烟霞淡泊

カテゴリ: 旅行&小旅行(&出張)

自宅(06:45)⇒小山市(08:30)⇒野木町(13:40)⇒自宅(16:30)

栃木県小山市に3箇所、手塚治虫の作品をモチーフにした田圃アート」があるということで、3年前に2回も訪れて見ることのできなかった「野木町の向日葵畑」を併せて訪れることに。

小山市の田圃アートその1、鉄腕アトムですね。
DSC_2373
櫓や高い建物から見るのではなく、小高い土手から見るというシチュエーションです。
低いところから見えるように工夫がされています。DSC_2372
実際は飛び出るような立体感のあるなかなか見事な絵になっています。
DSC_2370
良く見える位置はごく狭く、少し離れると歪みが生じてしまうのが特徴ですね。
DSC_2371

次の会場へ移る途中に小山百景の丸山弁財天へ。
DSC_2374
典型的な弁財天です。
DSC_2375
水連が綺麗に咲いていました。
DSC_2376

小山市の田んぼアートその2、ブラックジャックです。
DSC_2379
作品の構図、立体感、出来栄え、これは見事。
6月末から7月初旬が見頃で、もっと絵柄が明確だそうです。
DSC_2378

おやまゆうえんハーベストウォークへ。
小山遊園地の跡地にできた大型ショッピングモールです。

DSC_2390
少し涼しい日和ですが、さすが子供達は元気です。
DSC_2389
DSC_2391
遊園地の名残の現役のメリーゴーランド
DSC_2394
DSC_2395

小山百景の「間々田八幡宮」
石段の下に土俵があります。
DSC_2400
立派なお社
DSC_2397
DSC_2398
ここにも弁財天が。
DSC_2399
ここは「テルマエ・ロマエ」と「しこふんじゃった」のロケ地になったようです。
DSC_2401

お昼は小山市内の「らーめんはるか86」へ。
DSC_2404
ラーメン(700円×2)と餃子(400円)。
ラーメンは佐野ラーメンの系譜でしょうか、平打ちでつるんとしています。
スープは少し脂分が多めでワイルドな感じです。
分厚いほろほろのチャーシューと穂先メンマと葱と海苔。
美味しくボリュームもたっぷり。
餃子も野菜たっぷりの餡で、大振り。
DSC_2405
DSC_2406
お腹一杯、ご馳走様でした。

小山市の田圃アートその3、ジャングル大帝ですね。
DSC_2407
3つの田圃アート、なかなか面白かったです。
見頃の頃に訪れて見たいですね。

野木町の向日葵畑、3年越しで楽しむことができました。
DSC_2408
DSC_2410
DSC_2411
DSC_2412
DSC_2413
DSC_2414

道の駅思川」で調達した野菜。
DSC_2424

北関東の小さな旅でした。

午前中は「谷原大師巡礼その1」でつくばみらい市をポタリングで3時間程巡り、午後旭市へ向かいました。
(「谷原大師巡礼その1」は明日の記事にする予定です。)

夕方16時30分頃、「あさひ砂の彫刻美術展2016年」の会場の旭市のふれあい広場に到着。
夕方にまず一回、日が暮れてライトアップをもう一回と見物します。
例年は矢指ヶ浦海水浴場を会場にしていた」ようですが、今年はふれあい広場の特設会場となっています。
また展示テーマも今年は大恐竜展と名を打って造形作家の保坂俊彦氏が制作と監修ををしているとのことです。(期間中のパスポート、高校生以上500円、中学生以下無料)。
昼の部
DSC_2279
DSC_2277
DSC_2283
DSC_2285
DSC_2287
DSC_2289
DSC_2291
DSC_2293
DSC_2295
DSC_2296
DSC_2298
DSC_2302
DSC_2304
DSC_2306
なかなか見事な出来栄えです。
発掘体験等の催し物もあって、子供たちには楽しいでしょうね。

さて、夜の部まで、付近をぶらぶらしました。
矢指ヶ浦海水浴場。
DSC_2310
DSC_2311
DSC_2312
DSC_2313

戻ってライトアップした夜の部へ。
DSC_2335

DSC_2315
DSC_2316
DSC_2317
DSC_2318
DSC_2319
DSC_2321
DSC_2322
DSC_2323
DSC_2324
DSC_2325
DSC_2327
DSC_2328
DSC_2329
DSC_2331
DSC_2333
DSC_2334
ライトアップされるとまた雰囲気が変わりますね。
昼の部と夜の部と、堪能しました。

余り行ったことの無い北本と越谷辺り訪れることに。
上州/信州方面へ行く時、長年に亘って取手⇒野田⇒春日部⇒杉戸⇒幸手⇒加須⇒鷲宮⇒加須⇒行田⇒熊谷と、混まない下道を探して今のルートを作り上げましたが、傍の町は寄ることが殆どありません。
そこで、北本市の江崎グリコの工場見学(グリコピアイースト)と学校給食歴史観、越谷市では田んぼアートと花田苑を訪れることに。

