烟霞淡泊

カテゴリ: 食事&食事会

梅雨から初夏に咲く花が今年も綺麗に咲き出しました。
以前調べてみたら、「サフランモドキ」であろうと。
20200703_084510
Google Lensで撮すと、サフランモドキと表示、此のように特徴的な花は外さないみたいですね。とpScreenshot_20200705-153805_Google
ところで、blogの記事を検索すると、このサフランモドキ、2019年は7月初旬に2108年は9月初旬に咲いていました。
調べてみると、花期は日本では6月~10月と長く、湿潤な気候の地域では、また栽培下では始終開花する、とあるので、この程度の差異は生じるのでしょうね。

今日は少し涼しいかったので、久々に立ち喰いそば風天婦羅そば、何時も通りの東洋水産の「えび天ぷら(3枚入)」に、たっぷりの青葱をトッピングしました。
20200704_123331
そばは成分表のトップに小麦が表示される廉価な乾麺、このそばにはこれが良く合います。
20200704_123427
ご馳走様でした。

鉄製のタコ焼き器が古くなったせいか焦げ付きやすくなったので、新調することに。
「カセットフー専用 フッ素コーティング タコ焼きプレート」(岩谷産業㈱)が目当てだったのですが、ホームセンターを数件巡っても無く、もしかしてコロナウイルスお籠りで売れた?、AMAZONで購入(2,300円くらい)しました。
ところでカセットフー専用のフッ素コーティング品は、鉄板焼きプレート、プルコギプレートに続いて3品目になりました。
20200706_141231
20200706_141324

早速、夕食にタコ焼きプレートを使ってみましたが、タコ焼きではなく、ミニアヒージョと焼売です。
20200704_185658
ミニアヒージョの具材は白魚のしらす、槍烏賊(釣り物冷凍保存品)、マッシュルーム、パプリカ、ズッキーニ委、茄子、アンチョビソース。
なかなか彩りが綺麗です。
20200704_190620
スプーンで掬ってクラッカーに盛って頂きます。
20200704_190913
20200704_191015
今度は、焼売。
胡麻油を馴染ませたタコ焼き器に焼売の皮を敷き、
20200704_192546
餡を詰めて、
20200704_192940
焼売の皮に焦げ目がついたら、水を50cc程注ぎ、アルミ箔で蓋をして蒸し焼きにして、
20200704_193335
アルミホイルを外して、水分が飛べば出来上がり。
20200704_193710
和辛子ポン酢で頂きます。
ミニアヒージョも焼売も、楽しく、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

今日もどんよりとした曇り空です。
20200703_164115

昨日の本鮪の中落を漬けにして、鮪漬け丼。
黄身を落としてユッケ風に、美味しいです。
20200703_073334
ご馳走様でした。

ご近所の「ノウゼンカズラ」、この花が咲くと梅雨の終わり、夏の始まりを感じますね。
20200703_164345

お昼は、我が家定番の野菜たっぷり焼きそば、大蒜七味をたっぷり掛けて。
先日の益子焼の平皿に盛ってみました。
20200703_124916
デザートは、COSTCOのマンゴーの果肉を冷凍したものでフラッペ、前日のファミリーマートのレモネードフラッペを真似て、相方が考案。
氷の砕き方にもう一つ工夫が必要ですが、なかなか美味しい。
20200703_130655
ご馳走様でした。

道の駅よつくら(07:45)⇒那珂湊(10:30)⇒土浦(12:45)⇒自宅(15:00)

道の駅よつくらから国道6号線のバイパスから国道245号線を南下して、那珂湊のおさかな市場で買物と昼食。

20200702_103005
800円の品2パックで1,000円に釣られて、残り一つの本鮪中落と岩牡蠣を購入しました。
20200702_102852

お昼は、「市場寿司」へ。
那珂湊の超有名店、一度くらいは行ってみたいと思っていました。
昨日のホールインワンで、私の奢りです
20200702_102548
頂いた数々のお寿司。
サーモンと鯖
20200702_100445
本鮪とつぶ貝
20200702_100706
槍烏賊とトロサーモンとあら汁
20200702_100810
雲丹とイクラと太刀魚
20200702_101457
赤えびと本鮪中トロ
20200702_101951
さて、お味は?
美味しかったのはサーモンとあら汁くらい。
多くのネタはその素材の風味や旨味が余り感じられず、大振りで食べるのに苦労するものも。
大昔に行った銚子の島武を思い出してしまいました。
魚市場系の人気回転寿司の「あるある」ですね。

更に国道51号線、国道345号線を走って道の駅たまつくりへ。
此処の白魚のしらすや鯉の食材、そして農産物も良く、良く立ち寄ります。
20200702_115203
白魚のしらす、ズッキーニ、茄子、青はぐら瓜を購入。
20200702_115121

ファミリーマートで、「レモネードフラッペ」(298円)、情報番組で取り上げられていて試してみました。

レモンスライス、レモンピール、レモン果汁が入ったレモン感満載、はちみつのまろやかな甘みが加わり、すっきり爽やかな味わいです。
20200702_120519
ご馳走様でした。

土浦市の「霞ヶ浦総合公園」へ立ち寄りました。
梅雨の晴れ間、盛夏のような青空です。
20200702_125554
寄った目的はこれですが・・・・
20200702_124504
蓮畑、6月中旬から7月下旬にかけて30種の蓮が咲き乱れるのですが、今年は少し遅いのかちらほらと咲いているくらいでした。
それと花枝がひょろっとしている物が多く、咲いても花の重みで曲がるものもあってちょっと変ですね。
20200702_124543
20200702_124724
20200702_124943
20200702_125024
2015年6月27日の霞ヶ浦総合公園の蓮の花
image
image

昼過ぎに帰宅しました。
梅雨の合間、福島思い付きの旅、楽しみました。
走行距離:645km、燃費(推定):8.1km/L

本日の夕食、川俣しゃものノンフライヤー調理、道の駅で購入した野菜のラタトゥイユと枝豆、おさかな市場の森田水産の本鮪中落と岩牡蠣。
20200702_190122
本鮪の中落(買った半量)、真っ当な本鮪、岩牡蠣、小振りですが濃厚、これで1,000円は安いです。
20200702_190132
20200702_190139
川俣しゃも、3日目で最後、定番のノンフライヤーで熱風唐揚げ、堪能しました。
20200702_190144
ご馳走様でした。

道の駅ふくしま東和(09:15)⇒道の駅川俣(09:50)⇒古関裕而記念館(12:50)⇒道の駅相馬(18:30)

道の駅ふくしま東和の朝
20200630_072051
今回は瓶入り苔盆栽を連れてきました。
一日一回の水遣りです。
20200630_072415
何時も通りの和朝食、ベーコンエッグと野菜天、トマト、小茄子の漬物、ご飯、味噌汁。
20200630_073439
ご馳走様でした。

道の駅川俣に到着。
20200630_083004
早速、古関裕而のスタンプラリーを開始。
道の駅川俣の銘品館シルクピア、道の駅川俣のおりもの展示館、川俣町 高橋家住宅、福島市 古関裕而記念館、福島市 まちなか青春館の5施設を巡り、クイズを解いていくという内容です。
参加賞の記念品(ステンドグラス風ステッカー)が貰え、川俣シャモのすき焼きセット(抽選で100名)というプレゼントもあります。
先ずは1つ目の「銘品館シルクピア」へ。
20200630_090403
20200630_090410
「エール」のコーナーが設けられていました。
20200630_090510
シルクピアOPEN(6月20日)記念で冷凍川俣しゃもが大特価とのこと。
20200630_091051
手羽先1kgが半額セールで864円、買いました。
焼いたり鍋にしたり、川俣しゃもが楽しめますね
20200630_091058

