烟霞淡泊

カテゴリ:食事&食事会 > 茨城県

RVランドの年賀状の「本社展示場にて豪華景品が当たる抽選会開催」に釣られて、久々に出掛けました。
外れでしたが、車用水拭き布やサランラップやらの詰め合わせを頂きました。KIMG5567


RVランドの常総市大塚戸から帰る途中、水海道に寄り「フラット294!」を使って街中を散策することに。
常総市の市役所に車を停めてスタートします。
KIMG5515
常総市のキャラクターの姫乃砅花(れいかと読むらしい)が居ました。
KIMG5516
KIMG5517
御城公園
KIMG5520
KIMG5521
八幡神社、なかなか立派お社です。
KIMG5522
大楽寺、こじんまりとしたお寺ですが、なかなか良い雰囲気です。
KIMG5523
KIMG5524
KIMG5526
報国寺
KIMG5528
二水会館(旧水海道町役場庁舎)、国登録有形文化財で、美しい建物です。
KIMG5529
TK STORE、ブラジル食材のスーパーマーケット。
2013年9月1日2017年11月9日に訪れています。
変わった食材とテイクアウトもあってなかなか面白い店です。
KIMG5530
まだ正月休み(?)でしょうか?
営業日と営業時間の表現、ちょっと日本ではしないですよね。
火曜日が定休日と理解するまで時間が掛かってしまいました。

KIMG5531
用品店のロコレディー、茨城県で手広く洋装店を展開している企業で、水海道が本店でした。
KIMG5540
その前の駐車場に、映画関連の看板のようなディスプレイが沢山ありました。
KIMG5535
KIMG5536
どうやら寳来館という映画館の跡地のようで、観ているとロコレディから中年の男性(店主というより社長さん?の羽富さんだと思います)が出てこられて、寳来館のことや「懐かシネマ」等について色々と説明して下さいました。
色々な街おこしにトライされているようで、面白くお話を伺いました。
昨年の9月8日に「第5回懐かシネマ」*が開催されたようです。
*:寶来館は終戦後の1946年から73年まで、宝町の駅通り商店街で営業。跡地は現在、婦人服店の駐車場となっている。懐かシネマは、この婦人服店を営む羽富都史彰さん(58)が中心となって企画。3年前の関東・東北豪雨で浸水被害を受けた商店街に、活気を取り戻そうという思いも込められている。
KIMG5533
KIMG5537
KIMG5538
もしかして、羽富さんはオードリー・ヘップバーンがお好きなのかも。
KIMG5541
KIMG5542
KIMG5543
KIMG5544
ロコレディのお隣の羽富さんお奨めの「甘味処きくりん」で大判焼きを頂きます。
KIMG5539
程好い甘さの餡、冬の散策のおやつにピッタリです。
KIMG5545
KIMG5546
珍しや、火の見櫓
KIMG5547
これまた最見ることも無くなった商店街の横断看板
KIMG5549
古い洋館も結構あります。
KIMG5550
KIMG5551

今日の散策の軌跡、4.9kmと先ず先ずの散策でした。
Screenshot_20190107-141552
Screenshot_20190107-141620

お昼は少し遅くなりましたが、横浜家系・王道家直系の「熊田屋」(熊田屋)で。
KIMG5555
ラーメン(700円×2、味薄め)とチャーシュー丼
KIMG5552
濃厚な醤油豚骨、平べったい楕円の麺、燻製チャーシュー、くたっと煮たほうれん草、美味しい家系ラーメンです。
刻み生姜、各種大蒜とトッピングも多彩で、取手の「王道家」とよく似ていますね。
KIMG5554
ご馳走様でした。

帰宅して、またまた沈む夕陽を観察。
良く晴れているのですが、富士山の辺りに雲が掛かって見えません。
KIMG5556
KIMG5557
ダイヤモンド富士への道は遠いです

国道294号線を走ると国道354号線との交差点にここ1年くらいに「つくば温泉 喜楽里 別邸」の看板が立てられて、気になっていました。
NETで調べると少々料金が高く、足が遠かったのですが、まあ一度行ってみようということになりしました。
(写真は撮り忘れで、料理以外は公式ホームページの写真を借用しました。)
料金は、入浴料:1,200円と別途岩盤浴料:300円(バスタオル・浴衣料込み、土日祝料金、平日は1,000円/280円)です。

源泉掛け流しの露天風呂、なかなか気持ちの良いお風呂です。
ナトリウム-塩化物泉(低張性・弱アルカリ性・温泉)・無加水(無)加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:35/41・無色透明・無臭・微塩味・ツルスベ・今時風立ち寄り温泉系。
露天風呂のみが源泉掛け流しで、他は循環や真湯という立ち寄り湯が関東の郊外に結構多いですね。

内湯の人工の高濃度炭酸泉、ちょっとカルキ臭が強いかな。


一風呂浴びてから、食事処の風玄で昼食を摂りました。
三元豚のかつ丼(908円)
KIMG5062
名称失念、ざるそばと天婦羅と小ちらし寿司(1,180円)
KIMG5063
少し残念なところがありましたが、まあ美味しく頂きました。

岩盤浴、半個室のようなところもあって落ち着きます。
途中でアロマロウリュウと名付けられたイベントがありました。
柑橘系のアロマ水を中央の熱く熱した石に掛けて蒸気を発生させて、その蒸気を従業員が大きな団扇で岩盤に仰向けなっている人に煽ぎ掛けるというもので、なかなか気持ちが良かったです。
フォトアルバム10

その後、また温泉にゆっくり浸かって上がりました。
平日だと1,280円、落ち着いた雰囲気で一日ゆっくり楽しめ、良いかもしれませんね。


TORIDE ART PATH 2018の2日目です。

今日は工房ワークショップで「サンドブラストでオリジナルストーンタイルをつくろう」に参加する予定です。
昨年から始まったイベントで、我が家は連続2回の参加です。
11:00~12:30と14:30~16:00の2回で各10名なので受け付け開始の10:00前に並んで6番目と7番目、直ぐに3人が並んで定員、危なかったですねー。

予約が終わったので、昨日行けなかった美術館取手館へ。
大掛かりな作品の展示があってなかなか見応えがあります。
KIMG4881
KIMG4874
KIMG4873
KIMG4877
KIMG4878
KIMG4879
KIMG4876

工房ワークショップで「サンドブラストでオリジナルストーンタイルをつくろう」です。
昨年の経験(昨年は用意されていたサンプル図柄からチョイス)から予め図柄を用意しました。
石板の合わせて切り取り。
強力な糊の付いたゴム版を張り付け、カーボンを上に載せ、更に図柄紙をセロハンテープで留めて、図柄をゴム版に転写します。
KIMG4883
デザインカッターで図柄を切り出します。
見た目通りの仕上がりにするために、黒い所はゴム版を残し、白い所はゴム版を切り取るように、作業をしていきます。
その作業に1時間近く掛かりました。
KIMG4885
皆、もくもくと。
KIMG4887
ゴム版切り取り終了です。
次の行程でサンドブラスト(高速で研磨砂を吹き付ける)を掛けると、黒い所が削られて白くなり、ゴム版で保護されているところは黒いまま残る、となります。
KIMG4889
相方の猫、ちょっと表情が怖いかも!?
1543740421889
サンドブラストして、保護分のゴム版を剥がします。
KIMG4891
完成です。
先ず先ずの出来かな?
KIMG4893
相方の猫、可愛い!!!、反転すると表情が全く変わるんですね。
1543740399897

