烟霞淡泊

カテゴリ: 雑記帳

茨城県かすみがうら市の歩埼の「帆引き船フェスタ2018」へ。
実は数年前に行ったことがあり、霞ヶ浦を操業中の帆引き船を観る遊覧船や地引網体験等のアトラクションがあって、なかなか楽しくてまた行こうと思っていたのですが、機会がありませんでした。
当初は5月3日の予定だったのが、悪天で今日(5月4日)に延期になっています。

自宅から48kmで、10時前には会場の駐車場に着きました。
DSC_9774
霞ヶ浦湖畔を会場へ。
五月晴れ、気温は24℃くらいで、そよ風が吹いて、絶好の行楽日和です。
DSC_9775
フェスタ開場
DSC_9776
屋台が沢山
DSC_9780
小振りの白魚丼の振る舞いがありました。
DSC_9778
ちいさなカップのご飯の上に立派な白魚干しがたっぷり、なかなか太っ腹です。
DSC_9777
うーん、とても美味しい、白魚干しをお土産に買って帰りましょう。
DSC_9779
カヤック試乗のアトラクション(100円/1人)があったので、参加しました。
1人用のシットオンのリジット艇です。
DSC_9782
私は沢山あった一般的なリジット艇でした。
1525505805992
小貝川でキャンピングカー倶楽部の方のリジット艇を借りたことがあるので、2回目ですね。
結構直進性が高く、また速くて、なかなか快適です。
1525505811746

1525505820644
相方のは、ちょっと短い艇で、真っ直ぐ漕ぐのが少し難しいみたいです。
DSC_9783
爽やかな風を受けて、気持ちの良いパドリング、色々なカヤックに乗るのもまた楽しいですね。
DSC_9784
会場に戻ると、陸上で帆引き船の帆を張っていました。
DSC_9791
そよ風を受けて、綺麗に帆が広がっています。
DSC_9792
色々なアトラクションも
DSC_9796
お昼(お弁当)に追加の食材、鯉の竜田揚げ(300円、写真奥)を購入。
DSC_9795
会場の木陰に、先日買ったフォールディングテーブルとイスを組み立て。
DSC_9786
お弁当(総菜とお稲荷さん)と鯉の竜田揚げとノンアルコールビール。
DSC_9790
最高のランチテラス、少しばかり運動?したので、とても美味しく頂きました。
DSC_9787
霞ヶ浦フィッシュ&チップス?
もしかしたらと思って聞くと、フィッシュの正体は「キャットフィッシュ」、前々から食べてみたかったので、お昼を食べたばかりというのに、ハハハ・・・。
DSC_9793
チップス(蓮根)の下に大振りキャットフィッシュの唐揚げが沢山。
キャットフィッシュは、むっちり弾力のある綺麗な白身で素直な旨味、評判通りの美味しさです。
DSC_9794

白魚干しが会場で売っていなかったので、近くの「道の駅たまつくり」へ行ってみることに。
この道の駅もお気に入りで、此方方面に来た時には必ず寄って霞ヶ浦の水産物や野菜を買って帰ります。
今日は白魚干し(300円)と鯉のあら(200円)を購入。
DSC_9797

帰り掛けに「霞ヶ浦総合公園」に寄って散歩。
DSC_9798
この公園のシンボルの風車、水辺に立つ姿が風景に合っていますね。
DSC_9805
DSC_9799
DSC_9802
DSC_9801
左の青い花は遠くからですが、5月初旬で水辺で背があまり高くないで、杜若ですね。
右手の黄色い花の水草は「アサザ」でした。
DSC_9804
蓮畑、30種以上が例年6月中旬から下旬に見頃となります。
DSC_9806
DSC_9807
前回来た時には工事中だったプール、出来上がって、子供用のじゃぶじゃぶ池が解放されていました。
DSC_9809
初夏を思わせる青空です。
DSC_9808

帰宅して夕食の準備、大きな鯉一匹のあらで鯉こくを。
DSC_9810
水と酒で洗ったあらを、沸騰した湯で湯通しの下拵え。
DSC_9811
湯通ししたあらを水から弱火でゆっくり焚き上げ、沸騰したら味噌を溶いて砂糖で少し甘みを加え、葱を散らして出来上がり。

絹さやと豚肉の炒め物、韮ともやしのナムル、鯉の洗い、エシャロット、白魚干し、おぼろ豆腐。
DSC_9813
鯉こく、この方法で作ると、鯉の旨味がよく出て、身はふっくら、美味しいです。
勿論、この方法は魚全般のあら汁、潮汁、煮物にも適応できます。
DSC_9814
ご馳走様でした。

以下、オマケです。
前回というか初めてこのフェスタに行ったのは何時か?が気になって調べてみました。
blogを書き始める前なので、2013年か2012年ではないかとNETで検索すると、ある方のblogの「帆引き船フェスタ2013」に行きつきました。
その中のある一枚の写真(お断り無しに借用、お許しをIMG_6806.JPG
地引網に入った獲物を見ている人々の中に、なんと!、帽子を被って青いジャンパーを着た私が写っていました。
こんなこともあるのですね。
因みに、獲物は鯉と鮒で、持ち帰ってくださいという呼びかけに誰も手を上げませんでしたが、私は一匹頂いて〆て、近くのコンビニで氷を買って車載の保冷バックに入れて持ち帰り、洗い、鯉こく、甘辛煮にして美味しく頂きました。
ということで前回は2013年5月4日(or5日)でした。


朝早くからつくばへ。
昨日の続きで、今日は昨日作成した中性脂肪試薬を用いて検討です。
通いなれた道です。
DSC_9638
DSC_9639
DSC_9640
夕方まで、検討。
色々ありましたが、取り敢えず終わりました。
ただ、リタイアして3年ですが、作業をすると自然と当時の知識や技能が蘇り、何とも不思議に感じました。

