烟霞淡泊

カテゴリ:食事&食事会 > 埼玉県

昨日の情報番組で、埼玉県鴻巣市の「第8回こうのすはなまつり・ポピーまつり」へ行ってみることに。
ポピー畑見物は、2016年5月26日は「天空を彩るポピー畑(東秩父村)」2017年5月31日は「長瀞町の花菱草畑」と、今回で3年連続です。

さて、鴻巣へ行く途中に上尾市の某所に寄ることに。
「孤独のグルメ シーズン7」で紹介されていた「キセキ食堂」の予約書き込み表が9:30~10:00ぐらいに出されるということで(NETの情報)9:30頃に着いたのですが、既に"本日の昼の部は完売しました"の張り紙が・・・。
お店の方に伺うと8時に予約表を出してその時点で完売(50人分くらい?)だったとのことでした。
まあ何とも凄い人気ですね。
我家の後にも、車、自転車、徒歩のお客さんが沢山、皆さんがっくりして帰って行きました。
もう少し落ち着いてから再トライしましょう。
DSC_0164

鴻巣市について、ポピー祭りの馬室会場へ。
ポピーは七分咲ぐらいでしょうか来週始めくらいが満開でしょうか。
DSC_0168
なかなかのボリューム、このポピー畑は12.5haで、その広さは日本一だそうです。
DSC_0165
DSC_0169
もう一つ、この会場の名物の「麦なでしこ」畑。
撫子らしい綺麗な薄桃色で、なかなか圧巻です。
DSC_0170
DSC_0175
もう後一面くらい植わってば、ピンクの海に浮かぶような写真が撮れますね。
DSC_0185
DSC_0188
別な畑ではカルフォルニアポピーが咲いていました。
DSC_0194
DSC_0191
DSC_0196
流石、日本一のポピー畑、青空の下、楽しみました。

お昼は鴻巣市のラーメン屋さんの「次念序」へ。

DSC_0200
つけ麺並盛(750円)と中華そば並盛(650円)を注文。
東池袋大勝軒、六厘舎の系譜の店らしいです。
つけ麺、美しい盛りの麺、濃厚な豚骨・魚介のスープ、やはり東池袋大勝軒、六厘舎の系譜ですね。
DSC_0201
中華そば麺もスープも、太さや濃さは違えどもつけ麺と同じテイストです。
DSC_0202
DSC_0203
食べ初めは本当に美味しいのですが、半分食べると飽きるという何時ものパターンです。   ご馳走様でした。

自宅(07:15)⇒まつぶし緑の丘公園(08:40)⇒川越(10:30~15:45)⇒自宅(17:45)

少し前に情報番組で、川越の紹介があって(案の定?食べ物中心なのですが)、久々に訪れることに。
2014年3月1日」にプレアデス号で訪れていて、4年振りですね。

先ずは朝食を。
タイヨー藤代店のベーカリーコーナーの食パンの「北のたより」(1.5斤、200円)、今時の柔らかいふわふわの食パンと異なり、昔風のずっしりもっちりで、結構気に入ってます。
1回分はそのまま、2回目以降は冷凍保存して、週に1~2回程度、美味しく頂いています。
DSC_9685


川越へ向かう途中、松伏町の「まつぶし緑の丘公園」に立ち寄りました。
DSC_9686
そよ風を受けて大きな鯉のぼりが泳いでいます。
DSC_9691
DSC_9694
さてこの花は、「あやめ(菖蒲)」?、「かきつばた(杜若)」?、「はなしょうぶ(花菖蒲)」?、でしょうか。
花弁の根元の黄色い部分に網目模様があり、乾いた地面に生えているので、「あやめ(菖蒲)」ですね。
この「見分け方」が判り易いです。
DSC_9695
この花は何でしょうかね?
DSC_9696
沼を巡る遊歩道
DSC_9697
DSC_9699

川越に到着して「あぐれっしゅ川越」に車を停めて、散策がてら「蔵造りの街並み」方面へ。
DSC_9703
蔵造の街並み、立派な蔵造りの商家が続いています。
DSC_9704
川越のシンボルの「時の鐘」
DSC_9707
スターバックスも、川越仕様です。
DSC_9706

今日のお目当ての店の一つの「小江戸おさつ庵」、何と臨時休業でした。
DSC_9705
こんなおさつチップスを食べる予定でした(NETから拝借)。
次回に期待しましょう。
IMG_2855

お目当てのもう一軒の「中市本店」、鰹節を中心とした乾物店で店頭で焼きおにぎりを焼いて売っています。
12時の販売開始前に長蛇の列でした。
DSC_9715
我家は11時40分ぐらい前に並んで、4番目。
DSC_9708
炭の強火で焼いて、さっと醤油を塗り、山盛りの鰹節と鰯節を振りかけて出来上がり。
DSC_9711
左が鰹節、右は鰯節(各220円)。
熱々で中がふっくら、焦げた醤油が香ばしい焼きおにぎり、たっぷりの削り節、文句の付けようのない美味しさです。
並んだ甲斐がありました。
DSC_9714
お目当ての3軒目の「茶和々」のソフトクリームのお抹茶(400円)と抹茶わらび餅(300円)。
DSC_9716
DSC_9717
抹茶!!!、兎に角濃厚です。
DSC_9718

