烟霞淡泊

カテゴリ:釣り > 槍烏賊

鹿島漁港(13:00)⇒自宅(15:15)

何故鹿島漁港に来たかですが、出発前辺りから鹿島灘の浅場に槍烏賊が固まって、100杯以上と爆乗りし始めたとの情報で、プレアデス号に釣り道具を積んで、様子をみていましたが、未だ釣れているということで、参戦です。
キャンピングカーの旅で初めての沖釣り、楽しみです。

べた凪を1時間ほど走って鹿島灘沖20kmの水深50mの浅場で実釣開始。
DSC_8812
DSC_8813
DSC_8811

1投目は着底と同時に乗りがあって、中から大の槍烏賊4杯。
今日はいけるかと思ったのですが、2、3投目は2杯、4投目は1杯・・・・と乗りが遠くなってトホホ。
5投の釣果です。
DSC_8814
その後は本当にポツンで、鹿島灘クルージングの一日になってしまいました。
当日最大の胴長45cmのパラソル級。
DSC_8815
12:30に帰港して、船宿のカレーライスの昼食を頂きました。
給食に出るようなカレーなのですが、これが美味しくて楽しみです。
DSC_8816
キャンピングカーがもう一台、バンテックのコルドバンクスですね。
DSC_8817

ゆっくり走って帰宅しました。
走行距離:440km、燃費:9.2km、スタッドレスのままでしたが思いの外燃費が良かったです。

本日の夕食の槍烏賊の刺身&しゃぶしゃぶ、筒を割って、皮を剥いで、薄く削ぎ切りにして、出来上がり。
DSC_8820
それに、マーボ豆腐と道の駅いたこで買ったレンコンメンチ。
槍烏賊は刺身だとお腹に溜まるような感じがあり余り食べれないのですが、しゃぶしゃぶにすると柔らかい食感と上品な旨味で沢山食べれます。
DSC_8821
ご馳走様でした。

こうざき酒蔵まつり、いすみ鉄道と小湊鉄道のローカル線の櫻と菜の花を巡り、なかなか面白い旅でした。
さて、次は何処に行きましょうかね。


早くも鹿島沖に槍烏賊が回ってきたとの情報で、第3幸栄丸に釣行。
2時起き、2時半出発、4時着、5時出船、6時半釣り場到着。
相当冷え込みましたが、風が殆どないので然程辛くは無いです。
[画像:d776af76-s.jpg]
道具は、ヤリイカ専用竿とシーボーグ300、道糸はべガラス3号400m、ヤリイカ用ヨリ取り、タマゴ針5本+ウキスッテ1本、幹糸7号(幹間140cm)、ハリス4号(8cm)
[画像:6f1521f4-s.jpg]
水深130m~180m、一投目から乗って2杯。
竿を伸すような烏賊とは思えない強い引きで、胴長40cmオーバーの大型と30cmの中型。
潮も素直で、鯖の邪魔も無く、今日は大漁かと思ったら、鮫の横取りが始まりました。
多点掛けして巻き上げが遅くなると50mから上で、ブチン、ブチン・・・と鮫に横取りされて、仕掛けも錘も無くなります。
4回やられてしまいました・・・トホホ。
[画像:a251d553-s.jpg]
朝の1時間がゴールデンタイムで、以降はぽつんぽつんと拾い釣りになってしまいました。
[画像:e78c6fa8-s.jpg]
それでも、12時半の沖上がりまで、19匹(大型:9、中型:8、小型:2)となりました。
50杯ほど釣って、たっぷり冷凍保存しようという目論見は見事に外れましたが、今日明日のおかず分とご近所のお裾分け分ぐらいは何とかなりました。
[画像:9ea5c60a-s.jpg]

港に戻って、船宿のお昼のカレーを頂きます。
バーモントカレー(多分?)で普段は先ず食べることが無いカレーですが冷えた体に沁みます
[画像:1747593a-s.jpg]
第三幸栄丸のサービスの烏賊パック(1杯)、海水と酸素のパックで烏賊を活かして持ち帰ることができます。
正直に言えばこれがあるのでこの船宿に通っているようなものです。
[画像:1fdfcf62-s.jpg]
[画像:27260732-s.jpg]

帰宅して夕食の準備。
本日のレギュラーサイズ、胴長40cm、良い型です。
[画像:941ce52d-s.jpg]
烏賊パックの活け烏賊、大部小振りが当たってしまいました
[画像:8c89f8ea-s.jpg]
活け槍烏賊を素早く捌きますが、プロのようにはいきませんね。
[画像:98ad5eaf-s.jpg]
[画像:623a8ae9-s.jpg]
[画像:8348b3ae-s.jpg]
まあ、姿造りというよりバラバラ死体、まあこんなもです。
[画像:a9596c13-s.jpg]