さて、5月は2つのキャンピングカーの旅を計画しています。
1つ目はゴールデンウィーク明けの週の後半から翌週くらいの天気の良いウィークデーで3日ぐらい、奥利根水源の森でキャンプして、奥利根湖とならまた湖のパドリングです。
2つ目は、5月25日から6月1日くらいまでで、喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク⇒裏磐梯パドリング梯子(小野川湖、秋元湖、桧原湖、曽原湖)⇒会津温泉巡り⇒長瀞ダウンリバー(ダッキ一)、です。
喜多方酒蔵探訪のんびりウォーク、2014年の5月にキャンピングカーの旅で喜多方の街歩きをした時、大勢の人が首からお猪口をぶら下げて楽しそうに歩いてのを見て、後でこのイベントであることが判り、何時か来たいと思ってました。
4年越しで、漸く願いが叶いそうです。
Screenshot_20180427-171419
Screenshot_20180427-171454

4月20日付の朝日新聞の地方版(茨城県)で、取手利根川河川敷でさくら草が咲いているという記事があり、行ってみることに。
[画像:e282f026-s.jpg]
[画像:0b4c436b-s.jpg]
さくら草群生地は、取手運動公園の利根川上流方面の外れ、ゴルフ練習場の裏手にありました。
その来歴は、
『「取手自然友の会(高田和男会長)が99年、各地から花株を取り寄せて移植した。 国の特別天然記念物「田島ケ原サクラソウ自生地」(さいたま市)から株を分けてもらったり、自宅で種から育てたりしてきた。11年前から、友の会が「利根川べりに群生地を」と、国土交通省が確保してくれた長さ100メートル、幅20メートルの河川敷に移植して栽培している。』
とのことです。
[画像:1dc81afe-s.jpg]
日本さくら草らしい、可憐な花が咲いています。
[画像:9cf24b43-s.jpg]
[画像:40e67c47-s.jpg]
[画像:fd35a151-s.jpg]
[画像:646a6fab-s.jpg]
[画像:7c2b1054-s.jpg]
[画像:9a465312-s.jpg]
思いの外、立派な群生地でした。
私の父が、生前、日本さくら草の栽培を趣味にしていて、沢山の品種のさくら草を2~3百鉢育てていたことを懐かしく思い出しました。

プレアデス号の洗車とDIYの一日。
少し前にガラスコートワックスを掛けて2回目の洗車。
こびり付くような汚れが付着したので、水洗(高圧洗浄機)⇒洗剤(手洗い)⇒水洗(高圧洗浄機)⇒そのままま、と洗浄。
前回は、水洗(高圧洗浄機)⇒そのまままで、水滴が乾燥してその跡が汚れとして大分残ったのですが、今回はどうなるかなと。
水滴の跡の汚れは多少ありますが、先ず綺麗になりました。
やはりこの程度の手間は必要なのかも。
DSC_9034

午後は、先日の物置の木の棚の強化と居間の壊れた雨戸の対処とDIY擬きを。
やれば何とかなるという結果でした

夕方、家のTVが映らなくなりました。
午後に吹いた強風で集合アンテナが故障したみたいです。
仕方が無いので、プレアデス号でTVを観て、そのまま食事をすることに。
青椒肉絲、筍の土佐煮、鰹の刺身、常備菜3種、G7のシャルドネ。
筍と鰹、旬の食材、美味しく頂きました。
DSC_9035
ご馳走様でした。

明日の4月7日(土)に小貝川の福岡堰でお花見カヤック(葉桜になりますが)を計画していますが、キャンピングカー倶楽部の青森のOYさんから、差し入れを頂きました。
クリガニ」です。
毛蟹の親戚で、北東北では春から夏が漁期で、特に櫻の咲く頃に獲れ出し、花見蟹とも呼ばれるそうです。
DSC_8977
大きい鍋を3つ用意して、薄めに塩水を沸かして、沸騰したら大きさにより10分から15分湯で上げました。
1つの鍋で茹でたクリガニ。
DSC_8978
茹で上がったクリガニを新聞紙に乗せて、風に晒して、荒熱を取ります。
DSC_8979
荒熱が取れたら、20Lのクーラーに凍らしたペットボトルと共に入れて、保冷。
DSC_8981
湯で上げた人の特権()で、味見しました。
取り出した身とみそを、茶碗ご飯に盛って、醤油を垂らして、ミニ蟹丼。
上品な旨味の身、たっぷりの濃厚なみそ、美味しいですね。
毛蟹よりさっぱりとした美味しさで、こっちの方が好きだという人がいるのも、判る気がします。
DSC_8980
明日の焚き火会が楽しみです。
OYさん、素晴らしい差し入れ、有難うございました。

玄関ドアに郵便物の投入口を設置することにしました。
投入口のキットをジョイフル本田で購入して、後はDIYです。
DSC_8925
DSC_8926
投入口の大きさに合わせて、ドアに投入孔を開けるために、電動ドリルで4角に穴を開け、手動の糸鋸で切れ込みを入れます。
DSC_8929
その切れ込みに電動ノコギリを入れて、くり抜きます。
DSC_8931
DSC_8933
DSC_8935
投入孔にヤスリを掛けて、平らにします。
DSC_8936
プラスティックのガイドを嵌め込み。
DSC_8938
金属の投入口を固定するためのネジ孔を開けます。
DSC_8941
ドアの表側に金属の投入口を嵌め込んで、ドアの裏側からネジで固定します。
DSC_8942
これで出来上がり、1時間半の作業でした。
DSC_8946
先ず先ずの出来です。

物置は、灯油や各種ゴミ(可燃、不燃)や園芸用品、キャンプ&キャンピングカー用品を収納していますが、乱雑になって、物を探したり取り出したりすることもままならない状態になっていました。
一念発起()して片付けて、併せて金棚に台のような棚を作って収納スペースを増やしました。
DSC_8924
今はストレスも無く、物を出したり、仕舞えたりできるようになりました。
DSC_8923

常総ふれあい道の桜並木、旅に出る前は一分咲きでしたが、満開で青い空に良く映えます。
DSC_8824DSC_8826
取手駅東口の櫻、染井吉野と陽光ですね。
[画像:a1fc6e34-s.jpg]

下妻まで用事があって、その往きに「ハラさん」さんの紫水ファームに初めてお邪魔しました。
家庭菜園とミニ果樹園とログハウス、着々と進んでいます。
DSC_8831
DSC_8835
DSC_8836
出来上がりが楽しみですね。

