烟霞淡泊

カテゴリ: 食事&食事会

アマゾンで注文したある物2品が届きました。
ワンタッフィッシングテントワイド T5-244(ビーズ株式会社)とアイスドリル レギュラー ST15F平刃(Y)(クローブライド㈱)。
公魚の氷上穴釣りのための装備です。
今まではレンタルで借りていたのですが、レンタル料が結構高く、また北海道でレンタルの無い非管理釣り場は必須の装備なので、思い切って買うことにしました。
昨シーズンは福島県の檜原湖や青森県の小川原湖が完全凍結せず穴釣りができないという前代未聞な暖冬で、地球温暖化が進む中無用の長物になるかも?という不安はありますが、本州の高地や北海道だったら何とかできるだろうと・・・。
20201128_110907
仕舞寸法/重量は、フィッシングテントは135cm/7.5kg、アイスドリルは85cm/2.5kg、と結構なお大きさと重量です。
フィッシングテントは、降雪や凍結時にも設営撤収が簡単にできるように、折りたたみ傘のようなワンタッチ方式なので、その分嵩と重量が増しています。
20201128_112305
フィッシングテントの収納バックは大きくて、アイスドリルも余裕で収納できます。
20201128_113752
此れならキャンピングカーのベッド下のラッゲージに収納できます。
20201128_113824
今冬は是非使ってみましょう。

お昼は、久々に「極太麺硬焼そば」(㈱福原食品)で皿うどん。
暫くスーパーの店頭に無かったのですが漸く出てきました。
1食分(めん90g、スープ21g)で488kcalなので、今日は2人で1食なので244kcal、その代わり野菜(白菜、もやし、人参)と肉とカニカマをたっぷり、それでも総カロリーは500kcal以下でしょう(多分)。
たっぷり野菜と最後までバリバリ食感の太麺で食べ応え充分、ちょっと顎が疲れますがお腹一杯になります。
20201128_125936
20201128_125942
ご馳走様でした。
デザートは、柚子果汁料理その2)で「柚子風味チョコレートムース」です。
レシピは、2020年4月25日に作った「志麻さんのチョコレートムース」のアレンジです。
①材料
 板チョコレート:60g
 卵:3個
 砂糖:小匙1
 柚子果汁:小匙2
②湯煎でチョコレートを溶かす。
③②に卵黄を入れて更に掻き混ぜる、。
④③に柚子果汁を入れて更に掻き混ぜる。
⑤④に砂糖を加えた泡立てた卵白のメレンゲを少しずつ加えてふんわり合わせて、カップに移して冷蔵庫へ。
20201128_131025
爽やかな柚子の風味と酸味がチョコレートによく合って美味しいです。
20201128_131129

夕食、秋刀魚の塩焼き、チキンカツ、柚子蓮根、薩摩芋の蜂蜜煮柚子風味(柚子果汁料理その1))、自家製野沢菜漬け。
20201128_183711
秋刀魚も終盤になってやっと例年並みの大きさの物がスーパーに並ぶようになりましたが、価格は例年の1.5倍くらいと高めですね。
20201128_183723
チキンカツ、ふっくらと絶妙な揚げ加減、肉類のカツの中で鶏腿肉の厚めのカツが一番美味しいかもしれません。
20201128_183727
柚子果汁料理その3)、柚子蓮根です。
この料理は思い付きで、浅く茹でた蓮根に熱いうちに柚子ポン酢を絡めただけの料理だったのですが、ポン酢を絡めて鍋で乾煎り気味に水分を飛ばして摺り下ろした柚子の皮を和える、というところまで工夫しました。
今回は摺り下ろした柚子の皮の代わりに柚子果汁で和えるようにアレンジ。
レシピ
①蓮根は皮付きのまま1cmの厚さに輪切して、更に適当な大きさに切り分ける(大きめの蓮根で3枚の輪切)。
②多めの沸騰した鍋で1分程茹でて、お湯を切り、市販のポン酢を適宜加える。
③②の鍋を乾煎りしてポン酢の水分を飛ばす。
④火を止めて柚子果汁小匙1敗を加えて少し蒸らして皿に盛る。
蓮根の食感と風味に皮毎搾った柚子の鮮烈な香りと苦み、とても美味しいです。
20201128_183730
20201128_183739
ご馳走様でした。

買い物で牛久市とつくば方面へ。

先ずは牛久市の「ポケットファームどきどき つくば牛久店」へ。
届け物の干芋と野菜を購入。
20201127_101824

近くのつくば市の「イオンモールつくば」へ。
以前千葉ニュータウンのイオンモールのイオンで国産の冷蔵丸鶏肉(1kgで1,000円)を購入して、格安でチキンカレーの具材として使い勝手が良かったので、先日下妻のイオンモールで探したら無く、今日は此処で探してみました。
結果は此処にもありませんでした。
各地のイオンで冷蔵丸鶏肉を見ていたので、何処でも売っているものと思っていたのですが、どうしてでしょうかね?
もう少し探してみましょう。
20201127_105958
イオンモールつくばの敷地内のパン屋さんの「PENNY LANE」
20201127_110529
その横の「WILD-1」へ。
20201127_110626
此処のアウトドア用品は、snow peek始めちょっと高級で面白い物があって、ぶらぶらと見物するには良いですね。
因みに此処で購入したのは、カヤックで使っている日本野鳥の会の長靴とsnow peekの鍛造ペグ(30cm)の2回です。
20201127_111748

お昼は、立ち喰いそば風天婦羅そば。
薄味で汁少な目、東洋水産の天婦羅は汁をどんどん吸って、最後に無くなるくらいなので、降圧を目指す食生活に合ってます。
20201127_130348
ご馳走様でした。

夕食は、カニカマ玉、自家製餃子、胡麻和え鰯、自家製野沢菜漬け。
20201127_182540
千切りキャベツに、カニカマたっぷりのふわふわ卵焼きを乗せ、甘酢餡を掛ける、奈良県のキャンピングカー仲間のTさんの持ち寄り夕食会の定番、一度やってみたいと思っていました。
美味しいです。
20201127_182549
関西風一口羽根付き餃子をやろうとして失敗、難しい。
もう少し工夫が必要ですね。
20201127_182553
ご馳走様でした。

シルバK&H号でお使いに出掛けました。

気持ちも良いぽかぽか陽気です。
20201126_095807
小貝川、河畔林が美しいです。
20201126_095758
小貝川自転車道路を走ります。
20201126_100955
ハラさんの「紫水ファーム」にお邪魔しました。
届け物と受け取り物のお使いを済ませて、暫し休憩。
20201126_101811
黄色いマリーゴールドが花盛りです。
20201126_102358
「cafe shisui」で珈琲をご馳走になりました。
20201126_103940
紫水ファームで収穫された果物の「フェイジョア」を頂きました。
キウイフルーツに似たような酸味があり、なかなか美味しいです。
20201126_103119
同じく収穫されたハヤトウリを頂きました。
皮を剥いて薄切りでサラダや漬物で美味しいとのことなので、今夕頂きましょう。
20201126_103130
自宅へ。
20201126_112221
本日走行軌跡
1606474309989
1606474322087
本日走行距離:20.2km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,923km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,693km
本日消費カロリー:536kcal

紫水ファームのお使いで受取の物は、青森在住のキャンピングカー仲間のYさんから送られてきた林檎(王林とサンフジ)です。
美味しそう!!!、また当分林檎が楽しめます。
20201126_121158

お昼は、昨晩から今朝に仕込んだチキンカレー。
20201126_130551
材料は、自家製玉葱ペースト&トマトペースト、大蒜、生姜千切り、刻み鷹の爪、鶏手羽元、コンソメキューブ、S&Bカレー粉、ガラムマサラ、クミンシード、カルダモン、塩、黒胡椒、のみです。
爽やかなスパイスの風味と野菜の甘み、シンプルでありながら多層的な味わい、今日の出来は上々です。
これでチキンカレーのレシピは固まりました。
次回はレシピを纏めようと思います。
20201126_130556
ご馳走様でした。

11日間干した干し柿を試食しました。
20201126_145252
程良い甘さで美味しいのですが、もう少し水分が飛んだ方がよく、もう一干しですね。
20201127_194111

柚子果汁、これは奈良在住のキャンピングカー仲間のTさんより送られたものです。
奈良県の北山の実家の柚子を皮毎搾った自家製柚子果汁、鮮烈な香りと酸味に柚子独特の苦みが加わってとても美味しいです。
この柚子果汁を用いた料理や調味料を楽しもうと思います。
20201127_191857