お昼は、佐藤研のPizza Camera Ardenteで昼食を頂きました。
KIMG4900
手製のピザ窯と薪で焼きます。
KIMG4896
ダッチオーブンで焼く塩豚
KIMG4897
ミネストローネ(200円)と塩豚(300円)
KIMG4895
マルゲリータ(700円)
KIMG4898
カルツォーネ(800円)
KIMG4899
なかなか本格的で美味しですね。
塩豚、気に入りました、今度真似してみましょう。

野焼きで素焼きの植木鉢を焼いているそうです。
KIMG4901

TORIDE ART PATH、2日間楽しみました。
また来年も訪れましょう。

3週間振りで小貝川ふれあい公園パークゴルフ場へ。
出掛ける頃になって、小雨がパラつきましたがまあ何とかなるでしょう。
9時45分頃に到着しましたが、駐車場には沢山の車が。
パークゴルフ場は月曜日が定休日で、そのせいでしょうか相当に混んでいます。
KIMG3601
管理事務所に寄って手続き。
前回訪れた時に6回分回数券(2,500円)を購入しています。
1回当たり417円、正規の料金は500円なので16%引きとお得です。
こんな張り紙がありました。
明後日にリスカ杯という大会があるとのこと、今日の込み具合はその練習に訪れている人が多いのが原因かもしれませんね。
KIMG3622

4コース36Hと関東では比較的大きく、規模の割に使用料が廉価なパークゴルフ場です。
KIMG2741
結構待ち時間があって、前回は各コース4回ラウンド(延べ16コース144H)しましたが、今日は3回ですね。
KIMG3605
横幅の狭いコースが沢山あって、OBゾーンの設定が厳しいです。
OBを打つと+2ぐらいのスコアになり、1コースでOBを2回打つと取り返せずアンダーパーは難しいです。
ラフは結構刈り込んでいて脱出は比較的に容易ですが、グリーン周りのラフからのパッティングが結構難しくて、なかなかスコアが纏まりません。
KIMG3604
KIMG3602

昼過ぎまでに2回ラウンドして、お昼は前回と同じ「とんこつらーめん 黒竜」へ。
とんこつラーメンが苦手な私なのですが、博多と熊本のブレンドのようなラーメンで、とんこつ臭が控え目、結構気に入っています。
KIMG3170
とんこつ味噌(550円)ととんこつ塩のもつ煮セット(850円)、2人でシェアすれば1人700円とお得で、お腹一杯です。
前回はこれに餃子も付けましたが、さすがに今日は控えました。
KIMG3609
まあそれでも、結構な運動をしないと食べてはいけない組み合わせですね。
ご馳走様でした。

食後にもう1回のラウンドで終了。
KIMG3611
雲が切れて少し青空が広がりました。
KIMG3620

さて本日の結果ですが・・・
4コース(オオムラサキ、ポピー、ひばり、さくら)を各3回ラウンドして、平均は、オオムラサキ:+3.0、ポピー:-0.3、ひばり:+0.3、さくら:-1.7、総平均:+0.4でした。
今回/前回/前前回は、オオムラサキ:・+3.0/+4.0/+7.0、ポピー:-0.3/+1.0/+3.7、ひばり:+0.3/0.0/-0.7、さくら:-1.7/+0.5/+0.3、総平均:+0.4/+1.4/+2.6だったので、総じてほんの少しスコアが良くなったような?。
相変わらずオオムラサキは結構叩いていますね。
オオムラサキをパーで残りの3コースをコンスタントに-3~-5ぐらいでラウンド、これがの当面の目標ですね。

今日は早朝から、「小貝川ふれあい公園パークゴルフ場」へ。
2018年9月12日に訪れていますが、4コース36H、使用料は500円/1日、IPGA公認コースで、茨城県でが下館パークゴルフ場の次に大きなパークゴルフ場です。
KIMG3171
前回もそうでしたが、今日も大会が開催されていました。
週1回ぐらいあるみたいですね。
KIMG3165
各ホールはネットや生垣等でしっかりと区別されていて、またフェアウェイもグリーンはよく刈り込まれ、ラフも浅めです。
なかなか良いコースですが、レイアウトの関係でOBが出やすく、第1打のコントロールが上手くできない私にはスコアを纏めるのが難しいです(前回のコピペです)。
KIMG2741

相変わらず写真が下手ですね、スミマセン。
KIMG3166
あらぬ方向に飛んでいます。
KIMG3174
遠くに筑波山を望んで
KIMG3177

お昼は、砂沼近くのラーメン屋さんの「とんこつらーめん 黒竜」で。
KIMG3170
煮込みセット(850円)と餃子セット(800円)、小ご飯を一つ抜いて貰いました。
丁寧な作りで、博多風のとんこつが苦手な私でも美味しく食べれます。
餃子も煮込みも美味しく、この値段なかなかのものです。
しっかり運動した後で、ぺろっと平らげてしまいました。
KIMG3168
KIMG3169
ご馳走さまでした。

パークゴルフ場に戻って、終了時間の16:30までみっちりラウンド。
4コース各4ラウンド、延べ16コース144H、1日のラウンドの最高記録となりました。
KIMG3167
さてその結果ですが・・・
4コース(オオムラサキ、ポピー、ひばり、さくら)を各4回ラウンドして、平均は、オオムラサキ:+4、ポピー:+1、ひばり:0、さくら:+0.5、総平均:+1.4でした。
前回は、オオムラサキ:+7、ポピー:+3.7、ひばり:-0.7、さくら:+0.3、総平均:+2.6だったので、2回目で少しスコアが良くなったみたいですが、オオムラサキは結構叩いていますね。
各コースをコンスタントに-5ぐらいでラウンドできるようになりたいものです。

忘れてました。
プレアデス号が車載クーラーの故障修理(冷媒漏れ)が終わって、帰ってきました。
室外機からの冷媒漏れが原因で、作業に長時間を要し、5万円近い修理代金が掛かりましたが、やっと家の目隠しが出来て、ほっと一安心です。
KIMG3098

歩いて江戸川取手学園の小学部の横にあるラーメン屋さんの「はざま」へ。
KIMG3102
中華そば醤油(細麺、750円)、化学調味料不使用の醤油が立った端麗なスープ、コツンとした低加水麺、低温調理の豚と鶏のチャーシューと穂先メンマと葱とカイワレと大判の海苔、美味しいですね。
KIMG3100
ガラムマサラが効いた挽肉と大蒜・葱・韮・胡椒の薬味と卵黄、モチっとした太麺、なかなかスパイシーでボリューム満点です。
KIMG3101

明日の紫水ファームのミニオフ会のために、蒟蒻作り。
今回も蒟蒻粉で作り、当たり鉢で砕いたひじきを入れてみました。
如何にも手作り蒟蒻といった見た目で、歯触りも上々、なかなかの出来です。
蒟蒻粉で作るコツが掴めましたね。
KIMG3104

今日は新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その13として、⑥地区の第51番、①地区の第52番、③地区の53番の3番を巡ります。

自宅から利根川の土手沿いの道を下流に走って大利根橋を渡り我孫子の中峠の第51番、青山落とし田圃道を走ってあけぼの山公園に寄り道、新利根橋を渡って下高井の第52番、最後に岡堰経由で寺原の第53番を巡って帰宅するという、35km強のポタリングです。
途中にあけぼの山公園でキバナコスモスの見物を入れて少し遠回りりですが、今日も3番と効率が悪いですね。
何時もの利根川の土手の道
KIMG3051
KIMG3052
利根大橋
KIMG3053
下ヶ戸から岡発戸の田圃道
KIMG3054

我孫子市中峠の第51番の法岩院へ
KIMG3055
なかなか美しいお寺ですね。
KIMG3056
第51番:曹洞宗祝融山法岩院、俗称「田寺(たでら)
移し寺:愛媛県熊野山石手寺
ご詠歌:西方をよそとは見まじ安養の 寺にまいりて受くる十楽 
KIMG3057