下妻へ行く途中に、福岡堰に立ち寄りました。
来週末に「ハラさん」さん初めキャンピングカー倶楽部(CCC)の方々とお花見カヤックを予定していて偵察なのですが、開花が予想を超えて早く、今日既に満開です。
例年ですと自宅の周りの櫻の一週間後ぐらいに満開になるのですが、今年は異様に早いですね。
来週末は花筏と葉桜になってしまいそうです。
DSC_8837
DSC_8838
DSC_8839

もう一ヶ所、国道294号線の水海道ロードパークに寄ってみました。
櫻の季節、此処を走ると綺麗に咲いていて、機会があれば訪れたいと思っていました。
DSC_8840
青空に薄紅の染井吉野が良く映えます。
DSC_8842
櫻越しに筑波山が。
DSC_8843

24日(土)から、千葉県神崎町の「発酵の里こうざき酒蔵まつり2018」を皮切りに、千葉県で今まで訪れることが少なかった外房の中央部のいすみ鉄道と小湊鉄道の辺りを巡る小旅行へ出ることにしました。
こうざき酒蔵まつりは2015年に初めて、2017年には北海道で知り合ったFさんご夫妻とMさんと訪れ、今年もご一緒で3回目になります。
「鍋店(仁勇)」と「寺田本家」の二つの造り酒屋と神崎町の催し物で、2009年から始って今年で9回目、4千人の町に5万人が訪れて、街全体が日本酒の香りに包まれるという素敵なイベントです。

[画像:bb6fa3ab-s.jpg]

まつり会場傍の某所にキャンピングカーを停められる所を探して、前泊・後泊して日本酒をたっぷりと楽しもうという魂胆、楽しみです。

風知草の新芽が出ました。
父に貰って15年以上経っているものです。
風知草は乾燥に弱く、何度か枯れそうな危機があったのですが、何とか残りました。
今は自動散水機も設置して、長期間の旅行でも水の供給は問題なくできます。
DSC_8446

先日、渋谷に出た時マークシティーで一目惚れで購入したショルダーバック。
art-berg doのクロスレザーです。
見た目は皮のようなのですが、布に樹脂を吹き付けたような加工をしているそうです。
合皮は長く使うと如何にも剥げたようになるのですが、このクロスレザーは使い込んだ皮のような風合いになるそうです。
それと軽くて手入れが簡単なことも特徴とのことです。
ポケットが沢山あって、また見た目以上に収納は大きくてA4版のファイルが入ります。
少し早いのですが誕生日のプレゼントに買って貰いました
DSC_8442
DSC_8443
DSC_8444

今使っていたショルダーバックは2015年6月10日、イオンモール成田の「パッセンジャーメッセージ」でこれも一目見て気に入って買ったものです。
私のお気に入りは、何時もこんな感じですね。
これはオーソドックスな皮のショルダーです。
[画像:2cfe7141.jpg]


<北への冬の旅2018年の総括>

 当初、冬の北海道車旅の準備、お役立ちグッズ&情報、注意点等も纏めて投稿しようと思ったのですが、それはもう少し時間を頂いて別途投稿します(この記事の後半に追加しました)。
旅の間にお世話になりましたキャンピングカー倶楽部(CCC)のメンバーの方々に、また色々とアドバイス・情報・コメントを頂きました皆様に、お陰様でこの旅を楽しく無事に終えることができましたことを、改めてお礼申し上げます。

☆はお奨めです。
1)期間:1/28~3/2、34日間
2)走行距離:5,212km(道内;3,720km、道外:1,492km)
3)燃費:7.78km
 北海道内の28日間はFFヒーターを24時間連続運転で、その分の軽油量も含んでの数値です。
    プレアデス号の平均燃費から、FFヒーターを24時間終日運転した時の軽油消費量を推定すると、平均3.2L/1日となりました。
4)立ち寄り/通過県
 茨城県、栃木県、福島県、山形県、秋田県、青森県、北海道、岩手県、宮城県の計9道県
5)祭り・イベント
 ☆ニッカウヰスキー余市蒸留所ナイトツアー(北海道余市市)、☆千歳・支笏湖氷濤まつり(北海道千歳市)、☆洞爺湖イルミネーション&花火(北海道洞爺湖町)、☆さっぽろ雪まつり、旭川ふゆまつり(北海道旭川市)、☆男山酒造開放(北海道旭川市)、☆層雲峡氷瀑まつり(北海道上川町)、ISE・愛す・阿寒冬華美(北海道釧路市)、☆しかりべつ湖コタン、☆RVパーク「ウエネウサルみどり」(開業前)訪問
6)アクティビティ
①☆ワカサギ釣り:蓴菜沼(北海道七飯町)、網走湖(北海道網走市)、阿寒湖(北海道釧路市)
②☆スノーシューハイク:麓郷の森(北海道富良野市)、神の子池(北海道清里町)、タウシュベツ橋梁(北海道上士幌町)
③☆流氷ウォーク(北海道斜里町)
④街歩き:秋田、余市、札幌、旭川
7)温泉(かけ流し温泉のみ)
 栃木県:塩原温泉光雲荘、山形県:☆舟形温泉柏陵荘、秋田県:にかほ市温泉保養センターはまなす、青森県:☆出町温泉、北海道:☆鶴亀温泉、洞爺湖万世閣ホテルレイクサイドテラス、☆十勝岳温泉カミホロ荘、☆豊富温泉豊富ふれあいセンター(北海道豊富町)、☆熊の湯(北海道斜里町)、みどりの湯(北海道斜里町)、☆糠平温泉中村屋(北海道上士幌町)、☆鹿部温泉鹿の湯(北海道鹿部町)、☆谷地頭温泉(北海道函館市)、☆東北温泉(青森県東北町)
8)ご当地フード&食材
 スープ入り焼きそば@こばや食堂(栃木県)、☆山形蕎麦@原口そば(山形県)、☆山形蒟蒻@丹野こんにゃく番所、酒田ラーメン@ケンちゃんラーメン酒田店(山形)、☆温泉もやし@大鰐温泉(青森)、尾上焼きそば&津軽ラーメン@味助(青森県)、チャイニーズチキンバーガー@ラッキーピエロ(北海道七飯町)、☆生若芽(北海道)、☆カスベ(北海道)、☆タツカマ(北海道岩内)、☆スケソウ鱈&スケタチ(北海道)、カレーライス&餃子@みよしの(北海道札幌市)、☆旭川塩ホルモン@馬場ホルモン(北海道旭川市)、新子焼@ぎんねこ(北海道旭川市)、☆美幌豚まん@点香苑、☆ごっこ鍋(北海道)、☆釧路ラーメン@まるひら(北海道釧路市)、黒ハモ丼@道の駅知床・らうす(北海道羅臼町)、☆揚げかまぼこ@道の駅三石(北海道しんひだか町)、☆黄金揚げ@バーべキューパーク・ブロイラー(北海道苫小牧市)、いか飯@柴田商店(北海道森町)、☆山川牧場牛乳・ジャージー牛(北海道函館市)、☆宇都宮餃子@正嗣氏家店(栃木県さくら市)
9)外飲み
 ☆ほるもん猿(秋田県秋田市)、ノ貫(秋田県秋田市)、☆モツの朝立ち(北海道札幌市)、☆馬場ホルモン(北海道旭川市)、ぎんねこ(北海道旭川市)
10)その他
 ①水汲み:きのこ王国大滝本店大滝湧水ホロホロの恵み(北海道伊達市)、男山酒造仕込み水(北海道旭川市)
 ②温泉卵:☆定山渓温泉「定山源泉公園」(北海道札幌市)
 ③立ち喰いそばの名店シリーズ(第21軒目として):☆まるかつ(北海道滝川市)