本日の夕食、海老焼売、生メバチ鮪の刺身、薩摩芋の蜂蜜煮柚子風味、ハヤトウリのサラダ、自家製野沢菜漬け。
20201126_183013
20201126_183017
柚子果汁料理その1)で「薩摩芋の蜂蜜煮柚子風味」、本来は檸檬果汁を使うのですが、柚子果汁でやってみました。
柚子果汁は蜂蜜とよく合って、とても美味しい。
作ってから時間が経って冷めていますが、爽やかな柚子の香りが強く残っていて、これはお奨めです。
レシピ
①薩摩芋(大1個)は皮を剥いて1.5cmくらいの厚さに切る。
②鍋に①を入れ少なめの水を加え(ヒタヒタの半分くらい)、大匙2のお酒を加え、中火で煮る。
③沸騰したら大匙2の蜂蜜を加え更に煮て、薩摩芋が柔らかくなって煮詰まったら、火を止めて、大匙1の柚子果汁を加えて、出来上がり。
20201126_182330
デザートは頂いた王林、香りが高く、甘く、控えめの酸味、美味しく頂きました。
20201126_185135
ご馳走様でした。

今日の天気予報は終日曇りでほとんど雨は降らないとのことで、7月30日以来で久し振りに小貝川ふれあい公園パークゴルフ場へ出掛けました。

小貝川ふれあい公園パークゴルフ場は自宅から30kmと一番近く、今日で10回目と最もよく訪れているPG場です。
8時に出発して営業開始の9時には到着して、受付へ。
1日券は500円ですが、回数券(6回分で2,500円、416円/1日)で少しやすくなります。
20201125_090846
時折小雨がぱらつく天気で、どうやら1日こんな感じのようです。
20201125_090856
20201125_090900
この時期はフェアウェイは芝が枯れてボールはコンコンコロコロとよく転がるのですが、今日は雨で芝が濡れて幾分コントロールし易くなっています。
20201125_091218
20201125_101719
全般的にフェアウェイは狭く、ラフに入ると濡れた芝で出すのがなかなか難しくなります。
20201125_120347
力まずに軽く芯当てれば充分飛ぶのは判っているのですが、それがなかなかできません。
大概は振り過ぎですね。
20201125_133902
20201125_120408
雨でお客さんも少なく、午前中で延べ10コースラウンドできました。

お昼はこれまた久し振りで「とんこつらーめん 黒龍」へ。
数えてみると今日で5回目、2回に1回はここで食べています。
20201125_131305
もつ煮込みセット(らーめん:黒竜とんこつラーメンしおを選択、もつ煮込み、半ライス、900円)と黒竜とんこつラーメンしお(600円)を注文、毎度同じです。
博多系のとんこつラーメンは苦手なのですが、このくらい穏やかだと、先ず美味しく頂けます。
もつ煮込みは柔らかく、脂も、もつの匂いも程好く残っていて、これも好みです。
値段が50円上がって、またもつ煮込みの量も少なくなってるのが少々残念ですが、それでも再訪するでしょうね。
20201125_130122
ご馳走様でした。

午後の部スタート、相変わらず降ったり止んだりを繰り返す天気でした。
20201125_133838
午後は延べ6コースをラウンドしました。
20201125_120347

今日は4コースを4回延べ16コースをラウンドして、スコアは、オオムラサキ:+0.8、ポピー:-4.3、ひばり:-4.0、さくら:+1.3、総平均:-1.6、でした。
今回はさくらの1回:+5と2回目:+3と大叩きして、それがなければ総平均は-2を越えましたね。
芝が濡れてボールが走らないのにO.B.を多発してしまい、打ち過ぎないように気を付けているのですが、なかなかそれができません。
今回/過去は、オオムラサキ:+0.8/+0.8/+2.5/0.0/+6.0/-1.3/+5.0/+3.0/+4.0/+7.0、ポピー:-4.3/-3.0/+2.8/-1.3/+1.5/-3.5/+3.0/-0.3/+1.0/+3.7、ひばり:-4.0/-5.0/-3.0/+1.0/-1.7/-5.5/-1.0/-4.0/+0.3/0.0/-0.7、さくら:+1.3/-1.8/+1.7/+1.0/-1.0/-1.5/-1.7/+0.5/+0.3、総平均:-1.6/-2.3/+1.2/-1.1/+0.3/-1.7/+0.6/+0.4/+1.4/+2.6。
「各コースを-5くらいでラウンドできるようになりたい」という目標に、なかなか到達できません。

今日の夕食、鰆の照り焼き、白菜と豚バラ肉のミルフィーユ鍋、土瓶蒸し(霜降りひらたけ、鶏肉)、冷奴(生姜オリーブオイル漬け)。
大きな鰆は脂が乗っていて美味しいです。
今シーズン初めてのミルフィーユ鍋、冬の到来を感じます。
20201125_183040
そろそろ最後の酢橘を楽しみました。
20201125_183134
ご馳走様でした。

昼は麺類が多いのですが、ラーメン、焼きそば、そば、スパゲティで、その割合は、3:2:2:1くらいでしょうか。
以前は、ラーメンや焼きそば生麺や茹麺で120~130g、乾麺のそばやスパゲティは100g、と所謂1人前だったのですが、最近は減量し始めました。
以下、2人で食べる量です。
ラーメン(生麺と別売スープ)は、麺は1人前でスープは2人前、大量のもやしとキャベツ、スープは半分残すようにします。
そばは、乾麺70~80g、具は東洋水産の天婦羅等、汁は普通の掛け汁かカレー。
焼きそばは、マルちゃん焼きそば1人前、大量のもやしとキャベツ。
スパゲティは75gくらいで、2種(トマト系と和風等)。
こんな感じです。

さて本日は、ヤオコーオリジナルの平打ち生麺と煮干しスープ、たっぷりのもやしとキャベツと豚バラ肉とおろし大蒜。
20201124_122245
ご馳走様でした。

Amazonで2つの物を発注しました。
冬のアクティビティで使う物ですが、なんでしょうかね。
今週末に到着予定ですので、詳細はその時に。

夕食は、生ラム腿肉の焼肉(トマトと玉葱)、生メバチ鮪のブツ、自家製野沢菜漬け、蒟蒻のピリ辛炒め。
20201124_184134
生ラムにトマトに源タレ、最強です。
20201124_185202
ご馳走様でした。

3連休最後の勤労感謝の日、良い天気なので思い立ってポタリングに出掛けることにしました。

ポタリング候補は、「ニッポンのじてんしゃ旅 vol.03 いばらきサイクリングガイド」を参考にしました。
20201125_214919
大野潮騒はまなす公園を出発点に、鹿島灘縦走ルートと湖岸鹿島神宮ルートを合体させて、鹿島灘から北浦東岸、鹿島神宮を巡る環状ルートにしました。
20201125_214841

早朝6時30分頃に自宅を出発して、大野潮騒はまなす公園から走り出します。
20201123_083127
鹿島灘の高台を北上
20201123_085552
鹿島臨海鉄道㈱の大洗鹿島線(水戸⇔鹿島神宮)の鹿島灘駅です。
20201123_090158
鹿島灘駅から北浦東岸に下ります。
20201123_092201
遠くに美しい双耳峰の筑波山
20201123_092140
北浦東岸を北西の追い風を受けて快走。
20201123_092602
それにしても東から眺める筑波山は本当に秀峰です。
20201123_092808
20201123_094110

鹿島神宮の「西の一之鳥居」。
鹿島神宮の参道の延長線上にある国内最大級の水上鳥居、船を利用して参詣していた時代の名残でこの鳥居は2013年に再建されたものだそうです。
20201123_103805
20201123_103635
20201123_103827
20201123_104002

お昼は鹿島神宮近くの「キッチンSALA」へ。
「キッチンSALA」さんは元々東京都豊島区東長崎にあった「せきざわ食堂」という大衆食堂が鹿嶋市に移転した店で、移転前にTV東京系ドラマ『孤独のグルメ』SEASON1#10 「しょうが焼き目玉丼」で撮影に取り上げられたそうです。
孤独のグルメの店には弱い我が家であります。
20201123_111145
20201123_111153
流石鹿島アントラーズの本拠地です。
20201123_111503
お馴染みの色紙です。
20201123_111516
生姜焼き目玉丼定食(680円、外税)。
ご飯の上にキャベツの千切り、その上に豚ロース生姜焼きとピーマンと紅生姜、その上に目玉焼き(両目)という構造で、ご飯とキャベツには生姜焼きのタレが掛かっています。
見た目通りの美味しさです。
ボリュームたっぷりで、厚揚げやひじきの小鉢と味噌汁がついて、なかなか豪勢です。
20201123_112343
カツカレー(880円、外税)、たっぷりご飯に、たっぷりルーに、厚みがあって揚げ立て熱々大判トンカツ、なかなか男前なビジュアルです。
カレールーは見た目とは裏腹でさっぱり目です。
20201123_112352
2人でシェアしながら何とか完食しました。
ご馳走様でした。

