烟霞淡泊

カテゴリ: 工場見学

今日は、関東で唯一残った未訪問のビール工場のキリンビール横浜工場の見学と横浜の野毛で一杯を計画しています。
私の元勤め先の先輩のKさんご夫妻とご一緒しました。

常磐線で上野、京浜東北線で品川に到着。
KIMG2808

品川駅の横須賀線のホームにある、東京の駅中の立ち喰いそば最古参の「常盤軒横須賀線ホーム店」へ、「立ち喰いそばの名店シリーズ第22番目」でもあります。
開業は昭和39年ということで創業55年、以前は品川駅のホームに5軒あったのですが、現在は2軒に減ったそうです。
KIMG2813
KIMG2809
KIMG2810
いか天そば(480円)、掻き揚げそば(440円)をオーダー。
KIMG2811
黒い茹で麺、濃い目の汁です。
最近は「濃い目でもそんなに塩分は高くない」というコメントをすることが多いのですが、これは正真正銘塩辛いです。
高校生くらいの頃に食べた立ち喰いそばそのもので、進化せずに今日まで辿り着いた、そんな感じのそばです。
KIMG2812
汁は残しましたが、天婦羅が吸った汁だけで一日分の塩分を取ったかもしれません(いくら何でもオーバーか?

品川駅の駅内のコンコース、広くて沢山の店がありちょっとしたショッピングモールのようです。
KIMG2815
KIMG2814

JRで川崎駅まで行って京急に乗り換えて、生麦で下車。
KIMG2817
生麦は私鉄沿線の下町という雰囲気です。
KIMG2818

10分程歩いてキリンビール工場に到着。
KIMG2819
KIMG2820
Kさんご夫妻との待ち合わせまで時間があったので、工場の中を散策。
KIMG2822
KIMG2826
アメリカデイゴという花木。
KIMG2829
デイゴの一種とのことですが、ちょっと変わった花ですね。
KIMG2828
KIMG2827
KIMG2830
Kさんご夫妻と合流して、工場見学へ。
見学コースは2年前にリニューアルして綺麗になったそうです。
KIMG2843
KIMG2824
KIMG2825
ビール工場のあるあるのトリックアート、「NO BEER NO LIFE」名言ですが、BEERは滅多に飲みません。
もっぱら、リキュール(発泡性)①、ですね。
KIMG2832
KIMG2833
KIMG2835
KIMG2838

お待ちかねの試飲、キリン一番搾り、キリン一番搾り<黒生>、キリン一番搾りプレミアムの3種、一杯目はキリン一番搾りで、直ぐに残り2種も頂いて飲み比べです。
蒸し暑い中を長い時間かけて移動して、飲む一杯は本当に美味しい、やはりビール工場巡りは暑い夏が一番ですね。
KIMG2839
20分間で3杯はちょっと辛い時もあるのですが、今日はごくごくと美味しく頂きました。
KIMG2841

ビール工場から、JR新子安駅まで歩いて桜木町へ。
野毛飲み開始時間の17時まで2時間弱、馬車道から赤レンガ倉庫辺りを散策することに。
ちょっと雲が切れて青空が覗いて、少し風も吹き出してきました。
KIMG2845
街並みに洋館も交じって、横浜らしいです。
KIMG2846
KIMG2847
KIMG2849
赤レンガの中をぶらぶらと。
KIMG2848
KIMG2850
こんなポスターを見付けて、行ってみることに。
KIMG2851
#カンパイ展2019」(無料、キリンビール提供)
体験型のインタラクティブアートスペースといった趣です。
KIMG2852
不思議な空間、此処で記念撮影
KIMG2854
知っているキリンビール製品にシールを張ります。
KIMG2855
キリンのトレードマークの聖獣を探します。
KIMG2856
居ました。
KIMG2857
デジタルアート、机にカンパイ展のパンフレットを置くと、キリンが現れ、走り抜けて行きます。
Screenshot_20190706-133318
KIMG2868
なかなか楽しく、ちょっと得した気分になりました。

野毛に向かいます。
KIMG2869
KIMG2870
KIMG2871
初野毛飲みのお店、「酒蔵けんちゃん」です。
KIMG2882
生ビールとお通しと鮪ぶつ
KIMG2872
鮪ぶつ、赤身から中トロ大トロまで、とても美味しい。
KIMG2873
白レバー炙り、少し火が入り過ぎかな?
KIMG2874
ふわふわさつま揚げ、本当にふわふわで美味しい。
KIMG2875
びっくりコロッケ、とにかく大きいがサクサクのホクホクで、4人でペロリでした。
KIMG2876
特性オムレツ、中が半熟でこれもペロリ。
KIMG2877
鮪中落ち、鮪ブツが美味しかったので頼んでみると、海苔でネギトロ風に巻いて、これは美味しい。
KIMG2878
4人でこれでもかと・・・・。
塩キャベツ
KIMG2879
巻きウインナー卵添え?
KIMG2880
鶏白湯水餃子?
KIMG2881
これ等の料理と日本酒初め飲み物沢山、初老の4人でよくぞ食べたり飲んだり、でした。
Kさんご夫妻、お付き合い下さり、とても楽しく、有難うございました。
是非また、ご一緒しましょう!!!

まだ明るい内にJRの桜木町駅前から京浜東北線に乗って、上野で常磐線に乗り換えて帰宅しました。
帰り着いて、そのままバタンキューであったことは、言うまでもありません

久々に守谷某所へ。
某所と言えばビール工場、で守谷といえばアサヒビール茨城工場、前回は2015年7月2日で4年振りと大部間が開きましたね。

さて、自宅から8km歩いてTxの守谷駅からビール工場の送迎バスに乗って行きます。
それにしても、ビール工場で美味しく試飲するためにかける我が家の執念、恐ろしいものがありますな‌。
KIMG2208

アサヒビールで全国一の規模の茨城工場、東京ドーム8個分の敷地面積だそうです。
KIMG2211
KIMG2210
KIMG2212
KIMG2213
KIMG2214
以前は工場内の写真は撮れなかったのですが、最近一部を除きOKになったようです。
KIMG2215
KIMG2216

お待ちかねの試飲です。
ビールは4種で、一人3杯まで、お摘み付き。
先ずはスーパードライ、出来立て、結構な運動の後なので、まあ美味しい。
KIMG2217
スーパードライプレミアム、当然おいしいのですが、高価格レベルはサントリーに任せておけば良いかな?。
KIMG2218
お隣さんから売店で買ったスモークチーズのお裾分け。
有難うございます、なかなかの達人とお見受けしました。
KIMG2219
3杯目は、エクストラコールド(-2℃)のスーパードライとスーパードライブラック。
口当たりが変わって、これはまた美味しいですね。
KIMG2220
何時のことながら堪能しました。

