烟霞淡泊

カテゴリ: 食事&食事会

氷見市(08:30)⇒上越市(13:00)⇒茨城県取手市帰宅(20:45)

この旅の最終日を迎えました。
キャンピングカーの旅では高速は使わずに下道を走るのが我が家の基本ですが、台風19号の到来の前に帰宅する必要があり、止む無く上信越道と関越道の一部を走ることにしました。
氷見の永芳閣の穏やかな朝です。
KIMG6480
KIMG6479

朝風呂を浴びて、朝食を頂きます。
KIMG6484
朝食も地の物を中心としたビュッフェ、何時も思うのですが、載せるのが恥ずかしいくらい沢山食べてしまいます。
富山名物の摺り身汁やげんげの干物等々、地の物の食材・料理のテンコ盛り、美味しいです。
KIMG6482
KIMG6483

永芳閣、なかなか良い温泉宿でした。
KIMG6485

伏木の相方の父上のお墓をお参りして、帰途につきました。
KIMG6486

富山市辺り、剣岳の三の窓が良く見えます。
KIMG6491
親知らずを越えて。
KIMG6493
KIMG6497
KIMG6498

国道8号線を上越市まで戻り、そこから上信越道に乗りますが、その前に昼食を。
「立ち喰いそばの名店シリーズ第23番目」で直江津駅の駅前の「直江津庵」。
立ち喰いそばの名店巡りも長年のテーマでして、当初は都内中心でしたが、最近は旅先の名店にも手を広げています。
KIMG6507
KIMG6499
KIMG6500
この店のスペシャリテの「めぎす天もずく入りそば」、「かき揚げ入り和風中華」を注文、美味しく頂きました(写真のキプションをご覧ください。)
「めぎす天もずく入りそば」(そば300円、めぎす天210円、もずく150円)、めぎす天は日本海の食べ物でそば種にぴったり、もずくはしゃきしゃきでもしかしたら地の物かも。
そばは茹でそばですがそばらしい風味もあり、優しい塩梅のそば汁と良く合っています。
KIMG6501
「かき揚げ入り和風中華」」(和風中華320円、かき揚げ150円)、茹で中華麺にそば汁という組み合わせにボリュームたっぷりのかき揚げがトッピング、想像通りの美味しさです。
KIMG6502
KIMG6505
ご馳走様でした。

上越高田ICから上信越道に乗り関越道の花園まで走行。
小諸を過ぎるあたりから雨が降り出し、県境の八風山トンネルを越えると豪雨でした。
相当に強い雨なんですが、動画で撮ると大人しくなってしまいますね。
KIMG6512

KIMG6515

20:30頃に無事帰宅して、北への旅2019の大団円となりました。

旅先でお世話になりました方々、また色々と情報やアドバイスやコメントを寄せて頂きました方々、皆様のお陰で旅を楽しく終えることが出来ました。
改めてお礼申し上げます、有難うございました。

この旅の纏めは後日としましょう。

道の駅良寛の里わしま(06:30)⇒富山市(10:45)⇒氷見市(12:00)

道の駅良寛の里わしまの朝、今日は強風も収まり穏やかです。
KIMG6418

国道8号線をひた走り、新潟を抜けて富山に。
昼過ぎに氷見に行きますが、富山市内のうどん屋さんの「糸庄」でお昼を頂きます。
KIMG6420
情報番組で取り上げられて、是非訪れたいと思っていました。
開店前なのに30人くらいの行列、人気があるのですね。
KIMG6419
富山市民のソウルフードと紹介されていたもつ煮込みうどん、もつ煮込みうどん(900円×2)、ご飯(150円)、生卵(60円)を注文。
ぐらぐらと沸騰した土鍋がサーブ、太目の氷見うどん、たっぷりのもつ煮、富山のかまぼこ、海老天婦羅が乗ってます。
KIMG6421
大振りでふるふるで上質なもつ煮、煮込んでも伸びない氷見うどん、ピリッと唐辛子が効いた味噌味、美味し
いです。
ご飯が良く合います。
KIMG6423
最後は、ご飯にもつ煮とたまごを乗せて丼に。
KIMG6425
ご馳走様でした。

道の駅氷見番屋街近くの公園で相方の母上と待ち合わせて。
KIMG6427
KIMG6428
富山湾越しに剣立山連峰が遠望。
冬に富山湾越しの雪の連峰を一度見てみたいと思っていますが、まだ叶っていません。
KIMG6429

氷見温泉の「永芳閣」へ。
毎年秋に相方の母上と高岡近郊の温泉に行くのが恒例になっています。
永芳閣、とても立派な温泉旅館で、かってはこの辺りでは一番高級な旅館だったそうですが、今はBBHホテルグループの傘下に入り、手軽に泊まれるようになったそうです。
KIMG6441
KIMG6442
KIMG6444
KIMG6445

部屋は、新館天遊の和室と洋室のツインルームの特別客室、本来は本館の普通の部屋だったのですがグレードアップして貰ったようです。
KIMG6440
KIMG6476
KIMG6446
KIMG6451
KIMG6452

早速一風呂浴びにに行くと、広々とした内湯と露天風呂で循環仕様、ここれだけ大きな温泉では致し方ないですが、気持ち良く入浴しました。
風呂上がりにビールを飲んで、夕食までゆっくり休息です。
部屋からも富山湾輿越しに剣立山連峰。
KIMG6449
月が昇りました。
KIMG6448

夕食は夕食会場の個別エリアでゆっくりと。
料理は、氷見名産の数々、氷見の魚の五種のお造り、鮑の踊り焼きか刺身、白海老料理(唐揚げと刺身二種)、氷見うどん、氷見牛のしゃぶしゃぶ、松茸の蒸籠飯、デザート、とても美味しく頂きました。

お品書き
KIMG6459
前菜
KIMG6458
氷見の魚介五種の刺身(鯵、ふくらぎ、梶木鮪、鰆、甘海老)
KIMG6457a
鮑の踊り焼き
KIMG6460
KIMG6469
鮑の刺身
KIMG6461
白海老唐揚げ
KIMG6468
白海老刺身二種
KIMG6467
氷見うどん
KIMG6470
氷見牛のしゃぶしゃぶ
KIMG6473
松茸の蒸籠飯と吸い物
KIMG6474
デザート
KIMG6475
またフリードリンクの飲み物がなかなかのもの、真寿泉や立山の富山の銘醸の24種のお酒(純米~純米)が飲み放題、インパクトのある生ビールのサーバー、大いに楽しみました。
楽しいビールサーバー
専用のジョッキをセットすると、綺麗な証明と共にジョッキの底部からビールが供給され、なかなかインパクトがあります。
KIMG6455
24種の銘酒飲み放題
KIMG6454
KIMG6463
*お酒の解説とお猪口がセットになっていて、これは便利
KIMG6466
4セット24種を飲み切り、推定酒量は4合、ははは、ほぼ限界です
KIMG6471

部屋に帰って、私はバタンキュー、でした。
KIMG6477

さて、当初は富山から下道を2日掛けて帰宅する予定でしたが、台風19号の進行が早まったようなので、高速も使いながら明日一日で帰宅することにしました。

道の駅ふたつい(06:00)⇒鶴岡市(10:40)⇒道の駅良寛の里わしま(17:30)

