烟霞淡泊

カテゴリ: キャンピングカー(SWALLOW スワロー)

先週の月曜日にRVランドへ入院したプレアデス号が退院しました。
エントランスの上部の留め金のバネ交換と下部の構造体のヒビ割れの補修でした。
当たり前ですが、軽く押すだけで気持ち良く閉まるようになりました。
[画像:e8ab7bfd-s.jpg]

お昼は天婦羅そば、そば粉100%の乾麺でそば感は強く美味しいのですが、もりのように冷たくした方が良く合いそうな蕎麦でした。
[画像:dab9dc76-s.jpg]
ご馳走様でした。

午後は、釣り道具の片づけと槍烏賊の仕掛け作り。
鹿島沖の浅場で群れが固まって、入れ乗りだったという情報があり、釣行の準備です。
幹糸:7号(幹間130cm)、ハリス:4号(10cm)、たまご針(5本)+赤白スッテ(1本)。
3組を作成しました。
[画像:1f386b4a-s.jpg]
但し、此処のところ天候は荒れ気味で、どうしたものかと思案しているところです。

夕食は、焼き餃子と水餃子、鰹の叩き、蕎麦の実納豆、若芽の酢の物。
我が家の夕食に定期的に作る餃子、最近は焼き餃子と水餃子の両方を出すのが定番になっています。
[画像:952346a4-s.jpg]
ご馳走様でした。

午後、少し熱っぽいと思ったら、夕方に37.5℃。
私の平熱は35.5℃くらいなので、37.5℃は微熱では無く、少々高熱といったところです。
大人しく、早めに就寝するすることにしました。

ラジオショッピングで紹介されていたカーワックス[新型ポリマー/超ハード]を購入して、プレアデス号のワックス掛けをしてみました。
納車以来4年半、始めてワックス掛けです。
[画像:8d6ec486-s.jpg]
手順は、水拭き⇒ワックス塗布(専用スポンジ)⇒硬く絞った濡れ布で拭き⇒乾いた布で拭き上げ⇒終了(7時間は雨等で濡らさないこと)
ワックスを塗る前に左右の側面の上部に付いた木の枝による擦り傷をコンパウンド(2016年に「ハラさん」さんから譲り受けたもの)で消しました。

[画像:018e082d-s.jpg]
作業終了後、納車以来見たこともないような光沢で、風景が綺麗に映り込んでいます。
[画像:fb4a62f8-s.jpg]
鏡のように明瞭に映っていますね。
[画像:04610b2d-s.jpg]
beforの写真を撮らなかったので、以前に洗車後に撮った写真、少し風景が映り込んでいますが、大違いですね。
3年間はノーワックスでOK、水洗いだけで埃や汚れが落ちるが歌い文句、楽しみです。
[画像:26ad2de3-s.jpg]

本日の夕食、最近通っている藤代の「タイヨー」で購入した鰹の叩きとイワシクジラの赤身の刺身、チーズ入り豚肉巻きカツ、めのは(山陰の板若芽、相方の母上からの頂き物)、蕎麦の実納豆。
イワシクジラの赤身の刺身、癖も無くさっぱりとしていながら肉のしっかりとした旨味があって美味しいです。
100gで200円弱と安くてこれは良いものを見付けました。
[画像:991c5461-s.jpg]
ご馳走様でした。

午前中はプレアデス号の洗車。
何時もは水洗⇒洗剤⇒水洗⇒水拭きで1時間程度なのですが、融雪剤の塩化カルシウムをたっぷり浴びているので、時間を掛けて洗います。
下回りは防錆のノックスドール施工をしていますが、それでも充分に水洗します。
前後左右の面と天井も時間を掛けて洗いましたが、特に背面は黒い鉄粉?ようなものがこびり付いて、少々洗っても落ちません。
濃い洗剤で洗って放置して強く擦っても黒いぶつぶつが残ります。
CCCのNさんによれば、アスファルトのピッチではないかと、であればピッチクリナーで落ちるとのことで、今度試してみましょう。
3時間弱掛けて洗車終了です。
結露で湿気を帯びた車内を乾燥させるために、ドアやハッチを開放しました。
[画像:c6881031-s.jpg]