結構食べていますが、それでも武蔵野うどんの名店の「藤店本店」でお昼を頂くことにして(前回も訪れています)、蔵造りの街並みから本川越駅(西武新宿線)、川越駅(JR)を越えて3km程歩いて行きます。
ランプの専門店でしょうか、なかなか不思議な店があります。
DSC_9719
クレアモール、賑やかな商店街が1km程でしょうか、続きます。
DSC_9724

ヤオコーの本社ビルの建築現場の前を通りました。
最も良く通っているスーパー(ヤオコー取手市戸頭店)の本社がこんなところにあるのですね。
DSC_9721

藤店本店」に到着
DSC_9722
肉汁うどん並(680円×1)と掻き揚げ(110円)を。
並とは言え、普通の店のうどんの1.5倍くらいで、肉汁も豚バラ肉ギッシリで油揚げと葱もたっぷりと、なかなかのボリュームです。
武蔵野うどんとしては、然程太くなく、またしなやかでゴワゴワ感が余り無く、食べやすいですね。
DSC_9723
お腹いっぱい、ご馳走様でした。

喜多院に寄ってアグレッシュ川越へ戻ることに。
喜多院の直ぐ近くの成田山川越別院、此処には八十八箇所の「お砂踏み」があります。

DSC_9725
第1番のお寺の碑とその石畳に埋め込まれた「お砂」から始まって、第88番までをお詣りできるようになっています。
「お砂踏み」は何箇所か見ていますが、こんなに立派なものは他にありませんね。
DSC_9726
DSC_9730

川越大師喜多院へ
DSC_9733
DSC_9734

今日の歩行距離は、まつぶし緑の丘公園と川越の街歩きで13km、川越の最高気温は29℃になったようで、距離数の割には歩きでがあったような・・・。
1525251730589

あぐれっしゅ川越に戻り、国道16号線を渋滞も無く走って、18時前には帰宅できました。
川越は面白い所ですね、また何時か、季節を変えて、訪れましょう。

自宅(07:30)⇒かわせみ河原(13:00)

鰻釣りの師匠のキャンピングカー倶楽部のNさんに誘われて、埼玉県寄居町の「かわせみ河原」でのキャンプに参加しました。
鰻釣り納竿キャンプと称して同じくキャンピングカー倶楽部のKさんも参加予定で、後はNさんのお知り合いの方で7~8台、10名くらいの参加になるようです。

道の駅はなぞので休憩。
FUKKACHAN MUSEUM
[画像:e8592c0a-s.jpg]
[画像:32b1aa0c-s.jpg]
[画像:82daee6f-s.jpg]
パン屋さんの「Ohaha」
[画像:370d9ffb-s.jpg]
サービスの珈琲と購入したパンを味見して休憩。
[画像:575d60b9-s.jpg]
菊花展を見物
[画像:6c5da477-s.jpg]
[画像:ef323354-s.jpg]
[画像:10d13fdd-s.jpg]
[画像:aaa4f156-s.jpg]

寄居町についてスーパーで買い物をして昼食はラーメン屋さんの「うさぎや」で。
[画像:19c821cb-s.jpg]
醤油ラーメン(680円)と半チャーシューご飯(180円)、醤油の立ったすっきりとしたス一プと喉越しの良い細麺でなかなか美味しい。
[画像:a61f448e-s.jpg]
久々のつけ麺ですが、こしが強く瑞々しい太麺、ボリュームもたっぷりです。
[画像:014d8815-s.jpg]
ご馳走様でした。

かわせみ河原キャンプ場に到着して。
[画像:e37b8173-s.jpg]
Nさんの巨大なHYMER(8m超え)の隣に停めたプレアデス号。
今日はスクリーンタープ一張りです。
[画像:7bbeedc9-s.jpg]
ストーブを焚くとあっと言う間に暖かくなります。
[画像:d4f9ef9b-s.jpg]
私は何時もの芋からの手作り蒟蒻。
[画像:620c9c7f-s.jpg]
15時頃から宴会が始まりました。
何時の如く、撮り忘れ多数です。
それにしてもNさんの料理は、キャンピングカーに負けず劣らず、とっても高級かつ豪快です。
[画像:658f933b-s.jpg]
[画像:00e50b52-s.jpg]
[画像:7f8ad3f2-s.jpg]
[画像:8b854bbc-s.jpg]
[画像:843b3d6d-s.jpg]
DSC_4937
DSC_4935
[画像:57960a75-s.jpg]
[画像:b6b9a2cd-s.jpg]
沢山食べて、沢山飲んで、第1日目は過ぎてゆきました。
[画像:575ce4b3-s.jpg]

今日は月例の墓参りと、埼玉県幸手市の権現堂公園の紫陽花見物へ。

中野の菩提寺はなつの装いです。
DSC_0836
DSC_0835
お供えの花に庭の紫陽花を添えました。
DSC_0834

幸手市について権現堂の前にお昼で、ラーメン屋さんの「ラーメンショップ 金田亭」へ。
ラーメンショップの中でも、「牛久結束店」、「かいざん」とトップを争っている一軒とのことです。
DSC_0839
チャーシュー面(手前、800円)、ネギラーメン(奥、750円)を注文。
旨味と塩分高めの背脂たっぷりスープ、ぽそっとした低加水率の中細麺、丁寧に裂いた穂先メンマ、ほろほろのチャーシュー(巻きバラ肉と肩ロース)、上質な海苔、ワカメ(これは要らないかな)とたっぷりのネギ、見た目通りの美味しさとボリュームです。
背脂少なめと味薄めの注文が良いですね。
DSC_0838
ご馳走様でした。