道の駅ふたついの朝、夜半の雨が上がりましたが、曇りがちで強い風が吹いています。
KIMG6392

朝食は、自家製鮭そぼろと自家製イクラの鮭の親子丼と味噌汁とトマトと林檎。
鮭の親子丼、毎日でも食べれますね。
KIMG6390
KIMG6391

10日に富山で約束があり、今日、明日と国道7号・国道8号を走って行きます。
強い西風が吹いて、日本海は大荒れです。
KIMG6393

移動日の今日、唯一の立ちよりスポットは鶴岡市の海辺の「琴平荘 中華そば処」です。
山形県鶴岡市三瀬の辺境(済みません)、ラーメン王国山形で一番の人気店、10月から5月の8ヶ月営業・・・、行くこと自体が困難な店としてつとに有名です。
KIMG6394
駐車場、強風が吹きすさぶ日本海の間近です。
KIMG6403
開店の30分前の10:30に着くと駐車場はほぼ満杯、手に入れたナンバーカードは37(37グループ目で80~100名、推定待ち時間は1時間くらい?)、平日なのに大した混み様です。
KIMG6396
KIMG6397
11:00、開店しました。
KIMG6399
11:40に席に案内され、中華そば(750円)、チャーシューメン(900円)、トッピング海苔(100円)を注文、11:50にサーブでした。
KIMG6400
それらしくインプレッションを。
麺:北関東から福島・山形でよくみられる多加水平打ちぴろぴろ手打ち麺、小麦の香り強め、最後までのびない、220gと麺量は東北基準のボリューム
スープ:鶏とあごだし他、化学調味料不使用でここまで強い旨味を出すのはお見事です。
叉焼:肉と脂身のバランス良くほろほろの食感
メンマ:普通に美味しい
全体:個々の素材は美味しく、集まってもとても良いバランス、文句の付けようがありせん。只、行儀がよすぎるというか、パンチというか面白みが欲しく感じてしまいました。
KIMG6402

本日の温泉入浴は「あつみ温泉正面湯」(200円)。
あつみ温泉、左岸は大箱の温泉ホテル、右岸はこじんまりとした温泉宿が続いています。
KIMG6404
飲泉所、飲まずにはいられません。
KIMG6405
足湯付きのcafe、ちょっとお洒落です。
KIMG6409
正面湯、改修工事中でした。
KIMG6408
浴室の写真はNETから拝借。
4人でいっぱいの小振りな湯舟にきりっと熱いお湯が滔々と掛け流し。
img_9
img_11
ナトリウム/カルシウム-塩化物/硫酸塩泉(中性低張性高温泉)・無加熱無加水源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯船:68/44・無色透明・微硫化水素臭・微塩味甘ダシ・サラスベ・伝統的共同浴場系。
古い温泉街の共同浴場の典型のような施設、好みです。

本日のP泊地は、道の駅良寛の里わしま。
夕食は、自家製関西風羽根つき餃子、真鯛の昆布締めのホイル蒸、鮭の塩こうじ漬けのホイル蒸、青森毛豆、帆立貝紐の煮物。
KIMG6411
真鯛の昆布締めのホイル蒸、ふっくらこんもりとした蒸し上がり、ふわふわの食感と上品な旨味、美味しいです。
昆布締めの魚でホイル蒸し、此れは色々と応用が出来そうです。
KIMG6412
KIMG6415
今日の手作り餃子、まずまずの出来です。
KIMG6414
ご馳走様でした。

今日は少し、宿題を。
KIMG6416

道の駅そうべつ情報館i(12:15)⇒道の駅てっくいランド大成(16:30)

道の駅そうべつ情報館iの朝、昨夜来の強い雨が降り続いています。
朝食は、自家製イクラ丼、胡瓜の浅漬け、プルーン、イクラ丼はあともう一回できますね。
KIMG6182

今日はニセコの山の紅葉見物を予定していたのですが、この雨で断念。
瀬棚方面の移動のみとして、朝はゆっくりと宿題に精を出して、お陰様でFBとblogはやっとリアルタイムに近づきました。

お昼は豊浦のピッツアの「ナミヘイピザ namihey pizza」へ、8/25に横須賀のFさんと行こうとしたのですが予約で一杯で断念した経緯があり、再訪です。
KIMG6183
KIMG6186
KIMG6188
ランチセットのpizza(+サラダと飲み物)、ハーフアンドハーフで4種類をシェアしました。
KIMG6187
サラダ、瑞々しい。
KIMG6189
相方はマルゲリータエクストラとクアトロフォルマッジ(1,500円)。
KIMG6193
KIMG6194
私はピッツア ポポロとミラノサラミ(1,300円)。
KIMG6190
KIMG6191
生地はもちっとしていますが、薄めで軽く、たっぷり具材で塩加減が良くて、とても美味しいです。
1人1枚はきついかなと思ったのですが、ぺろりと頂きました。
濃い目の珈琲、食後にぴったりです。
KIMG6195

道の駅よってけ!島牧に寄っていきました。
KIMG6197

熱帯低気圧の余波ですね。
KIMG6203

今日の温泉入浴は「モッタ海岸温泉」(500円のところ北海道キャンピングガイド2019のクーポンで400円)。
KIMG6212
カルシウムの濃度が高く、見事な析出物を形成しています。
KIMG6204
KIMG6207
ガツンとした浴感で、塩分濃度も高いせいか、良く温まります。
KIMG6206
KIMG6210
KIMG6209
ナトリウム-塩化泉(弱アルカリ性等張性高温泉)・無加熱無加水源泉ドポドポ掛け流し・泉温/湯船:53/42~40・淡緑褐色微濁・硫化水素臭・塩味/ダシ/卵味・サラスベ・海岸なのに秘湯感満載温泉宿系。

美しい海岸
KIMG6220

本日のP泊地の駅てっくいらんど。
KIMG6224

雨が上がった夕暮れの道の駅の前の三石海岸
KIMG6225
KIMG6226

夕食は、ラムと真鱈の白子のしゃぶしゃぶ、麻婆茄子、胡瓜の浅漬け。
近海の真鱈の白子、10月になるともう白子が入るのですね?
KIMG6230
さっと湯がいて、ポン酢で美味しく頂きました。
KIMG6231
ご馳走様でした。

道の駅花ロードえにわ(08:40)⇒新千歳空港(10:15)⇒札幌市(12:10)⇒道の駅そうべつ情報館i(16:00)

朝食は、ホットチーズサンド、ベーコンエッグ、トマトとベビーリーフ、洋ナシ(ブランデー)と珈琲。
KIMG6159
ご馳走様でした。

プレアデス号が土埃と衝突した虫で汚れが酷くなったので、この旅2回目の洗車です。
KIMG6160
見違えるようにピカピカになりました。
明日から雨降りなんですが、まあいいでしょう。

千歳市のアウトレットのReraへ
KIMG6161
此処からシャトルバスに乗って新千歳空港へ。
1570070336077
KIMG6166
お目当ては、新千歳空港の出発ロビーの「カルビープラス」。
昨日のカルビー北海道工場で紹介された商品が欲しかったのですが、工場では売り切れで、千歳空港のカルビープラスなら売っているだろうということで、わざわざシャトルバスに乗って訪れました。
KIMG6163
「じゃがリムセ」です。
<カルビーの公式ホームページから>
・・・アイヌ語で「踊る」を意味する「リムセ」。ポテトが踊るようにパウダーをふって味付けしましょう。「ほたてしお」「焼きとうきび」「スープカレー」「鮭とば」北海道ならではの4つの味をお楽しみください。サクサクポテトは「じゃがポックル」の製造工程でできた小さなサイズです。・・・
KIMG6167
せっかくなので、此処でしか食べれない、「しあわせバター」。
美味しい、カロリーが気になりますが、とにかく美味しい
KIMG6164
KIMG6165
ご馳走様でした。

