烟霞淡泊

カテゴリ: 食事&食事会

月例のお墓参りと長女と次女へのお使いも併せて、都内へ。

早朝に取手を出発して、長女と千駄木で待ち合わせて、谷中の古い喫茶店へモーニングを食べに行きます。
路地裏の坂道。
20210307_075151
この辺りはお寺が多いです。
20210307_075233
根津の大ヒマラヤ杉の「みかどパン店」、以前に通った時はこんもりとヒマラヤ杉が茂っていたのですが、枝を切り落としたのですね。
20210307_075512

目的地の喫茶店の「カヤバ珈琲」、予約した8時に到着。
開店が1938年なので創業83年、老舗ですね。
20210307_080149
20210307_080159
名物のたまごサンド(1,000円×2)とクロックムッシュ(1,400円)と珈琲を注文。
20210307_082152
たまごサンド、不思議な焼き加減のほんのり甘い卵焼きに乾燥ディルを塗した酸味が強いマヨネーズソース、パンはライ麦の入ったずっしりとしたサワードウブレッド、なかなか個性的で結構ボリュームがあります。
人参と牛蒡のサラダ、各種リーフと向日葵の種のサラダもたっぷり。
玉葱と牛蒡の生姜スープもさっぱりと口直しに良いです。
20210307_082137
クロックムッシュ、挟んでいる具材はハムとチーズでオーソドックスですが、パンはサワードウブレッドで焼き面がバターだけではないような少し変わった風味があって、良く判りません。
飲み物のグレープフルーツジュースはとてもフレッシュです。
20210307_082143
美味しく頂き、しっかりとした朝食になりました。
ご馳走様でした。

少し散歩して、「上野桜木あたり」へ。
公式HPの紹介文より。
「台東区上野桜木に「上野桜木あたり」がオープン。
昭和十三年築の日本家屋が現代に蘇りました。
ビール・パン・塩とオリーブ・ファッションなどのお店と、
レンタルスペースと住居が路地や庭でつながった、
東京でもユニークな複合施設。
上野桜木の「とき」と「おもい」を味わっていただける場所です。」
20210307_084639
谷中ビアホール、そそりますね。
20210307_084649
一角に櫻が咲いていますが、「オカメザクラ」のようです。
20210307_084657
VANERでクロワッサン他をお土産に購入しました。
20210307_084426
谷根千にはちょっと面白い朝食を食べさせる店が何軒かあるようです。
2020年7月12日に「HAGI CAFE」もそうでした。
また機会を作って行きましょう。

中野の両親の菩提寺へ。
河津桜が満開でした。
20210307_093017
白木蓮も咲き始めましたね。
20210307_094542
木瓜も。
20210307_094647
20210307_094706
20210307_094602

帰宅途中に次女の住まいに寄って、お使い終了です。

お昼は激辛カレー南蛮。
今日のように少し冷えた日にはぴったりです。
20210307_122800
ご馳走様でした。

牡蠣三昧番外編で、お土産に持ち帰った殻付き牡蠣で、牡蠣の燻製のオリーブオイル漬けを作りました。
①牡蠣を沸騰した状態から8分蒸します(丸い部分を下にして)。
20210305_161606
20210305_161733
②蒸し上がった牡蠣から身を取り出して、牡蠣からに溜まった蒸し汁を集めスコッチウイスキーを加えて、身に振りかけて一晩冷蔵庫で保存します(①〜②は前日に作業しました)。
20210306_084153
③②の牡蠣をキッチンペーパーでよく水分を拭き取ります。
20210306_091531
④③をスモーカーで温燻(前後60℃で20分)。
20210306_093125
20210306_094153
⑤燻し上がった牡蠣を風乾して、きつい燻製の匂いを飛ばします。
20210306_124327
⑥煮沸したガラス瓶に⑤を入れて、牡蠣の身が浸り切るまでオリーブオイルを注いで完成です。
20210306_130840
20210306_131008
出来上がりを摘まみましたが、なかなか良い出来でした。
2〜3日経つと味が落ち着いてもっと美味しくなるでしょう。

今日の夕食は、本鮪の頭身の刺身、牛肉の甘辛炒め茹でキャベツ添え、蒸し秘伝豆。
20210306_185955
鮪の頭身と表示されていましたが、「脳天」のようです。
少し筋がありますが、鮪の旨味が強く脂ものって美味しいです。
20210306_190023
20210306_190004
蒸し秘伝豆、秘伝豆は山形県名産の青大豆の一種?だそうです。
他の地方であれば、浸し豆ですね。
味が濃くなかなか美味しく、山形県を訪れると買ってきます。
20210306_190036
ご馳走様でした。

道の駅よつくら港(07:00)⇒偕楽園(10:10)⇒自宅(16:30)

道の駅よつくらの朝、今日も良い天気です。
20210305_065721

少し予定より早いのですが、帰宅することに。

帰宅途中、水戸に立ち寄りました。
千波湖の無料駐車場にプレアデス号を停めました。
20210305_100815
千波湖畔を歩いて行きます。
20210305_101001
20210305_101859
訪れたところは、水戸の偕楽園、梅が満開です。
20210305_102532
偕楽園へ、入園料は300円、前回の2019年2月は無料だったのですが。
調べてみると、2019年の10月以前は無料だったのですが、2019年11月からは茨城県民以外は有料になり、ただ梅祭り期間は茨城県民も有料になった、ということでした。
20210305_103218
満開の梅、良い匂いが漂っています。
20210305_103455
20210305_104103
梅は、白梅で大振りな花びらの一重咲きが良いように思います(個人的な感想です)。
20210305_104357
20210305_104110
20210305_111814
20210305_113231
20210305_113652
満開の梅を楽しみました。

お昼は、水戸市の「そば処 長屋門」で。
2020年6月4日以来、2度目です。
素敵な店構え。
20210305_131514
暖簾が素敵です。
20210305_131529
前回と同様の小部屋。
20210305_123542
こんな持て成しが素敵です。
20210305_123607
頼んだものは前回と同様です。
かき揚げそば(980円)、盛りの良い綺麗な細打ちと大きな野菜の掻き揚げと美しい薬味です。
20210305_130100
こしが強く、喉越し良く、そばの風味も充分、美味しいですね。
20210305_130157
野菜の掻き揚げ、さくさくで軽い揚げ加減、箸で少し押すと、ほろほろと崩れます。
天汁も塩もありません。
前回は気付きませでしんが、天婦羅そのものに淡い塩加減があって、そう謂うことなんでしょうか。
20210305_130122
十割そば(1,000円)、此れも量は充分です。

20210305_130317
生粉打ちでこの細さ、打ち手の技術は相当に高いのでしょうね。
そば粉が違う?のでしょうか、より濃厚な蕎麦の風味が味わえます。
20210305_130320
ご馳走様でした。
また訪れましょう。

帰り道で、セイコーマートねもと店で、お決まりの物を購入。
20210305_134026
G7シャルドネ4本とスパークリングワイン2本です。
20210305_133704

夕方に帰宅しました。
旅の目的の、冬の造り酒屋&街歩き、公魚穴釣り、スノーシューハイク、東北オールシーズン営業PG場巡りは無事に終了しました。
まあ夫々の結果については、必ずしも満足したとは言えないこともありましたが、それは次の機会の楽しみとしましょう。

ぐっと山形(07:20)⇒山形県県民の森(07:50)⇒大沼一周スノーシューハイク(08:30〜)⇒三陸自動車道 矢本PA(17:10)

この旅を計画した頃は、山形蔵王でスノーモンスターのスノーシューハイクを予定していたのですが、此処のところの雨と強風でスノーモンスターが崩壊してしまいました。
どうしたものかと少し調べてみると、山形市の近郊の山野辺町の「県民の森」でのスノーシューハイクの記録を見付けて、行ってみることにしました。