本日の夕食、活け槍烏賊の姿(?)造り、槍烏賊のシャブシャブ。
シャブシャブは胴の身とエンペラを薄く削ぎ、しっかり目に湯がくと、幾らでも食べられますね。
[画像:d3dbab03-s.jpg]
活け烏賊特有のパリパリの食感、美味しいというしかないです。
[画像:794612de-s.jpg]
槍烏賊の筒焼き、とても贅沢、しっかり焼くと強い甘味がでます。
[画像:de6208c3-s.jpg]
久々に槍烏賊を堪能しました。
ご馳走様でした。

今週の土曜日は福岡堰のお花見カヤックで、その後は「いつもの河原」で焚き火会を予定しています。
懲りもせず魚調達釣行で、旬の槍烏賊へ鹿嶋港の第3幸栄丸に。

出船準備
image

走ります。
image

まだ走ります。
image

まだまだ走って、遠く銚子遥か彼方、2時半。

実釣開始
image

天気晴朗、良い凪ぎ、なれど槍烏賊のご機嫌頗る悪し。

ポチン
image

ポチン
image

ポチンポチン・・・と
image


小~中型の槍烏賊9杯とムギイカ(小型のするめ烏賊)2杯という貧果。
何とか今晩のおかずと焚き火会用分になりました。

船宿のサービスの生かし袋(海水と酸素)の一杯と小槍2杯とムギイカ1杯で夕食の準備。
残りの烏賊は焚き火会用に冷凍へ。

生かし袋の槍烏賊を捌きます。
image

image


本日の夕食、活け槍烏賊の刺身、槍烏賊とマッシュルームのアヒージョ、槍烏賊のぬた、ムギイカソーメンと刺身の肝醤油添え、他。
image

活け槍烏賊の下ろし立ては透明でパリパリとした食感で、別格の美味しさです。
この生かし袋(1杯分)のサービスで、第3幸栄丸に通ってしまいます。
ご馳走様でした。


2月27日(土)の焚き火会用に魚を調達に、勝浦の釣丸へ。
釣物は、始めにフラシャーサビキで真鯖でお土産を捕って、その後槍烏賊へのリレーです。
04:30頃、勝浦に到着後。
予報では、小雪がちらつくとことでしたが、殆ど吹雪。
気温が余りに低くないので、道路に積もるようなことはありませんでした。

お客さんは私、一人。
一人というのは釣歴でも、1、2回ですね。
う~ん、嫌な予感。
秘密兵器の赤いアノラックと赤いトランクスは身に付けていますが…()。

05:15、出船。
image

予報と異なり、大荒れの海。
急激に気温が低下したせいか、靄(もや)が立っています。
余り見たことがありません。
兎に角、寒い。
image

1時間の行程の水深50~130mの真鯖は良く当たり、8本のサビキに全部付きますが、30cm以下の小鯖ばかりで、大鯖はー投に1本程度と効率が良くありません。
それでも少しずつ貯まり、まずまずの釣果。
image

槍烏賊は水深180m前後と深場。
乗りは悪く、小槍5本にスルメ烏賊8本、という貧果。
image

余りに寒く、10:00頃早上がり。
操船の合間に竿を出した船長の釣果も頂き、格好がつきました。
有り難うございました。

勝浦釣行の定番の大原の「点心」でお昼。

オーソドックスなラーメン(450円)、熱々で冷え切った体に、とっても美味しい。
パリっと焼きあがった餃子(300円)、ラーメンと良く合います。
image

ご馳走様でした。

帰り道の白子温泉の河津桜並木。
image


43Cmの大真鯖
image


本日の夕食、真鯖と槍烏賊スルメ烏賊の刺身、真鯖のりゅうきゅう、スルメ烏賊ソーメン、烏賊の小鍋仕立て。
美味しい、満足満足。
image

ご馳走様でした。

本日は知人が来宅で、生きた槍烏賊を捕りに鹿島港の「第3幸栄丸」へ。

出船前
image

釣り場まで何と2時間強、遠い…。
image


物凄い早潮、深くて170m、上から下まで胡麻鯖だらけ。
入れる度にお祭り、道糸をスクリューに絡ませて高切れ…、釣りになりません。
それでも一杯確保。
疲れました。

酸素パックにして貰い生かして持ち帰り。

生き槍烏賊の姿造りと3月にストックした冷凍物のしゃぶしゃぶ、炊き込みご飯等で食事(写真なし)。
まぁ何とかなりました。

お花見カヤック調達の飯岡に続いての貧果、釣運尽きたか !?