お昼は札幌市清田区の「そば処 大和」。
KIMG6168
KIMG6169
この時期だけの「美瑛町産石臼挽きのもり」(600円)。
少し緑掛かった美しい細打ち、蕎麦の香りが高く、しっかりとした蕎麦の味と甘み、滑りもあって、これは美味しいです。
ボリュームもたっぷりです。
KIMG6170
この店のスペシャリテの「鶏もつそば」(900円)。
美味しくもつも蕎麦もボリュームたっぷりで良いのですが、思いの外パンチがありません。
鮮烈な美瑛町産石臼挽きのもりを食べたあとでは、ちょっと凡庸な印象ですね。
KIMG6171
KIMG6172
ご馳走様でした。

本日の入浴は、「壮瞥温泉久保内ふれあいセンター」(420円)。
KIMG6174
内風呂一つのこじんまりとした浴室です。
KIMG6177
KIMG6175
KIMG6176
ナトリウム-塩化物/硫酸塩泉(弱アルカリ性低張性高温泉)・無加熱無加水源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯船:67/41・無透明・無臭・無味・ヌルツル・小規模公共立ち寄り湯系。
おらが村の温泉、といった風情、結構好きです。

今夜のP泊地は道の駅そうべつ情報館iです。
KIMG6181
夜半から強い雨が降り始めました。

しかおいGEOPパークゴルフ場(09:30)⇒オソウシ温泉(10:00)⇒清水町(12:10)⇒道の駅マオイの丘公園(16:00)

しかおいGEOPパークゴルフ場駐車場の朝。
KIMG6078
勿論我が家のプレアデス号だけです。
KIMG6080
美しい朝焼け
KIMG6079
KIMG6081

朝食は、トースト、ベーコンエッグ、キャベツとトマト、ジャガイモのポタージュスープ。
KIMG6083
ご馳走様でした。

朝練で「しかおいGEOPパークゴルフ場」(4コース36H、無料、NGPA公認)をラウンド。
この旅で4回目です。

早朝の美しい然別の山々
KIMG6084

相方のティーショット、狭いフェアウェイを真っ直ぐ飛んでます。
KIMG6085
本当に美しいPG場です。
夏は日陰が無く辛いのですが、この時期は最高ですね。
KIMG6086
4コース1回のラウンドでした。
本日のスコアは、A:-2、B:-1、C:2、D:-3、総平均:-1.0でした。
スコアの推移、今回/20190930/20190924/20190904、A:-2/+5/+4/-3、B:-1/+2/-4/0、C:+2/+3/+4/0、D:-3/-3/-1/-2、総平均:-1.0/+1.8/+0.8/-1.3、でした。

朝風呂で、「オソウシ温泉鹿の湯」(600円のところ、北海道キャンピングガイド2019のクーポンで300円)へ。
ダートの狭路を7km走って辿り着くと、看板犬の秋田犬の「ケン」が出迎えてくれました。
ダート道
1569917451039
「ケン」、本当に大人しく可愛いです。
KIMG6089
KIMG6090
山奥の鄙びた温泉宿、こんな雰囲気、私は好きです。
KIMG6102
内風呂は加熱源泉(41℃)と非加熱源泉(27℃)の二つの浴槽。
KIMG6101
ライオンゲーです。
pH10の強アルカリでヌルヌル感が凄いです。
KIMG6097
非加熱源泉浴槽、交互に浸かると良いですね。
KIMG6093
露天風呂の加熱浴槽、温めでゆっくりと浸かれます(相方に撮って貰った女性用の露天風呂)。
1570018539324
非加熱源泉の混浴露天風呂、源泉が溜められている塔が良い感じです。
低温泉も結構好きです。
KIMG6094
KIMG6095
単純硫黄泉(低張性アルカリ性低温泉)・無加熱/加熱無加水源泉ドボボ掛け流し・泉温/湯船:27/41~27・無色透明・硫化水素臭・無味・ヌルツル・秘湯温泉宿系。
素晴らしい温泉、ダートを7km走った甲斐がありました。

お風呂でご一緒した新得の方がつくば市出身で色々とお話をして、清水町のお奨めのお店を教えて頂き、昼食に寄ることにしました。
ということでお昼は、清水町の「有楽町食堂」、十勝地方の西部で食べられる「ホルジン」の店、何とも渋い店構えです。
KIMG6105
KIMG6110
ホルモン(豚)とジンギスカン(マトン)を味噌で一緒に煮込むような食べ物で、頭を取って並べてホルジンということですね。
KIMG6106
ホルジン1人前(950)とご飯小1(150円)とうどん1(150円)を注文、1人当たり625円、安い!!!
独特な鍋、ホルモンとマトンと玉葱に味噌が掛かっています。
KIMG6107
*混ぜてみると結構なボリュームです(2人で1人前で充分です)。
KIMG6108
ホルモンは新鮮で程好く脂もありとても美味しい、マトンも柔らく、玉葱もなかなか良い役回りです。
〆のうどん、昔風の茹で麺ですが、それがまた残った汁に良く合います。
KIMG6109
ご馳走様でした。
ご当地感たっぷり、安くて美味しい、地元民の「せっかくグルメ」、大満足でした。



日勝峠を越えて、道央へ。
展望台に初めて登ってみました。
素晴らしい眺望です。
KIMG6112
KIMG6116



日勝峠から日高へ、この辺りも紅葉が始まりましたね。
KIMG6117
KIMG6122


本日のP泊地は道の駅マオイの丘公園。
スーパーで鮭の生筋子が安く売っていたので、2回目の手作り筋子。
今回は漬け汁を、醤油:味醂:酒 = 1.5:1:1、にしました。
KIMG6125
KIMG6126
KIMG6127

道の駅マオイの丘公園の野菜直売所で買った洋ナシの「ブランデー」、なかなか美味しいです。
KIMG6124

本日の夕食は、麻婆豆腐、釣った虹鱒のムニエル、自家製イクラ、茄子と胡瓜の浅漬け。
背開きして塩をして、一昼夜冷蔵で保管した虹鱒。
KIMG6128
小さいけど鱒らしいオレンジ色の身です。
KIMG6129
KIMG6130
ご馳走様でした。

富良野ハートヒル展望台(09:00)⇒道の駅しかおい(13:00)

台風号が近づいてきて、朝から雨脚が強くなってきています。

今日は富良野から鹿追までの移動の日としました。

朝食は、ベーコンエッグ、具沢山野菜スープ、バケットに別海のホイップバター。
KIMG5808

国道38号線を南下して、強い雨と濃霧の狩勝峠を越えて新得、鹿追方面へ。
KIMG5809
KIMG5810


お昼は鹿追町の「鹿追やまべ園」。
やまべ(本州ではやまめ)、オショロコマ、然別サーモン(虹鱒)の専門店で以前から気になっていました。
KIMG5820
5品定食(2,700円)とオショロコマの中華風夫婦丼(1,080円)で少しづつ沢山の料理を楽しみました。