2つ目のスタンプラリースポットの「おりもの展示館」へ。
20200630_120823
此処にも「エール」や古関裕而関連の展示があります。
20200630_091715
20200630_092009
20200630_092125
古関裕而メロディーマップ、作曲した校歌、応援歌、ご当地ソングを纏めた物です。
凄いですね
20200630_092137
関東地方、茨城県を覗くと、取手第二高等学校がありました。
20200630_092257
20200630_092321
おりもの展示室には、大河ドラマ「八重の桜」でヒロインの八重(綾瀬はるか)が着た川俣シルクのドレスが展示されていました。
20200630_092431
「川俣教会」がありました。
ドラマでは川俣で裕一と音が出会うシーンがありますが、ロケ地は此処ではないですね。
調べると、福島市の「福島聖ステパノ協会」でした。
20200630_095707

油ぱんの看板に釣られて、「清川製パン店」でおやつを頂くことに。
20200630_100918
あんぱんを油で揚げたものですね。
20200630_101007
油ぱん(小豆餡)を店内で頂いたら、ドリップコーヒーをご馳走になってしまいました
想像通りの美味しさです。
20200630_101527
追加で白餡の油ぱんも頂きました。
20200630_101652
美味しかったです、ご馳走様でした。

川俣町の中心部を歩きます。
20200630_102936
古い商家の街並み。
20200630_103033
古関裕而が務めた旧川俣銀行跡、現在は川俣銀行を買収した東邦銀行の川俣支店となっています。
20200630_103108
20200630_103202
20200630_103431
立派な蔵が並んでいます。
20200630_104838
20200630_104933
古関裕而が川俣時代に良く弾いたというオルガンを今に伝える「仙臺屋呉服店」に寄りました。
20200630_105212
事前に市役所の産業課に見学を申し込むと、店の方に案内して頂けます。
立派なオルガンで、今でも弾けるそうです。
案内して頂いた方はこの店のご主人で、オルガンの上に古関裕而と一緒に撮影した記念写真が飾られていますが、60年前だそうです。
20200630_105515
上の写真を引き伸ばしたものです。
20200704_085358
蔵座敷も案内して頂きました。
広くてなかなか瀟洒な造り、格子細工や欄間の造作が見事です。
20200630_105652
如何にも旧家のご当主といったご主人に案内頂き、良い物を拝見、また興味深いお話を伺いました。
有難うございました。

川俣町の「だいまる」でお昼を頂きました。
お昼少し前でしたが、沢山のお客さんで満席です。
20200630_112640
シャモ親子丼(1,000円)
20200630_113657
醤油シャモラーメン(720円)
20200630_113636
20200630_113742
さて、お味は?
普通に美味しいのですが・・・・、しゃも感は余り無いですね。
しゃも料理は各地で何度か食べていますが、何時も同じような感想になっています。
ご馳走様でした。

福島市まで走って、「古関裕而記念館」(入館無料)へ、スタンプラリーの4つ目です。
20200630_125245
館内の展示室は撮影不可で写真はありません、画像は貼り付けた公式ホームページをご参照下さい。
こじんまりとしていますが、約600点の写真パネル、直筆色紙、作曲作品の楽譜等、数々の資料が展示されていてなかなか見応えがあります。
新型コロナ対策で、古関裕而の曲の視聴コーナー(約5,000曲ともいわれる古関メロディの中から主な100曲を集め、ボタン操作で自由に選択してヘッドホンで聴くことができます。)が休止しているのがちょっと残念でした。20200630_125259
お隣の「ふくしん夢の音楽堂」でパイプオルガンの実演を今から開始との案内があって、行ってみました。
トッカータとフーガといったパイプオルガンの有名曲と併せて、古関裕而の「スポーツショー行進曲」や「長崎の鐘」の演奏も演奏され、楽しみました。
20200704_104449

最後に、「古関裕而まちなか青春館」へ、スタンプラリー5つ目です。
20200630_145006
20200630_145159
スタンプラリー終了です。
反対側にスタンプとクイズの回答を記入していますが、所謂ネタバレになりますので、控えます
20200630_200037
係りの方に提出して、参加賞のステンドグラス風ステッカーとプレゼント応募用紙を貰って、投票しました。

本日の温泉入浴は、開湯1,200年の東北の名湯、飯坂温泉の共同浴場の「十綱の湯」(200円)。
飯坂温泉の共同浴場は、9湯あり、今まで鯖湖湯、大門の湯の2湯に入って、今日で3湯めです。
近くの公共施設の駐車場にプレアデス号を停めて、歩いて行きます。
20200630_164301

20200630_160325
こんな路地を通り抜けて
20200630_160416
十綱の湯に到着です。
20200630_160439
激熱で有名な飯坂温泉共同浴場ですが、ご時世ですね。
20200630_162434
以下、NETから拝借した写真です。
20200630_162318
これは女性用の風呂ですね。
カランの洗い場が無い浴室、真ん中に湯口がある長方形の浴槽、飯坂温泉の古典的な共同浴場の造りです。
o0960072014149716290
o0960072014149747684
料理用のデジタル温度計(結構正確)で測った湯温は46.7℃でした。
ケロリン桶で足から上半身へ湯を掛け、最後にタオルを被って頭から掛け湯して、ゆっくりとお湯に体を沈めます。
熱いことは熱いですが、何とか入れるレベルです。
それでも1分くらいを3回ですね。
単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯舟:62/47・無色透明・薬臭・無味・サラツル・伝統的共同浴場系。
熱いのですが浴後は熱が籠らずさっぱり、共同浴場の理想形でしょうか。
未だ6湯あり、楽しみです。

福島県北の浜通りの道の駅そうまへ。
明日の天気、梅雨の合間のワンチャンスに賭けて移動しました。
さて今晩は、川俣しゃもの手羽先を頂きます。
20200630_185338
川俣しゃもは先ずはシンプルに塩胡椒してフライパンで焼きました。
その他に、気仙沼の生鰹、自家製カッテージチーズとトマト、自家製浅漬け。
20200630_190719
川俣しゃもの手羽先焼き、味が濃い、皮が特に美味しい、肉質がしっかりして骨から身を剥がすのに苦労する。
普段食べる鶏肉と別物ですね。
20200630_191831
ご馳走様でした。

自宅(07:50)⇒湯岐温泉(13:20)⇒道の駅ふくしま東和(17:30)

NHKの朝ドラ「エール」の小山裕一のモデルは福島県出身の昭和を代表する作曲家の「古関裕而」で、福島県にその足跡が多く残されています。
福島県北部の川俣町は、古関裕而の母の実家や、商業学校を卒業後に2年間勤めた川俣銀行もあり、ドラマでは3週間くらい舞台になっています。
「古関裕而が青春を生きた町」川俣町と福島市の古関裕而記念館を巡ってみることにしました。

自宅から川俣町まで240kmくらいで、カーナビは国道294・408・4号線を示しますが、途中寄りたいところがあって、国道294・461・118・・・とルートをとりました。

