烟霞淡泊

カテゴリ:食事&食事会 > 茨城県

道の駅よつくら(07:45)⇒那珂湊(10:30)⇒土浦(12:45)⇒自宅(15:00)

道の駅よつくらから国道6号線のバイパスから国道245号線を南下して、那珂湊のおさかな市場で買物と昼食。

20200702_103005
800円の品2パックで1,000円に釣られて、残り一つの本鮪中落と岩牡蠣を購入しました。
20200702_102852

お昼は、「市場寿司」へ。
那珂湊の超有名店、一度くらいは行ってみたいと思っていました。
昨日のホールインワンで、私の奢りです
20200702_102548
頂いた数々のお寿司。
サーモンと鯖
20200702_100445
本鮪とつぶ貝
20200702_100706
槍烏賊とトロサーモンとあら汁
20200702_100810
雲丹とイクラと太刀魚
20200702_101457
赤えびと本鮪中トロ
20200702_101951
さて、お味は?
美味しかったのはサーモンとあら汁くらい。
多くのネタはその素材の風味や旨味が余り感じられず、大振りで食べるのに苦労するものも。
大昔に行った銚子の島武を思い出してしまいました。
魚市場系の人気回転寿司の「あるある」ですね。

更に国道51号線、国道345号線を走って道の駅たまつくりへ。
此処の白魚のしらすや鯉の食材、そして農産物も良く、良く立ち寄ります。
20200702_115203
白魚のしらす、ズッキーニ、茄子、青はぐら瓜を購入。
20200702_115121

ファミリーマートで、「レモネードフラッペ」(298円)、情報番組で取り上げられていて試してみました。

レモンスライス、レモンピール、レモン果汁が入ったレモン感満載、はちみつのまろやかな甘みが加わり、すっきり爽やかな味わいです。
20200702_120519
ご馳走様でした。

土浦市の「霞ヶ浦総合公園」へ立ち寄りました。
梅雨の晴れ間、盛夏のような青空です。
20200702_125554
寄った目的はこれですが・・・・
20200702_124504
蓮畑、6月中旬から7月下旬にかけて30種の蓮が咲き乱れるのですが、今年は少し遅いのかちらほらと咲いているくらいでした。
それと花枝がひょろっとしている物が多く、咲いても花の重みで曲がるものもあってちょっと変ですね。
20200702_124543
20200702_124724
20200702_124943
20200702_125024
2015年6月27日の霞ヶ浦総合公園の蓮の花
image
image

昼過ぎに帰宅しました。
梅雨の合間、福島思い付きの旅、楽しみました。
走行距離:645km、燃費(推定):8.1km/L

本日の夕食、川俣しゃものノンフライヤー調理、道の駅で購入した野菜のラタトゥイユと枝豆、おさかな市場の森田水産の本鮪中落と岩牡蠣。
20200702_190122
本鮪の中落(買った半量)、真っ当な本鮪、岩牡蠣、小振りですが濃厚、これで1,000円は安いです。
20200702_190132
20200702_190139
川俣しゃも、3日目で最後、定番のノンフライヤーで熱風唐揚げ、堪能しました。
20200702_190144
ご馳走様でした。

今日は天気も良く、気温も上がらないとのことで、近場のポタリングにで出掛けました。
コースは、「じてんしゃ旅 03 いばらぎサイクリングガイド」から選択しました。
KIMG2838
稲敷市水辺満喫東ルートを選択、①40km強と走り甲斐がある、②茨城の東照宮と称される大杉神社、③横利根閘門公園見物、④オートレストラン有名店「あらいやオートコーナー」でお昼、⑤少しルートを変えて霞ヶ浦一周サイクリングコース(霞ヶ浦りんりんロード)を15kmくらい走れる、がポイントですね。
KIMG2839
KIMG2840

自宅から利根川左岸の土手道(栄橋から始まるカーナビで案内しない超近道)を走って、神崎大橋を北上して「桜川総合運動公園」の駐車場に車を停めて、スタートします。
霞ヶ浦南岸の丘陵地帯のアップダウンのある道を走って大杉神社へ。
KIMG2756

大杉神社」に到着。
ウィキペディアより
「大杉神社(おおすぎじんじゃ)は、茨城県稲敷市阿波(あば) にある神社。豪奢な社殿を擁することから「茨城の日光東照宮」の異名がある 。あんばさまの愛称で親しまれている。古名には大杉大明神、大杉大権現、今宮大杉大明神などがある。
旧社格は郷社。現在は神社本庁が定める別表神社。関東や東北地方に分布する約670社 を数える大杉神社の総本社である。 」
KIMG2758
なかなか立派な神社です。
KIMG2759
KIMG2760
夏越し大祓いの「茅の輪くぐり」が設えていました。
早速並びました。
KIMG2762
作法に従ってくぐり抜けます。
これで疫病や罪穢が祓えますね。
KIMG2763
夢結び夢叶えと厄除けの神様、何時もの私事のお願いに加えて、世の悪疫退散と平穏安寧を祈願しました。
KIMG2764
KIMG2765
我が家の贔屓の櫻木神社に負けず劣らず、なかなかエンターテイメントな神社です。
KIMG2766
KIMG2768
さすが茨城の「東照宮」ですね。
KIMG2770
良い神社です、また訪れましょう。

大杉神社から更に南下して利根川に到着、利根川サイクリングロードを緩やかな追い風に乗って快走します。
KIMG2773
KIMG2774

横利根川閘門公園に到着。
KIMG2776
国指定の重要文化財(近代化遺産)です。
水位の異なる水路を航行するための建造物で、パナマ運河と同じ原理を用いています。
この閘門は現役で、今でも船で航行することができ、2015年6月16日2016年5月8日にカヤックで通り抜けました。
KIMG2777
望遠を使うと閘室も見えますね。
KIMG2778
航行の操作盤です。
この紐を引くと、手前の閘門が空いて、通り抜け開始となります。
魚影が写っていますが、鯉か大陸系の魚かもしれませんね。
KIMG2779
KIMG2780
閘室です。
KIMG2781
閘門の先の横利根川、ヘラブナ釣りの名所です。
KIMG2782
KIMG2785

あらいやオートコーナー」に到着、お昼を頂きます。
情報番組で紹介されていた創業48年のオートレストラン、一度訪れたいと思っていました。
KIMG2793
自販機4台の小規模なオートレストランです。
両脇の2台は使われておらず、弁当と飲み物の自販機が現役ですね。
KIMG2795
早速お目当てのお弁当、焼き肉弁当と唐揚げ弁当(各330円)を購入します。
「釣り切れランプがつきません。ボタンを押しても硬貨が出ない時は釣り切れです。」という張り紙初め、沢山。
ラッキーなことにぴったりの硬貨がありましたが、出るか?出ないか?、どきどきします
KIMG2789
出ました!!!、良かった
KIMG2792
焼き肉(唐揚げ)とごはんと佃煮のみ、潔いお弁当、少し濃い目の焼き肉と唐揚げが硬めに炊いたご飯が良く合います。
KIMG2794
美味しく頂き、ご馳走様でした。

霞ヶ浦りんりんロードを走ります。
素晴らしい開放感。
KIMG2796
正面遠くに筑波山が見えるのですが、映らないですね。
KIMG2801
広大な芦原。
KIMG2803
和田公園を走り抜けます。
KIMG2804
KIMG2806
和田公園のキャンプ場、今から20年近く前にキャンプで訪れたことがあります。
KIMG2807
出発点の桜川総合運動公園に帰着。
KIMG2810

本日の走行軌跡です。
1592655069736
霞ヶ浦りんりんロードを遠回りしたので、少し走行距離が増えました。
1592655073455

本日走行距離:44.3km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,463km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,233km
本日消費カロリー:1,152kcal
良い運動になりました。

帰り掛けに、道の駅水の郷さわらと道の駅発酵の里こうざきに寄って、地の野菜や物産を購入しました。
KIMG2811
KIMG2814

本日購入の、物産。
KIMG2815
不動 無濾過生原酒 純米吟醸おりがらみ、炭酸含有の濁り酒、これは明日の父の日に頂きましょう。
KIMG2816
KIMG2817

本日の夕食、朝採り玉蜀黍の恵味、鯛と霜降り平茸のホイル蒸し、牛肉の甘辛炒め。
KIMG2818
朝採り玉蜀黍の恵味、皮付きのまま蒸して、甘くて美味しいです。
KIMG2820
KIMG2819
KIMG2821
ご馳走様でした。

自宅(08:40)⇒大宝八幡宮(10:00)⇒小山市(12:00)⇒道の駅グランテラス筑西(17:30)

情報番組で紹介された栃木県の小山市のいちごの里の「カフェ アンジェ・フレージェ」の苺のかき氷と、下館パークゴルフ場の初夏の名物イベント「梅狩り付パークゴルフ」、この2つを繋げて小旅行を組むことにしました。
県内からほんの少し栃木県に入り、20日以降に都道府県を跨ぐ移動自粛が緩和される見通しの中、ちょっとフライングではありますが

茨城県下妻市の「大宝八幡宮」、紫陽花見物(多分2回くらい)や奇祭タバンカ祭り(2014年9月14日)や相撲部屋の練習見物(2015年6月15日)と何度も訪れています。

大宝八幡宮の大鳥居
KIMG2655
山門、仁王像がいらっしゃいました。
明治以前の神仏習合の名残ですね。
KIMG2656
KIMG2657
紫陽花祭りの案内が出ています。
KIMG2658
KIMG2659
西向きの斜面に沢山の紫陽花が植えられています。
平地より斜面に咲く紫陽花は一層趣があります。
KIMG2668
KIMG2666
何種類かの紫陽花を載せました。
KIMG2665
KIMG2667
KIMG2664
KIMG2663
KIMG2662
KIMG2671
KIMG2673
なかなか綺麗ですね。
権現堂公園(埼玉県幸手市)の紫陽花に比べれば規模が小さいのですが、咲いている環境も含め、雰囲気が良く、私は好きです。
堪能しました。