県民の森の中央広場の駐車スペースにプレアデス号を停めて、スノーシューハイクの準備です。
20210301_081907
20210301_082215
県道を遊歩道の入り口まで歩きます。
結氷した大沼。
20210301_082459
遊歩道の入り口でスノーシューを履いてスタートです。
20210301_083817
陽に当たってザクザクにクラストした雪面。
土日に沢山の人が訪れたのでしょうね、踏み跡が一杯です。
20210301_090732
東黒森山に登ろうと予定したのですが、南向きの斜面の雪が大分消えていたので断念して大沼一周コースに変更しました。
20210301_090113
少し早いですが家族広場の東屋で珈琲タイム。
20210301_090723
風も無く、暖かく、あっという間にお湯が沸きました。
20210301_090952
最近新調した真空カップ、冬はなかなか冷めなくて良いですね。
20210301_091546
東屋から広場に降りました。
20210301_093231
20210301_093235
みこくぼ沼へ。
20210301_093518
みこくぼ沼の南岸の斜面のトラバース、見た目はそうでないのですが、スノーシューでは一番不得手なシチュエーションです。
20210301_094936
20210301_100050
大沼北岸に到着して、一周コースに合流しました。
20210301_101203
2月上旬の爆弾低気圧の強風で倒れたのでしょうか。
20210301_101617
1614604687845
20210301_103001
大沼の湖上の足跡、渡り切らず途中で右折していました。
この時期だと氷が割れるのは怖いですね。
20210301_104840
20210301_110310
出発点の広場に近づきました。
20210301_110338
本日の走行軌跡。
1614601649950
1614601683141
4.4kmのスノーシューハイク、斜面とトラバースが長く、湿った雪でスノーシューに雪が団子状に付着して、思いの他体力を使い、結構な運動になりました。

山を下り途中の展望。
20210301_113115
遠くに見えるのは、蔵王ですね。
20210301_113128
20210301_113146

お昼は「有頂天 EVOLUTION」、山形県の飛び道具系ラーメンの雄としてつとに有名です。
20210301_120112
飛び道具は右の「げそ天みそラーメン」(太麺、900円)で、左は有頂天ラーメン(中太麺、750円)
げそ天みそラーメンは、赤湯の龍上海を思わせる、辛子玉味噌ラーメンにカリッと揚げたげそ天をトッピングしたものです。
有頂天ラーメンは煮卵入り醤油ラーメンですね。
20210301_121449
げそ天みそラーメン、白味噌のスープに大蒜の効いた辛子玉を溶きながら極太麺を啜ります。
美味しいですね。
カリッとしたげそ天も美味しいのですがスープを吸ってふやけたげそ天もよく合います。
20210301_121758
有頂天ラーメン、脂が浮いた魚介の旨味たっぷりの醤油の立ったスープに、中太麺と謂いながら結構太い多加水麺、美味しいですね。
シェアしたげそ天もよく合います。
20210301_121606
ご馳走様でした。

本日の温泉入浴は山形市の「青田健康ランド」(300円)。
20210301_124747
浴室の写真はNETから拝借。
少し熱めですが、吃驚するくらいの泡付き、ヌルンツルンの浴感、素晴らしい泉質です。
どうしてこんな泡付きするのか?、温泉成分表をみても判りません。
少し温泉について勉強したくなります。
6000739_1517_1
ナトリウム-硫酸塩温泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯船:51/43、無色透明・無臭・無味・ヌルンツルン・優良小規模立ち寄り場系。

国道13号線で山形県天童市へ、国道48号線で宮城県仙台市と走り継ぎ、今夕のP泊地の三陸自動車道の矢本PAに到着。

本日の特選素材は、宮城県産生若芽と宮城県石巻産の桃浦かき(水切り・生食用)です。
桃浦かきは去年に初めて食べて、余りの美味しさに吃驚しました。
普通の生食用の牡蠣は水に浸かっているのですが、桃浦かきは剥いて水に浸けずに流通させていて、そのせいか濃厚で全く水っぽさがありません。
300gの包装があったので、此れで生牡蠣と牡蠣しゃぶを頂こうと思います。
20210301_182241

本日の夕食、牡蠣と生若芽のしゃぶしゃぶ(桃浦かき、生若芽、小野川もやし)、牡蠣酢(桃浦かきと柚子ポン酢)、合鴨の燻製とトマト、烏賊の塩辛。
20210301_184922
桃浦かき、たっぷりとあります。
20210301_184927
生若芽
20210301_184933
小野川もやし
20210301_184937
桃浦かきの牡蠣酢、牡蠣の濃厚な風味と旨味、美味しいです。
20210301_185156
桃浦かきのしゃぶしゃぶ、熱を加えると旨味が一層増します。
20210301_185648
20210301_185652
生若芽、茶色から鮮やかな緑への変化が楽しい。
若芽の風味と爽やかな苦み、さくさくの食感、冬から初春の風物詩ですね。
20210301_185437
20210301_185448
とても美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

終日道の駅ばんだいに滞在

道の駅ばんだいの朝、薄っすらと雪が積もっていました。

20210224_071210
気温も漸く-1.1℃、因みに中段は本体で室温、下段左は子機1で外気、中央はベッド下のラッゲージ、右は冷蔵庫です。
20210224_071323

今日は順延した造り酒屋&喜多方街歩きで、道の駅から15kmくらいのウォーキングになります。
20210224_084248
暫くは田圃道。
20210224_084445
喜多方の街中に入って、国登録有形文化財の「旧甲斐家蔵住宅」を見物。
20210224_095936
道に面した旧店舗部、目を引く曲線の吊り階段、一本の大欅ので作られたもので、曲線部も熱で曲げたのではなく手斧で切り出したもの、此れだけで普通の家一軒分経費が掛かったそうです。
20210224_094920
当時のままの歪みのあるガラス戸の向こうの長い廊下も1本の大欅で、4枚の大板で作られているそうです。
20210224_094945
表に戻って庭の入り口から、蔵座敷へ。
20210224_095109
立派な庭の向こうに蔵座敷があります。
20210224_095136
20210224_095223
総檜造り、切目縁は大欅、壁は金箔の大唐紙、障子は紫檀、等々、贅を凝らした造りとのこと。
20210224_095729
20210224_095340
20210224_095409
蔵座敷の建築費で当時の15万円とも30万円とも謂われているとのことですが。当時の米の価格から現在の金額に換算すると、30万円で約5億円だそうです。
20210224_095836

喜多方市のメインストリート
20210224_100339

造り酒屋その1の大和川酒造、寛政2年(1790年)創業の老舗、2018年の5月の喜多方酒蔵のんびりウォーク以来3回目です。
先ずは酒蔵見学。
20210224_101100
20210224_101207
もう来週はひな祭りなんですね。
20210224_101340
巨大な杉玉、見事な三和土。
20210224_101358
江戸蔵
20210224_101413
大正蔵
20210224_101831
昭和蔵の仕込み水と松尾神社のお社。
飯豊山伏流水を珈琲用に汲んでいきました。
20210224_101853
テイスティングルームで試飲。
酒の好み「香り高く旨味甘みが強いもの」を伝えて、お店の方のお奨め4種と希望3種(内有料2品)
20210224_103530
20210224_102331
20210224_102605
20210224_102648
20210224_103042
此処から希望したものです。
前回も買った一番のお気に入りの「弥右衛門 純米活性濁り酒」、強炭酸でガス感と香りと甘酸のバランスが素晴らしいです。
今日は、前回よりガス感は弱めですが、それでも美味しいです。
20210224_103348
有料(300円)、純米大吟醸四方四里
20210224_102746
有料(400円)、純米大吟醸 いのち。
雑味が無いというべきか、すーと喉を流れる感じです。
20210224_102755

何れも美味しかったのですが、何時ものように、「とても高級なお酒より、中級くらいのお酒が美味しいい」と感じる経済的な我が家でありました。
「弥右衛門 純米活性濁り酒」(1,650円)をお買い上げです。
20210224_103533
次回も、訪れるでしょうね。
20210224_103648

路地裏を歩いていきます。
20210224_104129
少し早いお昼で、「食堂なまえ」へ。
此の店は、喜多方市の食べログ上のランキングの1位(点数:3.76、2021年2月24日時点)です。
食べログ信者ではありませんが、有用な情報源として重宝している者としては気になり、一度訪れたいと思っていました。
4人テーブル1卓、2人テーブル2卓の小さなお店で、我が家で満席になりました。
20210224_111851
20210224_105649
チャーシューメン(右、650円)、極太手打ちチャーシューメン(左、670円)。
20210224_111144
チャーシューメン、多加水中太縮れ麺。
20210224_111202
極太手打ちチャーシューメン、フィットチーネ並みの平打ち縮れ麺。
20210224_111235
さてお味は?
美味しいです、特徴が無いと謂うか、吃驚?するくらい普通に美味しいです。
スープも尖がったところも無く唯々優しい味わい、麺もツルンとした喜多方らいしい食感、バラチャーシュー・しなちく・なると・刻み葱の具材もオーソドックス、喜多方ラーメンの典型なんでしょうね。
さてさて、私はやっぱり「喜一」が一番好きですね。
因みに食べログの順位は以下の通りで、今日で①、②、④、⑤に行ったことになりました。
①食堂なまえ:3.76
②坂内食堂:3.75
③食堂はせがわ:3.71
④まこと食堂:3.69
⑤喜一:3.68