<準備事項、注意点、お役立ちグッズ&情報>
 
 初めての冬の北海道の車旅、私自身の先々の為に、また今後計画される方々の為に、準備事項、注意点、お役立ちグッズ&情報を纏めてみました。
 さて内容については一部は私の経験からですが、多くはキャンピングカー倶楽部やmix繋がりの方々に頂いたアドバイスや情報を基にしておりました、使わせて頂くにあたり、改めて皆様にお礼申し上げます。
 何分にも冬の北海道初心者なのでその分は割引いて頂き、また私の理解不足や誤解で誤った事柄や不適切な表現がありましたら、その点はご指摘の程、お願い致します。
 多少なりともお役に立つようであれば幸いです。

Ⅰ.基本情報
1.車の情報
 ベース車両:2013年式、トヨタカムロード リヤワイドトレッド Gパッケージ 4WD/4AT ディーゼル 3000CC 144PS、非[寒冷地仕様(*)]
*:メインバッテリー×2個、スターター強化、フューエルヒーター他
2.雪道・凍結道路の運転経験
 運転経験が無かったので、一昨年2月に南東北(福島・宮城・山形)、昨年2月に北東北(福島・宮城・岩手・青森・秋田、山形)と行くも、貧雪で余り練習にはならなかった。

Ⅱ.準備
1.車関連
1)エンジン・燃料関連
①メインバッテリー交換
 行き付けの整備工場で点検して貰い、製造後4年でメインバッテリーの能力が正常範囲内下限とのことで、寒冷地仕様で無いこともあり、安全を見越して交換。
②LLC濃度変更
 整備工場に依頼してラジエターの不凍液の濃度を30%(凍結-15℃以下、以下略)から50%(-35℃)に変更
③軽油の種類の選択
 2号軽油(流動点-7.5℃まで以下略)をタンク1/3で程度で出発して、栃木県の日光辺りで3号軽油(-20℃)を満タン給油、東北と道南道央南部は3号軽油、道央北部と道北は特3号(-30℃)を使用。
 不思議なことに東北だけでなく北海道でも、何号軽油か?と聞いても正確に答えてくれるところは少なく、「冬用です」、「この辺りはこれで凍結しません」という答えが殆どだった。
 セルフ給油の所がほとんどでしたので、事務所にいる人(バイト?)に聞いたからかもしれないが、ちょっと不思議に思う。
2)装備関連
①冬用ワイパーに交換
②ワイパー洗浄液を寒冷地用のガラコ(-40℃)のに交換。
③カセットトイレ洗浄液は解氷ウォッシャー(-60℃)の水道水2倍釈液(-21℃)に交換。
④一酸化炭素警報機を新設(密閉されたコーチ内で火器使用やFFヒーターの長期運転で念のため)
3)車載道具関連(☆:今回よく使用したもの)
①降雪・凍結対策
 鉄製シャベル、プラスティック製シャベル、☆雪はらい用ブラシ、☆アイススクレーパー、解氷スプレイ(霧吹きタイプ)、☆氷落とし用ゴムハンマー、氷結雪割用ペグ(キャンプ用の鍛造ペグで代用)、☆ドア及びハッチゴム部凍結防止用のスプレイ潤滑油(通常のスプレイ潤滑油で代用)、☆スプレイガラコ(バックモニターやサイドミラーに噴霧して防霜・防曇)
②防寒用
 ☆大窓用厚型アルミシート(自製)、☆コーチドア用薄型アルミシート板(自製)、☆居室/運転席カーテンと薄型アルミシート板(自製)、☆段ボール加工板多数(ベッドエリア結露・凍結防止)、☆コーチ内の床のコルクシート敷き
2.衣類・防寒用品
1)厳寒時(夜間のイベント等)の防寒対策
 薄手と少し大きめの2枚のダウンジャケットの重ね着、ヒートテックタイプの下着、耳が隠れる帽子とネックウォーマー、厚手の靴下、完全防水のムートンブーツ
2)キャンピングカー内
 毛糸の室内履き、湯たんぽ
 