結城市を越えて、栃木県小山市へ。
いちごの里」の「カフェ アンジェ・フレーゼ」へ。
よござんす日誌R(リターンズ)」でも紹介されていて、一度訪れたいと思っていました。
1592396435945
いちご氷(660円)
コロナ騒動で使い切れなかったスカイベリーを凍結して、そのままかき氷器で削るという代物です。
上品な風味で美味しいのですが、途中から練乳をかけると、濃厚な旨味が広がるようで、苺好きには堪らない一品でしょう。
1592396326066
苺のスムージー(550円)、苺のスムージーの上に甘さ控えめの生クリームと苺ジャムがフローとされていて、爽やかで美味しいです。
本当はこの店のスペシャリテの「天使のパンケーキ」が目当てだったのですが、この時期はお終いみたいで、次の機会ですね。
1592396332007
BBQハウスの「豚とオリーブ」等のレストラン
1592396346515
ジェラートやスイーツ等の「べリーベリーカフェ」
1592396352606
苺畑やさくらんぼ等の果樹園もあって、なかなか面白そうな施設です。

お昼は小山市の「一品香 城東店」を予定していたのですが、臨時休業で下野市の「竹末食堂」に変更です。
栃木県喜連川の有名店「E・Y竹末」の支店で、お初竹末となりました。
KIMG2680
あっさり(730円)と塩あっさり(780円)と茹で餃子(290円)を頂きました。
あっさりは醤油が立った端麗なスープ、塩も癖の無い素直な美味しいスープに仕上がってます。
麺は余り得意でない、今流行りの低加水率のパツパツ麺です。
多加水の平打ちか中太麺だともっと美味しいと思うのですがね。
KIMG2678
KIMG2679
ご馳走様でした。

下野市の「天平の丘公園」で腹ごなしの散歩へ。
綺麗な森林、木漏れ日が美しく、とても気持ちが良いです。
KIMG2690
KIMG2693
KIMG2697
こんな親水施設もあります。
KIMG2691
KIMG2699
KIMG2694
???です
KIMG2695
この辺りの古墳をイメージしたモニュメントのようです。
KIMG2700
KIMG2701
KIMG2702
併設されている埋蔵文化財センター
KIMG2683
KIMG2685
KIMG2686
なかなか良い散歩になりました。

今日の入浴は、「下野市保健福祉センター ゆうゆう館」(大人:300円、65才以上で200円に割引)。
KIMG2704
人口温泉、循環の湯使いですが、この金額でなかなか立派な設備(内風呂2種、露天風呂、サウナ)、有難いですね。

本日のP泊は、道の駅グランテラス筑西。
夜間駐車の車は少なく、キャンピングカーは我が家だけでした。
KIMG2706
近くのスーパーのヨークベニマルで食材購入して、ウスメバルの刺身、蒸し鶏腿肉と胡瓜、冷奴と茗荷。
鶏腿肉を蒸す手間だけの、簡単車中泊夕食です。
KIMG2707
KIMG2710
KIMG2709
KIMG2708
美味しく頂き、ご馳走様でした。

久々に一家4人で迎えた朝、これまた久々にキャノンの正門の横の「trois fleches」(トロアフレーシュ)で朝食を摂りに出掛けました。
KIMG2596
KIMG2590
KIMG2588
日曜日の朝ですが開店直後でイートインコーナーも空いていました。
KIMG2587
5つのパンを購入、サービスの珈琲と頂きます。
KIMG2591
パンを切り分ける鋏持参、流石相方、抜かりはありません。
KIMG2594
何時食べても美味しいですね。
本格的なパンの割にお値段も手ごろで、戸頭の「クーロンヌ取手本店」とともに我が家の贔屓です。
ご馳走様でした。
娘たちは用事があって、そのまま都内へ帰宅しました。

紫陽花の雷電、咲いて大分色が付きましたが、土壌のpHのせいか、雷電の鮮やかな青色(と言っても買った時の色ですが)が出ません。
KIMG2597

お昼は、自家製雲呑とヤオコーオリジナルの生ラーメン(平打ち麺と醤油スープ)でネギワンタンメン。
KIMG2601
以前は大手の生ラーメンを食べていましたが、最近は専らヤオコーオリジナルです。
雲呑はもっと餡を少なくして、抵抗が無くつるんと吸えるようにした方が良さそうです。
KIMG2602
KIMG2603
ご馳走様でした。

ダイニングの明り取りの窓、昨年末に修理して朝陽が入るようになり、冬から春の間は暖かくて良かったのですが、この時期になると眩しくて、それに熱く感じるようになりました。
陽射し除けの暖簾でも掛けてみようとなりまして、相方が早速DIY。
これは朝8時の頃の日差しです。
KIMG2466
KIMG2467
余っていた突っ張り棒と端切れで暖簾を作成。
KIMG2612
掛けてみると、透けた感じがなかなか良いです。
これでも日除けとしては充分でしょう。
KIMG2610
KIMG2614

取手駅東口の「ミーミー フォー」にお昼を頂きに行きました
取手市HPでのテイクアウト応援補助対象の店舗一覧で相方が見付けたベトナム料理の店です。
先日(2020年4月11日)はタイ料理の「タイ レストラン マナ」を訪れたので、取手もエスニックな店が増えて来ましたね。

天気も良いので、店まで歩いて行くことに。
梅雨2日目、青空に紫陽花が良く似合います。
KIMG2474
KIMG2475

西口のA街区再開発の取り壊し工事。
KIMG2476
大分時間が掛かっていましたが、あともう少しです。
KIMG2477
KIMG2478
東口の台宿方面へ。
KIMG2479
此処にも紫陽花が。
KIMG2481

「ミーミーフォー」です。
以前も飲食店だったみたいですが、記憶がありません
KIMG2486
なかなか好さげな外観。
KIMG2487
店内もシンプルです。
KIMG2489
居心地が良いですね。
KIMG2490
注文はこの二つ、バインミーは鶏肉の方です。
KIMG2491
ベトナムビールも2種類、歩いて来たご褒美です。
南方系のビールらしく華やかな香りと軽い口当たりで好みです。
KIMG2496
KIMG2492
東アジアではポピュラーな皮付きの豚三枚肉、フルフルで旨味たっぷり、肉を解してご飯に盛って煮汁を掛けると美味しいですね。
KIMG2493
初めて食べるバインミー、フランスパンのサンドイッチですが、パクチーとチリソースがベトナム感を出しています。
これは比較的簡単に真似できそうです。
KIMG2494
ご馳走様でした。
ビールを飲んだので、「取手・入ったことのない店に行ってみようシリーズ」その19としました。

さて、帰りましょう。
KIMG2497

自宅(08:45)⇒七ツ洞公園(12:10)⇒道の駅常陸大宮~かわプラザ~(17:30)

車旅は2月28日のかんなの湯が最後で、外出自粛で3ヶ月強出掛けていません。
各都道府県で、コロナ対策の緩和が進んでいますが、どのような状況で車旅を再開するか(出来るのか)?の判断は、勿論明確な指標はありませんし、なかなか難しいですね。
茨城県は、5月25日にコロナ対策Stage2に緩和されて10日が経過したので、県内限定の旅に出ようと思います。
旅の目的は、県央県北の物産店で農産物の購入、走行しながらの浄水タンク洗浄、七ツ洞公園の秘密の花苑の薔薇見物、とします。
<茨城県のコロナ対策Stage>
対策指針(25日修正)

「ポケットファームどきどき茨城町店」、国道6号線で県央に向かう時は、必ず寄りますね。
沢山の農産物から畜産物(常陸牛、ローズポーク)、パンやデリカテッセン等、種類が豊富で、この一店で食べ物が揃います。
KIMG2215
この時期は何といっても生産量全国一位のメロンですね。
KIMG2217
KIMG2219
これは珍しい、山椒の実、この時期ならではですね。
購入して、ちりめん山椒でも作りましょう。
KIMG2218

お昼は、水戸市の「そば処 長屋門」へ。
端正な細打ちの手打ち蕎麦の店として有名、前から訪れたかったのですが、漸く叶いました。
KIMG2220
11:30の開店前について、我が家がポールポジションでした。
KIMG2231
落ち着いた店内
KIMG2223
KIMG2222
KIMG2221
注文は、かき揚げそば(980円)。
二八蕎麦(?)、切りむらの無い美しい細打ち、蕎麦の香りがあって、瑞々しくこしもあり、美味しく、普通の手打ちそば店では考えられないボリュームです。
汁も端麗ですが、出汁が効いていて、塩梅も丁度良いです。
かき揚げは野菜と海老たっぷり、さくさくでこれまた美味しいです。
晒し葱、大根おろし、山葵も丁寧な扱いです。
このクオリティとボリュームでこの値段、ちょっと感激しました。
KIMG2227
十割蕎麦(1,000円)、さらに香りが高く、滑りも強く、如何にも十割蕎麦といった味わいです。
これまた、切りむらや短い切れ等は一切なく、打ち手の技術は相当に高いのでしょうね。
そして蕎麦だけでお腹が一杯になるボリューム、吃驚です。
KIMG2228
ご馳走様でした。
ここ数年の内に訪れた蕎麦屋さんで、一番ですね。
この店はまた訪れるでしょう。

七ツ洞公園」に寄りました。
2015年10月18日2106年4月22日2017年12月8日に訪れていて、今日で4回目ですね。
「七ツ洞公園」の解説(再掲)。
NETで、…イギリスの自然風景式庭園で、1999年に水戸市が開設した。風景画のような景色を再現しているのが特徴であり、イギリス式庭園でよく見られるようなフォーリー(模造建築物)やパビリオンなどの建築物と大小5つの池、清流、ダムやそれらを取り囲む森から形成されている。また、秘密の花苑(ひみつのはなぞの)という円形のレンガで囲まれた庭園は、イチイの生垣で色々な形に区切られており、まるで別世界にいるような気分を体験できる。イングリッシュローズをメーンに四季折々の花々を楽しむことが可能な公園だ。…とあります。
近年はおとずれる人も少なく、大分荒れ果ててしまったそうですが、2014年から大規模な修復が始ったそうで、「
七ツ洞再生物語」として公開されています。
秋、春、初冬に訪れていますが、初夏は初めてですね。


KIMG2233
KIMG2234
先ずは、「秘密の花苑」へ。
KIMG2235
KIMG2238
春薔薇ですね。
1週間前くらいが盛りだったようですが、それでも華やかで甘い香りも漂っています。
KIMG2240
英国式庭園と薔薇はとても良く似合います。
KIMG2242
大輪の薔薇達
KIMG2241
KIMG2243
KIMG2246
黄金虫が花弁に潜り込んでいます。
KIMG2252
KIMG2259
KIMG2245
KIMG2248
こんな花も、花びらは色褪せていますが、深い青色だったみたいです。
KIMG2253
KIMG2254
秘密の花苑から公園の一番下部のダムEに降りて、上流に遡ります。
KIMG2305
ダムEとパビリオン、近代的な造形で、上流に遡ると古代的な造形に変遷していくという趣向だそうです。
KIMG2261
KIMG2262
パビリオンからダムDを遠望
KIMG2264
KIMG2266
KIMG2268
階段状に水が流れるカスケードのダムD、一番美しいダムです。
KIMG2269
KIMG2270
林間の涼しげな小道
KIMG2272
ダムCの流れ
KIMG2273
KIMG2275
ダムC渡っていきます。
KIMG2276
ダムBを遠望
KIMG2277
石と木のパーゴラ
KIMG2278
パーゴラの奥の壁泉
KIMG2279
KIMG2281
ダムB
KIMG2283
ダムBのパビリオン
KIMG2284
「はけ」があり、湧水があります。
KIMG2287

