烟霞淡泊

カテゴリ:キャンピングカーの旅 > 関東

道の駅川場田園プラザ(08:30)⇒自宅(14:30)

道の駅川場田園プラザの朝、少し曇りがちです。
20201003_080728
道の駅併設のブルーべりー畑を通って、展望台まで散策。
20201003_073257
ブルーベリー畑があることは知っていましたが、入園無料で摘み取って食べられることは知りませんでした。
20201003_073340
展望台から、道の駅、上州武尊の山並みが遠望できます。
20201003_073829
更に山の方へ遊歩道が続いていますので、軽いハイキングになかなか良さそうです。

さて、今日はこれで帰宅することにしました。
帰り道の渋川でちょっと気になっていたピザ屋さんの「PIZZA YOSHIDA」で、ブランチを頂くことに。
本来はイートインコーナーで焼き立てが食べられるのですが、新型コロナウイルス対策で、テイクアウトのみの営業になっていて、電話で注文して取りに行き、その後車で数分の道の駅こもちで頂くことにしました。
本来なら、駐車場にプレアデス号を停めてその中で食べたいところなのですが、駐車場の奥行が無く停められずの対応です。
20201003_101354
手前左から、フレッシュバジルとトマトのマルゲリータ、奥は季節のピザの茸とアンチョビ、右はゴルゴンゾーラチーズとナチュラルチーズのメイプルシロップの3種です。
ピザは25種類ありますが、24cmで、全品600円と安いです。
20201003_102218
共通の生地は、ナポリ風なのですが、薄くて軽めの食感です。
フレッシュバジルとトマトのマルゲリータ、ちゃんとマルゲリータしています。
20201003_102223
茸とアンチョビ、具材と生地が合っていますね。
20201003_102226
ゴルゴンゾーラチーズとナチュラルチーズのメイプルシロップ、ゴルゴンゾーラの風味がしっかりと感じられます。
蜂蜜代わりのメイプルシロップ、初めて食べましたが、爽やかな甘さでこれはこれで良いです。
20201003_102220
値段の割にしっかりとしたピザ、サイゼリア以上ピッチェリア未満というような位置づけでしょうか。
安くて、小振りで生地も薄目で少人数でも種類が食べれる、ということで食事でもビールの摘み等にも重宝しそうです。
今回は焼いてから少々時間が経ったうえでの評価なので、焼き立てを食べると評価が上がるでしょう。
イートインが復活したら焼き立てを食べてみたいですね。

道の駅こもちで最後に野菜を追加調達して、自宅に向けて走り出しました。
20201003_103748

お昼過ぎに帰宅しました。
今回走行距離:502km、燃費:7.4km/L、坂道が多く、FFヒーターも使ったせいもありますが、少々悪いですね。
走行軌跡
1601777146332

今回はアクティビティを盛り込んだ奥日光中心の「ちょこっとそこまでの旅」でしたが、なかなか楽しかったです。
次回は「ちょこっと遠くまでの旅」を計画しましょう。

光徳駐車場(10:30)⇒日光市街(11:30)⇒日光湯元本通り北駐車場(16:30)

今日は「刈込湖・切込湖」のハイキングを予定していたのですが、午前中は曇り時々小雨の予報となって、明日に延期にしました。
さて、今日はどうしたものか?
取り合えず今日も朝食前の散歩で光徳牧場辺りを。
20201001_062716
20201001_063056
20201001_064130
光徳牧場
20201001_065000
20201001_065131
逆川の流れ
20201001_065546
光徳沼、昔に訪れた時はもう少し沼らしかったのですが、湿原化が進んでいます。
20201001_065921
緑の水草に白い花
20201001_065938
梅花藻みたいですね、初夏の花かと思っていましたが、今頃も咲くのでしょうか。
20201001_065946
20201001_070204

今日の朝食は昨日準備した焼きお握りにベーコンエッグにシメジの味噌汁。
散歩でお腹が空いて、美味しく頂きました。
20201001_073157
ご馳走様でした。

さて今日は、少し遠出?して、日光市内で昼食を摂ることにして、午前中はゆっくりと過ごすことにしました。

日光市内に行く途中、「中禅寺湖畔ボートハウス」に寄りました。
公式HPによれば

「ボートハウスは、国際観光振興策の一環として開業した「日光観光ホテル(現中禅寺金谷ホテル)」の付帯施設として、昭和22年(1947年)、米国の水辺リゾート地の建物をモデルに建設されました。

中禅寺湖畔ボートハウスは、国際避暑地として続いた、湖畔での人々の自然とのふれあいや交流の場としての近代史の一系譜を締めくくる歴史を今に伝える建物として復元されました。」
とありました。
20201001_103741
20201001_103829
20201001_103929
中禅寺湖に生息する鱒類の剥製の展示。
20201001_104403
私が釣ったことのある鱒類
虹鱒
20201001_104428
姫鱒
20201001_104454
20201001_104629
デッキに出ると、観光船と帆を張ったカヌー。
20201001_104303
20201001_104026
カナディアンカヌーですね、結構なスピードで走っています。
20201001_104018

本日の昼食は此方でした。
今朝、日光辺りで「行ったことなの無くこんなことが無ければ此れからも行くことが無いだろう」と謂う候補の筆頭に挙がった場所です。
20201001_112544
20201001_112621
予約した時間までにまだ少しあったので、ホテルの敷地を散策。
20201001_112800
20201001_112717
大黒山散策路という案内で行ってみると結構な山登りでした。
20201001_113945
20201001_114112
ホテルの建屋の方へ降りていくと。
20201001_114408
昭和14年に作られたプール
20201001_114533
プールの横の浅い水槽?のような物、大正5年に作られたスケートリンクとのことです。
20201001_114610
この2つの施設は今も現役、凄いですね。

さて予約の時間となってホテルに入館。
20201001_114913
2Fのメインダイニングルームへ。
20201001_115036
20201001_115043
20201001_125919
20201001_125848
予約したときはテラスルームは満席とのことでした、キャンセルがあったのか?、テラスルームに案内されました。
20201001_115432
さて、注文したのは「季節のスペシャルランチ」で、メインは「日光虹鱒のソテー金谷風」(私)と「日光HIMITSU豚のソテー生姜風味ソースと粗挽きスモークソーセージ秋の味覚添え」(相方)。
20201001_115738
パン(ホテルパンと葡萄パン)とバターと野菜のクリームスープ
野菜のクリームスープは野菜の旨味が強く濃厚ながらも優しい味わい、パンもたっぷり。
20201001_120941
「日光虹鱒のソテー金谷風」、金谷ホテルのスペシャリテです。
虹鱒を揚げ焼きにしてバターと醤油と砂糖(味醂?)を利かせたソースで煮込んだ、そんな感じの料理法ではないかと。
煮魚や甘露煮のような風味を足した洋食でしょうか、なかなか美味しいです。
20201001_122232
20201001_122237
ナイフとフォークで綺麗に食べれます。
20201001_122508
「日光HIMITSU豚のソテー生姜風味ソースと粗挽きスモークソーセージ秋の味覚添え」、柔らかく旨味の強い豚肉(肩ロース?)を使った高級な生姜焼きですね。
付け合わせの焼いた南瓜と梨とエリンギも美味しい。
20201001_122255
デザートのクランベリーのソルベに珈琲
20201001_124911
雰囲気の良いテラスルームでゆっくりと食事を楽しみました。
ちょっと贅沢をしましたが、たまには良いでしょう。
ご馳走様でした。

食事の間にふと近くにPG場があることを思い出して、「日光だいや川公園パークゴルフ場」へ。
雨がぽつぽつ降っていますが、雨雲レーダーでは少し経てば止むようなのでラウンドします。
20201001_132515
広大な公園の中にある2コース18Hのパークゴルフ場(1,040円/1日、NGPA公認)です。
20201001_133142
20201001_133147
芝生の状態も、一部薄い所もありますがなかなか良く、コースのレイアウトや設計も結構変化に富んでいて面白いです。
20201001_133229
20201001_133240
今日は比較的ティーショットが安定していました。
逆にグリーンオーバーのO.B.が結構あって、なかなかスコアが伸びません。
20201001_135839
櫻が咲いていましたが、十月櫻でしょうか?
20201001_134643
1時間も経ったら青空が広がってきました。
20201001_140225
絶好のPG日和
20201001_150056
20201001_150343
20201001_151650
始めの写真と本当に違いますね。
20201001_152624
2時間程で、2コースを3回ラウンド、程良い運動を楽しみました。
本日の平均スコアは、女峰コース:-6.3、男体コース:-3.3、総合:-4.8、でした。
恒例の評価は、、①規模:2、②整備状況:4、③面白さ:4、④料金:2、⑤環境/設備:4、総合:3.2です。

今日のP泊地は2日目と同じ湯ノ湖の日光湯元本通り北駐車場です。
帰り道の戦場ヶ原、今日の中秋の名月の観月が期待できそうです。
20201001_163314

本日の温泉入浴へ。
20201001_164628
湯元温泉の「源泉 ゆの香」(700円のところJAF割で500円)。
20201001_172300
20201001_171643
1つの湯舟で、内風呂と露天風呂を分けているタイプです。
20201001_171701
湯元温泉らしい強い硫化水素臭の白濁湯です。
20201001_171727
源泉がトポトポと掛け流し、内湯は43℃、露天風呂は41℃くらいでしょう。
20201001_171749
20201001_171810
紅葉を見ながらの入浴です。
20201001_171804
含硫黄-カルシウム-ナトリウム-硫酸塩/炭酸水素塩泉(中性低調性高温泉):加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯舟:?/43~41・白濁・硫化水素臭・甘ダシ苦渋・サラスベ・小規模温泉旅館系
ゆっくりと温まりました。

本日は、切る並べるの簡単夕食、燻製合鴨・ミニトマト・アボカド・レタス、日光生湯葉、秋刀魚の煮煮付け、酢漬け生姜、G7のCarmenere。
20201001_181140
ご馳走様でした。

