烟霞淡泊

カテゴリ:キャンピングカーの旅 > 関東

波崎新港(09:00)自宅(11:30)

朝間づめ、少し期待したのですが、小鯖以外は当たらず、ストップフィッシング。
Mさんとお別れして、昼前には帰宅。
何時のように、釣果にはふるいませんでしたが、楽しかったです。
また、ご一緒しましょう。
KIMG2600

Mさんに頂いたセイゴ。
KIMG2542
三枚に下ろして
KIMG2543
刺身と昆布締め
KIMG2544
今日の肴の一品、美味しく頂きました。
IMG_20180831_191940

自宅(13:15)⇒波崎新港(16:30)

キャンピングカー倶楽部(CCC)の柏在住のMさんから、昨日メッセンジャーで波崎新港の波止釣りのお誘いを頂いていたのですが、見落としてしまい今朝漸く見て、ご一緒しようと慌てて準備。
約束の時間を少し遅れて波崎新港に到着、Mさんとは4月1日以来5ヶ月振りですが、Mさんの奥様と娘さんと一緒で初めてお会いしました。
KIMG2529
KIMG2531
KIMG2535

さて釣果は?、小鯖ばかりで鯵はほとんど掛かりません。
鯵3匹、小鯖は食べ方の研究方々20匹ほどキープしました。

すっかり日も暮れる頃、CCCの銚子在住のTさんご一家が遊びに来ました。
Tさんはこの8月に新車のレガードに乗り換えてそのまま北海道を旅されて、旭川のオフ会でお会いしました。
received_277911792817400

そんな時にMさんの泳がせの仕掛けに50cmのフッコがヒット、お見事!!!
KIMG2536

何時も通り、飲み会に突入。
KIMG2534
夜半遅くまで楽しく過ごしました。

かんなの湯の横の自由広場(08:30)⇒天空のポピー畑(09:45)⇒川越(12:00)⇒自宅(15:00)

朝、茨城県県央方面に移動するTさんご夫妻をお見送りして、我が家は帰宅の途へ。
寄り道その1、東秩父村の「天空のポピー畑」へ。
DSC_3038
DSC_3040
DSC_3041
DSC_3043
満開を少し過ぎましたがポピーと遠景の山並みと青空、素晴らしい景色です。
DSC_3045
ポピーが疎らな所が・・・。
鹿による被害とのことですが、沢山の鹿さんがポピー畑でゴロゴロしている光景を想像してしまいました
DSC_3046
DSC_3051
DSC_3054
DSC_3056
秩父名物 みそポテト、こういう文字に弱いです。
DSC_3059
想像通りの美味しさ、結構好きです。
DSC_3060

寄り道その2で、川越である物を食べに。
以前訪れた時に楽しみにしていたのに臨時休業で、リベンジの再訪です。
DSC_3061
DSC_3064
小江戸おさつ庵」です。
DSC_3063
DSC_3062
おさつチップス(500円)、ディップソースは定番中の定番の塩バターソース。
これまた、見た目通り、想像通り、期待を裏切らない美味しさです。
DSC_3065
ご馳走様でした。

夕方、無事帰宅。
走行距離:1,036km、燃費:8.3km、山道が多く、燃費は伸びなかったですね。
第5回喜多方酒蔵のんびりウォーク、日本酒好きには堪えられないイベント、再訪必至です。
パドリングは、ファルトボート:秋元湖・檜原湖・曽原湖・小野川湖・沼沢湖、ダッキー:長瀞DR、と盛り沢山で楽しい旅でした。
今回、プレアデス号にカヤック用ルーフキャリアを設置して、ファルトボートは1回の組み立てで後はキャリアに積んで移動して梯子と大変楽になりました。
さて、次のキャンピングカーの旅は、いよいよ北海道です。
ちょっと休んで、準備を始めましょう。

かんなの湯横の自由広場(08:15)⇒親鼻橋(9:00)⇒野上辺りDR終点(12:00)⇒かんなの湯横の自由広場(16:00)

自由広場の朝、昨夜の雨が上がって晴れ上がりました。
DSC_0718
朝の散歩
DSC_0719
広い公園です。
DSC_0720
DSC_0721
DSC_0722

ホワイトウォーター(急流)で有名な長瀞の川下り、親鼻橋からスタート、大きな瀬その1の鉄橋下の瀬から始まります。
1527753134958
結構大きな瀬で、バウンドして横向きなってバランスが崩れかけましたが、さすがダッキー何とか持ちこたえました。
Screenshot_20180605-212529

1527753142070
大きな瀬その2の小滝の瀬
動画で撮って貰ったものをスクリーンショットで取り出しました。
なかなかの迫力です。
Screenshot_20180605-154632
Screenshot_20180605-155030
Screenshot_20180605-154949
Screenshot_20180605-154712
Screenshot_20180605-154923
瀬の間だの瀞場の長瀞の岩畳辺りです。
1527753148286
1527753181960
DSCF3022
岩畳で休憩&カップ麺の昼食
DSCF3026
1527753189825
大きな瀬その3の最後の瀬
Screenshot_20180605-155524
大きな瀬が3つ、小さな瀬は多数、間には瀞場と変化があり、水質も良く、充分スリリングで面白いDRでした。
ホワイトウォーターは仁淀川、気田川、尻別川、長瀞と4回目ですが、此処が一番ホワイトウォーターらしいですね。
1527807749069
1527807753651