KIMG2288
ピクチャレスク理念を表す廃墟のフォリー(模造建造物)、木立に囲まれてなかなか良い雰囲気です。
KIMG2290
KIMG2293

KIMG2294
KIMG2297

ダムA
1591535127710
KIMG2300
蛍が生息する湿地帯
KIMG2302
水音が聞こえる井戸のフォリー
KIMG2304
七つ洞公園の最上流です。

那珂市の「木内酒造合資会社」に寄ってみました。
筑西市の「来福酒造㈱」とともに我が家のお気に入りの茨城県の造り酒屋です。
創業200年、歴史を感じさせる建屋です。
KIMG2318
KIMG2311
ウイスキーの原酒の転用の消毒用エタノール代替品のNEW POT 70、思わず嘗めたくなるような良い香りがします
KIMG2312
試飲コーナー
KIMG2317
KIMG2315
蕎麦屋もあります(本日は休業)。
KIMG2316
香り、旨味、甘酸のバランスのとれた微炭酸の「純米吟醸にごり酒 春一輪」を購入しました。
工場見学や利き酒もあるので、一度ゆっくりと訪れてみたいですね。

道の駅ひたちおおた
KIMG2332
皐月展を開催していました。
KIMG2322
見事な皐月の盆栽の数々、源平咲きが多いのですね。
KIMG2323
KIMG2325
お見事、です。
KIMG2326
KIMG2327
KIMG2328
KIMG2329

本日の温泉入浴で、常陸大宮市の「三太の湯」(700円のところ16時以降入館で500円)へ。
結構な山奥、狭路で離合が難しいところがあります。
KIMG2333
なかなか立派な温泉施設です。
KIMG2334
KIMG2339
KIMG2335
検温、連絡先(住所・電話番号)を記帳して入館。
KIMG2336
KIMG2337
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)、沸かし湯の循環の湯使いですが、浴室、浴槽は広々として、また露天風呂は新緑が鮮やかな森の中にあるような造りで、気持ちが良いです。
施設名の由来の三太、この地に伝わる巨人伝説のようです。
KIMG2340
KIMG2341

本日のP泊地は、道の駅常陸大宮~かわプラザ~です。

KIMG2342
本日購入の農産物、軟白葱、玉葱、とんがりキャベツ、空豆、長茄子、山椒の実、青梅。
青梅が主目的だったのですが、未だ早いのと今年は不作であまり数が出ていなくて、また値段も1kgで650円と少し高めでした。
KIMG2343
今日の夕食は、豚肩ロースの豚テキ、豆もやしのナムル、茄子と胡瓜の即席漬け、冷奴、ミズタコと胡瓜の酢の物に木内酒造の春一輪。
何時もはあっという間に食べてしまうのですが、今日はお酒を頂きながらゆっくりと楽しみました。
KIMG2345
ご馳走様でした。
KIMG2346
夜間駐車は約30台、キャンピングカーは我が家以外は2台で、何れも茨城県ナンバー(水戸と土浦)でした。
KIMG2347

雨降りの朝です。
KIMG2182

相方、久々に帰省した長女、私の3人で、買物と昼食を摂りに出掛けました。
イオンタウン守谷です。
KIMG2187
KIMG2183
メインストリートの入り口に、自動検温システムがありました。
KIMG2188
システムの前に経つと非接触温度計で検温してくれます。
KIMG2189
これは便利ですね。
新型コロナウイルス禍で、色んな物が世の中に出てきました。

お昼は久々に「モスバーガー 守谷店」。
モスバーガーで食べるのは、記憶がないくらい久しぶりです。
KIMG2190
お目当ては季節限定メニュです。
KIMG2192
スパーシーモスバーガーセット(ポテトL)、モスライスバーガーよくばり天めんたい味セット(ポテトL)、もスライスバーガー海老天めんたい味(単品)、まるごと!レモンのジンジャーエール(単品)、少し箍が外れ気味の注文ですね。
一人前のカロリーは概算で1,000kaLくらいあります。
ライスバーガーはしっかり焼き上げたご飯のパティが香ばしく、天ぷらがさくさくで、ボリュームもたっぷり、なかなか美味しいです。
スパイシーモスバーガーは、如何にもモスバーガーという味わいですね。
KIMG2193
ご馳走様でした。

先々週の5月14日、2017年11月7日から始めた新四国相馬霊場八十八箇所の順打ち、2年6箇月、23日の及ぶ巡礼を結願しまして、そのお祝いに久々に龍ヶ崎の某所へ伺うことにしました。

利根川の土手道を取手駅へ。
KIMG2023
フェアウェイとグリーンの緑が美しいです。
KIMG2024

取手駅から、常磐線に乗ります。
KIMG2025
龍ヶ崎市駅に到着。
KIMG2026
実はこの駅は、私が現役の頃に龍ヶ崎市の事業所(工場と研究所)に通った時の最寄りの駅で、駅名は「佐貫駅」でした。
2020年3月14日に「佐貫駅」⇒「龍ヶ崎市駅」に名称が変更されて、今回初めて訪れました。
KIMG2028

関東鉄道竜ヶ崎線に乗り換えるのですが、結構な時間があり、付近をブラブラと。
駅前のマクドナルド、現役の頃は早い電車で佐貫駅について、社バス発車まで珈琲を飲んでいることが多かったですね。
立ち喰いそば屋さんが綺麗になっています。
KIMG2030
駅前の台湾料理店、代替わりしたのでしょうか、名前が変わっています。
KIMG2031
駅前のロータリー、新店は殆ど無く、全く変わっていない印象です。
KIMG2032

関東鉄道竜ケ崎線の佐貫駅へ。
KIMG2027
KIMG2034
如何にもローカルな一両編成の電車です。
KIMG2035
町興しの龍ヶ崎コロッケをモチーフにしたつり革。
KIMG2036
KIMG2037
この町興し、彼是20年くらい経っています。
KIMG2039
竜ケ崎線は、佐貫(さぬき)⇒入地(いれじ)⇒竜ケ崎の3駅、4.5kmと短いです。
KIMG2040
入地駅で下車。
KIMG2042
KIMG2044
KIMG2045
KIMG2046
KIMG2047
目的地まで少し歩きます。
KIMG2049
KIMG2050

本日の目的地、ブランド養殖鰻の、「坂東太郎」を出すこの辺りの名店として有名な「なか川」です。
新四国相馬霊場八十八箇所結願のお祝いは此処でと、最初から決めていました。
我が家で鰻屋と言えば此処で、今日で多分6~7回目です。
KIMG2052
開店前、ポールポジションでした。
KIMG2053
特等席、初めて座りました。
KIMG2054
庭の池
KIMG2060
庭から店内に引き込まれた池
KIMG2058
KIMG2055
丸々と体格の良い錦鯉
KIMG2067
車ではなく、遥々と常磐線と関東鉄道竜ケ崎線を乗り継いでやってきた理由は、此れです。
キリンラガーの大瓶(700円)と摘みその①の突き出しの川海老の佃煮。
蕎麦前ならぬ鰻前を楽しみます。
KIMG2059
摘みその②の肝焼き(540円)、大振りな串に20匹以上の肝がぎっしり、二人で食べてもたっぷり楽しめます。
鮮度が高く、旨味と苦みとしっかりとした食感、とても美味しい。
鰻のかば焼きもおいしいのですが、この店の隠れたスペシャリテで、遅くに入店すると品切れになることが多く、今日も開店前に着いたのはこのためです。
KIMG2061
KIMG2062
日本酒を追加、粉山椒をたっぷり付けると最高の摘みになります。
KIMG2063
摘み③の白焼き(並、3,050円)。
ほろりと柔らかく、何とも上品な旨味、山葵醤油が味を引き立てます。
KIMG2064
最後に鰻重(上、3,950円)を二人で頂きます。
絶妙の蒸しと焼きでほろっと口解けする柔らかさ、たれの塩梅もよくあっさりとしていて、鰻の旨味の余韻が長く残る味わいです。
硬めに炊き上げたご飯も美味しい。
たっぷりの漬物と鶉の卵入りの肝吸いも名脇役ですね。
坂東太郎を出す他の店も行ったことがありますが、やはり此処が一番です。
KIMG2065
何度食べても、美味しさに感動します。
新四国相馬霊場八十八箇所結願のお祝いに相応しい食事会となりました。
調べてみると前回は2018年4月4日、前前回は2015年8月18日で2~3年毎に訪れているのですね。
次は何時訪れることができるのでしょうか。

夏のような陽射しの中、ゆっくりと龍ヶ崎市駅まで歩いて帰りました。
KIMG2070
駅前のマクドナルド、季節限定の「マックシェイク森永ラムネ」でクールダウンしました。
KIMG2071
KIMG2072

帰宅して、なか川から龍ヶ崎市駅まで歩いて帰る途中に見付けた放棄竹林の破竹(淡竹の筍)を焚きました。
KIMG2073
KIMG2074
KIMG2075
沸騰したお湯に米糠を入れて10分茹でてそのまま冷まし、水を数回入れ替えて、下拵え終了です。
KIMG2079
苦竹(真竹の筍)は近所の放棄竹林に沢山生えるのでよく食べますが、破竹は珍しいですね。
楽しみです。

晩ご飯、最近の我が家の流行りで、居酒屋風です。
手羽唐揚げ(ノンフライヤーによる擬き)、アトランティックサーモン2種(カルパッチョと刺身)、葱納豆、破竹のキムチ風、冷やしトマトと茹でブロッコリー。
KIMG2080
ご馳走様でした。