中秋の名月、煌々と昇りました。
20201001_185332
20201001_205631
明日は良い天気でしょう。

日光湯元温泉本通北駐車場(08:20)⇒赤沼駐車場(08:35~13:15)⇒小田代原・西ノ湖・千手ヶ浜ポタ&ハイク⇒光徳駐車場(15:45)

湯ノ湖の朝、朝食前に湯ノ湖一周の散策へ。
湯ノ湖一周は前から歩きたいと思っていたのですが、冬だったり機会が無かったのですが、漸く叶いました。
20200930_061906
湖畔に出てみると、釣り人が多数、鱒釣りですね。
20200930_062218
20200930_062333
西岸から東岸へ、時計と逆回りで歩いていきます。
少し漣が立っていますが、鏡面一歩手前、綺麗です。
20200930_062443
20200930_062917
男体山が顔が覗かせています。
20200930_062937
20200930_063205
20200930_063307
20200930_063935
フライ、ルアー、餌釣り、鱒釣りも色々ですね。
20200930_065754
湯滝の落ち口、覗くとお尻がムズムズします。
20200930_065913
東岸からの日光白根山
20200930_071105
1時間ちょっと軽い散策、気持ち良く歩きました。
歩行軌跡です。
1601466040642

1601466066166

本日のメインイベント、日光市道1002号線(一般車通行禁止、自転車と歩行者はOK)の「小田代原・西ノ湖・千手ヶ浜ポタ&ハイク」へ。
赤沼駐車場から低公害バス運行路線をシルバK&H号で走って、小田代原と西ノ湖と千手ヶ浜を散策する計画です。
低公害バスは輪行で畳んだ自転車の持ち込みは不可で、シルバK&H号で行くとなると往復するしかないのですが、弓張峠までは軽いアップダウンの繰り返し、弓張峠から千手ヶ浜までは一方的な下り、往きはよいよい帰りは怖いですね。
バスルートマップ
サイクルナビの高低差情報(千手ヶ浜⇒赤沼駐車場)
Screenshot_20200926-085746_NAVITIME for au(NAVITIME)

赤沼駐車場にプレアデス号を停めて、出発。
20200930_083836
日光市道1002号線の始点、ゲートが閉じられていて、横から入ります。
20200930_084241
美しい樹林の舗装道路を快適に走ります。
20200930_084313
日光で最も美しい道とされているそうです。
20200930_084528
石楠花橋から湯川の流れ、巨大な日本庭園のような趣です。
20200930_084704
20200930_084946
小田代原の入り口に到着、シルバK&H号をデポして、ゲートを潜って小田代原一周の散策へ。
20200930_090616
立派な木道の道
20200930_090832
以前は湿原だったのでしょうが、乾燥化が進んで草原になっています。
20200930_091642
20200930_092118
小田代原の「貴婦人」と呼ばれる白樺の遠望、といっても写真に撮るとほとんど見えません。
20200930_093843
ズームをすると
20200930_093856
立ち姿の美しい白樺です。
20200930_093915

小田代原を一周して再びシルバK&H号で走ります。
弓張峠を越えて、千手ヶ浜方面へ一気に下ります。
とても快適なのですが、帰りを思うと怖くなります。
20200930_100736
西ノ湖入り口に到着、此処でもシルバK&H号をデポして、西ノ湖まで散策。
20200930_101249
落葉松の巨木の林、紅葉の時は見事でしょうね。
20200930_101927
西ノ湖に到着。
西ノ湖はかっては中禅寺湖の一部であったが、そこから切り離されてできた遺留湖(東西600m、南北450、面積1km2)とのことです。
季節、降水量で湖の面積が大きく左右されるそうで、今は小さくなっているのですね。
20200930_103231
20200930_103444
静かです。
20200930_103429
20200930_103748

当初は西ノ湖入り口まで戻る予定でしたが、千手ヶ浜に行く遊歩道があるので、徒歩で千手ヶ浜に向かって、千手ヶ浜から日光市道1002号線を西ノ湖入り口まで歩き、其処からシルバK&h号で赤沼茶屋まで戻ることにしました。
遊歩道は千手の森を抜けていきます。
20200930_110004
千手ヶ浜へ。
20200930_111803
20200930_111905
結構強い東風が吹いて、波立っています。
20200930_111928
お誂えのような倒木に座って、休憩&昼食タイム。
20200930_112425
昼食は、「ヤマダイ㈱」の「ニュータッチの凄麺ご当地シリーズ」の全製品20種コンプリートの第8弾で「佐野らーめん」と「奈良天理スタミナラーメン」(14/15杯目)です。
20200930_112411
20200930_113847
佐野らーめん、醤油控えめの端麗なスープ、麺はつるんとした平打ち麺、如何にも佐野ラーメンらしい作りですが、やや単調な感じがします(3.0)。
奈良天理スタミナラーメン、大蒜と豆板醤が効いてパンチのあるスープ、つるんとした中細麺、具材の白菜とニラがなかなか存在感(3.5)。
ご馳走様でした。

今までの記録は以下の通り
2.5:
 横浜発祥サンマー麺、千葉竹岡式ラーメン、名古屋台湾ラーメン、仙台辛味噌ラーメン
3.0:
 新潟燕三条系背脂醤油ラーメン、焼津かつおラーメン、函館塩ラーメン、札幌濃厚味噌ラーメン、青森煮干し中華そば、和歌山中華そば、佐野らーめん
3.5:
 長崎ちゃんぽん、京都背脂醤油味、尾道中華そば、奈良天理スタミナラーメン

さて、問題の帰り道、西ノ湖入り口から弓張峠の2.9km、平均高低差は4.0%、どうなったかというと。
私は、漕げたのは2kmくらいで、押しは0.9kmくらい、息が上がりっぱなしで、本当に疲れました。
此処のところの運動不足が祟っているのでしょうが、それだけではなく、寄る年波なんでしょうね、少々落ち込みました。
さて、一方相方は、最後は2速まで落としたのですが、途中立ち止まることなく漕ぎ上がったとのこと、お見事です。

本日の走行&歩行軌跡

1601466521697
1601466526872
お疲れ様でした

本日の温泉入浴は光徳の「日光アストリアホテル」(1,000円)です。
2019年12月17日に訪れて、2回目ですね。
20200930_143447
20200930_142855
先客が3人居て、浴室浴槽の写真は前回のものを代用しました。
fc32e71a-s
温泉は湯元温泉の引き湯で、硫化水素の匂いの青白色のにごり湯、誰もがイメージする温泉そのものですね。

d1e23697-s
露天風呂も開放的でなかなか気持ちが良いです。
626b51a5-s
含硫黄-カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/炭酸水素塩泉(中性低張性高温泉)・無加水?無加熱源泉ドポドポ~ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:78/41・40、無色透明(青白色濁)・硫化水素臭・甘ダシ・サラスベ・老舗温泉ホテル系。
ゆっくり浸かって疲れた身体を解しました。

今日のP泊地は、日光アストリアホテルのすぐ近くの光徳駐車場です。
今日はP泊は我が家だけのようです。
20200930_171246

歌ヶ浜第1駐車場(13:00)⇒湯ノ湖駐車場(14:30)

歌ヶ浜の朝
20200929_055137

昨日組み立てたワイルドカード号の出艇準備。
20200929_060327
駐車場の南端に出艇出来る場所があります。
20200929_060313
20200929_061735
起きた時は風も無く穏やかだったのですが、最初の岬を越えると、風が強くなり、波も大きくなってきました。
20200929_062728
旧英国大使館別荘辺りでは、横波を受けて漕ぎづらくなってきました。
20200929_062732
20200929_062904
旧イタリア大使館別荘の桟橋の先で、上陸して様子をみることにしました。
20200929_062908
30分くらいで風は収まったので、目的地の寺ケ崎の半島の付け根の砂浜を目指します。
靄のような雲も上がって、青空が広がりました。
20200929_070739
寺ヶ崎の半島
20200929_070743
寺ヶ崎の半島の付け根の砂浜、朝陽が当たっています。
砂浜に動く灰色の影が幾つか、目を凝らすと、猿の群れでした。
10匹くらいの群れで、どうしたものかと思いましたが、近付いていくと何時の間にか居なくなりました。
20200929_071044
砂浜に到着です。
20200929_071402
さて此処に来た目的は、軽く漕いだ後に、朝陽を浴びながらプライベートビーチのような砂浜で朝食を摂ることです。
20200929_072114
お湯を沸かして熱いカップスープ、パン、茹で卵の簡単な朝食ですが、美味しいです。
20200929_072520
20200929_072512
20200929_073819
ゆっくり休んで帰途、寺ヶ崎の半島の突端へ。
20200929_074709
20200929_074715
半島の突端から、横切るように真っすぐ出艇場へ向かいます。
20200929_075409
20200929_075115
殆ど無風で漣程度の湖面を、快漕します。
20200929_080338
歌ヶ浜が近づいてきました。
20200929_081054
20200929_081145
パドリング終了です。
20200929_081400
休憩も入れて2時間、4km、昨年10月の北海道の然別湖以来1年振りのパドリング、楽しみました。

1601367826067

ポタリングその1
シルバK&H号に乗って、イタリア大使館別荘と英国大使館別荘を巡ります。
20200929_090159
20200929_090414
緩い登りの道
20200929_090417
美しい樹間の道
20200929_090643
少し色付いた道を歩いて。
20200929_090930
イタリア大使館別荘に到着、英国大使館別荘と共通の観覧料300円で入館。
昭和3年に建造された別荘、何とも素敵な外壁です。
20200929_091206
1Fのワンルームの食堂、居間、書斎、此処は居間ですね、ガラス戸越しの中禅寺湖が印象的です。
20200929_091331
食堂エリア、素敵な暖炉。
20200929_091343
居間と書斎エリア
20200929_091417
書斎エリア、此処にも暖炉が。
20200929_091512
サンルームのような広縁
20200929_091613
歪みのあるガラス越しの中禅寺湖
20200929_091635
休憩室
20200929_091851
天井の杉板の意匠、素晴らしいですね。