少し早いのですが、お昼へ。
KIMG3058
KIMG3060
我孫子市中里の「ジョイフル 千葉我孫子店」へ。
九州大分県発祥のファミリーレストランで、関東でもポツポツありますが、今まで訪れたことがありませんでした。
KIMG3061
カキフライ定食(711円)とシンケンハンバーグとチーズチキンステーキのグリルランチ(907円)。
安価なんですが、結構しっかりして真っ当なファミレス料理です。
KIMG3062
ご馳走様でした。

青山の交差点へ。
KIMG3063
青山落としへ
KIMG3065
はけの道を走ります。
KIMG3066
KIMG3068
KIMG3069

あけぼの山農業公園のコスモス畑
KIMG3070
キバナコスモスが盛りです。
KIMG3071
公園のシンボルの風車、水面に映る様が素敵です。
KIMG3077
KIMG3076
KIMG3078
カッシア、初めて見る花です。
KIMG3079
KIMG3080
KIMG3081

県道45号線の気になる豚のオブジェ
KIMG3082
ヤシの販売店なんですね。
KIMG3083
新利根橋から遠くに筑波山
KIMG3084

下高井の妙見八幡宮隣の明音寺跡の第52番へ
KIMG3089
第52番:明音寺跡
移し寺:愛媛県瀧雲山大山寺
ご詠歌:たいさんへのぼれば汗のいでけれど のちの世おもえば なんの苦もなし
KIMG3090
最初に訪れた時、猫だらけでしたが、今日もなかなかの貫禄の黒猫がいました。
KIMG3091

小貝川の岡堰辺り。
KIMG3092
堰が開けられていて水面に出た川底が緑になっています。
KIMG3093
KIMG3094

西取手駅近くの踏切の脇の第53番へ
KIMG3095
第53番:西取手駅近くの踏切の脇の大師堂
移し寺:愛媛県須賀山円明寺
ご詠歌:来迎の弥陀のひかりの円明寺 てりそう影はよなよなの月
KIMG3096
これにて、本日の巡礼は終了、です。

本日の走行軌跡
1538388025355
1538388029387
本日走行距離:37.2km
相馬霊場累計走行距離:369.6km
累計走行距離:4,720km

本日の夕食、北海道周遊中のKさんに頂いた鮭でムニエル・マッシュ里芋添え、豚肉と豆もやしの炒め物・・・。
KIMG3097
さっぱりめですが、しっかりと鮭の旨味が伝わります。
未だ2回分ぐらいありますので、どう料理するか?、楽しみです。

今日は相方が帰って来る日です。
お昼を食べにアルブレイズH号で某所へ。
自転車を漕いで行くことを、食べる条件にしています。
KIMG3034
KIMG3035

久々、1年8ヶ月振りの「二郎 守谷店」です。
KIMG3033
小ラーメン(麺少な目、750円)、コールはにんにくのみ。
KIMG3031
麺と野菜を上下ひっくり返して掻き混ぜます。
もやし:キャベツ=8:2(クタタイプ、もやしは一袋分くらい?)、麺は平打ち気味の太麺で柔らかめ、小ラーメン少なめとは言え240gくらいありそう、スープは塩分高めで表面の油分も多め、「二郎」です。
KIMG3032
連日の梯子酒で少々疲れ気味だったのですが、何とか食べ切りました。
麺半分、野菜少な目というオーダーもできますが、それをしたら二郎を食べる意味がなくなりますね。

さて次は何時、どうしましょうかと、「二郎 守谷店」の訪問歴をピックアップしてみると7回、3回目以前は年月日が判りません。
1回目(?):小ラーメン
2回目(?):小ラーメン麺少なめ
3回目(?):小ラーメン麺少なめ
4回目(20150625):小ラーメン麺少なめ
5回目(20151021):小ラーメン麺少なめ
6回目(20170131):小ラーメン麺少なめ
7回目(20180924):小ラーメン麺少なめ
小ラーメンをもう少し食べたような思っていましたが記憶違い。
1回目の小ラーメンで凝りて、以降6回は小ラーメン麺少なめしか食べていないのですね。

今日は少し運動をしようと筑波山の麓を散走することに。
Tsukuba Bicycle Slow Lifeの「course01.歴史ある筑波を堪能する」を走る予定です。
2017年10月1日に「course03.つくばの南端へ行ってみよう!」を走っていますね。
KIMG2806
KIMG2807

筑波りんりんロードの筑波山口に車を停めて出発。
KIMG2767
KIMG2765
平沢官衙遺跡」に到着
KIMG2769
KIMG2774
奈良・平安時代の常陸国筑波郡の郡役所跡の復元史跡です。
KIMG2770
KIMG2771
KIMG2772
KIMG2773

平沢大池
KIMG2776
春は桜の名所です。
KIMG2778

北条の古い町並みにある「北条ふれあい館」でおやつその1
KIMG2787
いばらぎ観光大使の「カミナリ」がTVで紹介していた「北条米スクリーム」を頂きました。
KIMG2788
プレーン(300円)と抹茶味(350円)、もちもちしてまた冷たさを感じさせない不思議な食感、なかなか美味しいです。
KIMG2789

筑波を眺めながらりんりんロードを北上
1537087862436

県道42号線を少し登ったところの「沼田屋本店」、おやつその2で名物のかりんとう饅頭(110円)を頂きます。
袋に入っていますが未だ暖かくてカリッサクッ、相変わらず美味しいです。
お土産に買って少し時間が経つとこのカリッサクッ感が無くなってしまい、それでも美味しいのですが、午前中に店頭で買って食べるのが一番ですね。
KIMG2792

出発点の筑波山口に戻ってポタリングの終了。
本日の走行軌跡
1537087869780
1537087875693
本日走行距離:17.2km
累計走行距離:4,642km

此処まできたら、真壁町の「三由屋菓子店」の栗最中を食べずには居られません。
KIMG2794
おやつその3、栗最中(110円)、注文を受けてから最中に餡を詰めて出来上がり。
これもまたカリッサクッ、小豆と栗の餡も程好い甘さ、昔に比べると少し栗の割合が減ったように感じますが、相変わらず美味しいです。
KIMG2795

帰り道、お昼はつくば市のラーメンの名店の「はりけんラーメン」へ。
KIMG2800
鶏そば塩(780円)、濃厚な鶏スープでカリカリに焼いたバケットが乗っています。
KIMG2796
中華そば醤油(730円)、オーソドックスな醤油味です。
KIMG2797
KIMG2799
両方ともスープも麺も具材もなかなかのレベルで美味しいのですが、ストライクでは無いですね。
キレというかシャープさがなく、少し凡庸な感じがしてしまいます。
ご馳走様でした。

おやつ3種にラーメン、今日のポタリングの運動量は全然見合っていません

夕食は、鶏腿肉の舞茸サンド焼き、叩きヤマトイモ、八甲田などわのコーン。
KIMG2801
鮎魚女のアクアパッツァ、トマトが多すぎてトマト煮のようになってしまいました。
KIMG2802
ご馳走様でした。

一週間前の9月5日に「筑西市の某所へ」行きましたが、今日は下妻市の某所へ。

小貝川ふれあい公園」です。
小貝川の畔に自然観察やスポーツ等の施設が集合した大きな公園です。
この建物はオオムラサキをモチーフにしていて空から見ると羽を広げた形をしています。
KIMG2740
お目当ては「パークゴルフ場」です。
4コース36H、使用料は500円/一日、IPGA公認コースで、茨城県でが下館パークゴルフ場の次に規模の大きな施設です。
KIMG2741