首都大都市の7都府県に緊急事態宣言が出された初めて週末、少し気温が下がったのですが天気も良く気持ちの良いぽかぽか陽気になったので、守谷市の中心部から少し離れた「守谷野鳥の道」へ散策に行きました。
利根川・鬼怒川・小貝川に囲まれた静かな林間の「守谷野鳥の森散策路」と明るい湿地草原の「鳥のみち」を含む総延長4キロメートル程の歩道です。
2019年の7月8日に初めて訪れて、煩いくらいの野鳥の囀りに吃驚したのですが、季節も良くなって野鳥も現れるのではないかと期待しての訪問です。

前回同様に南守谷駅の駐輪場にシルバH号をデポして、車はバルコン広場近くの鳥の道専用駐車場に停めて、先ずは北方面に鳥のみちの下流域を一周して、今度は鳥のみちの上流域から守谷野鳥の森散策路の北ルート・中央東ルート・南ルートで南守谷方面の出口に向かい、南守谷駅の駐輪場に辿り着く、こんな行程です。

Screenshot_20200411-085610
前回は車が我が家以外は1台だったのですが、今日は5台と結構賑やかです。
KIMG1265
KIMG1267
橋の上から北方面に鳥のみちの下流域を望みます。
KIMG1268

湿原の木道のような道が続きます。
期待したと野鳥の鳴き声なんですが、鶯と数種の野鳥(判りません)が鳴いていますが、前回に比べると大分静かです。
KIMG1270
樹の下の気持ちの良い休憩所、前回来た時は此処でお弁当を広げましたね。
KIMG1272
森の道
KIMG1275

古城沼の畔の櫻、「フゲンゾウ(普賢象)」でしょうか?
KIMG1276
KIMG1277
KIMG1280
これは「カンザン(関山)」でしょうか?
KIMG1282
KIMG1284

鳥のみちに戻って南下します。
KIMG1285
KIMG1287

守谷野鳥の森散策路に入りました。
小さな流れと谷地やはけのような地形を行きます。
KIMG1288
KIMG1290
新緑が眩しいですね。
KIMG1291
KIMG1292
南守谷の入り口に辿り着きました。
KIMG1293

駐輪場でシルバH号に乗って、鳥のみち専用駐車場まで行って車を回収して終了です。

本日の走行軌跡、4.4kmのゆったりの散策でした。
1586581021145
1586581025406

先日散歩の途中で見掛けた取手競輪場下の「タイレストラン マナ」へ。
遠目でみると営業しているかどうかが判りませんが、近寄ると店の戸に掛けられたOPENのプレートが目に入りました。
KIMG1299
テーブル席12とカウンター席4の小体な店です。
KIMG1295
ガパオセット、スパイシーな鶏挽く肉炒め、結構辛めで、黄身まぶしジャスミンライスと良く合います。
KIMG1296
トムヤムクンセット、酸っぱくて辛くてパクチーは良く効いて、美味しいです。
KIMG1297
ラープムーセット、豚挽肉のサラダ、結構辛めでカットしたキャベツと食べると美味しいです。
KIMG1298
なかな本格的なタイ料理を楽しみました。
ご馳走様でした。

ある物を買うために自宅から60km離れた鉾田市までドライブ。
ある物は後日紹介します。

ある物は無事手に入り、霞ヶ浦の湖畔の「道の駅たまつくり」と「歩崎公園」に寄りました。
此処の産直は、野菜や鯉の食材等良い物があるので必ず寄るのですが、この時間で殆ど売り切れていました。
KIMG0984
歩埼公園、霞ヶ浦一周コースの110kmポイントで、「20inのFolding BikeでCentury Rideへの道」その3で予定している霞ヶ浦一周130kmのスタート地点の候補地です。
駐車場は24時間開放で、トイレも新設で使い勝手が良さそうです。
それとお昼を予定している「しおみ食堂」まで70kmと丁度良い距離です。
KIMG0985
朝は殆ど無風だったのですが、お昼近くになってが西風が強く吹き出しました。
風速5m/sくらいでしょうか、こんな風が吹いたら130km走行は無理です。
この時期の行方市の長期天気予報を見ると、無風から微風は1~2日/1週間、土日でそんな日に当たる可能性はなかなか難しいですね。
KIMG0986
KIMG0988
かすみがうら市交流センター
KIMG0992
1Fの「かすみマルシェ」で、おやつに熟成焼き芋ベニハルカのアイスクリーム乗せ(410円)を頂きました。
KIMG0991
想像通りの美味しさです。
KIMG0989
ご馳走様でした。

夕食は、火鍋で、食材は本日調達した野菜(ワイルドな三つ葉、春菊、あわび茸)と香菜と冷凍保存の槍烏賊と豚バラ。
香りが強烈な三つ葉や春菊や香菜、火鍋に良く合いますね。
KIMG0997
ご馳走様でした。

シルバH号で、長距離を走るポタリング(というよりサイクリング)を、2019年2月3日:67km、2019年12月6日:104kmとやってきました。
当初は100km越えが目標だったのですが、2回目に100kmを越えたら、未だ余裕があり、センチュリーライド(Century Ride)ができるのではないかと思い始めました。
センチュリーライドは、元々はHonolulu Century Rideの100mile(約160km)レースが本家で、日本各地でも***** センチュリーライドと称する160kmのレースが開かれているようです(あずみのセンチュリーライド、美瑛センチュリーライド、等々)。
レースでなくても個人で160kmを1日で走行すればとセンチュリーライド達成等と表現するみたいで、サイクリングを始めた初心者の目標の一つみたいです。
ところで、ロードバイクや高性能のクロスバイクでは然程難しくありませんが(多分)、20inの小径の折り畳み自転車では結構厳しいですね。

ということで、今回より、「20inのFolding BikeでCentury Rideへの道」という冠を付けて、ステップアップのその3で120kmのサイクリングに出掛けることにしました。
コースと時間はこんな感じとなりました。
自宅(05:10)⇒石下(07:15)⇒筑西市(09:30)⇒岩瀬駅(10:45)⇒筑波山口(12:25)⇒つくば市(13:45)⇒自宅(16:30)

出発、真っ暗です。
-1℃ですが、殆ど風が無いのであまり寒く感じません。

KIMG0781
守谷の外れ辺りで夜が明けてきました。
走行中に撮っているのですが、最近はスマホの写真は時々ピンボケになります。
KIMG0782
つくばみらい市に入る当たりで霧が立ち込めてきました。
KIMG0786
KIMG0787
霧に中を走ったら、フリースに氷の粒が多数、過冷却の水滴が結氷したようで、所謂霧氷ですね。
しっかり着込んでいるので寒さは余り感じませんが、つま先が痛いくらい冷たく感じていて、これでは霜焼になりそうです。
KIMG0791

朝食その①は、前回同様に今日も「すき家」ですが、今日は常総市の石下店です。
本当は守谷の「なか卯」で天婦羅うどんを食べたかったのですが、今日は日曜日で開店時間が遅く、食べれませんでした。
KIMG0793
牛丼並盛と生卵(733+150kcal)、ハンガーノック対策とはいえ、少し食べ過ぎですかね?
KIMG0795
120kmしっかり走りましょう。

国道294号線のランドマークの蕎麦屋さんの「二城」、なんともラブリーな看板と営業時間(11~14時)外のやっている?それとも廃業?が判らないような外観、大盛の手打ち田舎蕎麦が名物の店です。
KIMG0796

道の駅しもづまで小休止
KIMG0797
霧が晴れてきました。
KIMG0802

筑西市に入りました。
茨城の銘醸の「来福酒造」の造り酒屋はこの奥3kmくらいのところにあります。
KIMG0804
新芽が出た麦畑
KIMG0805
KIMG0806
五行川、小貝川の支流、関東では珍しい晩秋に鮭が遡上する市街地の河川としてつとに有名です。
KIMG0807
この辺りも洪水があったのですね、時期の表示がはありませんでした。
KIMG0808

道の駅グランテラス筑西
KIMG0814
KIMG0809
ベーカリーカフェの「ohana」へ。
KIMG0812
朝食その②です。
KIMG0811
揚げ立てのカレーパンとミニフランスのホットドック風?とサービスの珈琲、美味しく頂きました。
推定熱量は、700kcaLです。
KIMG0810

此れからJR岩瀬駅に向かいます。
小貝川、2018年11月、この辺りから利根川合流点真まで60km程、フォールディングカヤックで2日間かけて下りました。
KIMG0816
国道50号から望む上野沼
KIMG0817

JR岩瀬駅に到着です。
丁度、此処が本日の行程の中間点です。
KIMG0818
りんりんロードの北側の始点でもあります。
KIMG0819
KIMG0820
KIMG0821

りんりんロードを南下して行きます。
遠くに筑波山が顔を覗かせています。
KIMG0822
りんりんロードは廃線となった筑波鉄道の線路を自転車及び歩行者専用道路にしたもので、県道501号桜川土浦自転車道路でもありますが、県道の自転車専用道路というのも珍しいですね。
此処は筑波鉄道の駅跡(プラットフォーム)です。
KIMG0826
紅枝垂桜ですね。
KIMG0828
KIMG0829
筑波山の北方の山、加波山でしょうか?
KIMG0830

真壁駅跡でちょっと休憩
KIMG0831
りんりんロードサイクラー御用達の「三由屋」へ。
KIMG0839
KIMG0834
お目当ては、栗最中、注文するとその場で最中に餡を詰めてくれます。
KIMG0836
KIMG0835
本日のおやつその1、さくさくの最中に栗たっぷりの潰し餡、美味しいです。
KIMG0838
並びの立ち喰いそばの「たかはし」へ。
KIMG0841
気になっていた肉入りお握りを1個求めました。
午後のおやつに頂きましょう。
KIMG0840

辛夷が花盛りです。
KIMG0842

りんりんロードの不思議なアップダウンの波々ロード。
KIMG0843
りんりんロードの不思議なワインディングロード。
KIMG0844

美しい筑波山、昨日の雪がまだ残っています。
KIMG0850
KIMG0851

りんりんロードの中(20km)の筑波山口に到着。
KIMG0853
松屋製麺所でお昼を予定していたのですが、日曜日の昼時で店内外に大勢の行列があり、断念してお土産の5食入りのラーメンセット(950円)を購入しました。
KIMG0852

お昼は少し南に下ったところにある「名無し」へ。
KIMG0858
醤油ラーメン(550円、推定700kcaL)、佐野ラーメンに近いチューンです。
醤油が立った端麗なスープ、中太平打ち麺、シンプルで丁寧に作られた具材、少し旨味調味料の濃さが気になりましたが、それでも丁寧な作りの美味しいラーメン、立派なもんです。
KIMG0855
KIMG0857
ご馳走様でした。