権現堂公園のあじさい祭り。
まだ少し、1週間程度、早かったようですね。
DSC_0840
権現堂公園紫陽花の一番の見もの、もう少し経つと白みが勝ってもっと綺麗になります。
DSC_0855
DSC_0854
DSC_0853
時期が早いだけでなく、今年は花の付きが悪いみたいです。
過去2回来ていますが、今年は一本の花房数、一輪の花数が少ないように感じます。
櫻もなの花もポピーも今年は良くありませんでしたが、紫陽花もですかね。
DSC_0843
ここから個々の花を。
DSC_0844
DSC_0845
DSC_0846
DSC_0847
DSC_0848
DSC_0849
DSC_0850
DSC_0851
DSC_0852
それでも紫陽花は好きです。
此処の花の、多彩な色とグラデーションの妙、多様な姿と風情、年に一度の楽しみです。
もう一箇所ぐらい行ってみましょうかね。

自宅(06:45)⇒長瀞(10:30)⇒寄居町(11:50)⇒埼玉農林公園(12:45)⇒自宅(17:00)

NHKの朝の情報コーナーで、埼玉県長瀞町の花菱草畑が紹介されていて、見頃は今週一杯とのことで行ってみることに。
そう言えば去年の今頃、同じようにNHKの朝の情報コーナーの紹介で「天空を彩るポピー畑(埼玉県東秩父村)」に行きましたね。

長瀞町に着いて、先ず「寳登山神社」へお詣り。
image

image

image

立派な神社で、創建千九百年、三峰神社と秩父神社とともに秩父三社の一つだそうです。
image

本殿は江戸から明治初期のもので、彫刻と彩色がなかなか見事です。
image


次に本日の小旅行の目的の「花の里の花菱草畑」へ。
盛りを少し過ぎていますが、綺麗に咲いています。
image

image

image

image

image

image

ポピーに似ていると思ったら、ケシ科ハナビシソウ属でポピー(ケシ科ケシ属)の近種ですね。
image

image

image

image

「天空を彩るポピー畑」に比べれば規模も華やかさも少々劣りますが、この時期ならではの花を楽しみました。

お昼は寄居のタレかつ丼の名店の「今井屋」で。
image

かつ丼(850円×2)を注文。
image

サクッと揚った肉厚の赤身のかつが甘辛いタレに漬けられて、こんもりとしたご飯に乗せられています。
かつもご飯も熱々で、甘辛いタレがよく合って、美味しい。
ボリュームもたっぷりで、お腹がいっぱいになりました。
image

昨日の今日で節制しなくてはならない身ですが・・・。
ご馳走様でした。

道の駅はなぞのふっかちゃんミュージアム」に寄りました。
image

image

2015年のゆるキャラグランプリ、なかなかの人気者ですね。

「埼玉農林公園」へ。
散策して、お昼のタレかつ丼による血糖上昇を抑える目論見です
image

うーん、いきなり、散策の効果が無いかも。
image

深い緑が綺麗です。
image

欅並木、これは面白いですね。
image


夕方、早くに帰宅。
5月最後の日、薄日が差す初夏のような陽気の一日でした。

かんなの湯の自由広場の2日目。
image

気温は0.7℃、剛も無く暖かい朝です。
image


オアシススクリーンタープを張り、中でスタッパーシートを敷いてアラジンを置き、炊きました。
image

あっという間に暖かいを通り越して暑くなり、スクリーンにする始末。
これは凄い。
image


今日は、近くの「おふろCafe白寿の湯」へ行って、ゆっくりまったりすることに。
image

温泉の写真は公式HPから拝借。
内湯がなかなか良い雰囲気なのですが露天風呂しかありません。
露天風呂は鮮やかな褐色ですが、内湯は緑褐色の綺麗な湯です。
それにしても床の堆積物は凄いです。
image

兎に角濃厚な温泉で、湯中り防止で薄めているそうです。
ナトリウム‐塩化物強塩泉(高張性中性低温泉)・加水加温源泉循環掛け流し併用・泉温25℃/湯船40~42℃・緑褐色~濃褐色・無臭・塩っぱ‐ダシ・トロミツルスベ・今風立ち寄り湯系
さてこの店の楽しみは、多彩な休憩スペースです。
円形の窪みのスペースと沢山の雑誌と漫画。
image

image

ハンモック
image

半分押し入れのような箱形のボックス
image

無料の高機能マッサージチェア
image

お昼はレストランで、深谷ねぎラーメン(750円)、地元赤城鶏の醤油麹つけ唐揚げ定食(88円)、角谷卵のとろとろ親子丼(880円)、なかなか美味しかったです。
image

image

image

ご馳走様でした。
食後にまた一風呂浴びて、10時30分から15時30分まで5時間、ゆっくりと寛ぎました。

夕食はタープの中で、焚き火台の炭火でビアチキンを。
国産の小降りの安い丸鶏ですが、胸の部分もしっとりと焼き上がり、結構美味しいですね。
image

ご馳走様でした。

image

星空が綺麗で、明日の朝は冷え込みそうです。

自宅(9:30)⇒道の駅かわもと(12:45)⇒かんなの湯自由広場(14:15)

次女が帰宅して、近場の温泉へ行こうとなり、また、先日リサイクルショップで買ったコールマンのオアシススクリーンタープwithフラップと2011年の東日本大震災の時に購入して一度も使ったことの無い石油ストーブのアラジンで、冬キャンプの真似事をしようと、埼玉県児玉郡のかんなの湯へ。