鹿島神宮へ。
社叢の未舗装の道を走っていきます。
20201123_114842
参道を廻って大鳥居へ。
20201123_105315
20201123_115921
20201123_120013
立派な山門です。
表には右近左近がいらっしゃるのですが、
20201123_120127
その裏には、
20201123_123919
このようなものが奉納?されていました。
説明書きも無く、何だか判りません。
20201123_123904
NETで調べてみると、「歴史も格式も随一!鹿島神宮は「始まり」の最強パワースポットだ 」に次のような解説がありました。
「楼門をくぐって振り返ると、左右に不思議な切り株のようなものが置かれています。こちらは境内に生えていた杉の御神木の倒木を利用して2012年に設置されたオブジェで、雷をイメージしています。
向かって右のオブジェに小さーく見える赤い丸は太陽=天照大神(あまてらすおおみかみ)、左の金色の丸は月=月読尊(つくよみのみこと)を表す。
鹿島神宮の祭神、武甕槌大神(たけみかづちのおおかみ)は雷の神様であり、剣の神様なんです。」

国指定の重要文化財の拝殿と本殿
20201123_120314
20201123_120613
20201123_121012
美しい杉の社叢
20201123_121222
鹿園、鹿は神様のお使いだそうです。
20201123_121532
奥宮
20201123_121859
要石へ、この石像は要石のイメージでしょうか。
20201123_122230
要石
20201123_122630
「1793(寛政5)年、宮城県沖で大地震が発生。東北地方に大きな被害をもたらしましたが、幸い関東地方には影響が少なく、人々は鹿島神宮の地下深くに埋まっている「要石」が震源となるナマズを抑えてくれたのだと考えました。
その「要石」には、水戸藩2代藩主・徳川光圀が、その深さを確かめようと1週間にわたって掘らせたものの、どこまで掘っても底が知れず諦めたという逸話も残っています。」だそうです。
20201123_122635

鹿島神社を出発して、下津海水浴場へ。
20201123_130802
20201123_130816
20201123_131129
この辺でもハマグリやコタマガイの潮干狩りができるそうです。
20201123_131005
20201123_131013

大野潮騒はまなす公園に戻って、園内を散策。
20201123_135625
20201123_135723
20201123_135730
太平洋側のハマナスの南限は鹿嶋市で、天然記念物の自生地はここから北へ数kmのところにあります。
20201123_140341

本日の走行軌跡
1606305777479
1606305791037

本日走行距離:45.6km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,903km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,673km
本日消費カロリー:1,186kcal

久々の40km超えのポタリング、少し北風に悩まされましたが、海あり、湖沼あり、神社ありとなかなか変化にとんだコース、気持ち良く快走しました。

夕食は、野沢菜、胡麻鰯、トマト、キムチ蛸納豆、豚ロース塩焼き(自家製スパイスと山椒本返し)、レタスサラダ、生檸檬酎ハイ。
20201123_190752
ちょっと西への旅の佐久で買った野沢菜で漬けた野沢菜漬け。
気温が高かったのと減塩で乳酸発酵が進んだのか、少々酸味が強いのですがなかなか美味しいです。
20201123_191204
ご馳走様でした。

月例の墓参りで都内へ。

長女をピックアップして、中野の両親の菩提寺に。
素晴らしい快晴、小春日和というには気温が高過ぎますね。
20201121_104033
20201121_103314
ビニール袋に大きな銀杏が沢山詰められて、自由にお持ち帰りください、と。
樹齢百年超(?)の巨木の銀杏です。
有難く頂きました。
20201121_104200
十月桜が、満開です。
20201121_104253
今年は何時になく花付きが見事でした。
20201121_104302

長女も帰宅して、和装の小物作りや買い物等々、ゆっくり過ごしました。

夕食は、水無し牡蠣(スコッチウィスキー&檸檬、タバスコソース、追い柚子ポン酢)、柚子蓮根、ラ・フランスのキムチ風、鴨鍋(合鴨ローストとつくね、芹、長葱)
20201121_202028
とっくり芋と海老のピンピン焼き。
山芋を摺り下ろして少量の水と出汁と醤油で延ばして、生剥き海老を加え、フライパンで焼くだけです。
長芋で作ると焼いても固まらないのですが、とっくり芋だと綺麗に固まり、美味しいです。
20201121_202359
水無生牡蠣、スコッチウィスキー(ボウモア)を垂らして檸檬を絞って頂きます。
スコッチウィスキーのスモーキーな香りと檸檬の酸味が、牡蠣の旨味を引き立て、なかなか良い食べ方です。
20201121_202924
20201121_203101
鴨鍋、つくねからとても良い出汁が出ます。
茨城県産の芹ですが、根も美味しく食べることが出来ました。
鴨鍋には芹が良く合います、仙台芹があれば一番ですが、残念ながら関東のスーパーでは先ず見かけることはありません。
20201121_205147
ご馳走様でした。

今日はプレアデス号の洗車とシルバK&H号の整備を予定していたのですが、ケルヒャーの高圧洗浄機の部品が破損して洗車ができなくなりました。
ということでシルバK&H号の整備(ボディーの拭き掃除とコンパウンドで艶出しとチェーンの注油)で終了。
20201117_123341

お昼は、我が家のお昼の大定番、ヤオコーオリジナルの平打ち麺(半人前)と味噌ラーメンスープの味噌ラーメン、です。
20201117_122014
炒めたキャベツともやし、熱々のスープには刻み鷹の爪と摺り下ろし大蒜、こしの強い多加水の平打ち麺、とてもオーソドックスで美味しいです。
20201117_122057
ご馳走様でした。

午後一番、「タイヤ館 守谷ふれあい館」でスタッドレスタイヤに履き替え。
タイヤ関連は、全て此処にお任せしています。
20201117_140144

玄関横のツワブキの花が満開です。
風知草は葉が枯れました。
20201117_162517
駐車スペースのハツユキカズラは、秋らしい装いになっています。
20201117_162545

晩秋の一日が暮れました。
20201117_162502

道の駅たてしな(08:15)⇒道の駅ホットパーク浅科(08:30)⇒道の駅ヘルシーテラス佐久南(09:30)⇒下仁田町(10:45)⇒自宅(16:45)

道の駅たてしなの朝。
20201115_080502
美しい浅間山の遠望。
20201115_080534

少し走って道の駅ホットパーク浅科へ。
少し形を変えた浅間山。
20201115_082231
気球が飛んでいます。
遠くに見える平らな山は荒船山でしょうか。
20201115_082247
気球は風に流されて浅間山のトーミの頭辺りまで。
あちこちで籾殻を焼いているのでしょうか?、煙が昇っています。
20201115_083107
20201115_083115
広場にハンモックが吊るされたので、一休み。
20201115_084810
20201115_085030
美しい晩秋の雲です。
20201115_085214
物産館が開店して、目についたのが3kgで300円の野沢菜、買っちゃいました。
20201115_090252

道の駅ヘルシーテラス佐久南。
20201115_092236
20201115_092236
此処も野菜が沢山。
20201115_091609
林檎も沢山。
20201115_091755

国道142号線から国道254号線に変わって、佐久から国境稜線を越えて下仁田方面へ。
20201115_094639
内山峡で休憩しようと思ったのですが、駐車場も案内も見当たらず、通り過ぎてしまいました。
20201115_094942
内山峠のトンネルを抜けて長野県から群馬県へ。
20201115_095811

下仁田町に到着、無料観光駐車場にプレアデス号を止めて、昼食を頂く「きよしや食堂」へ。
実は2019年7月16日にきよしや食堂を訪れたのですが、臨時休業で行けなかったことがあり、その再挑戦です。
20201115_104120
20201115_111128
渋い店構え、開店前で一番乗りでした。
20201115_111221
店内もなかなか渋いです。
20201115_112204
相方のかつ丼(850円)、さくっと揚がって柔らかい腿肉のかつが2枚、甘辛い醤油タレに軽く浸けて、新潟のタレかつ丼に近いチューン、なかなか美味しいです。
ご飯が柔らかく潰れ気味、硬めに炊き上がっていればカツによく合うのですが、残念。
20201115_112237
私のラーメン定食(900円)、ラーメンとかつ1枚と丼ご飯の男前なメニューです。
かつはかつ丼のかつと全く同じで、ご飯に乗せてたれを掛ければかつ丼になりますね。
20201115_112410
ラーメンはオーソドックスな醤油ラーメンですが、スープに少し癖があって、好みの分かれるところです。
20201115_112426_03
昨日のソースかつ丼に引き続き、今日もかつで糖質もたっぷりで高熱量、ざっと見積もって1,100kcaLでしょうか
ご馳走様でした。