KIMG5813
皆美味しいのですが、☆は特に美味しかったものです。

☆然別サーモンの塩焼き、☆然別サーモンの刺身、☆やまべ唐揚げ、やまべフライ、やまべ甘露煮、☆オショロコマの唐揚の餡掛けご飯、☆然別サーモンのあらの味噌汁

然別サーモンの塩焼き
KIMG5814

然別サーモンの刺身
KIMG5816
やまべの唐揚げとフライ

KIMG5815
オショロコマの中華風夫婦丼(オショロコマの唐揚の餡掛けご飯)
KIMG5818

本日のP泊地の道の駅しかおいに到着して、午後は休養と宿題を少し。

この旅で道の駅しかおいのP泊は2回目ですね。

道の駅しかおい

KIMG5821
KIMG5822
KIMG5825
道の駅しかおいの情報コーナー

各種パンフレットやスポットや店舗の個別のポストカード等、とてもお洒落です。

KIMG5826
パンフレット類

KIMG5827

夕食は、ご飯代わりのキャベツ千切りの豚丼風、帆立の紐と水蛸の頭と椎茸のアヒージョ。

KIMG5828
KIMG5829
KIMG5830
ご馳走様でした。

道の駅おだいとう(08:15)⇒別海町(08:45)

道の駅おだいとうの朝
丁度日の出を迎える所でした。

KIMG5437
KIMG5439
KIMG5440

朝食はチーズホットサンド、トマト、ポタージュスープ、珈琲。
KIMG5441
ご馳走様でした。

今日は第50回別海町産業祭に参加です。
KIMG5476

KIMG5465
KIMG5463
KIMG5464
会場に到着すると、大行列があり何か判らず並んでしまう我が家でありました。
バターとチーズの廉売、お土産も含み大量に購入してしまいました。
KIMG5443
無料配布は、別海の牛乳、椎茸の原木、ブルーベリーの苗をゲット(写真無し)、牛乳は兎も角、椎茸の原木とブルーベリーの苗はどうするんじゃい?
1568425551782
KIMG5445
アトラクションの馬事競技、なかなか迫力があります。
KIMG5452
KIMG5453
別海のゆるキャラの「りょウシくん」です。
KIMG5459

お昼は、別海町農協連絡協議会の牛肉の廉価販売で、たっぷり焼き肉&生ビール、天国ですな。
KIMG5462
KIMG5461
カルビとサガリはともに300gで800円、野菜は100円で山盛り、生ニールは500円、お腹一杯になりました。
KIMG5455
KIMG5457
KIMG5456
ご馳走様でした。

クボタのブース、しげしげと見ると、皆なかなかカッコいいですね。
KIMG5467
何だか全く見当がつかない農業車両や機械
KIMG5468
KIMG5469
北海道のお祭りは、美味しく安い食べ物、沢山のアトラクション、地元の方々が手軽に楽しめるようになっていて、とても良いですね。
堪能しました。

午後は駐車場のプレアデス号で少し休んでから、腹ごなしに別海町の道東あさひのミルクハウスまで散歩して、別海町名物のソフトクリームを頂きました。
KIMG5470
KIMG5471
KIMG5472
別海町のそそる建物
KIMG5474
KIMG5475

温泉入浴は「別海町交流センター郊楽苑」(500円)。
KIMG5477
浴室の写真はNETから拝借
DAFBC132F7004AE3BD040B612C78322E_L
4075E83135474358B4AA10792770D247_L
ナトリウム-塩化物泉(低張性弱アルカリ性温泉)・加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯船:38/42~38・黄褐色・モール臭・微塩味・ヌルツル・公共宿泊施設併設立ち寄り湯系。
道東らしいなかなか良いモール温泉、気に入りました。

本日のP泊は、産業祭の駐車場です。
夕食は、水餃子、じゃが芋烏賊塩辛バター、手作りイクラの手巻き。
KIMG5482
ホイップバターは産業祭で買った物、美味しいです。
KIMG5483
ご馳走様でした。

本日のウォーキング歩数、17,200歩、対出発時体重:-1.5kgを維持。






















道の駅阿寒丹頂の里(09:00)⇒標茶(11:00)

今日は、釧路川中流域川下り(DR)の偵察とある念願の訪問。
釧路川中流域DRは標茶のカヌーポート富士駅から塘路湖までの27kmを計画していて、富士駅、五十石、スガワラを偵察します。
「ある念願の訪問」とは、キャンピングカー倶楽部のキャンピングカーとアウトドアの達人のMさんの「仙人の杜」、標茶でのベースをお伺いすることです。
富士駅のカヌーポート(CP)使えない状態で、少し下流の支流の流れ込みの小さな砂浜をエントリーポイントにすることに。
KIMG5255
富士駅CP
KIMG5251
使えない状態ですね。
KIMG5253
少し下流のエントリーポイント、左岸の支流の流れ込みに砂が堆積した場所がありました。
KIMG5254

お昼は標茶の「そば 丈の屋」でかしわざる(800円)とたぬきそば(650)を頂きました。
KIMG5256
かしわざるは漬け汁が冷たいタイプで鶏肉は片栗粉を塗して茹でていてつるんと柔らかく美味しい、これは真似してみましょう。
種物の王道のたぬき、正統派、熱に負けない強い蕎麦、甘めの汁、美味しいです。
KIMG5258

偵察の続き、富士駅五十石CPの下流7kmの五十石CPはよく整備されていて、休憩スポットに最適です(写真撮り忘れ)。
五十石CPにあった漕行注意点、こういう情報はとても助かりますね。
KIMG5261

さて、中間点の五十石CPに向かう途中、偶然にMさんのジムニーと擦れ違い、五十石CPからご一緒させて頂いて、釧路湿原を案内して頂くことになりました。
先ず、仙人の杜で美味しい珈琲を頂きました。
KIMG5264

ガイドブックには載っていないような釧路湿原のスポット巡り、野生動物との邂逅、古代人やアイヌの人々の生活や文化に思いを馳せる小旅行という趣でした。

元釧路川
1568206014837
KIMG5266
ラリー!?
KIMG5265

スガワラCP、ここもよく整備されて休憩に最適です。
KIMG5272
水量は平水より幾分多めで、流れも速く快適な川下りが望めそうですが、蛇行の屈曲部等注意が必要ですね。
KIMG5273
土壁を行くカナディアンカヌー
KIMG5276
なかなか絵になります。
KIMG5277
KIMG5278
土壁の頂上の展望スポットへ
KIMG5284
湿原を蛇行して流れる釧路川
KIMG5285
よくそんな所に立てますね
KIMG5288
釧路湿原の住人達?
KIMG5290
サルルン沼を遠望
KIMG5294
塘路湖の夕暮れ
KIMG5298
ちょっとウニユ?みたいな。
波紋が収まるのを待った方が良かったですね。
KIMG5296
KIMG5306
シラルトル湖の夕日
KIMG5307
つがい?の丹頂鶴
KIMG5311

仙人の杜は大きな建屋と広い庭を有し、かっては不動産会社の保養所として使用されていたそうです。
何しろお風呂が凄いですね。
手前はナトリウム-塩化物泉の源泉掛け流し(源泉は40℃後半?)、奥はモール温泉の低温泉(20℃後半?)の掛け流し、という贅沢さ、何とも羨ましい。
KIMG5314
奥様の手料理の夕食をご馳走になりました。
KIMG5313
仙人の杜で、美味しい食事と楽しい語らい、極上の温泉、ゆったりと素晴らしい時を過ごしました。
Mさんご夫妻、本当にお世話になり、有難うございました。

道の駅しほろ温泉(07:00)⇒釧路市(12:15)⇒霧多布(15:30)

