烟霞淡泊

カテゴリ: 食事&食事会

更別(09:30)⇒花畑牧場(10:00)⇒清水(12:30)⇒落合(14:45)⇒道の駅みなみふらの(17:00)

北への旅第41日目、今日は、次のパドリングスポットに移動と少し観光の一日です。
先ずは中札内の「花畑牧場」へ。
10時の開店直後でしたが、結構な数のお客さんです。

KIMG1251
KIMG1252
KIMG1258
花畑牧場であればこれでしょ、という生キャラメルソフト、なかなか濃厚で美味しいです。
KIMG1255

道の駅なかさつない

KIMG1259
この旅初めての道産の茹でトウモロコシ、甘くて美味しい。
KIMG1260

次は清水の蕎麦の「三品」でお昼を。
KIMG1263
ごぼう天そばセット(950円)、少し太めでしっかりとした手打ち蕎麦、大きくサクサクのごぼう天、これに小牛トロ丼が付いてなかなかのボリュームです。
新得やこの辺りは山形の蕎麦が伝わったというような話を聞いたことがあり、確かに何処か板蕎麦のような感じで、美味しいです。
牛トロ丼を初めて食べましたが、これは美味しい、何時かフルサイズを食べてみましょう。
KIMG1261
とりごぼうそば(950円)、しっかりとした蕎麦なので暖かい種物も合います。
甘辛く炊いた鶏と太いごぼうがたっぷりです。
ごぼうはこの辺りの名産のようです。
KIMG1262
ご馳走様でした。

新得で買物をして、狩勝峠を越えて南富良野に入って、シーソプラチ川と空知川を偵察。
出廷場所の駐車場、水も引いていました。

KIMG1267
KIMG1265
出艇場所、平水近くまで減水して濁りも取れています。
KIMG1264
KIMG1266
五竜の瀬、結構面白そうです。
KIMG1271
KIMG1269
クランクの瀬からトラウマの瀬に続くゴルジェ、日曜日でラフティングが盛んです。
KIMG1276
KIMG1279
素晴らしい水色です。
KIMG1278
KIMG1283
上落合橋の上流と下流
KIMG1291
KIMG1292
11日前に偵察した時は増水した濁流だったのが、清流に戻っていました。
これならOKですね。
後は明日の好天を願うばかりです。

和琴半島駐車場(09:00)⇒帯広市(12:00)⇒道の駅おとふけ(17:00)

北への旅第37日目
今日はこの旅の静水パドリングの一大イベントの屈斜路湖の中島一周パドリングを予定していました。
同じカルデラ湖の中島一周パドリングとしては洞爺湖(15km)を昨年体験しましたが、ほぼ無風で比較的楽でした。
一方、屈斜路湖は距離は25kmくらい、同じカルデラ湖ですが強風が吹きやすく、海の沿岸レベルの波が立つこともあり、ちょっとしたアドベンチャーになりそうです。
さて朝4時、森に囲まれた駐車場は殆ど風は吹いていませんでしたが、屈斜路湖湖畔に出ると強風が吹き荒れ白波が立っていて、この様子は一日続くでしょう。
次の川下りを木、金に予定していたので、今日がワンチャンスで断念、次の機会に持ち越すことにしました。

KIMG1057

朝食は冷凍チンご飯に昨日オヤコツ地獄で作った温泉卵かけご飯、美味しいです。
KIMG1055

ところでプレアデス号が走行中にキーキーという異音が数日前に発生して、だんだん酷くなってきたので、移動先の帯広のトヨペットで診て貰うことになり、移動を開始。
麦畑が色付き始めて、やっと麦秋ですね。
道東自動車道の無料区間(阿寒口IC⇒本別IC)を走って帯広方面へ。

お昼は帯広の「とん田」で豚丼。
18年くらい前に訪れていますが、今年の春に新店舗に移転したそうです。

KIMG1066
ロース・バラ盛り合わせ丼(880円)
KIMG1068
バラぶた丼(780円)
KIMG1067
追いダレと香辛料の数々
KIMG1069
18年前と同じ味、とても美味しく、値段も手ごろなのも変わっていません。
同じであり続ける、簡単なようでとても難しいことですが、何時までも変わらずにいて欲しいですね。
ご馳走様でした。

夕方に帯広のトヨペットで診て貰うと、ブレーキパッドの摩耗で警告音を発していたことが判明して、交換。
自分の車の知識の無さを改めて実感した次第。

今日は道の駅おとふけでP泊ですが、明日訪問予定の某所に偵察しに行きました。

KIMG1073
KIMG1071
KIMG1072

今日も簡単夕食
KIMG1080
KIMG1079
製品名:運河亭旨コロ豚塩ホルモン
メーカー:共栄食品工業㈱
5段階評価:☆☆☆☆
コメント:塩味控え目、程好いホルモンらしい風味
ご馳走様でした。

道の駅サーモンパーク千歳(08:15)⇒道の駅スペース・アップルよいち(11:35)

北への旅第27日目
今日は千歳から余市への移動と第50回北海ソーラン祭り見物です。
道の駅スペース・アップルよいちに着くと、既に奈良県のTさんご夫妻と青森のYさんご夫妻は到着されていて、我が家も何とか駐車スペースを確保して、一安心。
第50回北海ソーラン祭りと第35回さくらんぼフェスティバルの前乗りのお客さんでごったかえしています。

小樽なると屋 余市黒川店へ。
小樽の若鶏時代なると本店から暖簾分けして、チェーン展開してるようです。
(写真は夕方の取り直し分)