20200929_091700
2Fへ
20200929_092028
大使夫妻の主寝室でしょうか?
20200929_092724
20200929_092816
外に出て桟橋から建屋を望みます。
20200929_094204
こちらの外壁も素晴らしい。
20200929_094240
英国大使館別荘へ。
20200929_104812
20200929_104643
20200929_104616
1Fと2Fに広縁があり、中禅寺湖の眺望が素晴らしい。
20200929_095338
20200929_100432
2Fではまず此処に。
20200929_103803
写真撮影です。
さて何で此処で撮影?
20200929_102008
その理由は
20200929_102114
これです、吉永小百合さんの「大人の休日倶楽部」のポスターの真似っこ
長野県の弁天山古墳の櫻」「秋田の増田の内蔵」に続く、第3弾です。
20200929_102124
英国文化交流室で英国式ティータイムを楽しみました。
20200929_103756
20200929_100659
オリジナルスコーンセット(1,530円)とスコーンとクッキーセット(1,940円)。
普段の我が家では考えられない注文ですが、それが大満足でした。
紅茶もスコーンも美味しいのですが、このクッキー素晴らしく美味しい。
ゆっくりと雰囲気と素晴らしい景色を楽しみ、堪能しました。
20200929_101433
遊覧船が通り過ぎていく窓、絵画のようです。
20200929_101356
遊歩道から見上げました。20200929_09084220200929_09090520200929_090909イタリア大使館別荘は会館直後だったので、他にお客さんが居らず我が家だけ、英国大使館別荘も静かで、とても贅沢な時間を過ごしました。


ポタリングその2、歌ヶ浜から菖蒲ヶ浜まで往復しました。
普段は車でさっと通りすぎる道のりをシルバK&H号で走ります。
20200929_115450
見事な緩やかな円錐形の男体山
20200929_115433
20200929_120240
二荒山神社中宮祠、男体山頂上に鎮座する二荒山神社奥宮と日光市街の二荒山本宮の間にあるので、中宮祠と呼ぶそうです。
20200929_122516
なかなか立派な神社です。
20200929_121042
男体山の登山口です。
20200929_121753
20200929_121826
中禅寺湖の北岸の道、多少のアップダウンはありますが、苦にならないレベルです。
車の通行量が多いのですが、それでも気持ち良く快走しました。
20200929_125541

1601367844433
12.5km、1時間強の気持ちの良いポタリングでした。

1601367852042

湯ノ湖へ移動、戦場ヶ原を走ります。
20200929_133925
20200929_133946

湯ノ湖に到着して、奥日光湯元本通り北駐車場にプレアデス号を停めて、本日の温泉入浴の「日光山温泉寺」へ。
お寺にある開湯1,230年の温泉、前から一度訪れてみようと思っていたのですが、此処に来るのは冬季休業中が多く、今回漸く叶いました。
辺り一帯強い硫化水素臭が漂っています。
20200929_135317
「まっとうな温泉(東日本版)」の無料券で入浴して、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は12,520円となりました。
20200929_143057
20200929_143117
素晴らしい雰囲気です。
20200929_135758
先客が二人いらっしゃって、お風呂の写真はNETから拝借。
大人が3人で一杯になる小さな湯舟に71℃の源泉がトポトポと掛け流しになっており、温度調節で加水されるようです。
泉質も浴槽・浴室も素晴らしい。
DSCF1588-1024x768
含硫黄-カルシウム-ナトリウム-硫酸塩/炭酸水素塩泉(中性低調性高温泉):加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯舟:71/44(今回入浴時)・白濁・硫化水素臭・甘ダシ苦渋・サラスベ・お寺併設立ち寄り湯系、念願かなって満足です。
涼しい風が心地よい休憩室。

20200929_142853
こんな茶請けも頂きました。
20200929_142914

プレアデス号に帰って、早速これです。
お摘みは温泉寺で頂いた茶請け。
20200929_144129

ふと窓に目をやると鹿が悠然と歩いていました。
20200929_165314
近寄っても逃げもしません。
20200929_165310
近くに別の二頭連れが居ました。
20200929_165715

今日の夕食は、鶏鍋(鶏腿肉、三つ葉、レタス、シモフリシメジ、豆腐)、柳魚、酢蓮。
車旅の夕食で鍋料理が主役になる季節となりましたね。
美味しく、作るのも片付けるのも簡単、汁の味付けと食材で組み合わせは無限、困った時の鍋料理です。
20200929_183059
20200929_183942
ご馳走様でした。

自宅(07:00)⇒紬の里結城パークゴルフ場(08:40)⇒中禅寺湖歌ヶ浜第1駐車場(17:20)

「紬の里結城パークゴルフ場」(2コース18H、500円/1日、NGPA公認)に到着。
茨城県で小貝川ふれあい公園パークゴルフ場と下館パークゴルフ場に引き続き、3番目に訪れたPGになりました。
20200928_085924
通常は、1日フリーでラウンドできるのですが、新型コロナウイルス対策で、2時間制、50人以下の人数制限という変則営業になっていました。
20200928_085938
20200928_085956
A、Bコースともにコース延長が370m前後と、少し短めでしょうか。
紬の里結城パークゴルフ場コース案内図

芝生の管理が良く、綺麗なコースですが、刈込は緩く、なかなか転がらないコンディションになっています。
20200928_090308
コースの幅は狭目ですが、O.B.設定が少なく、楽に打てます。
20200928_091700
20200928_103710
とても良い天気で日差しは強いのですが、気温は低めで、快適です。
遠くに筑波山の双耳峰が覗いています。
20200928_101600
グリーンも素直です。
20200928_103936
2時間、A:2回、B:3回、延べ5コース45H、と軽い運動になりましたが、結構楽しめました。
本日の平均スコア、A:-6.5、B:-6、総合:-6.3、でした。
さて、恒例の評価は、①規模:2、②整備状況:4、③面白さ:3、④料金:3、⑤環境/設備:3、総合:3.0です(正常時営業の条件での評価)。

お昼は、小山市の「一品香 城東店」を予定していたのですが、前回に引く続き臨時休業でした。
一度あることは二度ある、営業することを調べなかった私が悪うございました
次回は(あるか?)はしっかり確認して訪れましょう。
ということで、仕方なく栃木市の「麺堂HOME」へ。
20200928_130852
鶏淡麗ラーメン醤油(720円)、淡麗といいながら旨味強く、醤油が立って、たっぷり鶏油、なかなかパンチがあります。
ツルンとした細麺、具材も低温調理豚叉焼、鶏叉焼、穂先メンマ、白髪葱に柚子の皮となかなか充実、美味しいです。
20200928_125854
20200928_130038
つけ麺あっさり鰹醤油味(830円)、こちらはもちっとした極太麺、麺量250gとボリュームもたっぷりです。
つけ汁が鰹節の風味が強く、油が厚く表面を覆っていて何時までも熱々なのが良いです。
20200928_130013
ご馳走様でした。
店の玄関前の豚のオブジェ?
20200928_130914
バラバラ豚?、なかなかシュールですな。
20200928_130922

餃子専門店正嗣の全店制覇第4弾で鶴田店へ。
といっても正嗣全店は新型コロナウイルス対策で焼き餃子のテイクアウトと冷凍餃子販売のみとなっています。
取り合えず、餃子4人前を購入。
20200928_145014

国道119号線の杉並木
20200928_154233

本日の温泉入浴は、日光市今市の「森友の湯」。
20200928_155028
カラオケ店に併設する立ち寄り湯という変わり種です。
カラオケボックスを抜けていきます。
20200928_155127
20200928_155216
森友の湯
20200928_162431
浴槽一つのシンプルな内湯
20200928_155822
20200928_155320
結構な量の掛け流しです。
20200928_155543
20200928_155630
20200928_161809
単純泉(弱アルカリ性低調性高温泉):無加水一部加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:42/41・無色透明・無臭・無味・サラスベ・カラオケボックス併設立ち寄り湯系、なかなか良い温泉でした。



中禅寺湖の歌ヶ浜第1駐車場に到着。
今夜のP泊地です。
ほぼ1年振りにワイルドカード号を組み立てました。

20200928_175121
男体山の上部は雲の中。
20200928_175208
中禅寺湖の美しい夕暮れ。
20200928_175150

冷凍の正嗣の餃子を指示書通りに焼きます。
20200928_183421
20200928_183540
綺麗に羽が付きました。
20200928_184402
今日の夕食、正嗣の焼き餃子、メバルの刺身、家から持ってきた常備菜2品。
20200928_184416
店で食べるのと同じくらい美味しいです。
20200928_184548
ご馳走様でした。

道の駅みょうぎ(06:15)⇒アプト道ハイキング&旧国道18号線ダウンヒル(07:00~08:30)⇒軽井沢(11:40)⇒道の駅草津運動茶屋公園(14:30)

道の駅みょうぎの朝
20200819_052355
20200819_052307

洋朝食、目玉焼きと野菜とカップスープ。
パンはフライパンで簡単に焼けます。
20200819_053013

この旅のメインイベントの「アプト道ハイキング&旧国道18号線ダウンヒル」へ向かいます。
アプト道は8月16日に見つけたアプト道ハイキングコースで、本来横川駅から熊ノ平の旧信越本線アプト鉄道跡を往復するコースなのですが、単に往復するのはつまらないので、熊ノ平から旧国道18号線をフォールディングバイクのシルバK&H号で下るというオプションを付けることにしました。
アプト道の終点の熊ノ平の駐車場まで行ってシルバK&H号をデポして、横川駅に戻ります。
20200819_063002