道の駅かわもとでお昼と野菜の調達。
image

きのこうどん(550円)、肉うどん(550円)、カレーうどん(700円)、てんぷら盛り合わせ(150円x2)。
武蔵野うどんの系譜ですが、やや上品な手打ちうどんです。
うどんもサクサクのてんぷらの盛り合わせも美味しく、ボリュームたっぷり。
image

ご馳走様でした。

かんなの湯の自由広場に到着。
スクリーンタープを張ろうとしたら強い風が吹き始めたので、今日は断念して、明日朝に張るとに。

本日、アクセスが50,000を越えました。
お越し頂きました皆様にお礼申し上げます。


自宅(08:40)⇒道の駅ゆめすぎと(10:00)⇒かんなの湯(13:45)

今年の夏に、北海道の枝幸のかに祭りでお世話になったmixiのコニュニティの「Kさん」の声掛けで、埼玉県の神川町の「かんなの湯」の自由広場でのプチオフ会に参加することに。
かんなの湯は、関東のキャンピングカー乗りの中では有名ですが、私は初めての訪問です。
途中の「道の駅ゆめすぎと」と「道の駅かわもと」で蒟蒻芋や野菜を調達しました。
DSC_5764

お昼は「らーめん まる汁屋」で。
この季節は、ラーメンが多くなりますね。
image

らーめん(780円×2)と辛み調味料(50円×1)。
醤油がたった無化調のすっきりとした味わいのスープに、低加水率のパキッとした中細麺でなかなか美味しい。
後半、デスラーと称する辛み調味料を加えて味の変化を楽しみました。
DSC_5765
ご馳走様でした。

かんなの湯の自由広場に着くと、既にKさんがプチオフ会のメイン施設の薪ストーブテントを設営していました。
DSC_5766
市販のテントを改造した特別仕様。
DSC_5767
真ん中に薪ストーブ、煙突はテントに開けられた孔を通して外へ。
孔とその周辺は不燃布等で対策しています。
DSC_5768
煙突から煙が出ていて、とても良い感じ。
DSC_5771
夕食の準備、道の駅かわもとで購入した蒟蒻芋で蒟蒻造り。
DSC_5770

皆さんも三々五々集まって、食事を作ります。
薪ストーブを焚くとあっという間に暖かく快適になります。
焚火は火が当たる部分だけですが、薪ストーブテントは本当に暖かくて、真冬の野外であることを忘れてしまいそうです。
DSC_5778
ストーブの天板に乗せれば、揚げ物もサクサクに温まります。
煮る、焼く、温める・・・調理道具としても優れていますね。
DSC_5775
おでん
DSC_5774
刺身蒟蒻
DSC_5776
料理もお酒も沢山なのに、殆ど写真がありません。
DSC_5780
遅くまで、美味しい食事とお酒と四方山話を楽しみました。
DSC_5781
静かに夜は更けました。
DSC_5779

自宅(08:45)⇒越谷リユース展望台(09:55)⇒行田古代蓮の里(12:15)⇒道の駅南魚沼(18:30)

新潟から南東北のショートトリップ第1日で茨城県⇒埼玉県⇒群馬県⇒新潟県と移動。
今回のテーマ、一番搾りの都道府県別(埼玉、新潟、山形、福島)の入手、新潟と山形のご当地&ソウルフード、ながい百秋湖のパドリング、諸橋美術館・・・他、です。

田圃アートその1、越谷リユース展望台から。
image

越谷出身のリオ五輪のバタフライの星奈津美選手がモチーフです。
image

東京方面、スカイツリーが見えます。
image


途中、春日部市のイオンモールで一番搾りの埼玉づくりを購入。
8月2日が正規の発売曰ですから、フライング気味ですね。

田圃アートその2、行田の古代蓮の里のタワーから。
ギネス世界記録で「最も広い田圃アート」として認定された行田の田圃アートと「最も長く続いている日本のロールプレイングゲーム」として認定されたドラゴンクエストとのコラボレーションとのこと。
お見事です。
image

歴代の作品と比較しても一番の出来でしょう。
image

image

image

image

蓮も盛りは過ぎましたが、まだ綺麗に咲いています。
image

image

image


お昼は行田の饂飩屋さん「大地」。
image

空の御膳(冷しぶっかけ、半熟卵天、たぬき丼、680円)と大地の恵み天(冷し生醤油大盛、天婦羅6種、920円)。
image

image

立派な讃岐うどんです。
天婦羅も申し分なし。
美味しくてボリュームもたっぷり、ご馳走様でした。

大雨の中、三国峠を越えて本日のp泊は「道の駅南魚沼」、車中泊が数台でキャンピングカーは我が家だけ。
埼玉づくりを何時も通りに取手づくりと頂きます。
image

とても良く似ていて、美味しく、区別がつきません。
こんなパターンは初めてです()。

余り行ったことの無い北本と越谷辺り訪れることに。
上州/信州方面へ行く時、長年に亘って取手⇒野田⇒春日部⇒杉戸⇒幸手⇒加須⇒鷲宮⇒加須⇒行田⇒熊谷と、混まない下道を探して今のルートを作り上げましたが、傍の町は寄ることが殆どありません。
そこで、北本市の江崎グリコの工場見学(グリコピアイースト)と学校給食歴史観、越谷市では田んぼアートと花田苑を訪れることに。