杉戸の「道の駅ゆめすぎと」で野菜の調達。
埼葛広域農道にある道の駅で、国道、県道に面していない道の駅というのも珍しいかもしれません。
DSC_2220

北本市の和菓子屋さんの「岡乃屋」
DSC_2223
トマト大福と麩饅頭
DSC_2224
北本市の名産のトマトを使ったトマト大福、餡にはトマトの果肉、さらにミニトマト1個丸ごと入っていて、なかなかのトマト感で美味しい。

埼玉県学校給食会の「学校給食歴史館」へ
DSC_2225
その敷地の片隅にありました。
DSC_2226
DSC_2234
DSC_2228
私が小学校の頃ですね。
確かに主食1品とパンと脱脂粉乳、こんな感じでしたね。
DSC_2229
最近の給食、隔世の感がありますね。
DSC_2230
小さい博物館ですが、見所満載でなかなか良いですね。
DSC_2231

グリコピアイーストで工場見学。
DSC_2235
イベントカーですかね?
DSC_2239
image

映像⇒製造ライン見学⇒シアタークイズ他で約70分。
ポッキーとプリッツの製造工程、しっかり製造ラインが動いていて、面白い。
シアタークイズも工夫もなかなか手が込んでいて、楽しく、これは子供に大人気ですね。
お土産も頂きました。
DSC_2243

お昼は北本市の武蔵野饂飩の名店の「元祖田舎っぺうどん北本店」で。
DSC_2242
DSC_2240
なす汁・もりうどんの(熱もり、600円)と肉ねぎ汁・大盛(700円)。
もりうどんと大盛で茹で上がりは1kgだそうです。
ごわっとしていながら、つるんとした食感で、武蔵野饂飩としては食べやすい方ですね。
小麦の香りもあって、なかなか美味しい。
勿論、ボリュームたっぷりで、お腹は一杯です。
DSC_2241
ご馳走様でした。

さて、少し遅くなって越谷を目指したのですが、16時を過ぎてなんと、田んぼアートの展望台と花田苑の入園時間が終了でした。
リベンジを予定します。


千葉県香取郡神崎町の「神崎の火渡り修行」の見物に行ってみることに。

道の駅発酵の里こうざき」に車を停めて、JR神崎駅へ徒歩で、長閑な道を行きます。
丁度田植えの時期ですね。
image

田植えを終えた田圃と青々とした麦畑。
image

広い麦畑です。
自宅から少し北の常総市や坂東市でも最近麦畑が増えたような気がします。
NETで調べてみると小麦粉の自給率は14%、意外と多いのですね。
殆ど麺に使われるそうです。
image

見たことがない花で、これもNETで調べてみると「ひとつばたご」で別名“なんじゃもんじゃの木“として有名です。
こんな花が咲くのですね。
image

image


神崎駅に到着。
既に火渡り修行の修験者や梵天衆の方々は練行のために駅前に集合されていました。
image

練行の出立式
image

法螺貝を吹いて
image

般若心経を唱えて
image

出立です。
image

「六根清浄、懺悔懺悔」と大きな掛け声を挙げながら神崎町内を練り歩いて行きます。
神崎大師」で受戒の儀式。
image

途中、おやつ代わりに「福ちゃんのパン」で。
image

image


火渡りの修行の会場
image

image

火渡りのための護摩焚の火付け。
強風が吹き荒れていますが、火渡りのための護摩焚に点火。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

強風に煽られて激しい焔。
風の吹く方向の横から見ていましたが余りの熱さ遠く離れる羽目に。
スマホのカメラも熱で撮影不能・・・。
焔の風下真下に導師(大先達?)が微動だこせず座っていますが、見ていて怖いくらいです。
修行を積んでいるのでしょうが、大したものです。