帰宅する「ハラさん」さんとお別れして、Tさんご夫妻と今日もかんなの湯の横の自由広場へ。
長瀞のDRは「ハラさん」さんの企画で、準備、偵察等、とてもお世話になりました。
有り難うございました。

その前に白寿の湯でゆっくりと入浴。
1527753209799

今日も自由広場は貸切でした。
DSC_0727
今日も持ち寄りです。
DSC_0724
DSC_0726
DSC_0725
しっかり食べて、しっかり飲んで、今日も楽しく過ごしました。

沼沢湖(05:50)⇒奥会津天然炭酸水汲み場(06:20)⇒田子倉湖(08:30)⇒湯沢温泉(11:00)⇒かんなの湯の自由広場(16:00)

朝一番、沼沢湖でパドリングの予定でしたが、小雨がパラついていたので断念して、埼玉県のかんなの湯の自由広場へ向けて移動することに。
DSC_0688

金山町の大塩温泉近くの「奥会津天然炭酸水汲み場」に寄りました。
私の温泉逍遥のバイブルの「はしご湯のすすめ」で紹介されていて、一度訪れたいと思っていました。
国道252号線に面して立派な駐車場がありますが、組み場の前にも駐車スペースがあります。
DSC_0690
立派な汲み場
DSC_0699
DSC_0701
石組みが素敵な炭酸水の井戸
DSC_0698
炭酸ガスが、美しい音を立てて湧いています。
音を伝えることが出来なくて残念です。
DSC_0697
さて、そのお味は、微炭酸で冷たくとても美味しい。
湧き水を飲んではっきりとその美味しさを感じるのは珍しいです。
ありったけの市販炭酸水のペットボトルに詰めました。
DSC_0693
DSC_0694
こんな新聞の広告(福島県)も掲示されていました。
DSC_0700
この汲み場の横に、㈱ハーベスの工場があって、「奥会津天然炭酸の水」という製品名で製造販売をしているとのことですが、国内最高レベルの炭酸濃度で、ボトル詰めして市販されているのは日本で此処だけで、先の伊勢志摩サミットでも提供されていて、知る人ぞ知るという炭酸水だそうです。
とても面白い所、水汲みマニア(?)であれば、感涙間違いなしの施設ですね。

田子倉湖から六十里峠越へ。
DSC_0706
DSC_0704

越後湯沢温泉について、町営の「駒子の湯」で入浴。
DSC_0707

お昼はJR湯沢駅のコンコースにある「雪ん洞」で爆弾お結びを頂くことに。
「ぽんしゅ館」前のオブジェ。
DSC_0712
ちび胡青とう辛子味噌ともち豚角煮の爆弾おにぎり(一合、730円)。
DSC_0708
海苔もご飯も具も美味しく、1人0.5合(何時もの食事の1.5倍くらい)ですがあっという間に食べてしまいました。
DSC_0709
ご馳走様でした。
近くのお土産物売り場、お菓子、漬物、・・・と沢山に「ご遠慮せず、ご試食ください」の札が。
DSC_0711

夕方、かんなの湯の横の自由広場に到着。
キャンピングカー&パドリング仲間の「ハラさん」さんと奈良のTさんご夫妻は既に着かれていました。
暫くすると雨が降り出し、17時の進入路の閉鎖の後、他にお客さんも居ないので、炊事場の軒を借りて食事会をすることに。
皆さん持ち寄りの料理の数々、相変わらず取り忘れ多数です。
DSC_0713
DSC_0714
DSC_0716
DSC_0715
奈良のTさんご夫妻とは昨年7月の北海道以来です。
キャンピングカーの旅の話やお互いや共通の知り合いの近況、四方山話を遅くまで楽しみました。
DSC_0717
明日は、荒川の長瀞の川下り(DR)です。

上牧のパーキング(06:00)⇒ならまた湖(06:50~13:30)⇒自宅(19:30)

快晴、国境稜線(谷川岳、万太郎山)が白く聳えています。
DSC_9941
07:35頃にならまた湖に到着。
入湖管理や出艇場所の整備を行っている「オートキャンパーズならまた」のゲートが開く08:00までに、ワイルドカード号を組み立てと朝食を済ませました。
駐車場料兼環境保全料の500円を支払い、入湖届けを出して出艇。
DSC_9942
DSC_9943
エントリーポイントは段々のコンクリート、広々とした芝生で、最高ですね。
DSC_9944
オートキャンパーズならまたのパドリングマップ、見所とその由来(別紙)が纏まっていて便利です。
昨年秋と同様に時計周りで行きます。
Screenshot_20180513-082509