杉戸の「道の駅ゆめすぎと」で野菜の調達。
埼葛広域農道にある道の駅で、国道、県道に面していない道の駅というのも珍しいかもしれません。
DSC_2220

北本市の和菓子屋さんの「岡乃屋」
DSC_2223
トマト大福と麩饅頭
DSC_2224
北本市の名産のトマトを使ったトマト大福、餡にはトマトの果肉、さらにミニトマト1個丸ごと入っていて、なかなかのトマト感で美味しい。

埼玉県学校給食会の「学校給食歴史館」へ
DSC_2225
その敷地の片隅にありました。
DSC_2226
DSC_2234
DSC_2228
私が小学校の頃ですね。
確かに主食1品とパンと脱脂粉乳、こんな感じでしたね。
DSC_2229
最近の給食、隔世の感がありますね。
DSC_2230
小さい博物館ですが、見所満載でなかなか良いですね。
DSC_2231

グリコピアイーストで工場見学。
DSC_2235
イベントカーですかね?
DSC_2239
image

映像⇒製造ライン見学⇒シアタークイズ他で約70分。
ポッキーとプリッツの製造工程、しっかり製造ラインが動いていて、面白い。
シアタークイズも工夫もなかなか手が込んでいて、楽しく、これは子供に大人気ですね。
お土産も頂きました。
DSC_2243

お昼は北本市の武蔵野饂飩の名店の「元祖田舎っぺうどん北本店」で。
DSC_2242
DSC_2240
なす汁・もりうどんの(熱もり、600円)と肉ねぎ汁・大盛(700円)。
もりうどんと大盛で茹で上がりは1kgだそうです。
ごわっとしていながら、つるんとした食感で、武蔵野饂飩としては食べやすい方ですね。
小麦の香りもあって、なかなか美味しい。
勿論、ボリュームたっぷりで、お腹は一杯です。
DSC_2241
ご馳走様でした。

さて、少し遅くなって越谷を目指したのですが、16時を過ぎてなんと、田んぼアートの展望台と花田苑の入園時間が終了でした。
リベンジを予定します。


自宅(09:10)⇒ぎょうざの満州久喜店(11:10)⇒羽生PA(12:30)⇒道の駅月野夜矢瀬親水公園(16:00)

埼玉県から群馬県の小旅行第1日目。
今回のテーマは、奥利根湖パドリング、羽生PAの鬼平江戸処(一般道から)、スーパー ケンゾー、ぎょうざの満州、後は行き当たりばったり・・・・、です。

一度行ってみたいと思っていた「ぎょうざの満州」、東関東中心のチェーン店、私の分類ではローカルフードです。
調べて判ったのですが、ぎょうざの満州は駅前で展開しているチェーン店で、キャンピングカーで行くのは結構辛いですね。
今回は「ぎょうざの満州久喜西口店」です。
満州ラーメンとぎょうざセット(560円)、醤油つけ麺とぎょうざセット(650円)を注文。
ラーメンとつけ麺は、中華チェーンらしく普通に美味しい。
餃子は、餡は野菜多めで結構大蒜が利いていて、皮はもっちりながらカリっと焼き上がっていて、なかなか美味しい。
image

image

image


今話題の羽生PAの鬼平江戸処に一般道から寄ってみました。
image

image

image

image

人気なのも判りますね。

スーパー ケンゾー本店(羽生)で買い物、ぎょうざの満州とこのスーパーはNAC5のCM繋がり、超ローカルですな(^^;)。
image


本日のP泊は「道の駅月野夜矢瀬親水公園」で、その前にそそる看板に釣られてつい・・・、「高橋の(蒸し焼き)若鳥」、道の駅に着いて早速ビールと、美味しゅうございました。
image

image

image

image


道の駅と周辺の公園を散策。
image

image

image

image

image

image

静かでなかなか良いところです。






相方の母上、次女、相方、私の4人で、埼玉県北葛飾郡杉戸の「杉戸天然温泉 雅楽の湯」へ。

一日は近場の温泉へ、できれば訪れたことのない所へ行こう思い、相方が見付けました。

公式HPから、
「かつて日光街道の宿場町として栄えた杉戸町に天然温泉「雅楽(うた)の湯」が開湯(2012.4.11)しました。源泉かけ流しの温泉、高濃度炭酸温泉、岩盤処、ビュッフェレストラン、癒し処、カットサロンなど、一日ゆったりおくつろぎ頂ける空間をご用意致しました。日帰りで「ちょっと温泉旅行気分」をお楽しみ下さいませ。」
「nifty温泉:全国人気温泉ランキング3年連続第1位。2015.12.16
お陰様で@nifty温泉さんの人気温泉ランキングで当施設が2013年から3年連続で全国第1位(日本全国約1万施設の中から)に選ばれました。」

我が家から関越道の花園ICへ行く何時もの道の直ぐ脇で家から1時間30分ぐらいの所にあります。

image

以下のお風呂の写真は公式HPより拝借。
生源泉内湯(掛け流し)
image

坪風呂・石風呂(掛け流し)
image

あつ湯(掛け流し)
image

岩湯(掛け流し)
image

寝湯
image

高濃度炭酸温泉
image

シルク風呂
image

その他、全11種の風呂があります。

ナトリウムー塩化物温泉(高張性・中性・高温泉)・トポトポ~ドポドポ源泉掛け流し・黄褐色白濁・鉄臭・塩味&旨味・サラサラ系。
我家の定番の「手賀沼温泉 満天の湯」の泉質とそっくりな感じです。
深く掘ると似るんですかね。