「お菓子のヤマグチ」で、今日のおやつ(喜多方ら〜めん大福と味噌餅)を購入。
20210224_112802
20210224_112809

もう一軒の買い物は此方「北見八郎平商店」。
実はある物を買おうと訪れました。
20210224_120755
20210224_120355
20210224_113820
さて、気に入った物がありました。
会津塗の汁椀です。
長年(30年くらい))使った高岡塗の汁椀がひびが入ってしまって、買い替えようと思っていました。
大振りで、汁椀以外にも料理を盛っても良さそうで、色々と応用できそうです。

20210225_154149
栃の薄い生地で軽く、赤と黒の木立の反転の揃いです。
20210225_154252
多分一生物?になるでしょう。

水曜日は休みの店が多いようです。
20210224_123739
喜多方(会津)あるあるの肉屋さん、馬が入っています。
20210224_123747

やっと「ほまれ酒造」に到着。
20210224_130230
なななんと、まさかの臨時休業、昨日は祝日の定休日だったのですが、
20210224_130431
何と2月一杯でした。
昨日に引き続き、詰めの甘さが露呈した今日でした。
このご時世、事前の電話確認は必須です。
20210224_130438

とぼとぼと道の駅まで歩きました。
20210224_133725

本日の走行軌跡

1614233754752
1614233758794
歩行距離は15.57km、久々の15km越え、飲み意地と食い維持の為せる技です。
3時間31分(3.5時間)散歩(メッツ値は3.5)した時の消費カロリーは、
3.5 × 65 × 3.5 ×1.05 = 836kcaL 
でした。

今日もP泊地は「道の駅喜多の郷」で、温泉入浴も「蔵の湯」でした。

1614233770293


喜多方ら〜めん大福と味噌餅の遅いおやつ、本物のなるとがキュート、味噌餅素朴でなかなか良い感じです。
20210224_161543
ご馳走様でした。

本日のメインディッシュの若松ミート㈱の国産馬肉の腿肉160g(1,500円)、前回同様です。20210224_174703

馬刺しの薄切りと厚切りの2皿、鰊の山椒漬け、ちょこっと白菜豚バラミルフィーユ鍋、蒟蒻のキンピラ、烏賊の塩辛。
20210224_181129
少しサシも入っていて、柔らかく優しい旨味、厚切りは添付の辛子味噌がよく合います。

20210224_180954
薄切りにすると更に優しい味わいになり、ポン酢が合います。
20210224_180948
20210224_180933
20210224_180939
奈良萬 純米原酒 おりがらみ(夢心酒造株式会社)、微炭酸のレベルですが、爽やかな甘みと酸味が印象的なお酒です。
馬刺しとよく合いました。
20210224_181144
ご馳走様でした。

自宅(06:05)⇒会津若松市内(11:20)⇒道の駅ばんだい(16:00)

今冬はあるアクティビティを楽しむために道具を揃えたのですが、福島県沖地震や他にも色々ありまして様子を見ていたら、2月中旬以降急に暖かくなってしまって、慌てて南東北へ、先ずはお隣の福島県へ向かって走り出しました。
国294号⇒国4号⇒国294号⇒国49号で、会津若松市へ。
20210222_092014

お昼は、会津若松市の「十文字屋」で。
2015年7月8日に旧店に訪れていて、此処に移転してからは初訪問です。
20210222_111326
注文は名物の磐梯かつ丼(1,200円税別)と喜多方ラーメン(650円税別)、2人でシェアします。
磐梯かつ丼、2枚の巨大なロースかつを2分割して、キャベツを乗せたたっぷりのご飯の上に4枚を山のように盛っていますが、磐梯かつ丼の謂れだそうです。
かつは柔らかくカラッと揚がっていて脂も適度にあり、ソースは甘めですが案外控えめでさっぱりと食べ易すく、相変わらず美味しいですね。
20210222_112412

20210222_112418
20210222_112458
ラーメンは名前のように喜多方ラーメンのチューンで、塩に近い旨味の強いスープに多加水中太縮れ麺、先ず美味しいです。
20210222_112626
20210222_112653
さて磐梯かつ丼は完食はできずに、かつ1.5枚を持ち帰り用容器へ。
20210222_113354
前回は全く同じ注文で、持ち帰りはかつ2枚だったので、少し成長しましたかね
ところで、気になって会津に来た時の外食のお昼(一部朝食)を改めて調べると、見事なまでにラーメンとソースかつ丼でした。

此れは磐梯山です。
20210222_150044

午後はある物を求めて、リサイクルショップ2軒、ホームセンター3軒、大型スポーツ用品店1軒を巡りました。
20210222_144129
20210222_142148
やっと買えましたある物は此れ、何に使うのかは後日紹介しましょう。
20210222_170903

本日の温泉入浴は押立温泉の「国民宿舎さぎの湯」(500円)。
2019年11月6日に訪れているので、今日で2回目です。
20210222_151513
20210222_155122
20210222_155133
こじんまりとしたシンプルな源泉掛け流しの内湯が一つ、柔らかいお湯でゆっくりと温まりました。
男風呂は先客が居て、相方が撮った写真を拝借、造りは男湯と全く同じですね。
1613982855173
単純泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯船:66/41、無色透明・無臭・無味・サラスベ・レトロ国民宿舎系。

今日のP泊地の「道の駅ばんだい」に到着。
夕陽に映える磐梯山。
20210222_170321
20210222_170352
本日の夕食は、お持ち帰りのソースかつに千切りキャベツを添えて、会津名物の鰊の山椒漬け、豆もやしのナムル、白菜の即席漬け、冷奴、生檸檬ハイ。
20210222_190743
お持ち帰りのソースかつ、冷めても美味しいですが流石に少し飽きがきます。
20210222_190746
会津名物の鰊の山椒漬け、会津に来れば必ず食します。
20210222_190749
ソースかつでかつ煮にしてみましたが、結構イケますね。
20210222_191605
ご馳走様でした。

相方に貰ったチョコレートの3日目、濃く入れた珈琲と頂きました。
3日間、とても楽しめました。
20210220_081948
ご馳走様でした。
さて、3月14日は何をお返ししましょうか?

お昼は、定番の自家製激辛チキンカレーです。
「今日は少し旨味も塩味も物足りない」と一言、レシピは殆ど変えていませんが、一点だけ変更。
通常コンソメキューブ1.5個を今日は1個にしました。
なかなか鋭い、やはり1.5個に戻した方が良いですね。
20210220_123813
ご馳走様でした。

アトランティックサーモンのミキュイを作りました。
アトランティックサーモンの刺身のブロック(125g)に1gの岩塩を塗して、暫くしてからオリーブオイルと共にパックして、ヨーグルトメーカーで43℃/20分の加熱して、そのまま室温に戻して出来上がりです。
20210220_184620

今日の夕食は、アトランティックサーモンのミキュイ、豚軟骨の汁仕立て、キャベツの酢漬け、長芋とろろ、他、2日目の會津ほまれ 純米大吟醸 極 生酒(季節限定品)。
20210220_193004
アトランティックサーモンのミキュイ、柔らかくなって包丁で切ることができません。
生と異なり、旨味が増していて、鮭類のある種の匂い(人によっては生臭さと感じるような)も抜けて、立派な料理となっています。
温度時間を色々と試してみたくなります。
20210220_193009
豚軟骨の汁仕立て、85~95℃で7時間くらい炊き続けました。
20210220_193007
身はふっくらと柔らかく、軟骨も心地よい歯応えが残っていて美味しいです。
20210220_193433
會津ほまれ 純米大吟醸 極 生酒(季節限定品)、4合瓶を一晩では空けられないですね。
2日間堪能しました。
ご馳走様でした。