各ホールはネットや生垣等でしっかりと区別されていて、またフェアウェイもグリーンはよく刈り込まれ、ラフも浅めです。
なかなか良いコースですが、レイアウトの関係でOBが出やすく、第1打のコントロールが上手くできない私にはスコアを纏めるのが難しいです
KIMG2724
筑波山に向かって打ちます。
KIMG2725
KIMG2726
彼岸花が綺麗に咲いています。
KIMG2736
お昼を挟んで3回ラウンドして、延べ12コース96H、良い運動になりました。
今日は大会(参加者30人くらい)があって少し混み気味で、多少の待ち時間があって3回になりましたが、4回ぐらいは廻れそうです。

お昼は近くの手打ちうどんの「いずみや下妻店」へ。
本店は常陸太田市にあるようです。
KIMG2729
カレーうどん(600円)、肉たぬきうどん(540円)。
うどんは硬めで芯が残るような極太うどん、武蔵野うどんのような感じです。
カレーはシンプルな汁、肉たぬきは豚バラ肉とたっぷりの揚げ玉とどう考えても美味しい組み合わせ、ボリュームもたっぷり、もう少しうどんにこしがあれば良いのですが、まあ美味しく頂きました。
KIMG2732
ご馳走様でした。

帰り道、もう一箇所寄ってみました。
常総市の石下総合運動公園のパークゴルフ場(9ホール、無料)です。
殆ど整備されておらず、ホールによっては草の原状態。
茨城県で唯一(?)の無料のパークゴルフ場、練習に使えるかと思ったのですが、残念。
KIMG2742

今日も良い天気です。
牛久シャトー」で「秋の牛久シャトーフェスタ~肉の祭典!ワインとビールで楽しもう!~」というイベントがあって行ってみることに。
牛久シャトーは「2017年10月28の牛久シャトーのワイン祭り」以来ですね。

暑いのですが、しっかり飲んで食べるために、取手駅まで歩いて行きます。
KIMG2615
秋のような青空と雲、暑いのですが強い風が吹いて、助かります。
KIMG2616
KIMG2617

牛久駅で常磐線を降りて、牛久シャトーへ。
KIMG2618
KIMG2619

牛久シャトー
KIMG2635
「牛久シャトーで、初めての“肉イベント”を開催! 牛久シャトーのレストランはもちろん、近隣のレストランなどからも絶品!肉料理を揃えました。皆さまのご来園をお待ちしております。」という案内です。
KIMG2634
中庭のサンクスガーデンの出店や飲食スペース
KIMG2621
早速、クラフトビールの飲み比べ(1,000円)、時計回りにへレス、牛久ホワイト、秋あがり、クランベリー
KIMG2624
KIMG2625
葡萄豚のソーセージ盛り合わせ(500円)と濁り白ワイン(500円)
濁り白ワイン、発酵の途中のワインで葡萄の香りが強く微発泡、アルコール度数も6%と低く、糖分が半分くらい残っているので甘くて美味しいです。
KIMG2630
もう少し(?)食べ物とアルコールを頂きましたが写真撮り忘れ。
ジャズバンドの演奏もあって、お昼過ぎまでゆっくりと楽しみました。
KIMG2633
帰宅して、暫くするとタイプカバー(赤、7,283円)が届きました。
最初に購入したのは黒だったのですが、価格が15,000円と高く、一番安い赤にしてみました。
KIMG2636
思ったより、本体に良く合いますね。
KIMG2667

台風21号が通り過ぎた朝、風は強いですが天候は回復するようです。

さて今年の夏は北海道でパークゴルフを始め、結構気に入り、マイクラブも揃えて、20日近くラウンドしました。
北海道以外にも数は少ないのですがパークゴルフ場があり、茨城県で探してみると8箇所、その一つの「下館パークゴルフ場」はIPGA公認の8コース72Hと関東最大規模とのことでした。
調べてみると、設備も良さそうで、料金も1,000円と手頃、また今日ちょっと魅力的なイベントもあって、行ってみることに。

因みにこのパークゴルフ場は、「ザ・ヒロサワ・シティー」にあります。
自宅から、54kmで1時間15分で到着、プレー代1,080円を支払い、ゴルフの前にイベントへ。

KIMG2589

さて魅力的なイベントとは、パークゴルフ場の入場者にサービスで提供される梨狩り、です。

KIMG2579

豊水、一人当たり15個となかなかの太っ腹です。
お昼に食べようと、2個をレストハウスの冷蔵庫(自由に使えます)に。
KIMG2580
KIMG2581


本題のパークゴルフ場へ

KIMG2590
KIMG2591
KIMG2592

コースは木と垣根で区切られ、フェアウェイとグリーンは良くも刈り込まれ、ラフは余り深くなく、コースレイアウトはオーソドックス、グリーンは少し砲台気味、と言ったところです。

久々のパークゴルフ、相変わらず第1打が真っ直ぐ飛ばず、ラフに捕まったり、OBになったりと、スコアが伸びません。

それでも楽しいですね。
KIMG2583
KIMG2584
KIMG2594

気温がぐんぐん上がって、35℃くらいまで。
湿度も高くて、ちょっと厳しいコンディション、4コース廻ってお昼にしました。

レストハウスは冷房が効いて快適、ロッカー・給水機・冷蔵庫等も整えられていて、なかなかの充実ぶりです。
KIMG2588
お昼は、中華丼とビーフカレー(各500円)、それなりに美味しく安いです。
KIMG2586
KIMG2587
お弁当持参のお客さんもいらして、それも良いですね。
ご馳走様でした。
お昼を食べて、残りの4コースを廻って15:00、8コース72H、今日はここまでしました。
営業時間は8:00~17:00なので、もう少し気候が良くなって、朝一番からラウンドできれば、8コース×2回144Hは可能でしょう。

結構疲れまして、夕食は石下の「クロサワ 西原店」で、石毛名物の鶏の丸焼きを買って帰ることに。
一羽900円弱(量り売り)とお手頃です。
KIMG2596

今日の夕食、クロサワの鶏丸焼き、槍烏賊の酢の物(冷凍庫ストック)、煮豆、茹で蕎麦の実
KIMG2598
クロサワの鶏の丸焼き、エスニックな香りが強く、多分、五香紛とカレー粉が使われているようです。
醤油タレが浸み込んだところとそうでないところの変化が面白く、時折無性に食べたくなる独特な丸焼きです。
KIMG2599
ご馳走様でした。

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その10で、今日は⑦地区の第41番、⑥地区の第42番と第43番、①地区の44番の4番を巡ります。
自宅から利根川の土手・自転車道を走って、栄橋から布佐、手賀沼沿い、手賀沼公園、布施、戸頭、稲と巡る走行距離35km強のコースですが、今回も4番と距離の割に効率が悪いですね。

407c484f (1)
⑦布佐地区の第41番
df729449
⑥我孫子駅周辺の第42番と第43番
b69454ac
①野々井地区の第44番
7ebd19a5-s

利根川の土手の道を小文間方面へ。
DSC_9642
「こども天国」というイベントで大勢の人で賑わっていました。
DSC_9644
広々とした河川敷の道
DSC_9645
東京藝大の下の道、濃い新緑の中を走ります。
DSC_9648

栄橋を渡って、第41番に布佐の稲荷神社へ。
DSC_9649
第41番:布佐の稲荷神社
移し寺:愛媛県稲荷山龍光寺
ご詠歌:この神は三国流布の蜜教を 守り給わむ誓いとぞきく
(お堂の写真の撮影失敗、次回近くを通る時に追加で撮影して掲載します。)