お昼は守谷駅近くのラーメン屋さんの「一無庵」へ。
KIMG2222
煮干し鶏そば(左、800円)、濃厚白湯に大量の煮干し、星だらけの日本そばのような全粒粉の麺、たっぷりの薄切り低温叉焼、岩海苔、粗みじん玉葱、まあ濃厚・強烈、中毒性のある美味しさです。
一無庵そば鶏×豚ダブルスープ(右、780円)、ダブルすーぷとありますが煮干しも当然加わってトリプルスープで油が表面を覆って熱々、低温叉焼と巻きバラ叉焼、青葱、バランスが取れて食べ進んでも飽きの来ない美味しさが続きます。
KIMG2221
本店(中華そば はざま)よりも好みかもしれません。
ご馳走様でした。

わいた温泉豊礼の湯(07:00)⇒熊本市(11:00)

わいた温泉豊礼の湯の朝、朝食用に地獄蒸し。
KIMG8359
朝食は、地獄蒸しのウインナソーセージ(7分)、平天(7分)、アスパラ(2分)、馬鈴薯(温め、7分)、卵(7分)とトースト。
美味しいです。
KIMG8358
ご馳走様でした。

熊本市内に下りてきて、熊本城に近いコインパーキング(1,000円/24時間)に停めました。
今日は此処から某所へ出掛けますが、その前に熊本城を見物することに。
2017年3月21日に訪れているので2年振りですね。
染井吉野は一分から三分咲くらいで、この写真の櫻は良く咲いていました。
KIMG8364
大小の天守と宇土櫓は大分修理が進んでいるようです。
KIMG8365
KIMG8366
戌亥櫓は2年前と同じで、未だこちらは手つかずのようです。
KIMG8367
KIMG8369
KIMG8370
完全復旧は2035年頃と未だ16年もかかるとのこと、私が生きているかどうかわからなですね。

城彩苑でお昼を。
KIMG8371
肉まん2種(黒豚まんと高菜まん)
KIMG8372
揚げ物2種(練り物のフライと天草大王の唐揚げ)
KIMG8373
デザートで苺のソフト
KIMG8374
何処で買ったかも覚えていないのですが、美味しく頂きました。

城彩苑から送迎バスに乗って某所へ。
某所は此方、「サントリー九州熊本工場」です。
2003年開業で、大手ビール工場としては、最も新しい工場だそうです。
KIMG8379
KIMG8376
KIMG8377
工場内は静止画の写真はOKなのですが、ボーとして撮りませんでした。
ちょっと珍しかったのは、見学を案内して下さったのは若い男性でした。
流暢でとても上手い説明、何故ビールに泡が立つのか?等々、今まで聞いたことが無いような話も聞けてなかなか面白かったです。
お待ちかねの試飲タイム(何時も紋切りですね。)
KIMG8385
一杯目はプレミアムモルツ、香り高く深い味わい、美味しい。
高級域のビールでは一番ですね。
KIMG8386
二杯目は、プレミアムモルツ香るエールとプレミアムモルツマスターズドリームを飲み比べ。
美味しいのですが、プレミアムモルツを超えられないですね。
KIMG8388
泡にこんなカフェラテアートのようなプリントができる装置があったんですね。
KIMG8390
3杯目は、相方はプレミアムモルツ、私はプレミアムモルツマスターズドリームでした。
これで九州の4つのビール工場をコンプリート。
この工場で全国のビール工場見学16/24を達成です。

送迎バスで熊本市内に戻りました。
KIMG8394
KIMG8396
KIMG8397

道の駅うきは(07:20)⇒新鳥栖駅第2駐車場(08:30)⇒アサヒビール福岡工場(10:20)⇒キリンビール福岡工場(14:45)⇒新鳥栖駅第2駐車場(16:25)

道の駅うきはの朝、シダレザクラ(イトザクラ)が咲いていました。
染井吉野はまだまだなのですが、早いですね。
KIMG8210
KIMG8211
朝倉市の古い商家の道。
KIMG8212

新鳥栖駅第2駐車場にプレアデス号を停めました。
KIMG8214

さて本日は、新鳥栖駅⇒JR長崎本線・鹿児島本線⇒竹下駅⇒徒歩⇒某所1⇒徒歩⇒竹下駅⇒鹿児島本線⇒基山駅⇒甘木線⇒太刀洗駅⇒送迎バス⇒太刀洗駅⇒甘木線⇒基山駅⇒鹿児島本線・長崎本線⇒新鳥栖駅、と移動します。
鹿児島本線、九州は普通の電車もなかなかお洒落ですね。
KIMG8217
竹下駅
KIMG8219
KIMG8220
某所1はアサヒビール福岡工場です。
KIMG8221
ビール工場見学のあるあるのトリックアート
KIMG8226

見学コース内の静止画写真はOKでした。
KIMG8230
KIMG8231
KIMG8232

さてお待ちかねの試飲、先ずはスーパードライ。
スーパードライは普段飲まないのですが、こうやって飲むと美味しいですね。
お摘みのクリームチーズおかきもビールに良く合いますね。
KIMG8233
エクストラコールドのスーパードライとドライブラック、-2℃に冷やされたビール、変化がありますね。
KIMG8234
〆の三杯目は元にもどってスーパードライ。
KIMG8235

掛下駅に戻って、鳥栖駅で買った駅弁を頂きます。
KIMG8246
中央軒のかしわ飯(700円)と焼売弁当(各740円)
KIMG8247
かしわ飯と焼売の多寡の違いでした。
ボリュームたっぷり、かしわの荒い鶏そぼろのような肉が美味しいですね。
20年くらい前に折尾で食べて美味しと思った以来、何か懐かしいです。
KIMG8248
ご馳走様でした。

基山駅でローカル線の甘木鉄道に乗り換え。
KIMG8250
なかなか良い感じ。
KIMG8254
太刀洗駅で下車して、送迎バスで某所2へ。
KIMG8255

某所2はキリンビール福岡工場です。
KIMG8258
KIMG8259
KIMG8260
ビール工場のあるあるの原料の麦芽の試食とホップの匂い嗅ぎ。
KIMG8261
KIMG8264
KIMG8262
昨日から始まったこの季節の特別企画の工場内の櫻見物、ヤマザクラは満開、染井吉野は一から二分咲でした。
KIMG8268
KIMG8267
本日二回目の試飲
KIMG8274
一杯目は一番搾り
KIMG8272
二杯目は一番搾り超芳醇とを、一杯目の一番搾りと飲み比べ。
テイスティングシートがあって、これを参考に飲み比べると楽しいですね。
それにしても一番搾りは美味しいですね。
一番搾り超芳醇と一番搾りプレミアムも一番搾りを越えていないところが、キリンの難しさ?かもしれません(偉そうにですが・・・)。
KIMG8273
KIMG8275
三杯目は相方は一番搾り、私は一番搾りプレミアム。

甘木線から鹿児島本線・長崎本線と乗り継いで新鳥栖駅に帰ります。
KIMG8278

新鳥栖駅に帰り着いて、夕食を摂ってバタンキュー。
キャンピングカーの旅で1日に2つのビール工場見学の快挙、いや愚挙でしょう
さてこれで全国のビール工場めぐりは15/24工場で、残り9工場となりました。