国道294号線の烏山辺り
20200629_102953
那珂川を渡ります。
20200629_105337
国道118号線、茨城県と福島県の県境です。
20200629_114154
久慈川を渡ります。
20200629_114706

今日のお昼は福島県塙町の「きせん食堂」です。
櫻旅の2018年4月12日に訪れて気に入っての再訪です。
20200629_120226
20200629_120235
お昼前でしたが満席で、人気があるのですね。
メニューは5品、潔いです。
20200629_120339
前回同様手打ちにんにくラーメン、大蒜の形は見えませんが、大蒜の良い香りが立ち上がってきます。
一口スープを啜ると、しっかりとした大蒜の風味、旨味調味料を感じない端麗で醤油の立ったスープ、美味しいですね。
20200629_120756
20200629_120806
不揃いな捻りが入った手打ち麺、スパゲチーネからタッリアッテくらいのバリエーションがあり、白河ラーメンや会津ラーメンに近いチューンです。
20200629_120911
今日も美味しく頂き、ご馳走様でした。

今日の温泉入浴は同じく塙町の「湯岐温泉 共同浴場岩風呂」、福島県南部の足下湧出の秘湯、ここも同日に訪れ、気に入り再訪です。
20200629_132539
岩風呂、共同浴場ですが山形屋旅館が管理していて、山形屋旅館で入湯料300円を支払います。
この岩風呂は混浴ですが、女性専用時間(9:00~10:00、14:00~15:00、21:00~22:00)が設けられています。
前回同様、13:20頃に到着して私が先ず入浴して14時前に上がり、14:00~は相方が入浴というようにしました。
20200629_135828
脱衣場と浴室が一つづつというシンプルな造り。
20200629_132714
20200629_135100
加温された温泉の浴槽(右)と足下湧出の浴槽(左)。
足下湧出の浴槽はパイプからの給湯もあって、結構な量が掛け流しとなっています。
天然の岩肌とコンクリートの組み合わせで独特な雰囲気です。
20200629_135135
20200629_135229
20200629_135239
アルカリ性の泉質でヌルツルの気持ちの良い浴感、39℃くらいと温めでゆっくりと浸かれます。
20200629_135334
岩肌の間からポコポコと気泡が出ています。
20200629_135347
単純温泉(低張性アルカリ性温泉)・無加水無加熱(一部加熱)源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯舟:39/39~41、無透明・微硫化水素臭・無味・ヌルツル・伝統的混浴共同浴場系。
素晴らしい温泉、何時までもこのままの姿を残してほしいものです。

川俣町に向かいましたが、結構時間が押して、一つ手前の道の駅ふくしま東和に宿泊することにしました。
お客さんも殆どおらず静かです。
20200629_165459
裏手の駐車場でP泊することに。
20200629_165628

夕食は大振りのピーマンで、鬼ピーマンの肉詰め。
玉葱を刻んで挽肉に加え、調味。
20200629_172116
ピーマンは縦に割って、種だけは取ってヘタも綿もそのまま。
20200629_172652
ピーマンに小麦粉を振って、肉を詰めます。
20200629_173251

鬼ピーマン肉詰め、鯛の刺身、即席漬け、冷奴。
20200629_181619
20200629_181648
鬼ピーマンの肉詰め、ジューシーなピーマン、たっぷりの挽肉、甘辛い味付け、美味しいです。
20200629_182345
20200629_181656
20200629_181702
20200629_181713
ご馳走様でした。

P泊は我が家だけ、恐ろしいくらい静かです。
新しいスマホの写真、前機に比較すると良く撮れます。
20200629_221909

今日は朝から強い雨が降り続きます。
梅雨の雨ではなく、まるで夕立のような雨足です。
九州北部の雨も漸く収まったようですが、今年の夏どうなるのでしょうかね?
20200628_100459
20200628_100530

お昼はヤオコーのオリジナル中太生麺と醤油スープと別茹で自家製雲呑(冷凍品)で、ワンタンメンもやし添え。
20200628_122746
何時もは平打ち麺ですが、中太麺もなかなか美味しいです。
さっぱり目のラーメンには良く合います。
20200628_122831
雲呑は、豚肉に調味料(本返しと胡麻油)を加えた物、少な目の餡を包みました。
雲呑らしくて良いのですが、ラーメンに加えるのであれば、調味料は要らないかも?、塩分無しで胡椒くらいでよよさそうです。
20200628_122947
ご馳走様でした。

我が家の番羊、次女の作品で、我が家の玄関に鎮座すること7年?、すっかり馴染んでいます。20200628_131428
20200628_131444

お昼過ぎの雨が上がりました。
20200628_131520

今日の夕食、鶏腿肉の塩焼き大葉添え、おぼろ昆布〆鯖、浅漬け、小茄子漬物、 納豆、自家製カッテージチーズ。
今日も昨日買った益子焼の出番がありました。
20200628_185639
ご馳走様でした。

エスニック料理では長粒種の「インディカ米」が使われますが、インド料理の「バスマティライス」やタイ料理の「ジャスミンライス」が有名ですね。
バスマティライスは2018年10月26日に埼玉県八潮市の「カラチの空」のチキンビリヤニで、ジャスミンライスは2020年4月11日に取手市の「タイレストラン マナ」で、頂いてますね。

イオンタウン守谷の「カルディ」でバスマティライ(インド産、450g、718円)とジャスミンライス(タイ産、300g、306円)を購入して、冷凍保存してあったてびちカレーに合わせて、食べ比べてみることにしました。
炊き方は、
バスマティライス:家庭用炊飯器で日本米と同様に炊けますが、同じ水加減で炊くと硬めに焚き上がりますので、お好みにより水の量を増やしてください。
ジャスミンライス:①研がずにさっと水ですすぐ程度に洗います。②お米と同量の水を加えて直ぐに炊き始めます。③焚き上がったら5分から10分蒸らしてからお召し上がりください。
とありました。
まあ両方ともインディカ米で然程違いは無いだろうと考えて、各1合を1合炊きの土鍋で、ジャスミンライスの炊き方に統一して炊くことにしました。
KIMG2846
ジャスミンライス、綺麗な焚き上がりです。
KIMG2850
KIMG2854
バスマティライス、ジャスミンライスより、大きく長いです。
不思議なことに同じ1合なのに焚き上がり量はジャスミンライスの1.2倍程度あります。
KIMG2851
KIMG2853
てびちカレー、ジャスミンライスとバスマティライス、キャベツのコールスロー、ノンアルコールビール。
ジャスミンライスとバスマティライスを交互にカレーと混ぜて食べ比べ。
両方とも固めで、粘り気のない食感で、サラっとしたカレーに良く合って美味しいですね。
同じ炊き方なので(最適ではない?)、この炊き方が妥当かどうかという疑問が残りますが、ジャスミンライスの方が食べやすく、美味しく感じました。
値段もジャスミンライスはバスマティライスの約半分なので、ジャスミンライスで良いかな?と思いました。
KIMG2852
ご馳走様でした。
ところでてびち(豚足)はカレーに合わないのではないかと。
カレー粉、ガラムマサラ、生生姜を多量に使っていますが、妙にてびち固有の匂いが鼻に付きます。
このてびちは、甘辛く煮て煮凝り、焼きてびちでも頂いたのですが、当然匂いはしますが気にならず、何故カレーで鼻に付くのか?、不思議です。