火渡りです。
一番手は導師で、未だ火が残っている所を真剣を掴んで裸足で走り抜けて、地面に突き立てた竹を一刀両断。
う~ん、凄い。
image

その後は修験者や梵天衆が渡ります。
更に燃えさしを払って、お詣りの者も渡ります。
image

私も相方も渡りました。
地面は然程熱くないのですが、風向きで相当な熱気で脛毛が少し焦げました。

最後に供物で餅撒き。
image


面白い体験でした。
3月の「発酵の町神崎酒蔵まつり」もそうですが、なかなか良い催し物をしますね。
また機会があれば訪れましょう。

おまけです。
image

今日は中野の両親の墓参りへ行きがてら、長女と次女の所へお使いへ行くことに。

7時30分過ぎに長女の所に着いてその後、近くのCISCAで朝食。
image

相方と二人前ですが、どんだけ食べるんじゃい、と長女に呆れられました。
西への旅で胃袋が少し大きくなったかも。
image


中野の墓参り、桜も大分咲いていました。
image

image

image

image

久々に新井薬師前駅の辺りを歩いてみることに。
西武新宿線の地中化工事で立ち退きが進んでいる駅裏、私の叔父の家も立ち退くことに。
image

駅の表、昔と変わらない街並みですが、今後どうなるのでしょうかね?
image

近くに安藤忠雄の設計のアパートがあると先日兄に聞いて寄ってみました。
image

瀬戸内国際芸術祭にも作品がありましたが、コンクリート打ちっぱなしと柱が、如何にもといったところです。

さて次は小平市の次女のところヘ。
新青梅街道の桜並木。
image


次女の所に届け物を済ませて、次女とお昼に近くのイタリア料理店の「CUORE」ヘ。
image

image

ランチA(1,280円)x2とランチB(1,600円)を注文。
AのサラダとBの前菜(カンパチのカルパッチョ)。
image

ピッツァマルゲリータ
image

ホタルイカと春香独活、ルッコラのリゾット
image

パンチェッタと茸類、黒オリーブのアーリオオーリオ
image

ドルチェ3種
image

パスタはどれも美味しくボリュームもたっぷりだったのですが、特にホタルイカと春香独活、ルッコラのリゾットが気に入りました。
サラダと前菜、ドルチェも丁寧に作られています。
なかなか良い店です。
ご馳走様でした。

この後、次女を誘って目黒川の桜並木へ行ってみることに。
近くの駐車場に車を停めて、そぞろ歩きます。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

都内の桜の名所で、一度訪れてみたいと思っていました。
7~8分咲きですが、なかなか綺麗で良い風情です。
今夜は金曜日で凄い人出になるんでしょうね。
さて、次女を西武新宿線の野方まで送って帰宅。
よく走ったー曰でした。

退職して1年が経ちました。
早かったような遅かったような1年でした。
この1年の車旅の延べ日数は85日で、秋の北海道が中止になったので、その分少なくなりましたが、まず良く出掛けることができました。
そう言えば1年を年度(4月から3月)でみる習慣がありましたが、これからはそれも無くなるのでしょうね。

また、今日でblog開始1,000日、アクセスカウンターも30,000を越えました。
お越し頂きました皆様にお礼申し上げます。

立石公園(07:55)⇒三笠桟橋(09:30)⇒猿島(09:45~12:45)⇒三笠桟橋(13:00)⇒自宅(17:30)

島を巡る旅その4で、横須賀市の猿島へ。

P泊した立石公園の朝。
image


キャンピングカー倶楽部の方よりの情報で、開店直後のパン屋さんの「芦名ベーカリ一 芦兵衛」でランチ用のパンとお土産を購入。
image


横須賀市の三笠桟橋の近くの 高さ制限無しで安い 駐車場を探しますが、なかなかありません。
400円/時間が相場で、5時間くらい停めることとなりますので2,000円は痛いですね。
漸く@PARKという100円/時間を見つけました。
格安!!、探せばあるものですね。

三笠桟橋から出発。
image


09:30発、航路10分で猿島に到着。
往復運賃1,300円と入園料200円、計1,500です。
image


猿島、東京湾唯一の無人の自然島で、旧日本軍の遺構があり、一度訪れたいと思っていました。
先ずは、散策へ
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image


海と広場
image

image

image

image

噂に聞いていましたが、それ以上。
「天空の城ラピュタ」に似ていると評判だそうですが、確かにファンタジーの舞台になりそうです。

ガイドツアーに参加。
ガイド料500円ですが、猿グッズ提示で100円引き、もし無ければ猿の絵を描けばOKとの救済があり、絵を描く羽目に。
絵心が完全欠如の私は、世にも恐ろしい代物に…()。
image

image

image

image

image

image

image

普段は非公開の兵舎や弾薬庫に入ったりと、猿島の全てを堪能する90分、大変良かったです。

ランチは、芦兵衛のパン。
生地は 小麦粉の香り高く、 しっかりモチモチの食感。
チーズやレーズンやカスタードクリーム等の具材はたっぷりで、見た目よりずっしりと重い。
ボリュームたっぷり、とても美味しい。
これで600円、素晴らしいCP、近くにあれば間違いなく通い詰めますね。
ご馳走様でした。
この店を紹介してくださったキャンピングカー倶楽部の方に感謝!!()
image


12:45の便で帰ります。
image

猿島、大いに気に入りました。
季節を変えて、新緑の頃かな、また訪れたいと思います。

4日間の島を巡る旅は此にて帰途となります。
大きな渋滞もなく、ゆっくりと走って、取手へ。

おまけ、芦兵衛のアップルパイ。
サクサクのパイと、味の濃いシャクシャクとした林檎、はぁ~美味しい。
image


今回走行距離:431km
燃費(推定):8.0km
下道とファンヒーター、215のスタツドレスが原因でしょうか、少し悪かったですね。

次の旅は、雪のある所を計画しましょうか。





西湘PA(05:50)⇒熱海(06:50)⇒初島(08:00~13:25)⇒熱海(14:00)⇒立石公園(17:00)

西湘PAを出発して、小田原ICで降りて、後は下道で熱海へ。
熱海海釣り公園の駐車場に停めました。
NETにあった裏技で、1日500円と格安です。

初島航路のイルドバカンスⅢ世号です。
往復運賃2,400円と初島のリゾート施設のアジアンガーデンR-Asiaの入園料900円のセットで2,900円と400円お徳な券を購入。
image