手賀沼よりの古道を走ります。
DSC_9650

旧井上家住宅
DSC_9651

母屋、万延元年(1860年)築だそうです。

DSC_9652

立派な設えですね。
DSC_9653


手賀沼沿いの自転車道/遊歩道を走ります。
DSC_9654
DSC_9658
DSC_9659

手賀沼の比較的ポピュラーな住人。

DSC_9661


お昼は手賀沼公園近くのとんかつ屋さんの「さとう」へ。

我孫子市のとんかつの名店で、天王台に住んでいる頃から一度訪れたいと思っていましたが、漸くの訪問となりました。

開店直後(11:45)で、満席になりました。

DSC_9666

とんかつ定食並(980円)、衣はサクッと、肉は柔らかく、オーソドックスなとんかつでなかなか美味しいです。
DSC_9664

ランチみっくすセット(950円)、大きなメンチカツ(ふわふわで軽くちょっと不思議な食感)、ヒレカツ(柔らかい)、アスパラ(一本揚げ、瑞々しい)、南瓜(甘い)、バラエティ豊かでボリュームもあって、フルーツ付きという豪華版、一番人気というのも判ります。
DSC_9665

ご馳走様でした。

お腹いっぱい、少し食べ過ぎですが、ここまでで30km、此れからも10km以上走るので、まあ良しとしましょう。

第42番の我孫子緑の大光寺へ。
DSC_9668

第42番:我孫子緑の大光寺

移し寺:愛媛県ー果山佛木寺

御詠歌:草も木も仏になれる佛木寺  なおたのもしき鬼畜にんてん

DSC_9670

新四国相馬霊場のお堂は本当に立派ですね。


第43番の我孫子寿の延寿寺へ

DSC_9671
DSC_9672
DSC_9673

第43番:我孫子寿の延寿寺へ

移し寺:愛媛県源光山明石寺

ご詠歌:聞くならく千手ふしぎのちからには  大ばんじやくもかろくあげ石

DSC_9675

本堂の横に七福神がいらっしゃいました。
DSC_9674


我孫子市から柏市布施を経由して取手市戸頭から野々井の竹林の小道へ。

DSC_9676

第44番の取手市野々井の西光寺へ
DSC_9677

第44番:取手市野々井の西光寺

移し寺:愛媛県菅生山大宝寺
ご詠歌:いまの世は大悲のめぐみ管井山 つい
には弥陀のちかいをぞ待つ

DSC_9678

本日はこの4番で終了です。

1524979399682
1524979407160

本日走行距離:43.5km
相馬霊場累計走行距離:287.6km
累計走行距離:4,550km

久々の40km超えで、良い運動になりました。


今日の夕食、灯台つぶの煮付け、鶏胸肉の昆布締めと一夜干し、するめ烏賊と平茸のアヒージョ、春菊のお浸し、冷奴。

鶏胸肉の昆布締めと一夜干しの食べ比べ、どちらも美味しいが、昆布締めの方が昆布の旨味が移ってまた水分が抜けてより摘まみ感が高いような。

また胸肉でもささ身に遜色無く充分美味しくて値段も半分くらい、これはよいかも。

DSC_9679
ご馳走様でした。

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その9で、今日は⑥地区の第38番、②地区の第39番と第40番の3番を巡ります。
自宅から取手大橋渡って県道8号線(船取線)、布施、新利根橋、戸頭、稲と巡る走行距離20km強のコースですが、今回も3番と効率が悪いですね。
[画像:e0f695d1-s.jpg]
⑥我孫子市中心部の手賀沼畔の第38番
[画像:4730fa93-s.jpg]
②取手市役所周辺の稲地区の第39番と第40番
[画像:634c1be0.jpg]

利根川土手の道を取手大橋へ、新緑が濃くなっていますね。
DSC_9571
取手大橋に登ります。
DSC_9573
橋を渡って我孫子市へ。
DSC_9574
柴崎辺りの旧家の家並み。
DSC_9576

手賀沼のはけの道の第38番の我孫子市寿の延寿寺へ
DSC_9577
DSC_9579
 第38番:我孫子市寿の延寿寺
 移し寺:高知県蹉蛇山金剛福寺
ご詠歌:ふだらくやここは岬の船のさお とるも捨つるも法のさだ山
DSC_9580
はけの道に下ると、直ぐ先に手賀沼が望めます。
DSC_9582

はけの道を西へ、手賀沼文化人の別荘群の旧村川別荘に寄ってみました。
この辺りは天王台に住んでいた頃、よく訪れたはずなのですが、此処に寄った記憶がありません。
DSC_9584
とても綺麗に整備されています。
DSC_9585
母屋、旧本陣を移築した建屋だそうです。
DSC_9586
DSC_9590
DSC_9587
見事な格子細工、素晴らしいです。
DSC_9592
DSC_9594
このガラス戸も良いですね。
DSC_9596
DSC_9588
新館、昭和初期に建てられたようです。
和式と韓式が融合した不思議な建物です。
DSC_9589
コンクリート土台の上に立っていて、コンクリートは竹材で隠すというなかなか凝った造りです。
ボランティアの方に色々と解説頂きました。
窓と風通しの戸が沢山あって、夏涼しく、また湿気を逃す工夫がされていています。
DSC_9598
此処のガラス戸もまた素晴らしい、建築当初からのガラスのままだそうで、風景が緩く歪む感じが趣があります。
DSC_9591

はけの湧き水、昨日夜半の雨でよく流れていました。
DSC_9599
DSC_9600

志賀直哉の別荘跡です。
DSC_9601
DSC_9602

はけを登って国道6号線を越えて、布施、さらに新利根橋を渡って戸頭へ。
DSC_9603
DSC_9604
少し早いですが、五月晴れです。
遠くに見慣れた形の筑波山。
DSC_9605

20kmを越えるポタリングなので、高カロリー&高塩分の外食を許して、戸頭の「ほるもんらーめん風」へ。
最近新装開店した店でちょっと気になっていました。
DSC_9611
あかだしほるもんらーめん(780円)、濃厚な赤味噌のスープに、極太麺、大ぶりな豚シマチョウがたっぷり。
凄く熱くて食べるのが苦労するほどです。
こってり、ボリュームたっぷりで、相方とシェアするだけでお腹一杯になりそうでした。
DSC_9610
中華そば(680円)、此方は醤油の立ったあっさりスープと軽く縮れの細麺とオーソドックスなラーメンですね。
DSC_9607
DSC_9609
ご馳走様でした。

稲方面へ走ります。
DSC_9612
第39番の稲の道端
DSC_9613
第39番:稲の道端
移し寺:愛媛県平城山観自在寺
ご詠歌:心願や自在の春に花咲きて 浮世のがれて住むやけだもの
DSC_9614

第40番の稲の集会所
DSC_9616
第40番:稲の集会所
移し寺:愛媛県平城山観自在寺
ご詠歌:心願や自在の春に花咲きて 浮世のがれて住むやけだもの

DSC_9615
大きな木は「ムクロジ」でした。
DSC_9617
ムクロジ(無患子)の実が沢山落ちていました。
DSC_9618
皮を剥くと、真っ黒の実が出てきます。
DSC_9619
羽根つきの実(錘)に使われます。
DSC_9620
今日はこれにて終了で、自宅へ向かいます。

江戸川取手学園の躑躅の垣根、もうすぐ満開ですね。
DSC_9621

[画像:4756d16c-s.jpg]

[画像:95cc020f-s.jpg]
本日走行距離:23.3km
相馬霊場累計走行距離:244.1km
累計走行距離:4,506km
天気も良く、気持ちの良いポタリングでした。