ジョイフル本田守谷店へ買い物へ。
ジャパンミートで美味しそうな芝海老が1パック(20匹強)があって、即買い。
ジャパンミートの鮮魚コーナーは、昔から珍しいものがあって時折覗いていたのですが、此処のところ期待外れ、久々のヒットかも。
20210219_111700
もう一つ、酒類コーナーであるものを見付けました。
もともと酒類コーナーの日本酒はなかなか充実していたのですが、ここ数年、地方の大手酒造メーカーの品揃えが充実してきていました。
私の好きなほまれ酒造の美味しく廉価な日本酒もあり、購入したことがあります。
會津ほまれ 純米大吟醸(協会1801号酵母、白ラベル)ですが、飲んでみると香り・旨味・甘みが強く、重厚というか多層的な味わいで、此れが1,080円(税込み)で吃驚しました。
此れを飲んだ2021年5月24日、「今年2月11日に蔵元で試飲して購入した「會津ほまれ 純米大吟醸 極 生酒(季節限定品)(1,300円)」は別格の美味しさで、また何時か飲みたいものです。」とblogに記したのですが、何とこれです。
20210219_192754
まさかこれが買えるとは思ってもみませんでしたが、昨日のホールインワンの奢りにしましょう。
今晩、楽しみです。

お昼は、激辛カレー南蛮(そば)、従来のレシピより片栗粉を2割ほど増量してとろみを強くしてみました。
これくらいの方が良いですね。
20210219_124431
ご馳走様です。

芝海老、中くらいのサイズ、これで200円は安いです。
身を剥いて焼売用の具にして、残りを蒸して摘みにすることにしました。
20210219_181727

今日の夕食、摘み3種(蒸し芝海老、酢昆布、ミックスナッツ)、芝海老の焼売、真鯛の刺身、トムヤムクン風スープ、會津ほまれ 純米大吟醸 極 生酒(季節限定品)。
20210219_193035
芝海老焼売と肉焼売、何時もはバナメイ海老なのですが芝海老は初めて、上品な海老の良い香りに優しい旨味、美味しいです。
20210219_193047
蒸し芝海老、日本酒の摘みにぴったりです。
20210219_193042
さて、會津ほまれ 純米大吟醸 極 生酒(季節限定品)、フレッシュな吟醸香、濃厚な旨味、甘酸のバランスも良く、多層的で複雑な美味しさです。
原酒なのでアルコールも16%と高く、とても飲み応えのあるお酒です。
好みど真ん中ストライク、満足しました。
ご馳走様でした。

今年初めての、埼玉県鴻巣市の「吹上パークゴルフ場」へ。
相方がauスマートパス抽選で飯能市のmetsa villageの「MOOMIN VALLEY PARK」期間限定のアトラクション「ADVENTURE WALK」の優待券を当てて訪れる計画を立てたのですが、ついでにということで行き掛けに寄ることにしました。

2020年12月9日に3回目だったので、今回で4回目です。
今日から冬型の気圧配置になって、気温は10℃くらいしかありませんが、良い天気で風も強くなく、暖かいですね。
20210218_094005
いきなり、コスモスのアウトのNo.1パー4(48.3m)でホールインワン、-3と幸先の良いスタート。
20210218_094144
今日は調子が良いかな?と、思ったのですが、さに非ずというパターンでした。
20210218_095157
特に、グリーンは冬になって踏み固められていて滑るように転がり、カップ周りの芝が微妙にコースを変えて、1mのパットが怖いです。
20210218_113210
20210218_113340
20210218_114820
20210218_145427
20210218_150441
ボールがピンの陰に一直線に並びました。
20210218_151320

ポピーアウトーのみ2回、他は3回で、延べ11コースをラウンドしました。
今回の平均スコアは、ポピー・アウト:-0.5、ポピー・イン:-3.7、コスモス・アウト:-0.7、コスモス・イン:-3.0、総平均:-2.0。
短いパットを外しまくり、O.B.もぽつんぽつんで、スコアが伸びませんでした。
今回/前回の推移は、ポピー・アウト:-0.5/0.0/-0.3/5.3、ポピー・イン:-3.7/2.5/-0.7/-0.5、コスモス・アウト:-0.7/4.0/-3.0/-2.3、コスモス・イン:-3.0/-4.5/-2.0/-3.3、総平均:-2.0/-2.8/-1.5/-0.2。
昨年末からずーと低空飛行は続いています。

さて本日は少し待ち時間があったので、実働は3時間40分として、消費カロリーを推定すると、
METs値 × 体重kg × 時間 ×1.05 = 3.5 × 65 × 3.7 ×1.05 = 883kcaL 
となりました。

鴻巣市のスーパービバホームにある「モスバーガー」で遅いお昼を頂きました。
最近始まった季節限定商品が相方のお目当てです。
相方は、*マッケンチーズ&コロッケ(436/479)、モスチキン(250/269)、まぜるシェイク南高梅S(269/244)。
私は、モスバーガー(343/367)、ポテトL・ドリンクセット・ミネストローネ(454/391)。
2人で、1,752円で1,750kcaL、ほぼ同数値、カロパとしてはどうなんでしょうか
20210218_132846
濃厚なチーズとさくさくのコロッケ、想像通りの美味しさとボリュームです。
20210218_132851
モスバーガー、何時も通り変わらない美味しさ、プラスプーンで包み紙に零れたソースを掬いながら食べるのが好きです。
20210218_132849
モスチキン、ぱりぱりの衣、2人で1つをシェアするには丁度良いです。
20210218_132854
ポテトフライ、Sにすれば良かったと思うのはお約束でした。
20210218_132858
20210218_132902
お腹一杯、ご馳走様でした。
このお昼で摂取した熱量は1,750/2=875kcaL、パークゴルフで消費した熱量は883kcaL、まあ良いでしょう。

鴻巣市から1時間程走って、17時頃に飯能市の宮沢湖畔の「metsa village」に到着。
ここには2019年1月25日にteamLabの「森と湖の光の祭り」で訪れていて、2回目になります。
20210218_170724
20210218_170801
「ADVENTURE WALK」の公式HPの抜粋です。
「11月21日(土)から3月7日(日)の期間開催するムーミンバレーパークの冬のイベント「ウインターワンダーランド」に、冬季限定のナイトアトラクション「アドベンチャーウォーク」が登場します。
宮沢湖の外周を舞台とした大規模な光の演出と、現実世界に仮想世界の音が混ざり合うソニーによる新感覚の音響体験Sound AR™*1を組み合わせ、散策のペースに合わせて耳元から流れるストーリーを聞きながら全長約1.8㎞の湖畔の道を進むこのアトラクションは、まるで冬の森の中をムーミントロールと一緒に冒険しているような感覚で物語の世界を体験いただけます。」
スマホにアプリとデータをダウンロードして、イヤホンを付けて歩き出すと、歩調に合わせて雪を踏みしめる効果音やナレーションが聞こえます。
20210218_171409
20210218_171826
スマホ内のアプリで写真を撮ると、ロゴが写ります。
20210218_172112
歩いて行くと物語が進行します。
20210218_172334
20210218_172604
20210218_172752
20210218_172835
20210218_173104
20210218_173251
20210218_173505
20210218_173618
道路にキャラクターの影絵が投影されるのですが、なかなか効果的です。
20210218_173654
20210218_173731
20210218_173812
20210218_173938
20210218_174031
20210218_174214
20210218_174407
20210218_174520
20210218_174604
20210218_180237
1613827576356
1613827580188
この先は「MOOMIN VALLEY PARK」の主要な建物が続きますが、クローズになっています。
20210218_175114
ムーミン一家の住まい、だそうです。
20210218_175202
KOKEMUS、ムーミンの作者のトーベとムーミンの物語を追体験できる展示施設とのことです。
20210218_175241
PIKARUOKA、唯一オープンしていた軽食と飲み物の店で、ホットストロベリーショコラを。
20210218_175526
傘型のストーブのテーブルで休憩。
20210218_175640
20210218_181017
20210218_181103
20210218_181605
20210218_181845
1時間強のウオーキングアトラクションを楽しみました。
また機会があれば、MOOMIN VALLEY PARKに来てみるのも良いかもしれませんね。