KIMG0632
メニューも食材や作り方は同じとのことで、若鶏半身揚げ(980円)とザンギカレーを注文。
若鶏半身揚げは皮はパリパリで美味しいのですが、若鶏時代なると本店に比べると少し塩気が強いのと、胸辺りが少々パサっとしている印象です。
KIMG0611
ザンギカレー、見た目通りの美味しさです。
KIMG0610
支店がいっぱいあって空いていて、ゆっくり食べれるのは良いのですが、やはり若鶏時代なると本店が良いかな。
ご馳走様でした。

北海ソーラン祭り、結構な人出です。
KIMG0612
KIMG0613
北海道限定商品、なかなkパンチが効いて美味しいです。
KIMG0616
KIMG0620
特別ゲストのシャーロット・ケイト・フォックスさん、すらっと背が高く、顔が小さいですね。
KIMG0623
KIMG0628
KIMG0629

余市に来たならば寄らずにはいられない、ニッカウヰスキー余市蒸留所へ。
KIMG0624
KIMG0625
試飲、3杯飲むとホロっと良い気分になります。

KIMG0626

本日の夕食、鯖缶玉葱焼き、ホルモン、ミズタコの刺身、道産道端蕨(私の命名)のお浸し、トマト。

KIMG0635
今日のホルモン
KIMG0633

製品名:旨コロ豚みそホルモン
メーカー:共栄食品工業㈱
5段階評価:☆☆☆☆
コメント:やっぱりのマルチョウには味噌がベストマッチで美味しい。
ご馳走様でした。


ショックな情報、糠平湖のタウシュベツは先日の大雨で水没間近、今年もカヤックでくぐることはできません。
昨年は一度も水位が上がらず、今年はあっという間に水位が上がってダメ、難しい。
Screenshot_20180707-173026


明日は仁木町さくらんぼフェスティバルです。



北への旅第25日目、本日は終日旭川に滞在。

当初の天気予報では午前中に雨が上がるとのことで、南富良野でシーソプラチ川と空知川の偵察を兼ねて南下する計画だったのですが、夕刻まで雨が降り続き、旭川に留まることにしました。

最近朝食の定番の一つになりつつある、トマトチーズリゾット擬きです。
KIMG0548

旭川21世紀の森キャンプ場に泊まって温泉でもゆっくり入ろうと思ったら、行く道の道道295号線と611号線が通行止めで断念しました。

Screenshot_20180705-065304
旭川21世紀の森への道道2線が通行止めです。
Screenshot_20180705-200357


ということで、道の駅あさひかわは満車で何かと過ごし辛くなったので、買い物と入浴を済ませて市内を移動することにしました。

㈱男山の近くの立ち寄り湯の「大雪の湯」で入浴。
温泉ではないのですが、料金が安く(420円)、設備も良く、今年の2がつにも訪れています。
イベントカレンダーのお食事セット700円に惹かれてしまいました。
KIMG0550
お食事セットの料理5種から選んだチキンソースカツ丼とラーメン、なかなか立派なものです。
KIMG0549
美味しく頂き、ご馳走様でした。

昨日お昼の内食を食べるために寄った春光台グリーンスポーツ施設キャンプ場に移動しました。
KIMG0552
雨が止んだら併設されているパークゴルフ場で遊ぼうかと思ったのですが、夕刻まで降り続き、断念。

ホルモン焼き、オヒョウの刺身、じゃが塩辛と、今日は北海道らしい夕食になりました。
KIMG0553
製品名:焼き肉ホルモン マルチョウ 味噌味
メーカー:㈱佐々木畜産
5段階評価:☆☆☆☆
コメント:脂たっぷりのマルチョウに味噌はベストマッチで美味しい。
ご馳走様でした。

夜半満天の星、明日は旭川を出発できそうです。

北への旅第8日目(6月18日)
仁木町の山荘の3日目の朝、ゆっくりと起きて片付け、戸締まりをして出発。

札幌へ帰るIさんにお別れして、積丹半島の神威岬へ。
昨年夏に訪れましたが、晴天なのに強風のため岬の遊歩道が閉鎖でした。
朝、雲が切れて少し青空も覗いたので、一縷の望みをかけて行くことに。
遊歩道は開いていましたが、薄曇り。
岬の突端まで絶景の小道を往復、積丹ブル一とまでにはなりませんでしたが、それでも美しい海でした。
DSC_3464
昨年はここまででした。
DSC_3465
素晴らしい風景です。
DSC_3466
DSC_3467
碧い山襞が見事です
DSC_3470
結構なアップダウンで良い運動に。
DSC_3472
DSC_3478
神威岬のシンボルの神威岩
DSC_3479
薄曇りでもこの青さ、晴れた時の積丹ブルーは凄いでしょうね。
DSC_3480
道すがらの花々、これは?
DSC_3481
ハマナスですね。
DSC_3482
キスゲの類でしょうか
DSC_3485
シシウドの類
DSC_3486
これは?
DSC_3487
遊歩道が歩けて良かったです。
次回は、晴天で遊歩道が開放、ですね。


お昼は話の種系で余市の「ファミリーすしガーデンハウス」
DSC_3491
まんぷくちらし(880円):1.5号の酢飯に山盛りのネタ、と三食丼(880円):鮪と卵焼き+とび子と烏賊+いくらとサーモン、鮭のあら汁(100円×2)。
先ず先ず美味しく頂きましたが、予定通りお腹一杯になりました。
DSC_3489
DSC_3490
ご馳走様でした。

さて、天気予報と地図をにらめっこして、今日は道の駅とうべつ(今年4月開業)に寄って、道の駅つるぬまへ。
DSC_3493

P泊地の道の駅つるぬまの傍の「浦臼町自然休養村センター」で入浴。
ゆるキャラの臼子ねぇさん、一寸来歴を調べようと思いましたが、止めておきました
DSC_3497

本日の夕食、残り物で簡単に。
DSC_3498

明日は早起きして早朝に名寄まで走ります。

青森港フェリー乗り場(07:40)⇒函館フェリーターミナル(11:45)⇒七飯(13:00)⇒東大沼公園(14:00)
北への旅第4日目(6月14日)
今日は津軽海峡フェリーで青森⇒函館と渡道します。
海割ドライブで14,800円(通常料金18,500円)とお得です。
OYさんにお見送り頂くことに、恐縮の限りです。
DSC_3305
函館山が見えてきました。
DSC_3308
函館に到着、今年の2月以来、4ヶ月振りです。
DSC_3312