腹ごなしのために少し下仁田の古い町並みを散策しました。
上州電鉄の終点の下仁田駅。
20201115_115348
超ローカルな鉄道の終着駅の雰囲気がぷんぷん。
20201115_113700
なかなかキュートな小型車両
20201115_113749
群馬サファリパークのイラスト列車
20201115_113915

何かと思って近づくと、蒟蒻芋のケージでした。
敷地の中も山のような蒟蒻芋。
20201115_114659
蒟蒻工場みたいですね。
20201115_114744
なかなか素敵なレンガ倉庫
20201115_115108
20201115_115406
駅に近い老舗の旅館
20201115_115453
食事も頂けるようです。
20201115_115532
なかなか素敵な路地
20201115_115540
「撞球場」と書かれたガラスの引き戸、中を覗くと布が掛かった撞球台がありました。
20201115_115718
赤と青の色ガラスが素敵です。
20201115_115814
これまた素敵な中華料理屋です。
20201115_115920
諏訪神社
20201115_120217
木彫が素晴らしい社と大欅。
20201115_120312
大欅の見事な根張り。
20201115_120405

下仁田から何時もの道を通って、夕方に帰宅しました。

富山を巡る22日間の旅を終えました。
一つの県を20日間巡ったのは、北海道以外では初めてです。
まだ、行っていないパークゴルフ場は30箇所以上、また出掛けましょう。

道の駅カモンパーク新湊(09:45)⇒道の駅奥飛騨温泉郷上宝(15:45)

10月25日から始まった富山県の滞在旅、3週間近くなり、漸く終わりとなりました。
飛騨経由でゆっくりと帰宅の途に就きます。

道の駅カモンパーク新湊の朝、多分5回目でしょうか?、数も数えられなくなりました。
20201113_060432
20201113_094240

朝食は、和定食で、目玉焼き、塩鮭乗せご飯、薩摩芋の味噌汁。
小さい皿1枚、塩鮭や辛子明太子はご飯の上に乗せるようになりました。
洗い物削減です
20201113_065319
ご馳走様でした。

富山市に出て買い物や用事を済ませて、早いお昼で「麺飯屋 醤」へ。
20201113_113055
担々麺(790円)
20201113_111909
オーソドックスな担々麺のスープ、空気を少し含んだ様な変わった食感の中太麺です。
20201113_111939
四川麻婆煨麺(810円)、土鍋でとろみの強い麻婆豆腐で麺を煮込んでいます。
辛さはそうでもないのですが、何しろ熱くて数口食べただけで汗がだらだらと流れます。
20201113_111740
ご馳走様でした。

道の駅細入で休憩。
20201113_122757

国道41号線から国道471号に走り継いで平湯方面へ。
紅葉は終わりかけですがなかなか綺麗です。
20201113_125420
20201113_133340
北アルプスの南端の焼岳が見えてきました。
20201113_133921

本日の温泉入浴は、平湯温泉の「ひらゆの森」(600円)です。
豊富な湯量を誇り、大きな内湯に沢山の露天風呂があることで有名です。
images
浴室等の写真は公式HPから拝借しました。
広々とした内湯、白濁した薄青いお湯が大量に掛け流されています。
露天風呂も数えてみると7つもありました。
39℃くらいから44℃くらいまで、全部掛け流しです。
カルシウム/ナトリウム/マグネシウム-炭酸水素塩/塩化物泉(低張性中性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ~ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:67/44~39・薄青白濁~無色透明・硫化水素臭・微塩味甘出汁・サラスベ・行く泊施設併設優良巨大立ち寄り系。
さすがに湯量が豊富な平湯の立ち寄り湯です、ゆっくりと温まりました。



本日のP泊地は、「道の駅奥飛騨温泉郷上宝」です。

夕食は、富山湾産のヒラマサの刺身、牛腿肉と豚バラ肉の焼肉焼野菜:トマト、茄子、薩摩芋)、飲み物は酢橘ハイボール。
何時もの車旅夕食に戻りました。
20201113_180559
ご馳走様でした。

今日もバーボンの力を借りてblog投稿です。
20201113_200258

道の駅カモンパーク新湊(08:45)⇒道の駅うなづき(17:00)

今日は雨振りの予報でしたが、午前中は雨が降ったり急に青空が広がったりを繰り返す天気となりました。
コインランドリーで洗濯、スーパーで2日分の買い物、とゆっくりしました。

今日のお昼は、魚津市のインド料理店の「インデラ」へ。
先日は金沢カレー系の「カレーのチャンピオン」を頂きましたが、インドカレーが食べたくなりました
20201104_113146
20201104_113157
カレーランチ、カレーは相方はダルで私はマトン(共に大辛)です。
カレー、サラダ、タンドリーチキン、ナン、ライス、飲み物、とボリュームたっぷりです。
カレーはなかなかスパイス感があって、塩分も控えめで美味しいです。
ナンは油を塗らずに甘さを抑えたタイプで、さっぱりしています。
全部平らげて、お腹一杯になりました。
20201104_114241

予報と異なり良い天気となったので、午後は黒部市に移動して、YKK株式会社の工場見学と黒部川の扇状地の古い町の生地地区の散策をすることに。

YKK株式会社のYKKセンターパーク。
ファスナーや窓枠等のアルミ製品の製造技術や歴史を紹介する施設ですが、ちょっと吃驚の規模ととってもマニアックで、なかなか面白かったです。
20201104_124331
20201104_124632
20201104_124659
20201104_124726
20201104_130431
なかなか秀逸な顔出しパネル、愉しい。
line_33374137719715
20201104_134347
20201104_134243
なかなか楽しかったです。

生地地区へ。
当初は散策する予定でしたが、黒部市コミュニティセンターで電動アシスト自転車を貸し出していたので、それを借りることに。
生地地区は全国名水百選の「黒部川扇状地湧水群」に指定されていて、現在20か所の清水(しょうず)があり、先ずはそのいくつかを巡ることに。
「弘法の清水」、此処以外にも2箇所に弘法の清水があって、お大師様が杖を突きまくったのしょうか?
20201104_140642
水汲みに来られた方もいらしています。
飲んでみましたが、柔らかい水という印象です。
20201104_140618
絹の清水
20201104_141018
20201104_141032
20201104_141400
新田の清水
20201104_141953
何処もとても綺麗に整備されています。
20201104_142005
黒部漁港の水路の生地中橋、日本初の旋回橋だそうです。
丸く切ってある部分が回転して、背の高い船を通す仕組みですね。
20201104_143132
黒部漁港にもう一つ面白いものがありました。
海底地下道です。
黒部漁港の整備で分断された南北地区を結ぶために昭和57年に造られたもので、海底の専用歩道は日本で此処だけとのことです。
北側から入って、
20201104_145042
20201104_145113
20201104_145150
20201104_145237
20201104_145243
南側へ出ました、愉しい。
20201104_145354

走行&歩行軌跡
1604617323557

1604617342009

本日の温泉入浴は「湯めどころ宇奈月総湯」(510円)。
専用駐車場
20201104_165240
温泉街
20201104_160138
湯めどころ宇奈月総湯、4年前に建てられた立ち寄り湯でなかなかモダンな造りです。
単純泉(弱アルカリ性低張性高温泉)で、掛け流し循環併用の湯使いですが、なかなか気持ち良く入浴できました。
20201104_160127

本日のP泊地は道の駅うなづき。
持ち寄り夕食会は、手作り餃子、貝柱のかに玉風、エビチリ、豚肉チヂミ、他、で被りは有りませんが、中華韓風料理になりました。
白のスパークリングと白ワインで、1.0適量。
20201104_183448
ご馳走様でした。

道の駅カモンパーク新湊(09:45)⇒射水市市内⇒道の駅カモンパーク新湊(16:30)

この旅初めての雨降りの一日となりました。
全国的に雨降り、いくら強力な晴れ族のTさんでも、仕方がない天気です。
20201102_091406

朝食は、目玉焼きにミニトマトと茄子一夜漬けと煮南瓜、河内屋の蒲鉾の残り、マッシュルームの味噌汁、冷蔵庫の残り物一掃です。
20201102_072310
20201102_072315
ご馳走様でした。