つくばの臨床検査関連のNPO法人の理事長のSさんの退職祝いが、夕刻上野で開催され参加しました。
土曜日の夕方の上野の改札口、結構な人出です。
[画像:a196e425-s.jpg][画像:aab21635-s.jpg]
時間があったので上野公園の入り口から不忍池へ散策。
[画像:e742961b-s.jpg]
櫻が咲き始めていますが、「オオカンザクラ」でした。
カンヒサクラとオオシマサクラの雑種だそうです。
上品に赤みが差して、綺麗ですね。
[画像:44f5bbf3-s.jpg]
[画像:dd65b443-s.jpg]
[画像:4141df69-s.jpg]
[画像:b30cc2b0-s.jpg]
NPO法人の会員12名で楽しくSさんを囲んで会食。
最近は若い人の新規参加もあって、少し賑やかになりました。
是非、続いて欲しいものですね。
[画像:32cd39a8-s.jpg]

今月末から冬の北への旅第3弾、一昨年は南東北、昨年は北東北、そして今年はいよいよ津軽海峡を渡る予定です。
先日はウォッシャー液とカセットトイレの洗浄水の極寒地対応をしましたが、プレアデス号の車検や定期点検をお願いしている自動車整備工場で、ラジエターの不凍液の交換と、昨年12月の奥日光と榛名湖畔のP泊の朝にセルモーターの回り方が心もとなく感じたので念のたメインバッテリーのチェックをお願いしました。
ラジエターの不凍液(クーラント液)の濃度を現行の30%(~-15℃)から50%(~-35℃)に変更、メインバッテリーは正常範囲内に入っていますが下限ギリギリ、何れは交換するのでこの際にと早めに交換することに。

本日の夕食、金華鯖の干物(辛味大根おろし添え)、スペアリブBBQ風、蕎麦の実納豆。
金華鯖の干物は1枚75円、小振りですが日本で2番目に高い金華鯖、本当かな?と思いながら頂きましたが、脂の乗りも上々でありながら上品な旨み、これは美味しくお得ですね。
また有ったら是非買いましょう。
[画像:45f8cbfb-s.jpg]
ご馳走様でした。


今日も秋晴れの朝です。
DSC_4318
2日続けて快晴というのは久しぶりですね。
DSC_4319

昨日に引き続き、二階の出窓の処置で、防水剤を塗布しました(1回目)。
塗る前ですが、雨水と経年で腐った雨戸の敷居部分を取り除くとこんな感じでボロボロになっていて、底が抜けているところもありますね。
DSC_4320
DSC_4321
防水剤をたっぷりと塗布しました。
DSC_4322
DSC_4323

さて取り外したアルミの雨戸は粗大ゴミとして守谷の常総環境センターで廃棄します。
取手市役所に行って廃棄の書類を貰って常総環境センターへ車で行きますが、プレアデス号で行くことにしました。
廃棄物を載せたまま車体の重量を測定して、廃棄後にまた車体の重量を測定して、その差重量から廃棄物の重量を求めて、その重量分の料金を払うという仕組みです。
廃棄後の車体重量がプレアデス号の重量なので、試しに測ってみようということです。
これがその結果ですが、2,970kgと予想よりかなり重いです。
プレアデス号の状態は、
軽油満タン(80L、67kg)+清水満タン(44L、44kg)+車載の荷物(20kg)+2名乗車(120kg)
となっています。
車検上の車両重量は2,580kg、車両重量は「いますぐにでも走れる状態の重さ。燃料・オイル・水など規定の全量および標準仕様の荷台が含まれます。 乗員や荷物や工具・スペアタイヤなどは含まれません。」とありますので、それで計算してみると、2,580+44+20+120+20(スペアタイア)=2,784kgとなり、今日の実測値(2,970kg)と190kg足りません。
キャンピングカーの車両重量って違うのでしょうかね?。
[画像:fa68bf27-s.jpg]
我が家のフル装備は、これから+200kgぐらいなんで、約3,200kgと車検上の車両総重量(3,020kg)は超えますが、タイヤのロードインデックスから求めた耐荷重が4,200kg程度なので、まずまず余裕があると言える状態です。

