烟霞淡泊

カテゴリ: キャンピングカー(SWALLOW スワロー)

北への旅の途中、プレアデス号のエントランスドアのシェードを釣っている紐の取り付け具が取れてしまい、シェードの調節ができなくなってしまいました。
image

image

RVランドに連絡して、部品(取り付け具)の調達も含めて調べてもらうことになりました。
少し時間がかかりそうそうです。

今回は、釣や他のアクティビティの道具を積むので、ラッゲージスペース始め保管場所の整理と合理化を。

ベッド下のラッゲージスペースは、カヤックの積め方を変更して、収納ボックスの変更、ダンボールを加工してピッタリの収納箱の作成・・・等々と工夫して、およそ2倍ぐらいが収納できるようになりました。
image

ベッドの足元の上のスペースとトイレ。
image

キッチン周りの収納。
image

ダイネットの上の収納。
image

バンク
image

まだ相当に余裕がありますが、先々を考えると、これくらいは必要でしょう。

茨城県「花火キャンプ2016年初夏」の準備(?)
奥利根湖パドリングの時のお土産の蒟蒻芋(残り3個) で蒟蒻作り。
作り方は前回と同様。
image

image

image

image

image

皮を剥いた状態で810g、出来上がりは35個となりました() 。

3月未、西への旅から帰って洗車して以来、洗車していませんでした。
それと屋根は1年ぐらい掃除していなかったので、洗車と併せてすることに。
洗車道具、高圧洗浄器・スポンジブラシ・スクイジーと脚立。
image

image

屋根に乗らないで脚立で掃除。
image

溜まっていた砂ぼこりを洗い落として、鼠色だった屋根が真っ白に。
image

全体を洗車して、バーコード汚れも消えてピカピカに。
image

ついでに家の下水の排水溝の根っ子切りと掃除(2~3回/年)もやって、全2時間の作業。
お疲れ様でした。

3日前にキャンピングカー倶楽部のステッカーをプレアデス号の背面に貼りました。
もう1枚は、前面のバンクの角度が低く段差もあって貼るのが難しく、プレートに貼ってダッシュボードに置こうと考えていました。
ところが実際に確かめてみると、バンクの最前面に何とか貼れそうなことが判り、早速貼って見ることに。
前回と同様に水貼りです。
image

表のフィルムを剥がして完成。
image

image

キャンピングカー倶楽部の30cmX15cmの黄緑色のステッカーを2枚発注して、届きました。
プレアデス号の後面に1枚貼って、1枚をプレートに貼ってダッシュボードに置く予定です。
image


カッティングステッカーを貼るのは初めてです。
作成者の小林さんのアドバイスに従って水貼りすることに。

1)水に3%程度の台所洗剤を加え霧吹きに入れる
2)プレアデス号の貼り付け部分を水拭きする
3)ステッカーの裏紙を剥がす
4)ステッカーの裏面とプレアデス号の張り付け面に1)を噴霧する
5)ステッカーをプレアデス号に張り付ける
6)ステッカーの面フィルムの上からしっかりと押さえ付け、ステッカー裏面とプレアデス号の面を密着させる。

今日は此処まで、表フィルムは2~3日後に剥がして完成です。

image

image

前回の旅で木の枝で傷つけたプレアデス号の側面をコンパウンドで磨きました。
RVランドのコンパウンドで、昨年「ハラさん」に分けて頂いたものです。
image

コンパウンドで磨いた前後。
結構目立った傷が綺麗に消えたのですが、写真だと判りません…()。
image

image

他のこびり付いた汚れも落としてみましたが、本当にこのコンパウンドは綺麗になりますね。

タカギの簡単水やりタイマー」は、他のホームセンターの価格もしらべましたが、ジョイフル本田が一番安かったので、本体と必要な付属品を購入。
image

今回の旅では、風知草一鉢にセットする予定です。
本体に電池を入れて、時間と水やり間隔/水やり開始時刻/水やり時間をセット。
本体を水道栓に設置。
分配器とホースとノズル(スプリンクラータイプ)を接続して、植木鉢にセット。
image