エスケープから 幽倉沢・板目沢と巡って行きます。
DSC_9945
殆ど無風ですが、僅かに漣が立っています。
DSC_9947
エスケープ辺り
DSC_9950
右手に残雪の尾瀬の至仏山(左)と笠ヶ岳
DSC_9955
DSC_9957
幽玄沢の入江に入って見事な鏡面、鏡面の中心に向かって漕いでいると空中に浮遊しているような感覚にとらわれて、眩暈が起きそうです。
これらの写真、上下を逆さまにしても全く判りません。
DSC_9958
DSC_9959
DSC_9962
DSC_9963
DSC_9965
石楠花
DSC_9966
DSC_9967
DSC_9969
ジャイアントロック
DSC_9970
幽玄沢、形の良い滝が落ちています。
DSC_9976
板目沢の流れ込み
DSC_9979
また鏡面が続きます。
DSC_9983
DSC_9985
DSC_9986
本流に戻って小石沢、大石沢へ
DSC_9987
DSC_9988
DSC_9992
小石沢の流れ込み
DSC_9994
DSC_9996
乗ったままの休憩
DSC_9997
少し風が吹いてきました。
DSC_9998
大石沢の流れ込み、ちょっとしたスノーブリッジがありました。
DSC_0003

DSC_0004
満水時の右岸(上流から下流へ見て)唯一の桶小屋沢手前の上陸ポイントで休憩。
DSC_0009
ヤシオツツジみたいです。
DSC_0010
本流の流れに入ると目が覚めるようなエメラルドグリーンになりました。
DSC_0016
美しい川を登って落ち込みへ。
DSC_0017
DSC_0014
こんどは左岸を小楢俣沢の入江方面へ。
小楢俣沢のジャングルクルーズ
DSC_0022
木立の中を漕ぎ進み、流れ込みへ。
DSC_0023
DSC_0025
名も無い沢の幻の滝、満水時でないとここまで辿り付けないそうです。
秋の時は流木が詰まっていていました。
DSC_0033
DSC_0028
エントリーポイントに戻ってきました。
DSC_0038
DSC_0039

ほとんどの入り江を巡って、湖の形通りの軌跡になりました。
1526045164812
久々の15kmのロングパドリング、実質的な漕行時間は3時間、平均漕行速度は4.6kmと先ず先ずです。
1526045170287

パドリング定番のカップ麺。
DSC_0042
結構なパドリングだったので、高カロリー&高塩分のカップ麺にしました。
DSC_0043
DSC_0044

満水、晴天、無風、鮮やかな新緑、雪の残る山々の遠望、パーフェクトなパドリングでした。

ならまた湖を後にして、一路帰宅の途。
6時間程走って、帰宅。

今回走行距離:532km、8.6km/L

悪天のため奥利根湖左俣コースを断念、奥利根水源の森キャンプ場には辿り着けずと残念なこともありましたが、なかなか良い旅でした。

道の駅月夜野矢瀬親水公園(05:05)⇒奥利根湖(06:15)⇒奥利根エリアと水上・月夜野エリアを行ったり来たり⇒上牧のパーキング(15:30)

奥利根湖に06:15に到着すると冷たい雨と風。
今日の群馬県水上の天気予報は曇り後晴れで、月夜野~水上を通ってきた時も、雲の合間に青空が覗いていたのに。
DSC_9909
ボートを牽引した釣客の車は沢山、カヤックやカヌーは我が家だけでした。
DSC_9910
朝食を摂りながら、天候回復をまっても変わりそうにありません。
DSC_9911
スマホの通信が出来るところまで降りて、Y! MAPの雨雲レーダーを観ると、前線の雨雲の南端が奥利根湖辺りに掛かって、水上は良い天気です。
今後の6時間も同様で今日はダメですね。
今日の奥利根湖パドリングを諦め、明日からは点検放流で管理道路が閉鎖されるので、奥利根湖の残雪と新緑の左コースは来年に持ち越しです。
Screenshot_20180510-084755

また水上・月夜野方面に戻って道の駅と月夜野ビードロパーク等を訪れて時間調整。
ガラス工場見学
DSC_9919
吹きガラス、面白いですね。
DSC_9920
DSC_9924
DSC_9926
屋外のテラス席の屋根も柱もガラス製
DSC_9925
橋のぎぼし(?)もガラス製
DSC_9927
バス停の休憩舎もガラス製
DSC_9928

お昼前に再度、奥利根方面に向かって、
明日、パドリング予定のならまた湖を偵察。
ここのところ長雨で、放水量も多く成ってますね。
DSC_9929

DSC_9937
上から覗くと、徐々に傾斜を増す巨大な滑り台みたいで、背中がぞくぞくします。
DSC_9936
DSC_9935
ダムの上の駐車場でお昼。
途中のスーパーで買った掻き揚げと乾麺のそばで、盛りそば。
1525940512228
ご馳走様でした。

湯の小屋温泉の「清流の宿たむら」(貸し切り、600円/1人)で入浴。
1525940504492
貸し切りの露天風呂。
単純温泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯船:52.8/42、無色透明・無臭・無味・ヌルスベ・温泉旅館系。
ゆっくりと温まりました。
1525940497687