帰宅して、13:00頃、防水剤の2回目の塗布を行って、16時頃にウレタンフォームを吹き付けて、今日の作業は終了です。
DSC_4328
DSC_4327
DSC_4326
乾いたら溢れ出た部分を削って完成です。

午前中は、アルブレズK&H号で守谷辺りで買い物へ。
ふれあい道、戸頭辺り
[画像:4e910d7c-s.jpg]
守谷の裏道、如何にも守谷らしい家が並んでいます。
[画像:303a4fd9-s.jpg]
利根川自転車道
[画像:baa1b608-s.jpg]
ここ数日の大雨で川幅一杯に増水しています。
[画像:6bed85cd-s.jpg]

プレアデス号の車検を8月末日に予定していて、側面窓の開度25cm未満の対策(RVランドで教えて貰った方法)を実施することに。
最近厳格化されてきた、キャンピングカーの構造要件で、側面窓が開度が25cm未満であることが最近厳しくチェックされることがあるようです。
工具と材料
[画像:0e72cb15-s.jpg]
大きい窓用(1組)と小さい窓用(3組)の計8本。
[画像:6ede1653-s.jpg]
窓のシリンダーの留めネジに通して設置します。
[画像:f2db293c-s.jpg]
[画像:7963e10a-s.jpg]
[画像:ca16eb2b-s.jpg]
[画像:a4dba467-s.jpg]
23cmぐらい開いたところで止まって、それ以上は開きません。
[画像:796d49ee-s.jpg]
小さい窓3つも同じように設置して、終了です。
[画像:aeb0966a-s.jpg]

早起きして、暑くなる前に1時間30分でプレアデス号を洗車。
帰り道に、排水タンクに清水を貯めてハイターを入れて運転して帰ってきたので、排水して水道水で 何回か濯いで綺麗にしました。
清水タンクも全部排水して、新しく水道水を口まで一杯に入れました。
これで後片付けは終了です。

洗車後にプレアデス号の故障修理でRVランドへ。
枝幸のかにまつりの時、強風が吹いたせいで、①エントランスドアの上部の留め金具の動作不良(一旦占めると開かなくなる。強風でドアが強い力で閉まった時にバネ外れか破断等が起きた模様。居合わせたキャンピングカーの達人の川崎のKさんにガムテープで留めるという応急処置をして頂きました。)と②前部のMAXX FUNの開閉ノブの不良(ある程度開けるとカラ回りしてしまう。これも強風でMAXX FUNの蓋にダメージを与えたみたいです。)、という故障です。
DSC_2709
①は留め金具を固定しているバネが破断していてバネの取り寄せ修理(結構時間が掛かりそうで、)、②は開閉のギアが破損していたので交換修理、となりました。
もともと①が起きた原因は、プレアデス号のオリジナルの開けたドアを固定するキャッチ部品がそれほどの強度を持っていなくて、強風でキャッチ部分が外れて、勢いよくドアが閉まったためでした。
そこで、③今のキャッチ部品(A)に、さらに強力なキャッチ部品(B)を追加する作業も依頼しました。
午前中いっぱい掛かって、作業は終了。

お昼を大分過ぎたので、守谷の「丸亀製麺」で饂飩を頂きました。
季節限定の「旨辛肉つけうどん(並)」(690円)と「ぶっかけ大+野菜掻き揚げ」(390円+130円)。
旨辛つけうどんは、甘辛く炒めた牛肉と海苔のたっぷりかかった冷たい麺をラー油の効いたピリ辛つけ汁(温玉入り)に漬けていただくというもの、想像通りの美味しさです。
ぶっかけ、この値段で真っ当な饂飩がお腹一杯食べれるというのは有難いです。
お客さんがひっきりなしなので、いつでも殆ど茹で立てが食べれるというのも丸亀製麺の良い所だと思います。
(讃岐うどんの名店でも、茹で置きで時間が経ったものを出されて、がっかりすることがあります。)
DSC_2710
ご馳走様でした。