散水の状態を確認、良好です。
image

プレアデス号受難、昨年の末からこんな状態。
鳥の糞のバ一コード。
image

サイクルキャリアもこんな状態。
image

周りの地面も此の通り。
image

その原因は?、夕暮れ時に集まる椋鳥の大群です。
image

我が家の頭上の電線には、鳥が止まれないように上に細い鉄線が張られており、鴉や鵯には効果があるようですが、椋鳥ぐらいの大きさの鳥には効かないようです。
この件で、昨日東京電力に電話すると、状況確認に本日午前中に訪問とのこと。
素早い対応ですね。
東京電力の方が状況を確認し、電線の上の鉄線を2本にして椋鳥も止まれ難くする、という対策を採ることになりました。
工事は1.5~2ヶ月後、とのこと。
期待しましょう。
当分は時折洗ってやりましょう()。

本日、プレアデス号の修理が終了し、RVランドに受け取りに行き、その帰りに野菜を調達に、久々に常総市水海道の「ほくそう」に寄ってみました。
9月の関東・東北豪雨以来初めてです。

DSC_5287

営業されていましたが、お知らせが貼ってありました。
DSC_5286
何時も美味しい野菜がたいへん安く揃っていて、一番多く通った直売所でした。
とても残念で、悲しい…。
また再開できることを願っています。

我が家に帰還したプレアデス号。
40日間の入院でした。
早速、今週、近場に出かけようと思います。
DSC_5288

プレアデス号の右側面の上部の木の枝によるキズの件、消しゴムで擦って少し目立たなくしましたが、「ハラさん」さんからRVランドのコンパウンドを分けて頂き、試してみました。
薄く塗り込むようにしてふき取ると、キズは殆ど見分けがつかなくならないくらいまでなりました。
シルバーと紺色の塗装部分は勿論、ロゴやデザインマークのテープに付いたキズも同様な効果でした。
image

また「かわいいHERO」さんからも、コンパウンド+プレクサスの情報を頂きました。
プレクサスはアクリルウインドウのキズ消しによいとのことで、また試してみたいと思います。
有り難うございました。

少し早いのですが、本日のお昼は土用の鰻と 新四国江戸川霊場八十八ヶ所巡礼の決願のお祝いを兼ねて、柏の「大和田」へ。
養殖鰻の「板東太郎」を取り扱っています。
板東太郎取り扱い店の龍ケ崎市の「中川」、我孫子市の「小暮」に伺ったことがあり、何れも美味しく頂きました。

繁盛店でもう直ぐ土用の丑の日ということで、開店の20分前に着きましたが、既に数人が並んでおり、開店時には結構な行列になっていました。
image


先ずは飲み物を、ビールと日本酒。
image


つまみその1、肝わさ。
image

湯引いた肝を山葵醤油で頂きますが、肝の旨味が鮮やかで、これは美味しい。

つまみその2、肝焼き。
image

定番の美味しさ。

つまみその3、白焼き。
image

塩と山葵で、強い旨味ながら上品で、ふわっとした食感、とても美味しい。

鰻重
image

ふっくらとした焼き上がり、甘辛さ控え目のタレ、想像通りの美味しさ。
肴を摘まんで軽く飲んだ後、2人で1人前で丁度良いボリュームです。
鰻をたっぷりと堪能して、一杯飲んで、8千円強、良い店ですね。
ご馳走様でした。







右側面上部のキズですが、先ずは消しゴムで擦って消えるかどうか、試します。
image

下段がbefore and afterです。
遠目に判らない程度に薄くなりました。
取り敢えず今回はこれで良いかな。
image

image


今回は通る前から枝があることは判っていました。
避けるほど道は広くないので強行しましたが、次回同じようなことがあれば、何か対策を考えてみようと思います。
「投げ縄を投げて枝を曲げてから通る。
曲がらないような枝だったら、潔く迂回。」と言うのはどうでしょうか?

