烟霞淡泊

カテゴリ:カヤック > 佐原・潮来/千葉県・茨城県

佐原河川敷緑地球場駐車場のエントリーポイント(06:45)⇒横利根閘門・加藤洲十二橋⇒与田浦の上陸ポイント(11:45)⇒自宅(15:00)

殆ど無風の快晴の朝。
ワイルドカード号を組み立てて、回送用にプレアデス号を終点の与田浦の水生植物園の駐車場にデポして、「ハラさん」のオルビスに乗って戻って、出発です。
DSC_0360
白鳥もお見送り。
遠くから見ると可愛いのですが、近くに寄って来て、まじまじ見ると結構怖いです。
DSC_0361
本日のコース、16kmの長丁場です。
image

フジタのフォールディングカヤック3台、インフレータブルカヤック1台、シットインカヤック1台、シットオンカヤック1台の計6台で出艇。
DSC_0365
利根川本流を渡って横利根閘門に到着。
手前の水門はいつも通り開いていて、閘門は幸運なことに閉じられていました。
本日のメインイベントその1、「通過要求の紐を引っ張って閘門を開けて通過する」ができます。
DSC_0367
閘門」は水位の異なる水路を船舶が通過するための設備で、パナマ運河にあるものも基本的には同様な構造となっています。
横利根閘門(利根川側)」の構造、くの字型の4つの扉と閘室で構成されています。
DSC_0034 - コピー
閘門の通過要求の操作紐その1を引くと手前の扉が空きます。
サンダーバードのテーマが聞こえるような感じで、ちょっと感動します。
DSC_0368
DSC_0369
DSC_0370
手前の扉を通り、閘室に進入します。
右手にある横利根方面への通過要求の紐その2を引くと、先ず通ってきた扉が閉じます。
ところで通過(終了)要求の紐は閘門の前と閘室内と閘門の後の3箇所にあり、閘門の前後は1つですが、閘室内は進行方向に向って左右に1つ計2つあり、通常は右側の紐を引くようです(船舶は右側通行)。
因みに左側は横利根川⇒利根川に航行する際の通過要求の紐です。
前後は進行方向に拘わらず共通、閘室内は進行方向で2つ、ということなんでしょうね。
DSC_0371
DSC_0372
DSC_0373
次に横利根川と閘室の水位を同化しますが、水位に差が余り無いのか、よく判りませんでした。
同化すると今度は奥の扉が開いて横利根川へ進入することができます。
DSC_0374
DSC_0375
最後に通過要求の紐その3を引くと奥の閘門が閉まって、通過終了となります。
DSC_0378
20分ぐらいのスぺクタルでした。

さて、横利根川は単調な6kmですが、場所によっては川の両岸には釣り人(ヘラ釣り師やバサー)が沢山連なっていて、通過するのに結構気を使います。
8時を過ぎると北西の風(向かい風)が吹き始めましたが、微風で涼しくて有り難いくらいです。
それでも結構疲れてきまして、全行程の半分の横利根川出口(常陸利根川側)の手前で岸に上がって小休止。
image
DSC_0379

休憩後、横利根川の常陸利根川の閘門(全部開いていました)を抜けて広い常陸利根川へ。
DSC_0380
広い常陸利根川を行きます。
加藤洲閘門まで4km、湖のような広い水面です。
バスボート、ウェイクボードや水上スキーの曳き船、漁船、水上バイク等が結構走っていて、時折、比較的大きな波が寄せてきます。
DSC_0382
DSC_0383

加藤洲閘門に到着、常陸利根川から加藤洲の水路に入ります。
この閘門は上下に移動する扉で、2つの扉と閘室からなっていて、どちらかの扉が開いているようです。
少し前に観光船が加藤洲から常陸利根川に通過したので、常陸利根川の扉が開いているのでしょう。
image
開いている扉をくぐり抜けて、閘室に入り、加藤洲十二橋方面の通過要求の紐を引きます。
image
DSC_0387
後ろの開いていた扉が閉まります。
DSC_0388
閉まり切ると。今度は加藤洲と閘室の水位を同化させます。
水位が下がっていきますので、閘室(常陸利根川)の水位は加藤洲の水位に比較して高いということになりますね。
水位の同化が終了すると、前方(加藤洲側)の扉が開いて、加藤洲に進入します。
扉が開くとき「潮来花嫁さん」のメロディが流れて、いやがうえにも観光ムードが盛り上がります()。
DSC_0389
DSC_0390
DSC_0391

本日のメインイベントその2の加藤洲十二橋をゆっくりと進みます。
橋と狭い水路、如何にも水郷といった風情です。
DSC_0392
image
残念ながら、船に乗ったままお団子が買える「横田商店」は未だ営業をしていませんでした。
DSC_0394
image
黄菖蒲?
DSC_0397
アヤメですかね?
DSC_0398
此処からは与田浦に出て、上陸場所の水生植物園に向って左手の八筋川の流れ込みに辿り着き、少々足場が悪いのですが、水草が切れている岸から上陸しました。

無風から微風、カンカン照りでない晴天、最高気温が23℃、絶好のパドリング日和の中、16kmを休みを入れて5時間で漕ぎ切りました。
参加の皆さんの日頃の行いがとても良いのでしょうね。
それと菖蒲祭のシーズンの前で観光船が少なく、加藤洲閘門から十二橋までスムーズにパドリングが出来き、助かりました。

デポしたプレアデス号に6人が乗って出発点に行き、それぞれの車でまた戻って、各艇の後片付けと積み込みをして解散。
皆様、お疲れ様でした。
無事にパドリングが終了して、今回の企画担当として、ほっとしました。
また、何処かでご一緒しましょう。