07:30に出発し、25分の航海で「初島」に到着します。
image


如何にもな看板。
image


さて初島では、①島内一周散策、②アジアンガーデンR-Asiaでゆっくり寛ぐ、を予定します。

アジアンガーデンR-Asiaは09:00開園で、それまでに島内一周散策へ。
乗ってきた船が熱海へ出発していきます。
image

富士山が雲の間から。
真っ白ではなく、少し黒い所が。
暖冬のせいですかね。
image

北側海沿いの道
image

初島アイランドリゾートの一角のようです。
image

グランドエクシブ初島クラブという会員制リゾートクラブだそうです。
image

一周、4km弱の散策、初めは曇りがちでしたが、だんだん陽が差し始めました。

アジアンガーデンR-Asiaへの道すがら。
image


「アジアンガーデンR-Asia」でゆっくりします。
綺麗に晴れ上がり、ポカポカと暖かい陽を浴びながらハンモックでうとうとと。
image

image

ナシゴレンと???(何れも1,100円)、スパイスが効いていて、パラッとした長粒米も美味しく、此の雰囲気にぴったり。
ご馳走様でした。
image

本当にゆっくりと過ごしました。

島で見た花々。
image

image

image

5時間弱、ゆっくりとリゾート気分で初島を堪能しました。

13:25発の熱海行きで戻り、明日の猿島訪問のため、横須賀へ。
キャンピングカー倶楽部の方に情報を頂いたP泊地、「立石公園」へ。
着いた頃には日が沈んだ後でしたが、綺麗な夕焼けでした。
静かで、良いP泊地でした。
image




城ヶ島県営第3駐車場(03:50)⇒江の島県営駐車場(04:50)⇒江の島鎌倉ポタリング(08:45⇒15:00)⇒江の島散策&イルミネーション(15:30~18:00)⇒西相PA(20:30)

城ヶ島県営第3駐車場の入庫12時間(600円)の縛りで04:50に出発。
1時間程で、 江の島県営駐車場に到着。
この駐車場は開場時間は05:00~21:30で、時間外はゲートが閉じられます。
1日の駐車料(普通乗用車)は1,500円と江の島の中では最も安い。
入口の但し書きに車高2.5m以上は大型車扱いで3,000円とあり、当然車高検知器も付いています()。
NET上では通常のキャブコンでは普通乗用車扱いとあったので、変ったのかな?
プレアデス号は2.7mなので引っかかるはず?。
他に選択肢も無く、ままよと入庫したところ、駐車カードに「フツウ」と印字され、一安心。
image


さて、一寝入りして、ゆっくりと朝食を摂り、08:45江の島から鎌倉のポタリング&開始。

江の島大橋へ。
image

image


海沿いの国道号を走ります。
image


お洒落な「KFC」、此の辺りを走ると「マクドナルド」も「焼き肉のさかい」も、“彼の地らしく”お洒落です。
image


江ノ島電鉄と彼の有名な鎌倉高校前の踏切
image

image


稲村ヶ崎へ
image

image


振り返って江の島を
image


長谷の辺りと「力餅家
image

image

image

買い喰いその1で権五郎力餅(10個、650円)を頂きます。
image

ふわふわのお餅に、程良い上品な甘さの餡、美味しい。
10個を2人でぺろっと、ご馳走様でした。

鎌倉大仏殿高徳院」へ。
修理中で拝観料不要となっています。
image

image

珍しいお姿を拝見しました。

銭洗弁財天」へ
image

image

image

image


北鎌倉方面へ、道を間違えて、山道を行く羽目に。
押したり、担いだり、結構な運動になりました。
image


円覚寺」へ
山門に続く踏切
image

image

image

法堂
image

image

国宝の舎利殿、特徴のある屋根を門越しに覗きます。
image

日佛庵と買い喰い(と分類)その2で抹茶と茶菓子、落雁(日佛庵拝観料と込みで600円)。
ポカポカの日差しの中、ゆったりと頂きました。
落雁、美味しいと思ったのは始めてかもしれません。
ご馳走様でした。
image

黄梅庵
image

鐘楼と国宝の洪鐘
image


北鎌倉から軽い山越で鶴岡八幡宮へ。
image

image


小町通りで買い喰いその3、「鎌倉J's」のしらすたこ焼き。
お約束の、外側カリ中トロ、しらすたっぷり、香ばしい醤油味、美味しい。
ご馳走様でした。
image


買い喰いその4で、鎌倉駅近くの鎌倉中央食品市場の一角にある「やきとり秀吉」へ。
つくね、もも、レバー、ハツ(総額525円)、焼き置きですが、美味しい。
特にももとレバ一が気に入りました。
温めて食べてみたいですね。
ご馳走様でした。
image

image


アルブレイズK&H号を畳んで、江ノ島電鉄の鎌倉駅から江の島まで輪行。
image

image


江の島県営駐車場に戻って江の島の散策と関東三大イルミネーションの1つの「湘南の宝石」へ。
関東三大イルミネーションの2つ、「あしかがフラワーパーク」、「東京ドイツ村」で、一昨年昨年で訪れました。