プレアデス号用のLEDのヘッドライトは揃えましたが、懐中電灯が無かったので、こちらも買い揃えました。
image

OHM LED LIGHT GT22SVD 90lm(977円)で、とても明るい。

もうにひとつ、キャンピングカーネタを。
鎌先温泉に向う山道で、木の枝で思い切りプレアデス号の上部側面に引っかきキズを長々と付けてしまいました。
image

写真に撮すといまいち映りが悪いのですが、実際の見た目、相当に目だつキズです。
どうしょうか?、思案中。

午前中は定例の用事で龍ケ崎市へ。

日清食品関東工場、煙突が"らしい"ですね。
image


イトーヨーカ堂龍ケ崎店」で買い物して、辺り、北竜台公園を散策。
image

新緑の緑がとても鮮やかです。
image


昨年の亀山湖紅葉カヤックの時、プレアデス号のドアに傷(凹み)を付けてしまいました。
傷隠しにステッカーの様な物を貼ろうと思っていましたが、イトーヨーカ堂でアルファベットのステッカーがあったので8枚を購入。
プレアデス(PLEIADES)をドアに。
image

image

なかなか良い感じです。


プレアデス号のエントランスドアが閉まらなくなりました。
もともと思いっ切り閉めないと留まらない状態だったので、いよいよといった感じでです。
RVランドに持って行くために内側は紐で固定して外側はガムテープで留めました。
image


RVランド」に10:00前に到着。
image

引き渡して商談ルームで修理を待ちました。
さて修理ですが、本体の方の受け囗の金具の位置がズレたようで、調整でOK。
右のテールランプの内側に水が溜まっていて、急遽修理となりました。
修理終了、ドアも軽い力で閉まるようになりました。
う~ん、とっても快適です。
もっと早くに修理すれば良かったですね。

RVランドは朝から、お客様が訪れています。
RVランドイオンモールつくば」も開店して商売繁盛の様子、何よりです。
流山の車中泊車専門店(?)「RVランド コンセプト」も、そうなんですかね。
NETで引いてもよく判りませんでした。

野菜も調達しに、水海道の「ファマーズマーケットほくそう」に寄りました。
image

image

image

キャベツ(150円)、菠薐草(120円)、蕪(130円)、生姜(175円、135円)、べにはるかの干し芋(せっこう、700円)。
べにはるかの干し芋は絶品の美味しさで我が家の定番です。
"せっこう"は「」という意味だそうです。
よく見ると「平成26年度ほしいも品評会その他の品種」銀賞のシールが貼ってあります。
image

生産者の黒澤武史さんは「たまゆたか」で金賞、「べにはるか」で銀賞だったそうごす。
通りで美味しい訳です。

帰宅して玄関でふと、そう言えば今年は未年でした。
玄関の番羊、凄く重い。
image

車体(カムロード)の1年点検と右後部のぶつけた跡(北海道からの帰りで1回目:私、伊豆の旅で2回目:私、千葉外房で3回目:相方)の修理で自宅のすぐ傍の自動車の整備工場にプチ入院。
漸く帰ってきました。
綺麗に修復されて、跡形もありません。
さて、ぶつけないように気を付けなくては。
image

昨年の10月4日にスワローが我家に来て、名前をつけようと思っていました。
ツバメの外国語、星の名前にしたかったのですが良いものが見つからず、1年が経とうとしています。
候補2つからの選択。
 北極星:ポールスターorポラリス
 昴:プレアデス
ポラリスはICBMに使われていたので(古い!!)却下。
星としては北極星は地味で昴はとても個性的で好き。
ついでに私の星座(牡牛座)の中にあります。
ということで、少々言い難いのですが、「プレアデス号」にしようと思います。
昴、プレアデス、 Pleiades
⇒プレアデス星団[3](プレアデスせいだん、Pleiades)は、おうし座の散開星団である。メシエ天体としての名称はM45。和名はすばる[3]。
image