午後は、用事をあって、散歩がてら取手駅方面へ。
白山商店街の取手の名刹の広経寺。
KIMG2855
門前の「山口屋」、古風な焼きそば専門店ですね。
地元民しか知らない個性派揃い!茨城県西・県南の焼きそばの名店6選」でも紹介さています。
昔はちょっとした街には必ず一軒はあった焼きそば専門店ですが、近年は大分減ってきたようです。
一回目の新四国相馬霊場八十八箇所巡りの時、夏に此処でかき氷を食べたことがありますが、焼きそば未だです。
一度食べてみたいと思っていましたが、なかなか行けず今日に至ってます。
KIMG2857
何とも風情のある店構えです。
KIMG2856
駅前のA街区の解体工事、余り風景が変わらず、ゆっくり工事をしている感じです。
KIMG2858
KIMG2859

今日の朝食は、腰塚のコンビーフで卵掛けご飯。
冷凍ご飯をチンして、解したコンビーフを熱々のご飯の上に盛り、
KIMG2834
黄身を乗せて
KIMG2835
黄身を崩して
KIMG2836
醤油を少し垂らして、出来上がり。
ご飯の熱で溶けた牛脂が廻って濃厚な旨さ、これは美味しいです。
コンビーフとご飯の量が少しミスマッチ、コンビーフはこの半分くらいで充分。
KIMG2837
ご馳走様でした。

紫陽花の雷電、満開となりました。
KIMG2848
綺麗なのですが、赤みというか紫掛かって、色もくすみ気味で、雷電の目の覚めるような青色が出ません。
土壌のせいですかね?
KIMG2849
権現堂公園の雷電、咲き始めは縁が青く中心が白いのですが、段々全体が深い青に変化していくようです。
image
この写真は、咲いている雷電を購入して、玄関横に植えたところを撮影したものです。
(この場所は乾燥気味で樹勢が衰えたので、裏に続く通路に移植して現在に至ってます。)
image
紫陽花の花は、アルカリ性で赤、酸性で青になると言われてます。
土壌改良?に取り組んでみましょう。

後部MAXX FUNの水漏れによる故障について、「屋根と内張の間に何も支えが無いと、人が屋根に乗った時に重みでFRPが沈むけど、内装の天井に取り付けられた換気口は動かないので、結果的にコーキングが剥がれて、そこから水漏れしたのでは?」というアドバイスを頂いたので、コーチの内側と屋根に乗ってみました。
コーチの内側はMAXX FUNの外枠が嵌っていて、簡単には嵌め込んだ部分が見えない状態です。
KIMG2822
屋根に乗ってみると、MAXX FUNの外枠と屋根の本体との接合部分は応急処置でコーキング剤?が厚めに塗られていて、ここも見えない状態でした。
但し、屋根を打音すると、屋根の縁の部分は詰まった音がするのですが、それ以外の部分は打音は虚ろな音になって、屋根(FRP)とコーチの天井との間には空洞があるみたいです。
MAXX FUNの近くに立っても沈み込むような感覚は余り無いのですが、後部のMAXX FUN辺りは立つ機会が多く、コーキングが剥がれるようなことがあっても不思議ではありませんね。
交換部品が揃えば、部品交換&再コーキングでまたRVランドに行くので、その時担当者に色々聞いてみましょう。
KIMG2824
KIMG2823

最近の我が家のブームのヤオコーオリジナルのラーメン生麺とスープシリーズ。
今日のお昼は、太麺と味噌スープ、豆もやしとたっぷりの辛ネギを添えて。
麺リフトは撮り忘れ
これは美味しい、当分飽きるまで?、続けそうです。
KIMG2825
ご馳走様でした。

長女から、父の日のプレゼントが到着。
KIMG2827
千駄木の「腰塚」(コシズカハム株式会社)のコンビーフとポークソーセージでした。
今日の父の日の夕食で頂きましょう。
KIMG2828

本日の夕食。
朝獲れ鰹の刺身(大葉玉葱と大蒜塩胡麻油)、腰塚のコンビーフとポークソーセージとクラッカー、ミニセロリとトマトのサラダ、焼き米茄子、冷奴。
写真に瓶が写っていませんが、不動 無濾過生原酒 純米吟醸おりがらみ(鍋店)を頂きました。
KIMG2829
腰塚のコンビーフ、材料が良いのでしょね、牛肉の濃厚な美味しさが広がります。
そのままクラッカーに乗せて食べるのが良いです。
ポークソーセージ、豚肉の旨味が強く食べ応えがありますね。
KIMG2831
焼き米茄子、味噌だれではなく、ポン酢を絡めていますが、これもなかなか良いです。
KIMG2830
朝獲れ鰹、もっちりとした独特の食感、旨味が十分廻っていない状態ですが、これはこれで清々しい味わいが好きです。
KIMG2832
父の日のご馳走、料理もお酒も美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

今日は天気も良く、気温も上がらないとのことで、近場のポタリングにで出掛けました。
コースは、「じてんしゃ旅 03 いばらぎサイクリングガイド」から選択しました。
KIMG2838
稲敷市水辺満喫東ルートを選択、①40km強と走り甲斐がある、②茨城の東照宮と称される大杉神社、③横利根閘門公園見物、④オートレストラン有名店「あらいやオートコーナー」でお昼、⑤少しルートを変えて霞ヶ浦一周サイクリングコース(霞ヶ浦りんりんロード)を15kmくらい走れる、がポイントですね。
KIMG2839
KIMG2840

自宅から利根川左岸の土手道(栄橋から始まるカーナビで案内しない超近道)を走って、神崎大橋を北上して「桜川総合運動公園」の駐車場に車を停めて、スタートします。
霞ヶ浦南岸の丘陵地帯のアップダウンのある道を走って大杉神社へ。
KIMG2756

大杉神社」に到着。
ウィキペディアより
「大杉神社(おおすぎじんじゃ)は、茨城県稲敷市阿波(あば) にある神社。豪奢な社殿を擁することから「茨城の日光東照宮」の異名がある 。あんばさまの愛称で親しまれている。古名には大杉大明神、大杉大権現、今宮大杉大明神などがある。
旧社格は郷社。現在は神社本庁が定める別表神社。関東や東北地方に分布する約670社 を数える大杉神社の総本社である。 」
KIMG2758
なかなか立派な神社です。
KIMG2759
KIMG2760
夏越し大祓いの「茅の輪くぐり」が設えていました。
早速並びました。
KIMG2762
作法に従ってくぐり抜けます。
これで疫病や罪穢が祓えますね。
KIMG2763
夢結び夢叶えと厄除けの神様、何時もの私事のお願いに加えて、世の悪疫退散と平穏安寧を祈願しました。
KIMG2764
KIMG2765
我が家の贔屓の櫻木神社に負けず劣らず、なかなかエンターテイメントな神社です。
KIMG2766
KIMG2768
さすが茨城の「東照宮」ですね。
KIMG2770
良い神社です、また訪れましょう。

大杉神社から更に南下して利根川に到着、利根川サイクリングロードを緩やかな追い風に乗って快走します。
KIMG2773
KIMG2774

横利根川閘門公園に到着。
KIMG2776
国指定の重要文化財(近代化遺産)です。
水位の異なる水路を航行するための建造物で、パナマ運河と同じ原理を用いています。
この閘門は現役で、今でも船で航行することができ、2015年6月16日2016年5月8日にカヤックで通り抜けました。
KIMG2777
望遠を使うと閘室も見えますね。
KIMG2778
航行の操作盤です。
この紐を引くと、手前の閘門が空いて、通り抜け開始となります。
魚影が写っていますが、鯉か大陸系の魚かもしれませんね。
KIMG2779
KIMG2780
閘室です。
KIMG2781
閘門の先の横利根川、ヘラブナ釣りの名所です。
KIMG2782
KIMG2785