神社に鎮座する4匹の猫、体格、毛並み良く、凄い存在感。
image

ここにも猫が、微動だにしません。
image

更に急な階段を登って。
image

日没に間に合いました。
image


まだ明るいのですが、イルミネーション会場の「サムエル・コッキング苑」(入園料200円)へ。
9種類のチューリップ
image

image

image

image

image

image

image

盛りのチューリップがとても綺麗です。
地植えでなく、大きなコンテナに植えているのが味噌ですね。

17:00、イルミネーション点灯。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

関東三大イルミネーションの中で一番こじんまりとしていますが、丁寧な作り、江の島の山の上というシチュエーションが素敵です。
また低料金なのも良いですね。
堪能しました。

江の島県営駐車場を出て、茅ヶ崎で立ち寄り湯で入浴して、西湘バイパスの西湘PAでP泊。
適当なP泊地が見つからず、苦肉の策で。

本日も盛り沢山な一日、少し詰め過ぎかもしれませんね。

image


本日走行距離:15.7km
累計走行距離:3,560km

自宅(05:15)⇒観音崎公園(10:00)⇒城ヶ島(16:10)

今シーズン、プレアデス号のタイヤをスタッドレスに変えて、折角だから雪国へと考えていましたが、予定を変えて三浦半島から相模湾を、4つの島を巡る旅へ。

自宅から下道を、国道6号⇒国道15号⇒国道1号⇒国道16号(大雑把に)と走ります。
先日の走水の大鯵の高司丸への道と同じですね。

横須賀の「中井パン店」で、ランチ用に、横須賀のソールフードとして名高いポテチパン、他の総菜パンを5個購入。
image


県立観音崎公園」に到着し、ポタリングとランチ。
image

駐車場は平日で無料です。

アルブレイズK&H号でポタリングへ。
image

パーキング⇒海岸沿い⇒砲台跡⇒山道⇒走水神社⇒パーキングと走ります。

気持ちの良い海岸沿い、青い海がとても綺麗です。
image

image

image

image


砲台跡へ、激坂や階段があり押しが入りました。
image

第ー砲台跡
image

image

image

第ニ砲台跡
image

image

image


稜線の道を行きます。
image

image


走水神社、なかなか雰囲気のある神社。
何時ものお願いに併せて「豊漁祈願」も。
image

image

image

image

image

image


良い運動になりました。
本日走行距離:7.5km
累計走行距離:3,546km

県立観音崎公園のパーキングに戻りランチ。
中井パン店の、ポテチパン、チクワパン、ゴボウサラダパン、カレーパン、アンパン、計5種で650円と安いです。
image

ポテチパンは、のり塩ポテトチップをコールスローで和えた物を甘めのバンズで挟んだ、といったところ。
程良いジャンクさ、なかなか美味しい。
他のパンもとても判りやすい美味しさです。
ご馳走様でした。

アルブレイズH号の後輪のブレーキの具合がおかしくなって、「横須賀のサイクルベースあさひ」で修理して貰うことに。
こんな時、全国にあるので助かりますね。
さて、修理を待っている間、「横須賀うみかぜ公園」辺りを散策。
image

image

image

image

今回の島巡りの候補の一つの猿島が近くにみえます。
此の季節、渡船は土日のみ就航なので、日曜日に行く予定。

さて、島巡りのその1、「城ヶ島」へ。
その前に「三崎フィシャリーナ・ウォーフうらり」でお約束の鮪を購入。
image

image

image


城ヶ島大橋を渡って、通行料は100円。
image


無料の県営第2駐車場に駐車しようとしましたが、17:00~08:00は閉鎖するとのことで、断念。
NET上にP泊に適との情報があったのですが、変った(?)ようです。
有料の第3駐車場へ、12時間まで600円です。
image

隣りの第4駐車場は大型車料金の設定があり、注意が必要です。

駐車場の近くを散歩。
一軒だけ開いていたお土産屋さん
image

小桜観世音
image

京急ホテル界隈
image

image

image

城ヶ島灯台
image

image

暮れかかり、島の南側の遊歩道は断念しましたが、夕焼けの海を堪能しました。

本日の夕食、鮪はまずまずの美味しさ。
汁代わりの小鍋。
ご馳走様でした。
image


盛り沢山な1日でした。

今日、茨城の自宅に帰ります。
高岡を05:30に発って、北陸道⇒信越道⇒関越道で、次女を下宿先の東京の小平には11:30に着きました。
image

渋滞にも捕まらず、順調に走りました。

取手の自宅に帰る途中、月例の両親の墓参りに中野へ。
両親に最近のことを報告して、供養と新たなお願い2つを。
此の年になっても、未だに臑齧りをしているような気がしました。
image

東光寺
image

ここは「豊島八十八ヶ所霊場」の第87番の札所であることを最近知りました。
NETに「豊島八十八ヶ所霊場は、愛染院第17世亮意が、明治40年(1907)に開いたもので、旧豊島郡にある弘法大師ゆかりの八十八ヶ所の寺院を、祈願のために参詣するものです。」とあります。
実際は、東京東部の中野区、新宿区、練馬区、豊島区、荒川区、足立区、北区、板橋区の広範囲に散らばっています。
魅力的ですが、巡るのは相当に労力が必要ですね。
image