アプト道のコース図(6km、標高差300m)です。
Screenshot_20200817-154855_Drive

アプト道入口近くの無料駐車場にプレアデス号を停めて、ハイキング開始です。
20200819_070156
向かって右が、アプト鉄道跡(昭和38年廃線)、左は旧信越本線新線(平成8年廃線)です。
何処までも緩やかな登り道が続きます。
7時過ぎでまだ気温は26℃くらいですが、これからどんどん気温が上がるでしょうね。
20200819_071148
1.6mの旧丸山変電所、この建物は国の重要文化財だそうです。
20200819_072423
20200819_072803

1号トンネル(全10トンネル)が現れました。
大分日差しが強くなって、暑くなりました。
20200819_074552
20200819_074632
トンネルの中は、涼しくとても気持ちが良いです。
20200819_074704
出口の向こうの深緑が美しい。
20200819_074857
高岩の岩峰群ですね
20200819_075034

次々とトンネルと橋梁が続きます。
20200819_075517
20200819_075542
こんな貼り紙があり、ザックにしまってあった熊除け鈴を付けました。
20200819_075820
トンネルの出口にトンネルの入り口が重なって、続いている様が面白いです。
20200819_080450
20200819_080510
寒い季節は氷柱ができるのですね。
20200819_080524
20200819_080832
6号トンネルの出口の先に、碓井第3橋梁(通称めがね橋)が現れました。
20200819_081209

有名なめがね橋、旧国道18号線を下った時に下から見上げたことがありますが、その上を歩いて渡れるとは知りませんでした。
20200819_081223
手前の左手に展望台がありました。
20200819_081350
20200819_082156
20200819_082203
めがね橋を渡ったところで休憩、出発してから4.7kmです。
20200819_081714
またトンネルが続きます。
20200819_082455
温度計は21℃、涼しいわけですね。
20200819_082524
20200819_082959
終点の旧熊ノ平駅に到着。
20200819_084250
熊ノ平殉難碑
20200819_084319
昭和25年に山崩れに遭って亡くなられた旧国鉄職員とその家族50名をお祀りしているそうです。
熊ノ平駅構内土砂崩壊、大変な災害事故だったのですね。
20200819_084400
20200819_084513
20200819_084843
旧熊ノ平駅から少し下った熊ノ平駐車場から、シルバK&H号で行程8kmの旧国道18号線ダウンヒル開始です。
20200819_085330
然程傾斜がきつくないワインディングロードを快適に下って行きます。
20200819_085510
快適!!!、爽快!!!、です。
20200819_085627
時折、観光客の車やツーリングしているバイクと擦れ違うくらいで、走りやすいです。

20200819_085551

20200819_085836
20200819_085558
メガネ橋の下に到着、美しい煉瓦の四連の橋梁です。
20200819_090620
20200819_090714
20200819_091352
あっという間に下りきって、アプト道の入り口の駐車場に戻りました。
アプト道ハイキング&旧国道18号線ダウンヒル、なかなか面白いアクティビティでした。
20200819_093419

今日の歩行&走行軌跡です。
1598166014624

1598166021637

さて、お昼用の「峠の釜めし」、折角なので「おぎのや本店」で購入しようとしたら、なんと8月は休業でした。
20200819_095431
気を取り直して、国道18号線に面した「おぎのや横川店」で購入して、軽井沢へ向かいます。
20200819_100528

軽井沢に到着、気温は高いのですが、木陰は爽やかな風が吹いています。
20200819_105120
ツルヤ軽井沢店で夕食の食材を購入して、近くの湯川ふるさと公園でお昼を頂くことに。
木陰に小さなテーブルと椅子を広げました。
20200819_114837
峠の釜めしとデザートの力餅、オールフリーと炭酸水。
20200819_114853
20200819_115045
十数年振りの峠の釜めし(1,100円)です。
お馴染みの具材、鶏肉、筍、椎茸、笹がき牛蒡、栗、鶉の卵、杏子、グリーンピース、紅生姜。
初めて食べたのは60年くらい前ですが、多分変わっていないのでしょう。
杏子が半分にカットされていると相方が指摘、鋭い、その通りですね。
さてお味は、間違いなく殆ど変わっていないと思います。
穏やかな味わいでしみじみ美味しいです。
20200819_115112
力餅(400円)、釜めしの後のデザートにぴったりです。
20200819_120203
ご馳走様でした。
地方の名物駅弁を食べるのも、車旅のテーマとして良いかもしれません。

軽井沢から浅間山の横を走って、草津温泉へ。
道の駅草津運動茶屋公園にプレアデス号を停めました。
20200819_145445
朝採り玉蜀黍等を購入。
20200819_134052

草津の共同浴場へ一風呂浴びに出かけます。
20200819_145602
湯畑方面に下って行きます。
20200819_150400
老舗の温泉宿街を抜けて
20200819_151326
湯畑の湯もみ踊りの熱乃湯、沢山のお客さん。
20200819_151655
20200819_151707
湯畑下の路地
20200819_151950
20200819_151953
目的地に到着、草津温泉の共同浴場の「地蔵の湯」、一番のお気に入りです。
20200819_154726
20200819_154738
20200819_152223
何時もは空いているのですが、流石に夏のシーズンで入湯者が居て、昨年訪問時の写真を転用しました。
高い天井、浴室の壁、床は総木造り、シンプルな石の浴槽に滔々と掛け流し。
特に床の水抜きの意匠が素晴らしいです。

2ccda169
今日は少し熱めの46℃くらい、きりりと熱く気持ちの良い浴感です。
76b92376
c097be11
酸性/含硫黄-アルミニウム-硫酸塩/塩化物泉(低張性酸性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:48.4/46・無色透明・強硫化水素臭・強酸味・サラスベ・正統派共同浴場系。
素晴らしい温泉、何時までも変わらずにいて欲しいと願うばかりです。

湯畑で、ビールでクールダウン、美味しい、気持ちいい。
20200819_155330
20200819_160428
帰りは日和って、バスターミナルから巡回バス(全区間100円)で道の駅に帰りました。
20200819_161033

夕食を準備しながら、ミントジュレップ擬きを頂きます。
クラッシュアイスが無く、ロックアイスで作りました。
まあ、美味しいのですが、クラッシュアイスでないとミントジュレップ感が薄れます。
20200819_185357
本日の特選素材です。
実は、今日は湯畑界隈で外飲みを計画していたのですが、目的の店が休業で、内食となりました。
と言う訳で、珍しい信州産の刺身2種(信州サーモン鮮大王岩魚)とちょっと良い牛肉を奮発。
20200819_185834
名菜の数々とキャンピングカーの旅のお供のG7のシャルドネ。
20200819_190923
信州サーモン、ニジマスとブラウントラウトによる3倍体だそうで、アトランティックサーモンをさっぱりさせたような味わいです。
20200819_190941
鮮大王岩魚(信州大王岩魚)は、岩魚の3倍体だそうで、脂の乗った綺麗な白身で、真鯛と鶏魚を足して二で割ったような味わいで、なかなか美味しいです。
20200819_190946
程よくサシの入った腿肉、レアの焼き加減で。
20200819_190939
蒸し朝採り玉蜀黍、茹でホワイトアスパラとブロッコリー
20200819_190951
焼き茄子
20200819_190956
贅沢して、とても美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

自宅(11:30)⇒上増田温泉(16:15)⇒道の駅みょうぎ(17:45)

久々に群馬県、長野県、新潟県を巡る旅にでました。
昼前に自宅を発って、群馬県方面へ抜ける何時もの道を走り、幸手市の「椿 ラーメンショップ 木立店」でお昼を頂きました。
何時も此処を通ると、結構車が停まっていて、気になっていました。
ラーメンショップの名店として名高い「ラーメンショップ 牛久結束店」、「ラーメンかいざん」、「ラーメンショップ 金田亭」は初めからそこを目的にに訪問しましたが、ラーショで事前情報無しはこの店が初めてかもしれません。
ラーショファンの知人の弁、「行ったことがないラーショに入ると後悔するのがほとんどだけど、どういうわけかまた別のラーショに入ってしまう」を思い出しました。
20200818_125840
ラーショと言えばネギラーメンです。
20200818_130729
味噌ラーメン
20200818_130737
ラーメンショップらしい味付けなのですが、物足りないというか、何処か頼りなげな味ですね。
まあ、予想通りというところでしょうか?、ご馳走様でした。

今日の温泉入浴は群馬県安中市松井田町の「上増田温泉 砦の湯」(600円のところ、ニフティのクーポンで500円)。
国道18号線から県道を8kmくらい走って、結構山奥感がありました。
20200818_163147
20200818_171019
20200818_171239
内風呂、源泉がどぽどぽと掛け流しになっています。
20200818_164215
20200818_164151
39℃くらいのはずですが、籠った感じの浴室で、お湯に浸かっていると熱く感じます。
お湯も豊富で柔らかく良い浴感なのですが、ゆっくり浸かれません、少し換気を改善した方が良いでしょう。
20200818_164102
広い露天風呂があるのですが、湯汚れが目立っていて、早々に退散しました。
広さは1/4でもよいので、もう少し湯使いを考えればよいのにと思ってしまいます。
温泉そのものは良いので、ちょっと残念でした。
ナトリウム-炭酸水素/塩化物泉(低張性弱アルカリ性温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯舟:39.5/39?・無色透明・無臭・無味・ヌルツル・秘湯立ち寄り湯系。

日が暮れかかる中を妙義山へ。
20200818_173032

本日のP泊地の「道の駅みょうぎ」に到着。
20200818_174140
20200818_173921
20200818_174052

夕食は、自家製叉焼、柳魚の干物、枝豆、焼き茄子、冷奴、冷やしトマト。
20200818_183206
何時もの旅先の簡単夕食、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