午前中は、射水市市内の小杉の「小杉スポーツ」を訪れました。
北陸最大のパークゴルフ用品コナーがあるとのことです(外観と売り場は公式HPから拝借)。
なかなか立派な店構えです。

パークゴルフ用品コーナー
クラブは、ホンマ、ミズノ、ニッタクス、キャロウェイ、アシックス、SPG、B.B.B.と有名どころの主要製品が揃っています。
中には1本20万円のクラブもあります。
クラブケース、バッグ、ボール、ティー、等々の関連小物の品揃えも豊富です。

購入したのは、アシックスのPGハイパワーボールX-LABOヘキサゴンです。
今年の新製品で初の4ピース中空構造で、高反発でよく飛ぶと評判で品薄になっているとのこと。
20201102_120938
眼鏡ヘキサゴンになっていて視認性も向上しているそうです。
20201102_121436
相方用のマーカーです。
20201103_063343
ボール、打つのが楽しみです

お昼は「カレーのチャンピオン eタウン店」で。
20201102_114118
Lカツカレー(右、サービスタイムで820円⇒720円)とチキンカツカレー(左、820円)
20201102_113025
固めに敷き詰めたご飯に粘度の高いカレールーが掛けられ、大きめの揚げ立てトンカツとキャベツをトッピングしています。
カレーは学校給食のカレーを濃く辛くした感じで、ご飯の量に比べると少し少なめの印象です。
全体のボリュームは相当なもので、、何とか食べ切りましたが、初老の夫婦が大して身体を動かさない日に食べるメニューではありませんね
20201102_113029
ご馳走様でした。

本日のメインイベントの紅ズワイガニの「新湊漁港の昼セリ見学」(見学料100円/1人)です。
今日は海が少し荒れたせいか、普段の出船5船のところ1船で、1/5程度のセリとなるそうです。
20201102_123442
セリ場の2階が見学場所になっています。
20201102_123636
1/5でも結構な量です。
20201102_123753
20201102_123853
セリが始まって、アッという間にセリ落とされていきます。
20201102_130017

20201102_130220
20201102_130246
落とした紅ズワイガニは大きなプラスティック容器に入れて引いています。
20201102_130439
20201102_130500
20201102_130507
なかなか面白いものを見学しました。

本日の温泉入浴は、高岡市の「かの苑温泉」(440円)。
単純泉とナトリウム-塩化物泉の2種の温泉、湯使いは掛け流し循環併用ですが、設備も整っていて、銭湯価格は魅力的です。
20201102_153830

本日の持ち寄り夕食会は、タンドリーチキン、卵サラダ、、じゃこの佃煮、春巻き、鰰の干物、鱈汁です。
今日のお酒は、赤ワイン×2と白ワイン×1の1.5適量と結すすんでしまいました。
20201102_180215
鱈汁は〆の一杯、真鱈と豆腐と長葱と柚子の小口切り、オーソドックスで鱈料理の中で一番だと思います。
20201102_185550
ご馳走様でした。

道の駅万葉の里高岡(08:30)⇒高岡町ポタ⇒道の駅カモンパーク新湊(16:10)

本日のアクティビティは、高岡町ポタです。
道の駅万葉の里高岡⇒高岡おとぎの森公園⇒高岡大仏⇒古城公園⇒道の駅万葉の里高岡、16kmくらいの軽めのポタリングです。

高岡おとぎの森公園
20201101_094037
園内では秋バラが見頃になっていました。
20201101_090900
20201101_090924
20201101_091339
遊具のある一角も
20201101_091005
20201101_091149
有名なドラえもんの皆さん、なかなかのクオリティです。
20201101_091253
ドラえもん日時計
20201101_092532
菊花展
20201101_093428
珍しい菊
20201101_093024
これも、見たことがありません。
20201101_093057

高岡大仏(1933開眼供養)、日本三大仏をに称せられていますが、規模では奈良の大仏と鎌倉の大仏に比較すると小さいですね。
20201101_100819
大仏様内部の回廊
20201101_101356
内部の中央、1,900年に焼失した木造大仏の頭部が鎮座されています。
20201101_101403
20201101_101410
与謝野晶子が「鎌倉の大仏より一段と美男」と言われたそうです。
20201101_101512
境内の露店の大仏焼きを頂きました。
20201101_101915

古城公園へ。
20201101_102421
20201101_102700
射水神社にお参り、七五三で大賑わいでした。
20201101_102757

公園内の「高岡古城公園動物園」へ。
20201101_104030
20201101_104138
ケープハイラックス、かか可愛い!!!
20201101_104247
20201101_104912

古城公園を走り抜けます。
20201101_105431
20201101_105710

少し早いお昼を「らーめん誠や」へ。
20201101_113323
20201101_110853
富山ブラックの人気店です。
注文は、勿論富山ブラックで醤油ラーメン小(750円)とチャーシューメン小(950円)。
真っ黒なスープと大きなチャーシューがなかなかな迫力です。
20201101_112334
スープは真っ黒、勿論塩分は高めなのですが、極端な塩っ辛さは有りません。
意外なことに麺は縮れ太麺で、余りスープを拾わず、もっちり食感で結構美味しいです。
20201101_112445
ご馳走様でした。
国道156号線を走っていきます。
20201101_114635
万葉線の路面電車です。
20201101_115146
20201101_115152
道の駅万葉の里高岡に帰着し、無事終了となりました。

本日の走行軌跡。
1604220814790

1604220825346

本日走行距離:18.0km
累計走行距離(CYLVA F8F):1,857km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):6,627km
本日消費カロリー:468kcal

本日の入浴は、新湊駅近くの銭湯の「越の湯」(440円)。
新しくて綺麗な銭湯でした。
20201101_143118

本日のP泊地の道の駅カモンパーク新湊に到着して、おやつを頂きました。
20201101_162552
20201101_171108

本日の持ち寄り夕食会は、牡蠣と茸の味噌焼き、納豆豆腐、鱒寿司、サラダ、豚肩ロースの一口カツ、フクラギの刺身、ポテトチップス&サルサソース、茜加屋 琳赤 純米吟醸 無濾過生原酒(Tさんのホールインワンの祝い酒、ど真ん中ストライクで美味しい)と白ワイン。
20201101_183801
牡蠣の土手焼きの風味
20201101_183821
大豆×2、です。
20201101_183824
浅酢の生系の鱒寿司
20201101_183830
豚肉に小麦粉と卵液を付けずに、そのまま塗す専用パン粉で揚げたトンカツ、普通の美味しく、これは便利です。
20201101_183833
フクラギの刺身、フクラギは北陸地方の鰤の幼魚の呼び名、関東のイナダ、関西のハマチに相当。
20201101_183841
塩不使用のポテトチップ、トルティーヤチップスが無く代用、結構よく合います。
20201101_183943
何時も同じ文句で恐縮ですが、美味しく愉しく頂きました。

庄川温泉三楽園(09:30)⇒道の駅砺波(15:40)

温泉旅館に泊まった翌朝の楽しみその1、未だ明け遣らぬの朝風呂です。

20201026_053840
気持ちが良いです。
20201026_053953
20201026_053914

温泉旅館に泊まった翌朝の楽しみその2、朝食です。
火を使うものが3つの豪華版。
20201026_072940
20201026_073004
となみ野ポーク鍋
20201026_073715
焼き魚(ムシカレイと河豚)
20201026_073226
味噌汁
20201026_073233
さすの昆布締と鰆の味噌漬け
20201026_073241
軽々としっかりと盛られたご飯を2杯、普段の3倍の量です。
「温泉旅館の朝食は何でこんなに食べれるのでしょう?」、何時も思うことです。

チェックアウトして、其処で母上とお別れしました。
2015年から始めた相方の母上との年1回の温泉旅行、6回目の今年は長女と次女も加わって賑やかに楽しく行えました。
また来年、楽しみに待ちましょう。

高岡市の伝統産業の鋳物製造工場の「能作」へ。
昨日思い立って、鋳物作成体験を申し込んだところ、午前中は空きが2名あって先ずは娘達が、午後一番で相方と私が参加となりました。
ウィークデイなのになかなかの人気のようです。
高岡市オフィスパークという技術系地場産業の為の小規模工業団地にあるのですが、目を引くモダンな建屋です。
20201026_095926
20201026_095952
能作は、「より能い鋳物をより能く作る」からとられているそうです。
20201026_100009
エントランス、鋳物製品が並べられています。
20201026_100040
広い空間に巨大な鋳型のオブジェ
20201026_100143
床に埋め込まれた真鍮製の巨大な鋳物?の日本地図。
建物も内部もモダンアート作品の趣です。
20201026_142111

