアプリ「PhotoCollage」で作ってみました。
カム郎さんに頂いた写真で。
image

本日の写真で。
image


本日のおまけその2
本日の夕食
image

本日仕入れた野菜、鯉、白魚、美味しくいただきました。
御馳走様でした。






道の駅富士川楽座(08:40)⇒焼津おさかなセンター(10:40)⇒すいのや(11:50)⇒うなぎパイファクトリー(13:00)⇒観山寺(14:50)⇒新居関所(16:00)⇒みどり湯(16:30)⇒道の駅潮見坂(17:00)
台風18号の影響で雨が強くなってきました。
朝はゆっくりとして焼津へ向かいます。
image


「焼津さかなセンター」で食材を。
image

鮪の脳天の身(1,000円)、釜揚げ桜海老(500円)、釜揚げシラス(500円)。

お昼は掛川でおでんを。
すいのや
image

盛り合わせ(8本、500円)
image

追加その1
image

追加その2
image

一通り全部たべて、一部お代わりしました(全14本で950円)。
しっかりとした旨味と塩気、鰹節の粉、種はどれも美味しかったのですが、鶏皮、黒はんぺん、鶉卵、厚揚げが特に気に入りました。
静岡おでんとの違いは、青海苔無し、牛筋⇒鶏皮、出汁も牛/豚⇒鶏、とのことです。
静岡おでんは去年、静岡の居酒屋で食べましたが、一度専門店(駄菓子屋さん?)で食べてみたいですね。
御馳走様でした。
掛川城の周りを走りましたがなかなか良さそうな街並みです。
富士、静岡、焼津、島田、菊川、掛川、袋井、磐田、浜松、それぞれ街歩き&ポタが面白そうです。
いずれゆっくりと来ることにしましょう。

次は浜松市の「うなぎパイファクトリー」へ、工場見学。
image

工場見学のお土産。
image

焼き上げる工程が覗けます。
image

image

image

image

手摺の素敵な金具
image

image

焼き上がり~梱包。
image

とてもオープンで面白いです。

さて、此処だけのスイーツを頂くことに。
image

うなぎパイのミルフィーユセツト(珈琲、990円)
image

VSOPクリームサンドセツト(静岡茶、1,130円)
image

見た目はVSOP~ですが、うなぎパイの~が味・バランスとともに上です。
と言ってもどちらも美味しくいただきました。
御馳走様でした。

少し雨が治まったので、浜名湖の周りを走ってみることに。 
観山寺温泉の駐車場。
image

観山寺を散策します。
image

穴大師
image

聖観音
image

ここにも八十八箇所がありました。
image

展望台から
image

観山寺
image

本日のP泊の「道の駅潮見坂」へ移動。
image


途中の新居で銭湯の「みどり湯」に寄ります。
新居関所の駐車場にプレアデス号を停めて、散策がてらみどり湯へ。
image

昔の東海道の街並みが残っていいます。
新しく家を建てるときも、街並みに合わせているようですね。
街ぐるみで観光に取り組んでいるのでしょう。
数年後、落ち着つくといい感じになりそうです。
image

image

image

新居唯一の銭湯、みどり湯、外観も中の造りもとても渋い。
16:30の開店と同時にどこからともなく人が来てあっと謂う間に10名程のお客さん。
image

ゆっくりと温まりました。

道の駅潮見坂に到着。
建物のそばにプレアデス号を寄せて駐車。
鮪、釜揚げシラス、釜揚げ桜海老、等々の夕食をゆっくりと頂きました(写真無し)。
風雨が大分強くなってきました。
続きを読む