筑波山、我が家から見る山容と同じですね。
KIMG0859

大分走って振り返った筑波山
KIMG0860

つくば市の美しい街路樹の道を行きます。
KIMG0861
おやつその2、たかはしの肉おにぎり(推定350kcaL)、肉の脂が廻ったしっかりとしたご飯粒、強めの塩味、惜しいです。
KIMG0862
ご馳走様でした。

つくば市で100km、此処までは先ず先ず快走したのですが、この後は大分足と膝に疲労がきて、自宅までの30km、結構辛い走行となりました。
それでも、夕方そこそこの時間に無事帰宅、ほっとしました。

本日の走行軌跡
Screenshot_20200315-172031
事前調査では、走行距離は130kmだったのですが、迷ったりルートを変えたこともあり130kmになりました。
Screenshot_20200315-172152
Screenshot_20200315-172256

本日走行距離:129km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,251km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,021km
本日消費カロリー:3,354kcal
本日摂取カロリー:2,783k
サイクリング前後の体重変化:-0.4kg

130km走り切って、満足です。
ただ80kmを超えた辺りからペースが落ちて、100kmを過ぎると相当に辛くなりました。
センチュリーライドまであと30km、今の状態では難しい、もう少し鍛錬が必要ですね。
次回は、霞ヶ浦一周+αの140kmのステップを踏もうと思います。

今日は新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その22として、③地区の83番、⑥地区の84番、⑤地区の第85番、②地区のの86番を巡ります。
自宅から国道294号で取手市井野野中の83番、国道6号線で利根川を渡って我孫子市久寺家の84番と布施の85番、新利根橋を取手市の稲の86番、約25km弱の行程です。

407c484f (1)

③の83番
[画像:390a982b-s.jpg]

⑥の84番
[画像:ad960437-s.jpg]

⑤の85番
[画像:b3816875-s.jpg]

②の86番
[画像:634c1be0.jpg]

第83番の井野野中の諏訪宮へ。
KIMG0709
第83番:井野野中の諏訪宮
移し寺:香川県神毫(しんごう)山一宮寺
ご詠歌:讃岐一の宮の御前にあおぎきて 神の心を誰れかしらゆう
KIMG0708

国道6号線で大利根橋を渡って我孫子市へ。
KIMG0710
KIMG0711
KIMG0712

第84番の我孫子市久寺家の宝蔵寺へ。
小高い丘の上に建つ立派なお寺です。
KIMG0713
KIMG0714
KIMG0721
第84番:我孫子市久寺家の宝蔵寺
移し寺:香川県南面山屋島寺
ご詠歌:あずさ弓屋島の寺にもうでつつ  いのりをかけて勇むもののふ
この建物の後ろに大師堂があり、永年色々な八十八箇所(遷し)を巡っていますが、こんな変わった造りは初めでですね。
KIMG0715
後ろの大師堂です。
KIMG0716
KIMG0717
KIMG0719

久寺家から布施へ走ります。
KIMG0722
KIMG0723


KIMG0725
KIMG0727
第85番:柏市土谷津の円性寺
移し寺:香川県五剣山八栗寺
ご詠歌:ぼんのうを胸の智火にて八粟をば 修行者ならでたれか知るべき
KIMG0728
お寺の入り口近くにある櫻、5分咲きくらいです。
品種は何でしょうかね。
私が知っているのは、染井吉野の10日~2週間前の早咲き、薄紅でれば、オオカンザクラかシュゼンジカンザクラですが、どうでしょうか?
KIMG0729
KIMG0726


新大利根橋へ向かう途中、あけぼの山農業公園に寄りました。
ビオラがまだ残っていました。
KIMG0731
ビオラは終わりかけていて、同じ畑にチューリップの芽が出て結構大きくなっていました。
KIMG0732
KIMG0733
KIMG0734
カンヒサクラの並木がありました。
KIMG0730

新利根橋を渡って取手市へ戻ります。
KIMG0735

第86番の稲の集会所先の十字路角へ。
KIMG0737
第86番:稲の集会所先の十字路角
移し寺:香川県補陀落山志度寺
ご詠歌:いざさらば今宵はここに志度の寺 祈りの声を耳にふれつつ
KIMG0738

本日の走行軌跡
1583750561211
1583750567080
本日走行距離:22.6km
相馬霊場累計走行距離:573km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,122km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):5,892km
本日消費カロリー:588kcal

あと1日の巡礼で、新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)の結願です。

お昼は20km以上のポタで食べることが許されるカレー、「アイキッチン 百合丘店」。
近くて、美味しくて、安い、我が家の定番です。
DSC_4193
何時ものAセット(カレー、ナン、サラダ、680円)
KIMG0739
マトン(辛口)、豆(辛口)、ホウレン草(普通)と特大のナン。
具材たっぷりで、スパイスが利いて、ボリュームのあるのカレーです。
初めて来た時、10年以上前はナンをお替りしたのですが、⇒2人で1枚のお代わり⇒お代わりなし、に至っていますが、年相応ですね。
KIMG0740




久しぶりに家族が揃って、散歩とランチでつくば市へ。
途中、取手市の市役所の河津桜を見物。
KIMG0501
三分咲きくらいでしょうか。
KIMG0504
綺麗な花です。
KIMG0503

つくば市でランチの前に洞峰公園を散歩。
KIMG0505
KIMG0506
KIMG0507

洞峰公園の近くの「エヌオーエヌ ファニチャー&カフェ」へ。
2016年5月26日に相方、次女、私で訪れていて、2回目です。
KIMG0509
相方のアボガドベーコンサルサバーガー(1,300円)
KIMG0510
次女のブルーチーズパインビーフバーガー(1,300円)
KIMG0511
長女のテリヤキビーフバーガーパイナップル(1,250円)
KIMG0512
私はグリルチキンのハニーマスタードBBQバーガー(1,250円)
KIMG0513
どのバーガーも結構個性があって美味しく、なかなかのボリューム、フライドポテトもたっぷりで、お腹一杯です。
KIMG0514
ちょっと気になって2016年に頼んだメニューを調べたら、相方と次女と私の注文が同じでした。
あはは、代り映え無し、ですね。
もし次回訪れることがあれば、必ず違うものを頼みましょう。
ご馳走様でした。

家族揃っての夕食。
アンガスビーフのランプの叩き風、海老とサーモンのシーザーサラダ、チーズフォンデュ、スパークリングワイン。
家でチーズフォンデュしたのは何時だったか思い出せないくらい昔です。
相方と二人になってからはしなくなりましたが、手頃な鍋と温める少しお洒落な火器を揃えて、楽しむのも良さそうですね。
1582639956302
デザートは、次女が買っておいてくれたバレンタインチョコレートを皆で頂きます。
1582639965492
利きカカオのチョコレートセット。
1582639982205
解説書がとてもお洒落です。
其々のカカオに合わせたチョコレートになっていて、なかなか美味しいです。
1582639971325
1582639974252
1582639977429
面白い趣向で満足しました。
ご馳走様でした。

道の駅国見あつかしの郷(07:00)⇒道の駅はなわ(09:50)⇒笠間市(11:40)⇒自宅(17:30)

福島県の道の駅はなわで「福島県の道の駅スタンプラリー」の提出。
KIMG0483
KIMG0483
KIMG0481
道の駅のインフォメーションに提出しました。
KIMG0482

福島の矢祭町を抜けると、茨城県の大子町に入りました。
KIMG0486

お昼は笠間市の「そば切り 一兵衛」、2013年7月以来の再訪です。
KIMG0487
KIMG0488
まいたけかき揚げ(田舎蕎麦、1,200円)
KIMG0489
かき揚げ(せいろ蕎麦)
KIMG0490
初回訪問で、蕎麦は美味しくボリュームもあり、天婦羅はさくさくで、気に入ったのですが・・・。
蕎麦は美味しいのですが汁が?、天婦羅は油の切れが悪く、海老は揚げても透明の例のタイプ、残念でした。
こんなこともありますね。

笠間市に寄り道したのは、「笠間日動美術館」を訪れるためです。
企画展、常設展示のフランス館やパレット館、野外彫刻庭園、と誰でも知っているような有名な画家の作品から個性的な作家の作品と、とてもバラエティに富んでいて、楽しめました。
KIMG0493
KIMG0494
KIMG0495
KIMG0496

国道294号線を南下、何時も見慣れた筑波山を見ると、帰ってきました感がします。
KIMG0498
これもお決まりで、北へ向かう旅の往き帰りに立ち寄る石下町の「セイコーマート 常総新石下店」。
G7初めワンコイン以下のワインを7本購入しました。
KIMG0500

夕方に帰宅しました。

1582944886404

東北冬の旅総括
☆:お奨めです。

1)期間
 2月6日~2月22日、17日間
2)走行距離と燃費
 走行距離:2,060km、消費軽油量:277L、燃費:7.4km/L、暖房用のFFヒーターで使用した分も込みなので、先ず先ずの燃費だと思います。
3)立ち寄り県
 茨城県、栃木県、福島県、山形県、宮城県、岩手県、青森県、秋田県、計8県
4)雪祭り
 ①大内宿雪まつり
5)スノーシューハイク
 ☆福島県裏磐梯五色沼探勝路、岩手県八幡平七滝、八甲田山酸ヶ湯辺り、☆八甲田山山頂公園スノーモンスター
6)ワカサギ釣り
 岩洞湖(岩手県)
7)美術館巡り
 斎藤清美術館(福島県柳津町)、福田繁雄デザイン館(岩手県二戸市)、笠間日動美術館(茨城県笠間市)
8)温泉(源泉掛け流しのみ)
 弥五島温泉郷の湯(福島県、330円)、☆早戸温泉つるの湯(福島県、割引券使用で500円)、☆中ノ沢温泉西村屋(福島県、500円)、☆上山温泉下大湯(山形県、250円)、☆鳴子温泉滝乃湯(宮城県、200円)、☆東八甲田温泉(青森県、400円)、☆姉戸川温泉(青森県、200円)、☆さんない温泉ヘルスセンター(青森県、400円)、☆温湯温泉鶴の名湯(青森県、250円)、☆はなわ温泉ゆたろう(秋田県、400円)、10湯、平均入浴料:343円
9)ご当地食或いはご当地食材
 ☆宇都宮餃子(栃木県、餃子専門店正嗣 氏家店)、☆鰊の山椒漬け(福島県)、会津ラーメン(福島県、すゞ屋)、柳津ソースカツ丼(福島県、すゞ屋)、☆馬肉料理(刺身、叩き、ハツ刺身、馬肉汁)、喜多方ラーメン(福島県、一平、☆喜一)、☆岩洞湖ワカサギ天婦羅(自家調達・自製)、☆せんべい汁(青森県、自製)、☆温泉卵(青森県浅虫温泉、自家製)、☆トゲクリガニ&☆水蛸&帆立(青森県、Yさん提供)、津軽ラーメン(青森県、長尾中華そば青森駅前店)、☆芹鍋(宮城県、自家製)
10)その他
 ☆酒蔵巡り(福島県喜多方市)、☆温泉卵作り(浅虫温泉温泉卵場)、帆立貝釣り(青森県、帆立小屋)