門司市(08:40)⇒日田市(12:30)

ノーフォークひろばの朝、和布刈公園を関門橋方面まで散歩しました。
風が強くて、肌寒い陽気です。
KIMG7437
KIMG7438

朝食は昨晩の芹鍋の汁の残りでおじや、簡単で美味しく、汁を捨てなくて済むのて一石二鳥てすね。
KIMG7434
ご馳走様でした。

門司市から、(国)322⇒(県)52⇒(国)500⇒(国)211と走って日田市に到着。
天領大橋公園にプレアデス号を停めて、歩いて行きます。
KIMG7442
KIMG7443
2kmあるいてサッポロビール九州日田工場の看板です。
KIMG7444
到着、程好い散歩になりました。
KIMG7445
KIMG7446
集合時間は15:10で、まだ時間があり工場内にある物産館に。
KIMG7448
日田は銘水の郷で、こんな名産もありました。
KIMG7447

ツアーは二つあって(黒ラベルツアーとエビスツアー)、エビスツアーを選択しました。
KIMG7449
エビスツアーには工場見学が無く、見学したければ各自でと、ちょっと面白い設定ですね。
この先は生産ライン等があって撮影は出来ませんでした。
KIMG7450

エビスツアーです。
エビスビール誕生から現在に至るまでの物語が、なかなか面白い演出で語られます。
KIMG7452
KIMG7453
エビスビール初出荷品
KIMG7454
KIMG7455
再現されたビヤホール
KIMG7456
なかなか凝ったプロジェクションマッピング
35
KIMG7458
魚籠にもう一匹の鯛を担いでいるラッキーエビスのラベル、数百本に一本の割合だそうです。
KIMG7468
KIMG7469

お待ちかねの試飲です。
先ずはオリジナルのエビスビール、乾いた喉にとても美味しいです。
KIMG7470
先月新発売のエビスプレミアムエール、香り良く強い旨味と甘み、ちょっとクラフトビールのような風合いで美味しいですね。
KIMG7471
もう一杯は、相方はエビスビール、私はエビスプレミアムエール、でした。
ビール工場で飲むビールは結構酔いますね。
比較的短い時間に、食べ物が無い状態で飲むので、酔いが回るのでしょうかね。
ご馳走様でした。
今日で、全国24のビール工場のうち13工場を巡り、5年でやっと半分を越えました。
残りは、キリン:横浜/名古屋/神戸/岡山/福岡、アサヒ:神奈川/名古屋/福岡、サントリー:京都/熊本の10箇所となりました。
1箇所足りない?、それは何れまた。

工場で咲いていた面白い花
KIMG7475

天領大橋公園へ帰る道すがら、良いものを発見しました。
セブンイレブンに併設の日田の銘水に水汲み場、明日水を汲みに来ましょう。
KIMG7478
KIMG7477

本日の入浴は、天領大橋公園近くの「せんらく温泉」(550円)
KIMG7481
KIMG7482
KIMG7483
ビール工場の帰り道にある温泉、循環ですがお湯がなかなか良く(低張性アルカリ性高温泉)、良かったです。

公園に着く頃には低い西日となりました。
KIMG7485
本日の夕食は、鯛の松毬造りとしめさば(ほぼ地の物)、白菜と豚バラのミルフィーユ鍋、トマトサラダ
KIMG7487
ご馳走様でした。

夜半、綺麗な三日月が昇りました。
KIMG7490

散策&「ふらっと294!」がてら、久々に取手某所へあるいていきます。
白山の裏側、この辺りには本郷、駒場、池袋等の地名があり、地方の「あるある」ですね。
KIMG6630
KIMG6631
関東鉄道常総線の陸橋
KIMG6632
国道6号線を土浦方面に歩いて、某所の看板が見えてきます。
前回が2018年1月21日なので、1年振りですね。
KIMG6633
ここも「ふらっと294!」のスポットになっています。
Screenshot_20190222-100130

10:30の見学に予約していて、さすがに午前の早い時間でお客さんは殆どいません。
KIMG6635

工場見学の待合室
KIMG6638
吊るし雛で作った麒麟のマーク、なかなかの大作です。
KIMG6637
取手ひな祭りの開催に合わせて、お雛様のデスプレイが沢山。
KIMG6639
KIMG6641
KIMG6642
楽しみにしていたキリンビールオリジナルのマスキングテープもゲット。
KIMG6640

工場見学スタート。
なんと我が家+2名で総勢4名、です。
これだけ少ないとある種の緊張感が出てきます
KIMG6643
KIMG6647
製品の製造ラインは、さすが午前中、何処もフル稼働でなかなか見応えがあります。
KIMG6648
KIMG6650
KIMG6651
KIMG6652

お待ちかねの試飲タイム。
先ずは「一番搾り」とお摘みの亀田の柿の種チーズ味。
何時もはこれに売店でチーズを買うのですが、今日は控えました
KIMG6653
一番搾り、一番搾り(黒生)、一番搾り プレミアムの飲み比べ。
飲み比べの仕方や香り、味に関する本格的な解説があって、なかなか面白いです。
多分前回くらいから添えられるようになったと記憶しています。
KIMG6655
それにしても、出来立ての一番搾りは本当に美味しいですね。
レギュラーのビールとしては、文字通り一番と感じる私です。
氷結の新製品の「GREEN」と「RED」も飲んでみました。
これは普通の氷結の方が良いかな、でした。
KIMG6656
今日の工場見学も、楽しく、美味しく、堪能しました。
あと何回くらい訪れますかね?
ところで、ビール工場巡り(全国24箇所)は12箇所訪問済の丁度半分、最後に行ったのは2016年10月8日の「アサヒビール四国工場(愛媛県西条市)」で、2年4箇月程お休みしていました。
3月1日からキャンピングカーの旅で、再開する予定です。

往きとは異なる道で帰ります。
KIMG6657
関東鉄道常総線の西取手駅近くの「お母さん」で買物していきます。
KIMG6659
何と閉店の案内が貼り出されていました。
KIMG6658
ご近所の方々は不便になりますね。
代わりと謂えば、取手駅の国道294号線の「Big-A」、ちょっと遠いですが「西友」や「ボックスヒル1F」、ですかね。
ここ数年、圧倒的に閉店>>開店の情報、やはり悲しくなります。

自宅(09:00)⇒蓮田市内(10:45)⇒清瀧酒造酒元見学⇒蓮田市内(17:30)

以前テレビの情報番組で紹介されて、一度は行きたいと思っていた「清瀧酒造酒元見学」へ。
清瀧酒造は製造した日本酒の一般販売をせずに、自社が経営する酒場(池袋を中心に都内に15店舗)に供給と直販と通販のみという変わった経営をしています。
実は40年以上前の学生だった頃、通学先の春日から地下鉄に乗って池袋の清瀧に行って、いっぱい(一杯ではありませんね)飲んで友人の板橋の下宿に押しかけて更に飲む、ってなことをよくしていました。
何しろ当時は貧乏学生御用達の東京で一番の安酒場と謂われ、1,000円もあれば腰が抜けるほど飲める店でした。
NETで調べてみると今でも安い居酒屋であることに変わりはないですが、大分今様になっているようです。