Ⅲ.便利グッズ&情報
1.便利グッズ(必要性はキャンピングカーの特性と関連するので、参考程度に)
1)コック付きタンク(清水供給系が凍結して食器洗いに重宝)
2)小バケツ(排水系が凍結して食器洗いの排水受けに重宝)
3)4L程度のポリ瓶(飲料水給水用、甲類焼酎等のポリ瓶が適)
2.便利情報
1)北の道ナビ:北海道の道路情報(道路走行の一般的な情報・注意点始め、冬の北海道ならではの情報)が網羅されている。
①視界情報(北の道ナビ内):冬の北海道で最も怖いホワイトがある程度予測できる。
②峠情報(北の道ナビ内):リアルタイムの峠道の画像を掲示
2)天気関連
①日本気象協会のtenki.jp
3)冬のイベント情報
①北海道じゃらんイベント情報
②北海道観光公式サイトGoodDay北海道・イベント
4)北海道情報誌「HO」(600円)
無料入浴券と半額入浴券の付録があり、今回、4,900円分の入浴料を節約できました。

Ⅳ.運転について
1.基本
 スピードを出さない、急ハンドルと急ブレーキは厳禁、充分な車間距離、早朝夜間の走行は避ける。
2.雪道・凍結道の運転
1)除雪された圧雪道・アイスバーンに新雪が被った道:比較的走りやすい。
2)凍結道
①剥き出しのアイスバーン
 ゆっくり、ブレーキはあまり踏まずにシフトダウンとエンジンブレーキの多用で走る。
②ブラックアイスバーン
 濡れた路面のように見えるので危険、出現時は運転しない方が無難。 
 安全な所まで何とか走って、運転を休止してブラックアイスバーンが消えるのを待つ。
③大きな轍が掘れている凍結道
 ハンドルが取られ車が暴れて接触事故等と危険、後輪がワイドだと予測が出来ない時がある。
3.ホワイトアウトについて
1)出現時の運転
①ヘッドライトとハザードランプを点けて、速度を落として前方を注視して、車幅標識を確認しながら走行する。
②ホワイトアウトが悪化して、車幅標識が見えない時間が長くなるようであれば、追突されないような駐車スペースのある所まで走って、ホワイトアウトが終わるまで待機する。
4.運転時間
 遅出早着が基本、天候も加味して路面がしっかり見える間に走行する。

Ⅴ.情報(多分にキャンピングカーの特性と関連するので、事項によっては参考程度に)
1.サブバッテリーについて
 FIAAM/205A×1で、100km以上の走行で翌日まで電量は持つが(~11.8V)、50km以下だと厳しい。
 バッテリー残量が少なくなって、どうしても電力が必要な時は、暖気運転とフロントガラスの氷溶かしを兼ねて近くに駐車が無いことを条件に、約30分のアイドリング充電を行った(アイドルアップ30分で0.3~0.4V、満充電の12~16%程度)。
2.FFヒーターの運転について
 道内に入ってから24時間の連続運転。
 当初は清水供給系と排水系の及びベッド下のラッゲージ内の野菜・食品の凍結防止を目的に25~30℃設定したが(実際の室温は15℃程度)、それでも供水系と排水系が凍結して、バッテリーの電量を消費して持たなくなったので、コーチで起きている間は25~30℃設定で、それ以外の就寝時及び運転時は10℃設定(実際の室温は5℃前後)にして過ごした。
3.供水系と排水系の凍結について
 外気温が-5℃以下で排水系は凍結、-8℃以下で給水系も凍結(いずれも一部の配管がコーチ外の外気に出ている)。
 結局Ⅲ.の1)の①②のような対応が必要となった。
4.給水
1)飲料水
    飲料は、自宅から持ち込みと銘水汲み場(2箇所)とミネラルウォター購入。
2)洗い水
   1)と同様と、貰い水。
5.洗い水の節水の工夫
 朝食(自炊率90%)、昼食(自炊率30%)、夕食(自炊率90%)で、大量に積んだ端切れで使った食器をふき取り、僅かな洗剤と水で洗い、食事1回分の洗い水は0.5~0.7L。
6.ゴミ捨てに関して
1)生ごみは少量ずつビニール袋に入れて空のジェネレーターボックスに収納して纏めて廃棄(ecoステーション等)、冬場は外気温に近い場所で収納すれば腐ることも無く便利。
2)資源ゴミも纏めてスーパー等のリサイクルボックスで廃棄する。
7.凍結防止対策
1)ドアとハッチのゴム部分にスプレイ潤滑油を定期的に塗布。
2)タイヤハウスに付着する雪氷はこまめにゴムハンマー等で落とす。
3)リアのランプに付着する雪をブラシで落とす(後続車に点灯ランプを見えるようにする)。
4)下回りの跳ね上げの雪氷が大量に固まって、ハンドルが切り難くなったり、異音がするようであれば、コイン洗車場で高圧洗浄する(案外、コイン洗車が無くて苦労した)。








<風景10選>
①じゅんさい沼から駒ケ岳

[画像:d8ae5fff-s.jpg]
②十勝平野の雪原
[画像:209d1f25.jpg]
③凍り付きそうな納沙布岬
[画像:e6cca390.jpg]
④稚内市の北防波堤ドーム
[画像:65da49b5.jpg]
⑤糠平湖のタウシュベツ川橋梁
[画像:c62ecbf2-s.jpg]
⑥然別湖
[画像:612a8ab5-s.jpg]
⑦中山峠から羊蹄山
[画像:66a31581.jpg]
⑧十勝岳への道
[画像:2b563ea5.jpg]
⑨知床の流氷原の夕陽
[画像:ff90bfd1-s.jpg]
⑩満別の風雪の夜
[画像:699494e2-s.jpg]

<イベント5選>
①千歳・支笏湖氷濤まつり
[画像:c937761d-s.jpg]
[画像:7e1e6619-s.jpg]
[画像:6eb84b45-s.jpg]
[画像:35ae26b4-s.jpg]


札幌雪まつりと道庁のプロジェクションマッピング

[画像:b98a2339-s.jpg]
[画像:f0f000d7-s.jpg]
[画像:7b53d299-s.jpg]
[画像:f3d13fcb-s.jpg]


③洞爺湖イルミネーションと花火
[画像:f4dd76f7-s.jpg]

[画像:3fd0c81b-s.jpg]

[画像:08fb459e-s.jpg]
④層雲峡氷瀑まつり

[画像:ec22cd30-s.jpg]
[画像:71e1f182-s.jpg]
[画像:18fca86c-s.jpg]
[画像:bbb2cb1d-s.jpg]