本日のP泊地の奥利根水源の森キャンプ場へ行こうとしたら、県道63号線のゲートが未だ冬期閉鎖中(開通は5月25日)でたどり着けません。
お粗末な調査不足、トホホでした。
1525940509057

再度、月夜野方面に戻り、上牧の国道291号線のパーキングでP泊して、明日はここからならまた湖を目指すことにしました。
DSC_9938

 今日の夕食はキャンプ場の炭火焼きから車内のフライパン焼きに変更。
茸のホイル焼き2、ししゃもにいか天、野菜スティック、摘まみ数種。
FB_IMG_1526096034785
ご馳走様でした。

守谷(09:00)⇒取手(10:30)⇒道の駅月夜野矢瀬親水公園(16:40)

守谷某所の朝、小雨が残っていますが、記念撮影。
アメリカンエリア
DSC_9884
巨大なウッドデッキと
DSC_9885
ツリーハウス
DSC_9887

奥利根水源へ移動開始、途中で昨日の料理の残りでバケットのオープンサンド。
ディップも作ってから時間が経って味が落ち着いて美味しくなってます。
DSC_9888
結構なボリューム
DSC_9889
ご馳走様でした。

途中の月夜野の「みなかみ町営温泉センター三峰の湯」で入浴。
今回で4回目、此方に訪れる時には必ず寄る我が家の贔屓です。
DSC_9890
浴室の写真はNETから拝借。
33196c6b-s
浴室の写真はNETから拝借。
カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯舟:46.6/43and41、無色透明・硫化水素臭・微塩味・サラスベ・立ち寄り風共同浴場系。
なかなか素敵な休憩室。
DSC_9891
温泉スタンド、100L/100円、200円あれば自宅で温泉が楽しめます。
DSC_9892

奥利根水源の森キャンプ場で泊まる予定だったのですが、着くのが暗くなりそうだったので、40km前の道の駅月夜野矢瀬親水公園でP泊することに。
DSC_9893
夕食を準備中に、相方がプレアデス号の窓を指さして「熊!!」。
何と駐車場の山側の斜面に結構大きな熊が居て、木の皮を齧って?いました。
DSC_9895
最近人里近くに熊が出現するニュースをよく耳にしますが、野生の熊を見るのは初めてです。
DSC_9896
暫く木の間からこちらをじっと覗いていましたが、暫くして斜面を登って行きました。
DSC_9903

キャンピングカーの旅の夕食らしく、ラップを外す、切ったり千切ったりして並べる、の簡単夕食でした。
DSC_9894
ご馳走様でした。

自宅(15:00)⇒守谷某所(16:00)

今夕、守谷某所で焚き火会で、持ち寄り料理を作りました。
安い豚肩ロース肉とこれまた安い牛腿肉を塩胡椒。
DSC_9863
先日購入したダッキーで真空パック
DSC_9865
大鍋で、豚肩ロース肉:63℃・80分、牛腿肉:59℃80分の条件の低温調理で、出来上がり。
DSC_9866

青森在住のキャンピングカー仲間のOYさんご夫妻が諏訪のLTキャンパースの帰りに茨城に立ち寄られ、「ハラさん」さんと我が家で、内守谷の某所で焚き火会を開催。
この某所ですが、「ハラさん」さんの知り合が所有する多数のキャンピングトレーラーを擁したテーマパークのような施設で、お願いしてお借りすることになりました。
OYさんとは今年の3月に北海道の帰りにお会いしているので、2か月振りですね。
予想通り強い雨が降ってきたので、何時ものような焚き火は諦めて、屋根付きデッキで「屋外暖炉?」のような焚き火台で薪を燃やしました。
日も暮れてきて、灯りを点けるととても良い感じですね。
DSC_9875
調理台や流し等も完備されていて、素晴らしく便利です。
DSC_9877
持ち寄り料理の数々とお酒も沢山頂きました。
海鮮たっぷりの海鮮パエリア
DSC_9867
DSC_9879
野菜スティックとディップ。
DSC_9869
低温調理の豚肩ロース肉と牛腿肉
DSC_9868
色々な種類の焼き鳥
DSC_9870
槍烏賊の筒焼き
DSC_9880
この「屋外暖炉?」、炎がよく見えて、火の粉も飛ばず、とても暖かく、なかなかの優れものです。
DSC_9873
キャンピングカー、旅、お互いや仲間の近況、等々、楽しい四方山話を夜遅くまで楽しみました。

ライトアップされたツリーハウス、それにしても凄い施設ですね。
DSC_9881




守谷ベース(09:45)⇒自宅(12:30)

守谷ベースの快晴の朝、少し冷え込みました。
DSC_9018
竹林で筍を数本採りました。
DSC_9017
ツリーハウス、大分出来上がってますね。
DSC_9019
アメリカンなスペース、キャンピングトレーラーが3台、大きなウッドデッキと立派な調理器具。
DSC_9020
巨大で分厚い鉄板。
DSC_9021
グリラーでしょうか。
DSC_9022
DSC_9024
それにしても凄い設備ですね。
DSC_9025
守谷ベース、まだ建設中、どのようになるのか?、とても気になります。
皆さんとお別れして、下妻経由で帰宅へ。