9月14、15、16日の3日間で草津温泉へ。
7月の時もそうでしたが、今回も3日間で草津温泉に関する記事が一つもありません。
次回は少し載せるようにしましょう。
自宅(05:45)⇒道の駅ららん藤岡(09:30)。
藤岡の「道の駅ららん藤岡」。
ハイウェイオアシスのようですが、上信越道の上りのみアクセス可能なので、今まで寄る機会がありませんでした。
結構大きな施設です。
DSC_0678
明るくて、広い野菜売り場です。
はざかいなのでしょうか、種類が少ないですね。
今夜のおかずの野菜を調達。
DSC_0676
相方が、近隣の紹介情報に面白そうな施設を発見、行ってみることに。
こんにゃく博物館http://konnyaku-museum.com/で、無料バイキングの字に釣られてしまいました。
㈱ヨコオデイリーフーズの甘楽工場に併設された「こんにゃく博物館」(10:30)。
リゾート風のエントランスがラブリーです。
DSC_0681
糸こんにゃくの製造ラインです。
中央左下にシャワーヘッドのようなものが見えますが、こんにゃくを熱湯槽に糸状に射出しています。
メカニカルなのですが、一方判りやすいところが、いい感じです。
DSC_0684
板こんにゃくの製造ラインです。
DSC_0685
工場のライン見学の後は、こんにゃくバイキングです。
本格的です。
30種類ぐらいありましたでしょうか。
DSC_0686
まあ!色々です、その1。
DSC_0687
まあ!色々です、その2。下の列の右は、こんにゃくカレーです。
DSC_0689
まあ!色々です、その3。田楽とこんにゃくラーメン。
DSC_0688
それなりに美味しいし、カロリーは低いし(カロリーの比較的高い物は、カロリー表示がありました、こんにゃくカレーは76Kcal/100g、とっても親切ですね)、何より楽しいし、無料というのは素晴らしいですね。
私たちが着いたころは空いていましたが、あっという間に混みだしました
子供から年寄まで、皆楽しそうでした。
御馳走様でした。
そうそう、こんにゃく入りパンと生芋こんにゃくを買いました。
今日は自転車(アルブレイズK/H号)を積んでいて、最初は行きがけに軽井沢でポタを予定していましたが、高速道路もだいぶ混んでいて、また時間も遅くなったので、近場で良さげな処は?、と。
実は、国道を離れて走っていると、甚くそそる街並みとお店を見掛けて、富岡、製糸場辺りへ。
先ずは車を止められるところ、ということで、富岡の図書館(11:45)。
DSC_0690
街ポタの情報を入手するために、定番の駅前へ。
大概、駅に情報が置いてありますね。
富岡まちてくマップ、気合が入っています。
DSC_0691
くるっと回ることに。
古めかしい街並みが続いてとても雰囲気が良いです。
車で通って気になったお店。
大塚屋さんhttp://tabelog.com/gunma/A1005/A100501/10012090/
上州名物「焼きまんじゅう」、だし巻き卵、暑い季節におでんの提灯も、そそります。
DSC_0694
お店の中はこれまたそそります。
DSC_0692
だし巻き卵は、普通のだし巻き、う巻き、すき焼き巻き、オム巻き、等のバリエーションが。
入る前から決めていた「焼きまんじゅう」(130円)とう巻き(カット、158円)をオーダー。
焼きまんじゅうは注文を受けてから焼くので少し待ちます。
その間、お客様が、女子高生3人がソフトクリームを頼んで、美味しそうに食べていました。
学校の帰りでしょうね。
何か、ほっとするような、甚く真っ当な風景ですね。

DSC_0693
ふかふかまんじゅう(餡なし)に甘辛いタレがたっぷり掛かっています。
タレがカラメル化して、焦げの強いところはカリカリしています。
初めて食べましたが、大変美味しいですね。
大好きなblog「よござんす日誌」http://yogozansu.cocolog-nifty.com/blog/の焼きまんじゅう巡りを読んで、一度食べたいと思っていましたが、叶いました。
一方、う巻きは、重量感たっぷりで鰻もしっかり入っていて、美味しかったです。
御馳走様でした。
こんにゃく博物館のこんにゃくと焼きまんじゅう&う巻きがお昼となりました。
こんにゃくって(こんにゃく食って?)、腹持ちもいいのですね。
お腹一杯、こんにゃくを食べることもなかったので、新しい発見でした。
さて、富岡製糸場跡です。
来年に世界遺産に登録申請することのことです。
登録されるとよいですね。
DSC_0695

ここから草津には高速に乗らずに、下道で行くことに。
途中、妙義神社に寄ることにしました。
妙義山の麓(13:15)。
DSC_0705
山門、急な階段です。
DSC_0697
山門を潜って、更に、急な階段です。ピンボケで写真なし。
鳥居を潜って、更に急な階段です。ぜいぜい・・・。
DSC_0701
妙義神社の本殿、国の重要文化財だそうです。
彫刻が見事です。
DSC_0702
本殿を横から。
DSC_0703
登ってきた階段からの眺め。
DSC_0704
草津温泉着(16:30)。
温泉にゆっくりと浸かって、早々に休みました。





このページのトップヘ