15:20に自宅着。
さてさて、良い正月を過ごしました。

本日は小雨模様。
良い天気と交互です。
それでも暖かく、雪の無い正月はこの地の多くの人々に良いのでしょうね。

午後には長女夫婦も高岡の家に寄り、皆で遅めの昼食を頂きました。
実はこの昼食会が今回の高岡訪問の一番の目的でした。

夕方に和倉温泉へ。
宝仙閣」で立ち寄り湯。
image

image

ナトリウム-カルシウム塩化物温泉(高張性・弱アルカリ性・高温泉)・循環/源泉掛け流し併用・無職透明・無臭・強塩味強渋味・サラスベ系。
塩っぱ系温泉三連発、ご多分に漏れず、良く温まります。

今日も穏やかに一日が過ぎました。

除夜の鐘が鳴り始めてから、近くの越中総鎮守一宮である「射水神社」へ初詣に。
高岡古城公園にある立派な神社で、次女の七五三もこの神社で祝いしました。
小雨模様ですが、余り寒くありません。
image

初詣の結構な行列が。
image

2016年1月1日の00:00で花火が上がります。
image

image

image

帰る頃には雨が上がって朧月、今日は良い天気になるかもしれません。

青空の元日の朝。
image

image


午前中は遅めの朝食でお節料理を頂き、太閤山の立ち寄り湯の「太閤の湯」へ。
image

NETから拝借。
image

ナトリウムー塩化物温泉(高張性・高温泉)・循環/源泉掛け流し併用・黄褐色白濁・弱Br臭・塩味・サラサラ系。
1,200mからの汲み上げで、やはり一昨日に行った「天然温泉 海王」と泉質が似ています。
ゆっくりと温まると、なかなか汗が引きません。

午後に、高岡駅から瑞龍寺まで散歩。

高岡大仏」、日本三大仏の一つ。
image

image


御旅屋町
image


高岡駅
image

立山連峰がよく見えます。
image


瑞龍寺」、高岡には何回も来ているのに、実は初めて訪れました。
image

元旦で拝観料無しで開放しているようです。
image

image

image

image

image

image

image

image

国宝:仏殿、法堂、山門、
重要文化財:総門、僧堂(禅堂)、大茶堂、高廊下、北回廊、南東回廊、南西回廊、紙本墨書後陽成院宸翰御消息、
という豪華さ。

本日の散歩の歩数:10,222、距離:7.1km、消費熱量:389kcal、でした。
この一週間で1.5kg、体重が増えました。
元に戻すのが大変そう()。

2016年の1月1日は、穏やかに、過ぎていきました。

高岡の2日目の朝は雨降り。
image

雨に濡れた庭の木と苔
image

image

image

image


車で氷見方面へ。
雨晴海岸
image

image

晴れていれば、富山湾の上に真っ白い立山連峰が聳える有名な風景が見えるのですが、残念。
NETから拝借した画像。
image

image


午後は、金沢へ。

先ずは大晦日の「近江町市場」、仕舞う店もありますが、まだまだ賑わっています。
image


次は、金沢の定番、「東茶屋」へ。
道すがら、古都らしい街並み。
image

image

浅野川
image

東茶屋、如何にも元花街といった風情。
image

image

image

箔座ひかり蔵」へ。
お土産に「ぱっきん箸」なるものを購入、どんなものかは後程。
image

image

「佃の佃煮」でご近所用のお土産を買いました。
image


金沢駅、新しくなってから初めてです。
image

image

image

image


旅らしい気分を満喫しました。

本日の夕食は、大勢で、賑やかに。
image

ぱっきん箸
image

箸を割ると金箔が落ちる仕組み。
image

氷見牛のローストビーフ、地の物中心の刺身(鱈の子付け、甘海老、白海老、ばい貝、さす、ぶり、鯛、鮃、鮪)、擂り身揚げ、加賀れんこんのチップスのサラダ、他。
みな、とても美味しい、ご馳走様でした。

紅白歌合戦を観て、ゆっくりと大晦日の夜を過ごしました。

今年は退職して初めての年でした。
4月以来、9ヶ月、秋口くらいまでは長く感じましたが、この2~3ヶ月はバタバタと慌ただしく過ぎました。
さてさて、色々とありましたが、先ずは良い一年でした。
来年も良い年にしたいものです。

富山県高岡市の相方の実家で、年末年始を過ごすことになりました。
今回はプレアデス号ではなく、軽の乗用車で、 相方、次女、私の3人で、 05:30に自宅を出発。
自宅=下道⇒花園IC=関越道⇒藤岡JCT=信越道⇒上越JCT=北陸道⇒小杉IC=下道⇒高岡、
470km、下道3時間、高速道4時間30分。
高速代6,220円、ガソリン22L(割引で100円/L)2,200円、3人で総額8,420円、安いですね。