本日の夕食、チャックステーキを細切りにしたタルタル風、鰹の刺身、大根スティック、タラモサラダ、蕎麦の実納豆。
DSC_9627
ご馳走様でした。

今日は久々に少し運動しました。



「ボックスヒル」と「中村酒店」と「コンフリ」の共催(?)の「SAKE MEETING 2018 春」に行ってみました。
今回で第4回目で、初めて参加です。
DSC_9091
参加費(特製ぐい飲み付き、200円)と試飲用の100円×3分のコインのスターターセットを購入しました。
DSC_9089
あっと言う間に結構な人出です。
DSC_9092
座る場所を確保して、早速試飲を開始。
先ずは来福酒造から2種類。
県北の筑西市の銘醸、茨城県一いや日本一の造り酒屋(ちょっとオーバーですかね)ではないかと、常々思っています。
DSC_9097
ボックスヒルの1Fの食品売り場で買った酒盗とチーズ、最強の日本酒の肴ですね。

[画像:4a1d6006-s.jpg]
オリジナルのおちょこ、なかなか良い感じですね。
試飲はこれに一杯ですが、約50mL程入ります。
[画像:5f616ebe-s.jpg]
皆さん盛り上がっています。
[画像:eaac1fc8-s.jpg]
何と振舞い(無料)の手打ち蕎麦、有難く美味しく頂きました。
限定30食で、相方と私で終了というラッキー。
[画像:9dfce7f6-s.jpg]

残り12の銘醸造り酒屋のお酒を一杯づつ頂きました。
2人で14杯(100円×13、200円×1)、約700mL、4合ぐらいですが、昼酒で結構酔いました。

(1箇所撮り忘れ)
[画像:2ccaf4fa-s.jpg]
[画像:ec7a16b9-s.jpg]
[画像:4ba97568-s.jpg]
ボックスヒルの1Fで鮪の解体ショーと即売が始まり、中トロ刺身と握りを買ってきました。

[画像:ce53fff9-s.jpg]
いきなり豪華なお昼になりました。
[画像:e390c180-s.jpg]
出品のお酒の詳細な解説書があって、とても便利です。
[画像:94aa6996-s.jpg]

14杯の評価(◎⇒◎'⇒〇⇒△)です。
私は、香りが高く、旨味、甘みが強い酒が好みなので、その点ご留意を。
総じて好みのお酒が多かったですね。
①岡部合名会社(常陸太田市) 「松盛」 純米吟醸 美山錦 無濾過生原酒 ◎
②森島酒造㈱(日立市) 「大観」 純米吟醸 雄町14号酵母 無濾過生原酒 ◎'
③吉久保酒造㈱(水戸市) 「百歳」 山廃 純米吟醸 △
④明利酒類㈱(水戸市) 「水府自慢」 純米吟醸無濾過原酒 ◎
⑤愛友酒蔵㈱(潮来市) 「愛友」  純米吟醸 八代目兼平本家 △
⑥府中誉㈱(石岡市) 「渡船」 純米吟醸 濾過前五十五 ◎
⑦稲葉酒造(つくば市) 「男女川」 純米吟醸 無濾過本生 ◎'
⑧(合)浦里酒造店(つくば市) 「霧筑波」 波留起多里 うすにごり △
⑨㈱田中酒造店(取手市) 「君萬代」 純米吟醸 流行猫 無濾過生原酒 ◎
⑩来福酒造㈱(筑西市) 「来福」 純米吟醸 愛山 直汲み生 ◎
⑪来福酒造㈱(筑西市) 「来福」 純米 生原酒さくら 直汲み 〇
⑫㈱武勇(結城市) 「武勇」 生もと 純米吟醸 ひたち錦 ◎
⑬㈱山中酒造店(常総市) 「一人娘」 純米吟醸 ゆめひたち無濾過生原酒 〇
⑭青木酒造㈱(古川市) 「御慶事」 純米吟醸 ひたち錦 しぼりたて生 ◎

滞在2時間半、いや~、とても楽しく、美味しい、イベントでした。
次回(秋?)も是非参加したいと思います。

春の花々。
黄色いオキザリスが終わりかけると、赤いオギザリスが咲きだします。
[画像:56888401-s.jpg]
ムスカリ、これが咲けば春真っ盛りです。
[画像:e2d0d323-s.jpg]

昨日のポタリングは約34km、ポタリングを20km以上した場合(同等の運動をした場合も)、高カロリーや高食塩の外食を許すようにしています。
昨日は34kmのポタリングで条件をクリアしたものの、故在って内食にしましたが、今日のお昼に持ち越しして守谷のラーメン屋さんの「一無庵」へ。
取手の名店「はざま」の系列店で、昨年一度訪れていますが、なかなか美味しくて、今回再訪してみました。
[画像:4a9484db-s.jpg]
向かって左は一無庵そば(780円)、右は伊吹いりこそば(780円)。
化学調味料不使用のスープ(一無庵そば:鶏、伊吹いりこそば:煮干し)、 小麦の香り高いこしのある細麺、低温叉焼(鶏と豚)、葱(白葱と青葱)、メンマ(通常と穂先)ととても凝った作りで、美味しいですね。
[画像:5238f78e-s.jpg]
[画像:fb99b5b9-s.jpg]
替え玉代わりの油そば(鶏油玉200円)、そのまま食べても残ったスープに浸けても。
さすがにカロリー、塩分共に許容を遥かオーバーですね
[画像:181eb738-s.jpg]
他のメニューも気になります。
少し時間を置いてまた来てみましょう。
ご馳走様でした。

先日のお花見カヤックで、ワイルドカード号が2時間くらいの漕行で船底に水が溜まり」ました。
その数日前の偵察を兼ねたパドリングでも同様だったので、船底に小さな穴が開いている可能性を疑って、調べてみることに。
船体布を陽に翳すと、小さいけど貫通した穴を1つ、擦れて薄くなっているところを数箇所見付けました。
ワイルドカード号に付属されていたリペアキット(修復用船体布と接着剤)で穴と薄くなった部分を補修しました。
[画像:1fc21ccc-s.jpg]
船体布を良く拭いて、補修用船体布を切って、両方にたっぷり接着剤を塗って、1~2分乾かした後に手で強く張り合わせて、更に少したってからゴムラバーで叩いて圧着させる、というような作業です。
[画像:92618bef-s.jpg]
これで大丈夫でしょう。

本日、アクセス数(UU)が80,000を超えました。
お越し頂いた皆様にお礼申し上げます。

毎年必ず一回は食していたものを、今年は早目に食べに行くことにしました。

自宅から取手駅まで歩いて、常磐線下りに乗って佐貫駅で下車。
関東鉄道龍ヶ崎線に乗り換えます。
[画像:f47ad22f-s.jpg]
流石、ご当地フードのコロッケで売り出している龍ヶ崎市、コロッケだらけです。
[画像:a4f5aadd-s.jpg]
なかなか良い出来ですね
[画像:c0c8f138-s.jpg]
[画像:5d2f5dde-s.jpg]
[画像:4984290e-s.jpg]
関東鉄道もなかなか逞しいです。
[画像:63b96233-s.jpg]
[画像:9e0b4452-s.jpg]

佐貫駅から一つ目の入地駅で下車。
因みに、関東鉄道龍ヶ崎線は、佐貫駅、入地駅、龍ヶ崎駅の3駅の超短なローカル線です。
[画像:54ad1bd0-s.jpg]
長閑な田舎道を行きます。
[画像:9ccb23f0-s.jpg]
[画像:6da184b4-s.jpg]

さてお目当ての「なか川」に到着。
ブランド養殖鰻の「坂東太郎」を出すこの辺りの名店として有名です。
[画像:0fe77967-s.jpg]
[画像:b1d9b7ae-s.jpg]
[画像:5f5124d6-s.jpg]