泉質、設備ともに素晴らしく、入浴料は(1,050ー100)円と少し高目ですが、納得です。

お昼はビュフェ(1,580ー100)円を頂きます。
image

image

image

image

image

野菜が一杯、どれも丁寧に作られていて、なかなかのどうして、美味しいです。
尚、一言、皆さんの皿も撮ったもので、私が全部一人で食べたわけではありません。
ご馳走でした。

食後はゆっくりと岩盤浴(500円)、最後に一風呂汗を流して夕方になりました。

東武動物公園駅まで送ってもらい、私は東京駅へ。
元勤め先の現役の方に誘われて一杯呑むことに。
茅場町から日本橋、東京へと歩きました。
此のアタリを歩くのは今年の3月末以来ですが、とても久し振りのような感じです。
image

image


東京駅の近くで、皆さんと会社の近況を伺いながら、お酒と美味しい肴を頂き、楽しく過ごしました。
相変わらず、皆さん忙しくされているようですが、お身体を大事に良い年をお迎えください。
有り難うございました。

越谷レイクタウン」へ。
先日、次女の買い物に付き合ったのですが、買いそびれの品があり、相方と二人で行くことに。
image

クリスマスディスプレイです。
少し前までは街の至る所に結構派手なクリスマスディスプレイが至る所に在ったような…。
最近は余り見かけないような気がします。

予定通り買い物は終わりまして、お昼は、以前「運河大師」の結願の時に食べに行って、混んでいて断念した流山のラーメン屋さんの「長八」に行ってみることに。

なかなか風情のある、蕎麦屋さんのような店構えです。
image

ねぎチャーシューメン(740円)、チャーシュー麺+煮玉子(740円+100円)。
image

脂こってりめの豚骨、醤油が勝って、強い大蒜風味の個性的なスープです。
極太平打ち麺で、殆どフィットチーネ、此も個性的。
キャンピングカーの旅@埼玉県・群馬県の旅第2日目(累計69日目)で訪れた「みやご食堂」の麺を思いだしました。
厚みのあるチャーシューは、ホロッとしたコンビーフのようでボリュームたっぷりですがさっぱりとしています。
ねぎチャーシュー麺は、炒めたねぎがたっぷり乗っていて、良い風味が出ています。
ねぎチャーシュー麺とチャーシュー麺は同じ740円ですが、チャーシューの量は変わらず、炒めねぎとメンマの有無の違い、ですかね。
暫くすると、思い出して、また食べたくなる、そんな美味しさですね。
ご馳走様でした。


自宅(05:00)⇒中野⇒小平⇒権現堂(12:50)⇒自宅(17:00)

思い立って、昨日に引き続き、紫陽花見物へ。
月例の墓参りと次女への届け物の後、幸手市の権現堂に行きます。

中野の両親の菩提寺、雨が降っています。
image


権現堂到着、ウィークデーで道が結構混んでいました。

権現堂堤 あじさいまつり」(6月6日~7月5日)です。

image

image

知っている数少ない品種、墨田の花火。
image

image

image

image

image

image

image

image

変わった柏葉紫陽花。
image

image

image

image

image

image

雷電、とても綺麗な青色とグラデーション。
気に入って買うことに。
image

image

image

image

image


色々な品種が展示されていて、名札も付いています。
image

image

image

image

image


権現堂堤は品種が多く、規模も大きく、植方も工夫があリ、なかなか見応えがあります。
堪能しました。

お昼は幸手市の「農家料理なごみ」で。
image

image

季節の風セット、メインはサックサク春巻きと鶏のやわらかオーブン焼き。
image

image

重ね煮」という料理だそうです。
ご馳走様でした。



昨日は午前様でゆっくりと寝坊しました。

三郷の「スーパービバホーム」へ買い物へ。
image

お昼をフードコートで。
麦丸の饂飩(私)とモスバーガー(相方、次女)。
image

ご馳走様でした。

次女の部屋の春~秋用のマットを買おうと探したのですが、適当なものがありませんでした。
フードフレッシュバッグ(簡易な真空用パック用の袋)と片手のグリルパンを購入。
image


流山の「角上魚類」で夕食材(真鰯、甘海老、鰹さく)を購入。
image


ユニクロでライトポケッタブルパーカーを購入。
ポタリングとパドリング用です。
パドル、帽子、パーカー、ズボンがカモフラージュで揃いました。
image

image


夕方に散髪に行って、帰りの利根川の土手。
菜の花が咲いていました。
image

今晩のおかずの足しに。
image


本日の夕食。
鰹と甘海老と真鰯の刺身、鯖の干物(勝浦釣行の釣果)、焼き野菜、菜の花のお浸しの辛子和え。
image

ご馳走様でした。

道の駅川場田園プラザ(05:50)⇒湯の湖(07:15~08:00)⇒大谷資料館(09:15~10:20)⇒権現堂堤公園(12:00~12:50)⇒大勝軒しのや⇒自宅(14:30)
道の駅川場田園プラザの朝
image

金精峠を越えて、奥日光の湯の湖で朝食を。
image

ベーコンとレタス、ベーコンと野菜のスープ、自家製ピクルス、道の駅川場田園プラザのパン工房のパン。
ベーコンがとても美味しい。
御馳走様でした。
image

大谷資料館へ。
大谷石の地下の巨大な採石場跡を公開していて一度行ってみたいと思っていました。
入館料(700円×2のところJAF割引で600円×2)
大谷資料館その1、エントランス
image