自宅(05:00)⇒与田浦(06:00)⇒ 道の駅水の郷さわら(07:30)⇒横利根閘門(0840)⇒常陸利根川(10:15)⇒前川あやめ園(11:30)⇒加藤洲十二橋(1215)⇒与田浦(13:00)⇒車回収⇒ 道の駅発酵の里こうざき(14:30)⇒自宅(17:00)

水郷パドリングを計画しました。
道の駅水の郷さわらのカヌーポートのスタート⇒佐原の小野川(往復)⇒横利根閘門⇒常陸利根川⇒潮来前川(往復)⇒加藤洲十二橋閘門⇒与田浦のゴール。
およそですが19kmの長丁場です。
平日(休日は観光船で無理?)、曇り空、菖蒲の咲く時期という条件のピンポイントで本日となりました。
image


ゴールの与田浦にアルブレイズH号にデポして、スタ一ト地点の「道の駅水の郷さわら」で出艇準備。
image


パドリング開始、寄り道して、佐原の小野川その1。
image


小野川その2、菖蒲が咲いています。
image


利根川に戻り、本流を横切って、本日のメインイベントその1、横利根閘門を通ります。
横利根閘門」は国の重要文化財(近代化遺産)に登録された煉瓦造りの閘門で、航行者自身が通過要求(あるいは完了)の紐を引いて通過する方法が採られています。
閘門」は水位の異なる水路を航行するための設備で前後2つの閘門扉と2つの扉に囲まれた閘室からなります。
パドリングが終わって、アルブレイズH号で道の駅水の郷さわらに帰る途中、利根川本流の土手から横利根閘門を俯瞰した写真です。
image

①手前の扉の前の通過操作の紐を引く。
 扉が開く。
 (手前の黒い引き手がそれで、赤い引き手は緊急停止用)
 扉を通過して、閘室に入いる。
②閘室の右側の通過操作の紐を引く。
 手前の扉が閉まる。
 閘室の水位と奥の扉の外(横利根川)の水位を同化させる。
 奥の扉が開く。
 信号が赤⇒青へ変わる。
 奥の扉を通過する。
③出たところにある通過操作(完了)の紐を引く。
といった手順です。
記憶で書いているので少し違うかもしれませんが、注意書きの看板とスピーカーからの案内で、そう迷うことはないと思います。
航行者が自ら操作するというのが驚きで、ちょっと感動しました。

image


第1の紐
image


手前の第1の扉が開きます。
image


閘室に侵入。
image


第2の紐
image


手前の第1の扉が閉まり、その後、奥の第2の扉が開き、信号も青に変わり、通過します。
image


左上の写真に、左側にも通過操作の紐がありますが、これは反対方向用の通過操作用のようです。
閘門扉の外側の通過操作紐は1つで共用、閘室内は方向別で2つということですかね。

第3の紐、これを引いて、第2の扉が閉まり、通過完了です。
image


横利根川を常陸利根川方面に北上します。
結構長くて、変化なく、薄日も差して、少々辛いパドリング。
image


漸く横利根川の出口の閘門。
これは開いていました。
閉まっている時の操作は同じようです。
image


常陸利根川を潮来の前川(あやめ園)まで下りますが、途中で休憩。
お茶とお菓子で水分とエネルギーの補給。
此処で全行程の半分強です。
image


前川辺り。
image

image

観光船が行き来していて、早々に退散しました。

本日のメインイベントその2、加藤洲十二橋へ。
image


此処にも閘門がありますが、操作する方がいらっしゃいました。
観光船が行き交うので駐在しているようです。
操作して貰い、十二橋は川幅が狭いので気を付ける旨のアドバイスを頂きました。
image


閘室に入って第2の扉が開くのを待っていると、水位が相当下がるのが見えました。
常陸利根川に比較すると加藤洲の水位は低くなっているみたいです。
この閘門は小さいのですが、雰囲気が良く、とても面白いです。
image


加藤洲から閘門を振り返りました。
image


加藤洲十二橋
image

image

image

このコース定番の横田商店で草餅のお団子を買いました。
いや~、面白いです。
image

少し川幅が広くなったところでお団子を、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。
image

image


ゴールの与田浦に漸く辿り着きました。
5時間30分のパドリングでした。
image


相方がカヤック干しと解体を担当して、私はアルブレイズH号で道の駅水の郷さわらへ車を取りに行きます。
平な所を9Km程で楽でした。

お昼は今年の春に開業した「道の駅発酵の里こうざき」で。
image

錦爽鳥の塩麹漬け唐揚げ(950円)と神崎ラーメン醤油(750円)。
image

image

美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

ポタリング
本日走行距離:9.2km
累計走行距離:3,074km


《追記》
なかなか面白いパドリングでした。
加藤洲十二橋の閘門の係の方、十二橋から与田浦で擦れ違う時や追い越す時に減速してくれた動力観光船の船頭さん等、皆さんとても親切にしていただきました。
一方、潮来前川では、観光船が行き来して危ないから出て行って欲しい旨のことを2回言われました。
気を付けたとしても、観光船から見れば鬱陶しい存在であることは間違いありません。
勿論、一般の河川で、個人のカヤック等の航行を禁止しているようなことはありませんが、潮来前川は省くか、あるいはあやめ祭りの時期を外す方がよいかもしれません。
それと後で知ったのですが、カヌーポートの使用申請書を水辺交流センターに提出する必要があったのですが、提出していません。
調査不足でした。







このページのトップヘ