16号線をぐるっと廻って帰宅、21時過ぎに帰宅、1日しっかり楽しみました。

今日も穏やかで暖かい良い天気ですが、明日からは冬型の気圧配置になってまた少し冷え込むようです。
20210217_110616

2020年1月17日の桃源郷芸術祭のアトラクションで作った瓶入り苔盆栽、昨年の夏に陽射しの強い窓辺に置いてしまい、熱で白く枯れ気味になって久しかったのですが、枯れた部分を取り除いて植え直して秋から養生して、やっと緑が戻ってきました。
20210217_102326
饅頭苔の中から杉苔の新芽も出てきました。
20210217_102341
20210217_102506

お昼は、2色スパゲッティ、自家製ベーコンとマッシュルームのトマトソース、狸そば風和風スープ、白菜のサラダ。
乾麺量は75gとカロリー&糖質低減メニューです。
2色にすると飽きずに、沢山食べたような錯覚?が起きます。
20210217_123436
デザートは、相方のバレンタインチョコレート、GPDIVAのSparkling Wishesです。
此方も毎日2種づつ頂いていきます。
相方と分けますが、濃厚で、この量でも充分満足できます。
20210217_143353
20210217_143535
ご馳走様でした。

庭の水仙がやっと咲き出しました。
2月中旬、こんなに遅いのは初めてではないでしょうか?
blogで水仙が盛んに咲いた時期を調べてみると、
2016-2017年:  1月21日
2017-2018年:12月18日
2018-2019年: 記録なし 
2019-2020年:  1月24日
2020-2021年:  2月13日
でした。
植物には「休眠打破」というメカニズムがあって、夏期に休眠に入った花芽(球根)が冬の低温期間を経て休眠から目覚めて開花の準備を始めるというもので、暖冬であると開花が遅れる傾向があります。
水仙にもこの休眠打破があるとのことです。
そこで気象庁のHPで近郊の龍ヶ崎市の2016年〜2020年の9月〜12月の各月の平均気温を調べ、前述の開花時期との関係を調べると、2017年の9月〜12月の各月の平均の総平均が他のシーズン比較的明瞭に低くて、開花時期の早さと相関性があるかなというくらいでした。
2020年の11月のデータが欠損しているので、判断ができないのが残念です。
まあ、櫻の休眠打破による開花予測のための推定法を見たことがありますが、とても複雑で、上記程度で推測するのは無謀なのかもしれません。
20210213_101235
一輪挿しで居間に飾りました。
もう少し背が高いと良いのですが、それでも可愛いです。
部屋中、水仙の香りが漂いました。
20210214_172101

槍烏賊三昧第3日目のお昼、槍烏賊沢山の餡かけ太麺硬焼きそば。
昨日のソース焼きそばより、槍烏賊が主張して、美味しいです。
20210214_124417
ご馳走様でした。

今日はバレンタインデー、家族から送られたチョコレートを頂きました。
20210214_150430
CACAO SANDのEarl Gray、濃厚で美味しい。
20210214_150537
ご馳走様でした。
毎日、少しづつ楽しんで頂きましょう。

本日の夕食の準備。
美味しそうで廉価なフレンチラムラックがあり、思わず買いました。
強火・短時間焼・アルミホイルと新聞紙にくるんで休ませながらの火通し、で調理します。
サイゼリアのアロスティチーニ風のミックススパイスを作ります。
20210214_174303

夕食は、槍烏賊三昧第3日の釣って2日目の中型筒焼き、フレンチラムラックのシンプルな塩焼き&自家製ミックススパイス、掻き玉餡かけ湯豆腐、菜の花の辛子和え、大根スティック。
20210214_192812
2日目の中型槍烏賊の筒焼き、柔らかく甘く、美味しいのですが、初日に比べると少し落ちるような。
鮮度の問題なのか、大きさ(初日は小型)なのか、ちょっと判断がつきません。
20210214_192835
掻き玉餡かけの中、針生姜の下に湯豆腐(レンチンのみ)が沈んでいます。
これはなかなか良いです、また遣りましょう。
20210214_192815
絶妙な焼き加減、自家製スパイスもよく合います。
20210214_192830
20210214_192818
20210214_192837
ご馳走様でした。
今日の槍烏賊は1品でしたが、3日間よく食べ、満足です。

記事は食べ物だけ、という1日になってしまいました。

お昼は、昨日のしゃぶしゃぶの残りの槍烏賊を具材に足した焼きそば、槍烏賊はどんな料理にも合いますね。
20210213_124014
ご馳走様でした。

おやつに先日松蔵屋で買った、「ガトー・プーリア」とコラボの「ピーナッツエクレア」(冷凍品)を解凍して、頂きました。
表面のチョコレートもピーナッツ、エクレアの中のクリームにもピーナッツ、とピーナッツ感満載でなかなか美味しいです。
冷凍品なので出来立てのエクレアのような皮のパリパリ感は無いのですが、しっとりした食感もありですね。
20210213_150414
ご馳走様でした。

夕食は槍烏賊三昧の第2日目、槍烏賊のと海老と玉葱のフリット、槍烏賊のげそとエンペラのアヒージョ、槍烏賊と菜の花の牡蠣油炒め、ベントリッリオのアーリオオーリオ・ペペロンチーノ、スパークリングワイン。
20210213_195633
げそとエンペラをたっぷり
20210213_195636
槍烏賊のフリット、ふわっと柔らかく甘い身を包むさくっとした衣。
20210213_195638
飾り包丁で身は一層柔らかい槍烏賊の甘み、菜の花のほろ苦さ、牡蠣油の風味がよく合います。
20210213_195641
砂肝の大蒜唐辛子炒め、肉類がゼロというのも、ということで加えました。
20210213_195654
今日も槍烏賊を堪能、ご馳走様でした。

自宅(07:05)⇒銚子漁港(09:20)⇒銚子ポタリング(09:30~13:45)⇒鹿島漁港(16:40)

久々に茨城県鹿嶋市の鹿島漁港から沖釣りに出ようと思い、キャンピングカーで前乗りすることにしましたが、前日に鹿島漁港に入るだけではつまらないので、千葉県銚子市の海沿いのポタリングも計画しました。
銚子辺りは10年くらい前に以前のアルブレイズK&H号でポタリングしていますが、それ以来ですね。

銚子漁港の観光専用駐車場にプレアデス号を停めて、シルバK&H号で、銚子の海岸線を時計回りで一周します。
20210211_092701
銚子漁港、第一卸売市場(左側の写真外)は鮪類が主体で、市場営業日の8:00~11:30に見学も可能とのことです。
因みに今日は休業日で見学できません。
20210211_093045

ウオッセ21に寄ってみました。
20210211_095357
夕食用の魚を見たのですが、これはと思うものはありませんでした。
20210211_095222
20210211_095231

犬吠埼方面へ、綺麗な海岸線を快走。
20210211_100606

君ヶ浜に降りてみました。
犬吠埼も見えます。
20210211_101716
20210211_101739
冬なので海が綺麗、陽射しを浴びて青く光っています。
20210211_101832
20210211_101849

犬吠埼灯台に到着、青い空に白い灯台、誰もが思い浮かべる灯台の風景そのものですね。
20210211_102803
ポストまで白いです。
このポストに投函すると、オリジナルの灯台の消印が押されるそうです。
普段は此の門扉の中に入って見学ができるのですが、新型コロナ感染防止対策で休止になっていました。
20210211_102909
灯台を一周する遊歩道を廻ります。
20210211_103126

外川の高台にある「長九郎稲荷神社」へ。
テレビ朝日の2019年月7日の「ナニコレ珍百景」で紹介されたそうです。
金色の鳥居を潜り抜けると。
20210211_105915
真鯛、秋刀魚、鰯を載せた鳥居、なかなか凄いですね。
20210211_110002
20210211_105554
この神社【珪素神宮】の由来<いわれ>と展望、う~ん、理解できません
20210211_105721
20210211_105752
鳥居の足元には穴子。
20210211_110038
此処には太刀魚がいて、よく見れば「阿吽」でした。
20210211_110057
「阿」で
20210211_110104
「吽」です。
20210211_110109
面白いものを拝見しました。