さて、2018年1月26日のちょこっと埼玉県の旅第2日目で偵察した「上ノ沼公園」をP泊地の候補にしましたが、更に条件の良い「西城沼公園」を見付けて変更しました。
KIMG6351
KIMG6350
西城沼
KIMG6352
KIMG6353
結構広い公園です。
KIMG6354
櫻の古木も
KIMG6356
KIMG6357

此処にプレアデス号を停めて、清流酒蔵まで1km程歩いて向かいます。
KIMG6358
清瀧酒造、予想していたより大きな造り酒屋です。
KIMG6369
KIMG6370
KIMG6360
馬繋ぎ、20年間で3人が馬で訪れたそうです
KIMG6359
KIMG6363
KIMG6364
酒元見学参加の記帳と参加費(3,500円)を支払うと会員証が貰えます。
この会員証で、都内の「清瀧」に来店毎に鱒酒が一杯無料のサービスがほぼ無期限で受けられます。
KIMG6361
KIMG6367
落ち着いた待合室
KIMG6371
KIMG6366

蔵元見学の開始。
社長の岩崎さんと案内担当の方から、清流酒蔵の来歴と酒造りについて洒脱な解説、これがなかなか楽しめます。
KIMG6374
KIMG6376
KIMG6384
KIMG6383

試飲会と称する飲み会に突入、生バンドの演奏付きの試飲会場へ。
KIMG6386
摘み3種と小鉢4種と甘鯛と桜えびの釜飯、それと取り敢えずの酒7種(これだけで3合分くらい)がセットされています。
1549538412026
懐メロから今時の歌まで、なかなか多彩な楽曲で楽しめます。
KIMG6393
先ずはビールで乾杯
KIMG6392
釜飯に酒を追加して火を点け、出来上がるまで30分。
KIMG6398
お酒7種と説明、これ以外に7種くらいのお酒が追加されて、都合6合くらいの量になります。
KIMG6400
摘み3種
KIMG6401
小鉢で、八寸?、刺身、煮物、揚げ物、流石に居酒屋を経営しているだけあって手慣れた美味しさです。
KIMG6402
さてお酒は?というと、素晴らしく美味しい!というのは無いのですが、まず真っ当に美味しいお酒ですね。
KIMG6403
釜飯が出来上がることに汁物、なかなか美味しい。
KIMG6405
KIMG6404
アトラクションで千葉産の大きな真鯛の刺身
KIMG6408
KIMG6410
2月の誕生日の方々へプレゼント
KIMG6421
実は最後に皆で唄う「明日への乾杯」がなかなか盛り上がって面白かったのですが、写真の撮り忘れです。
KIMG6426
16時過ぎにお開き、出されたお酒と料理は全て美味しく頂きました。
いやはや、何とも楽しい蔵元見学会?、試飲会?、でした

少し春めいた夕暮れの元荒川、西上沼公園に帰りました。
KIMG6428
KIMG6429
KIMG6431
KIMG6432

道の駅あさひかわ(07:30)⇒道の駅とうま⇔バスで男山酒造

暖かい朝です。
DSC_7314

今日の朝食は珍しくフランスパンで洋風に。
ハムサラダ、温泉卵、コーンクリームスープ、ヨーグルトを添えて。
DSC_7313
ご馳走様でした。

道の駅とうまへ小移動。
DSC_7315
道の駅にプレアデス号を停めて、そこからバスに乗って「男山酒造」へ向かいます。
DSC_7343

キャンピングカー倶楽部のMさんから情報を頂いて、「男山酒蔵開放」にやってきました。
男山酒造の年に一度の一大イベント、開始の10時前に着くと、既に長蛇の列。
DSC_7328
DSC_7323
鏡開き樽酒の振る舞い
DSC_7317
気前の良い注ぎっぷり、きりっと端麗、杉の香りもよく、う~ん美味しい。
DSC_7318
亀仕込み酒、微炭酸のどぶろく、甘酸のバランスよく、とても美味しい。
DSC_7319
これ以外にも3箇所で試飲があり、一番大きいところは9種類の試飲ができました(写真撮影に失敗)。
全部で12種の試飲のお酒があって、何処も少し並べば飲み放題、なんとも気前が良いです。
12種を2人で1杯から1人で2杯まで頂き、1杯はおよそ50mLくらい、1人で正3合は飲みましたね。
DSC_7324
DSC_7327
安くて美味しい食べ物の出店があって、日本酒と頂きまし。
う~ん、酒飲みにとっては天国です
DSC_7329
DSC_7330
DSC_7333
恒例の福袋抽選会、25本の福袋(3,000円で実際は10,000以上の商品とのこと)を抽選、1,500名くらいが参加したようなので、当選確率は2%ですね。
DSC_7331
ここの試飲の濁り酒も炭酸が少し強めで、本当に美味しい。
DSC_7332
お酒の販売所、今日飲んだお酒で一番気に入った「スパークリングSAKE男山」の小瓶を購入しました。
3種あった濁り酒で一番炭酸が強く、甘めですが爽やかでとても美味しい。
DSC_7336
一応工場見学も。
DSC_7337
DSC_7340
お土産の男山の小瓶も頂いて、大満足の酒蔵開放でした。
Mさん、情報有難うございました。
DSC_7342
男山酒造の近くの立ち寄り湯「大雪の湯」でゆっくりと温まって、バスで道の駅とうまに戻りました。
DSC_7341

道の駅とうま、夕方で既に-10℃、今夜は冷えそうです。
DSC_7344
[画像:cf2bbb0d-s.jpg]

今日の夕食は、鶏団子鍋、オヒョウの刺身、昨日のお持ち帰りの新子焼き、G7シャルドネ。

オヒョウの刺身、如何にも北海道らしい食材です。

脂が乗ってなかなか美味しかったです。

[画像:dbe0fee9-s.jpg]

本日走行距離:19km、累計走行距離:1,704km

道の駅くろまつない(08:35)⇒岩内(10:20)⇒余市(11:20)

今日は余市に向かいます。
道南は今夜から暴風雪とのことで丁度良いかもしれません。
それと余市であるイベントに参加したくて、可能性は低いのですが、トライしてみることに。
もう一つ、朝のHTBで岩内の尾崎商店の「たつかま」の紹介をしていて、少し遠回りして買いに行くことに。
国道5号線を走っていきますが、殆ど雪は無く、普通に走行できます。
DSC_6633
羊蹄山、頭は雲の中です。
DSC_6640
ニセコの山々ですね。
DSC_6643