NOUSAKU LABで午前の部の鋳物体験がスタート、所要時間は90分となかなか本格的です。
体験は
「生型鋳造法と呼ばれる、砂を押し固めて成型する方法でぐい吞みなどの錫製品を造る」
というものです。
20201026_100428

相方と私は売り場へ。
20201026_100227
お目当てを見付けました。
前から欲しかった錫の片口銚子です。
一合が入るサイズを購入しました。
20201026_100709
20201026_100719
20201026_123814

能作の工場内部
20201026_101726
2回のミュージアムのようなスペースの鋳型と鋳物のインスタレーション
20201026_101758
鋳物の風鈴のオブジェ
20201026_102256
能作の時代毎の代表作品
20201026_102404

娘たちの作品、錫のぐい吞み、見事成功です。
体験に使った道具と一緒に記念撮影できるスペースが作られています。
20201026_113153

東京に帰る娘たちを新高岡駅へ送り、また能作に戻りました。
IMONO KITCHENでお昼を頂きました。
20201026_123748
20201026_124200
コップは勿論錫の鋳物です。
20201026_124216
もちもちベーグルのサーモンフライサンドBOXと富富富のふっくらご飯パンのスパイシーカレーホットドックBOX
20201026_124825

相方と私の体験スタート。
ゴム手袋をしての作業でなかなか写真を撮れなかったのですが、これは鋳型完成の一歩手前、ここまでで50分くらい掛かっています。
20201026_134056
出来上がった鋳型に溶かした錫を流し込む作業は指導員の方が行います。
20201026_134455
錫の融点は230℃、電熱線コンロで簡単に溶けます。
20201026_134554
20201026_134750
私の鋳型
20201026_135019
叩いて砂を崩すと鋳物が現れます。
これは注ぎ口から繋がった錫を切り取った物です。
20201026_135301
切り取り口を削ったぐい吞みを、紙鑢や金物鑢で仕上げて、底に刻印を打ちます。
20201026_135729
吸い口の凸凹を軽く鑢で取るくらいにして、鋳物跡をそのまま残しました。
20201026_141548
刻印を打って出来上がりです。
20201026_141559
出来上がりの記念撮影。

20201026_141851
なかなか良い感じです。
日本酒を注ぐと味がまろやかになると謂われていて、使うのが楽しみです。
20201026_142025

夕食の食材を買いに、高岡市の「フレッシュ佐武」へ。
平田海老(白海老)と摺り身と紅ズワイ蟹を購入、私の好きな富山名物の代表です。
20201026_150539
朝採れの新湊産の紅ズワイ蟹。
大きいのに安く、少し軽いので身は詰まっていないことを承知で、解し身と甲羅焼きくらいはできるだろうと購入しました。
20201026_154910
結構大きいので、胴と足に切り分けて、26cmの柄の無いフライパンを重ねて蒸し上げます。
ここ10年以上、蟹は蒸すことにしていますが、旨味が脱げないし、大きな鍋は不要で、また少量のお湯で蒸せるので、蟹や殻付き牡蠣等はこの方法で蒸しますが、キャンピングカーでの蒸し器として重宝しています。
20201026_155351
20201026_160328

夕方道の駅砺波で、奈良県在住のキャンピングカー&カヤック&パークゴルフ仲間のTさんご夫妻と合流しました。
今年の2月依頼、10ヶ月振りです。

持ち寄り食事会の準備。
新湊産の紅ズワイ蟹、身は細っていましたが、まあ摘まむくらいと甲羅焼きはできました。
20201026_182727
持ち寄り夕食は、鱈のチリソース、椎茸チーズ焼き、紅ズワイ蟹解し身と蟹甲羅焼き、白海老天婦羅、摺り身汁、スパークリングワインと強炭酸の日本酒。
事前打ち合わせなしの持ち寄り、被り無しは何時ものことですが、今日は肉料理無し、珍しいです。
20201026_183136
豆板醤が効いたトマトソースが小麦粉を振って揚げ焼きした鱈によく合います。
20201026_183211
白海老の天婦羅、美味しいです。
20201026_183213
身は痩せていますが、紅ズワイらしい仄かな甘みと旨味が味わえます。
20201026_183215
椎茸チーズ焼き、ワインの摘みにぴったり。
20201026_183219
蟹甲羅焼き、長葱と卵で増量、それでも先ず美味しいです。
20201026_183222
もしかしたら富山で一番の好物かも、次は摺り身揚げで楽しみましょう。
20201026_192058
ご馳走様でした。

明日も良い天気になりそうです。
20201026_174759

少し雲が多いのですが、良い天気になりました。
20201024_094822

2019年の12月23日にNAC5のラジオショッピングで紹介されていたカーワックス(新型ポリマー/超ハード)「ピカピカレイン2」で2回目のワックス掛けをして、それ以降は水洗いのみで済ませてきました。
今日はしっかり洗剤で洗って、ついでに久々に屋根も高圧洗浄機で汚れを落とすことに。
Befor、そんなに汚れていませんが洗剤を付けたモップで軽く洗いましょう。
20201024_094932
モップを掛けて、高圧洗浄機で水洗。
20201024_095421
先ず先ず綺麗になりました。
柔らかめのデッキブラシで洗えばもっと綺麗になるのでしょうが、まあこれで充分でしょう。
20201024_095738
プレアデス号の側面も洗剤で洗浄しました。
車体に風景が写りこむくらいになりました。
購入後7年、完全雨曝しですが、結構塗装が良いのですね。
20201024_140033
20201024_140053

さて、本日は長女と次女が帰ってきて、一家4人で食事会となりました。
長女と次女が食材とワインとデザートを持って来て呉れました。
ハモンセラーノ、真鯛とアトランティックサーモンのカルパッチョ、モッツレラチーズサラダとウフサラダと無花果&洋梨サラダ、焼き椎茸&長茄子、トルティーヤチップスとサルサソース、白ワイン(五一ワイン)、となかなか豪華です。
ハモンセラーノと無花果と洋梨を合わせると、これは美味しい!!!
20201024_192532
デザートのMels  CARAMEL WORKSのキャラメルガトーサンド(ソルティナッシュ、ベリー、エキゾチック)、はぁぁ~美味しい。
20201024_201602
ご馳走様でした。

2週間の旅だったので、帰宅すると久し振りの自宅感です。
今日はプレアデス号の洗車を予定していたのですが、雨降りとなり、何もしないでぼーっと過ごしてしまいました。

お昼は、定番のヤオコーのラーメン(平打ち麺と煮干しスープ)。
今日も麺半人前とスープ一人前とたっぷり野菜(キャベツ、もやし、生木耳)の減糖質メニューです。
20201023_123407
ご馳走様でした。

あっという間に夕食、三陸沖の脂の乗った戻り鰹の刺身、生の芝海老の唐揚げ、焼き茄子。
20201023_184113
帰宅してからも三陸物、美味しいです。
20201023_184402
時折出回る生の芝海老、唐揚げに丁度良いサイズ、ヒゲを切って小麦粉を振ってそのまま揚げます。
20201023_184354
ご馳走様でした。

道の駅国見あつかしの郷(06:30)⇒自宅(15:00)

国道4号線を南下、大した渋滞も無く快走しました。

国道4号線から少し外れた栃木県の高根沢町に今年の4月に新しく「道の駅たかねざわ 元気あっぷ村」ができましたが、先日情報番組で紹介されていて、寄ってみました。
元々あった第三セクター「株式会社高根沢町元気あっぷ公社」が経営していた温泉を含む施設を一旦廃業して、新たに道の駅として再出発するという経緯のようです。
古びた施設に新しく付け足したような感じがしますね。
20201022_112652
ジェラート店や。
20201022_112819
当然物産館も。
20201022_112835
こんなミニレストランも。
20201022_113745
特に話題として取り上げられていたのが、グランピングの施設。
20201022_113452
「Takanezawa Trailers BASE」
20201022_123559
20201022_122931
アメリカ・フォレストリバー社のトレーラーハウスのSONOMAが十数台も、なかなか壮観です。
20201022_123214
さてこのグランピング施設、どんな感じかは、⇒「こちら」へ。

本館のレストランで昼食を頂きました。
20201022_113316
20201022_114602
柏楊豚のカツカレー(1,000円)
20201022_120125
白楊豚の生姜焼き定食(900円)
20201022_120314
美味しく頂き、ご馳走様でした。

