道の駅しもつけ(04:00)⇒曾原湖(07:50)⇒喜多方(13:45~16:00)⇒三丿倉(16:30~19:15)
⇒喜多方(19:30)
下道で裏磐梯へ。
国道4号線を快調に走って、白河で国道274号線、県道で猪苗代湖に。
image

朝靄がかかっていましたが、晴れて磐梯山が。
image

曾原湖で体験カヌー(9時集合)を予約していますが、まだ時間があるので五色沼に寄ることに。
毘沙門沼、絵に描いたようなエメラルドグリーンです。
image

水辺におりたら、
image

鯉が寄って来ました。
image

曾原湖の「もくもく自然塾」でカナディアンカヌー体験(午前のコース、2名1挺で、5,400円/1挺)を。
image

昨年の秋以来のカヌーです。
参加者は私達2人だけで、インストラクター(もくもく自然塾主宰の清水秀俊さん)から簡単な説明を受けて、曾原湖を時計回りに1周します。
清水さんははカヤックに乗って、先導、また色々と話をしてくれます。
裏磐梯、曾原湖のこと、その他諸々、話上手で、とても面白い。
image

緑が眩しい。
image

湖畔の別荘
image

休憩のために着岸。
image

休憩。
image

休憩役は岸寄りにカヌーを進めて、曾原湖の一番奥(北)に向います。
image

時折風が吹いて漣が立ち、全く無風の鏡状態まではいきませんが、とても気持ちよく漕げます。
image

岸部のシロヤナギ等の新芽の淡い黄緑がとても綺麗です。
image

撮って貰った写真その1
image

撮って貰った写真その2
image

曾原湖1周、約2時間、澄んだ水、、新緑、磐梯山、とてもゆったりと曾原湖のカヌーを楽しみました。
ペンションもくもくに戻ってお茶をご馳走になり、山菜(山独活、こしあぶら、こごみ、ノビル)も頂きました。
こしあぶらは一度食べてみたいと思っていたところで、またこしあぶらの見分け方も教わりました。
清水さん、とても楽しく過ごし、また大変お世話になり、有り難うごさいました。
さて、早朝に小さなおにぎり2個で、お腹が空きました。
山塩ラーメンの「SIO-YA」(福島県耶麻郡桧原)へ。
これも清水さんのお薦めの店です。
image

店内(桧原歴史博物館の一角)
image

塩ラーメン(650円)赤玉(750円)。
image

見た目の美しさに違わぬ美味しさ。
スープは複雑な旨味と適度な塩味と甘味を含み、麺は平打ちでもちっとした歯応え、チャーシューはバラ肉の長短で歯応えを残しつつ柔らかく、シナチクはぱりぱりとした食感。
唐辛子が主体の調味料の赤玉を崩しながら食べ進むと、辛味が加わり、味の変化が楽しい。
私は余りに塩ラーメンは好きではないですが、これは気に入りました。
ご馳走様でした。
喜多方に移動して、蔵並木を街中をボタリングします。
喜多方ポタリングその1
image

喜多方ポタリングその2
image

喜多方ポタリングその3
image

喜多方ポタリングその4
image

素敵なキャッチに思わず店内に。
竹籠(950円)を購入、喜多方在住の方の作だとのこと。
image

喜多方ポタリングその5
駄菓子屋さんで、胡桃入りゆべしを購入。
image

奥に囲炉裏付きの蔵。
image

喜多方ポタリングその6
素敵な商家
image

喜多方ポタリングその7
素敵な横丁
image

1時間半、5kmのポタリングでした。
本日の3つ目のイベント、喜多方の北部の三ノ倉スキー場菜の花畑へ。
三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その1
image

三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その2
image

三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その3
image

三丿倉スキー場菜の花畑・昼の部その4
image

スキー場で蕨取りをしたり、駐車場で頂いた山菜の下拵え、スーパーで購入した身欠きにしんと山独活の炊き合わせ等をして、夜の部、ライトアップへ。
三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その1
image

三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その2
image

三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その3
image

三丿倉スキー場菜の花畑・夜の部その4
image

昼と夜、また雰囲気が変ってよいですね。
楽しみました。
本日の夕食。
image

「身欠きにしんと山独活の炊き合わせ」と「馬刺」と会津の食べ物、「茹で物(アスパラ、かき菜、うるい、こごみ)」、ご馳走様でした。