とても静かです。
20200818_223906
富岡の街の灯りです。
20200818_224015

道の駅グランテラス筑西(07:45)⇒下館パークゴルフ場(08:10)⇒自宅(17:30)

道の駅グランテラス筑西の朝。
KIMG2711
朝食は、ベーコンエッグ、焼き海苔、ご飯と三つ葉の味噌汁。
旅先の朝食のご飯率は2/3くらいです。
KIMG2712
半熟と言いうより生寄りの目玉焼きの黄身をご飯に乗せるのが、好き、飽きませんね。
KIMG2713
ご馳走様でした。

ヒロサワシティの「下館パークゴルフ場」、今日で7回目の訪問です。
PG場で一番よく来ているのは、「小貝川ふれあい公園パークゴルフ場」の8回で、それに次ぐ堂々の2位です。
プレー代は1,000円(税別)で少し高いのですが、8コース72Hと広大で、なかなか設備も良く、各2回で16コースもラウンドすると良い運動になります。
それに、春から秋にかけて果樹園や農園でイベント(筍狩り、梅狩り、じゃが芋堀り、梨狩り、等々)があって、それも楽しみです。
今日は梅狩りのイベント付きで一人1,500円、二人申し込むと梅が多すぎるので一名で参加しました。
去年までは、プレー代の1,000円でイベントにも参加できるという夢のような料金プランだったのですのが、今年は実質的な値上がり、それでも楽しくお得です。
KIMG2724
KIMG2725
KIMG2722

今年3回目のパークゴルフ、最近ショットが安定している相方、軽く振って綺麗に当たって、よく飛びます。
KIMG2731
KIMG2718
私は、ショットが安定せず、O.B.多発で、スコアが纏まりません。
1592486329773
1592486339707

10時過ぎに、梅狩りへ。
KIMG2726
梅酒用の青梅ゲットが目的なので、枝に生っているいる梅を竹竿で落として、集めていきます。
KIMG2727
一時間くらいで、配布されビニール袋に一杯、小さなダンボール箱に移して軽く一杯の青梅を収穫。
KIMG2728
大小様々で、多少色が付いたり、傷が付いたりしている実がありますが、OKですね。
帰宅して計量したら、8kgもありました
KIMG2729

お昼は、「ヤマダイ㈱」の「ニュータッチの凄麺ご当地シリーズ」の全製品20種コンプリートの第一弾で「札幌濃厚味噌」と「尾道中華そば」を頂きました。
スープはすっきりした旨味で塩梅も良く、麺はノンフライ麺でこしもあって生麺に近い食感、高級カップ麺の美味しさですね。
尾道は追い葱をしています。
KIMG2736
つるんとした平打ち麺で美味しいですね。
KIMG2737
20種を食べるにあたり、今日の2つを基準にして評価(5段階)をしてみようと思います。
さて本日2つの評点は、札幌濃厚味噌ラーメン:3.0、尾道中華そば:3.5です。

午後はもう1回ラウンドして、本日は2回ラウンド延べ16コース144Hとなりました。
今回のスコア、A:+3.5、B:+3.0、C:+1.0、D:-2.5、E:-2.0、F:-6.0、G:+1.0、H:+0.5、全コース平均:-0.2でした。
今回/過去は、A:+3.5/+2.0/0.0/-0.5/+2.0/+10.0/+2.0、B:3.0/-1.0/+1.0/-1.0/-1.0/-8.0/-7.0、C:+1.0/+0.5/+1.5/+3.0-1.3/+3.0/0.0、D:-2.5/+1.5/-5.5/-2.0/0.0/-2.0/+7.0、E:-2.0/0.0/-0.5/-1.0/+1.0/+4.0/+4.0、F:-6.0/-1.0/-3.0/0.0/0.0/-1.0/0.0、G:+1.0/-3.5/+1.0/-5.0/-0.5/3.0/1.0、H:/+0.5+1.0+2.0/-3.0/+1.0/+2.0、全コース平均:/-0.2-0.1/-0.4/-0.7/-0.4/+1.1/+1.0。
今日はO.B.多発でスコアは全く纏まりませんでした。
全コース平均のスコアを見ると、ここ1年以上スコアが伸びていません。
普通はコースに慣れると少しづつスコアが上がる傾向となるのですが・・・。

本日の歩行距離、10km、先ず先ずの運動になりましたね。
1592486308516

パークゴルフ場近くのクラシックバイクミュージアムに寄ってみました。
KIMG2743
KIMG2744
KIMG2745
同じく、クラシックカーミュージアムも。
KIMG2746
KIMG2750
KIMG2748
前回の隈研吾設計の「新美術館」、また「廣澤美術館 芸術の森分館」といい、不思議な雑多感が良いですね。

夕方に帰宅しました。
次回は、北関東の県跨ぎの車旅を計画しましょう。



自宅(08:40)⇒大宝八幡宮(10:00)⇒小山市(12:00)⇒道の駅グランテラス筑西(17:30)

情報番組で紹介された栃木県の小山市のいちごの里の「カフェ アンジェ・フレージェ」の苺のかき氷と、下館パークゴルフ場の初夏の名物イベント「梅狩り付パークゴルフ」、この2つを繋げて小旅行を組むことにしました。
県内からほんの少し栃木県に入り、20日以降に都道府県を跨ぐ移動自粛が緩和される見通しの中、ちょっとフライングではありますが

茨城県下妻市の「大宝八幡宮」、紫陽花見物(多分2回くらい)や奇祭タバンカ祭り(2014年9月14日)や相撲部屋の練習見物(2015年6月15日)と何度も訪れています。

大宝八幡宮の大鳥居
KIMG2655
山門、仁王像がいらっしゃいました。
明治以前の神仏習合の名残ですね。
KIMG2656
KIMG2657
紫陽花祭りの案内が出ています。
KIMG2658
KIMG2659
西向きの斜面に沢山の紫陽花が植えられています。
平地より斜面に咲く紫陽花は一層趣があります。
KIMG2668
KIMG2666
何種類かの紫陽花を載せました。
KIMG2665
KIMG2667
KIMG2664
KIMG2663
KIMG2662
KIMG2671
KIMG2673
なかなか綺麗ですね。
権現堂公園(埼玉県幸手市)の紫陽花に比べれば規模が小さいのですが、咲いている環境も含め、雰囲気が良く、私は好きです。
堪能しました。

結城市を越えて、栃木県小山市へ。
いちごの里」の「カフェ アンジェ・フレーゼ」へ。
よござんす日誌R(リターンズ)」でも紹介されていて、一度訪れたいと思っていました。
1592396435945
いちご氷(660円)
コロナ騒動で使い切れなかったスカイベリーを凍結して、そのままかき氷器で削るという代物です。
上品な風味で美味しいのですが、途中から練乳をかけると、濃厚な旨味が広がるようで、苺好きには堪らない一品でしょう。
1592396326066
苺のスムージー(550円)、苺のスムージーの上に甘さ控えめの生クリームと苺ジャムがフローとされていて、爽やかで美味しいです。
本当はこの店のスペシャリテの「天使のパンケーキ」が目当てだったのですが、この時期はお終いみたいで、次の機会ですね。
1592396332007
BBQハウスの「豚とオリーブ」等のレストラン
1592396346515
ジェラートやスイーツ等の「べリーベリーカフェ」
1592396352606
苺畑やさくらんぼ等の果樹園もあって、なかなか面白そうな施設です。

お昼は小山市の「一品香 城東店」を予定していたのですが、臨時休業で下野市の「竹末食堂」に変更です。
栃木県喜連川の有名店「E・Y竹末」の支店で、お初竹末となりました。
KIMG2680
あっさり(730円)と塩あっさり(780円)と茹で餃子(290円)を頂きました。
あっさりは醤油が立った端麗なスープ、塩も癖の無い素直な美味しいスープに仕上がってます。
麺は余り得意でない、今流行りの低加水率のパツパツ麺です。
多加水の平打ちか中太麺だともっと美味しいと思うのですがね。
KIMG2678
KIMG2679
ご馳走様でした。

下野市の「天平の丘公園」で腹ごなしの散歩へ。
綺麗な森林、木漏れ日が美しく、とても気持ちが良いです。
KIMG2690
KIMG2693
KIMG2697
こんな親水施設もあります。
KIMG2691
KIMG2699
KIMG2694
???です
KIMG2695
この辺りの古墳をイメージしたモニュメントのようです。
KIMG2700
KIMG2701
KIMG2702
併設されている埋蔵文化財センター
KIMG2683
KIMG2685
KIMG2686
なかなか良い散歩になりました。

今日の入浴は、「下野市保健福祉センター ゆうゆう館」(大人:300円、65才以上で200円に割引)。
KIMG2704
人口温泉、循環の湯使いですが、この金額でなかなか立派な設備(内風呂2種、露天風呂、サウナ)、有難いですね。

本日のP泊は、道の駅グランテラス筑西。
夜間駐車の車は少なく、キャンピングカーは我が家だけでした。
KIMG2706
近くのスーパーのヨークベニマルで食材購入して、ウスメバルの刺身、蒸し鶏腿肉と胡瓜、冷奴と茗荷。
鶏腿肉を蒸す手間だけの、簡単車中泊夕食です。
KIMG2707
KIMG2710
KIMG2709
KIMG2708
美味しく頂き、ご馳走様でした。

自宅(08:25)⇒手賀沼(08:55)⇒自宅(16:30)

キャンピングカー仲間の「ハラさん」、「Sさん」、「Tさん」と我が家で手賀沼一周ポタリングに出掛けました。
Sさんが、フォールディングバイクを購入して、お祝い&お披露目で計画しました。
ポタリングの後は手賀沼温泉満天の湯で、一風呂浴びてゆっくりしようと、プレアデス号で出掛けました。
まあ、此れもキャンピングカーの日帰り旅に加えることにしました。
日帰り旅は2013年11月17日に栃木の井頭公園に行ったきりですので、2回目ですね。