あらいやオートコーナー」に到着、お昼を頂きます。
情報番組で紹介されていた創業48年のオートレストラン、一度訪れたいと思っていました。
KIMG2793
自販機4台の小規模なオートレストランです。
両脇の2台は使われておらず、弁当と飲み物の自販機が現役ですね。
KIMG2795
早速お目当てのお弁当、焼き肉弁当と唐揚げ弁当(各330円)を購入します。
「釣り切れランプがつきません。ボタンを押しても硬貨が出ない時は釣り切れです。」という張り紙初め、沢山。
ラッキーなことにぴったりの硬貨がありましたが、出るか?出ないか?、どきどきします
KIMG2789
出ました!!!、良かった
KIMG2792
焼き肉(唐揚げ)とごはんと佃煮のみ、潔いお弁当、少し濃い目の焼き肉と唐揚げが硬めに炊いたご飯が良く合います。
KIMG2794
美味しく頂き、ご馳走様でした。

霞ヶ浦りんりんロードを走ります。
素晴らしい開放感。
KIMG2796
正面遠くに筑波山が見えるのですが、映らないですね。
KIMG2801
広大な芦原。
KIMG2803
和田公園を走り抜けます。
KIMG2804
KIMG2806
和田公園のキャンプ場、今から20年近く前にキャンプで訪れたことがあります。
KIMG2807
出発点の桜川総合運動公園に帰着。
KIMG2810

本日の走行軌跡です。
1592655069736
霞ヶ浦りんりんロードを遠回りしたので、少し走行距離が増えました。
1592655073455

本日走行距離:44.3km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,463km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,233km
本日消費カロリー:1,152kcal
良い運動になりました。

帰り掛けに、道の駅水の郷さわらと道の駅発酵の里こうざきに寄って、地の野菜や物産を購入しました。
KIMG2811
KIMG2814

本日購入の、物産。
KIMG2815
不動 無濾過生原酒 純米吟醸おりがらみ、炭酸含有の濁り酒、これは明日の父の日に頂きましょう。
KIMG2816
KIMG2817

本日の夕食、朝採り玉蜀黍の恵味、鯛と霜降り平茸のホイル蒸し、牛肉の甘辛炒め。
KIMG2818
朝採り玉蜀黍の恵味、皮付きのまま蒸して、甘くて美味しいです。
KIMG2820
KIMG2819
KIMG2821
ご馳走様でした。

自宅(08:40)⇒大宝八幡宮(10:00)⇒小山市(12:00)⇒道の駅グランテラス筑西(17:30)

情報番組で紹介された栃木県の小山市のいちごの里の「カフェ アンジェ・フレージェ」の苺のかき氷と、下館パークゴルフ場の初夏の名物イベント「梅狩り付パークゴルフ」、この2つを繋げて小旅行を組むことにしました。
県内からほんの少し栃木県に入り、20日以降に都道府県を跨ぐ移動自粛が緩和される見通しの中、ちょっとフライングではありますが

茨城県下妻市の「大宝八幡宮」、紫陽花見物(多分2回くらい)や奇祭タバンカ祭り(2014年9月14日)や相撲部屋の練習見物(2015年6月15日)と何度も訪れています。

大宝八幡宮の大鳥居
KIMG2655
山門、仁王像がいらっしゃいました。
明治以前の神仏習合の名残ですね。
KIMG2656
KIMG2657
紫陽花祭りの案内が出ています。
KIMG2658
KIMG2659
西向きの斜面に沢山の紫陽花が植えられています。
平地より斜面に咲く紫陽花は一層趣があります。
KIMG2668
KIMG2666
何種類かの紫陽花を載せました。
KIMG2665
KIMG2667
KIMG2664
KIMG2663
KIMG2662
KIMG2671
KIMG2673
なかなか綺麗ですね。
権現堂公園(埼玉県幸手市)の紫陽花に比べれば規模が小さいのですが、咲いている環境も含め、雰囲気が良く、私は好きです。
堪能しました。

結城市を越えて、栃木県小山市へ。
いちごの里」の「カフェ アンジェ・フレーゼ」へ。
よござんす日誌R(リターンズ)」でも紹介されていて、一度訪れたいと思っていました。
1592396435945
いちご氷(660円)
コロナ騒動で使い切れなかったスカイベリーを凍結して、そのままかき氷器で削るという代物です。
上品な風味で美味しいのですが、途中から練乳をかけると、濃厚な旨味が広がるようで、苺好きには堪らない一品でしょう。
1592396326066
苺のスムージー(550円)、苺のスムージーの上に甘さ控えめの生クリームと苺ジャムがフローとされていて、爽やかで美味しいです。
本当はこの店のスペシャリテの「天使のパンケーキ」が目当てだったのですが、この時期はお終いみたいで、次の機会ですね。
1592396332007
BBQハウスの「豚とオリーブ」等のレストラン
1592396346515
ジェラートやスイーツ等の「べリーベリーカフェ」
1592396352606
苺畑やさくらんぼ等の果樹園もあって、なかなか面白そうな施設です。

お昼は小山市の「一品香 城東店」を予定していたのですが、臨時休業で下野市の「竹末食堂」に変更です。
栃木県喜連川の有名店「E・Y竹末」の支店で、お初竹末となりました。
KIMG2680
あっさり(730円)と塩あっさり(780円)と茹で餃子(290円)を頂きました。
あっさりは醤油が立った端麗なスープ、塩も癖の無い素直な美味しいスープに仕上がってます。
麺は余り得意でない、今流行りの低加水率のパツパツ麺です。
多加水の平打ちか中太麺だともっと美味しいと思うのですがね。
KIMG2678
KIMG2679
ご馳走様でした。

下野市の「天平の丘公園」で腹ごなしの散歩へ。
綺麗な森林、木漏れ日が美しく、とても気持ちが良いです。
KIMG2690
KIMG2693
KIMG2697
こんな親水施設もあります。
KIMG2691
KIMG2699
KIMG2694
???です
KIMG2695
この辺りの古墳をイメージしたモニュメントのようです。
KIMG2700
KIMG2701
KIMG2702
併設されている埋蔵文化財センター
KIMG2683
KIMG2685
KIMG2686
なかなか良い散歩になりました。

今日の入浴は、「下野市保健福祉センター ゆうゆう館」(大人:300円、65才以上で200円に割引)。
KIMG2704
人口温泉、循環の湯使いですが、この金額でなかなか立派な設備(内風呂2種、露天風呂、サウナ)、有難いですね。

本日のP泊は、道の駅グランテラス筑西。
夜間駐車の車は少なく、キャンピングカーは我が家だけでした。
KIMG2706
近くのスーパーのヨークベニマルで食材購入して、ウスメバルの刺身、蒸し鶏腿肉と胡瓜、冷奴と茗荷。
鶏腿肉を蒸す手間だけの、簡単車中泊夕食です。
KIMG2707
KIMG2710
KIMG2709
KIMG2708
美味しく頂き、ご馳走様でした。