外川の台地の路地裏。
20210211_110708

榊原豆腐店」に到着。
此処もテレビ朝日の2021年2月7日の「ナニコレ珍百景」で紹介されています。
創業109年の豆腐屋さんです。
20210211_110934
建屋の外壁の上部にある「判じ文字」、勿論「トウフ」ですね。
20210211_110947
20210211_111011
20210211_111032
夕食用に寄せ豆腐(180円)と外川揚げ(120円)、おやつ用に豆乳プリンプレーン(230円)と豆乳プリン大納言(300円)を購入。
お店の方が直ぐに食べれるように、皿に盛ってきな粉と黒蜜を掛けて呉れます。
20210211_111453
温かい店先で頂きます。
とても柔らかい豆腐といった感じで、きな粉と黒蜜が良く合います。
大納言小豆入りの方がスイーツ感が増しますね。
20210211_111623
ご馳走様でした。

外川の台地から、外川漁港へ降りていきます。
20210211_112214

犬若から銚子駅方面に走って、「大塚支店」でお昼。
この店は今から25~30年前に犬若外川漁港に沖釣りに通った頃、何度か立ち寄りました。
当時と全く変わっていません。
20210211_122309
11時45分に入店しましたが、賑わっています。
20210211_115856
ワンタンメンとチャーシューメン(各870円)、何時ものようにワンタンとチャーシューをシェアします。
20210211_121302
醤油が立った端麗スープ、冷や麦のような細麺で柔らかな茹で加減、肉餡たっぷり厚めの皮のワンタン、バラ肉を巻いたチャーシュー、真っ黒で甘いシナチク、海苔と刻み長葱。
麺量は200gあってお腹一杯になります。
昔はラーメン一杯と巨大な焼売4個をペロッと食べられたのですが、今は結構運動した後でも種物ラーメン一杯がやっとです。
此処のカレーも結構人気があるということなので、次回(何時になるやな?)はカレーも混ぜたいですね。
20210211_121352
ご馳走様でした。

鮮魚店巡りで、地の魚を取り扱っている山長鮮魚店へ。
ちょっと贅沢をして、銚子漁港水揚げの本鮪の中トロ(1,240円)を購入。
20210211_123450
銚子漁港傍の銭湯の「松の湯」で、44℃くらいのきりっとあつい湯で一風呂浴びました。
20210211_132224

銚子漁港に戻って銚子ポタリングの終了です。

本日の走行軌跡(1kmの歩行も含む)
1613047448821
1613047467262
本日走行距離:19.4km
2月累計走行距離:66km
2021年累計走行距離:183km
累計走行距離(CYLVA F8F):2,307km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):7,107km
本日消費カロリー:504kcal

鹿島漁港に移動。
漁港近くのコッペパンサンド専門店の「豆ぱん」で明日の朝食を調達。
20210211_153626
20210211_171956

鹿島漁港に到着。
釣り座取得ボードにマグネットが設定されていたので、第2幸栄丸の左舷艫を取りました。
明日は槍烏賊4艘と鮃1艘の5艘出し、連休の谷間のウィークデイと謂いながら盛況ですね。
20210211_162029

夕食は、銚子の山長鮮魚店で購入した本鮪中トロ、榊原豆腐店の寄せ豆腐と外川揚げ焼き、カットトマト。
20210211_195216
本鮪というより「めじ」サイズですが、美味しいです。
特に中トロから大トロへ変化する部位で、少しづつ味わいが変化するのが楽しいです。
20210211_195227
寄せ豆腐、旨味と甘みが強く、此れは美味しい。
20210211_195230
外川揚げは薄目の生揚げと謂った感じで、摘みに良いです。
20210211_195232
銚子の時の物ばかり、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

買物&散策で、牛久市結束町の「牛久自然観察の森」へ行ってみると、新型コロナウイルス感染防止のため休園になっていました。
市町村によってこの時期で公共施設の運営は異なっていることが多く、事前にチェックした方が良いですね。

帰り掛けの牛久市女化町の「松蔵屋」に寄ってみました。
キャンピングカー仲間の「ハラさん」の贔屓の酒屋さんで、一度行ってみたいと思っていました。
20210210_101323
広い店内に日本酒、焼酎、ワイン、その他洋酒や食料品も取り扱っています。
20210210_103042
茨城県の地酒も結構あるのですが、聞いたことのない造り酒屋の品揃えがあったり、なかなか面白いです。
冷蔵庫の中でお店が推している?「羽根屋 純米吟醸煌火」(富美菊酒造㈱、富山県富山市)を購入しました。
20210210_103059
もう一つ、つくば市の「ガトー・プーリア」と松蔵屋のコラボの「ピーナッツエクレア」(冷凍品)を購入。
「ガトー・プーリア」は2018年11月14日に立ち寄ったことがあります。
20210210_103031
「羽根屋 純米吟醸煌火」、美味しいお酒( ≒ 好みストライク)はシンプルなラベルが多い様な気がします。
20210214_214310
20210214_214336
20210214_214351
20210214_214420
裏の説明書き
「夜空を彩る花火の艶やかな煌きのようでいて、海のように包み込む。
 心に染みるように優しいお酒です。
 羽根屋蔵元四代目杜氏 羽根敬喜。
 魂を込めて醸す一滴一滴に想いを込め、全てを賭ける。
 本当に旨い日本酒のために出来ることのすべてを。」
ははは、何とも凄いですね、飲むのが楽しみです。

お昼は、もりそば。
乾麺の「八尾のそば」(北山製麺㈱、富山県八尾町)、自家製本返しと茅乃舎でとった濃い目の出汁で江戸前風辛汁、スーパーで買った天婦羅、晒し葱、の構成。
そば用竹笊は、2020年2月11日に福島県喜多方市の「平出竹材店」で求めた黒竹の盆笊。
乾麺ですがなかなか美味しい、汁の塩梅も良し。
20210210_122822
ご馳走様でした。

相方から筑波山ハイキングとテレビの情報番組で紹介されたつくば市某所へ行こうという提案があり、出掛けました。

筑波山ハイキングは午前中に終了して午後早くに某所へという計画で、早朝に自宅を朝食抜きで出発して、筑波山口の「松屋製麺所」で朝ラー、4時間くらいのハイキングの前ということで良しとしました。
松屋製麺所は2019年の12月の100kmポタリング時に朝ラーで訪れ以来のお気に入り、つくばりんりんロードの中継点の筑波山口にあって、サイクラー御用達の店としてつとに有名です。
20210208_074237
7時から試食と称して店舗の一角でラーメンを供しています。
20210208_074405
松屋ラーメン(700円)。
スープは煮干しが効いて、濃厚な旨味を出しながら、さっぱりとした口当たり。
化学調味料を使わないでこの旨味を出すのは見事です。
20210208_075548
今日の麺は太縮れ麺、店主が太麺を入念に縮れを入れてから茹でていました
見事な縮れ、口当たりが面白くなり、スープも拾って、好きです。
20210208_075600
美味しく頂き、ご馳走様でした。