昨日はかんかん照りで気温が33℃くらいまで上昇しましたが、今日は曇り勝ちの30℃未満で微風も吹いて、ポタリングには丁度良い日和になりました。
手賀沼温泉満天の湯の第二駐車場に車を停めて、一周ポタリング開始です。
柏市側の自転車・遊歩道、広くてとても綺麗に整備されています。
KIMG2618
こんな東屋のような休憩舎が随所にあります。
KIMG2620
手賀沼のお馴染み住民、雛が孵って大分大きくなったところです。
KIMG2626
そ~と近づいて撮影しましたが、親鳥がガンを飛ばして、ぐぁ~~~と威嚇してきます。
なかなか迫力があり、怖いです
KIMG2628
我孫子側になると、道が狭くなって、護岸などの工事区間が多くなります。
1592279605481
手賀沼公園
KIMG2629
また柏市に戻って、南岸を走ります。
あともう少しで一周ですね。
KIMG2636
やはり道が広くて立派です
KIMG2639
KIMG2638
KIMG2644
KIMG2645
満天の湯の第2駐車場に戻って、皆で記念撮影。
1592431941433

本日の走行軌跡
1592279583133
1592279588504

本日走行距離:18.3km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,419km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,189km
本日消費カロリー:476kcal

ポタリングの後は、満天の湯で一風呂浴びて、冷たいものを頂いて、ゆっくりと休んだ後、解散となりました。
皆様、お疲れ様でした。
グループでポタリングもなかなか楽しいですね。
またご一緒しましょう。

道の駅常陸大宮~かわプラザ~(05:45)⇒自宅(09:15)

道の駅常陸大宮~かわプラザ~の朝、美しい靄がでています。
KIMG2348
KIMG2350
KIMG2351
KIMG2352

今日は10時にスズキアリーナ守谷に、軽自動車の定期点検に行く予定があって、早朝に帰宅しました。
浄水タンク(満タン3/4)に塩素系の洗剤を1%になるように添加して、帰り道で揺動して洗浄しながらです。

帰宅途中に「なか卯 石岡店」で朝食を食べようと思ったら、新型コロナ感染対策の営業時間変更で、営業していませんでした。
近くの吉野屋も同様で、結局「ゆで太郎 東石岡店」へ。
店の外観、採り忘れ。
2軒振られて辿り着く頃には妙にお腹が空いてしまって、かきあげそば(440円)とミニカツカレーセット(700円)を注文、どう見ても朝食とは思えないメニューになってしまいました
KIMG2354
ご馳走様でした。

9時過ぎ帰宅しました。
走行距離:259km、燃費(推定):8.0km/L
県内の短い旅でしたが、とても楽しめました。
次は近県の旅に出掛けましょう。

軽自動車の定期点検を終えて昼食。
暑くなったので鯵の干物(釣果の自家製の冷凍品)で冷っ汁。
胡瓜と大葉と茗荷をたっぷり入れて、さっぱり美味しく頂きました。
KIMG2370
ご馳走様でした。

買物の農産物の加工その1、玉葱ペースト。
玉葱(3.4kg)を刻んで、そのままフライパンで長時間炒めるだけ。
KIMG2384
KIMG2385
少し焦げるまで炒めて出来上がり。
KIMG2389
ジップロックで薄く伸ばして、冷凍保存。
カレーやオニオンスープを作る時に、必要分折って使いますが、甘みと旨味が強く、重宝します。

夕食は、豚肩ロースのソティにとんがりキャベツの千切り、柳葉魚の干物、焼き空豆、軟白葱のナムル。
冷凍庫の保存品と買ってきた農産物です。
KIMG2390
ご馳走様でした。

自宅(08:45)⇒七ツ洞公園(12:10)⇒道の駅常陸大宮~かわプラザ~(17:30)

車旅は2月28日のかんなの湯が最後で、外出自粛で3ヶ月強出掛けていません。
各都道府県で、コロナ対策の緩和が進んでいますが、どのような状況で車旅を再開するか(出来るのか)?の判断は、勿論明確な指標はありませんし、なかなか難しいですね。
茨城県は、5月25日にコロナ対策Stage2に緩和されて10日が経過したので、県内限定の旅に出ようと思います。
旅の目的は、県央県北の物産店で農産物の購入、走行しながらの浄水タンク洗浄、七ツ洞公園の秘密の花苑の薔薇見物、とします。
<茨城県のコロナ対策Stage>
対策指針(25日修正)

「ポケットファームどきどき茨城町店」、国道6号線で県央に向かう時は、必ず寄りますね。
沢山の農産物から畜産物(常陸牛、ローズポーク)、パンやデリカテッセン等、種類が豊富で、この一店で食べ物が揃います。
KIMG2215
この時期は何といっても生産量全国一位のメロンですね。
KIMG2217
KIMG2219
これは珍しい、山椒の実、この時期ならではですね。
購入して、ちりめん山椒でも作りましょう。
KIMG2218

お昼は、水戸市の「そば処 長屋門」へ。
端正な細打ちの手打ち蕎麦の店として有名、前から訪れたかったのですが、漸く叶いました。
KIMG2220
11:30の開店前について、我が家がポールポジションでした。
KIMG2231
落ち着いた店内
KIMG2223
KIMG2222
KIMG2221
注文は、かき揚げそば(980円)。
二八蕎麦(?)、切りむらの無い美しい細打ち、蕎麦の香りがあって、瑞々しくこしもあり、美味しく、普通の手打ちそば店では考えられないボリュームです。
汁も端麗ですが、出汁が効いていて、塩梅も丁度良いです。
かき揚げは野菜と海老たっぷり、さくさくでこれまた美味しいです。
晒し葱、大根おろし、山葵も丁寧な扱いです。
このクオリティとボリュームでこの値段、ちょっと感激しました。
KIMG2227
十割蕎麦(1,000円)、さらに香りが高く、滑りも強く、如何にも十割蕎麦といった味わいです。
これまた、切りむらや短い切れ等は一切なく、打ち手の技術は相当に高いのでしょうね。
そして蕎麦だけでお腹が一杯になるボリューム、吃驚です。
KIMG2228
ご馳走様でした。
ここ数年の内に訪れた蕎麦屋さんで、一番ですね。
この店はまた訪れるでしょう。

七ツ洞公園」に寄りました。
2015年10月18日2106年4月22日2017年12月8日に訪れていて、今日で4回目ですね。
「七ツ洞公園」の解説(再掲)。
NETで、…イギリスの自然風景式庭園で、1999年に水戸市が開設した。風景画のような景色を再現しているのが特徴であり、イギリス式庭園でよく見られるようなフォーリー(模造建築物)やパビリオンなどの建築物と大小5つの池、清流、ダムやそれらを取り囲む森から形成されている。また、秘密の花苑(ひみつのはなぞの)という円形のレンガで囲まれた庭園は、イチイの生垣で色々な形に区切られており、まるで別世界にいるような気分を体験できる。イングリッシュローズをメーンに四季折々の花々を楽しむことが可能な公園だ。…とあります。
近年はおとずれる人も少なく、大分荒れ果ててしまったそうですが、2014年から大規模な修復が始ったそうで、「
七ツ洞再生物語」として公開されています。
秋、春、初冬に訪れていますが、初夏は初めてですね。


KIMG2233
KIMG2234
先ずは、「秘密の花苑」へ。
KIMG2235
KIMG2238
春薔薇ですね。
1週間前くらいが盛りだったようですが、それでも華やかで甘い香りも漂っています。
KIMG2240
英国式庭園と薔薇はとても良く似合います。
KIMG2242
大輪の薔薇達
KIMG2241
KIMG2243
KIMG2246
黄金虫が花弁に潜り込んでいます。
KIMG2252
KIMG2259
KIMG2245
KIMG2248
こんな花も、花びらは色褪せていますが、深い青色だったみたいです。
KIMG2253
KIMG2254
秘密の花苑から公園の一番下部のダムEに降りて、上流に遡ります。
KIMG2305
ダムEとパビリオン、近代的な造形で、上流に遡ると古代的な造形に変遷していくという趣向だそうです。
KIMG2261
KIMG2262
パビリオンからダムDを遠望
KIMG2264
KIMG2266
KIMG2268
階段状に水が流れるカスケードのダムD、一番美しいダムです。
KIMG2269
KIMG2270
林間の涼しげな小道
KIMG2272
ダムCの流れ
KIMG2273
KIMG2275
ダムC渡っていきます。
KIMG2276
ダムBを遠望
KIMG2277
石と木のパーゴラ
KIMG2278
パーゴラの奥の壁泉
KIMG2279
KIMG2281
ダムB
KIMG2283
ダムBのパビリオン
KIMG2284
「はけ」があり、湧水があります。
KIMG2287

KIMG2288
ピクチャレスク理念を表す廃墟のフォリー(模造建造物)、木立に囲まれてなかなか良い雰囲気です。
KIMG2290
KIMG2293

KIMG2294
KIMG2297

ダムA
1591535127710
KIMG2300
蛍が生息する湿地帯
KIMG2302
水音が聞こえる井戸のフォリー
KIMG2304
七つ洞公園の最上流です。

那珂市の「木内酒造合資会社」に寄ってみました。
筑西市の「来福酒造㈱」とともに我が家のお気に入りの茨城県の造り酒屋です。
創業200年、歴史を感じさせる建屋です。
KIMG2318
KIMG2311
ウイスキーの原酒の転用の消毒用エタノール代替品のNEW POT 70、思わず嘗めたくなるような良い香りがします
KIMG2312
試飲コーナー
KIMG2317
KIMG2315
蕎麦屋もあります(本日は休業)。
KIMG2316
香り、旨味、甘酸のバランスのとれた微炭酸の「純米吟醸にごり酒 春一輪」を購入しました。
工場見学や利き酒もあるので、一度ゆっくりと訪れてみたいですね。