石下町のセイコーマートでG7のシャルドネを2本購入。
DSC_9026

やすらぎの里下妻に寄って、野菜の調達。
DSC_9028
DSC_9031
丁度、芝桜が満開でした。
DSC_9027
DSC_9032

帰宅して筍を茹でました。
暫くは筍を楽しめそうですね。
DSC_9033

自宅(05:15)⇒福岡堰(06:00)⇒守谷ベース(12:15)

毎年恒例のお花見カヤックに参戦。
一週間前に満開を迎え、暖かい日和とその後の強風で散り切ってしまって、葉桜カヤックになってしまいました。
今年の櫻は、開花が早くて満開までの時間も短く、難しいですね。
福岡堰の花祭りは4月7日8日(土日)でしたが、櫻が散り切って中止になりました。
キャンピングカー倶楽部のメンバー11名が集合して出艇準備。
DSC_8983
今日は相方ではなくメンバーの娘さんとタンデムです。
DSC_8984
SUP、SUP犬が可愛いです。
DSC_8990
「ハラさん」さんのフジタファルトボードにメンバーさんがタンデムで。
DSC_8991
「ハラさん」さんはパックラフト。
DSC_8992
DSC_8994
インフレータブルカヤックと足漕ぎカヤック。
この時、山櫻の高木から櫻吹雪、何とかお花見カヤックになりました。
DSC_8995
快晴とはいきませんでしたが、穏やかな日和で、皆さんでパドリングを楽しみました。

私は一旦帰宅して、相方をピックアップして守谷ベース(仮称)へ。
ここは、あるキャンピングカービルダーの会長が建設中の施設で、キャンピングトレーラーが9台、大きなウッドデッキ、ツリーハウス、キャンプスペース、トイレ、水場、林に竹林・・・等、とても豪勢です。
「ハラさん」さんは会長と知り合いで、今回のお花見カヤックの後の焚き火会にお借りすることになりました。
真ん中の空き地にキャンピングカーを停めて焚き火会の始まり始まり。
DSC_9001
DSC_9000
流し台
DSC_9003
トレイラーを改造(?)したトイレ
DSC_9004
酔っぱらう前に、先ず青森のOYさんの差し入れのクリガニを皆さんで頂きました。
予想通り、黙々のもぐもぐタイム、美味しく頂きました。
DSC_8996
皆さん持ち寄りの食材の料理を沢山頂きましたが、何時もの通り、殆ど撮り忘れです。
昨年11月の平潟の中深場五目の釣果の冷凍マゾイで炊き込みご飯。
DSC_8997
DSC_8999
半分以上食べた後。
DSC_9009
これも定番のおでん、これも大分食べた後の残り。
DSC_9008
「ハラさん」さんの十八番の牛筋煮込み、はははこれも堪能した後の写真です。
DSC_9011
残ったクリガニの身とみそを採って、甲羅焼きを楽しみました。
DSC_9012
DSC_9015
20時前に急に雨が降り出して、焚き火会をお開きに。
DSC_9016
その後は「ハラさん」さんのキャンピングカーの中で二次会、キャンピングカーや車旅やお互いのことやCCCこと等、四方山話を楽しみました。

波崎漁港(09:00)⇒自宅(12:00)

朝、私は少し寝坊しました。
DSC_8861
小さなセイゴ(鱸の子供)とクロメバル、Mさんの釣果です。
DSC_8862
残念ながら、最後まで魚の活性が低いままでした。
DSC_8863

後片付けして9時に解散。
貧果に終わりましが、楽しい釣行となりました。
Mさん、何から何までお世話になりまして、有難うございました。
Mさんまたご一緒させてください、宜しくお願い致します。

途中、「直売所しもふさ」によって、ある食材を調達して帰りました。
DSC_8865

帰宅して、ゆっくりと休んでから、釣果を捌きます。
ホシザメ、マコガレイ、セイゴ、クロメバルを頂いてしまいました。
立派なホシザメ、鮃釣りの外道で良く掛かり、何度か食べましたが、そこそこ美味しいかった記憶があります。
DSC_8866
綺麗な白身です。
DSC_8867
DSC_8869
小さなマコガレイは5枚下ろし。
DSC_8873
ある食材は「モクズガニ」です。
DSC_8868
DSC_8871
カニミソと身を取り出すのに、1時間半程掛かってしまいました

DSC_8875
手のひらサイズの姿造り、小さい魚なので食感は少し柔らかめなのですが、それでも先ず先ず美味しいです。
DSC_8874
ホシザメの刺身、味が薄いというか旨味が無くて、イマイチでした。
DSC_8876
煮付けも同様、季節?、場所?、個体差?なんでしょうかね。
DSC_8879
モクズガニの♂、味噌はねっとり濃厚、身も旨味が強く美味しい。
[画像:414a1731-s.jpg]
モクズガニ♀、内子を沢山持っていて食べ応えがありますが、味そのものは♂に軍配が上がりますね。
ご飯に山盛り盛って、醤油を少し回し掛け、蟹飯風に、とても贅沢な食べ方。
[画像:5d0a7c12-s.jpg]
ご馳走様でした。