⑤しかりべつ湖コタン
[画像:229f3530-s.jpg]
[画像:f3855271-s.jpg]
[画像:51968bb9-s.jpg]
[画像:336f3e30-s.jpg]

⑥番外編、男山酒蔵開放
[画像:35f3e03c-s.jpg]
[画像:2834303a-s.jpg]
[画像:42c58583-s.jpg]
<アクティビティー3選>
①ワカサギ釣り
七飯町じゅんさい沼

[画像:f5333dda-s.jpg]
[画像:496de9d3-s.jpg]
[画像:b8715928-s.jpg]
[画像:f4f5277c-s.jpg]
[画像:23dad8fe-s.jpg]
網走湖
[画像:54faef62-s.jpg]
[画像:3d644400-s.jpg]
[画像:f60f0850-s.jpg]
[画像:fcd3a110-s.jpg]
[画像:4584cdc5-s.jpg]
阿寒湖
[画像:9f036f07-s.jpg]
[画像:b3c03f79-s.jpg]
②スノーシューハイク
富良野の麓郷の森
[画像:7fb1536c-s.jpg]
[画像:78b8d6fd-s.jpg]
[画像:7dfb3834-s.jpg]
清里町の神の小池
[画像:4f7a006a-s.jpg]
[画像:921d048b-s.jpg]
[画像:4f925ca3-s.jpg]
[画像:140a02b1-s.jpg]
糠平湖のタウシュベツ川橋梁
[画像:30c5c8c0-s.jpg]
[画像:2ab39f71-s.jpg]
[画像:b54e8682-s.jpg]
③ウトロの流氷ウォーク

[画像:f5ef9896-s.jpg]
[画像:93e6a9b4-s.jpg]
[画像:1e8f16c5-s.jpg]

<温泉5選>

①豊富温泉豊富町保養センター(豊富町)

[画像:55d7226e-s.jpg]
②熊の湯(清里町ウトロ)
[画像:ea3e1413-s.jpg]
③糠平温泉中村屋(上士幌町)
[画像:c1288424.jpg]
④鹿部温泉鹿の湯(鹿部町)
[画像:6cc10007-s.jpg]
⑤東北温泉(青森県東北町)
[画像:8aef0bfb-s.jpg]

<外食10選>
①ウニイクラ丼(道の駅知床・らうす)

[画像:8fc09d51-s.jpg]
②カレーそば(まるかつ@滝川市)
[画像:9a143f23-s.jpg]
③黄金揚げ(バーベキューパーク・ブロイラー@苫小牧市)
[画像:ccae27a3-s.jpg]
④鮭親子丼(道の駅ウトロ・シリエトク)
[画像:12327c58-s.jpg]
⑤宇都宮餃子(正嗣氏家店@栃木県さくら市)
[画像:33109562-s.jpg]
⑥釧路ラーメン(まるひら@釧路市)
[画像:0ade1e0a-s.jpg]
⑦山川牧場牛乳(谷地頭温泉@函館市)
[画像:6309b838-s.jpg]
⑧揚げかまぼこ(道の駅みついし@ひだか町)
[画像:1c7fc1bc-s.jpg]
⑨美幌豚まん(点香苑@美幌町)
[画像:d78e607c-s.jpg]
⑩餃子&カレー(みよしの@札幌市)
[画像:132d3d7d-s.jpg]

<外飲み3選>
①馬場ホルモン(旭川市)

[画像:9ac09895-s.jpg]
[画像:b9eaf5f3-s.jpg]
[画像:14d21ed4-s.jpg]
②モツの朝立ち(札幌市)
[画像:2e268468-s.jpg]
[画像:24762305-s.jpg]
[画像:c4b4163b-s.jpg]
③ほるもん猿(秋田市)
[画像:ae98a6f2-s.jpg]
[画像:e382c915-s.jpg]
[画像:e67cbe5c-s.jpg]


今年の1月にJR藤代駅の傍に新しく開業したスーパーの「タイヨー藤代店」へ行ってみました。
[画像:2920c0ce-s.jpg]

タイヨー」は茨城県(21)、千葉県(16)、東京都(2)で39店舗を展開する地方型スーパーです。
元勤め先の事業所の所在地の龍ヶ崎に店舗があって時折通っていました。
全般的に価格が安くて、品揃えも豊富(特に魚関連)で近くにあると便利なスーパーです。
店舗の建屋が古くて、ディスプレイも洗練されていない印象がありますが、この藤代店は流石新店で綺麗ですね。
酒類と大きな鯛の兜割りと中落がとっても安く売っていたので購入しました。
龍ヶ崎は遠いのですが、藤代ならOK、多分通いそうです。

本日の夕食、鯛の兜の塩焼き、鯛の中落の潮汁、豚肉の生姜焼き、漬物と芥子菜のお浸し。
[画像:d3d005b9-s.jpg]
ご馳走様でした。

デザートに、一日遅れですが、お雛様らしいお菓子も頂きました。
[画像:6bd89bfd-s.jpg]

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)の第4回目に出掛けようと準備したら、アルブレイズH号の後輪タイヤ(20インチ)がこんなことに。

[画像:5bf14777-s.jpg]
タイヤにヒビが入って、更にチュウブのパンク用の充填剤が漏れ出しているような状態です。
大分以前から、相当に擦り減って、そのうちダメになるだろうと思っていました。
[画像:12569277-s.jpg]
サイクルベースあさひ守谷の開店時間(10:30)を待って、持ち込んでタイヤ・チュウブを交換。
結局お昼近くなってしまい、本日の巡礼ポタはまたまた順延。
ところで、タイヤ交換はこれで3回目、前2回も同じような状態で交換しました。
タイヤの寿命は26インチのシティサイクルで3,000km、20インチはその半分で1,500kmだそうです。
アルブレイズH号は2011年4月に購入して只今の累計走行距離は4,300kmですので、3で割れば1,400km、良く合っていますね。

ということで、今日は予定を変えて市役所と税務署へ用足しへ。
[画像:061943c4-s.jpg]
[画像:9a10a1f2-s.jpg]
毎年恒例の行事に備えて、ですね。