道の駅しほろ温泉の朝
KIMG5084
当初はもう少し十勝辺りを巡る予定だったのですが、状況が変わって本日霧多布へ移動することに。

お昼は釧路の「レストラン泉屋」で釧路名物のスパカツを頂きました。
レストラン泉屋、巨大なマ・マースパゲッティの表記された看板が凄いです。
KIMG5087
スパカツ(980円)、不用意に食べると火傷するスパゲッティ、揚げ立ての大きな豚カツ、たっぷりのミートソースが鉄板に流れ落ちてジュージューと音を立てています。
熱した鉄板の上に茹で上げたスパゲッティと揚げ立ての豚カツを乗せてミートソースを掛けただけのものと余り期待していなかったのですが、結構というか思ったより美味しく、ボリュームもたっぷりで、気に入りました。
KIMG5089
牛スペシャルライス(950円)、これも大して期待していなかったのですが、上質な牛肉の焼き肉、立派な昭和レトロな洋食といった感じでなかなかなものでした。
KIMG5090
ご馳走様でした。
なかなか良い店なのですが、この店で2品頼むのは、初老の夫婦にはちょっと苦しいですね。

釧路市の幣舞橋辺りを散策。
KIMG5092
KIMG5093

浜中町に着いて霧多布湿原センターで寄り道。
展示物を見学したり、望遠鏡で湿原の中の丹頂鶴を覗いたりと楽しみました。
KIMG5101
KIMG5098
KIMG5099
KIMG5100
そこで「LUPIN THE 3rd FESTIVAL in 浜中町」のフェス限定スタンプラリーを知り参加することに、こういうのに弱い我が家であります。
KIMG5124
早速、霧多布湿原センター、浜中町総合文化センター、霧多布中央ハイヤーの3箇所を巡ることに。

浜中町総合文化センター
KIMG5103
町を挙げて、ですね。
KIMG5104
KIMG5106
KIMG5107
モンキー・パンチさん、今年の4月に享年81才で亡くなられたのですね。
KIMG5108
KIMG5109

霧多布中央ハイヤー
KIMG5110

霧多布漁港に到着。
北海道の釣りの師匠と仰ぐKさんと合流。
明日からの釣りの準備とレクチャーを受けました。
さてどうなることやら・・・。
KIMG5111

霧多布漁港の釣り場の堤防
KIMG5115
キャンピングカーもちらほら。
KIMG5117

本日の夕食、牛肉の甘辛炒め、〆鯖。
KIMG5118
ご馳走様でした。

ところで、今日でプレアデス号が納車されて6年、車旅の延べ日数が701日、走行距離が99,042kmとなりました。

道の駅みねはま(08:30)⇒十二湖(13:00)⇒青森フェリー埠頭(16:30)

昨夜は雷交じりの大雨が降り続き、朝になって少し弱まりましたが、今日一日は降ったり止んだりの予報です。
今日の朝食はホットドックと目玉焼きとトマトスープとももたろう。
KIMG4477
ご馳走様でした。

先ずはお隣の道の駅はちもりの「お殿水」で水汲み。
我が家以外に同じ土浦ナンバーのジルスキップが停まっていました。
KIMG4478
ここの湧水好きです。
KIMG4481
旅先の飲用・料理用の水は全て天然水の水汲み場で調達します。

雨の中の白神山地の散策も良いかなと十二湖に向かいましたが、土砂降りとなり止みそうにないので、そうそうに撤退です。
KIMG4484
十二湖ネイチャーセンターで雨宿り
KIMG4482


青森県に入り、深浦の創建1,217年の古刹の円覚寺に寄りました。
珍しい毛髪刺繍や細字梵字の仏画等の数々の寺宝とお寺の方の軽妙洒脱な解説、なかなか面白く拝観しました。
KIMG4485
KIMG4491
KIMG4490
KIMG4489

千畳敷に着くと強い雨が降り始め、昨年の6月13日も同じような横殴りの雨だったことを思い出しました。
KIMG4492

日本一の銀杏の看板に釣られて、「北金ヶ沢の銀杏」へ。
樹齢1,000年の大銀杏、国指定の天然記念物、見事です。
KIMG4493
気根が垂れ下がって地面に届いています。
KIMG4498
KIMG4499

道の駅十三湖高原で名物の蜆を購入して、近くの「しじみ亭奈良屋」で蜆料理を頂きました。
KIMG4500
KIMG4506
しじみ三昧(1,300円税別)としじみラーメン(700円税別)を注文。
しじみ三昧のしじみチャウダー、しじみの旨味が濃厚で美味しい。
1566625051306
暫く時間を置いて残りの釜飯、しじみ汁、しじみのバターいため、しじみ佃煮、しじみ南蛮漬、しじみエキス味噌が配膳、少しづつ色々なしじみ料理が食べれるのが良いでね。
KIMG4501
KIMG4505
しじみラーメン、しっかりとしたしじみの旨味が感じられるあっさり塩味のスープに縮れ細麺、なかなか美味しく、何といっても罪悪感が低いラーメンですね。
KIMG4502
KIMG4504
ご馳走様でした。

本日のP泊地の青森港フェリー埠頭へ、その前に青森市内の温泉銭湯の出町温泉(450円)で入浴。
KIMG4508
KIMG4507
浴室の写真はNETから拝借。
温泉銭湯らしく広くて天井の高い造り、広い浴槽にきりっと熱い源泉が大量に掛け流しで気持ちが良いほどのオーバーフロー、青森県独特の文化の温泉銭湯、恐るべし、です。
4849209b-s
アルカリ性単純温泉(アルカリ性低調性高温泉)・無加熱加水源泉ドバドバ掛け流し・泉温46.5/湯舟43℃・無色透明(湯舟)・無臭・無味・ヌルツル・温泉銭湯系

青森のフェリー乗り場に到着。
青森在住のキャンピングカー倶楽部のYさんご夫妻と持ち寄り料理の宴会、青森では今年の4月27年以来ですね。
銘店の焼き鳥、鰊のなれすし、胆振ガッコチーズ、ミニトマト、ちょい燻(蒸しホタテ、ミックスナッツ、ポテトチップス)、蜆の醤油漬、紫蘇巻き、茄子の浅漬け、朝日町ワインのデラウエアのスパークリングワイン。
KIMG4510
KIMG4511
KIMG4513
キャンピングカー・旅・釣り等々の話、海の幸山の幸の美味しい料理、お酒もたっぷり、堪能しました。
何時ものことながら有難うございます。

明日は早朝のフェリーで青森⇒函館で渡道です。
1567071299420



自宅(07:20)⇒芦ノ牧(12:45)⇒会津若松市(15:30)⇒道の駅あいづ湯川・会津坂下(16:45)

北海道に向けて出発しました。
例年は6月~8月に出掛けるのですが、今年は5月に櫻旅の終わりに北海道を巡ったので、さすがに6月出発は忙しなく、夏の終わりから秋の北海道を巡ろうとこの時期になりました。
茨城県・取手⇒栃木の塩原⇒福島県・南会津⇒喜多方⇒山形県・長井⇒肘折温泉⇒秋田県・湯沢⇒由利本荘⇒秋田市⇒青森県・鯵ヶ沢⇒青森⇒渡道のルートを計画しています。