今日は新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その21として、①地区の78番・79番、②地区の80番、⑦地区の第81番、③地区のの82番を巡ります。
自宅から国道294号でゆめみ野の78番、米ノ井の79番、稲の80番、利根川土手の道を取手駅方面を経由して国道6号線の大利根橋を渡り、新木の第81番を巡り、また取手駅周辺に戻って第82番、約35km強の行程です。

407c484f (1)
①の78番と79番
7ebd19a5-s
②の80番
[画像:634c1be0.jpg]
⑦の81番
[画像:06cfefc4-s.jpg]
③の82番
[画像:390a982b-s.jpg]

ぽかぽか陽気の冬晴れ、ゆめみ野の長閑な道を行きます。
KIMG9495
第78番の野の井の熊野神社へ
KIMG9496
KIMG9499
神社、公民館、大師堂、多いパターンですね。
KIMG9498
第78番:野の井の熊野神社へ
移し寺:香川県仏光山郷照寺
ご詠歌:おどりはね念仏申す道場寺 拍子をそろえ鐘をうつなり
KIMG9497

第79番の米ノ井の龍禅寺へ
KIMG9500
KIMG9501
龍禅寺、第47番のお堂もあって、第11回目に訪れていて2度目です。
藁葺の山門、銅板を被せているのですね。
龍禅寺の来歴
「米井山(べいせいざん)無量寿院と号し、宗派は天台宗です。天慶2年(939)の創建と伝えられます。山号の米井山は、平将門が武運長久を祈願するために龍禅寺に参詣した際に、井戸から米が噴き出したことに由来するといわれています。将門はこれを吉祥と喜び、地名の米ノ井もこれに由来すると伝えられています。
また将門は三仏堂で生まれたとも伝えられ、近くには将門の愛妾桔梗御前の菩提を弔う桔梗塚があり、龍禅寺と将門伝説との深いつながりが窺えます。」
KIMG9502
シンプルでありながら美しい本堂、これも元は茅葺ですね。
KIMG9504
三仏堂、取手市唯一の国指定の重要文化財です。
「正面三間、側面三間で左右と背面に裳階が付いています。三方に裳階が付く形式の建物は、他に例を見ません。屋根は寄棟造りで茅葺きです。内部は外陣と内陣に分かれ、内陣には禅宗様の須弥壇が置かれ、三仏堂の名称の由来ともなった釈迦如来、阿弥陀如来、弥勒菩薩の三体の仏像が安置されています。
昭和60年(1985)1月から61年10月にかけて解体修理が行なわれ、創建当初の姿に復元されました。この時に、永禄12年(1569)の墨書のある木札が発見され、この年代には三仏堂が建立されていたことが裏付けられ、さらに建物の様式などから16世紀前半の建立と推定されます。」という説明書きがあります。
KIMG9506
美しい茅葺ですね。
KIMG9507
KIMG9508
KIMG9509
第79番米ノ井の龍禅寺
移し寺:愛媛県熊野山八坂寺
ご詠歌:花を見て歌詠む人は八坂寺 三仏じょうのえんとこそきけ
KIMG9503

近くにある将門の愛妾桔梗御前の菩提を弔う桔梗塚に寄ってみました。
国道294号に面していて、しょっちゅう行き来していましたが、知りませんでした。
KIMG9510
茨城県には将門縁の史跡が沢山あります。
生花のお供え、ご近所の方でしょうか。
KIMG9511

第80番の稲の毘沙門堂へ。
我が家の近く、良く散歩する道すがらです。
KIMG9512
毘沙門様の石像、大師堂と毘沙門堂
KIMG9514
七福神の大きな石像もあります。
KIMG9515
第80番:稲の毘沙門堂
移し寺:愛媛県白牛山国分寺
ご詠歌:国を分け野山をしのぎ寺々に 詣れる人を助けましませ
KIMG9513

自宅の近くを通って、利根川の土手道を大利根橋方面へ。
KIMG9518
風も殆ど無く、気持ち良く散走。
KIMG9519

大利根橋を我孫子市に渡って、第81番の新木の自治会館(旧長福寺跡)へ。
KIMG9521

第81番:新木の自治会館(旧長福寺跡)
移し寺:香川県綾松山(りょうしょうざん)白峰寺
ご詠歌:霜寒く露しろたえの寺の内 みなを唱うるのりのこうごえ 
とても立派なお堂です。
KIMG9522
なかなか見事な彫刻が施されています。
KIMG9523
KIMG9524
KIMG9525

来た道を戻って取手駅方面へ。
KIMG9526

第82番の取手市白山の広経寺へ。
取手市の古刹、立派なお寺です。
KIMG9527
KIMG9528
第82番:取手市白山の広経寺へ。
移し寺:香川県青峰山根香寺(ねごろじ)
ご詠歌:宵の間のたえ降る霜の消えぬれば あとこそ鐘の勤行のこえ
KIMG9531
早咲きの河津桜でしょうか?
KIMG9530
花芽が大きくなっていて、2月半ばには咲きそうです。
KIMG9529

今日の巡礼はこれにて終了です。

お昼は、取手駅東口の「松屋」へ。
KIMG9535
KIMG9534
情報番組でも取り上げられている最近話題の「シュクメルリ鍋」(790円)と創業ビーフカレー(490円)を注文しました。
松屋の公式HPの説明。
・・・・・シュクメルリ鍋「にんにく」と「とろけるチーズ」の"ホワイトソース"で鶏もも肉を煮込んだ"ジョージア料理"です。 北にロシア、東にアジア、西にヨーロッパ、南に中東という位置のジョージアは、様々な地方の特性を含んだ料理が多く、日本人の口に合う美味しい料理がとても多いと言われております。"世界一にんにくをおいしく食べるための料理"とも称されている「シュクメルリ」を是非この機会に松屋でご体験ください。・・・・・
強烈な大蒜の風味、たっぷり鶏腿肉、薩摩芋、ホワイトソースとチーズ、丼ご飯、野菜サラダ、味噌汁で1,042kcaL、運動した時でないと食べれませんね。
グラタン以外のホワイトシチュー系は不得手で滅多に食べることは無いのですが、まあ美味しいです。
創業ビーフカレー、野菜は溶け切って、牛肉も繊維が残っているだけですが、とても牛肉感があり、これは美味しい。
KIMG9532
KIMG9533
ご馳走様でした。

1580612032527
1580612039386

本日走行距離:34.8km
相馬霊場累計走行距離:550km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,080km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):5,850km
本日消費カロリー:905kcal

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)、あと残り7番、2回の巡礼で結願です。

小浜パーキング(07:00)⇒ガラス工房SILICA(09:05)⇒期待場(10:20)⇒ギャラリー&アトリエARIGATTE(12:00)⇒自宅(18:45)

桃源郷芸術祭2020第2日目、先ず第4会場の「ガラス工房SILICA」へ。
KIMG9173
KIMG9175
北茨城市の山上近くに在り、晴れていれば太平洋の眺望が素晴らしいでしょうね。
KIMG9176
内外の作家の展示があり、撮影可能な作品。
KIMG9178
KIMG9181
KIMG9182
KIMG9183
KIMG9184
カラス工芸のバーナーワークのデモンストレーション。
KIMG9194
鮟鱇のペーパーウエイト、ちょっと可愛い。
KIMG9190

第2会場の「期待場」へ。
KIMG9256
KIMG9197
この施設の命名者はこの方とのこと。
KIMG9198
KIMG9200
大掛かりな作品が展示されています。
KIMG9201
KIMG9204
KIMG9205
北茨城市の作家の作品も
KIMG9206
KIMG9207
KIMG9208
KIMG9254
KIMG9253

天心焼展示、鮟鱇のランプ
KIMG9251
KIMG9250
KIMG9252

こんな展示も。
KIMG9210
KIMG9212
KIMG9211
巨大な苔庭
KIMG9213
なかなか凝っています。
KIMG9215
KIMG9218
私も体験してみることに。
大きなガラス瓶してみました(体験料金1,000円)。
KIMG9219
保水用の軽石を瓶に入れます。
KIMG9220
植える苔を選択。
KIMG9223
たっぷり軽石に水を含ませ。
KIMG9225
半分の饅頭苔を入れます。
KIMG9226
もう半分も。
KIMG9232
KIMG9235
饅頭苔の間に杉苔を植えこみますが、これがなかなか難しい。
KIMG9237
KIMG9240
KIMG9241
なかなか良い感じに出来上がりました。
キャンピングカーの旅のお供に連れ歩こうと思います。
KIMG9244

第3会場の「ギャラリー&アトリエARIGATTE」へ。
KIMG9257
先ずはお昼を頂きました。
豚汁(200円)とごはん(100円)です。
KIMG9258
築150年の古民家の旧有賀邸の土間で頂きます。
KIMG9260
たっぷりの豚汁にご飯、自家製漬物を添えて。
穏やかな美味しさ、です。
KIMG9259
甘酒と干し芋とお菓子のデザート付きです。
KIMG9262
ご馳走様でした。

ARIGATEEの作品、芸術祭らしい作品ですね。
KIMG9263
KIMG9264
KIMG9265
KIMG9266

チェインソーアートの方のアトリエも。
KIMG9267
KIMG9268
周りの山村風景
KIMG9270
D-HOUSE計画、廃墟の再生ですね。
KIMG9273
KIMG9274
KIMG9275
KIMG9277

道の駅ひたちおおたで野菜を調達して、帰宅へ。
KIMG9280
桃源郷芸術祭、小規模ですがサステナブルなイベント、かもしれませんね。
来年も続くのか?、ちょっと興味があります。

今回走行距離:398km、推定燃費:8.5km
1579489836229

自宅(07:30)⇒茨城県天心記念五浦美術館(11:50)⇒いわき市(15:50)