イオン、釣り具店2軒で買い物して、大沼公園方面へ。
今年の3月23日に開業した道の駅なないろ・ななえに寄り道しました。
函館周辺でP泊できる所が少なく、重宝するかもしれません。
DSC_3315
DSC_3316

お昼に、ラッキーピエロ峠下総本店へ。
いつの間にかこの店を素通り出来なくなってしまいました(^^;
DSC_3325
DSC_3324
毎回頼む、チャイニーズ千キンバーガーセット(650円)
DSC_3321
セットのラッピポテト、フライドポテトにホワイトソースとデミグラスソースが掛かった恐ろしい食べ物です。
DSC_3322
もう品は毎回異なったものを頼みますが、今回はカツ丼(490円)。
なかなか本格的で、ボリュームをあります。
DSC_3323
少々、食べ過ぎ。
東大沼キャンプ場に着いたら、体を動かしましょう。
ご馳走様でした。

駒ケ岳が見えてきました。
DSC_3329

14時頃、東大沼キャンプ場に到着。
贔屓のキャンプ場、18年前に初めて訪れた時、素晴らしい環境と設備(当時珍しかった人感センサー照明・換気が付いたトイレ)、毎日の清掃、それで無料、感動しました。
湖畔だけでなく、巨木の林間も美しいです。
DSC_3330
荷物は台車で。
DSC_3331
湖畔にタープを張って、ワイルドカード号を組み立て準備完了。
DSC_3332
立派な炊事場
DSC_3333
これまた立派なトイレ。
DSC_3334
18年前と全く変わっていません。

今日の温泉は、車で5分の「留の湯」へ。
2年前に訪れた時は、相当年期の入った旅館だっだのですが、昨年リ二ューアルしてすっかり明るくなっていました。
DSC_3336
浴室の写真はNETから拝借
20170818_001
単純温泉(中性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:47/42a・無色透明・無臭・無味・サラスベ・温泉旅館系。
2年前の古い浴室、私はこの方が好みです。
5ee1ba29

キャンプ場に戻りました。
大分陽が傾いています。
DSC_3340
DSC_3341
軽く夕暮れパドリングへ。
DSC_3342
DSC_3343
駒ケ岳の頂きに雲が居座って、特徴的な山容を見ることが出来ませんでした。
DSC_3344
DSC_3345
DSC_3348

先ずはビールで乾杯。
DSC_3350
キャンプ場らしく炭火焼き、サフォーククロスラム、手羽先、コマイ、玉葱とミズダコのブツ。
DSC_3352
綺麗な夕焼け、北海道第1日目は良い天気に恵まれました。
DSC_3353
DSC_3355
明日は終日、東大沼公園に滞在です。


北への旅第1日目。
台風が接近しつつあるなか、北への旅に出発。
最近北への道の定番になりつつある取手⇒那須⇒塩原⇒南会津⇒米沢ルートで北上。
お昼は芦ノ牧温泉の「うえんで食堂」で会津ラーメン(2週間前はご近所の「牛乳屋食堂」で同じようなお昼を食べています)。
醤油ラーメン(手打ち中華麺、650円):醤油が立った端麗なスープに極太ねじねじ麺、山塩ラーメン(普通麺、700円):山塩の優しい味わいのスープにつるんとした中太麺、チャーシュー丼(300円)、美味しいですね。
DSC_3191
DSC_3188
DSC_3189
DSC_3190
ご馳走様でした。

当初は喜多方辺りでP泊の予定でしたが、ず~と雨降りで何処にも寄らずに走り続けた結果、喜多方には昼過ぎ到着で、峠を越えて山形まで行くことに。
その前に会津若松市の「光農園」に寄りました、お目当ての馬刺しを購入。
DSC_3193
DSC_3192

本日の温泉入浴は小野川温泉(200円)、ここは2度目でお気に入りです。
(外観写真は撮り忘れ)
DSC_3199
DSC_3195
DSC_3196
DSC_3198
DSC_3200
含硫黄-ナトリウム/カルシウム-塩化物泉(低張性中性高温泉)・無加熱加水源泉ドボドボ掛け流し・泉温80.3湯舟43・無色微濁湯の華多し・硫黄臭・塩味ダシ味・サラスベ・正統派共同浴場系。
キリっと熱い湯で、脱衣場浴室一体型の正統派共同浴場、好みです。
そして小野川温泉のお楽しみの「温泉卵作り」、75℃くらいなので30分、入浴している間の30分浸けました。
出来上がりはどうでしょうかね?