関東の梅雨入りは6月11日、今日で5日目ですね。
一昨日から断続的に降り続けた雨が上がって、夏のような青空が広がりました。
KIMG2605
KIMG2606

スーパーのカップ麺のコーナーに、「ヤマダイ㈱」の「ニュータッチの凄麺ご当地シリーズ」が沢山陳列されていて、パドリングやポタリング時のお昼用に買ってみました。
考えてみれば今までこのシリーズは殆ど食べたことがないですね。
ニュータッチの凄麺ご当地シリーズ」は全国のご当地ラーメンで20種類ありました。
今日買ったのは7種であと倍くらいの種類があることになります。
ということで、こうなったら全品を食べて評価してみようとなりました。
2015年から2017年にかけて行ったマルタイ・「九州を食す」シリーズ(全8種)以来ですね。
今回入手分です。
①札幌濃厚味噌ラーメン
②函館塩ラーメン
③佐野ラーメン
④仙台辛味噌ラーメン
⑤横浜とんこつ屋豚骨醤油味
⑥尾道中華そば
⑦京都背脂醤油味
KIMG2607

お昼はパスタ2種、「ベーコン・トマトソース」と「しらすと大葉のペペロンチーネ風」。
体外は、トマト系と和風 or ペペロンチーネ系の組み合わせです。
しらすと大葉のペペロンチーネ風は、しらす・大葉千切り・輪切り鷹の爪・塩・オリーブオイルとシンプルなのですが、とても美味しい。
KIMG2609
ご馳走様でした。

久々に一家4人で迎えた朝、これまた久々にキャノンの正門の横の「trois fleches」(トロアフレーシュ)で朝食を摂りに出掛けました。
KIMG2596
KIMG2590
KIMG2588
日曜日の朝ですが開店直後でイートインコーナーも空いていました。
KIMG2587
5つのパンを購入、サービスの珈琲と頂きます。
KIMG2591
パンを切り分ける鋏持参、流石相方、抜かりはありません。
KIMG2594
何時食べても美味しいですね。
本格的なパンの割にお値段も手ごろで、戸頭の「クーロンヌ取手本店」とともに我が家の贔屓です。
ご馳走様でした。
娘たちは用事があって、そのまま都内へ帰宅しました。

紫陽花の雷電、咲いて大分色が付きましたが、土壌のpHのせいか、雷電の鮮やかな青色(と言っても買った時の色ですが)が出ません。
KIMG2597

お昼は、自家製雲呑とヤオコーオリジナルの生ラーメン(平打ち麺と醤油スープ)でネギワンタンメン。
KIMG2601
以前は大手の生ラーメンを食べていましたが、最近は専らヤオコーオリジナルです。
雲呑はもっと餡を少なくして、抵抗が無くつるんと吸えるようにした方が良さそうです。
KIMG2602
KIMG2603
ご馳走様でした。

ダイニングの明り取りの窓、昨年末に修理して朝陽が入るようになり、冬から春の間は暖かくて良かったのですが、この時期になると眩しくて、それに熱く感じるようになりました。
陽射し除けの暖簾でも掛けてみようとなりまして、相方が早速DIY。
これは朝8時の頃の日差しです。
KIMG2466
KIMG2467
余っていた突っ張り棒と端切れで暖簾を作成。
KIMG2612
掛けてみると、透けた感じがなかなか良いです。
これでも日除けとしては充分でしょう。
KIMG2610
KIMG2614

取手駅東口の「ミーミー フォー」にお昼を頂きに行きました
取手市HPでのテイクアウト応援補助対象の店舗一覧で相方が見付けたベトナム料理の店です。
先日(2020年4月11日)はタイ料理の「タイ レストラン マナ」を訪れたので、取手もエスニックな店が増えて来ましたね。

天気も良いので、店まで歩いて行くことに。
梅雨2日目、青空に紫陽花が良く似合います。
KIMG2474
KIMG2475

西口のA街区再開発の取り壊し工事。
KIMG2476
大分時間が掛かっていましたが、あともう少しです。
KIMG2477
KIMG2478
東口の台宿方面へ。
KIMG2479
此処にも紫陽花が。
KIMG2481

「ミーミーフォー」です。
以前も飲食店だったみたいですが、記憶がありません
KIMG2486
なかなか好さげな外観。
KIMG2487
店内もシンプルです。
KIMG2489
居心地が良いですね。
KIMG2490
注文はこの二つ、バインミーは鶏肉の方です。
KIMG2491
ベトナムビールも2種類、歩いて来たご褒美です。
南方系のビールらしく華やかな香りと軽い口当たりで好みです。
KIMG2496
KIMG2492
東アジアではポピュラーな皮付きの豚三枚肉、フルフルで旨味たっぷり、肉を解してご飯に盛って煮汁を掛けると美味しいですね。
KIMG2493
初めて食べるバインミー、フランスパンのサンドイッチですが、パクチーとチリソースがベトナム感を出しています。
これは比較的簡単に真似できそうです。
KIMG2494
ご馳走様でした。
ビールを飲んだので、「取手・入ったことのない店に行ってみようシリーズ」その19としました。

さて、帰りましょう。
KIMG2497

昨日の釣果の鰻、養生が4日間となる予定なので、他の鰻とは区別するため別の容器で養生することにしました。
KIMG2445
元気に泳いでいます。
KIMG2444
5月27日から始めた養生、今日で14日で水替えしました。
皆さんお元気です。
KIMG2470
ところで鰻の色が違いますね。
天然鰻は黄色み掛かっているのですが、一匹黒いものが混じっています。
N師匠によれば黒いのは居付きの鰻(移動せず一箇所に生息する)だそうです。
総じて居付きの鰻の方が泥臭さが強いとのことですが、最初のグループで17日間養生しているので大丈夫でしょう。

夕食は、豚肩ロースの生姜焼き、メジの刺身(宮城県産)、今年初物の玉蜀黍。
メジは本鮪の幼魚(幼魚といっても数kgから20kgぐらい)で、近海の生ものが多く、程好い脂が乗って旨味が強く、状態の余り良くない本鮪よりずっと美味しく、安価です。
売ってれば即買いなのですが、スーパーでは滅多に並びませんね。
KIMG2442
メジの大トロに近い中トロ、美味しいです。
KIMG2443
ご馳走様でした。

久々に買い物ポタへ。
取手郵便局に寄って、国道294号線を戸頭法面へ。
KIMG2416

戸頭のローソンで、auスマートパスプレミアムの抽選で当たったアイス珈琲を貰って戸頭公園へ。
KIMG2417
公園の奥のBQ広場のベンチで珈琲ブレイク。
KIMG2418
KIMG2419
KIMG2420
KIMG2421
公園を走って抜けます。
KIMG2425

戸頭のヨークベニマルとヤオコーで買物して、利根川土手のサイクリングロードを走ります
KIMG2427
KIMG2428

本日の走行軌跡
1591873038115
本日走行距離:12.7km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,401km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,171km
本日消費カロリー:330kcal
少しですが、良い運動になりました。

本日の昼食は、冷ったいとろろそば、漬け鮪、大葉と茗荷添え。
少し長めに茹でた乾麺を氷水で〆て丼によそい、冷たい掛け汁を張って、そば汁を加えた山芋のとろろを掛けて、漬け鮪と大葉と茗荷をトッピングして出来上がり。
暑い時にするすると頂く、我が家の定番です。
KIMG2429
KIMG2430
KIMG2432
ご馳走様でした。