このために鉄道と徒歩と来ました。
キリンラガー大瓶と突き出しの佃煮
[画像:3688ecd7-s.jpg]
この店の名物の肝焼き、本日最後の1本でした。
12時前の入店なのに危ない危ない。
[画像:e564ee5e-s.jpg]
何匹分の肝やら、凄いボリュームです。
新鮮で心地好い食感、爽やかな苦味と旨味、頼んだ冷酒によく合います。
[画像:e02ca164-s.jpg]
蓴菜、鯉の洗いが出来ないというので注文、小さい芽ばかりで高級ですね。
白焼き(普通)、山葵醤油で少しづつ少しづつ頂きますが、はぁ~美味しい。
[画像:8ddcbf05-s.jpg]
2人で鰻重(上)を一つ、蒸しがしっかりしているのでしょうか、ふんわり柔らかい焼き上がり、甘み控え目のタレが鰻そのものの美味しさを引き立てています。
坂東太郎を出す他の店も行ったことがありますが、やはり此処が一番です。
[画像:89d9fdbc-s.jpg]
9年か10年く前に初めて来た時に比べると、当然高くなりましたが(鰻重上:2,500円⇒3,800円)、それでもこの味とボリューム、決して高くはないと思います。
それでも次回は来年ですかね
[画像:c19de04f-s.jpg]
ご馳走様でした。

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その7で、今日は③地区の第30番、第31番、第32番、①地区の第33番、第34番、②地区の第35番の6番を巡ります。
自宅から井野台と井野、野々井、戸頭、稲と巡る、走行距離20km強のコースです。

[画像:a16f7d9d.jpg]

③取手駅周辺の第30番、第31番、第32番
[画像:c6309412.jpg]
①取手西地区の第33番、第34番
[画像:f556b58c.jpg]
②稲地区の第35番
[画像:beb83080.jpg]

日差しが暖かいですね。
[画像:175accb5-s.jpg]

自宅から裏道を走って、第30番の井野台の一条院墓地へ。
[画像:6c2e1410-s.jpg]
第30番:井野台一乗院(廃寺)墓地
移し寺:知県百々山善楽寺
ご詠歌:人多くたち集れる一の宮 昔も今も栄えぬるかな

[画像:2144f399-s.jpg]
昭和12年にこの大師堂を再建、80年経っているのですね。
[画像:7c30c86f-s.jpg]

第31番の井野の天満宮へ、急坂があって押しが入りました。
[画像:9b7bd2bd-s.jpg]
井野の高台を行きます。
[画像:ac55f573-s.jpg]
[画像:c408c42f-s.jpg]
見事にミツマタが咲いて、良い香りが漂っています。
[画像:560c41b4-s.jpg]
天神様ですね、梅が綺麗に咲いています。
[画像:1071b4cc-s.jpg]
天神さんですね、牛がいっらしゃいます。
[画像:6edb573d-s.jpg]
第30番:井野の天満宮
移し寺:高知県五台山竹林寺
御詠歌:南無文珠三世の仏の母ときく 我も子なれば乳こそほしけれ 
[画像:78c0bf82-s.jpg]
境内に沢山の陶芸作品が展示されています。
[画像:7cf0b49d-s.jpg]
一段下がった所の梅林にはハンモックが。
[画像:9d18f009-s.jpg]

第32番の井野の十一面観音堂へ、背の低い高架を潜り抜けます。      
[画像:be6a98f3-s.jpg]
[画像:8d68a0bf-s.jpg]
第32番:井野の十一面観音堂        
移し寺:高知県八葉山禅師峰寺(ぜんじぶじ)
ご詠歌:静かなる我がみなもとの禅師峰寺 浮かぶ心は法の早船  
[画像:200b6efe-s.jpg]

第33番の野々井のぽっくり観音へ、黄色い水仙と梅の間を走る関東鉄道常総線の一両列車。
[画像:2e31c32b-s.jpg]
梨畑の脇を行きます。
[画像:8ae46a26-s.jpg]
[画像:ce794dfe-s.jpg]
第33番:野の井のぽっくり観音、長福寺
移し寺:高知県高福山雪渓寺
御詠歌:旅の道うえしも今は高福寺 のちの楽しみ有明の月
[画像:7a5a57ee-s.jpg]

第34番の永蔵寺址の境内の薬師堂へ
[画像:c58abb5b-s.jpg]
[画像:004a8095-s.jpg]
第34番:永蔵寺址の境内、薬師堂
移し寺:高知県本尾山種間寺
ご詠歌:世の中にまける五穀のたねま寺 深き如来の大悲なりけり
[画像:6e42ff3d-s.jpg]

第36番の稲の道端(薬師堂跡)へ。
この辺りは自宅周辺の散歩道で、よく訪れます。
[画像:057c5f7d-s.jpg]
第35番:稲の道端(薬師堂跡)
移し寺:高知県医王山清瀧寺
ご詠歌:澄む水を汲めば心の清瀧寺 波の花散る岩の羽衣
[画像:3d7e930d-s.jpg]
今日はこの6番で終了です。

お昼は、市役所近くの国道294号線に面したラーメン屋さんの「王道家」へ。
長年柏で、横浜ラーメン創業の吉村家直系の名店として親しまれていましたが、昨年7月に取手に移転してきたとのこと。
[画像:11ee1de5-s.jpg]
調味料が12種も。
[画像:9bae55c9-s.jpg]
ラーメン・味薄め(680円×2)と小ライス(60円)
[画像:01290a44-s.jpg]
味薄めでも相当に塩分濃度が高いですね。
調味料は、大蒜、刻み生姜、酢が味が変わって楽しめました。
[画像:21385544-s.jpg]
マストな食べ方と謂われているのでやってみましたが、成程、美味しく危険な食べ方ですね。
[画像:871223d8-s.jpg]
ご馳走様でした。

本日の走行軌跡、途中止まって、歯抜けだらけで、実際は22.5kmの走行距離でした。
[画像:8f2605e9-s.jpg]

[画像:79c1b41e-s.jpg]

本日走行距離:32.7km
相馬霊場累計走行距離:187.0km
累計走行距離:4,436km
さて巡礼の進行は?、回数で1/3、走行キロ数で1/3、番数で2/5、ほぼ予定通りですね。


夕方の利根川土手
[画像:fb50091d-s.jpg]
菜の花(からし菜?)を摘もうと思っていたのですが、すっかり忘れていました。
北海道から帰った来た時ぐらいが一番良かったみたいで、いまは大分薹が立ってますね。
それでも幾らか摘んで帰りました。
[画像:f5952faa-s.jpg]

今日の夕食の食材はタイヨーで、小振りなホウボウ(4匹で119円)、鶏のボンジリ(232円)、鶏の松葉(188円)。
[画像:ec0a6907-s.jpg]
ホウボウの煮付け、ホウボウの刺身、ボンジリ串焼き、松葉の唐揚げ、菜の花の辛し和え、他。
[画像:e557d48b-s.jpg]
居酒屋のようなメニュー、ご馳走様でした。

茨城県西の古河市の「古河七福神」は、2013年に一度訪れていますが、1月7日に七福神が開帳されて御朱印も頂けるとのことで、訪れることにしました。

古河市古河市庁舎の駐車場に車を停めて、スタート地点の古河駅前へ向かいます。
DSC_6172DSC_6173
古河のメインストリート(旧日光街道)
DSC_6174
御朱印の台紙と案内図を頂いて、七福神巡りのスタートです。
弁財天三つ大黒天二つで、全十体を巡ることとなります。
さて、大した人出では無いだろうと高を括っていたのですが、沢山の参詣者で吃驚しました。

6番の瀬下様宅の大黒天です。
参拝の長い行列ができて、35分程並ぶことに。
DSC_6175
DSC_6176
DSC_6177
この状態が続くと相当時間が掛かり、本日の予定に支障が出そうなので、長い行列ができたところは離れたとこからお詣りして巡ることとしました。