大谷資料館その2、中の温度は8℃とのことでウルトラライトダウンを着込んで地下へ
image

大谷資料館その3、更に地下へ
image

大谷資料館その4
image

大谷資料館その5
image

大谷資料館その6
image

大谷資料館その7
image

大谷資料館その8
image

大谷資料館その9
image

大谷資料館その10
image

大谷資料館その11、スマホのカメラの限界ですね。
image

大谷資料館その12
image

大谷資料館その13
image

大谷資料館その14、旧帝国ホテルのレリーフのレプリカ
image

いやーなかなか面白い処でした。
次は「権現堂堤公園のアジサイ祭り」へ。
4月の初旬に桜の花見に来ました。
権現堂堤公園は、水仙(1~2月)、桜と菜の花(4月)、アジサイ(6月)、彼岸花(9月)が楽しめるとのことです。
権現堂堤公園アジサイ祭りその1
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその2、見事な咲きっぷり
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその3
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその4
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその5
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその6
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその7
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその8
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその9
image

権現堂堤公園アジサイ祭りその10
image

規模が大きくて、一面の白いアジサイの斜面は圧巻です。
明るい日差しを受けたアジサイもまた良いですね。
秋の彼岸花も楽しみです。
お昼は、幸手の広域農道にある「大勝軒しのや」へ。
花園インターへ行く道すがら、一度寄ってみたいと思っていました。
中華そば(730-50円、少なめ210g)、スタ辛つけ麺(880円、普通300g)を。
中華そば
image

スタ辛つけ麺
image

大勝軒の定番の美味しさ、ボリュームもたっぷりで、ご馳走でした。
赤城山の大沼ポタリング、川場村のウォーキング、大谷資料館、権現堂堤公園アジサイ祭りと盛り沢山の旅でした。
道の駅川場田園プラザは、さすがにアンケート日本一で、バラエティーに富んだ立派な施設、地場物産をふんだんに活用した物産店と飲食店、家族連れだったら半日はゆっくりと楽しめるでしょう。
違う季節に来てみたいと思いました。
今回走行距離:415km
給油無しで計算できませんが、燃料計で見ると、10km強です。
前回も10km超で、どうしてでしょうかね。
さて、次は何処に行きましょうか。

権現堂公園(07:45)⇒吉見桜堤公園(09:00)⇒四方吉うどん(10:10)⇒吉見百穴(10:50)⇒道の駅いちごの里よしみ(11:50)⇒石戸蒲桜(12:30)⇒栃木市役所(14:45)⇒湯楽の里(17:10)⇒道の駅にしかた(18:45)
早期、権現堂桜堤へ。
権現堂桜堤その1
image

権現堂桜堤その2
image

権現堂桜堤その3
image

権現堂桜堤その4
image

権現堂桜堤その5
image

権現堂桜堤その6
image

権現堂桜堤その7
image

昨夜の夜桜、晴れた朝の桜と菜の花、堪能しました。
権現堂公園は6月の紫陽花、9月の彼岸花も良いとのことで、行ってみましょう。
桜巡りその2、埼玉県比企郡吉見町の「吉見桜堤公園」へ。
行く途中、富士山が。
image

吉見桜堤その1
image

吉見桜堤その2
image

吉見桜堤その3
image
 
吉見桜堤その4
image

吉見桜堤は、こじんまりとしていますが、なかなかの風情でした。
早めのお昼を「四方吉うどん」で。
image

辛ねぎ入り肉汁うどん小(735円)ときのこ汁うどん小(630円)とちくわ天(105円)、とり天(105円)。
image

腰は強くても、つるっとしなやかで、武蔵野うどんより食べ易いですね。
小でも400gでボリュームは充分です。
辛味噌で和えたネギが美味しい。
きのこ汁は肉厚の椎茸が軸ごと入っていて、しっかり旨味が出ています。
ご馳走様でした。
11時から吉見桜祭りの会場で農産物の抽選会があるとのことで、吉見百穴の会場へ。
15分前でしたが、もう行列ができていました。
image

相方は肉厚の椎茸、私はとちおとめ、ぽん菓子のおまけ付き。
image

「椎茸と苺がいいね」なぞと言いながら籤を引いた結果。
最近、運を使い過ぎているような気がします。
吉見百穴近くの「岩室観音堂」に行ってみました。
崖造りという様式で珍しいそうです。
image

観音堂の上に胎内巡りがありました。
image

何とハート型です。
image

桜巡りその3、さて次は埼玉県北本市の「石戸蒲桜」です。
石戸蒲桜その1
image

樹齢800年以上、エドヒガンと山桜の交配種、日本五大桜の1つだそうです。
小振りな古木ながら、白い花が鮮やかです。
日本五大桜:福島県三春の瀧桜、山梨県山高の神代桜、岐阜県根尾谷の淡墨桜、静岡県狩宿の下馬桜、埼玉県北本市の石戸蒲桜
何時か、残りの四つを巡ってみたいものです。
石戸蒲桜その2
image

次は栃木市へ。
お気に入リのブログの「よござんす日誌」で紹介されていて、一度行ってみたいと思っていました。
前回のキャンピングカーの旅の時、時間切れで行けませんでした。
途中の和菓子屋さん「宮千明」でおやつを。
image