自宅(02:15)⇒勝浦(04:45)⇒出港(05:15)⇒寄港(12:00)⇒帰宅(17:15)

未だ暗い中出船。
image


フラシャーサビキで真鯖から。
水深150m前後。
始めは胡麻鯖に捕まりましたが、そのうち中型~大型(40cm)の真鯖が揚がるようになりました。
すぐさま首を折って締めます。
胡麻鯖と小さい真鯖はリリースして15本キープ。
image


槍烏賊開始。
水深170m。
よく乗りますが、バラシもあって数が伸びません。
また追乗りを待っていると、ガツンガツンと衝撃があって、上げると足だけ、というのが度々。
鮫?、大きな底物?、青物?…。
それでもぽつぽつ揚がり、31杯。
トップは76杯だったそうです。
image


11時10分に沖あがり。
image

勝浦漁港へ。
image


久々の釣行、少々風が強かったですが、天気よく、魚達の機嫌も良く、楽しめました。

帰りの大原の手前の「天心」でお昼を。
image

船上では殆ど食べなかったので、お腹が空きました。
ラーメン(450円)、熱々でさっぱりと、ほっとする美味しさ。
image

餃子(300円)、パリッと焼き上がっていて、これも美味しい。
image

ご馳走でした。

昨日は3時間半しか寝ていないので、途中で1時間半程昼寝して17時過ぎに帰宅。

本日の夕食、鯖と槍烏賊の刺身としゃぶしゃぶ、槍烏賊のアヒージョ、槍烏賊の湯引きのアオサ和え、鯖の白子と真子、他。
image

刺身は薄く造って、しゃぶしゃぶにしてみましたが、槍烏賊のエンペラとゲソは美味しい、胴はまずまず、鯖は熱を加えると酸味が増してダメでした。
鯖の刺身は脂が乗っていて、歯応え良くとても美味しいです。
鯖は薄く造って、アニサキスがいないことを見ています(見たつもりかな)。
外房の深場の鯖はあまりあたらないといいますが…。
ご馳走でした。

鯖は味噌煮用に1本残して、あとはしめ鯖(3本、1本分を冷凍)、干物(5本、3本を冷凍)。
槍烏賊は近所にお裾分けして10杯を冷凍。

次回は平潟の深湯五目か片貝のアコウか、で思案中。

槍烏賊も終盤戦となり、鹿島の第三幸栄丸へ釣行。
生憎の雨と南風、此処のところトップで10~20杯と低調のようです。
厳しそうですね。
どうなることやら。
05:00出船準備。
image

鹿島の真沖
image

予想通り、槍烏賊の機嫌悪く激シブ。
3時間で3杯。
image

冷凍保存1年分、ご近所にお裾分け、が目論見だったのですが。
南風が吹き出して早上がり、こんなこともありますね。
結局5杯でした。
潮?、槍烏賊の機嫌?が直ったら、再挑戦です。
鹿島から取手に帰る途中、利根川左岸(海に向って)にあるカフエに寄ってみることに。
2~3年前に開業したようで、釣りの帰りにちらっと見て気になっていました。
うちカフェ うい庵」です。
image

玄関から上がり
image

カフェスペースその1
image

カフェスペースその2
image

縁側の廊下、最近修理したようです。
image

メニュー
image

辛口カレーうどんを珈琲のセットで。
image

熱々で、結構辛くて、体が暖まりました。
食後の珈琲も美味しく、ご馳走様でした。
ご主人に少し話を伺うと、3年前に都内から移り住んで、少し改修して開業、基礎は築100年以上、数10年前に茅葺き⇒瓦葺き、土間・囲炉裏⇒上がりにしているらしい、とのこと。
羨ましいですね。
実はリタイヤ後の夢は①キャンピングカーでの旅暮らし、②古民家を購入して田舎暮らし、でした。
結局①を選択したのですが・・・。



休暇を取って槍烏賊釣りへ。
朝一番でフラツシャーサビキで鯖・鯵を数投するのですですが、この時期の大型の真鯖は大変美味しく、どちらかというとこれが狙いです。
04:45出船前
image

勝浦から行程1時間程のところ(何処辺りの沖合か判りません)。
天気は良いのですが寒いです。
image

残念ながら鯖は不発でした。
槍烏賊はポツポツで、始めは大型だったのですが、後半は小型ばかリとなりました。
28杯で食べて残りを冷凍保存するには充分です。
image

12:15勝浦寄港
勝浦は雛祭りの最中でした。
街中の至る所で雛人形が飾られています。
image

お昼は大原手前の中華料理の「天心」。
最近出来たようです。
駐車場に車が多く止まっていたのと佇まいに惹かれました。
image

メニュー
image

安いですね。
醤油ラーメンの大盛(550円)を注文。
image

さっぱりとしたスープですが表面に脂が薄く覆っていて、そのせいか上顎を火傷するほど熱々でした。
スープが熱いのに麺は最後まで伸びることなく美味しく頂けました。
ボリューム満点でこの値段、お客さんが多いのは当然ですね。
帰途の木下辺りで、此処も雛祭りのイベントです。
image

本日は槍烏賊のタ食。
槍烏賊の刺身とゴマ鯖の〆鯖、丹波シメジとげその土瓶蒸、げそ他のつまみ4品(大蒜オリーブオイル和え、豆板醤和え、岩海苔和え、子持ち槍烏賊丸煮)、クリームチーズの味噌漬、烏賊飯。
御馳走様でした。
image



このページのトップヘ