高岡の古い町並み。
良い天気で、青い空が眩しい。
image

image

image


相方の父上と祖父のお墓参り。
image

遠くに白い立山連峰
image


立ち寄り湯へ行こうとなりまして、新湊の「天然温泉 海王」へ。
image

ナトリウムー塩化物温泉(高張性・高温泉)・ドボドボ源泉掛け流し・黄褐色白濁・鉄臭・塩味&旨味・サラサラ系。
NETから拝借した画像。
image

先日の「雅楽の湯」と此また良く似た泉質で、強烈な塩っぱさ、とても良く温まります。
料金も650円と手頃ですね。

相方の母上、相方、私の3人で関東三大イルミネーションの一つの「東京ドイツ村」へ行くことに。
昨年の「あしかがフラワーパーク」に引き続いて、2つ目です。

15時からイルミネーション用の駐車場が開き(普通車1台2,000円、乗車人数に拘わらず)、16時からライトアップなので、それに間に合うように出掛けました。

さて、その前にお昼を近隣の蕎麦の名店の「鬼怒川竹やぶ」へ。
柏の「竹やぶ 本店」で修行された方が、守谷の奥、鬼怒川の滝下橋の袂に開いた店です。
古民家風の造りでとても良い雰囲気です。
image

image

image

image

image

image

せいろそば(770円)と平日限定のセット(湯豆腐、玉子焼、デザート、650円)を3つに、田舎そば(870円)1枚と掛け蕎麦1杯(770円)を注文。
湯豆腐、小降りの器で固めた豆腐を温めて、出汁醤油を掛けて頂きます。
なかなか美味しい豆腐です。
image

如何にも蕎麦屋の玉子焼といった風情。
シンプルですが、美味しくボリュームも充分。
アールヌーボー風の醤油さしが素敵。
image

せいろそば
十割の細打ち、こし・喉越し良く、瑞々しい。
汁はきりっと辛め。
う~ん、美味しい。
image

image

田舎蕎麦
挽きぐるみでしょうか、星が良く見えます。
香ばしい、木の実のような風味があり、ぷちっとした食感も。
これも美味しい。
image

image

かけそば
熱でふっくらしたそば、良い塩梅の汁、美味しいですね。
これでたぬきそばを食べてみたい。
これは叶わないか…。
image

image

そばのカステラとそば餅、甘さ控えめ、さっぱりと。
image

注文してから50分ほど、ゆっくりと頂きました。
勿論、そばは当然美味しいのですが、店の設え、器や食器、もてなしも素晴らしい。
名店ですね。

さて、守谷から一路、袖ケ浦市へ。
下道をゆっくり走って、15:50に「東京ドイツ村」に到着。
image

16:00にイルミネーションが点灯。
image

image

image

ゆっくりと見物。
image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

image

高低差のある広大な斜面にディスプレイされているので、変化があって見応え充分。
アトラクション風のイルミネーションもあって見飽きません。
今まで見て来たイルミネーションで一番かも。
堪能しました。

昨日の我が家の一大イベントに富山県高岡の相方の母上が来京して、そのまま一緒に都内で宿泊しました。
本日は浅草寺にお詣りして、東京湾奥の日の出桟橋から「SYMPHONY TOKYO BAY CRUISE」を予定しています

浅草寺近くのホテルに宿泊しました。
4ヶ月前に予約したのですが、その時に既にはめぼしいホテルは満員で、仕方なく少し離れて、且つ狭い部屋をやっとのことで予約しました。
最近の都内のホテルの混みようは凄いですね。

浅草寺へ
image

image

image

image

image

image

image

浅草寺にお詣りするのは久々です。
朝まだ早いのに沢山の参詣の人々がいます。

銀座線で上野まで行って、山手線で新橋へ、ゆりかもめで日の出桟橋へ。
シンフォニーの乗り場
image

乗船券(3,800円)
image

本日乗船する「シンフォニーモデルナ」
image

image

image

雲一つ無い快晴、隅田川からスカイツリー。
image

有明からお台場
image

レインボーブリッジ
image

もうー隻の「シンフォニークラシカ」
image

レインボーブリッジをくぐり抜けて。
image

軽食と珈琲。
昨日は食べ過ぎで飲み過ぎ、今朝の朝食もしっかり食べているので、丁度良いぐらい。
ご馳走でした。
image

image

この三月まで勤めていた企業の事務所があった有明TOCビルが見えます。
image

ゲートブリッジを越えて、東京湾へ。
image

image

image

image

2時間のクルージング、軽食とミニコンサートもあり、ゆったりと寛ぎました。

小才河豚が釣れなかったこともあり、野菜も含めた食材の買い出しに、遠出しました。

先ずは取手から130km程の栃木県黒羽の「黒羽ふるさと物産センター・くらしの館」へ。
梨の「にっこり」や野菜を沢山購入。
image

image

image


鮎の「高橋商店」で鮎塩焼き(素焼き、250円X18匹)を購入。
塩焼きと鮎ご飯を楽しむ予定。
その場で食べる二本を焼いて貰い、近くのローソンで買ったお握りとサンドウィッチと、那珂川の河原でブランチ。
image

image

image

何時もながら美味しい。
ご馳走様でした。

何時も通り過ぎる国指定史跡「下侍塚古墳」に寄ってみました。
image

image

image

前方後方墳」、だそうです。
東日本には多くあるそうですが、観るのは初めてです。

道の駅はが」にも。
此処も初めてですね。
image

image

image

催し物があるようで、賑わっています。

道の駅にのみや」、「道の駅しもづま」、「やすらぎの里しもつま 農産物千代川直売所」、「産直わが屋」も覗いて取手へ。
image

「産直わが家」は、閉店した水海道の「ほくそう」のスタッフの方々が三妻の辺りに11月15日に開店したお店です。
我が家のお気に入りの黒澤商店の干し芋を取り扱っていて、「紅はるか」の「せっこう」を購入しました。