小野川温泉には小規模ですが田圃アートがあります。
DSC_3202
DSC_3203
植えたばかりでまだまだですね。
後1ケ月もすれば良くなるでしょう。
DSC_3204

赤湯で一升瓶ワインを購入。
DSC_3205
DSC_3206

本日のP泊地の道の駅たかはたに夕方到着。
静かです。
DSC_3207
付近を散策
DSC_3209
DSC_3210
DSC_3211
DSC_3212

DSC_3215

夕食は、馬刺し、鰹の叩きの切り落とし、自家製温泉卵、擂り身焼き(写真無し)、玉葱スライス。
馬刺しはたっぷりの100g、堪能しました。
小野川温泉の温泉卵、黄身がねっとりと固まるくらいの丁度良い出来上がり、美味しいです。
DSC_3216

DSC_3217
ご馳走様でした。
本日の走行距離:332km

ウェラブルカメラをヘルメットに装着するためのアタッチメントを購入しました。
Panasonic ウェラブルカメラ用 マルチマウントVW-MKA1-Kです。
ウェアラブルカメラのオリジナルの装着具(ヘッドセット)は、ホワイトウォーターのように動きの激しい場合はズレ易く、気になって居たのですが、キャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」さんが、ヘルメットの頭頂に上手い具合に取り付けているのを見て、真似することにしました。
カメラを装着して撮影すれば判り易かったですね。
DSC_3183
DSC_3181

以前に道の駅こもちで購入した蒟蒻粉で蒟蒻を作ってみました。
生芋蒟蒻から作るのは、手に入れ難さ、手間で、前々から蒟蒻粉で作ってみたいと考えていました。
レシピ通りに作ったのですが、やわやわで辛うじて固まったといった具合。
再度挑戦して上手く出来れば詳細を投稿します。
やわやわでしたが、改めて茹でると固まって、夕食におでんにして食べることができました。
DSC_3129
DSC_3131

夕方、長女が来宅して、3人で食事会。
長女のお土産の「来福 愛山 別誂 純米大吟醸 研き二割九分」。
来福は茨城県西の筑西市の造り酒屋で、我が家の大贔屓、よく飲みますがこんな高級な銘柄は見たこともありません。
楽しみです。
DSC_3132

本日の夕食、槍烏賊の筒焼き、目鉢鮪の刺身、摘まみ数種
DSC_3134
来福  愛山 別誂 純米大吟醸 研き二割九分、素晴らしい吟醸香、甘酸のバランスが良く、どっしりとした旨味、とても美味しいです。
DSC_3135
本日のメインディッシュの冷製おでん、とまと、半熟卵、手羽先、牛筋、じゃこ天、ひら天、蒟蒻、大根、薬味の茗荷と大葉。
DSC_3136
冷製おでん、とても良い出来、美味しかったです。
自分で作った料理は、途中何度も味見をするので飽きたりして、美味しくても感動が無いのですが、おでんは別ですね。
冷製おでんは熱いうちに味見して、冷たい状態で初めてロにするので、尚更です。
DSC_3138
ご馳走様でした。

月例の墓参りで中野へ。
梅雨入り宣言の日、ふさわしいく柔らかな小雨が降っています。
DSC_3102
この紫陽花の青、何とも美しい色です
DSC_3105
百合も咲き始めましたね。
DSC_3103
DSC_3104
7月の墓参りはお休みです。

帰りに南柏の釣り具屋さんのキャスティングで買い物、トラウトロッド(TIFA、中古)とAbu Garciaの廉価のスピニングリール、計9,500円。
DSC_3110
レイクトラウトのトローリングに使っているロッドが柔らかすぎるので、少し固めのロッドを探していました。

本日の夕食。
ジンギスカン(生ラムと玉葱、最近お気に入りの”源タレ“)、もやしサラダ、ながらみの塩茹で。
ながらみ(生ラムも)は藤代のタイヨーで300円弱で購入、安!!!。
タイヨー、特に魚介類は珍しい物が出るので、楽しめます。
DSC_3106
巻き具の中で一番好きかも。
DSC_3109
ご馳走様でした。

ダイネットの全席の窓側の壁にはアルミパネルが入っていて、外気温が伝わり易く、冬は結露や凍結が起こります。
アルミを張ったマットを両面テープを使って張っていたのですが、外れ易く見た目も悪く、何とかしようと思っていました。
相方が適した素材を見付けてきて貼り直しました。
素材:Kumimoku クッションシート ホワイト(770×700×10mm)@カインズホーム
DSC_3100
これで冬場の相方の席の寒さは防ぐことが出来ますね。

今日の夕食。
先日、喜多方酒蔵のんびりウォークでお土産に買った会津塗の片口銚子を使ってみました。
焼売、豆もやしのサラダ、蕎麦の実納豆。
DSC_3094
槍烏賊のアヒージョ
DSC_3097
きっちり一合が入って、木地が軽くて注ぎ易く、なかなか具合が良いです。
DSC_3095
ご馳走様でした。


玄関横の紫陽花が咲きました。
今年は紫陽花も10日から2週間近く速いですね。
DSC_3066

午前中は、プレアデス号の洗車と片付けで終わりました。

午後は買い物で京橋へ。
DSC_3068
DSC_3069
此方でも紫陽花が真っ盛りでした。
DSC_3070
DSC_3071
京橋マルシェ」だそうです。
***マルシェが流行りですね。
DSC_3072
買物先は此処です。
試着が必須の物で、事前に連絡してサイズを取り寄せて、今日、試着して購入予定です。
何を買ったのかは明日にでも。
DSC_3074
日本橋、灯りが点灯するんですね、知りませんでした。
DSC_3075
御徒町まで5kmくらいのウォーキング。
DSC_3077
夕食に前から訪れたいと思っていた「蒙古タンメン中本 御徒町店」です。
結構な行列で30分ぐらい待ったでしょうか?
DSC_3081
蒙古タンメン(800円)、濃厚なスープにもちっとした太麺とたっぷり野菜に相当辛い麻婆豆腐が掛かっていて、これは美味しいですね。
何とか食べれる辛さですが、最後は汗だくになりました。
蒙古丼(830円)、蒙古タンメンの麺とスープの代わりにご飯という構造です。
これも美味しいのですが、蒙古タンメンに比べるとパンチが弱く、ちょっと凡庸かな。
DSC_3078
DSC_3079
ご馳走様でした。

自宅(08:20)⇒芦ノ牧(13:15)⇒喜多方(15:00)⇒三ノ倉スキー場(16:15)⇒道の駅喜多の郷(17:15)