暑い一日の終わりの夕暮れ。
KIMG2411

夕食は、羽根つき関西風一口餃子、木肌鮪の刺身、春雨の酢の物、軟白葱のナムル。
KIMG2434
今日は羽根が少し厚めだったのですが、何時も通り美味しく頂きました。
KIMG2436
ご馳走様でした。

買い物の農産物で加工品その4、実山椒の下拵え、です。
佃煮や煮物や炒め物などに実山椒を使うと、とても美味しいですね。

①実山椒をそのまま、塩水(1Lに塩小さじ1杯)にて、弱火で5分間煮る。
②茹で上がった実山椒を水にとり、軸をとる。
KIMG2392
③実山椒をさらに2時間冷水に付けて、水切りして、下拵えは終了。
④直ぐに使わない場合は冷凍保存。

早速、
<ちりめん山椒>
①材料と分量
ちりめん(硬めに干されたじゃご):100g
実山椒:大匙1.5杯
酒:大匙3杯
味醂:大匙1杯
醤油:大匙2杯
砂糖:大匙1杯
②材料すべてを鍋に入れ、弱火で煮詰めて、水分が飛べば出来上がり。
KIMG2401
KIMG2402
塩分控えめで、山椒の香りとぴりりとした山椒独特の痺れるような辛味が美味しいです。

こんな時だからDIY&家仕事シリーズその4:泰山木の新芽刈り
新芽を放っておくとあっという間に伸びて収拾がつかなくなるので、毎年この時期に新芽を摘むことにしています。
芽を摘むだけですから、befor afterが殆ど変わりません

KIMG2403
KIMG2405
1時間ちょっとの作業でした。

お昼は、冷ったい鳥中華風、です。
中太中華麺、蒸し鶏、千切り葱、サヤエンドウ(紫水ファームの冷凍品)、半自家製スープ(醤油ラーメンスープ1人前に茅乃舎+本返し)。
スープを作って鍋ごと流水に浸けて冷やしておく。
麺は規定時間より少し長めにしっかり茹でて、氷水で〆る。
丼に麺を入れて、スープを張ってトッピングを乗せて出来上がり。
程好い冷たさで、するすると美味しく頂けます。
山形の冷ったいラーメンと鳥中華の合体版?、気に入ってます。
KIMG2409
このくらいの太さでが合いますね。
KIMG2410
ご馳走様でした。



自宅(08:45)⇒七ツ洞公園(12:10)⇒道の駅常陸大宮~かわプラザ~(17:30)

車旅は2月28日のかんなの湯が最後で、外出自粛で3ヶ月強出掛けていません。
各都道府県で、コロナ対策の緩和が進んでいますが、どのような状況で車旅を再開するか(出来るのか)?の判断は、勿論明確な指標はありませんし、なかなか難しいですね。
茨城県は、5月25日にコロナ対策Stage2に緩和されて10日が経過したので、県内限定の旅に出ようと思います。
旅の目的は、県央県北の物産店で農産物の購入、走行しながらの浄水タンク洗浄、七ツ洞公園の秘密の花苑の薔薇見物、とします。
<茨城県のコロナ対策Stage>
対策指針(25日修正)

「ポケットファームどきどき茨城町店」、国道6号線で県央に向かう時は、必ず寄りますね。
沢山の農産物から畜産物(常陸牛、ローズポーク)、パンやデリカテッセン等、種類が豊富で、この一店で食べ物が揃います。
KIMG2215
この時期は何といっても生産量全国一位のメロンですね。
KIMG2217
KIMG2219
これは珍しい、山椒の実、この時期ならではですね。
購入して、ちりめん山椒でも作りましょう。
KIMG2218

お昼は、水戸市の「そば処 長屋門」へ。
端正な細打ちの手打ち蕎麦の店として有名、前から訪れたかったのですが、漸く叶いました。
KIMG2220
11:30の開店前について、我が家がポールポジションでした。
KIMG2231
落ち着いた店内
KIMG2223
KIMG2222
KIMG2221
注文は、かき揚げそば(980円)。
二八蕎麦(?)、切りむらの無い美しい細打ち、蕎麦の香りがあって、瑞々しくこしもあり、美味しく、普通の手打ちそば店では考えられないボリュームです。
汁も端麗ですが、出汁が効いていて、塩梅も丁度良いです。
かき揚げは野菜と海老たっぷり、さくさくでこれまた美味しいです。
晒し葱、大根おろし、山葵も丁寧な扱いです。
このクオリティとボリュームでこの値段、ちょっと感激しました。
KIMG2227
十割蕎麦(1,000円)、さらに香りが高く、滑りも強く、如何にも十割蕎麦といった味わいです。
これまた、切りむらや短い切れ等は一切なく、打ち手の技術は相当に高いのでしょうね。
そして蕎麦だけでお腹が一杯になるボリューム、吃驚です。
KIMG2228
ご馳走様でした。
ここ数年の内に訪れた蕎麦屋さんで、一番ですね。
この店はまた訪れるでしょう。

七ツ洞公園」に寄りました。
2015年10月18日2106年4月22日2017年12月8日に訪れていて、今日で4回目ですね。
「七ツ洞公園」の解説(再掲)。
NETで、…イギリスの自然風景式庭園で、1999年に水戸市が開設した。風景画のような景色を再現しているのが特徴であり、イギリス式庭園でよく見られるようなフォーリー(模造建築物)やパビリオンなどの建築物と大小5つの池、清流、ダムやそれらを取り囲む森から形成されている。また、秘密の花苑(ひみつのはなぞの)という円形のレンガで囲まれた庭園は、イチイの生垣で色々な形に区切られており、まるで別世界にいるような気分を体験できる。イングリッシュローズをメーンに四季折々の花々を楽しむことが可能な公園だ。…とあります。
近年はおとずれる人も少なく、大分荒れ果ててしまったそうですが、2014年から大規模な修復が始ったそうで、「
七ツ洞再生物語」として公開されています。
秋、春、初冬に訪れていますが、初夏は初めてですね。


KIMG2233
KIMG2234
先ずは、「秘密の花苑」へ。
KIMG2235
KIMG2238
春薔薇ですね。
1週間前くらいが盛りだったようですが、それでも華やかで甘い香りも漂っています。
KIMG2240
英国式庭園と薔薇はとても良く似合います。
KIMG2242
大輪の薔薇達
KIMG2241
KIMG2243
KIMG2246
黄金虫が花弁に潜り込んでいます。
KIMG2252
KIMG2259
KIMG2245
KIMG2248
こんな花も、花びらは色褪せていますが、深い青色だったみたいです。
KIMG2253
KIMG2254
秘密の花苑から公園の一番下部のダムEに降りて、上流に遡ります。
KIMG2305
ダムEとパビリオン、近代的な造形で、上流に遡ると古代的な造形に変遷していくという趣向だそうです。
KIMG2261
KIMG2262
パビリオンからダムDを遠望
KIMG2264
KIMG2266
KIMG2268
階段状に水が流れるカスケードのダムD、一番美しいダムです。
KIMG2269
KIMG2270
林間の涼しげな小道
KIMG2272
ダムCの流れ
KIMG2273
KIMG2275
ダムC渡っていきます。
KIMG2276
ダムBを遠望
KIMG2277
石と木のパーゴラ
KIMG2278
パーゴラの奥の壁泉
KIMG2279
KIMG2281
ダムB
KIMG2283
ダムBのパビリオン
KIMG2284
「はけ」があり、湧水があります。
KIMG2287