プレアデス号の2点の故障の修理で「RVランド」へ。
結構久しぶりの訪問ですね。
DSC_0827
故障2点は、エントランスドアの引き網戸のレール受け破損と上部のブレーキランプ(LED)切れの2点ですが、2時間弱の交換修理で終了。
その後に、側面窓の開閉の25cm以下規制の対応策を教えて貰いました。
色々なやり方があるようですが、絶縁被膜付圧着端子と撚りワイヤーで固定装置を作って装着する方法です。
材料は帰りにホームセンターに寄って購入することに。

帰宅して少し遅いお昼は、シラスと苦筍のスパゲッティ。
苦筍、重宝しますね。
DSC_0828
ご馳走様でした。

絶縁被膜付圧着端子と撚りワイヤーで工作。
撚りワイヤーの長さは、窓がの開口距離が25cm以下となるように調節します。
DSC_0830
作った端子付きワイヤーを上下開閉窓のバーの2つの螺子留めに嵌めて螺子で固定して完成。
DSC_0831
DSC_0832
DSC_0833
これで25cm以上は開かないようになり、規制に合致します。

プレアデス号のエントランスの網戸の下部のレールの受け部が破損してしまいました。
観察すると応急の修理ができそうなのでトライしてみることに。
DSC_0698

破損部分と本体をドリルで穴を開けて、結束バンドで結んぶという方法です。
本体は薄い鉄板なので鉄板用のドリル歯を準備して作業、少し引っ掛かりが残りましたが、先ず使えるというレベル。
image

image
しばらく様子を観ようと思います。

本日のお昼は玉葱たっぷりカレー。
先日の新玉葱をたっぷり飴色に炒めてルーに、更に山盛りの厚くざく切りした新玉葱をさっと煮て出来上がり。
新玉葱とキャベツのコールスローと午前中の作業のご褒美のビール(擬き)を添えて。
DSC_0701
カレーに新玉葱大2個、コールスローに0.5個、美味しく、血液サラサラかな。

今日は朝早く、プレアデス号を洗車して、併せてセビラー SK200DS(以下、愛称ワイルドダック号で)を干して収納する等、後片付けをしました。
3月始めにプレアデス号のエンジンオイルを交換しましたが、3月の櫻旅プロローグと4月~5月の櫻小旅で8,000kmも走ってしまったので、エジソンオイルを交換することに。
自宅の近くの自動車整備屋さんで交換をお願いします。
併せて、プレアデス号の背面上部のブレーキランプ切れも診て貰うことに。
image

image

ブレーキランプですが、一連の10個のLEDとのことで、部品入手が難しく、やはりディーラーに相談した方が良いとの話で、先ずはRVランドに連絡を取ってみることにしました。

北東北の旅のある日、プレアデス号の背面に雪の塊がぶら下がっていました。
後輪で巻き上げた雪が、後部背面の内側に積もって配線を巻き込んだ雪の塊となり、運転のショックで落下して配線でぶら下がっている状態でした。
外から見ると判り難いのですが、下に潜って見ると明確です。
配線は結束バンドで括ってあるのですが、上部の部分が垂れ下がっています。
DSC_7631
DSC_7632
ということで、垂れ下がっている部分も結束バンドで固定しました。
DSC_7633

これで配線が雪の塊に巻き込まれることも無いでしょう。
併せて昨日洗浄した下回りも観察してみました。
昨年の冬前に防錆剤のノックスドールを施工していますが、それでも下回りは軽く水で洗浄した方が良いとされています。
特に、排気系およびマフラーは高温になるためノックスドールは塗られていませんので水洗は必須です。

マフラーは薄っすらと錆が浮いていますが、それ以外は塗られたノックスドールが黒々としています。
DSC_7624
DSC_7625
DSC_7626
DSC_7627
DSC_7629

北東北冬の旅のお土産であるものを作ってみました。
林檎(フジ)の容器、十和田湖冬物語のかまくらBarで飲んだ凍結林檎容器の梅酒の真似です。
冷凍庫に入れて凍結します。
DSC_7620