元旦から4日連続で良い天気です。
今日も北西の風が強いですが、それでも日差しがぽかぽかと暖かいですね。[画像:9f79d677-s.jpg]


この一週間くらい殆ど体を動かさなかったので、新四国相馬八十八箇所霊場巡り第4日目を考えたのですが、北西の風が強く、布佐から帰る午後には更に強く、まともに向かい風となりそうです。
明日は冬型が緩んで殆ど風が吹かないとの予報なので、明日に延ばすことにしました。

ご近所から頂いた白菜で、相方が漬物を。
4つに割って丸1日干した後、3%の塩と刻んだ昆布と唐辛子と柚子を塗して浸けるとのことです。
[画像:e4b1883f-s.jpg]

相方が南天の実生を茶碗に植えました。
さて、育ちますかね、楽しみです。
[画像:b89b601a-s.jpg]

今日も良い天気です。
DSC_6120

次女を都内に送りがてら、月例の墓参りに。
DSC_6117
墓所に登る石段横の櫻、昨年の11月頃から咲き続けています。
二季咲き性の「フユザクラ」か「シキザクラ」だと思うのですが、花を近くで観ることが出来ないので、どちらか判りません。
DSC_6116
朝陽が当たって暖かくなってきました。
DSC_6118

次女を送って、昼過ぎには帰宅。
午後はゆっくりとして、三箇日が過ぎました。
昨年暮れから良い天気が続き、とても穏やかな正月でした。

最後の一日、恒例ですがリタイア後の3年目の2017年を振り返ってみます。

その前に今年の思い出ショット集を。
1月の栃木の旅の北温泉の天狗の湯、今年一番の温泉。
[画像:394f5cf8-s.jpg]

2月の北東北の旅、十和田湖の美しい雪道。
[画像:111ff45b.jpg]

3月の西へ九州の旅、石垣が崩れた熊本城。
[画像:3f199aae-s.jpg]
柳川水郷、九州で初めてのパドリング。
[画像:281db10a-s.jpg]

4月の桜小旅、愛知県の五条川千本桜。
[画像:e05b9415-s.jpg]
琵琶湖のお花見カヤック。
[画像:caf5e4f6-s.jpg]
角館の枝下桜
[画像:b56a9105-s.jpg]
弘前公園の夜桜
[画像:069e15f8.jpg]
函館の五稜郭公園の桜
[画像:a2abcba8.jpg]

6月~7月の北海道の旅、洞爺湖のパドリング。
[画像:268b8637-s.jpg]
チミケップ湖のレイクトラウトフイッシング。
[画像:d3fb6bf5.jpg]
[画像:e0786f7f.jpg]
美々川
[画像:bf90cd3b.jpg]
支笏湖の朝焼けパドリング
[画像:26dbc444-s.jpg]
積丹半島
[画像:fcadd7c3.jpg]
釧路川源流
[画像:55922cf4-s.jpg]
サーフルアーで初めての釣果
[画像:9fcffdde-s.jpg]

10月の中之条ビエンナーレから新潟県富山県の旅、SPW2017HQ。
[画像:ad95f7d8-s.jpg]
11月の群馬県錦繍パドリングのならまた湖
[画像:4e4eb7a5-s.jpg]
[画像:62628962-s.jpg]

11月のDown the kokai65km
[画像:50417174-s.jpg]

[画像:2ca6ff70-s.jpg]

12月の群馬県の旅、榛名湖イルミネーションフェスタ2017
[画像:b01790b9-s.jpg]

1)キャンピングカーの旅
延べ日数:145日、昨年が134日でしたので最多記録更新です。
今年も1年の1/3以上、よく出掛けましたね。
 1月:栃木の旅(2泊3日)
 2月:北東北の旅(14泊15日)
 2月:かんなの湯の旅(2泊3日)
 3月:こうざき酒蔵まつりの旅(1泊2日)
 3月:櫻旅プロローグ西への旅(17泊18日)
 4月~5月:櫻小旅(28泊29日)
 5月:気田川川下りの旅(2泊3日)
 6~7月:北海道の旅(42泊43日)
 8月:本栖湖パドリングの旅(2泊3日)
 10月:何時もの河原(1泊2日)
 10月:中之条ビエンナーレから新潟県富山県の旅(8泊9日)
 10月:千葉の波止の釣り(1泊2日) 
 11月:群馬県錦繍パドリングの旅(3泊4日)
 11月:かわせみがわらのキャンプ(2泊3日)
 12月:栃木県の旅(2泊3日)
 12月:群馬県イルミネーションの旅(2泊3日)
 
2)カヤックのパドリング
 延べ21日、北海道や九州と遠出もしてよく漕ぎました。
 今年は急流下り用にダッキー(セビラー SK200DS)を追加して、長年の憧れの釧路川源流を美留和橋まで下りました。
 3月:柳川水郷(福岡県)
 4月:琵琶湖(滋賀県)
 5月:気田川☆(静岡県、2日間)
 6月:洞爺湖(北海道)
 6月:千歳川☆(北海道)
 6月:別寒辺牛川(北海道)
 6月:チミケップ湖(北海道、2日間)
 7月:美々川(北海道)
 7月:支笏湖(北海道)
 7月:釧路川・源流域☆(北海道)
 7月:屈斜路湖(北海道)
 7月:尻別川☆(北海道)
 8月:本栖湖(山梨県)
 10月:御岳自然湖(長野県)
 11月:榛名湖(群馬県)
 11月:奥四万湖(群馬)
 11月:ならまた湖(群馬)
 11月:小貝川(Down the kokai 茨城県、2日)

3)ポタリング
 総走行距離:500km、アルブレイズ号の累計走行距離は4,316kmとなりました。
 代表的なポタリング
 6月:洞爺湖一周ポタ(約38km)、2013年の初めての北海道旅行でトライして強風で断念、再挑戦でした。
 11月、小貝川の偵察で52kmと久々の50km超え、左足の骨折以降初めての長距離でした。
 新四国相馬霊場八十八箇所の順打ち(番号順に巡る)を開始して3回で66kmとなりました。
 88番まで22回、500kmを見込んでいます。