筑波山神社の第3駐車場に車を停めて、つつじが丘行きのバスを待ちます。
20210208_082152
20210208_082213

つつじが丘に到着して、おたつ石コースのハイキングスタート。
20210208_085328
急な斜面を登り、振り返ると出発点のつつじが丘が下になり、遠くに霞ヶ浦の湖面が光っています。
20210208_091855
山頂までのほぼ中間点の弁慶茶屋跡で小休止。
20210208_094018
ここからこのルートの核心部で、巨岩群が続きます。
先ずは「弁慶の七戻り」。
20210208_094411
狭い岩の廊下にチョックストーンのような奇岩が挟まっています。
20210208_094422
20210208_094431
「高天原」。
20210208_094516
20210208_094658
断ち割ったような岩を抜けると
20210208_094758
天照大神を祀る稲村神社があります。
20210208_094831
「母の胎内くぐり」
20210208_095012
20210208_095016
20210208_095042
「出船入船」、出て行く船(左?)と入ってくる船(右?)を」見立てているようです。
20210208_095504
「裏面大黒」、袋を背負った大黒様を後ろから見たと、謂われてみればそう見えないことも
20210208_095556
女体山直下の肩に辿り着き、あともう少しです。
20210208_095758
女峰山(887m)頂上に到着しました。
つつじが丘登山口は540m、獲得標高は347m、1時間30分で登ってきましたが、ガイドブックのコースタイムは1時間40分、ぜいぜいと息切れしながらでしたが先ず先ずでしょう。
ところで頂上の岩場は立ち入り禁止でこんな柵が廻らせてありました。
2018年3月17日に訪れた時は自由に登れたので、それ以降の措置ですね。
岩場からの」眺めが絶景だったのでちょっと残念です。
20210208_102153
この突先に座るとちょっと怖いくらいで、なかなか迫力がありました。
20210208_102114
御幸ヶ原へ下っていきます。
20210208_102654
向こうには男体山(817m)。
20210208_103726
御幸ヶ原まで下ると、雲が切れて青空が覗き出しました。
北側を眺めると、遠くに日光連山が。
20210208_104057
日光の男体山を遠望。
20210208_104116
20210208_104748
御幸ヶ原から御幸ヶ原コースを下ります。
筑波山神社まで500mの急な下り、結構疲れました。
20210208_104937
すっかり晴れて、青空が広がりました。
20210208_114442
20210208_115638
綺麗な杉林、
20210208_115709
20210208_120402
12時10分に筑波山神社に到着して参拝。
20210208_121130
境内から山門への風景がとても素敵です。
20210208_121203
20210208_121222
20210208_121226
20210208_121344

第3駐車場に戻って、500M先の筑波山梅林に寄りました。
13日から梅祭りが始まるとのことで、まだちらほらと咲き始めです。
20210208_124800
20210208_124638
雲一つない快晴になって、紅梅越しに関東平野の眺望がが素晴らしいです。
20210208_124352
20210208_124529
20210208_124419
20210208_124431
筑波山を堪能しました。

本日の目的地のつくば市の某所は、此処です。
1月22日放送のNHKの「72時間」で舞台になった「つくば石焼芋」です。
只今1時間半待ちとのこと、余りの待ち時間に気持ちが折れ掛けましたが、やはり食べたい一心で堪えました。
20210208_133136
20210208_135733
店の奥に焼き釜があって、一度に50本ほど焼けるそうですが、皆さん殆ど5本買っていくのでこれだけの待ち時間になるみたいです。
20210208_144519
20210208_150754
我が家も5本買いました。
1kg1,800円で、3,000円弱となりました。
その場で、先ず1本、頂きました。
20210208_150917
ベニハルカでしょうか?
焼き芋らしい香ばしい良い香り、とても甘くて、ホクとネットリで溶けるような舌触り、これは美味しいです。
20210208_150948
残りの4本、1本はそのままにして、3本は冷凍保存しました。
色々な食べ方を試してみたいと思います。
楽しみです。

守谷の奥の滝下橋の近くの「鬼怒川 竹やぶ」が昨年末に移転したという情報があって、移転先でお昼を頂くことにして、シルバK&H号で出掛けました。
旧店は2014年12月21日2015年12月22日に2回訪れています。
「柏 竹やぶ」で修業された方が鬼怒川を見下ろす地に開業し、蕎麦、接待、環境と店の造りや意匠が素晴らしく、当に名店でした。
新店の在り様は?、また移転の理由は?と興味があることろです。

旧店より下流に移転したそうなのですが、前後で道路の工事も行われていてなかなか辿り着けません。
20210207_105955
20210207_110034
工事中の滝下橋からの道。
20210207_111318
20210207_111410
やっと新店に到着しました。
旧店の趣のある玄関に比べると、広い駐車場が少々白々しく感じてしまいます。
20210207_111510
旧店が駐車場が狭く不便だったことを考えれば、仕方が無いと思いますが、残念に思います。
20210207_111517
小さな入り口です。
20210207_111531
店内は大きな窓で明るく、天井は高く、太い梁が渡されています。
旧店も鬼怒川の眺めが
20210207_112758
20210207_112808
20210207_112829
20210207_113000
少し贅沢をして、鴨つくねそばと天せいろそばを頂きます。
鴨つくねそば。
藪の系譜の店なので、蕎麦は細打ちで綺麗な鶯色です。
蕎麦の風味が強く、喉越しも素晴らしく、美味しいです。
濃厚な鴨つくねの熱汁とも良く合います。
20210207_114248
天せいろ。
汁は辛汁、出汁は効いて言いますが、蕎麦と逢うと爽やかに感じます。
天婦羅の素材と揚げ具合も良く、美味しいです。
薬味も丁寧に作られています。
20210207_114300
ポタージュのような濃い蕎麦湯、これも食事の一部で、蕎麦汁の濃さを変えながら、たっぷり頂くと、満足感が得られます。
20210207_115104
ご馳走様でした。
蕎麦も依然と変わらず美味しく、店はまだ新しく少し浮いた感じがありますが、時間が経って植栽等も落ち着けば、周りの風景と馴染んでいくでしょう。
良い日本酒と蕎麦前の品もあるので、常総線と散策で一杯遣るのもよいですね。
ところで移転の理由なのですが、鬼怒川の堤防及び道路の整備で移転を余儀なくされたとのことで、予想通りでした。
<2015年12月22日訪問の旧店>
image
image
image

少し付近を歩いてみることに、工事中の道路、少し下流に堰の跡の段差があります。
ファルトだと偵察が必要ですね。
20210207_115803
20210207_115948
「清瀧寺」、2014年の12月21日の新四国大井沢霊場巡りで訪れています。
20210207_120328
新四国大井沢霊場総本社とあります。
20210207_120350
このように境内に、お大師様の石像全27箇所分がいらっしゃいます。
20210207_120426
この木は「ウスギモクセイ」とのこと、初めて見ました。
20210207_120503
20210207_120445
20210207_120532
20210207_120543
新四国大井沢霊場第1番、願掛け大師
20210207_120604
20210207_120700
20210207_120733

守谷市街へ。
20210207_122005
20210207_122545
イオンタウン守谷店の銀だこカフェで、おやつを頂きました。
20210207_124952
私の第19回目のパークゴルフのホールインワンの奢りで、クロワッサンたい焼きと季節限定のチョコレート???。
美味しく頂きましたが、1人1個は多すぎるかな
20210207_125345
何時もの利根川土手の道を南下して帰宅しました。
20210207_133547

本日の走行軌跡(1.5kmくらい歩いた分を含んでいます)
1612929225569
1612929232055

本日走行距離:28.4km
2月累計走行距離:47km
2021年累計走行距離:164km
累計走行距離(CYLVA F8F):2,288km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):7,088km
本日消費カロリー:738kcal
程好いポタリングでしたが、摂取カロリーが消費カロリーを上回りましたね。
それでも基礎代謝による消費分はあるので、よしとしましょう。


今朝は久々の雨降り。
月例の墓参りで中野へ。
20210202_094128
「十月桜」か「四季桜」か判らないのですが、秋からもう半年くらい咲き続けています。
調べてみると両種ともに秋(10月〜12月)と春(3月〜4月)の2回咲く、となっているのですが、違う種なんでしょうか。
20210202_094134
白梅も咲き始めました。
20210202_094158

帰宅途中に、情報番組で紹介されていたスーパーのオーケーで環七沿いにある「オーケー 一ツ家店」(足立区)に寄りました。
首都圏(東京、千葉、埼玉、神奈川)で「高品質・Everyday Low Price」という経営理念で120店舗を展開している中堅スーパーです。
20210202_105412
全体に廉価ですが、茨城県民にとってはそれほど安く感じません。
ただ結構品揃えがあって、都内で買い物するには便利かもしれません。

帰宅途中でもう一箇所。
20210202_121426
20210202_121410
20210202_115226
此処も情報番組で取り上げられていた「天丼てんや」。
勤め人現役の頃に数回食べたことがありますが、テレビで紹介されていて食べたくなり、10年以上振りですね。
20210202_121218
海老穴子天丼(960円、784kcaL)
20210202_120130
天丼(500円、735kcaL)と季節の天婦羅の鯛(200円、?)
20210202_120207
天婦羅は揚げ立てでふわっと熱々、種の海老や穴子や烏賊等の魚介類も真っ当な物を使っています。
ご飯は硬めの炊き上がりで天丼にぴったり、たれの塩梅も良く、美味しいですね。
天婦羅だけは外で食べるに限る、ご馳走様でした。