KIMG2288
ピクチャレスク理念を表す廃墟のフォリー(模造建造物)、木立に囲まれてなかなか良い雰囲気です。
KIMG2290
KIMG2293

KIMG2294
KIMG2297

ダムA
1591535127710
KIMG2300
蛍が生息する湿地帯
KIMG2302
水音が聞こえる井戸のフォリー
KIMG2304
七つ洞公園の最上流です。

那珂市の「木内酒造合資会社」に寄ってみました。
筑西市の「来福酒造㈱」とともに我が家のお気に入りの茨城県の造り酒屋です。
創業200年、歴史を感じさせる建屋です。
KIMG2318
KIMG2311
ウイスキーの原酒の転用の消毒用エタノール代替品のNEW POT 70、思わず嘗めたくなるような良い香りがします
KIMG2312
試飲コーナー
KIMG2317
KIMG2315
蕎麦屋もあります(本日は休業)。
KIMG2316
香り、旨味、甘酸のバランスのとれた微炭酸の「純米吟醸にごり酒 春一輪」を購入しました。
工場見学や利き酒もあるので、一度ゆっくりと訪れてみたいですね。

道の駅ひたちおおた
KIMG2332
皐月展を開催していました。
KIMG2322
見事な皐月の盆栽の数々、源平咲きが多いのですね。
KIMG2323
KIMG2325
お見事、です。
KIMG2326
KIMG2327
KIMG2328
KIMG2329

本日の温泉入浴で、常陸大宮市の「三太の湯」(700円のところ16時以降入館で500円)へ。
結構な山奥、狭路で離合が難しいところがあります。
KIMG2333
なかなか立派な温泉施設です。
KIMG2334
KIMG2339
KIMG2335
検温、連絡先(住所・電話番号)を記帳して入館。
KIMG2336
KIMG2337
アルカリ性単純温泉(低張性アルカリ性温泉)、沸かし湯の循環の湯使いですが、浴室、浴槽は広々として、また露天風呂は新緑が鮮やかな森の中にあるような造りで、気持ちが良いです。
施設名の由来の三太、この地に伝わる巨人伝説のようです。
KIMG2340
KIMG2341

本日のP泊地は、道の駅常陸大宮~かわプラザ~です。

KIMG2342
本日購入の農産物、軟白葱、玉葱、とんがりキャベツ、空豆、長茄子、山椒の実、青梅。
青梅が主目的だったのですが、未だ早いのと今年は不作であまり数が出ていなくて、また値段も1kgで650円と少し高めでした。
KIMG2343
今日の夕食は、豚肩ロースの豚テキ、豆もやしのナムル、茄子と胡瓜の即席漬け、冷奴、ミズタコと胡瓜の酢の物に木内酒造の春一輪。
何時もはあっという間に食べてしまうのですが、今日はお酒を頂きながらゆっくりと楽しみました。
KIMG2345
ご馳走様でした。
KIMG2346
夜間駐車は約30台、キャンピングカーは我が家以外は2台で、何れも茨城県ナンバー(水戸と土浦)でした。
KIMG2347

雨降りの朝です。
KIMG2182

相方、久々に帰省した長女、私の3人で、買物と昼食を摂りに出掛けました。
イオンタウン守谷です。
KIMG2187
KIMG2183
メインストリートの入り口に、自動検温システムがありました。
KIMG2188
システムの前に経つと非接触温度計で検温してくれます。
KIMG2189
これは便利ですね。
新型コロナウイルス禍で、色んな物が世の中に出てきました。

お昼は久々に「モスバーガー 守谷店」。
モスバーガーで食べるのは、記憶がないくらい久しぶりです。
KIMG2190
お目当ては季節限定メニュです。
KIMG2192
スパーシーモスバーガーセット(ポテトL)、モスライスバーガーよくばり天めんたい味セット(ポテトL)、もスライスバーガー海老天めんたい味(単品)、まるごと!レモンのジンジャーエール(単品)、少し箍が外れ気味の注文ですね。
一人前のカロリーは概算で1,000kaLくらいあります。
ライスバーガーはしっかり焼き上げたご飯のパティが香ばしく、天ぷらがさくさくで、ボリュームもたっぷり、なかなか美味しいです。
スパイシーモスバーガーは、如何にもモスバーガーという味わいですね。
KIMG2193
ご馳走様でした。

庭の三種類の紫陽花が咲き始めました。
玄関右の「ダンスパーティー」。
KIMG2107

萼が咲き始めました。

KIMG2108
玄関左の「隅田の花火」
KIMG2109
これも萼が咲き始めました。
KIMG2110
裏に続く通路の「雷電」。
KIMG2111
花が咲くまでもう少し時間が掛かりますね。
昨年は6月7日に咲き出しましたので、今年も例年並みみたいです。
KIMG2112

最近、我が家の餃子は、雲呑の皮を用いた羽根付き一口餃子が定番となっています。
作り方は色々と試行錯誤したのですが、漸くレシピが固まりました。
☆雲呑の皮(30枚)入りを用いた時の分量
・豚の荒挽肉(125g)
・キャベツ(125g)
・味噌(小匙1杯)
・塩糀(小匙1杯)
・生姜(10g)
・大蒜(2片)
・胡麻油(大匙1杯)
・小麦粉(大匙1杯)
・水(100cc)
①挽肉に味噌と塩糀を加え、生姜と大蒜を擦り下ろして入れ、箸で粘りが出るまで掻き混ぜる。
KIMG2123
②①に粗微塵に刻んだキャベツを加え、胡麻油を加え、箸でよく掻き混ぜる。
KIMG2124
③ボウルに平らに均して、8当分する。
KIMG2126
④一分割で3~4個の餃子を包む
KIMG2127
真ん中から手前に餡を乗せ
KIMG2128
奥の二辺に水を塗り
KIMG2129
奥の頂点を合わせて
KIMG2130
左右を広げて折り合わせ
KIMG2131
形を整える
KIMG2132
KIMG2134
⑤冷たいフライパンに油を引いて、餃子を並べて、点火して中火にする
KIMG2135
餃子の底辺に薄く焦げ目が付いたら、水で溶いた小麦粉を流しいれる。
KIMG2136
⑥蓋をして蒸し焼きにする
KIMG2142
⑦皮が透き通って羽に良い焦げ色が付いたら、分量外の胡麻油(一周分)を廻し入れる
KIMG2144
⑧フライパンを揺すって動くことを確認したら、皿を被せてひっくり返して、皿に盛って出来上がり。

今日の夕食は、羽根付き一口餃子、冷奴、冷やしトマトと変わり蒲鉾。
餃子はお酢に黒胡椒と花椒をたっぷり入れたタレで頂きます。
皮はぱりっともちっ、餡は程好くジューシーであっさりとした味付け、軽くて美味しく、飽きがきません。
KIMG2145
今日はこんな一品も。
みたらし団子の豚バラ肉巻き」です。
テレビ朝日の「家事ヤロウ!!!」で紹介されていて、試してみたいと思っていました。
みたらし団子にバラ肉を撒いて、フライパンでこんがり焼いて、醤油でさっと味付け、という簡単レシピ。
当然のこと、予想通りの美味しさです。
KIMG2146
ご馳走様でした。

このページのトップヘ