喜多方酒蔵のんびりウォーク(5月26日)と裏磐梯の湖の梯子パドリング-檜原湖、曽原湖、小野川湖、秋元湖-と西会津の沼沢湖パドリング(5月27日~28日)、更に会津、越後、上州と移動して、キャンピングカー&パドリング仲間の「ハラさん」さんと奈良のTさんと長瀞でDR(5月31日)を楽しもうという欲張ったスケジュールを組みました。
本日は喜多方酒蔵のんびりウォークの前乗りで喜多方へ向けて出発。
国道294号、400号、121号と順調に走って、13時過ぎには会津若松市に着きました。
DSC_0315
少し遅いお昼となりましたが、芦ノ牧の会津ラーメンの名店の「牛乳屋食堂」で。
DSC_0311
醤油ラーメンと半ソースカツ丼(1,150円)とみそラーメン(700円)。
会津らーめんはここ以外で3か所で食べたことがありますが、喜多方ラーメンに似ているものの、麺が太目で縮れが強く、また東北らしい醤油が立ったスープで、少しワイルドな印象があります。
醤油も味噌もとても美味しいですね。
ソースカツ丼も肉厚のカツに甘酸っぱいソースとキャベツで会津の典型ですね。
DSC_0308
DSC_0310
DSC_0309
さて牛乳屋食堂の前に「牛乳や」が。
牛乳やソフトクリームやお土産物を売る店舗のようです。
すかさずソフトクリーム、「小」にしときました。
とても濃厚で、不思議と冷たさを感じないソフトクリームでした。
DSC_0312
DSC_0313
みんな合わせて、ご馳走様でした。

快晴で気温が27℃と大分上がっています。
DSC_0316

喜多方市内を偵察、今日は「道の駅喜多の郷」に泊まりますが(のんびりウォークのスタート会場から6kmで交通手段無し)、明日早朝にのんびりウォークに近い駐車場に移動を予定しています。
DSC_0317
DSC_0318

まだ少し時間があったので、三ノ倉スキー場の菜の花畑を見物することに。
実は「4年前の5月24日」に訪れたことがあります。
菜の花畑の規模が大分大きくなったみたいです。
DSC_0319
DSC_0321
DSC_0323
DSC_0324
DSC_0328
DSC_0331
DSC_0332
西日が当たった菜の花畑、とても良い感じでした。

本日のP泊地の道の駅喜多の郷に到着。
DSC_0334
17:00から、500円⇒300円と値引きになる「蔵の湯」でゆっくりと温まりました。
循環掛け流し併用(?)ですが、設備も立派で文句の付けようがありません。
DSC_0333
DSC_0334
本日の夕食、切る・盛るの準備15分、会津に来れば必ずの馬刺し、刺身バラ盛り、鶏つくね団子鍋。
DSC_0335
何時も通りのキャンピングカーの夕食、ご馳走様でした。
DSC_0337



朝食は、もち麦玄米ご飯とアイナメのあらの味噌汁。
濃厚でありながら上品な旨味、とても美味しいですね。
DSC_0293
ご馳走様でした。

プレアデス号の床はクッションと防寒の為にコルクシートを敷いていますが、大分古くなってコルクも剥がれたところが散見されるようになったので、張り替えることにしました。
DSC_6486
今回はコルクシートではなく、表面に繊維を貼り付けて絨毯のような感じのシートです。
色も明るいモスグリーンにしてみました。
床の形に合わせて裁断・敷き詰めは相方の担当。
経費は2,000円弱でした。
DSC_0302
DSC_0301
DSC_0300
車内が明るくなり、また心地良い感触、気に入りました。

午後は、明日からの旅の準備をして、過ごしました。
カヤックは、ワイルドカード号とダッキーの2艇とパドリング用品一式、キャンプ用品も積んで、プレアデス号の積載率は70%程度と、ここ最近で一番の多さです。

アイナメの昆布締め、良い感じで締め上がりました。
DSC_0296
本日の夕食、アイナメの昆布締め、豚肉生姜焼きレタスサラダ、アイナメの唐揚げと揚げチーズワンタン、大根の即席漬け。
DSC_0297
アイナメはどんな料理にも合いますね。
2本は鱗を引いて腸を抜いて冷凍保存したので、煮付け等でまた楽しめます。
ご馳走様でした。

昨日の情報番組で、埼玉県鴻巣市の「第8回こうのすはなまつり・ポピーまつり」へ行ってみることに。
ポピー畑見物は、2016年5月26日は「天空を彩るポピー畑(東秩父村)」2017年5月31日は「長瀞町の花菱草畑」と、今回で3年連続です。

さて、鴻巣へ行く途中に上尾市の某所に寄ることに。
「孤独のグルメ シーズン7」で紹介されていた「キセキ食堂」の予約書き込み表が9:30~10:00ぐらいに出されるということで(NETの情報)9:30頃に着いたのですが、既に"本日の昼の部は完売しました"の張り紙が・・・。
お店の方に伺うと8時に予約表を出してその時点で完売(50人分くらい?)だったとのことでした。
まあ何とも凄い人気ですね。
我家の後にも、車、自転車、徒歩のお客さんが沢山、皆さんがっくりして帰って行きました。
もう少し落ち着いてから再トライしましょう。
DSC_0164

鴻巣市について、ポピー祭りの馬室会場へ。
ポピーは七分咲ぐらいでしょうか来週始めくらいが満開でしょうか。
DSC_0168
なかなかのボリューム、このポピー畑は12.5haで、その広さは日本一だそうです。
DSC_0165
DSC_0169
もう一つ、この会場の名物の「麦なでしこ」畑。
撫子らしい綺麗な薄桃色で、なかなか圧巻です。
DSC_0170
DSC_0175
もう後一面くらい植わってば、ピンクの海に浮かぶような写真が撮れますね。
DSC_0185
DSC_0188
別な畑ではカルフォルニアポピーが咲いていました。
DSC_0194
DSC_0191
DSC_0196
流石、日本一のポピー畑、青空の下、楽しみました。