プレアデス号、2013年10月、北海道の朱鞠内湖
image

隊長(相方です)! 如何でしょうか?
う~んという隊長ですが、ほとんど好きにしたらというレベルで承認。

帰省中の次女と相方と私の3人で、キャンピングカー(スワロー)の2箇月点検でディラーのRVランドへ(常総市)。
その前に食事を。
坂東市の「ー刀手打ちそば更科」。
相生(生粉打ちと裁ちそば、1000円)
image

相生(更科と柚子切り、1000円)とかき揚げ(700円)
image

かき揚げそば(1250円、画像無し)
生粉打ちは喉越し、裁ちそばはぬめりと食感、更科は歯応え、柚子切りは香りが楽しめました。
汁は更科らしく極辛です
かき揚げもさくっと揚がっていました。
御馳走様でした。
2箇月の点検
RVランドのロビー
image

今日はRVランドでフリマがあったようです。
image

ベッドの下のラッゲージの照明が点かないことが判明。
此方の都合で、今日はここまでで、対策は次の機会に。

Swallow(スワロー)の車内を紹介します。
入り口から対面座席(ダイネットと呼んでいます)。
外に出られない時は、一日の多くの時間をここで過ごすことになります。
テーブルを外してソファを展開すると小さなベッド(子供2人用)に。
DSC_0790
車内の後部。
常設のベッド。
セミダブルより少し大きいぐらい。
寝相が悪いとバンクベッドへ追いやられるかもしれません。
上部の白いものはクーラーです。
室外機は車体の底部に組み込んでいます。
因みに、FFヒーターも組み込まれています(車の燃料と共用)。
クーラーより、此方の方が良く使いそうですね。
DSC_0786
キッチン。
トップとシンクと蛇口だけのシンプルな造り。
調理は卓上コンロです。
水は清水タンクからポンプで汲み上げられます。
DSC_0788
ビルトインの冷蔵庫。
小さくて、飲み物と2、3日分の食料が精一杯ですね。
DSC_0793
キッチンの上。
電子レンジ、ダクトと収納ボックスです。
DSC_0785
バンクベッド。
運転席の上から始まっています。
スライドを手前に引くと大人2名分のベッドのなります。
DSC_0789
ダイネットからテレビ台、運転席。
運転席からソファを跨ぐとダイネットに行けます。
DSC_0792
運転席と助手席。
ハンドルは水平気味で、もろトラックっといった感じです。
DSC_0791
荷物の積み込みも終わりました。
15:00頃出発の予定です。
常磐道、磐越道、東北道、青函連絡フェリーで北海道へ向かいます。
このキヤンピングカーの名前を付けようと思います。

今年の3月に発注したキャンピングカー,スワローが納車となりました。
永年の夢でした。
PlumField(九州福岡のビルダー)のスワロー(Swallow)です。
トヨタのカムロードというキャンピングカー専用のシャーシーにコーチ(居住部)を載せる、という造りです。
所謂、日本国内で最もポピュラーなキャブコンバージョンというタイプです。
車の緒元は、4WD/4AT ディーゼル 3000cc 144PS  全長5,250mm 全幅1,980mm 全高2,650mm。
狭い庭をつぶして駐車場を拡張しました。
斜め前から。
DSC_0783
真横から。大きい・・・・・。
運転の下手な私は車庫入れが不安です。
(相方は運転が上手い。)
DSC_0781
来週、1週間お休み(遅い夏休み)を貰って10月6日から北海道に旅行に行きます。
スマホでもBlogは入力できますが、少々面倒ですがトライしてみましょうか。
Swallow、スワローの購入の経緯と車内、どんな風になっているか?も、おいおいと。

このページのトップヘ