岩内の尾崎商店で「たつかま」(750円×2袋)を購入、とても楽しみです。
DSC_6644
DSC_6645
DSC_6650

余市には昼前に着き、本日の温泉は小樽寄りの「鶴亀温泉」、HOで半額入浴です。
DSC_6648

ナトリウム-塩化物泉(弱アルカリ性低調性高温泉)・無加熱加水源泉ドバドバ掛け流し・泉温47.8/湯舟36~43℃・黄褐色(湯舟)・無臭・強っぱ苦み・ツルスベ・近代的立ち寄り湯系
なかなか個性的な温泉を堪能しました

新岡鮮魚店、柿崎商店の傍で何時も店頭にお客さんが沢山居て通る度に気になっていましたが、真鱈と見紛うような特大の助宗鱈を1匹購入。
DSC_6647
DSC_6646

道の駅スペース・アップルよいちに到着して、お昼は内食で牛筋そばとたつかまの刺身を頂きました。
今日はもう運転もせずに此処でP泊するので一杯頂きました。
たつかまは助宗鱈の白子と澱粉と塩だけで作られているそうですが、何とも表現ができない美味しさと食感です。
DSC_6652
作り置きの牛筋を食べきりました。
DSC_6653
ご馳走様でした。

午後はゆっくりと休んで、ニッカウヰスキーの余市蒸留所へ。
先ずは普通に見学と試飲、何度か来ていますが、冬の蒸留所はまた風情があって良いですね。
DSC_6655
DSC_6656
DSC_6657
DSC_6658
ウイスキーを製造していて、甘い香りが漂う中、ポットスチルで蒸留しているところも初めて見学できました。
石炭で蒸留しているウイスキー工場は世界で此処だけになっているそうです。
DSC_6659
DSC_6662

DSC_6668
DSC_6670
DSC_6673
DSC_6674
定番の試飲
DSC_6675
DSC_6676
「試飲賞品のオススメの飲み方」
DSC_6679
特にシングルモルト余市は生で飲むより香りをのこしたまままろやかになって、成程と思います。
DSC_6677

16:30に蒸留所の入り口へ、ナイトツアーの集合場所です。
今冬最後の今日のナイトツアーに参加申し込みをしたのですが、既に予約で満杯、当日キャンセルが出ることもあると聞いて、それを目当てに、来ました。
DSC_6681
何と1組2名のキャンセルが出て参加できることに、まさに執念ですな。
小さな雪洞の蝋燭の灯りが綺麗です。
DSC_6682
DSC_6684
DSC_6687
DSC_6688
昼と違って、外に漏れる家の中の灯りが良い感じです。
DSC_6689
DSC_6691
DSC_6692
DSC_6695
DSC_6696
DSC_6698
DSC_6705
試飲会場は、ウイスキー博物館の有料テイスティングルームで頂きます。
DSC_6699
DSC_6700
DSC_6701
ナイトツアー特別のホットウイスキーとホットアップルワインとチョコレート、ぽっと体が温まります。
DSC_6703
DSC_6710

DSC_6709
イルミネーションに飾られた夜の蒸留所、貯蔵庫の特別公開、ホットウィスキーとホットアップルワインの試飲、とても素敵な体験、大満足です。

道の駅に戻って夕食。
助宗鱈の鱈鍋、店の人のアドバイスに従って、三枚に下ろして、軽く塩を振って3時間ほど置きました。
たつかまのバター焼き、たつかまのしゃぶしゃぶ、助宗鱈の真子の煮つけも添えて、そう言えば全部助宗鱈の食材ですね。
DSC_6714
DSC_6715
真鱈は自分で釣るのでよく食べますが、助宗鱈をこのようにして食べるのは初めてで、とても美味しいですね。
たつかまのバター焼きは絶品、官能的な美味しさです。
DSC_6716
ご馳走様でした。

道の駅スペース・アップルよいちにキャンピングカーが3台もP泊、札幌、旭川、仙台のナンバーでした。
本日走行距離:125km、累計走行距離:1052km

日々の活動量が減ってきているので、午前中に少し長めの散策へ。

近くの利根川の土手道を取手駅方面へ。
[画像:4ff27163-s.jpg]
長禅寺下の飲み屋街を廻っていくと。
[画像:d4497bf7-s.jpg]
毎月の21日に「お大師様の縁日」が開かれています。
初めて訪れてみました。
出店は3軒、寒い時期で少ないのかもしれませんね。
また訪れてみましょう。
[画像:6608b985-s.jpg]
石段が素敵な長禅寺、新四国相馬霊場八十八箇所の第1番、第5番、第88番の大師堂があり、「お大師様縁日」の由縁ですね。
[画像:3a1096d5-s.jpg]
[画像:72bfd289-s.jpg]
取手市の造り酒屋の「田中酒造」、昨年の8月19日開催のイベント「日本酒ガーデン」で訪れました。
茨城の地酒として結構知名度は高いですね。
[画像:68dc1b85-s.jpg]
ケイヨーデイツーで買物。
歩いている途中、相方の素敵な思い付きで取手の某所にTELして、そこに11:30までに辿りつかなければならなくなり、少し急ぎます。
[画像:590fb2bd-s.jpg]
ケイヨーデイツーの裏手の「金門酒造」、先の田中酒造と合わせて取手市には2軒の造り酒屋があることになりますね。
HPは開設していないようで、NETで引いても殆ど情報は出てきません。
敷地内に店舗があるようで、一度覗いてみましょう。
[画像:b5b2b19b-s.jpg]
[画像:c48db1ae-s.jpg]

取手の某所、です。
前回訪れたのは、2016年4月17日なので1年半振りですね。
[画像:a2aefd50-s.jpg]
勝手知ったる?ですね。
[画像:93e6407c-s.jpg]
[画像:f16ff6d7-s.jpg]
「ほどよく絶妙とりで」とコラボレーション
[画像:e594812f-s.jpg]
以前は「嵐」が出迎えてくれたのですが、今は「堤真一」です。
[画像:0006fd9e-s.jpg]
ビール工場見学は思いの外、飽きませんね。
というより終わった後の試飲が楽しみで保っているだけかも。
[画像:568650e5-s.jpg]
[画像:af5626ac-s.jpg]
[画像:b1e19d58-s.jpg]
キリンビール工場の定番の「一番搾り麦汁」と「二番搾り麦汁」の飲み比べ。
これを飲むと「冷やし飴」を思い出してしまうというと、相方も納得。
[画像:475ccdc1-s.jpg]
生産ラインは今日は日曜日なので止まっていました。
試飲会場に入る前に、ツマミを追加購入。
流石にビール工場見学上級者、慣れていますね。
[画像:6060e762-s.jpg]
一番搾りと一番搾りプレミアム、オリジナルのツマミ(柿の種チーズ味)と買い足しのスモークチーズ(200円)。
出来立ての一番搾りは本当に美味しいですね。
一番搾りプレミアムも美味しいのですが、プレミアムモルツに比べるとイマイチでしょうか。
[画像:24779afa-s.jpg]
次は、プラス一番搾り<黒生>の3杯で、テイスティングシートのやり方に従って飲んでみます。
一番搾りプレミアムの香りの表現、「より深く豊かな香り」、「香りの特徴、すずらん、沈丁花、グレープフルーツ、レモン」とあります。
一番搾りと飲み比べて、判るのは「香りが少し強め」ぐらいですね。
[画像:a6232fb5-s.jpg]
一番搾りを最後にもう一杯飲んで、試飲(3杯×2)を終了。
寒い中でしたが、結構速足で歩いた後なので喉も乾いていて、美味しく頂きました。
[画像:c4c2e3ba-s.jpg]
敷地内のお社
[画像:5af03a22-s.jpg]
麒麟稲荷大明神でした。
[画像:682e8427-s.jpg]