お昼は鴻巣市のラーメン屋さんの「次念序」へ。

DSC_0200
つけ麺並盛(750円)と中華そば並盛(650円)を注文。
東池袋大勝軒、六厘舎の系譜の店らしいです。
つけ麺、美しい盛りの麺、濃厚な豚骨・魚介のスープ、やはり東池袋大勝軒、六厘舎の系譜ですね。
DSC_0201
中華そば麺もスープも、太さや濃さは違えどもつけ麺と同じテイストです。
DSC_0202
DSC_0203
食べ初めは本当に美味しいのですが、半分食べると飽きるという何時ものパターンです。   ご馳走様でした。

今日の朝食は珍しくパン食です。
オニオングラタンスープ(パン抜き)、ミニハンバーグとキャベツ、食パン。
オニオングラタンスープはこの一杯で、新玉葱1.5個分のペーストを使用、だそうです。
玉葱の甘くて濃厚な旨さ、美味しいですね。
DSC_0153
デザートは、寺沢製菓のカシューナッツチョコ(ホワイトとキャラメル)を紅茶と共に。
DSC_0154
ご馳走様でした。

お昼は、新玉葱カレー。
久々に私が担当。
新玉葱のペースト2個分、新玉葱ざく切り1個分、豚肩ロース肉100g、コンソメキューブ1個、S&Bカレー粉小さじ山盛り2杯、ウスターソース少々、トマトケチャップ少々。
①400mLのお湯を沸かし、新玉葱ペーストを加え、弱火に(以下、最後までごく弱火)
②豚肩ロースを広げながら加え、ごく弱火で1時間程度煮込む
③S&Bカレー粉小さじ山盛り2杯、ウスターソース少々、トマトケチャップ少々を加える
④深めの椀にご飯130gをよそい、玉葱ざく切りを盛って、その上からカレーを掛ける
DSC_0156
よく煮込まれた玉葱の甘みと旨味、ざく切りの生の玉葱がカレーとよく合って、気に入ってます。
新玉葱がある間、もう一回ぐらい食べたいですね。
ご馳走様でした。

プレアデス号のカヤック用ルーフキャリア取り付けと後部MAXX FANの修理の為に、先週の土曜日からRVランドに預けていましたが、作業が終了したとのことで、取りに行きました。

DSC_0157
カヤック用のルーフキャリアは我が家で、THULE社の以下3点を揃えました。
・ベースキャリアTH953レインガーターフットセット28cm(アマゾン他NETで購入、12,047円)
・ベースキャリアTH763スチールスクエアバー150cm(6,024円)
・カヤックアタッチメントTH874(14,580円) 小計:32,651円
RVランドにはカヤック用キャリアを固定するためのベースプレート「VANTECH社 システムキャリア用ベースプレート4P」とリアラダー(梯子)の「フィアマ ラダー DELUXE8」の設置を依頼しました。
部品代+工賃で小計:92,880円
ということで、総額125,531円の経費を掛けました。

リアラダーはオーソドックスなFIAMAの折り畳み式、キャンピングカー&カヤック仲間の「ハラさん」さんと「カム郎」さんも同じものを設置しています。
ラダーの上端で20cm強、高くなりますね。
DSC_0158
横から見たところ、レインガーターフットは28cmで、カヤックアタッチメントは15cmで、40cm強高くなります。
DSC_0159
前後のスクエアアバーはMAXX FANと位置が被りますが、スクエアバーが28cmの高さにあるので、MAXX FANの開閉は干渉しません。
またカヤック用のキャリアはノブを回せば簡単に外すことが出来ますので、使用しない時は外しておくことになりますね。
DSC_0160
こんな感じです。
DSC_0161
カヤックを乗せたまま高速や長距離を走ることは避けなければなりませんが、湖沼を渡り歩く時は組み立てたワイルドカード号を乗せて移動ができます。
後はカヤックをルーフに引き上げる時の車体キズ付き防止用のマット(自製)が必要ですね。

本日の夕食、鶏腿肉の塩焼き、鯖の干物、蕗と油揚げの炊き合わせ、蕎麦の実納豆。
金華鯖と謳っている鯖の干物、安いのですが、なかなか美味しいです。
DSC_0163
ご馳走様でした。

ちょっと食べ過ぎの一日でしたが、本日の玉葱指数は、何と3.0でした。
罪滅ぼしになりますかね

新四国相馬霊場八十八箇所(順打ち)その10で、今日は①地区の第45番、③地区の第46番、①地区の47番の3番を巡ります。
自宅から利根川の土手・自転車道を上流へ走って戸頭、常総ふれあい道を走って井野台、国道294号線を走って稻戸井、稲を廻って帰宅という取手市内を行ったり来たりの走行距離25kmのコースですが、今回も3番と距離の割に効率が悪いですね。
407c484f (1)
①戸頭の第45番
7ebd19a5-s
③井野台の第46番
[画像:390a982b-s.jpg]
①の稻戸井の第49番
7ebd19a5-s

利根川の土手の道を上流へ走ります。
DSC_0127
ゆったりとした坂東太郎の流れ
DSC_0128
土手を降りて、河川敷の道を戸頭へ。
DSC_0129

戸頭の第45番の戸頭の永蔵寺境内(廃寺)へ本堂の左手に第34番のお堂があります。
DSC_0130
DSC_0131
DSC_0132
第45番のお堂はお堂の右手です。
第45番: 戸頭の永蔵寺境内(廃寺)
移し寺:高知県本尾山種間
ご詠歌:世の中にまける五穀のたねま寺 深き如来の大悲なりけり
DSC_0133