自宅(13:15)⇒波崎漁港(15:15)

キャンピングカー倶楽部(CCC)の柏在住のMさんよりお誘いがあって、波崎漁港の波止釣りへ行くことに。
昨年の10月20日にご一緒して、今回は2回目ですね。
[画像:772a2a6e-s.jpg]
波崎漁港に着くと、Mさんが既に釣りを開始されていて、私も竿を出しました。
[画像:035d6565-s.jpg]
土曜日の夕方とあって、大勢の釣り客がいます。
[画像:4765f67a-s.jpg]
穏やかですけど、少し風と波っ気があってなかなか良い感じなのですが、アタリが遠いです。
お酒を頂きながら、時合を待つことに。
[画像:5c3576b2-s.jpg]
[画像:5158ada1-s.jpg]
良い感じなのですが全く釣れません。
陽が暮れて月が上がりました。
[画像:a702e585-s.jpg]
[画像:f96670db-s.jpg]
投げ竿に何度かアタリがあったのですが、なかなか魚が掛かりません。
何度目かのアタリでやっと魚の反応があって、巻き上げると20cm程のマコガレイでした。
[画像:4c2195a6-s.jpg]
一昨日の槍烏賊で汁物代わりのしゃぶしゃぶや焼き烏賊。
また、Mさんのジンギスカン&ソーセージ等を頂き酒盛りに突入。
DSC_8857
突然、Mさんの竿に大きなアタリがあって、合わせると強い引き。
エイだろうと慎重に遣り取りすると、80cmぐらいの大きなホシザメでした。
DSC_8859
今日のアタリはここまで。
後は釣りやキャンピングカーから始まって、四方山話を楽しんでお開きにしました。

鹿島漁港(13:00)⇒自宅(15:15)

何故鹿島漁港に来たかですが、出発前辺りから鹿島灘の浅場に槍烏賊が固まって、100杯以上と爆乗りし始めたとの情報で、プレアデス号に釣り道具を積んで、様子をみていましたが、未だ釣れているということで、参戦です。
キャンピングカーの旅で初めての沖釣り、楽しみです。

べた凪を1時間ほど走って鹿島灘沖20kmの水深50mの浅場で実釣開始。
DSC_8812
DSC_8813
DSC_8811

1投目は着底と同時に乗りがあって、中から大の槍烏賊4杯。
今日はいけるかと思ったのですが、2、3投目は2杯、4投目は1杯・・・・と乗りが遠くなってトホホ。
5投の釣果です。
DSC_8814
その後は本当にポツンで、鹿島灘クルージングの一日になってしまいました。
当日最大の胴長45cmのパラソル級。
DSC_8815
12:30に帰港して、船宿のカレーライスの昼食を頂きました。
給食に出るようなカレーなのですが、これが美味しくて楽しみです。
DSC_8816
キャンピングカーがもう一台、バンテックのコルドバンクスですね。
DSC_8817

ゆっくり走って帰宅しました。
走行距離:440km、燃費:9.2km、スタッドレスのままでしたが思いの外燃費が良かったです。

本日の夕食の槍烏賊の刺身&しゃぶしゃぶ、筒を割って、皮を剥いで、薄く削ぎ切りにして、出来上がり。
DSC_8820
それに、マーボ豆腐と道の駅いたこで買ったレンコンメンチ。
槍烏賊は刺身だとお腹に溜まるような感じがあり余り食べれないのですが、しゃぶしゃぶにすると柔らかい食感と上品な旨味で沢山食べれます。
DSC_8821
ご馳走様でした。

こうざき酒蔵まつり、いすみ鉄道と小湊鉄道のローカル線の櫻と菜の花を巡り、なかなか面白い旅でした。
さて、次は何処に行きましょうかね。


道の駅あずの里市原(08:20)⇒上総鶴舞駅(08:40)⇒飯給駅(09:05)⇒石神(09:30)⇒上総中野駅(10:30)⇒高秀牧場(11:10)⇒茂原公園(13:10)⇒小見川城公園(16:40)⇒鹿島漁港(19:30)

今日は小湊鉄道を廻って、茂原公園(日本さくらの名所100選)と小見川城公園を見物して、鹿島まで移動することにしました。

上総鶴舞駅、「関東の駅100選」に選ばれています。
DSC_8712
如何にもローカル線の駅といった風情です。
DSC_8714
DSC_8713
切符売り場、良い感じですね。
DSC_8716
DSC_8717

飯給駅、飯給で「いたぶ」と読みますが、相当な難読ですね。
DSC_8733
飯給駅に来た目的の、藤本壮介:Toilet in Nature、アートいちはらの作品群の一つです。
2015年の11月に訪れて、とても気に入って再訪したいと思っていました。
作品の内外に櫻があるのもその理由の一つです。
DSC_8734
黒い塀に囲まれて、扉を開くと広い空間にガラスで囲まれたトイレ。
実際のトイレとしても機能しているのですが、何故か女性専用の但し書きがあります。
とても残念なのですが、鑑賞は自由とのことでトイレに入ってゆっくりと鑑賞しました。
DSC_8732
DSC_8727
日本一広くて開放的、櫻も咲いて、素晴らしいトイレです。
DSC_8729
DSC_8728