ゆっくり歩いて帰宅しました。
[画像:58c1e1d8-s.jpg]

本日の歩行距離は+1kmで12.6km、アルコールは脂肪になり難いといいながら、3杯も飲むと黙阿弥ですかね
[画像:30abb2e7-s.jpg]
[画像:a2964288-s.jpg]

諏訪市(06:30)⇒道の駅白州(08:50)⇒シャトレーゼ白州工場(09:15)⇒道の駅都留(11:50)⇒自宅(18:00)

群馬県・新潟県から富山県の旅第9日目。
諏訪湖の朝。
DSC_4138
DSC_4139
DSC_4140

茨城県へ向かって帰宅の途中、シャトレーゼ白州工場に寄りました。
本栖湖のパドリングの旅で8月15日に訪れましたが、駐車場に入るために1km以上の渋滞発生と、余りの混雑に断念しての再訪です。
DSC_4143
ウィークデーの9時過ぎ、さすがに工場見学のお客さんは7~8人と空いています。
DSC_4144
なかなか立派な工場で、見学にもカを入れているのが伺えます。
DSC_4145
DSC_4146
餡の製造所
DSC_4149
DSC_4150
アイスクリームの製造所と試食会場
DSC_4153
試食のアイスクリームは9種となかなかの太っ腹です。
DSC_4151
DSC_4152
相方と二人で4種食べ、カロリーを計算すると800kcalと軽め食事並みです
DSC_4154
DSC_4155
DSC_4156
DSC_4157
美味しく頂き、ご馳走様でした。


後は、道の駅白州、道の駅都留、道の駅八王子滝山に寄って、夕刻帰宅しました。
DSC_4142
DSC_4160
DSC_4159

18時に無事帰宅しました。
群馬県の中之条ビエンナーレ2017、新潟県のSPW2017 in HQ、富山県の庄川温泉、長野県の御岳自然湖パドリング、2か月ぶりの9日間のキャンピングカーの旅を楽しみました。
走行距離:1,428km
燃費:8.4km/L
さて、次は何処に行きましょうか?

道の駅風早の郷風和里(08:30)⇒道の駅小松オアシス(12:00)

西への旅第13日目、愛媛県北条から西条へ。
道の駅風早の郷風和里の朝、少し北の漁港まで散歩。
DSC_4500
DSC_4498
DSC_4497
DSC_4496

 西条に到着、某所にプレアデス号をデポして、西 街歩きからビール工場見学へ。
DSC_4507

DSC_4504
各所で賑やかにお祭り。
DSC_4505
DSC_4527

DSC_4506
 名水100選の「うちぬき」(湧水)を見物。
石鎚山系の伏流水で、至る所で水が湧いています。
車で横付けできる水場もあって、明日早朝に水汲みに来てみましょう。
DSC_4510
DSC_4511
DSC_4512
DSC_4518
DSC_4513
DSC_4514
DSC_4515
DSC_4517

 お昼は駅横のパン屋さんで。
DSC_4519

「全国のビール工場見学をコンプリートしよう」その11で、アサヒビール四国工場の工場見学へ 。
DSC_4520
四国で唯一の大手ビール工場です。
DSC_4522
映像と工場案内で40~50分、試飲20分のコースです。
おおよそはどの工場も同じなのですが、それぞれの工夫があったりして、結構飽きないものです。
試飲は、出来立てスーパードライ、スーパードライエキストラコールド、スーパー^ドライブラックエクストラゴールド、スーパードライプレミアム豊醸で美味しく頂きました。
最近は3杯飲むと少し苦しくなりますが、それで年相応なんでしょうね。
DSC_4523
DSC_4524
DSC_4525
さて、 これで全国24工場の半分となりました。

今日の夕食は、地の小海老の唐揚げ、他。
DSC_4528
ご馳走様でした。

 明日から、この西への旅の主目的の「瀬戸内国際芸術祭」の秋会期で、本島、高見島、粟島、伊吹島と春で一部廻り残した直島の再訪を予定します。


道の駅デンパーク安城(06:05)⇒一宮(08:00)⇒彦根市(13:00)⇒道の駅せせらぎの里こうら(17:30)

西への旅第2日目。
今日は愛知県安城から滋賀県彦根まで120km。
先ず最初は今年の3月に後一歩で食べ損なった一宮市の「アルビノール」のケーキモーニングへ。
開店1時間前の8時に到着して、一番で入店。
image

2人でケーキモーニング(680円)とシフォンモーニング(500円)を美味しく頂き、朝からお腹一杯、リベンジ達成で満足です。
DSC_4088

ご馳走様でした。

彦根市へ移動。
長良川、濃い川霧が出ていました。
DSC_4091

14:30から「キリンビール滋賀工場」の工場見学。
 「全国のビール工場見学をコンプリートしよう」の第10番目で訪れました。
P泊地に車を停めて工場を往復して心置きなくビールを頂きます。
DSC_4096
DSC_4097
DSC_4098
DSC_4100
ビール工場見学は、スタートした時飽きるのでは?と心配したのですが、同じ会社でもそれぞれ工場で色々な独自の工夫があり、結構面白くて飽きません。
DSC_4101
DSC_4102
DSC_4103
DSC_4105
DSC_4108
DSC_4109
 試飲は、出来立て一番搾り、一番搾り滋賀づくり、一番搾りスタウト他、何時も通り美味しく頂きました。
DSC_4106
DSC_4107
24工場(キリン:9、アサヒ:8、サントリー:3、サッポロ:3、オリオン:1)まで後15工場です。
今回の旅で、もう2工場、サッポロ四国工場とサントリー京都工場を予定しています。

アクティビティが無い1日、雨の中近くの「絵馬通り」「多賀大社」辺りを散策しました。
DSC_4110
DSC_4111
DSC_4112
DSC_4113
DSC_4114
多賀大社、とても立派で格式が高い神社なんですね。
DSC_4121
DSC_4120
DSC_4117
DSC_4116
謡曲の奉納、素敵な雰囲気でした。