常総ふれあい道を取手駅方面へ走ります。
DSC_0134

第46番の井野の阿弥陀堂へ
DSC_0135
DSC_0137
第46番:井野の阿弥陀堂
移し寺:愛媛県医王山浄瑠璃寺
ご詠歌:極楽の浄瑠璃世界たくらえば 受くる苦楽は報いならまし
DSC_0138

今度は国道294号線を稻戸井方面へ。
もう紫陽花が咲いていました。
DSC_0139

第47番の米の井の竜禅寺へ
DSC_0140
立派な古刹です。
DSC_0141
DSC_0142
第47番:米の井の竜禅寺境内の三仏堂
移し寺:愛媛県熊野山八坂寺
ご詠歌:花を見て歌詠む人は八坂寺 三仏じょうのえんとこそきけ
DSC_0143
取手市唯一の国指定の重要文化財である「三仏堂」。
創建500年、見事な茅葺の美しいお堂です。
DSC_0145
DSC_0148
裳階(もこし)」が付いているお堂の形式は類がないそうです。
DSC_0147
この茅葺のカーブが何とも美しいですね。
DSC_0149

本日の走行軌跡
1526646222672

1526646228484

本日走行距離:24.6km
相馬霊場累計走行距離:312.2km
累計走行距離:4,575km

八十八箇所ポタリングの昼食は高カロリー、高塩分の外食を許しているのですが、今日は内食で、二郎風に野菜たっぷりの濃厚豚骨ラーメンを。
DSC_0151
ご馳走様でした。

午後は、龍ヶ崎のビバホームとドン・キホーテ、藤代のタイヨーとヤオコー、取手のケイヨーD2と買い物。

今日の夕食、鰹の刺身とオニオンスライス、新生姜の肉巻きと焼き茄子、蕎麦の実納豆、ゆり根の梅肉和え、新さつま節。
DSC_0152
ご馳走様でした。
今日の玉葱指数(1日で食べた1人当たりの玉葱の個数)は、0.50でした。 

月例の墓参りで都内中野へ。
行き帰りに長女と次女の所に寄って、玉葱や相方の母上の届け物をお裾分け。

中野の上高田の東光寺、緑がますます濃くなってますね。
DSC_0125

スーパーの「タイヨー」に行って夕食の材料を購入して帰宅。
午後は身の回りの片付けなどをして過ごしました。

夕食は、タイヨーで買ったラムの肩肉と大量の新玉葱でジンギスカン、同じくタイヨーで買った生メバチ鮪の刺身、蕗と油揚げの炊き合わせ、蕎麦の実納豆。
ラムの脂を纏った半生焼けの新玉葱、絶品です。
2年前の初夏に旭川の「成吉思汗 大黒屋 五丁目支店」(当時の食べログのジンギスカン専門店で第1位)でサービスで付いてきた玉葱のあまりの美味しさに吃驚して以来、気に入っています。
イワタニのカセットガス用のジンギスカン鍋(今は絶版)、これも我が家の愛用品です。
DSC_0126
ご馳走様でした。
今日の玉葱指数(1日で食べた1人当たりの玉葱の個数)は、0.75でした。 

年に2回、5月と10月頃に高圧洗浄器で排水系の洗浄を行っています。
家の外に排水の集合孔があり、そこから下水道へ落とすようになっているのですが、以前木の根が入り込んで伸びて詰まらせたことがあって、それ以来定期的にチェックを兼ねて洗浄しています。
外の集合孔と家の中の台所の流し、風呂場、洗面所、トイレと洗浄して1時間半の作業でした。
DSC_0115
.
玉葱を干します。
相方が玉葱を炒めてストック用のペーストを作っていますが(玉葱30個、大きなフライパン3杯分)、その残りです。
2~3ヶ月分はありますね。
DSC_0117

利根川の土手、最近ゲートボール場の横にトイレが新設されました。
ゲートボール場とテニスコート3面の施設なのに、トイレが無くて不便だったようです。
DSC_0122
草を刈った後でスッキリしています。
DSC_0119
DSC_0121
夏の午後のような日差しです。
DSC_0120

夕食は、煮豚、鯖の乾物、オニオンスライス、蕎麦の実納豆、それに相方の母上からの鱒寿司(何時もの高岡の高田屋さん)。
普段は夕食にご飯は食べないのですが、鱒寿司ばかりは別、それに今晩(作った2日目)が食べ頃です。
DSC_0124
美味しく頂き、ご馳走様でした。
今日の玉葱指数(1日で食べた1人当たりの玉葱の個数)は、0.5でした。  

自宅(05:30)⇒白子(07:35~12:00)⇒自宅(15:30)

毎年恒例の、といっても2014年から2017年と4回連続で参加しているだけですが、今年も”第18回おいしさ一番「白子たまねぎまつり」”へ行くことに。
まつりの開始時間(9時)の1時間半前の7時半頃に着くと、近くの駐車場は満杯でした。
DSC_0089
会場の入り口には、開始を待つお客さんで大行列です。
DSC_0091
9時になって、玉葱狩り(5kg用網袋に詰め放題)の券の販売が始まって、2名分(500円×2)を購入すると、券は緑の245番、券の色は4種なのでこれまでに1,000枚の券が売れたことになります。
凄いですね。
DSC_0094
今度は玉葱畑往きのマイクロバスの順番を待ちますが、その間に玉葱料理の振る舞いを頂きます。
先ずは玉葱フライ、大きな熱々の玉葱フライ、漸く火が通ったくらいの半生の玉葱と衣とソース、とても美味しいです。
DSC_0095
野菜サラダの玉葱サラダソース。
DSC_0093
3年前は4種類くらいの試食があったのですが、今は2種類でちょっと寂しい気も・・・。
白子町のシンボルキャラクターの「げんき君」、だそうです。
凄く「まとも」ですね、というか捻りがゼロというか。
DSC_0096
よさこいソーラン、「チーバくん」と一緒に踊る「げんき君」。
DSC_0101
結構な行列ができていた「玉葱メンチ」(200円)、美味しいのですがもう少した玉葱感があると良いのですが。
DSC_0102
1時間30分ほど待ってマイクロバスに乗って、玉葱畑へ。
DSC_0107
DSC_0105
たまねぎを掘って、葉と根を切り、泥を落として、玉葱を袋に詰めていくだけなのですが、何故か楽しい。
DSC_0103
左(相方):7.6kg、右(私):8.1kg、えへん!!
DSC_0104
調べてみると、2014年:7.4kg、2015年:9.5kg、2016年:7.8kg、2017年8.3kgで、今年の8.1kgは先ず先ずですね。