今日も穏やかなS冬晴れ。
image


昨日に引き続き、プレアデス号のメンテナンスで傷消しその2。
背面のラッゲージドアの下が、荷物の出し入れ等で傷付いて、青い塗装が剥げています。
image

image

この青色の塗料に対応するソフト99タッチペンT-24E トヨタ用8P4ダークブルーマイカMがあり、塗装してみることに。
3年前、駐車する時、右後部をぶつけて付けた大きな傷の応急処置した時の残りです(結局、近所の修理工場で塗装してもらいましたが)。
image

養生して、傷のところをワンポイトで少し厚に、全体を軽くスプレーして、少し時間を置いてから、コンパウンドで磨きました。
image

image

色も艶も結構差がでてしまいましたが、まずまずの仕上がりです。
まあ、良しとしましょう。

朝早く、月例の墓参りに中野へ。
DSC_6092
新春の花壇の準備ですかね。
DSC_6091
暮れのせいか花が手向けたお墓が多いですね。
DSC_6090
寒桜でしょうか、先月から咲き続けています。
DSC_6093

帰宅して午後はプレアデス号の傷消しと大掃除。
先ずは傷消しから。
プレアデス号のボディーは狭路の通行で木の枝等で沢山の傷がつきますが、キャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」から頂いたコンパウンド(RVランド販売?)で磨いて消すことができます。
今年の3月6日に磨いていますので、10ヶ月振りですね。
写真にすると見難いのですが木の枝による傷が4本ぐらいついています。
DSC_6094
コンパウンド
DSC_6095
布に少しコンパウンドを付けて軽く円を描くように磨いて、綺麗な布で拭き取ると、傷は消えるという寸法です。
浅い傷であれば結構綺麗に消すことができます。
左右で6本ほどの傷を消しました。
次はプレアデス号の中の掃除です。
「セスキ水」で壁、棚、窓の汚れを落として、空拭き。
DSC_6099
油や手垢の汚れはよく落ちます。
DSC_6097
床はコルクシートを敷いていますが、取り外して埃を取って、拭き掃除。
DSC_6100
DSC_6101
エントランスの敷物、MAAX FANの網、換気扇の網、等も掃除。
夕方まで掛かって、終了。
綺麗になりましたね。

先週の木曜日にトヨタからプレアデス号のベース車両の「カムロード(ディーゼル)」のリコールの案内が来ました。
ディーゼル噴射装置の不具合で、部品交換とプログラムの書き換えをするそうです。
image

予約を入れて12月1日となりましたので、指定の茨城トヨペットにプレアデス号を預けました。
仕上がりは明日18時とのことで、明後日の朝に取りに行くこととしました。
image

そう言えば、自動車だけでなく全ての製品で、リコールは始めての経験ですね。

ところで、ここのところ日々の生活の活動量が低下していますね。
何とかしたいと思うのですが・・・。

西への旅の途中、プレアデス号の冷蔵庫(WARECO  CoolMatic MDC65)のフリーザーの上下扉の受け孔が破損して、RVランドに連絡したところ、交換部品としてストックがあるとのことで、朝一番でRVランドを訪問。
破損したフリーザー扉の外枠の受け孔。
DSC_5074
DSC_5076
DSC_5075
40分程度で修理完了。
こような故障は結構あるようで、外枠のストックをしているとのことです。
フロントドアの留め具とフリーザーの扉、取り扱いは優しくしなければいけませんね。
修理代(部品+作業費)で6,800円でした。
全取っ換えだったらどうしようなんて想像していたので、助かりました。

さて、今夕は元勤め先のOBが8人集まって東京の八重洲で会食です。
一昨日の元勤め先の現役との邂逅と続きますね。
その前に入谷の浅草釣具店で買い物をして、八重洲までゆっくりと散策しました。DSC_5084
DSC_5085
DSC_5086
DSC_5087
DSC_5088
さてこの会食は、今年6月にお世話になりました札幌在住の先輩が音頭を取っての集まりですが、今年初めて声を掛けて頂き、私も参加しました。
皆さん、お変りもなくお元気で、何よりです。
昔話とお互いの近況等、お酒もたっぷり頂き、楽しい一時を過ごしました。
勢い余って、昔事業所があった押上の行き付けの居酒屋「青葉」へ梯子。
25年くらい前に通ったお店ですが、今も昔と同じに営業されて、ご主人も変わらずご健在でした。
少々飲みすぎて、久々に記憶がとぎれとぎれの夜となり、取手駅発の最終23:55のバスで帰宅しました。
また来年も皆さんにお会いできると良いですね。