「アリオ亀有」で買い物して帰宅しました。
20210202_122015

今日は節分で、たっぷりの刻み鷹の爪と山椒の麻婆豆腐、真鰯の丸干し、塩茹で落花生、という鬼が嫌う?ラインアップです。
20210202_184407
美味しく頂き、ご馳走様でした。

題名が付かないような日は、「~の日」としているのですが、冬の「~」は精々「初冬」くらいです。
真冬も厳冬も近年の暖冬で使い辛くなったりで、結局1月は睦月、2月は如月とすることにしました。

雲が多い朝です。
20210201_095903

買い物に出掛けている間に、自家製激辛チキンカレーを仕込みました。
今日で10回目でここ数回は、レシピを固定して品質も安定しています。
ご飯少な目のルーだく(2人前近くありそう)、大根の甘酢漬けとノンアルコールビールと共に美味しく頂きました。
20210201_125935
さて、今日はこの激辛自家製チキンカレーの熱量、糖質、塩分を推定してみようと思います。
・各材料の熱量kcaL/糖質g/塩分(塩化ナトリウムとして)g
・カレー粉以外の少量の香辛料は無視しました(⇒?)。
チキンカレー材料(2人前)
冷凍玉葱ペースト:160g(大玉葱3個分くらい、炒め油不使用)⇒306/41/0
冷凍トマトペースト:80g(トマト缶半分くらい)⇒52/11/0
骨付き鶏肉:250g(皮付き鶏肉として225gくらい、炒め油不使用)⇒腿肉:459/0/0・胸肉335/0/0
コンソメキューブ:1個半⇒18/3/3.8
刻み大蒜:大蒜半個(3片)⇒48/7/0
千切り生姜:20g⇒6/1/0
S&Bカレー粉:ティースプーン山盛り二杯(約12g)⇒50/7/0
刻み鷹の爪:ティースプーン山盛り一杯⇒?
ガラムマサラ:適宜⇒?
カルダモン:適宜⇒?
クミンシード:適宜⇒?
鶏を焼く時の塩と胡椒:適宜⇒0/0/1.0
ジャスミンライス:0.6合(約110g)⇒406/87/0
さて1人前あたりを計算すると、680/79/2.4。
自家製激辛チキンカレーの熱量は680kcaL、糖質量は79g、塩分は2.4gとなりました。
評価は、熱量:可、糖質量:良、塩分:優、です。
1食当たりの塩分量は3g以下を優としています。

ところで、現在私が常用している唯一の薬剤は、アンジオテンシンⅡ受容体阻害剤の降圧剤のオルメサルタンOD錠10mg「DSEP」です。
2014年4月頃からアンジオテンシンⅡ受容体阻害剤を飲み始め、アジルバ20mg⇒アジルバ10mg⇒オルメテック5mg⇒オルメサルタン(オルメテックのジェネリック)5mg⇒オルメサルタン10mgと変遷して、降圧剤を服用し始めて以来、製薬企業の販促品の血圧手帳に、以下の情報を記入して管理しています。
①朝:起床後30分以内と夕:夕食前の血圧(収縮期/拡張期)と脈拍数
②朝:起床後30分以内と夕:夕食前の体重
③服薬チェック
75歳未満の糖尿病患者の降圧目標は、家庭血圧で125未満/75未満なので、コントロールはほぼ出来ているがもう一段下げたい、といったところです。
体重は、昨年暮れに66.5kg近辺まで上がっていたのですが、正月後下がり始めて、1月中旬頃から64.5~65kgで安定しています。
あと1kgくらい体重を減らすと血圧も下がりそうですね。
20210203_131614

夕食は、トンテキ(千切りキャベツとミニトマト添え)、蓮根の海老摺り身の鋳込み。
20210201_185703
豚肉の一番二番の美味しい食べ方を挙げろと謂われたら、肉は肩ロースかリブロースで、豚カツかトンテキと答えます
20210201_185722
取手駅アトレ1Fのサントーの海老摺り身、値段は少し高いのですが(各スーパー摺り身の1.5倍くらい)、とても美味しく気に入っています。
20210201_185725
ご馳走様でした。

取手駅まで買い物&散歩へ。

自宅の前の利根川の土手を登ります。
昨年秋の草刈りと冬枯れで何処でも自由に歩くことができます。
20210130_093131
何時もの風景。
堤防の強化工事(稲築堤事業)は何時頃は始まるのでしょうか。
20210130_093210
利根パークゴルフ場、染色したグリーンが鮮やかです。
20210130_093655
菜の花、未だ花芽は出ていません。
例年並みなら、2月下旬頃には摘めるでしょう。
20210130_093713
20210130_093727
取手東口
20210130_102035
ローソン取手駅東口店が移転して、取手駅東口高架下でリニューアルオープンしていました。
20210130_102018
東横イン取手駅前(?)、掲示されている「建築計画のお知らせ」では完了予定2021年1月31日となっていますが、外装工事もできていないみたいで、完工まで未だ大分時間が掛かりそうです。
20210130_102728
20210130_102629

お昼は、ヤオコーオリジナル生麺(平打ち)&スープ(煮干し)の熱量&糖質低減メニューです。
今日も野菜たっぷりでお腹一杯です。
20210130_123352
デザートは、アボカドプリン、レシピ通りメープルシロップを掛けて頂きました。
20210130_145740
予想通りメープルシロップはアボカドプリンによく合い、これは美味しい。
20210130_145809
また作りましょう、ご馳走様でした。

夕食は自家製餃子、生鱈のホイル蒸し、茨城県産の茹で真蛸と湯通し生若芽の酢の物。
餃子もだいぶ品質が安定してきました。
もう少しでレシピを固定できるかもしれません。
20210130_190644
ご馳走様でした。

午前中に、給湯器の給水管の再配管の工事が入りました。
1月10日に給湯器の給水管が凍結により破裂して応急修理をして頂きましたが、「破裂した部分だけでなく配管全体の保温被膜が劣化していて同様の亀裂が発生する可能性もあり配管のし直しの工事をした方が良い」とのアドバイスを受けていました。

管の交換と保温被膜設置、1時間半程の作業で終了。
20210129_113144
20210129_113150
20210129_113155
20210129_113204
此れなら普段は凍結するようなことは無いでしょう。
それでも長期間で出掛けるような時は、水抜きした方が良いでしょうね。

お昼は、一昨日の牛筋大根の牛筋と汁をリメイクして、牛筋南蛮そばです。
市販そば汁と水を足して、たっぷり葱を添えました。
あっさりしてなかなか上品な仕上がり、僅かに浮いた脂がそばに絡まって美味しいです。
20210129_124613
20210129_124713
ご馳走様でした。


おやつに1月28日の「あさイチ」で紹介された「アボカドプリン」を作りました。

①材料
 ・水大匙2~3杯
 ・アボカド1個(150g)
 ・牛乳350mL
 ・糖蜜40g
 ・メープルシロップ適量
粉ゼラチンに水を加え膨潤させておく
③アボカドの種と皮を外し、実を牛乳とともにブレンダーでミキシングする。
20210129_120122

④③で混ぜたものを鍋に移し、蜂蜜を入れながら混ぜ、火を掛け沸騰直前で止める。
20210129_120151
20210129_120318
⑤④に②のゼラチンを五加え溶かす。
20210129_120731
⑥⑤を容器に移し、冷やす。
20210129_121010
20210129_121042
早速、おやつに頂きました。
本来であれば、メープルシロップを適量垂らすのですが、メープルシロップを切らしていて、糖蜜を垂らしました。
アボカドの風味が強く、滑らかな口当たりで、美味しいです。
糖蜜を掛けたものと掛けていないものも食べましたが、後者はやや物足りなく、前者の方がデザートらしくなります。
やはりプリンのカラメルソースのように甘みや香りがあった方が良いですね。
メープルシロップを試してみましょう。
20210129_150746

今宵は1月の満月で、ウルフムーンとのこと。
煌々とした月が昇りました。
20210129_184336

夕食は、鱈ちり(生真鱈、生若芽、豆腐、白菜、長葱)と鶏腿肉の塩焼き。
鱈ちりは、柚子皮の千切りと奈良県のTさんに頂いた柚子果汁をたっぷり入れたポン酢タレで、美味しく頂きました。
20210129_185416
20210129_185419
20210129_185424
ご馳走様でした。

このページのトップヘ