古い商家の街並み
DSC_6178

1番の徳星寺の弁財天、お堂に弁財天(たぶん
木造)がいらっしゃるのですが、撮れませんでした。
DSC_6179
以前に巡った時は、このお堂脇にいらっしゃる石造の弁財天を拝みました。
御開帳以外は、この石造をお詣りすることになるのですね。
DSC_6180

2番の正定寺の弁財天、遠くから参拝。
DSC_6181

3番の福寿稲荷神社の寿老人、遠くから参拝です。
DSC_6182

7番の諏訪八幡神社の布袋尊、ここも遠くから参拝。
DSC_6183

8番の大聖院の弁財天
DSC_6186
DSC_6184
木造の弁財天
DSC_6185

9番の秋葉神社の毘沙門天
DSC_6189
木造の毘沙門天
DSC_6187
社の横の石造の毘沙門天
DSC_6188

4番の蛭子神社の蛭子様、遠くから参拝。
DSC_6190

この辺りも大きな蔵を擁した立派な商家が並んでいます。
DSC_6191

DSC_6192

10番の神明宮の大黒天、ここも遠くから参拝。
DSC_6193
何とか昼過ぎまでに巡りました。
全部が御開帳で御朱印が頂け、色々な振る舞いもあるようで、時間を掛けて巡りたいと思いました。
来年、再訪問ですね。
今日の七福神巡り散策の軌跡です。
[画像:0db452ae-s.jpg]

[画像:1b070835-s.jpg]


急いで七福神を巡った理由はこれです。
境町の「船町食堂」での昼食。
2015年3月29日に訪れたことがあり、その時の投稿の抜粋、今日再訪した目的です。
「蕎麦は平打で、少々不揃いですが、喉越し良く、なかなか美味しい。
大根せいろは、かつら剥きした大根の千切りが蕎麦に混ぜられています。
昔は蕎麦粉が貴重で大根は増量のためだろうと思いますが、大根のしゃきしゃきと蕎麦のもっちりとした食感が楽しいです。
種ものも、火傷しそうなくらい熱いのですが蕎麦がしっかりしているので、熱に負けていません。
蕎麦の名店ではありませんが、至極真っ当な蕎麦を安く食べられる、良いお店です。
ところで、前にお客さんが一人でカレー汁せいろ、あとから次々に入って来た2~3家族で10人はカレーライスかカレー南蛮、我が家以外はカレー率100%、う~ん気になる。
ご馳走様でした。」
DSC_6194
バスターミナルの行き止まりの道の奥にある店、なかなかの風情です。
DSC_6195
DSC_6196
カレー南蛮(800円)、蕎麦か饂飩かなやんだのですが、饂飩にしました。
思いの外、辛くてスパーシーなたっぷりのカレー汁に細目のこしの強い饂飩、これは美味しいです。
DSC_6197
DSC_6198
カレーつけ汁せいろ(800円)、これは絶対に蕎麦ですね。
しっかりとした平打ちの手打ち蕎麦にカレー汁(カレー南蛮と同じチューンです)、これが結構合うんです。
DSC_6199
3年越しの念願が叶いました。
前回訪れた時の注文メニューのカレー率の異常な高さの理由が判りました
ご馳走様でした。

正月2日目、北風が少し強いですが良い天気です。

茨城県の初詣で調べると、「牛久大仏」が正月三箇日が入園無料になるとあって行ってみることに。
牛久大仏はこの辺りでは名所中の名所ですが、よくあるパターンで一度も行ったことは無く遠くから眺めるだけでした。
DSC_6082
園内には仲見世のような通りもあります。
DSC_6083
牛久大仏は浄土真宗東本願寺派本山東本願寺の牛久浄苑に隣接する施設なんですね。
DSC_6084
DSC_6085
DSC_6086
これだけ近づくと、圧倒的な高さ、大きさですね。
DSC_6089
世界一の青銅製立像と日本一の大香炉です。
(牛久大仏は1995年「青銅製立像」で世界一高いとしてギネスブックに登録されているそうです。)
DSC_6090
DSC_6092
DSC_6093
胎内は3Fまで解放されていました。
何かそれらしい空間です。
DSC_6094
DSC_6095
DSC_6096
思いの外、楽しみました。


次は、我が家の贔屓の櫻木神社へ。
ところで何気なく「贔屓(ひいき)」と書いてしまいましたが、少し気になって贔屓を調べてみると次のような解説が(Wikipediaより)。
・・・・・・・・・・・・
中国の伝説によると、贔屓は龍が生んだ9頭の神獣・竜生九子のひとつで、その姿は亀に似ている。重きを負うことを好むといわれ、そのため古来石柱や石碑の土台の装飾に用いられることが多かった。日本の諺「贔屓の引き倒し」とは、「ある者を贔屓しすぎると、かえってその者を不利にする、その者のためにはならない」という意味の諺だが、その由来は、柱の土台である贔屓を引っぱると柱が倒れるからに他ならない。
・・・・・・・・・・・・
大久保利通公の墓石の贔屓
[画像:93bf7070.jpg]
ここから、贔屓は下積みの役者さん等を支えることを意味するようになったとのことですので、冒頭の「我が家の贔屓の櫻木神社」は全く使い方は間違っていますね。
さて、言い方を変えて、我家にとって霊験あらたかな櫻木神社にお詣りします。
DSC_6098
DSC_6099
今年の干支の大絵馬、初めの頃(14年?くらい前)はとてもユーモアのある画風で面白かったのですが、最近はこのレベルですね。
それでも毎年楽しみにしています。
DSC_6100
2日なので参拝客も落ち着いています。
DSC_6102

お昼を「丸亀製麺 守谷店」で。
年明けうどん」のつもりだったのですが、後で赤い物を一点加えるのが条件と知りました。
う~ん、残念。
釜揚げうどんと磯辺掻き揚げ(440円)、年末年始限定の「はまぐりうどん」(680円)、きつねうどん(420円)。
DSC_6104
美味しいのですが、何時もと比べて少ししなやかなこしが足りないような。
はまぐりうどんはたっぷりのはまぐり(はまぐりとは少し違うような?)の旨味と海老天婦羅と豪華なんですが、去年の春の「あさりうどん」の方が好みかな。
DSC_6105
ご馳走様でした。
ところで、(はまぐりとは少し違うような?)ですが、調べてみるとこれではないかと。
ミスハマグリ」です。
基本情報
・東南アジア、ベトナムなどから輸入されている。
・活けなく、ほとんどが冷凍されたもの。
・加工品もしくは料理店を中心として流通するもので、小売り店ではほとんど見かけることがない。
・小振りで値段が安く、味のいいハマグリ。
[画像:65510f25-s.jpg]
相方がこのはまぐりうどんのはまぐりの数を数えると13個でした。
これだけの数を入れるためには、これになるのですね。

本日の夕食は、とても久々に通し揚げの串揚げ。
今日の食材、蓮根と里芋と筍はおせち料理の煮物のリメイクです。
普段使うことは無いたっぷりのサラダ油で1種類から2種類づつ揚げていきます。
[画像:fb5dad52-s.jpg]
上から時計と逆回りで、エビフライ、チューリップ、里芋(写真無し)と鶉の卵。
お皿にサーブしたものを撮ると、余り綺麗ではありませんね。
[画像:9f5d4218-s.jpg]
レンコンと鮭、カマンベールチーズと筍、豚肉とバナナ
[画像:4f73d821-s.jpg]
相方と2人では先ず食べることは無い串カツ、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。
正月2日目も暖かく穏やかな一日でした。

このページのトップヘ