お昼は大網白里市の「手打ちうどんZ」へ。
外房の大原や勝浦の行き帰りによく見て、一度訪れたいと思っていました。
結構な行列です。
DSC_0108
30分ぐらい並んで注文。
ここの一番人気のカレーうどんは売り切れで、鴨うどん(830円)ととろ玉うどん(860円)。
立派な讃岐うどん、お客さんが押し掛けるのも頷けます。
温かいうどんも美味しいのですが、麺そのものを楽しむのであれば冷たい方が更に美味しいですね。
DSC_0109
DSC_0111
DSC_0110
ご馳走様でした。

本日の夕食。
玉葱のステーキ、玉葱バーグ、弱火20分くらいゆっくりと火を入れるととても甘くて香ばしい、新玉葱の一番の食べ方かな。
鰹の刺身と玉葱スライス、玉葱スライスを皿に盛り、その上に鰹を乗せて岩塩を強めに振り、すだち果汁を掛けて頂く、とても美味しい。
DSC_0114
ご馳走様でした。
暫くは玉葱三昧、目指せ血液サラサラですね。
一日に食べた一人当たりの玉葱の玉数を玉葱指数として記録しましょう。
さて、本日の玉葱指数は1.5でした。

長女と次女と私の誕生日と相方の母の日の合同お祝いの食事会で、都内に出掛けました。
夕方の食事会の前に有楽町の東京交通会館へ、常備している「徳島産業」の「すだち果汁」が切れたので、「香川・徳島トモニ市場」へ。

DSC_0048
東京交通会館は各県のアンテナショップが多数あり、ここもその一つです。
すだち果汁(360mL、1,000円)を3本購入、これで4箇月分ぐらいですかね。
DSC_0049
先日、情報番組で取り上げられていた大分県の「温泉座」、小さな足湯があるそうです。
DSC_0050

待ち合わせ場所の日本橋の日本橋。
長女と次女で(株)東京湾クルージングの「日本橋・東京港めぐり」を予約してくれていました。
DSC_0052
視界の良い先頭の特等席、今日最後の便で満席と盛況です。
DSC_0054
日本橋を潜って、日本橋川から亀島川を通って隅田川へ。
DSC_0059
佃島大橋。
DSC_0061
ガイドさんの解説がなかなか面白く、楽しめます。
DSC_0062
新月島川から朝潮運河へ
DSC_0065
晴海運河から日本橋川をさかのぼって出発点の日本橋に戻ります。
DSC_0066
風が吹いて、気持ちの良いクルージングでした。
このスケジュールを聞いていなかったので、ちょっと感動しました。

日本橋から室町まで歩いて、COREDO室町へ。
ここでも常備の「茅乃舎のだし」を購入、すだち果汁とこれ、前にもあったような・・・。
DSC_0069
DSC_0068
少し足を延ばして、「小網神社」へ
DSC_0070
東京の銭洗い弁天として有名です。
DSC_0073

今日の食事会の「OSTERIA NAKAMURA」、六本木の裏路地にありました。
DSC_0074
DSC_0076
4人掛けのテーブルが6卓ぐらいのこじんまりとした店です。
一皿は結構なボリュームがあるとのことで、4人で前菜3種、メイン2種、パスタ2種、デザート3種と白ワイン1本を注文。
さて、料理は今時流行りの軽めのイタリアンではなく、しっかりした味付けでどちらかというと少し古風な料理で、何れも美味しかったのですが、特に気に入ったものは*を付けました。
前菜その1、鰯のマリネ
DSC_0077
ホワイトアスパラのバッサーノ風(*)
太いホワイトアスパラ、この時期だけのメニューですね。
DSC_0078
パン(これとゴマパンの2種)
DSC_0079
前菜その3、牛ホホ肉とレンズ豆の焼きテリーヌ
焼いて暖かいテリーヌ、初めて食べました。
DSC_0081
岩中豚のグリル(*)
絶妙の火の入れ方、豚の旨味と香りと脂身の甘さ、柔らかくサクっとした食感、これは美味しい。
DSC_0082
ラムのすね肉の煮込み(☆)
ラムの香りが高く、ワイルドでボリュームたっぷりな一品でした。
付け合わせの緑色の土筆のような野菜、アスパラソバージュというこの時期だけの輸入食材で、味はアスパラ、滑りのあるカリっとした食感、なかなか面白いです。
DSC_0083
パスタ2種、鴨のラグーのホウレン草の???とホウレン草のニョッキのゴルゴンゾーラソース
ホウレン草が奇しくも重なりましたが、濃厚でパスタでした。
DSC_0084
デザートその1、2(*)
DSC_0085
デザートその3(*)
ピスタッチオのジェラートなんですが、ピリッと辛みがあって、なかなか面白い。
DSC_0087
ゆっくりと2時間、美味しく頂きました。
ご馳走様でした。

長女と次女にアレンジして貰った誕生日&母の日のイベント、気持ちの良いクルージングと素敵な食事とプレゼント、有難うございました。
DSC_0088

このページのトップヘ