石神の菜の花畑、小湊鉄道のハイライトです。
DSC_8738
撮影を待っている人々。
DSC_8735
DSC_8736
線路の補修をしている人々。
DSC_8740
やっと列車が来て、撮影と思ったら、スマホのカメラのシャッターが下りなくなって、良いアングルの写真撮れず。
指先が干からびているみたいです
DSC_8741
DSC_8743

上総中野駅、小湊鉄道といすみ鉄道の終点です。
DSC_8744
いすみ鉄道の列車が発車待ちでした。
DSC_8746

茂原へ向かう途中、高秀牧場へ、櫻のトンネルを登って行きます。DSC_8768
DSC_8756
目的はジェラート、ロイヤルミルク&キャラメルナッツ、とても美味しい。
DSC_8755
見事な菜の花畑と櫻。
DSC_8761
DSC_8763
先回りして、櫻のトンネルを下るプレアデス号を撮ってみました。
DSC_8772
DSC_8769

茂原に着いて茂原公園へ。
DSC_8779
満開から散り始めの茂原公園、水面に浮かぶ花びらと映る櫻、良い感じです。
DSC_8781
DSC_8783
DSC_8785
沢山の亀さん。
DSC_8789
DSC_8790
萌黄色の柳と櫻。
DSC_8791
DSC_8793

更に走って小見川城公園に夕方到着。
ライトアップに時間がありますが、偵察へ。
DSC_8794
DSC_8795
ライトアップ
DSC_8801
この旅初めての夜櫻です。
DSC_8802
DSC_8803
DSC_8805
DSC_8807
DSC_8808
手作り感たっぷりの夜櫻を楽しみました。

鹿島漁港に到着。
本日の夕食は、生春巻き、火を一切使わずの簡単料理。
キャンピングカーの旅でも時折食べます。
DSC_8810
ご馳走様でした。

道の駅たけゆらの里おおたき(08:20)⇒道の駅あずの里いちはら(19:00)

今日は、アルブレイズK&H号でいすみ鉄道周辺の櫻と菜の花と列車を廻り、大多喜の街歩きもと、盛り沢山の一日となりそうです。
DSC_8626
DSC_8627
DSC_8628
先ずは総元駅へ行きます。
DSC_8629
DSC_8630
DSC_8632
総元駅、公民館と合体タイプ、珍しいですね。
DSC_8635
櫻と菜の花と鯉のぼりという組み合わせ。
DSC_8636
いすみ鉄道の櫻と菜の花と列車の風景、車種はいすみ300号型です。
色々なところでこのアングルの写真が紹介されています。
DSC_8644
DSC_8645
DSC_8646
ムーミン列車の愛称。
DSC_8650
DSC_8652
道々の畑の水瓶
DSC_8653
東総元駅
DSC_8657
小谷松駅
DSC_8660
いすみ350号型
[画像:13ea11b1-s.jpg]
大多喜駅のいすみ200号型とキハ52-125号型
DSC_8663

大多喜の街歩き。
DSC_8665
古い商家が続きます。
DSC_8666
DSC_8667
DSC_8668
DSC_8669
DSC_8672
夷隅神社
DSC_8673
大多喜小学校、なかなかユニークな校舎ですね。
DSC_8674
遠くに大多喜城の天守閣が覗いています。
DSC_8675
津知屋の最中 十万石、しっかり甘くてずっしりと重たい。
DSC_8679
DSC_8682
お昼は、「とんかつ亭 有屋」でミックスフライ定食(950円)とランチタイムとんかつ定食(850円)。
揚げ物と丼ご飯、ポタリングは20kmを越えそうなので、先ず良しとしましょう。
DSC_8683
DSC_8684
美味しく頂き、ご馳走様でした。

上総中川辺りのいすみ350号型とキハ30-62号型の連結
DSC_8690
国吉駅、此処は商工会議所と合体タイプですね、これも珍しい。
DSC_8692
DSC_8693
新田野辺りのいすみ300号型
DSC_8703
DSC_8706
いすみ350号型とキハ30-62号
DSC_8707

[画像:500bec8e-s.jpg]1・

[画像:b246de5e-s.jpg]

本日走行距離:39.2km
累計走行距離:4,468km

久々の40km、良い運動になりました。
いすみ鉄道、各駅の佇まい、櫻と菜の花と列車、素敵な風景を堪能しました。

市原まで北上して、「市原天然温泉 江戸遊」で入浴。
DSC_8710

P泊は道の駅あずの里いちはら。
何時ものキャンピングカーの旅の夕食に戻りました。
DSC_8711

神崎町(11:30)⇒大多喜城公園(15:30)⇒道の駅たけゆらの里おおたき(17:45)