国道294号線、いきなり事故渋滞。
KIMG4229
国道294号線の取手戸頭⇒筑西は完全4車線化されて、とても快適に運転できます。
KIMG4231

道の駅湯の香しおばらで休憩と野菜調達。
KIMG4232
KIMG4233
ちっちゃな田圃アート。
KIMG4237

KIMG4234
KIMG4236

お昼は福島県の芦ノ牧の「うえんで」を予定していたらまさかの臨時休業で、仕方なくすぐ隣の「牛乳屋食堂」へ。
KIMG4249
ラーメン(620円)とソースカツ丼(1,030円)を頂きました。
会津らーめんはここ以外で4箇所で食べたことがありますが、喜多方ラーメンに似ているものの、麺が太目で縮れが強く、また東北らしい醤油が立ったスープで、少しワイルドな印象があり、結構好きです。
KIMG4251
KIMG4254
ソースカツ丼も肉厚のカツに甘酸っぱいソースとキャベツと会津ソースカツ丼の典型です。
汁かわりのラーメンスープ、堪りませんな
KIMG4250
ご馳走様でした。

本日の温泉入浴は芦ノ牧温泉の福泉旅館(400円)、街道沿いの鄙びた温泉宿です。
KIMG4255
宿の方は何度も「お風呂は小さですよ」と言われて、確かにその通りですが、少し温めの気持ちの良いお湯でゆっくりと浸かりました。
KIMG4262
KIMG4256
KIMG4258

カルシウム/ナトリウム-硫酸塩/塩化物泉(低張性弱アルカリ性高温泉)・無加水無加熱源泉チョロチョロ掛け流し・泉温/湯舟:56.8/40・無色透明・無臭・無味・ヌルツル・鄙び温泉宿系

会津若松市で鈴善の「会津塗伝承蔵」で会津塗の銘品と美しい商家を鑑賞、目の保養になりました。
KIMG4266
KIMG4273
KIMG4267
KIMG4268
KIMG4269
KIMG4271
KIMG4270
KIMG4272

今日のP泊地は、道の駅あいづ湯川・会津坂下。
夕方に驟雨、あっという間に涼しくなりました。
KIMG4276
本日の夕食は、身欠き鰊の山椒漬け、枝豆豆腐、ピリ辛手羽揚げ(冷凍食品)と野菜、の超簡単メニュー。
KIMG4277
ご馳走様でした。

台風10号の影響か、朝から驟雨が断続的に降っています。

戸頭の買い物から帰るふれあい道の銀杏並木、何と8月半ばというのに色付き始めました。
昨年も8月の下旬から色付き始め、半月以上早いと思ったのですが、今年はそれ以上ですね。
KIMG4147

今日の立ち喰いそば風天婦羅そばは、スーパーの総菜コーナーの野菜の掻き揚げ(1/2個)で。
何時もは東洋水産の「えび天ぷら(3枚入)」ですが、からっと揚った総菜コーナーの野菜の掻き揚げも良いですね。
KIMG4150
ご馳走様でした。

夕方、風が少し強くなってきました。
KIMG4151

ワンタンの皮の関西風餃子、先日は包み方の写真を撮っていなかったので、今日は忘れずに
①皮の上半分に軽く水を付けて
KIMG4152
②上の一箇所を貼り付ける
KIMG4154
③右と左を手前に広げて軽く抑える
KIMG4156
KIMG4157
出来上がりです。
KIMG4158

あはは、焼き方の写真撮り忘れ、次回ですね

今日の夕食、関西風羽根つき餃子、刺身(鯛と鯉の洗い)、胡瓜と長芋の即席漬け、冷やし掻き玉。
KIMG4159
今日の餃子は焼き方も完璧、美味しゅうございました。

月例の墓参りで東京へ。
全国的には月遅れの盆(8月13日~16日)が殆どなのですが、東京のこの辺りでは新暦のお盆(7月13日~16日)で行う風習が浸透していています。
その理由は次のようなことだそうです。

『そもそもお盆は明治6年からの新暦で7月13日~15日となりましたが、現代の日本では、旧暦のお盆ではなく新暦のお盆から一ヶ月後の月遅れのお盆である8月13日~8月15日の期間にお盆を迎える地域のほうが多いです。
どうして旧暦ではなく、月遅れのお盆が浸透しているのでしょうか。
諸説ありますが、新暦の7月13日~7月15日は当時の農家にとって繁盛期にあたる時期のため、ご先祖を供養するお盆を過ごすことが難しかったといわれています。そのため、収穫の目処がついて農作業が一段落した頃にお盆を行うことにしたようです。
 他にも「新暦」という新たな暦は東京を起点に発信されたため、地方の農村までは新暦のお盆が広まらなかった、という説もあります。 関西も都心ですが、旧暦の6月に大きなお祭りを行う文化が根付いており、新暦の7月はお盆を行う暇がなかったともいわれています。 』

KIMG4133
KIMG4134

取手に帰る途中、次女のところに寄って届け物を渡し、その後に近くの「RED LOBSTER 上板橋店」 で一緒にお昼を頂くことに。
RED LOBSTER、以前訪れたのが何時だったか?判らないくらい久しぶりです。
外観撮り忘れでNETから拝借。
793f6f5e
ロブスターは爪だけ頂きました
KIMG4135
バナナチップと海老とパイナップルとアボカドのサラダ
KIMG4136
パエリヤとマルゲリータピッツア
KIMG4137
店の造りも、料理も、ちょっとバブルを思い出させる雰囲気が漂っていますね。
30年くらい前に何度か行った大阪の江坂の「カーニバルプラザ」をふと、思い出してしまいました。

更に帰りに「セブンパークアリオ柏」で買物。
KIMG4138

夕食は、鶏腿肉の葱塩炒め、鰹の刺身、自家製小女子の釘煮(久々で作ってから冷蔵5ヶ月、味は変わりません)。
生の鰹の腹身側の刺身、脂が乗っていてとても美味しい。
此れから戻り鰹の季節、美味しくて安い、刺身では我が家で最も消費量の多い魚です。
KIMG4139
ご馳走様でした。

注文していた物が届きました。
KIMG4143
フォールディングカヤックのワイルドカード号のフレームとジョイントするリブフレームのプラスティックチャンネルです。
外す時に割れてしまうことが結構あって、交換分と予備も併せて10個を注文しました。
KIMG4144

今日の冷ったいそばは、豚冷しゃぶと焼き茄子のとろろそば、です。
鰹や鮪の漬けと鶏肉が多いのですが、豚冷しゃぶ(本返しに漬けて少し濃い目の味付け)もなかなか美味しいです。
KIMG3850
ご馳走様でした。

本日の夕食は、牛筋大根、焼き鳥、酢牛蒡、茗荷と胡瓜の浅漬け、冷やしトマト、枝豆、居酒屋のようなメニューです。
saketakuの頒布の銘酒の「志太泉」を頂きました。
香りも旨味も甘酸も程好く、飲み口も爽やか、何時もながら美味しいお酒ですね。
KIMG3851
デザートは今夏2回目の西瓜でした。
KIMG3852
ご馳走様でした。

7時過ぎから、取手花火大会が始まり、夕涼みがてら家の前の土手に登り見物。
KIMG3853
KIMG3855
KIMG3856
KIMG3859
KIMG3863

今日も35℃近くまで気温が上がるそうです。
一昨日は裏の雑草抜き、昨日はヒバの垣根の刈り込み、そして今日は玄関右の泰山木の芽摘み、です。
6月11日に剪定しているのですが、芽の摘み逃しがあって新芽が高く伸びていたので、それを摘みます。
before afterが良いのでしょうが、afterのみ、何時もの決まり文句ですが、すっきりしました。
来年の初夏まで、これで大丈夫ですね。
KIMG3846