さて、明日は淡路島までの予定です。

前々から行きたかった赤城乳業の工場見学と併せて道の駅で野菜の調達を目的に群馬県へ。

途中の「道の駅はなぞの」で野菜を調達。
image


赤城乳業の本庄千本桜「5S」工場で、主な製造品はガリガリ君です。
image

image

レクチャー・製造現場見学(60分)はなかなか工夫されていて、氷菓の製造そのものも面白いですね(製造現場の撮影は不可)。
image

image

試食(30分)はガリガリ君(8種)とその他のアイス(5種)が食べ放題。
更に、この13種以外のアイスのUFOキャッチャーもあり、という太っ腹。
その他のアトラクションもあって、子供達は喜びますね。
image

image

image

image

image

image

工場見学の申込み、3回抽選が外れて、漸くの訪問、楽しかったです。

昼食は本庄の「六助うどん」、武蔵野うどんの範疇です。
image

カレーうどん(670円)は熱い汁に漬かったゴワとした極太麺が丁度良い食感になり、武蔵野うどんはカレーが良く合うと再認識。
カツ丼(850円)は厚くて軟らかな肉の豚カツでボリュームたっぷり。
image

image

美味しく頂きましたが、少々食べ過ぎですね。
ご馳走様でした。

さてもうひとつ、高崎市のラスクの「ガトーフェスタ ハラダ」へ、ここも素敵な工場見学なのですが、バターの甘い香りが少々苦しかった
image

道の駅サーモンパーク千歳(08:40)⇒札幌北2西14(10:00)⇒アサヒビール札幌工場(10:50)⇒すすきの(18:30)⇒札幌北2西14(23:15)

北への旅第14日、北海道第9日。
今日は終日雨で、午前中は札幌市内でP泊地を捜して、北4西12のリパークの有料駐車場(24時間まで1,200円)にプレアデス号を停めて、午前中は、全国のビール工場をコンプリートしようシリーズその9で、アサヒビール札幌工場ヘ。
image

image

缶ビールと業務用のビール缶の2つの製造ラインとこじんまりとした工場で、見学コースからラインが近くに見えて秀逸。
見学という観点からみれば、今まで中でNo1かも。
スーパードライx2、アサヒ生ビール熟撰x2、スーパードライエキストラゴールド、スーパードライドライブラックエキストラコールドの6杯、美味しく頂きました。
image

ご馳走様でした。
これで北海道のビール工場はコンプリートです。
3工場とも個性があって楽めました。

午後は、札幌駅から大通り辺りを街歩きと買い物。
image

image

image


夕方は、退職後に札幌に移住した元勤め先の先輩と会食。
一時、札幌の事業所に勤務して、リタイア後は札幌に住むと決めて、予定通りに移住して4年が経ったとのことです。
カナディアンカヌーをお持ちで、何度か乗せて頂き、私がカヤックを始めたきっかけにもなりました。
美味しい食事とお酒をご馳走になり、札幌での近況等、素敵なお話、また北海道の色々な情報も頂いて、ゆっくりと楽しみました。
大変お世話になり、有り難うございました。

道の駅サーモンパーク千歳(08:55)⇒カルビー千歳工場(09:10)⇒東千歳バーベキュー(11:55)⇒サッポロビール北海道工場(15:10)

北へ旅11日目、今曰も朝から雨降り。
そして今日も雨降りの定番、工場見学へ。

先ず午前中はカルビー千歳工場。
もしかして今までの工場見学の最高峰かも。
製造現場も面白いし、説明も素敵、出来たてで味付け前のプレーンなポテトチップ(硬揚げ&波々)の試食、たっぷり。
工場見学の後の試食、塩・めんたいチーズ:硬揚、五島軒カレー:波々、の3種も、たっぷり。
お土産は、当然ポテトチップ(お好きなものを)とオリジナルノート。
大満足でした。
image

image

image

image

image

image


お昼は「東千歳バーベキュー」へ。
20km程、長閑な道を行った先の牛舎のような建物の店で、メニューはバーベキュー(鳥半身、2分割)と野菜炒めとご飯の3種。
12時前に着きましたが、沢山のお客さんともうもうの煙、殆ど薫製小屋状態。
お客さんの食べている3品を見て、各1人前を注文することに(そうして良かった)。
たっぷり胡椒と塩+化調の味付け。
勿論美味しいのですが、やはりシチュエーションというか雰囲気ですね。
いや~来たかいがありました。
2人で1,250円、ははは・・・。
image

image

image

image

image

ご馳走様でした。

市内に戻って、全国のビール工場をコンプリートしようシリーズその8で「サッポロビール 北海道工場」へ。
サッポロ黒ラベルとサッポロクラシック、とても美味しく頂きました。
image

image

image

image

image

image

image

image


ポテトチップ⇒鳥半身焼き⇒ビール工場、自画自賛ですが、最高のチョイスかな。
本日のP泊も、道の駅サーモンパーク千歳、夕方には雨が上がって、青空が広がりました。
本日の夕食、地の物のハチメの煮物とアオゾイとぼたんえびの刺身。
image

美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

北海道第6日目、千歳市の長都明星公園庭球場の朝。
image

今日は朝早くから大雨と強風で、北海道に着いてからの6日、晴/曇:3日、雨:3日、です。
う~ん、もう少し天気良くならないかな?。
本来は支笏湖か北へ朱鞠内湖に行く予定だったのですが、天候と諸般の事情で4日ぐらい千歳~札幌辺りに滞在することに。

さて本日は、午前中に札幌市内の「白い恋人パーク亅へ。
雨降りのウィークデイなのに結構なお客さんが訪れています。
なかなか上手くできた施設ですね。
image

image

image

image

image

image


午後は「雪印メグミルク札幌工場」で工場見学。
雪印メグミルク工場は茨城県の阿見工場以来で2つ目です。
「酪農と乳の歴史館」が色々な乳製品の製造設備のミニュチュアが見応えがありました。
image

image

image

image

image

image


本日のP泊は、「道の駅サーモンパーク千歳」。
夕方、キャンピングカーは10台程停まっていましたがCCCのステッカーは見当たりませんでした。
image

東苫小牧(04:30)⇒美々川・松美々橋(06:20~07:15、カヤック組み立て・回送)⇒美々川DR⇒美々川・植苗橋(09:15~09:45、カヤック後片付け)⇒道の駅ウトナイ湖(10:25)⇒味の大王総本店(11:02)⇒上長都明星公園庭球場()⇒キリンビール北海道千歳工場(14:40)⇒上長都明星公園庭球場(16:30)

北海道第4日、本日はウトナイ湖の美々川でパドリング、ご当地&ソウルフード第3「苫小牧カレーラーメン」、「全国のビール工場をコンプリートしようシリーズ」その7でΓキリンビール北海道千歳工場」の予定。