夕方に帰宅しました。

今回走行軌跡。
1603372571046

<総括>
今回は14日間の旅でしたが、4日間は往き帰りの移動、10日間は青森県の六戸町、七戸町、八戸市、三沢市、東北町、十和田市、岩手県の大野町、軽米町の半径約50kmに滞在しました。

1.走行距離・燃費
走行距離:2,073km、燃費:7.9km/L、FFヒーターを長時間焚いて、その分燃費が悪くなったようですね。

2.アクティビティ
1)パークゴルフ場(PG場)
 ①大野PG場、②軽米ハートフルスポーツランドPG場、③さんのへPG場、④八甲田パノラマPG場、⑤美保野PG場、⑥高森山PG場
 どのPG場も、斜面のコースが必ずあり、打ち上げ打ち下ろしのホールがありました、この地のPG場の特徴でしょうか。
 なかなか、面白いPG場もあり再訪したいですね。
2)カヤック
 ①小田内沼、②十和田湖
3)ポタリング
 ①八戸市街、②小川原湖一周
 小川原湖一周は56kmで、湖沼一周の最長記録を更新しました。

3.温泉(掛け流し温泉のみ)
 ①八幡の湯(福島県飯坂温泉、200円)、③市民の森温泉浴場(三沢市、220円)、④さかた温泉(七戸町、300円)、⑤ほっとプラザ 杉の子温泉(七戸町、360円)、⑥谷地温泉(青森市、600円)、⑦十和田市民の家(十和田市、310円)、⑧ヒバの湯ポプラ(東北町、250円)、⑨八甲温泉(東北町、200円)、⑩すもも沢温泉(東北町、300円)、⑪星野リゾート 青森屋 元湯(三沢市、450円)、⑫花おりの湯(宮城県大崎町、700円)、12湯、平均入浴料:324円
 青森県のこの地(三八上北)の温泉を堪能しました。
 アクティビティで張った身体を解すのに、最高です。

4.ご当地フード・食材(☆:特に美味しかった)
①☆白河ラーメン(福島県)、②☆気仙沼産生本鮪(宮城県)、③もってのほか(岩手県)、④☆松茸(岩手県)、⑤☆真穴子(青森県)、⑥☆とっくり芋(青森県)、⑦大蒜(青森県)、⑧山桃(岩手県)、⑨☆バラード(洋梨、岩手県)、⑩早生ふじ(青森県)、⑪☆青森サーモン(青森)、⑫☆馬刺し(青森県)、⑬鴨汁(岩手県)、⑭ヒメマス塩焼き(青森県)、⑮天然茸(☆なめこ、かっくい、ハタケシメジ、コガネタケ、秋田県と青森県)、⑯☆鱈白子(青森県)、⑰パイカ(青森県)、⑱せんべい汁(青森県)、⑲八戸サバめしコロッケ(青森県)、⑳しお手羽(青森県)
食べ物は美味しくて安い、またなかなか面白いものもありますね。

前回の奥日光に引き続き、余り走り回らないで腰を落ち着けてアクティビティを楽しむ、という旅を計画しました。
台風14号による天候不順で、少しスケジュールが詰まってしまいましたが、当初の計画はほぼ予定通り巡ることができました。
さて、次は何処にいきましょうか。

沼舘緑地公園駐車場(05:50)⇒道の駅国見あつかしの郷(17:00)

沼舘緑地公園駐車場の朝
20201021_054611
20201021_054603

青森県の三八上北地区を中心に巡った旅も、帰途につきます。
国道4号線を只管南下です。

20201021_064410
20201021_065314


岩手県を走り抜けて、昼前には宮城県へ。
お昼は栗原市のラーメン屋さんの「みよし食堂」。
20201021_123900
私の生年の2年前の創業、老舗ですね。
20201021_121407
20201021_122728
中華そば(左、650円)とチャーシューメン(800円)。
チャーシューメンが人気のようで、一つ注文して分け合うことに。
20201021_123155
スープは醤油が立って旨味強め、麺は黄色がかったツルンとした中細麺、チャーシューは柔らかいバラ肉、オーソドックスで食べやすいラーメンです。
麺量は東北サイズで180~200gと普通盛でお腹一杯です。
20201021_123241
ご馳走様でした。

本日の温泉入浴は、宮城県大崎市の「ひまわり温泉 花おりの湯」(700円)。
国道4号線から少し左に折れたところで、2017年の2月に訪れたことがあります。
20201021_134700
今辺りは亜炭の産地で、この温泉も亜炭層を通って湧出して、淡いモール温泉になっているようです。
主浴槽と露天風呂の他に、温めの小浴槽もあってゆっくりと浸かることができます。
2e10a9d7-s

4e916260-s
単純泉(低張性弱アルカリ性低温泉・モール温泉)・無加水加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:33/42~40・淡褐・無臭・微苦味・ヌルツル・幹線道路沿い優良立ち寄り湯系。
JAFのクーポンで飲み物、施設のサービスでスイーツセットもついて、とても得した気分です。
20201021_143851

宮城県から福島県へ。
20201021_165022

道の駅国見あつかしの郷、この旅の初日に泊まって、この旅最後のP泊地になりました。
綺麗な上弦の月が昇りました。
20201021_172631
この旅最後の夕食。
宮城県沖の鰹の刺身、冷凍餃子、冷奴、野菜他、奥入瀬ビールのアンバーラガー。
何時もは餃子は自家製なのですが、今日はさぼって味の素の冷凍餃子です。
冷凍餃子は美味しいですね。
自家製の餃子は材料夫々(挽肉、キャベツ、生姜、大蒜、胡麻油等)の味がストレートに出ますが、市販の餃子は良く判らない旨さが全体を支配しているように感じます。
20201021_182945
20201021_182955
ご馳走様でした。

道の駅ろくのへ(8:45)⇒小川原湖湖畔施設(09:20)⇒道の駅みさわ(10:45)⇒三沢市街(11:30)⇒道の駅ろくのへ(16:00)

細かい雨が降り続いている道の駅ろくのへの朝。
4日連続の雨、迷走した台風14号のせいです。
明日は漸く青空が広がるという予報なので、今日1日は何とか凌ぎましょう。
20201012_060628
今日は和朝食、目玉焼き(昨日の残りの鶏とピーマン添え)、もってのほか、ご飯、なめこの味噌汁。
20201012_080155

今日もアクティビティはダメなので、①温泉巡り、②三沢で行っていないところに行ってみよう、にしました。

三八上北の温泉巡りその2で、三沢市の「市民の森温泉浴場」(220円)で朝湯。
営業開始の9時30分には結構なお客さんが詰めかけていました。
20201012_093017
浴槽は大浴槽と中浴槽の2つ。
窓から小野川湖が見えますが、天気が良いと小野川湖越しに八甲田の山並みが望めるそうです。
浴室の写真はNETから拝借しました。

ダウンロード
v1599562896
単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:44/42or41・無色透明・無臭・中塩味甘ダシ・ヌルツル・優良廉価公共立ち寄り湯系。
入浴料は220円(三沢市内在住者は150円)とこの地域で最安値でこのクオリティ、朝から沢山のお客さんが押し寄せるのも判ります。

道の駅みさわ、三沢市街から結構離れているので、今まで訪ねたことがありませんでした。
静かで良さそうなところですが、少々不便に感じますね。

20201012_104203

小野川湖畔、この旅でパドリングを予定して、偵察。
この辺りは長い砂浜が続いていて、何処からもエントリーできますね。
ところで写真の黒い点々は水鳥で、千羽くらいは居ますね。
この中を漕ぎ出したら?、どうなるのでしょうか。
20201012_112136
20201012_112209
右手の遠くに、同じくらいの規模の群れが居ました。
20201012_112228

近くの小田内沼も偵察、此処からエントリーできます。
20201012_111553
周囲2km、水草が繁茂していて、面白いパドリングができそうです。
20201012_111447
白鳥の親子が泳いでいました。
20201012_111458