夕食に久々のEASY SMORKです。
さて何を燻製しているのでしょうか?
KIMG3847
アトランティックサーモンの「ちょい燻」、送風時間は10秒、燻製時間は5分、です。
5分くらい外気に当てて薫りを飛ばしてから、皿に移してラップして冷蔵庫へ。
KIMG3848

今日の夕食は、アトランティックサーモンのちょい燻、豚のサガリとタンシタと喉軟骨と野菜(トマト、キャベツ、豆もやし)の焼き物。
アトランティックサーモンのちょい燻は、カルパッチョ風(オリーブオイルと岩塩と黒胡椒)と山葵醤油でいただきましたが、山葵醤油が良く合います。
アトランティックさーもんそのものも十分美味しいのですが、ちょい燻すると別格ですね。
KIMG3849
ご馳走様でした。

早朝まだ暑くならないうちに、自宅の裏の雑草抜き。
春に一度抜いているのですが、抜きこぼしがあって、伸びてきたので北への旅の前に、もう一度です。
KIMG3820
30分くらいで終了です。
KIMG3823
これで来年の春まで大丈夫ですね。
KIMG3822 

今日の夕食は餃子で、前回同様にワンタンの皮を使うレシピです。
餡は何時も通りで、皮と焼き方が違います。
①分量
豚挽き肉:150g
微塵切りきゃべつ:150g
味噌:小匙一杯
塩麹:小匙一杯
生姜:10g
大蒜:10g
胡麻油:適宜
きゃべつ以外を合わせて、粘り気が出るまで箸で掻き混ぜた後、きゃべつを加えてさっくり混ぜる。
KIMG3829
KIMG3830
②ワンタンの皮で包みますが、写真の撮り忘れ。
三ヶ所で軽く留めるだけ、何時か写真で紹介します。
③火を点けずにフライパンに油を引いて、餃子を並べ、大匙1/2の小麦粉を振り掛け、火を点けて(中火)フライパンが温まりパチパチと音がしたら、カップ1/3の水を加えて、蓋をして蒸し焼きにします。
KIMG3831
④水が減り蒸し上がったようであれば、蓋をとり、水分を飛ばして、焦げ目が充分付けば出来上がりです。
KIMG3834

餃子、水蛸のアヒージョ、サラダ、茄子の漬物。
餃子は関西の小降りなタイプの感じで、軽くて幾らでもたべれそうです。
KIMG3835
ご馳走様でした。

牛久市の糖尿病専門の内科クリニックへ3ヶ月毎の通院。
KIMG3816

検査の結果:前回からの変動量(今回検査値)
体重:-0.2(66.2kg)
血糖(食後2時間):-9(114mg/dL)
HbA1c:0.0(6.0%)
TC:0(206mg/dL)
LDL-C:-20(100mg/dL)
HDL-C:+13(52mg/dL)
LDL/HDL比:-0.5(3.1)
TG:+6(238)
血圧:(134/84mmHg)
クレアチニン:0.77mg/dL(e-GFR:77.9)

今回のLDL-Cは120⇒100と大幅に低下して、ちょっと疑わしい。
今回もTGが238と高く、食事性のカイロミクロン(CM)が出現していると考えられ、前回と同様にCM出現時のF式の変形式でLDL-Cの推定値を求めると(VLDL中のTGは同様に120と推定)、以下のようになる。
LDL-C≒(T-CHO)-(HDL-C)-(VLDL中のTG/5)-(CM中のTG/12) = 200 - 52 - 120/5 - 118/12 = 114
改めて時系列のデータを見ると、もう一つ疑わしいのがHDL-Cで、54⇒53⇒60⇒39⇒39⇒52と変動しており、過去より50~60ぐらいで推移していたので、2回の39の低値が不当ではないかと。
この39が本来は53くらいであったとして、LDLの測定値を計算し直してみると、推移は136⇒129⇒124⇒127⇒108⇒114となり、有りうる変動かなと。
さて本題の「1個以上/1日の卵を食べてLDL-CとTCの測定値の変化は如何に」ですが、この6か月間で、LDL:127⇒108⇒114、TCで206⇒205⇒200、結果は上がらないという判断でした。

~前回(5/28)の記載~
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「総コレステロール(TC)とLDL-Cが高値傾向で、コレステロールの摂取量の低減を医師に進められて、数年間卵を1個以上/1日⇒1個/1週間程度と減らしたのですが、どうもTCとLDL-Cの濃度は全く連動せずに比較的大きな乱高下を繰り返す印象でした。
それとTCとLDL-Cの測定値の変動幅が、勤めていた終わりの頃の10年間の30回近いボランティア採血の測定値のから求めた標準偏差(1S.D.)の2倍を超えることが度々あり、要は個人の生理変動幅よりもどう見ても大きいように観察されます。
前回から3箇月間、1個以上/1日の卵を食べて、今回の検査を受けた結果です。
TC:変動なし(206⇒206)、LDL-C:21の低下(141⇒120)、HDL-C:変動なし(39⇒39)、理屈に合わない変動のような?
検査結果を改めてみるとTGが132⇒232と100と大きく上昇していています。
そう謂うことか?と思い当たりました。

此処のクリニックはLDL-Cを計算式(F式、フリーデワルド式)で求めています。
<F式について>
血中のコレステロール(CHO)は次の4種のリポ蛋白に含まれる。
・カイロミクロン(CM)・・・通常の状態では血中には殆ど出現しない
・超低比重リポ蛋白(VLDL)
・低比重リポ蛋白(LDL)
・高比重リポ蛋白(HD)
VLDLを構成するCHOとTGの重量比は統計で1:5と求められているので、次の式が推定される。
VLDL-C(VLDL中のCHO)≒TG/5・・・① 
そしてCMは通常血中に殆ど出現しないので。
LDL-C≒(T-CHO)-(HDL-C)-(VLDL-C)・・・②となり、
更に①が代入されて、
LDL-C≒(T-CHO)-(HDL-C)-TG/5・・・③というF式が導き出された。

そこで今回の検査値では次のように計算されています。
LDL-C≒(T-CHO)-(HDL-C)-TG/5 = 206 - 39 - 232/5 = 206 - 39 - 46 = 121(測定実数時の小数点の関係?)

さてこの日はCMが血中に多く出現していたのではないかと。
もともと高糖質・高脂肪食負荷後の血中脂質の変動試験のボランティアを何回か受けて、食後高TG血症(高CM、高CMレムナント?)となる傾向も観察されました(毎回とは限らない)。

そこで、ここ数回の食後2時間のTG値の平均は約120前後で全てVLDL由来で今回もその量は在ったとすると今回のCM中のTGは232-120=112であり、またCM中のCHOとTGの重量比は統計で12:1とされているので、改めてLDL-Cの推定式を作ると、
LDL-C≒(T-CHO)-(HDL-C)-(VLDL中のTG/5)-(CM中のTG/12) = 206 - 39 - 120/5 - 112/12 = 134

まあこれなら起こりえる変動ですかね。
結局、コレステロールを高濃度含む卵を3箇月間、1個以上/1日の卵を食べても、TC、LDL-Cは大して変動しなかったということになります。
果たしてそうなのか?、また3箇月同じように続けて結果をみましょう。
それとHDL-Cも60前後から39と乱高下、HDL-Cの低下はハイリスクであり、此れも気になりますね
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