東室蘭を早朝に立って、美々川の終点の植苗橋を確認して、出発点の松美々橋へ。
松美々橋でカヤックと必要な道具を下して、相方が残って私はキャンピングカーに乗って植苗橋へ向かい、キャンピングカーを駐車場にデポして、折り畳み自転車で松美々橋に戻りました(6.2km)。
カヤックを組み立てて、折り畳み自転車を松美々橋にデポして、カヌーポートからスタートして、植苗橋に到着後、カヤックを片付けて、キャンピングカーで松美々橋に折り畳み自転車を回収して終了となります。
所謂回送ですが、本来は、先に植苗橋に折り畳み自転車をデポして、キャンピングカーで松美々橋に行ってキャンピングカーをデポ、カヤックを組み立てて、川下りを開始して植苗橋に到着して、私が折り畳み自転車で松美々橋へ戻って、キャンピングカーで植苗橋に戻る、が素直な方法です。
松美々橋で車をデポして車上荒らしに遭った記事を読んで、近くに人家があって環境の良い植苗橋にキャンピングカーをデポするために逆にしました。
アルブレイズH号(折り畳み自転車)をデポ。

image

立派なカヌーポートからスタートします。
image

湿原を蛇行して流れる小川、澄んだ水と緑鮮やかな水草、お伽噺のような風景、誰もが思い浮かべる北海道の川下りでしょう。
image

image

image

image

image

image

image

突然現れる白鳥 。
image

image

image

少し川幅が広くなって、流れもごく緩やかになり、美々川名物の強い向かい風が吹いて、漕ぎ難くなりましたが、フォールディングカヤックですので何とかなります。
image

遡上する鮭鱒を捕らえるウライをポーテージして回避するように指示がありましたが、今年はまだ設置されていませんでした。
image

image

image

image

終点の植苗橋のカヌーポートに到着。
ゆったり、2時間のダウンリバーを楽しみました。
image

充実のカヌーポート等、素晴らしい設備と環境です。
富栄養化で近い将来、葦や水草が繁茂して川下りができなくなるだろう謂われています。
その前に、是非お薦めです。
美々川DRの軌跡。
image


苫小牧市 美々川 カヌーガイドライン」のPDFを添付します。
image

image

image


ご当地&ソウルフード第3「苫小牧カレーラーメン」で「味の大王総本店」へ。
image

カレーラーメンセット(半チャーハン、1,000)と辛口カレーラーメン(930円)。
中太麺に粘度たっぷりでスパイシーなカレーを掛けた、だけですが、何かとても美味しい。
北の地のソウルフードに相応しい一品、冬に食べたら尚一層美味しいでしょうね。
image

半チャーハンも、ほぼ一人前。
ボリューム満点でお腹一杯、結構な運動だったので、よしとしましょう。
ご馳走様でした。

最後に、Γキリンビール北海道千歳工場」へ。
キリンビール工場は、取手、仙台と3工場目です。
image

image

工場見学の次第は、少しづつ変っていて結構飽きません。
北海道工場は、とても広くて、巨木と芝生の緑が北海道らしいです。
image

試飲は、一番搾り北海道づくりx2、一番搾りx2、一番搾り青森づくりx1、キリンラガーx1、とたっぷり頂きました。
image

image

image

喉の渇きを我慢しての一杯(三杯ですが)、とても美味しい。
ご馳走様でした。

さてさて盛り沢山な一日でした。

回送ポタ
本日走行距離:6.2km
累計走行距離:3,701km

台風なみの春の嵐の中、取手の某所へ。
当初は家から目的地まで歩くつもりでしたが、余りの強風で取手駅までバスで行って、そこから歩くことに。
image


久々にキリンビール取手工場のHPを見たら、工場見学の試飲にこの4月に新発売となった「一番搾りシングルモルト」が加わったとの情報があり、思わず見学の予約をしてしまいました。
image

image


一番搾りはこんなことを始めるんですね。
47都道府県のビール、思わずコンプリートしたくなりますが、キャンペーンのプレゼントで当選する以外は不可能です()。
image

image


何度も聞いている説明ですが、その都度、結構新鮮に感じるのは何故でしょうかね。
但し、この入れ物は新顔です。
image


さて試飲です。
「一番搾りシングルモルト」(右)と「一番搾り」(左)を各2杯。
試飲に付くおつまみ。
image

「一番搾りスタウト」
image

一番搾り 小麦のうまみ」と追加で購入したチーズ。
image

「一番搾り シングルモルト」と「一番搾り 小麦のうまみ」を初めて飲みました。
勿論美味しいのですが、やはり「一番搾り」が一番美味しい、かな。
ご馳走様でした。

帰りも歩いて。
常磐線の壁に壁画を作成中、TAP(Toride Art Project)の作品かも。
image

我が家から4km強の場所にキリンビール取手工場があり、「全国のビール工場をコンプリートしよう!」シリーズで第1番で訪れています。
取手工場は全国で一番大きな工場で、ハートランドの全製品を作っている工場でもあります。
最近ですが、月に1回(第2土曜日の午後1回、20名)、「ハートランドツアー」なる工場見学があることを知りました。
毎月の1日に翌月の予約を電話で受け付けますが、あっと言う間に満杯になるようで、結構ハードルが高い工場見学です。
12月1日に漸く予約が取れて、今日訪れることに。

徒歩で、キリンビール取手工場に向かいます。
image

西取手辺り
image

JAとりで医療センター(旧取手協同病院)の裏手
image

キリンビール取手工場、1時間の散歩でした。
image


15:20、スタート。
レクチャーと工場見学で70分、試飲30分という長丁場です。
ハートランドの来歴から製法、等々。
image

定番の乾燥発芽麦芽の試食。
image

此も定番の麦汁の試飲。
因みにハートランドは一番麦汁とニ番麦汁を用いるそうです。
image

土曜日なので工場は稼働しておらず、瓶詰めは映像で。
image


さて試飲会です。
4杯/1人という太っ腹。
先ずはハートランドの生ビール(x2)とおつまみの柿の種チーズ味。
ハートランドの生ビールは初めてかも。
すっきりとした味わいで美味しい。
image

追加で売店で購入した大人のチーズの四川麻婆風味と帆立醤油バター味、ビールと良く合います。
image

ハートランドの小瓶(x2)を、 ナビゲーターの方の勧めで、 瓶のまま飲んでみることに。
味が変わるとのことですが、何かそんな気もしました。
image

一番搾りプレミアム、前に飲んだ時はもっと美味しかったような…。
image

一番搾り取手づくり、3回注ぎ泡盛り上げで。
香り良く、旨味濃く、とても美味しい。
image

一番搾りスタウト、変化をつけるのには良いかな。
image

一番搾り、取手づくりを飲んでしまうと、大人しい印象になってしまいますね。
image

たっぷり4杯、2人で8杯、ビールを堪能しました。
ビール工場で飲むビールって、何故こんなに美味しいのですかね。
ビールの鮮度、適切な温度や注ぎ方、でしょうか。
ご馳走様でした。
さて、「ハートランドツアー」、今までの工場見学でサントリービールの武蔵野工場と甲乙付け難く、素晴らしい。
また何時の日か訪れたいですね。

このページのトップヘ