道の駅ひたちおおた
KIMG2332
皐月展を開催していました。
KIMG2322
見事な皐月の盆栽の数々、源平咲きが多いのですね。
KIMG2323
KIMG2325
お見事、です。
KIMG2326
KIMG2327
KIMG2328
KIMG2329

本日の温泉入浴で、常陸大宮市の「三太の湯」(700円のところ16時以降入館で500円)へ。
結構な山奥、狭路で離合が難しいところがあります。
KIMG2333
なかなか立派な温泉施設です。
KIMG2334
KIMG2339
KIMG2335
検温、連絡先(住所・電話番号)を記帳して入館。
KIMG2336
KIMG2337
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)、沸かし湯の循環の湯使いですが、浴室、浴槽は広々として、また露天風呂は新緑が鮮やかな森の中にあるような造りで、気持ちが良いです。
施設名の由来の三太、この地に伝わる巨人伝説のようです。
KIMG2340
KIMG2341

本日のP泊地は、道の駅常陸大宮~かわプラザ~です。

KIMG2342
本日購入の農産物、軟白葱、玉葱、とんがりキャベツ、空豆、長茄子、山椒の実、青梅。
青梅が主目的だったのですが、未だ早いのと今年は不作であまり数が出ていなくて、また値段も1kgで650円と少し高めでした。
KIMG2343
今日の夕食は、豚肩ロースの豚テキ、豆もやしのナムル、茄子と胡瓜の即席漬け、冷奴、ミズタコと胡瓜の酢の物に木内酒造の春一輪。
何時もはあっという間に食べてしまうのですが、今日はお酒を頂きながらゆっくりと楽しみました。
KIMG2345
ご馳走様でした。
KIMG2346
夜間駐車は約30台、キャンピングカーは我が家以外は2台で、何れも茨城県ナンバー(水戸と土浦)でした。
KIMG2347

紫水ファーム(12:45)⇒自宅(13:10)

曇りの朝。
KIMG2173

石窯ピッツア、焼きバケット、牛筋大根、サラダ等々でブランチです。
KIMG2174

メダカ池、色々な種類のメダカが泳いでいて、見ていて飽きることがありません。
皆さんメダカを飼われています。
KIMG2177

外出自粛で相方との会話くらいの毎日が続いていましたが、久々のオフ会を楽しみました。
ハラさん、皆さん、有難うございました。

自宅(10:30)⇒紫水ファーム(11:00)

3月24日と25日に紫水ファームでミニオフ会をしているので、2ヶ月後に連続の紫水ファームとなりました。
今回は相方は用事があって、私独りの参加です。
KIMG2151

ハラさんからある食材の料理の依頼を受けて、その下拵え(?)で少し早く伺いました。
ある食材というのは、ツキノワグマ熊の左手です。
熊の掌の煮込みは中華料理の満願全席の一品として有名ですが、熊の種類は判りません。
(調理過程はハラさんの写真を拝借)
この手は、ハラさんのキャンピングカー仲間で秋田在住の方から頂いたもので、元々は知り合いのハンターの方から譲り受けたそうです。
FB_IMG_1591194204514
FB_IMG_1591194181974
さて料理法は、
①冷凍保存されていた熊の手を解凍した後、熱めのお湯に浸けて、毛を抜きやすくする。
KIMG2147
②プライヤーで毛を引き抜く(とても疲れる
FB_IMG_1591194215112
ビールを飲みながら気長に。
③抜き切れなかった毛はバーナーで焼きます。
FB_IMG_1591194256955
見事な爪です。
クリックすると元のサイズで表示します
④10分程下茹でします。
KIMG2150
茹で上り、なかなか凄い眺めです
少し獣臭もします。
クリックすると元のサイズで表示します
⑤手のひら側の皮を剥くと綺麗な皮膚が現れるんですが、これまた・・・・・。
KIMG2154
⑥圧力鍋に水と熊の手を入れ、15分間を6回繰り返して炊きます。
⑦煮汁毎小鍋に移して、醤油と砂糖と中華出汁を加えて2時間くらいコトコトと煮込んで出来上がりです。
KIMG2168
KIMG2169
KIMG2170
出来上がったのは日も暮れた頃、作り始めてから7時間近く経ちました。
ハラさんと食べてみました。
フルフルとした食感、獣臭も無く、特別な味も無く、加えた調味料と中華出汁が良く浸み込んでいて、美味しい!!!というものではありませんが、普通に食べれます。
近い食べ物と言えば、良く煮込んだ牛筋と豚足を足して二で割ったような感じです。
もともと味の無い素材を丁寧に下拵えして出汁をよく含ませ、その出汁の旨味と食感を楽しむ、例えば鱶鰭のような、高級中華料理によくあるタイプですね。

さて話は戻って、午後からは何時もの持ち寄り食材の宴会。
沢山の料理があったのですが、何時ものように殆ど撮り忘れです(このフレーズも何回使ったことか?)。
ディップ各種とフランスパンのガーリックラスク
KIMG2152
つぶ貝の塩煮
KIMG2155
定番のハラさんの燻製
KIMG2156

紫水ファームの近くの公園まで散歩
KIMG2157
KIMG2160

夜になって、気温が下がってきました。
野外暖炉に火を入れて、ゆっくりお酒を頂き、焚き火を楽しみました。
KIMG2172

紫水ファーム(10:15)⇒福岡堰(10:45)⇒自宅(13:30)

紫水ファームの朝、今日も良い天気です。
大型のハイマーが1台とカムロードベースのキャブコンが3台、ファームの右の通路に小型のキャブコン1台と今回は満杯でした。
KIMG1027

朝食はハラさん特製の燻製初め、Oさんの麻婆豆腐、Nさんのパン、等々、しっかりと頂きました。
KIMG1031

Sさんの可愛いワンコ、新車(バンテックのコルドランディ)の指定席で寛いでいます。
KIMG1032

ファームの前の畑に咲いていた可愛い水仙、Google Lensで調べても判りませんでした。
KIMG1034

10時過ぎに解散となりました。
ハラさん、何時も快適な紫水ファームで暖かいおもてなし、有難うございました。
皆さん、楽しい一時を有難うございました。

帰り掛けに少し遠回りして、福岡堰の用水路の水位と櫻の咲き具合を偵察してきました。
ウィークデイでしたが、エントリーポイントに近い駐車場は満杯の盛況です。
3月5日に訪れた時よりも水位が上がっていますが、未だ満水時に比較すると2m程度低いですね。
駐車場の係の人に聞くと、昨日堰を止めたばかりとのことで、満水になるまでには、今週一杯は掛かりそうです。
KIMG1035
KIMG1036
KIMG1037
七分咲き、ですが木によって咲き方に大きく差があります。
最近耳にする、まだら咲きでしょうか?
①暖冬で休眠打破がしっかり行われなかった、②咲き始めてから寒くなること(寒の戻り)があった、が原因のようです。
まだら咲きは近年よく指摘されていますが、今年もその傾向が認められるようです。
昔に比べると何となく櫻林の美しさが減ったような気がしますが、多分このせいなんでしょうね。
KIMG1038
3月5日の福岡堰です。
KIMG0690

自宅(10:15)⇒紫水ファーム(10:35)

ハラさんの紫水ファームでミニオフ会があり、参加しました。
我が家は2番手で、あとキャンピングカーが3台来ます。
シンボルツリーのミモザ、花が終わって予定通り刈り込んだそうです。
KIMG1020

紫水ファーム、バックヤードの大型調理道具エリア、床に頑丈な簀の子が敷かれ、収納棚等も据え付けられて、一段と機能的になっています。
一つ前の写真に表のウッドデッキの西側にオーニングが取り付けられていますが、これも最近の設置です。
紫水ファーム、進化が止まりませんね。
KIMG1015
大谷石の石窯、今日は久々にピッツアを焼く予定です。
KIMG1016
大型燻製器
KIMG1017
これまた超大型調理用鉄板
KIMG1018

14時頃には今回のメンバー、東京のOさんご夫妻、千葉のSさん、横須賀のNさん、千葉のMさん、ハラさん、我が家、総勢8名が集合して、食事&宴会のスタートです。
何時ものように、料理の写真のとり忘れ多数、です
最初にピッツアを焼きます。
ピッツアマルゲリータ
1585368451381
ゴルゴンゾーラと蜂蜜のピッツア
1585368448396
しらすと木の芽のピッツア
1585368444623
これ以外に菜の花のピッツアと全部で4種各2枚を焼きました。
生地の出来は良いのですが、石窯の加熱が足りなかったのか、ふっくらと焼き上がりません。
途中に追い焚きもしたのですが、その効果も余りありませんでした。
一番最初は本当にうまく出来たのに、最近はなかなか思うように焼けません、なかなか難しいですね。

菜の花のサラダ
1585368441453
COSTCOのシーザーサラダ
1585368433791
槍烏賊と色々なリーフのサラダ、冷凍保存の槍烏賊を茹でて。
1585368436588

槍烏賊の筒焼き、これまた冷凍保存の槍烏賊を筒のまま炭火で焼いて。
1585368409173

Sさんの持参の猪のロース肉を低温調理してみました(63℃、90分)。
更にバーナーで表面を炙ってます。
1585368412793
1585368418744
赤身の肉の部分は鴨のような食感で、仄かな豚の香りと爽やかな旨味があります。
脂は甘くてしつこさが全くありません。
これは美味しいですね。
1585368429335

Nさんの特製のBBQ、バックリブをあばら骨に対して直角にカットした珍しい肉です。
3時間ぐらいかけて脂を落としながらじっくり焼いていて、とても美味しいです。
如何にも男のキャンプ料理、といった感じですね。
1585368426255

少し陽が傾いてきて、気温も下がってきたので、野外暖炉に火を点けました。
KIMG1022
KIMG1024
大きな袋六つ分の丸太や廃材を燃やして、何時ものように、お酒と摘みを頂きながら、楽しく過ごしました。
KIMG1026