本日の昼食は「手羽先の唐揚げ解し身と焼き茄子とたっぷり晒し葱の冷ったいそば」です。
市販のそばつゆは独り辺り25mL(塩として2.9g)、半分ぐらい残しましたので具材の塩を合わせても2g以下ですね。
たっぷりの具材で、満腹になりますが、総カロリーは500kcalぐらいでしょうか。
KIMG3817
KIMG3818
ご馳走様でした。

道の駅西山ふるさと公苑(09:10)⇒国営越後丘陵公園(09:50)⇒道の駅きらら289(18:30)

今日の午前中は、国営越後丘陵公園のパークゴルフ場です。
この国営越後丘陵公園、広大でなかなかアプローチが難しい(?)、最初に着いた入り口はパークゴルフ場から遠く、駐車場から園内バスに乗らないと行けない距離とのことで、10分以上走って別の入り口の駐車場へ。
国営越後丘陵公園パークゴルフ場(4コース36Hですが1コースは交互に養生中で実質3コース、料金:駐車場310円+入場料450円/1人、NGPA公認コース)。
我が家の実際の料金は、駐車場:260円(JAF割で-50円)+入場料210円(私の65才以上のシニア割引で-240円)+入場料450円(相方)で920円です。
パークゴルフ場近くの休憩舎、シャワールームもあってなかなか立派です。
KIMG3749
今日は、Dコースが養生休みで、ラウンドできるのはA、B、Cの3コース。
KIMG3752

高台の緩い傾斜の斜面に広々としたコース
KIMG3750
KIMG3744
KIMG3747
KIMG3730
KIMG3748
私はO.B.多発とパット決まらずの絶不調、それでも楽しくラウンドしましたが、管理人さんから熱中症に気を付けてと言われるくらいの猛暑、3コース1回が限界でした。
本日のスコア、A:+3、B:-4、C:0、平均:-0.3

さて、此処で野沢温泉方面に向かうTさんご夫妻とお別れして、我が家は南会津方面へ。
長岡花火大会のお誘いから始まった今回の旅も、何時ものように楽しくご一緒させて頂き、有難うございました。

お昼は、冷たい麺気分だったので、長岡市の丸亀製麺でさっぱりと冷かけを頂きました。
夏は冷かけ(讃岐風言えば「ひやひや」ですかね)が一番、軽く一杯のつもりが天婦羅を沢山頼んで ボリューム満点にしてしまうのは何時ものことです。
KIMG3753

国道252号線で六十里越から只見、国道289号線で今日のP泊地の道の駅きらら289まで走りました。
スノーシェッドが続く道、越後ですね。
KIMG3756
たまたま写真に写った車、道から測溝を乗り越えて藪に突っ込んでいました。
KIMG3757

六十里峠を越えて会津に入ると、俄かに厚い雲に覆われて。
KIMG3758
土砂降りでした。
KIMG3759
KIMG3760

土砂降りが止む頃、今日の温泉入浴の「深沢温泉むらの湯」(600円のところJAF割で500円)に到着。
高台の上に立つ、小規模ながらとても良くできた日帰り温泉施設です。
KIMG3777
KIMG3775
天上の高い浴室、10人は入浴できる大きな内湯に黄褐色の熱めの湯が滔々と掛け流し、大きな窓に広がる広々とした開放的な景色と心地よい風、お客さんが途切れて、独り占めでした。
KIMG3768
KIMG3763
KIMG3765
KIMG3767
ナトリウム-塩化物/硫酸塩泉(等張性中性高温泉)・無加水無加熱源泉ドボドボ掛け流し・泉温/湯舟:48.3/43無・黄褐色強濁・微強硫化水素臭・強塩味鉄味・サラスベ・正統派立ち寄り湯系
居心地の良い食事兼休憩所
KIMG3774
立ち寄り温泉の理想形、とても満足しました。


急な雷雨で30℃近くあった気温が一気に下がって、涼しくなりました。
夕食は、焼き肉(牛バラ・豚タン・たっぷり野菜)と水蛸ぶつと茄子漬物。
この旅初めてのテーブルで火を使う食事となりました。
KIMG3778
KIMG3779
ご馳走様でした。

長岡は暑くて寝苦しかったのですが、今日は気持ち良くぐっすりと休みました。

草津国際スキー場第一駐車場(07:45)⇒上越市(11:15)⇒長岡市(15:15)

草津国際スキー場第一駐車場から渋峠を越えて飯山市方面の向けて走ります。
KIMG3517
KIMG3529

国道292号線の渋峠の日本国道最高地点(2,172m)で休憩、寒いくらいでした。
遠くに見える池塘は芳ヶ平ですね。
KIMG3531

KIMG3533

「道の駅 花の駅 千曲川」、個々の物産館はお気に入りで必ず寄ります。
KIMG3535
野菜や果物が沢山
KIMG3537
果肉が少し硬めの「あかつき」、お目当てがありました。
KIMG3536
KIMG3538

上越市に着いて、給油と昼食、昼食はラーメン店の「竜馬軒」で。
KIMG3539
担々麺(900円)と煮干し醤油そば(800円)、両方とも多層的な味のスープに具材もなかなか良く美味しいのですが、麺がパツパツの低加水細麺。
有名店に多いタイプの麺、どちらかというと私はつるんとした多加水麺の方が好みですね。 
KIMG3540
KIMG3541

国道8号線を日本海沿いに北上
KIMG3546


本日の温泉入浴は長岡市の「三島谷温泉の永久荘」(500円)。
KIMG3548
KIMG3550
お客さんは我々だけでした。
KIMG3551
暗褐色のナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性弱アルカリ性冷鉱泉)、加温循環の湯使いですがヌルツルの気持ち良い浴感の温泉でした。
KIMG3552
相当に濃い暗褐色なのですが、モール泉?、宿の方に聞いても判りませんでした。
KIMG3554
洗い場に未加熱源泉の蛇口があってそのまま浴びてみましたが、なかなか気持ちが良くて、非加熱源泉の掛け流しの湯舟を作って、加熱浴槽と交互に入浴すると良いかな、と思った次第です。
KIMG3555

本日のP泊地は、「長岡市東山ファミリーランド」の無料キャンプ場を狙ったのですが、流石に駐車場は満杯。 
更に上のふれあい農業公園まで行くと、駐車場と広大な芝生広場が開放されていたので、此処をP泊地としました。
KIMG3557
沢山のお客さんが来ていて、何故だろうか?と思ったのでしたが、理由が判りました。
此処は長岡花火を見下ろすことのできる場所で皆さん花火見物に来ていたのですね。
KIMG3562

夕方になると30℃を切って、気持ちの良い風も吹き出したので、外で夕食。
23回目(?)の持ち寄り食事会、今日も被らず、でした。
KIMG3559
純米生原酒の「有りがたし」、濃厚な旨味を僅かなガス感、美味しいです。
KIMG3561

花火の打ち上げが始まる頃になりました。
KIMG3573
遠くに見下ろす花火、Tさんのお奨めでFM長岡の花火中継聞きながらですが、これがグッドアイデアでした。
KIMG3578
規模の大きな花火なので、遠くから見ても美しく迫力ありますね。
KIMG3600
遠くの花火、スマホでは上手く写りません。
KIMG3616
三尺玉の大花火です。
KIMG3628
今日は遠方からの花火、明日は会場から見上げる花火、と2回違った花火を楽しめるとは思いもしませんでした。

このページのトップヘ