神崎町の後泊の朝、神崎神社にお参りしました。
DSC_8603
なんじゃもんじゃの木」、クスノキですね。
DSC_8604

DSC_8602

皆さんと早めの昼食を頂きました。
DSC_8606
Snow peak way 2017 in HQ10で覚えた氷入りのノンアルコールビール、結構気に入っています。
DSC_8607
こうざき酒蔵まつりを今年も楽しめました。
企画して頂いたMさん始め、Fさんご夫妻、Kさんご夫妻、有難うございます。
また、出来ることなら来年も訪れたいものです。

ここで皆さんとお別れして、成田、冨里、東金、茂原経由で大多喜方面に移動。

大多喜城公園を散策。
DSC_8621
DSC_8608
大多喜城へ向かう砂岩に壁に細長い穴が開いていて、大多喜水道でした。
灌漑用の水道で全長5.8kmのうち4kmはトンネル、工期は6箇月は凄いですね。
DSC_8610
屈めば通り抜けられそうな感じです。
DSC_8609
大多喜城、天守閣と櫻、良く似合いますね。
DSC_8613
DSC_8614
DSC_8616
DSC_8618
ちょっとした花見を楽しみました。

道の駅たけゆらの里おおたき、本日のP泊地です。
DSC_8622

終日、神崎町に滞在。

朝、少し早くに神崎町の街を偵察、まだ人通りは殆ど無く、出店を準備する行き交うぐらいです。
DSC_8571
DSC_8573

仁勇(鍋店株式会社)の開場を待つ大行列。
DSC_8574
先ずは鍋店の試飲に。
DSC_8577
16種類の無料の試飲、本醸造から純米大吟醸までと、相変わらずの太っ腹です。
DSC_8578
DSC_8579
DSC_8581
小冊子が配布され、評価をつけてみました。
DSC_8605
いや~、とても美味しく、大満足です。
DSC_8585
一番高い評価を付けた試飲No.1の「一度火入れ無炭素濾過 純米大吟醸」を一升購入して、気合を入れて飲みだしました
DSC_8584
酒の肴(頂き物です)
DSC_8583
有料の試飲の「お酒のカクテル とろりミルクフローズン」、なかなか美味しいです。
DSC_8582
DSC_8589
利根川の土手まで足を延ばすと、既に酔客?が昼寝と何時のも光景です。
DSC_8591
もう一軒の造り酒屋の寺田本家へ。
DSC_8592
ここは有料の試飲で、チケットを買います。
どのお酒もとても個性的で、好き嫌いが判れるかもしれませんね。
DSC_8593
DSC_8597
DSC_8598
菜の花を摘んで、今晩の肴に。
DSC_8599
後泊の酒盛り、全く写真の撮り忘れです。
どうも最近のパターンですね。

3回目のこうざき酒蔵まつり、今年も大いに楽しみました。
出店も増えて、年々大きくなってきているようです。
来年も訪れたいですね。
今年の来場者は5万5千人だったそうで、昨年は4万人とのことことで、来場者も年々増えています。
余り増えすぎると、何か影響が出そうで、ちょっと不安になりますね。

自宅(14:00)⇒神崎(16:00)

昨年に引く続いて、こうざき酒蔵まつりに参加して、房総の中央を走るいすみ鉄道と小湊鉄道の櫻と菜の花を巡る旅にでました。
こうざき酒蔵まつりのメンバーは、昨年同様に北海道で知り合ったFさんご夫妻とMさん、Kさんご夫妻(今回初参加)の方々です。
[画像:2f4cbd7b-s.jpg]
持ち寄り食材とお酒で、前夜祭。
美味しい料理が一杯あったのですが、何時ものように写真無し、でした。
[画像:c3f4c520-s.jpg]
皆さんお会いするのは、6~7月の北海道や10月のsnow peak way HQ2017以来で、遅くまで色々と積もる話を楽しみました。

道の駅国見あつかしの里(08:20)⇒栃木県さくら市(12:40)⇒自宅(15:45)

道の駅国見あつかしの郷(福島県)の朝
[画像:bdaea01e-s.jpg]

国4号線、国294号線で茨城県取手市ヘ向かいます。
[画像:a3a72058-s.jpg]
時折、突風が吹いてハンドルが取られますが、それでも順調に南下します。
[画像:f5ed9735-s.jpg]

お昼は栃木県さくら市の宇都宮餃子の名店の「正嗣 氏家店」、我が家の贔屓です。
[画像:868e495c-s.jpg]
メニューは焼き餃子と水餃子(各1人前:6個、210円)という潔さ。
[画像:da655bbf-s.jpg]
お腹が空いて、1人で焼き餃子2人前と水餃子1人前を注文、これでも630円です。
[画像:ad068bb6-s.jpg]
野菜多めのあっさり餡とモチっ・カリっな皮。
[画像:b5e1f6c8-s.jpg]
水餃子には、小匙一杯のラー油と餃子のタレを加えて。
[画像:13b5733e-s.jpg]
何時も通りの美味しさ、ご馳走様でした。

最後は春のようなうららかな陽気の中、気持ち良く走って15時に無事帰宅して、北への冬の旅を終えました。
[画像:c0e9ee9c-s.jpg]

本日走行距離:253km、累計走行距離:5,212km

恒例の旅の総括は後日に。

このページのトップヘ