急遽、今年初めての旅で、茨城県県北の北茨城市で開催されている「桃源郷芸術祭2020」に出掛けることにしました。
朝焼けがプレアデス号のボディに映り込んでいます。
昨年末のワックス掛けの効果がそのまま残っていますね。
KIMG9099

国道6号線を北上して、北茨城市に入りました。
KIMG9102

少し早いのですが、セルフ讃岐うどんの「やま都」でお昼を頂きます。
KIMG9104
KIMG9105
ぶっかけ冷やし中(370円)、かけ小(270円)、豚玉丼小(390円)、鶏天(120円)、野菜掻き揚げ小(80円)。
饂飩はつるんとしてコシもあってなかなか美味しい、豚玉丼もしっかりとした味付けでこれも先ず美味しいです。
天婦羅も揚げ置きですがサクサクしています。
かけ汁もぶっかけの汁も少し出汁が弱い所と、葱が普通の葱で青葱でないところがちょっと残念です。
KIMG9106
ちょっと食べ過ぎ、ぶっかけ冷やしも小でよかったかな、ご馳走様でした。
さて先ず先ず美味しく頂きましたが、思うことは丸亀製麺の凄さ。
値段とクオリティ、うどんや汁等の料理だけでなく薬味類も美味しく、それと作業の質の高さ、丸亀製麺を越えるチェーン系讃岐うどんは、現れそうもないですね。

茨城県天心記念五浦美術館へ。
KIMG9108
KIMG9109
KIMG9110

第1会場の茨城県天心記念五浦美術館の桃源郷芸術祭の受付。
パンフレット兼スタンプラリー台紙や色々な資料を受け取りました。

KIMG9111
北茨城市で活動する芸術家と東京藝術大学に在学する気鋭の新人芸術家の38作品を展示しています。
撮影は不可で、仕方が無いのですが、ちょっと残念ですね。
企画の「上野から動物園がやってきた」がなかなか楽しかったですね。
KIMG9311

美術館の一角でこんな体験プログラムがあったので、寄ってみました。
KIMG9122
KIMG9123
何をしているのか?というと。
KIMG9115
こんなことです
KIMG9116
巻き物を読む体験
KIMG9119
金泥による日本画塗り絵体験
KIMG9124
なかなか楽しいのですが、結構時間がかかりました
KIMG9126
見本は濃淡を上手く使って立体感が出ているのですが、私はべったり、ですね。
KIMG9312
今日の芸術祭巡りはこの第1会場で終わりにして、福島県のいわき市まで足を延ばしていわき元湯の共同浴場で温泉を楽しむことに。

その前に国道6号線を走っていて、幟があった「世界かんがい施設遺産の十石堀」を見物していくことに。
KIMG9128
下記は、上記の北茨城市のHPの十石堀の説明文のコピーです。
「十石堀は、農民自らの発意と計画により、1966年に建設された用水施設であり、用水路延長15km、取水水門2ヶ所、分水工2ヶ所、最大取水量毎秒0.36m3、受益面積は78haです。鉄筋コンクリート三面張り水路に改修されている区間もありますが、水源から約2kmの区間は、建設後、350年が経過した現在でも建設当時の姿のまま利用されています。

 十石堀が位置する北茨城市は東が太平洋に接していますが、市域の85%を山地と台地が占めているため、海岸近くまで山地と台地が迫っています。

 当時、この台地上にある農地は、水源が天水のみであるため、毎年のように水不足によって農作物が収穫できないという被害を受け、農民たちは大変困窮していました。そこで、1668年に、当時の村長であった沼田主計(ぬまたかずえ)は、水不足の解消と新田の開発を目的として用水路の建設を計画し、この地域を支配する領主に願い出ました。

 当時の技術水準では、水を大北川から取り入れて台地上へ送ることはできませんでした。そこで、農民らは協力し、水源を直線距離で6km、標高300mの奥深い山中にある大北川の支流に探し出し、そこから自然の地形を巧みに活用しながら、急峻な山の斜面に延長約13kmにも及ぶ用水路を建設するという当時としては革新的な計画を立案しました。計画を立案した当初、領主は、難工事が予想されたため、建設を認めませんでした。しかし、領主は、立案者である沼田主計の命を賭した決意に動かされ、建設を認めました。工事は1668年の8月に始まり、農民らの協力によってわずか約半年後の1669年3月に完成しました。また、建設資材は農民が自分たちの山から調達し、建設費用を領主が見積った額の約10分の1に縮減することができました。十石堀の水は、松井地区、日棚地区、粟野地区の3地区で利用されました。領主は、十石堀の建設と新田の開発に功績があったとして沼田主計を称え、開発された新田のうち、沼田主計にかかる租税を免除しました。沼田主計が租税を免除された新田の米の収穫高が約10石であったことから、建設された用水路は十石堀と呼ばれるようになりました。」
何と、350年前に、農民たちが工事を行い半年で完成、凄いですね。
位置図.png
親水公園にプレアデス号を停めて、上流の取水口(加露沢水門)まで往復することにしました。
KIMG9131
最初の1kmは結構傾斜のある道が続きます。
KIMG9132
KIMG9134

KIMG9135
KIMG9136
この辺りから傾斜がなくなり山襞を水平に水路を巡らせて
KIMG9137
350年前の当時の姿を残す掘割部分
KIMG9139
取水口(加露沢水門)
KIMG9144
KIMG9140
KIMG9142
KIMG9143
KIMG9151
世界かんがい施設遺産」、初めて見物しましたがなかなか面白く、ハイキングがてらで程好い運動にもなりました。
少し調べてみると令和元年で、登録施設は世界で91箇所、日本は39箇所とダントツです。
KIMG9152

いわき市のいわき湯元温泉へ。
最寄りのいわき市石炭化石館の駐車場にプレアデス号を停めます。
KIMG9153
共同浴場巡りその1で、先ずは「上の湯」(150円)へ。
営業時間は16:00〜で常連さんが5人程待っていました。
KIMG9154
待っている間に写真を撮らせて頂きました。
4から5人で一杯になるこじんまりとした湯舟です。
KIMG9156
硫黄の匂いが強い源泉が掛け流しです。
KIMG9158
時間になって一斉に入浴。
いわき湯元温泉は熱い湯で有名ですが、拍子抜けするくらい温かったです。
注ぎ込まれている源泉は59℃ですが、浴槽の下の方が冷たく、混ぜないと温かくならない状態です。
含硫黄-ナトリウム-塩化物/硫酸塩泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加水?無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:59/41、無色透明・硫化水素臭・無味・サラスベ・正統派共同浴場系。
KIMG9159
KIMG9160
福島八十八箇所、福島にもあるのですね、後程調べてみましょう。

共同浴場巡りその2で、「さはこの湯」(300円)へ。
沢山のお客さんで賑わっていました。
温泉は上の湯と同じです(いわき湯元温泉の源泉は1つ)。
立派な施設で、お風呂は2種を男女で毎日変更、今日の男湯は岩風呂の宝の湯でしたが、構造があまり良くなくどうも落ち着きません。
お客さんが多くて投入湯量が不足しているのか、硫黄の匂いも弱く鮮度が落ちている感じです。
KIMG9163
温泉概要は省略。
いわき湯元温泉の共同浴場は3湯あって、もう一つの「みゆき」の湯は2017年2月5日に訪れているので、これでコンプリートですね。
みゆきの湯は朝一番だったので、新鮮な温泉が楽しめました。
交通の便が良く入浴料金も安いので、沢山のお客さんが立ち寄るは仕方が無いのですが、再訪はちょっと考えてしまいますね。

晩ご飯の食材を探しに、「おのざき鮮魚小名浜店」へ
KIMG9164
生若芽と立派な槍烏賊を購入。
KIMG9165

晩ご飯は、ダブル鍋で、当初予定していたキムチ鍋と購入食材で急遽追加した槍烏賊と生若芽のしゃぶしゃぶ、です。
KIMG9166
槍烏賊は皮を剥いて、薄く削ぎ切り。
KIMG9170
軽く火を通すと、つるん・ぱりっとした食感と烏賊の甘みが美味しいです。
KIMG9171
冬から春にかけての生若芽。
KIMG9167
火を通すと、茶色が鮮やかな緑に変わって、磯の香りが強く、乾燥や塩蔵の若芽とは別物の美味しさです。
KIMG9168
ご馳走様でした。

キャンピングカー車載のフォールディングバイクは、昨年買い換えたブリジストンのCYLVA F8Fで、20インチの小径ですが、結構よく走ります。
1台目のアルブレイズK&H号から買い換えた経緯は次の通り(再掲)です。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2011年4月に、サイクルベースあさひでオリジナルのフォールディングバイクのアルブレイズを(本体価格約25,000円)を購入して、7.5年、約4,700km乗りました。

少しガタがきて、ここ数年は部品交換や故障も度々起こり、経費も大分掛かるようになってきました。 
また、現行車の不満、①6段変速で6速にしても遅く20km以上の走行ができない、②前輪16in後輪20inで走行がやや不安定、も解消したく、買い換えることにしました。
選択条件と()内は買い替え候補のCYLVA F8Fの実情です。
①8速以上で20km以上の巡行可能(8速で脚力があれば30km巡行可能、8速のペダル回転当たりの進行距離は7.1m、タイヤ幅は1.35と細く高速タイプ)
②20inであること(前後輪20in)
③キャンピングカーのキャリアに載せて雨晒しやパドリングの回送で置き放しもあるので価格は50,000円前後(希望納入価59,800円、実勢価55,000円前後)。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
シルバ F8F に対する画像結果

昨年の10月19日に購入して1年2ヶ月、期待通りの走行性で満足しています。
今年の2月3日に65kmを走行して最長記録を出しましたが、100km越えのポタリングにトライしたいと思っていました。
そこで今日、筑波山麓100kmポタリングへ出掛けることに。
曇り後晴れ、北東の風が時折強くなりますが、先ず先ずのポタリング日和、たっぷり楽しみました。
 
自宅(04:30)⇒下妻(07:40)⇒筑波山口(08:40)⇒つくば市(11:45)⇒自宅(15:30)

今日は予報では北西の風が少し強く吹きそうなので、初めは北に向けて走るので風が吹かぬ未だ明けやらぬ内に出発しました。
KIMG8148
朝食①、当初は守谷のなか卯で天婦羅うどんを食べようと思っていたのですが、24時間営業でないことが判り、仕方なく?すき家で牛丼並盛と生卵(733+150kcal)。
ハンガーノック対策とは言え、いきなり食べ過ぎ。
KIMG8151
KIMG8150