昨日、茨城県北芸術祭の旅の帰り、RVランドに寄りましたが、用件は2点でした。

1)カーナビのスタート時に「車速信号が検出できません。車速信号中継コードの接続をご確認ください。」という警報が出て、暫くの間ナビゲーションが不正確になる。
少し時間が経つと正常に案内するようになる。
先週、RVランドでルームミラータイプのモニターを設置して、バックカメラの映像を常時映すようにカーナビへの映像ケーブルから分岐して接続する作業をしてから、この警報が出るようになった。
image

⇒カーナビの一部の接続が外れており、接続でトラブル解消。
2)シンクの排水の不具合。
・排水がシンクに溜まって流れない。
・外部放出のコックを開けると直ちに排水される。
⇒排水タンクの空気抜きのホースに蜂が巣を作って空気抜きができなくなっていた。
こんなことがあるんでね~!?。
巣を取り除いてスムーズに排水できるようになった。
image

すっきりと解決。
近くにRVランドがあって大変助かっています。


北海道の旅で故障したエントランスドア(外国製)のシェードの部品が入荷して修理可能となったので茨城県常総市のRVランドへ。
image

シェードを吊る紐の取り付け具の外れなのですが、その部品のみの供給が無くシェード一式交換の少し大掛かりの作業になってしまいました()。
image

この修理と併せて、①後方のMAXXFANの取り付けネジに錆が浮いて雨漏りのような跡、②ナビ経由のFMラジオの受信が悪い、③バックモニターの画像を常時映したい(後方の車を確認したい。)、点検と相談を。
修理の間、トレイラーハウスの休憩所でオリンピックを見ながら待ちました。
image

作業終了。
image

image

取り替えたシェードは、部品予備用として貰って帰ることに。
image

修理費総額14,040円(部品代:5,400円、技術料:8,640円)でした。
その他の件ですが、
①MAXXFANの取り付け部材にひびが入りコーキングにも隙間ができていたため。
とりあえずコーキングの処置で様子見。
③は現有のバックカメラからの映像を分配してバックミラーモニターに写すという案(部品代・技術料、総額約4万円)。
依頼しました。
何やかんやで午前中一杯かかってしまいました。

北への旅の途中、プレアデス号のエントランスドアのシェードを釣っている紐の取り付け具が取れてしまい、シェードの調節ができなくなってしまいました。
image

image

RVランドに連絡して、部品(取り付け具)の調達も含めて調べてもらうことになりました。
少し時間がかかりそうそうです。

今回は、釣や他のアクティビティの道具を積むので、ラッゲージスペース始め保管場所の整理と合理化を。

ベッド下のラッゲージスペースは、カヤックの積め方を変更して、収納ボックスの変更、ダンボールを加工してピッタリの収納箱の作成・・・等々と工夫して、およそ2倍ぐらいが収納できるようになりました。
image

ベッドの足元の上のスペースとトイレ。
image

キッチン周りの収納。
image

ダイネットの上の収納。
image

バンク
image

まだ相当に余裕がありますが、先々を考えると、これくらいは必要でしょう。

茨城県「花火キャンプ2016年初夏」の準備(?)
奥利根湖パドリングの時のお土産の蒟蒻芋(残り3個) で蒟蒻作り。
作り方は前回と同様。
image

image

image

image

image

皮を剥いた状態で810g、出来上がりは35個となりました() 。

3月未、西への旅から帰って洗車して以来、洗車していませんでした。
それと屋根は1年ぐらい掃除していなかったので、洗車と併せてすることに。
洗車道具、高圧洗浄器・スポンジブラシ・スクイジーと脚立。
image

image

屋根に乗らないで脚立で掃除。
image

溜まっていた砂ぼこりを洗い落として、鼠色だった屋根が真っ白に。
image

全体を洗車して、バーコード汚れも消えてピカピカに。
image

ついでに家の下水の排水溝の根っ子切りと掃除(2~3回/年)もやって、全2時間の作業。
お疲れ様でした。

このページのトップヘ