お昼を頂きに「Sky Plaza MISHAWA」へ。
20201012_114553
過去2回は「ピッツェリアマッシモ」のマルゲリータとお隣の「ラニ チキン ファクトリー」のハーフラニチキンを頂いているのですが、今日は同じフロアのホットドックの「Jack&Betty」へ
ハロウィンの飾り付けが可愛いです。
20201012_115014
プレーンドックセット(左、700円)とカロライナドッグセット(右、830円)、ドリンクバー(100円×2)。
ドックパンもソーセージも大きめで、アメリカンサイズですね。
味もアメリカンで、何というか大雑把な美味しさと謂ったら伝わるでしょうか(本場のアメリカで食べたことはありませんが)。
中央の黄色いものは、マッシュポテトを揚げたようなフライドポテト、です。
アメリカンなドリンクバーと頂いて、お腹一杯になりました。
20201012_115932
玉葱の微塵切りとピクルスとケチャップとマスタード、これが美味しく、これが無いとホットドックになりません。
紙ごとぎゅっと潰し気味に掴まないと齧れません。
20201012_115935
たっぷりのコールスローの下にスパイシーなソースが塗ってあるのですが、とても良いアクセントになっています。
20201012_115938
20201012_115941
ご馳走様でした。

「ピッツェリアマッシモ」と「ラニ チキン ファクトリー」、次回はやはりこの組み合わせにしましょう。
20201012_121640

食料品と雑貨の「Sky Plaza MISHAWA」、商品はアメリカンです。
20201012_114902
20201012_114703
リユースショップの「萬屋」、見ているだけで楽しい。
20201012_122641
20201012_122710

少し雨が小降りになったので付近を散歩。
英語表記の店がな選んでいて、米空軍基地在る街の雰囲気です。
20201012_123551
三沢市庁舎
20201012_124807
三沢野菜市場、覗いたら「とっくり芋」が売っていたので即買いしました。
20201012_130034

道の駅しちのへ、此処で買い物して、P泊する予定です。
買い物の目当ては「大蒜」と「とっくり芋」なのですが、とっくり芋は未だ出荷が始まっていないとのこと、三沢でもっと買っておくべきだったかも。
20201012_143643
仕方がないので大蒜のみ購入。
何時もは1,000円~1,200円の小型のB級品を買うのですが、今回は大型を購入しました。

さて、P泊するために裏側駐車場に向かうと、こんな看板がありました。
「駐車場内での仮眠は可能ですが、宿泊を禁止します。」とあります。
以前は無かったので、最近立てられたようです(気が付かないことはないのでそう思うのですが)。
ということで昨日と同じ、道の駅ろくのへに向かいました。
20201012_151438
<追記>
後で、この看板についていろいろと調べると、「駐車場に夕方に入って車中泊して朝に出るような利用法であれば”長時間の休憩”として許容される」という情報がありましたので、モラルを守って常識的な範囲での利用ならOKみたいです。
詳細は、You Tubeの「【車中泊問題】道の駅に新しくできた看板「宿泊禁止」の経緯について問い合わせしてみた」をご覧ください。

本日の温泉入浴は、三八上北の温泉巡りその3で七戸町の「さかた温泉」(300円)で夕湯(夕方の入浴、私の造語)。
青森県中規模の温泉銭湯です。
20201012_154345
浴室の写真はNETから拝借しました。
手前の大浴槽(41℃)、大量の掛け流しのオーバーフローが気持ち良いです。

2011102414511357bs
20111024145112465s
奥の中浴槽2つ(44℃、ジャグジー有り無し)。
20111024145115805s
20111024145114e62s
3つの浴槽に加えて、サウナに水風呂2浴槽となかなかの充実振りです。
単純泉(低張性アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:46/44or42・薄褐色・微モール臭・微苦・ヌルンツルン・伝統的青森中規模温泉銭湯系。
久々のモール温泉、気持ちの良い浴感、ゆっくりと温まりました。

本日の夕食は、もつ鍋(豚生白もつ、豆腐、キャベツ、韮、豆もやし)、槍烏賊の煮付け、もってのほか、酢橘酎ハイ。
豚生白もつは一昨日宮古市の魚菜市場の太田屋肉店で見付け、とても美味しそうだったので購入しましたものですが、見立て通りとても美味しいです。
20201012_181026
ご馳走様でした。

自宅(07:00)⇒白河市(11:20)⇒福島市(13:40)⇒飯坂温泉(14:50)⇒道の駅国見あつかしの郷(16:30)

先日の旅に引く続き、パークゴルフ、ポタリング、ハイキング、温泉巡りの旅に出ました。
何処に行くのかはお楽しみに、としておきます。

台風14号接近中で、自宅を出た頃は雨が降っていましたが、国道294号線の水海道辺りを行く頃には雨が上がりました。
何時も北へ向かう時、筑波山を横目に見て走ると、旅に出たことを実感します。
筑波山、今日は頭が雲に隠れています。
20201009_080303

石毛の「セイコーマート」でG7始めワンコイン(前後)ワインを4本購入。
20201009_075255

少し早いお昼は、白河ラーメンの名店の「手打中華すずき」へ。
白河ラーメンの私個人のランキング、「①とら食堂、②手打ち中華 すずき、③手打ちラーメン 英、④火風鼎、⑤今の家」、で第2位、2度目の訪問です。
開店直後でお客さんがまだ少ないです。
20201009_112123
20201009_112801
手打中華(750円)、とても美しい姿です。
20201009_113022
手打ちワンタンメン(1,300円)、ワンタンはシェアします。
20201009_113108
20201009_113335
醤油が立った端麗なスープ、食感と小麦の香りと旨さを感じる太さが不揃いな手打ち平打ち縮れ麺、字の如く雲を吞むようなふわふわのワンタン、白河ラーメンの典型です。
ボリュームもたっぷり、お腹が一杯になりました(麺量200gくらい?)。
ただ、1回目に訪れた時の美味しさが感じられません。
少々塩っ気が強い、ワンタンが固まり気味、と多少の難があったのですが、料理側の問題なのか?、食べる方の問題なのか?、判りません。
ご馳走様でした。

本日唯一の観光?、で福島市の「四季の里」の中にある「水林自然林」へ。
2020年6月30日の古関裕而ゆかりの地を巡る旅」で時間の都合で訪れることができなった場所です。
といっても古関裕而のゆかりの地ではなく、朝ドラの「エール」のタイトルバックに使われたロケ地です。
20201009_134500
四季の里、なかなか立派な公園(入園無料)です。
20201009_134701
さて、お目当ての場所へ。
20201009_135238
雨に濡れた森林が綺麗です。
20201009_141100
さて目的の一枚その1、です。
20201009_140104
目的の一枚その2、です。
クオリティは、残念ながら、その2が高いですね
20201009_140948
参考にお手本?の映像です。
20201009_194626
20201009_195005
楽しみました。

本日の温泉入浴は、飯坂温泉の共同浴場の「八幡の湯」(200円)。
これで飯坂温泉の共同浴場巡り(全9湯)は、鯖湖湯、大門の湯、十綱湯に引き続き、4湯目となりました。
住宅街にひっそりと佇む、風情のある外観。
20201009_150005
「はいらんしょ」の木板が素敵です。
20201009_150017
先客で地元の常連さんの5名いらっしゃって、写真はNETから拝借しました。
シンプルな浴室の中央に角を取った長方形の掘り下げ湯舟、中央に振り分け源泉湯口、飯坂温泉でよくみられる造りです。
湯温は45℃くらい、きりりと熱めで気持ち良く、ゆっくりと浸かれます。
o0656049213848776449
o0470060313848776447
20201009_152444
単純温泉(低張性アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯舟:64/45・無色透明・弱薬臭・無味・サラツル・伝統的共同浴場系。
熱いのですが浴後は熱が籠らずさっぱり、古風でシンプル、廉価、柔らかい湯中り、共同浴場の理想形でしょうか。
残り5湯も楽しみです

「パルセいいざか」で、古関裕而のパネル展を開催していました。
20201009_153627
古関裕而が撮った8mmフィルム映像、飯坂温を楽しむ古関一家の様子が映されていてなかなか面白かったです。
20201009_154320

飯坂温泉から少し走って本日のP泊地の「道の駅国見あつかしの郷」に到着。
20201009_170429
道の駅の物産館で、エディブルフラワー、見たこともないほど巨大ななめこ、桃の光月を購入、楽しみです。
20201009_170616
本日の夕食、三陸沖の戻り鰹の刺身、鍋(横手豚の肩ロース、なめこ、豆腐、長葱)、常備菜2種(大根の千枚漬け風、ビーマンと蒟蒻炒め)。
ラップを剥がす、切って盛る、の簡単夕食。
大きななめこと脂が乗った戻り鰹が、特に美味しかったです。
20201009_183611
20201009_183617
20201009_183624
桃の光月、期待通りの果肉硬め、美味しいのですが、やはり黄金桃に敵わないのではないか?が相方と私の感想でした。
20201009_191729
ご馳走様でした。

このページのトップヘ