神川町ゆ~ゆ~ランド自由広場(13:00)⇒自宅(17:00)

今日も素晴らしい天気です。
KIMG0581
KIMG0582

以前にはなかった看板が掲げられていました。
こんなことにならないと良いのですが。
KIMG0583

ゆ~ゆ~ランドを一周してみました。
KIMG0584
なかなか立派な染井吉野の並木
KIMG0585
広い芝生広場、遊具もあります。
KIMG0586
夏はじゃぶじゃぶ池になるのでしょうか。
KIMG0587
河津桜が咲き始めていました。
KIMG0590
KIMG0589
神流川の河原に降りてみました。
KIMG0594
遠くに真っ白な浅間山が覗いています。
KIMG0595

プレアデス号のロールシェードが、大分前から冬場に硬くなって動かなくなる現象が続いていました。
Kさんに相談したところ、メンテナンス方法(分解して潤滑油を塗布する)を教えて貰いました。
KIMG0596
ビスを緩めてシェード毎外して、巻取り部分に潤滑油を塗布。
KIMG0597
元に戻して、メンテナンス終了です。
KIMG0598
思ったより簡単で、此れなら私でも何とかできますね。
それにしても、今年の秋の北海道でのサブバッテリー交換、過去にはテレビやPC用の省エネ小型インバーターやプレアデス号のライト消し忘れ警報取り付け等々、本当に色々とお世話になっています。
何時ものことですが、有難うございます。

昼過ぎに皆さんとお別れして、帰途につきました。

今回の走行軌跡です。
1582944892141

久々の冬キャンを楽しみました。
今回はKさんのテントにご厄介になりましたが、我が家も冬キャン用の装備(オアシススクリーンタープとアラジン石油ストーブ)があるので、次回はそれを持って来て工夫してジョイントするのも良いですね。

終日、神川町ゆ~ゆ~ランド自由広場に滞在。

雲一つない冬晴れ(春晴れ?)です。
KIMG0563
昨晩のキャンプ場宿泊は、テント7張りでした。
KIMG0564
屋根付きの水場
KIMG0565
普通に綺麗なトイレ
KIMG0566
17:00から翌日の08:30まで施錠される入り口です。
このキャンプ場は、①夜間の入り口の施錠、②直火の焚き火の禁止、③野生動物の餌付けの禁止、が禁止事項或いは制限で、後は「他のお客さんに迷惑をかけないこと」というくらいで、自由広場という名称通り、とてもおおらかですね。
KIMG0567

家庭用の石油ストーブ(手前)とオムニストーブでテント内はぽかぽかです。
KIMG0569

Fさんのワンコ達
KIMG0571

お昼は、和牛のお好み焼き。
豚バラの代わりに牛肉、贅沢ですね。
KIMG0576

夕方になりました。
KIMG0577
KIMG0578
皆で記念撮影
1582792132171

今日の夕食も沢山あったのですが、写真はこれだけ、です
KMさんが持ってこられた愛知県の希少和牛の蓬莱牛の焼き肉。
KIMG0579
程好いさしが入り、柔らかく溶けるような食感ですが、全くくどくありません。
本当に美味しい、滅多に食べられない極上の牛肉を堪能しました。
KIMG0580
ご馳走様でした。

食べて、飲んで、話をして、動くのは散歩するくらい、そんな一日ですが、楽しいです。

自宅(07:30)⇒伊勢崎市(11:15)⇒神川ゆ~ゆ~ランド自由広場(13:15)

毎年、北海道でご一緒するオルビス乗りの横須賀在住のFさんからお誘いがあり、急遽、神川ゆ~ゆ~ランド自由広場(通称、かんなの湯の裏のキャンプ場)へ行くことになりました。
2016年12月12日~16日の5日間、同じメンバーで冬キャンミニオフ会をして、それ以来ですね。

少し遠回りして、伊勢崎市経由で行くことにしましたが、その目的はこの店でお昼を食べるためです。
群馬名物もつ煮の名店「日の出食堂」です。
2017年10月4日に初めて訪れて以来、今日で6回目です。
栃木県の「餃子の正嗣」と同じくらい、リピートしています。
今まで食べたもつ煮で不動のNo.1です。
11時ちょっと過ぎですが、駐車場は満杯です。
KIMG0541
KIMG0540
もつ煮定食(730円)ともつ煮単品中(470円)、合計1,200円、1人当たり600円です。
もつ煮は潔くもつのみで(薬味の刻み葱が掛かっているだけ)、旨味の強いふるふるの食感のもつはボリュームもたっぷり、です。
大きな丼のご飯は硬めでもつ煮に良く合い、漬物や小さな奴豆腐は良い箸休めになります。
KIMG0534
ピリ辛の汁にもつがぎっしりと隠れています。
KIMG0535
KIMG0537
大分食べた後でもこの量です。
KIMG0538
今日も美味しく頂きました。
ご馳走様、此れからも、何度も、訪れるでしょう。

神川町に行く途中にこんもりとした櫻の花盛りの丘が見えて寄りました。
KIMG0542
河津桜、なかなか良い感じです。
KIMG0543
植えて、10年から15年くらいでしょうか。
若いですが、立派な花付きです。
KIMG0544
KIMG0545
KIMG0546
KIMG0551
丘の天辺に、一番大きな櫻がありました。
KIMG0548
KIMG0549
KIMG0547
今年、最初の櫻の花見をしました。

神川ゆ~ゆ~ランドの自由広場に到着。
川崎市のKさん、横須賀市のFさん、柏市のMさん、愛知県のKMさんと我が家で計6名のミニオフ会です。
KIMG0557
KIMG0558
大き目のワンポールテントで、家庭用ストーブとオムニストーブを真ん中に置いて、6人が座れる広さがあります。
KIMG0560

本日の温泉入浴は、歩いて数分の「かんなの湯」(830円のところJAF割で730円)、循環の湯使いですが、大きくて湯舟も沢山あって、のんびりと温まれます。
KIMG0561

テントの中は2つのストーブでぽかぽかです。
夕食、沢山の料理がありましたが、何時ものように撮り忘れです。
冬キャン定番のおでん。
1582716976989
Fさんの庭の蕗の薹の天婦羅。
1582716984496
このメンバーで集まるのは久々、お酒もたっぷり頂いて、楽しく過ごしました。

自宅(12:15)⇒紫水ファーム(12:40)

今日の午後から、東北冬の旅と称して、各地の雪祭り、スノーシューハイクや公魚氷上穴釣り等のアクティビティを楽しむ、旅に出ます。
奈良県在住のTさんご夫妻もスキー行がてらにご一緒する予定です。

午前中は出発の準備をして、中村酒店で旅のお供の銘酒を求めたり、ブランチ代わりにクーロンヌ取手店のパンを頂いたりと過ごしました。
KIMG9614
KIMG9613

紫水ファームでハラさん、Tさんご夫妻、我が家で、今年初めてのミニオフ会。
ハラさんも土曜日あたりから東北へ旅に出る予定とのことです。
KIMG9641
今日の銘酒、ハラさん推奨の微炭酸の濁りの醗酵酒、Tさんのスパークリングワイン、持参の中村酒店で求めた日本酒。
KIMG9626
持ち寄り食材で料理を作りながら、宴会に突入。
前夜祭ならぬ前昼祭ですね。
1581067226306
甘み控え目の発泡濁り酒、一升があっと謂う間に無くなる危ない幕開け。
KIMG9627

さすが本場仕込みのタコ焼きです。
1581054256749
綺麗な焼き上がり、かりっふわっ、とても美味しい。
KIMG9623
ハラさん特製の燻製の数々、下から時計回りに、イベリコ豚の肩ロース、豚舌、豚ロース、鶏皮、鶏笹身。
塩糀に1週間程浸けて、60~80℃、4〜5時間の燻製とのこと。
塩糀に浸けると旨味や風味が増して、また食感もしっとり柔らかく美味しいですね。
私は単純に塩胡椒で浸けるのですが、今度塩糀を試してみましょう。
KIMG9615
ハラさんの十八番の牛筋大根、寒い冬には最高です。
KIMG9630
ハラさんが生鮭から燻製して干し上げたスモークサーモン。
KIMG9632
美しい飴色の仕上がり、これは美味しい。
KIMG9633
もう一つ、新巻き鮭の追い干し(?)
KIMG9634
スーパーで廉価の新巻鮭を求めて、そのまま1カ月以上干し上げただけ、だそうです。
KIMG9635
新潟県村上の塩引き鮭を強く干したような感じで、外側はカチカチですが身は柔らかく、薄く削いで酒の肴にするととても良く合います。
これも今年の暮れに新巻き鮭が出回ったら、試してみましょう。
KIMG9636

ハラさんの巨大な蒸籠をお借りして、豚饅と餡饅作り。
KIMG9620
発酵が不足だったせいか、ふっくら感が足りないのですが、先ず美味しくできました。
もう一回チャレンジですね。
上手くできたらレシピを詳述します。
1581054244735

夕方になって陽が翳ると、流石に火が恋しくなります。
野外暖炉(私の勝手な命名)、焚き火感覚が得られて、火の粉が飛ばず、完全に灰まで燃え切る優れものです。
KIMG9643
KIMG9644

この後はログハウスに宴会会場を移して、車旅やキャンピングカーの話、お互いや知人の近況、等々、尽きせぬ話を楽しみました。
ところで、紫水ファームの着工、竣工、数々のミニオフ会の様子を纏めたスライドショーを鑑賞したのですが、着工から未だ丸2年なのですね、もっと長い時間が経ったような気がします。
大型構造物は完成していますが、現在も改良が加えられて、見るだけでも楽しいです。
さてさて、少しお酒が過ぎたようです(ごく控え目な表現)、皆様ご迷惑をお掛けしました。

このページのトップヘ