国道294号線を北上、筑波山が近づいてきました。
KIMG8152
とても個性的な看板の「そば処二城」。
KIMG8154
見た目は本当に営業しているの?ですが、営業時間11:00~13:00で、12時前には蕎麦が売り切れになる日もあるほどの繁盛店です。
挽ぐるみの手打ちの田舎蕎麦で、盛りの良さが有名です。
KIMG8155

下妻から国道125号線に入り、小貝川を渡ります。
KIMG8157
小貝川の上流を眺めれば、冠雪した日光連山。
KIMG8156
KIMG8158
いよいよ筑波山が近づいてきました。
KIMG8163

KIMG8165

筑波山口に到着。
KIMG8174
今回このコースを選んだのは、丁度100kmくらいでアップダウンが少ないが理由なのですが、もう一つの理由が、この店で朝食②の朝ラーです。
KIMG8176
松屋製麺所」、製麺所の一角で試食部という名称で朝7時からラーメンを提供しています。
KIMG8172
店内の左手は製麺所と販売部。
KIMG8166
右手の壁際に厨房と試食部があります。
KIMG8168

KIMG8167
注文は、チャーシューらーめん(850円)。
KIMG8169
今日の麺は全粒粉の中太麺、多加水で、芯までつるんとしたちょっと不思議な食感です。
スープは化学調味料を不使用とのことですが、煮干しや鰹節等で濃厚な出汁をとっているのか旨味たっぷりです。
北関東から福島や山形の伝統的な中華蕎麦の系譜、好みです。
KIMG8171
ご馳走様でした。
お土産に全粒粉の中太麺(5食入り・スープ付き950円?)を購入。

つくばりんりんロード、正式名称は茨城県道505号桜川土浦潮来自転車道線で、JR水戸線の岩瀬駅からJR常磐線の土浦付近を経由して潮来市に至る81.3kmの自転車専用道路ですね。KIMG8175
この辺りは旧筑波鉄道筑波線の線路跡が自転車道になっています。
春は染井吉野や八重櫻のトンネルが楽しめます。
KIMG8177

この辺りに来たら寄らずにはいられない「沼田屋本店」。
KIMG8178
名物のカリントウ饅頭
KIMG8179
朝イチの出来立て、さくさく食感と仄かに温かい甘さ控えめの餡がとても美味しいです。
KIMG8180

筑波の古い街並み
KIMG8185

平沢官衙遺跡の休憩所。
中で休んでいると管理の方にお茶をご馳走になって、遺跡やこの辺りの名所の話を伺って、ゆっくりと休みました。
有難うございました。

KIMG8199
平沢官衙遺跡、青空が広がりました。
KIMG8195
広大な芝生の丘に、復元遺跡(古代の倉庫)、なかなか素晴らしい風景です。
KIMG8198
近くの北條の大池、ここも櫻の名所ですね。
KIMG8202
逆さ筑波山、この辺りから見ると双耳峰(男体山と女体山)が少し離れています。
KIMG8207
KIMG8209

つくば市へ
KIMG8211
お昼はつくば市の「夢屋」を予定していたのですが、朝食①の牛丼が効いたのか?思ったよりお腹が空かず、道すがらにあった「喜元門サイエンス大通り店」へ。
KIMG8212
今日2杯目のラーメンです。
KIMG8213
中華そば(760円)、低加水麺に旨味たっぷりスープ、今時の流行りのようですが、余り好みではありません。
それでも研究学園前店には一度行ってみないといけませんね。
KIMG8214

つくば市から県道19号線で取手方面に向かいます。
つくばみらい市の名刹の板橋不動院で休憩。
KIMG8216

KIMG8219
KIMG8220
立派な本堂と三重塔
KIMG8221
KIMG8218

KIMG8222
谷原大師の第61番札所でもあります。
KIMG8225

KIMG8224

小貝川自転車道路。
KIMG8227
遠くに筑波山、その麓から帰ってきました。
KIMG8229
藤代スポーツセンターのリバーサイドパーク
KIMG8230
「何時もの河原」、久々に寄ってみました。
KIMG8231
この川向うが紫水ファームですね。
KIMG8232

県南防災センター、2001年竣工、隈研吾氏の設計です。
KIMG8234
KIMG8235
KIMG8236

本日の走行軌跡
Screenshot_20191206-154129
Screenshot_20191206-154202

本日走行距離:104km
累計走行距離(CYLVA F8F):984km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):5,754km
本日消費カロリー:3,120kcal
ポタリリング中の摂取カロリー:2,300kcal
ポタリング前後の体重差:-0.5kg

100km超えのポタリング達成です。
帰りは大分足が重くなり走行速度も落ちましたが、それでもAverage speed movingは14.7km(サイクルコンピュータ計測)、先ず先ずでしょう。
次は霞ヶ浦一周130kmかな?。
鍛えて、何時かはCentury ride(100miles、160km)、いくら何でも無理か?

オーストラリア在住の知人が来日して、関東に立ち寄られたので、「国営ひたち海浜公園」のコキアを見物しに行くことにしました。
同じように2016年4月22日にも国営ひたち海浜公園のネモフィラを観にいってますね。

朝、8時30分頃に取手駅で落ち合い、そのまま下道を走ってひたちなか市に到着。
先にお昼を食べとなりまして、そばの名店の「木挽庵」へ。
蕎麦好きの知人の為に、実は前回もこの店で頂いています。
KIMG6744
KIMG6745
二色盛り(細切りそばと田舎そば)と季節の野菜の掻き揚げ(舞茸と薩摩芋)。
田舎そばは挽ぐるみの平打ちで蕎麦の香りとぬめりの食感が楽しめ、好みです。
細切りそばは綺麗な細打ちで喉越しが良く、美味しいのですね。
薬味も細切りの山葵と葱、田舎の大根と分けていて、たっぷりの蕎麦汁と蕎麦猪口が2つと、なかなかのこだわりです。
天婦羅もさくさくで、良い揚げ加減です。
後で知りましたが、此方のご主人は柏の「竹やぶ」で修業されたようです。
line_794985679382
ご馳走様でした。

13時には国営ひたち海浜公園に入園。
入園料は450円ですが、私と知人は65歳以上で210円と、何か得した気分です。
KIMG6749
KIMG6750
熱くも寒くも無く、良い天気です。
KIMG6752
KIMG6754
KIMG6753

コキアは盛りを過ぎて、赤から茶色に変わって行くところで、ちょっと面白いグラデーションが観られ、黄金コキアと名付けています。
緑⇒グラデーション⇒赤⇒グラデーション⇒茶色と2ヶ月近く楽しめるようです。
ネモフィラは長くて2週間ぐらいなので、その4倍人を呼ぶのですね
コキアとコスモスの競演なのですが、コスモスは台風で傷んだのと盛り過ぎたこともあって、ちょっと寂しい状態です。
KIMG6755
KIMG6758
もふもふ感があって、何処か可愛いですね。
KIMG6759
KIMG6760
KIMG6763
KIMG6767
この辺りは黄金コキアと言えますね。
KIMG6770
line_853301428422
コキアは2014年10月11日に訪れていていますが、その時は緑⇒赤のグラデーションの最後くらいでした。
ネモフィラも良いですが、変化していくコキアもなかなか面白いですね。
<2014年10月11日の写真>
image

何時もは見晴らしの広場とその周りを巡るだけですが、今日は草原エリア・砂丘ガーデン・プレジャーガーデンにも足を延ばしました。
ガイドマップ201910
園内周遊列車のシーサイドトレイン(600円/1日)、広い公園なのでこれも便利ですね。
KIMG6773
キバナコスモスの群落
KIMG6774
パンパスグラス、狐の尻尾みたいです。
KIMG6775
KIMG6776
見事なツワブキ。
KIMG6777
KIMG6775
プレジャーガーデン、土曜日ですが人も疎らです。
KIMG6779
KIMG6780
コキアソフトクリーム、ヨーグルト味です。
KIMG6781
常陸バラ園、秋バラの名残ですね。
KIMG6782
KIMG6783
KIMG6784

帰りは高速道路(常陸那珂道路・常磐道)で取手まで知人を送って、帰宅しました。
ご一緒して、秋の1日を楽しむことができて、有難うございました。
これからも良い旅が続きますように。

今日は即位礼正殿の儀の祝日です。
朝は小雨が降っていましたが、昼前には青空が覗くようになりました。

思い立って、守谷のジョイフル本田の近くの「ハンス・ホールベック」でお昼を頂きに。
自家製のドイツソーセージとデリカテッセンの名店、今から15年以上前に我孫子に住んでいた頃、家族で訪れたことがあります。
KIMG6626
ランチメニュー3種を頂くことに。
KIMG6627
落ち着いた店内
KIMG6623
KIMG6625
ランチ共通のソーセージの盛り合わせとコールスロー。
ビアシンケン他の盛り合わせ、美味しくてなかなかのボリューム、コールスローはフェンネルシードが効いていて真似したくなります。
KIMG6616
KIMG6617
ランチ共有のコンソメスープ。
KIMG6618
「ブラートブルストプレート」、色々な種類のソーセージ、食感、味付け、香辛料が楽しめます。
KIMG6619
「ローストポーク」、旨味の濃い肩ロース、絶妙な塩加減、しっとりと食感、これは美味しい。
KIMG6620
「フィレメダリオン」、フィレメダリオンと謂えばフィレ肉のベーコン巻きだと思うのですが、気が付きませんでした。
KIMG6621
ブラートブルスト以外にもソーセージが添えられて、肉を食べた!!!感がたっぷりです。
ご馳走様でした。
この店はドイツビールも美味しいとのことなので、何時か車を使わないで訪れて、ソーセージとビールを楽しむのも良さそうですね。

そのまま、取手まで送って貰って、駅周辺を散策。
KIMG6628
KIMG6629
Boxhillの4Fの「たいけん美じゅつ場」の工事現場、オープンは12月で、楽しみです。KIMG6631
KIMG6630
取手駅連絡通路のアートギャラリー、「JOBANアート謎解きスタンプラリー」の紹介がありました。
ちょっと面白そうです。
KIMG6641
KIMG6640
KIMG6639
KIMG6638
東口に行ってみると、駅前のロータリーに新しい店、「やきとん パンチ」ができていました。
「博多もつ鍋一九」「たたきの一九」などを展開する㈱ブロードロード(茨城県土浦市)の新しい店舗系列のようです。
営業開始が15:00なので、ちょっと遅めの昼飲み(夕飲み?)が楽しめますね。
一度寄ってみましょう。
KIMG6632

このページのトップヘ