4)芸術祭
 2015年の越後妻有トリエンナーレから始まった芸術祭ですが、今年は少なく中之条ビエンナーレの1箇所3日間でした。
中之条ビエンナーレは2015年に行ってますので2回目でした。
 10月:中之条ビエンナーレ(群馬県、3日間)
   札幌トリエンナーレ、名古屋トリエンナーレもありましたが、行けませんでした。
 次回に持ち越しましょう。

5)釣り
 木肌鮪:2、中深場:1、波止釣り:2、鰻釣り:4、渓流釣り:1、レイクトラウト:6、サーフルアー:1
 今年のトピックス
 ①長年の夢の北海道の釣りを本格的に開始。
 特にチミケップ湖でのレークトラウトのトローリングは夢のような釣果でした。
 渓流釣り:イワナ、ヤマメ(新子)
 レイクトラウト(トローリング):サクラマス、アメマス、ヒメマス、ニジマス
 サーフルアー:アイナメ
 ②鰻釣りの開始
 CCCのNさんを師匠に始めました。
 4回の釣行で3匹(大、中、メソ各1本)
 自分で捌いて美味しく頂きました。

6)七福神・八十八ヵ所巡礼
 延べ、6日間でした。
 1月:おおたわら七福神(栃木県)
 11月:今市宿七福神(栃木県)
 11月:邑楽七福神(群馬県)
 11月~12月:新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)3回

7)ビール工場見学
 今年はアサヒビール吹田工場の1件で、累計12件となり、全国24工場の半分の折り返しとなりました。
 
8)散策
 近場、旅先で結構歩きました。
 山手線一周散策は今年は2回、累計9回となり、一周を達成しました。
 昼飲みを組み込んだ「街歩き」もすっかり定着しましたね。

9)色々
①立ち食い蕎麦の名店シリーズは1軒で累計20件になりました。
ちょっと停滞気味ですね。
②旅先での外飲みと称して、近くにキャンピングカーを停めて、その地の居酒屋の名店を訪ねることも。
これがなかなか良くて、旅の楽しみになり、今年は12軒となりました。
③健康面は、先ず8月に右足脛骨上部外側単純亀裂骨折で人生初めての1箇月の簡易ギブス・松葉杖性格をとなりました。
順調に回復してギブスは取れましたが、右足の筋肉が痩せて筋が固まって、リハビリに時間がかかり、まだ完全に復帰していません。
糖尿病も高血圧も先ずコントロールできています。
5月の糖尿病眼科検診で右目が単純網膜症と診断されましたが、11月の検診では異常なしと診断。
一方、筋力が衰えている、ちょっとした傷が治りにくい?、足が冷えて霜焼になる等と年を感じることもしばしばです。
④blogも2013年7月4日に始めてから4年6ヶ月、毎日更新も2014年12月25日から3年を越えました。
我ながらよく続いたものです。
累計訪問者数:73,418、お越し頂いた皆様にお礼申し上げます。

さて、2017年は、このように過ぎました。
一方、世の中はざわざわと不安になるようなことが続いて起こり、また色々な災害や異常気象も発生して、大変な一年でした。
来年は穏やかで良い年になることを願っています。
良い年をお迎えください。

今週は殆ど体を動かさない日が続いています。
北風が少し弱くなって、陽射しが暖かく感じられるような陽気になったので、取手駅まで散策へ。
[画像:f6b2c492-s.jpg]
[画像:878de495-s.jpg]
取手駅西ロのコンコースを下から。
[画像:e375df94-s.jpg]
ボックスヒル1Fの「MATCH MARKET」、一度はと思っていながらなかなか寄れません。
[画像:b71fcfb5-s.jpg]
ボックスヒル3Fの「くまざわ書店」、リボン取手4Fの「宮脇書店」とともに郊外系書店を除けば2大巨頭です。
月に数回立ち寄って楽しんでいますが、何としてもこの2店は残って欲しいですね。
[画像:e2ddb250-s.jpg]
3Fの入り口
[画像:8f9ce0b9-s.jpg]
西口のロータリー。
今は無き「地下名店街」、かってこの地下2階に「束の間酒場」という廃墟系酒場がありました。
地下街で経営していた最後の店で、その存在感は圧倒的でした。
9年ぐらい前に閉店して、その後地下名店街は閉鎖され、現在に至っています。
この「束の間酒場」と同じく近くのビルの地下1階の廃墟系の「てんいち(移転前)」と遺跡系の「一平」は当に稀有な酒場で、2015年11月15日2014年8月25日2014年6月23日の投稿で触れています。

[画像:78691345-s.jpg]
かってのミスタードーナッツ、2016年5月に閉店して、そのままですね。
[画像:7ec35d6c-s.jpg]
工事が始まっています「取手駅西口再開発」の一部(A地区)なんでしょうか?
何年も前から古いビルが取り壊されていますが、荒れ地のような空き地が広がるばかりで工事が進行していません。
不思議なことに、そもそも「取手駅西口再開発」についてNETで調べてもよく判らない状況です。
[画像:1b6b2da7-s.jpg]

今日も良い天気で、家の傍の利根川の土手に登ってみました。
[画像:61497e40-s.jpg]
遠くに富士山が見えますが、少し霞みが掛かってx1だと写りませんね。
[画像:51202f33-s.jpg]
ズームにしてやっとボンヤリと。
[画像:1efa4c76-s.jpg]
年末年始は空気が澄んで、綺麗な富士山が期待できそうです。

夕方に「藤代イルミネーション2017」へ行ってみました。
17時少し前に到着しましたが、未点灯でした。
DSC_5986
17時に点灯。
真っ暗よりも、薄っすらとまだ光が残る薄暮の時のイルミネーションが方が綺麗ですね。
DSC_5995
DSC_6006
真ん中にあるイルミネーションは、近くによるとセンサーが反応して、色とりどりに光ります。
DSC_5997
DSC_6001
DSC_6002
DSC_6003
DSC_6012
なかなか面白いのですが、少し地味で、「昨年(2016年)」、「一昨年(2015年)」の方が良かったかな。
来年に期待しましょう。

このページのトップヘ