醤油(70円)、草餅(90円X2)。
image

栃木市に着き、市役所に駐車して、
アルブレズK&H号で散走へ。
先ずは旧市役所へ。
数ヶ月前まで現役だったそうです。
色も素敵ですね。
栃木市散策その1
image

栃木市は蔵と運河の街と言われているそうです。
image

栃木市散策その2、鯉が沢山。
image

栃木市散策その3、巴波川の鯉幟の飾り付け。
image

栃木市散策その4、旧共立銀行。
image

栃木市散策その5、蔵と観光のさっぱ舟。
image

栃木市散策その6、メイン通りの蔵造りの店image

栃木市散策その7、教会が多いように思うのですが。
image

1時間、4kmの散走でした。
運河も街並みも綺麗に手入れされていて、市をあげて美化に取り組んでいるのでしょうね。
四季折々、良さそうです。
また来ましょう。
本日のお風呂は、栃木市の立ち寄り湯の「湯楽の里」(840円×2)。
image

露天風呂の1つが源泉掛け流しなのですが、泉質はねっとりと濃くて肌にまとわりつくような、とても良い温泉でした。
本日のP泊は、栃木市から北へ10km程の「道の駅にしかた」です。

子供達二人は行ったことがないというので、IKEA(三郷)にお昼を兼ねて寄って、その後は我が家で頼りにしている(?)櫻木神社(野田市)へ初詣に。
IKEA(三郷)、ソロソロ正月に飽きた人が来ているのか、結構混んでいます。
DSC_1460
ぶらぶらと店内を見ていると結構時間が経ち、お昼となりました。
一度お昼を食べたいと思っていました。
ビーフシチュー(699円)、スエーデン・ミートボール(20個、799円)、サーモンマリネ(399円)、サラダ(299円)、アークティックブレッド(60円×2、画像なし)、ゴマのラウゲンベーグル(130円)、ロールケーキ(*199円)、アーモンドケーキ(*199円)、濃厚チーズケーキ(*349円)。
デザート*はIKEA会員で15%引きでした。
DSC_1459
どれも美味しかったのですが、ミートボールとアークティックブレッドが気に入りました。
御馳走様でした。
野田市の櫻木神社へ。
この神社は子供達の進学の時、御利益がありました。
(勿論本人たちの努力があってこそでしょうが。)
彼此9年通っています。
櫻木神社の大きな鳥居。
DSC_1462
参道
DSC_1463
新しく造ったようですが、木をふんだんに用いて大変豪華な本殿です。
こんな社はそうそうできないでしょうね。
DSC_1468
其々、御札、お守り、絵馬等を買い求め、御神籤を引きました。
境内入ったところに大きな干支を描いた絵馬があるのですが、9年前初めて来た時は「上手い!」、次の年は「まあまあかな?」、その次の年からは現在に続く・・・、といった感じです。
DSC_1470
境内の菅原神社、午後の長い影が。
DSC_1471
さて、明日で正月休みは終わりです。
良い正月でした。

台風18号が接近中ということで早々に帰宅の途へ。
「道の駅こもち」http://komochi.com/pc/で野菜を仕入れましたが、台風のせいで、野菜も人も少ないですね。
DSC_0729
加須の竜神洞http://tabelog.com/saitama/A1104/A110403/11002655/でお昼。
草津の行き帰りで通る度に気になっていた店です。
相方の鳥そば(680円)。
濃厚な鳥だしで美味しいです。
DSC_0730
私のつけ麺(中盛り、750円)。
太麺で食べごたえがありました。
DSC_0731
御馳走様でした。
自宅着(14:30)。
台風の風は収まりつつあります。
庭の皇帝ダリアは支柱ごと折れてしまいました。
3年連続で花を見ることができませんでした。

三日間ゆっくりとしました。
草津温泉の最高気温は26℃前後で、15日の朝は風が強くて寒いくらいでした。
さて帰りましょうか。
帰りの定番で「道の駅こもち」で野菜を仕入れました。
関越道の花園インターで降りて、ふと思いつきで「さいたま水族館」http://www.parks.or.jp/suizokukan/に寄ってみることに。
熊谷⇒行田⇒羽生、で「さいたま水族館」へ。
DSC_0377「さいたま水族館」の入り口です。
広大な羽生水郷公園の中にあり、当然淡水魚の水族館なのですが、結構充実していて面白かったです。
水族館の外の池には、巨大な草魚、連魚が”池の鯉”状態で、迫力が。
2m近いチョウザメも。
羽生水郷公園にはレンタルカヌーもあり、季節が良くなったら、再訪したいと思います。










DSC_0379「さいたま水族館」前の「キヤッセ羽生」http://www.hana-beer.com/agri_park/入り口の蓮畑(白色)。


















DSC_0378入り口の蓮畑(紅色)。
ということで紅白になっています。


















DSC_0380埼玉で加須、羽生辺りといえば、うどんということで、「キヤッセ羽生」の「むじな庵」http://tabelog.com/saitama/A1104/A110403/11020069/で冷汁うどん(680円)と田舎汁うどん(620円)と野菜のかき揚げ(150円)。
うどんはこしも程よく、小麦の香りもしました。
冷汁は濃いめの味噌味と胡瓜で西の方の冷っ汁に似ています。
田舎汁は炒めた長葱と鴨代わりの油揚げであっさりとしています。
ご馳走様でした。
結局のところ、3日間のお昼は皆麺類。
3時30分には帰宅。
31℃で先週のような暑さはありませんでした。
















このページのトップヘ