本日購入した野菜。
image

はぁ~、どんだけ食べるんだ。





冷たい雨が止んで、今日は天気が良くなりそうです。
image


本日はΓ房総のむらと秋の里山 岩屋古墳を訪ねるハイキング」と「 第37回ふるさとまつり&ドラムの里フェスタ」 に参加する予定です。

9時頃に「房総の村」に到着して、此処からJR安食駅にバスで移動します。
image


此処からバスに乗ってJR安食駅へ行き、スタート。
image

長閑な里道を行きます。
image

谷津田から里山へ。
image


日枝神社の里山で焼き芋の接待、美味しく頂きました。
image


龍角寺、関東最古の寺の一つとのこと。
重要文化財の薬師如来坐像が開帳されています。
image


バザーで、一枚の皿を購入。
image

image


岩屋古墳」、日本一の規模の方墳だそうです。
本日は特別に、石室の公開と古墳の上へ登ることが許されていました。
image

image


坂田ケ池総合公園、池、吊り橋、滑り台、キャンプ場、子供連れが沢山。
image


ゴールのJR下総松崎駅に到着、完歩のご褒美のプレゼント。
image


お弁当を頂きます。
お弁当、久々、3月31日の退職以来かな。
image


歩いて房総の村へ、本日はふるさと祭りで入園料(300円)は無料です。
image

image

image

image

image

お目当ての、餅撒き。
image

小学生参加不可の激しいバトル。
戦果、紅白の餅、25個。
image

頑張りましたね!! ( ) 。

本日の軌跡
image


さてさて、楽しい秋の一日でした。





最近、水戸市の「七ツ洞公園」のことを知り、この週末に「ハーベストフェスティバル」なる催し物があるとのことで訪れることに。

駐車場が混むとの情報で、早めに、6時に出発しました。
順調に走って、8時過ぎには到着してしまい()、静かな公園をゆっくりと散策することにしました。

「七ツ洞公園」の解説。
NETで、…イギリスの自然風景式庭園で、1999年に水戸市が開設した。風景画のような景色を再現しているのが特徴であり、イギリス式庭園でよく見られるようなフォーリー(模造建築物)やパビリオンなどの建築物と大小5つの池、清流、ダムやそれらを取り囲む森から形成されている。また、秘密の花苑(ひみつのはなぞの)という円形のレンガで囲まれた庭園は、イチイの生垣で色々な形に区切られており、まるで別世界にいるような気分を体験できる。イングリッシュローズをメーンに四季折々の花々を楽しむことが可能な公園だ。…とあります。
近年はおとずれる人も少なく、大分荒れ果ててしまったそうですが、2014年から大規模な修復が始ったそうで、「七ツ洞再生物語」として公開されています。

image


image


「フォリー(模造建築物)」という英国式庭園の構造物だそうです。
image

image


至る所で水が湧いています。
image


ダムB
image

image

image


壁泉
image

image


ダムC
image

image


ダムD
image

image

image

image


ダムE
image

image

image


ダム、フォリー、パビリオン、小径、少し古びた、趣があって、とても良い雰囲気です。

秘密の花苑へ。

バラのアーチ
image

image

image


エントランスと花苑
image

image


花々
image

image

image

image


秋の花が沢山。
手入れされ過ぎていない少しラフな感じ、お話に出てくるような花園、気に入りました。

この公園は映画「テルマエ・ロマエ」のロケ地にもなったそうです。
image

image


芝生広場でのハーベストフェスティバルへ。

園芸の出店と大道芸
image


バグバイプ演奏とスコティッシュダンス
image

image

この公園と今日のハーベストフェスティバルにぴったり

食べ物の出店、素敵なディスプレイ
image

image

image


今日のお昼その1
蕎麦のガレットと珈琲、美味しい。
家に蕎麦粉がありますので、今度作ってみると相方、楽しみです。
image

その場で盛り合わせるデニッシュと無花果のパン、さくさくともちもち、これも美味しい。
image

ご馳走様でした。

素晴らしい公園と楽しい催し物、大いに堪能しました。
是非、違う季節に再訪しましょう。

帰りに「ポケットファームどきどき茨城町店」で野菜を調達。
カリフラワー、蓮根、水菜、等、沢山。
image

image

菊盛」の純米生酒が売っていました。
菊盛は「来福」とともに、お気に入りの茨城のお酒で、思わず購入。
image

image

濃い旨味、香り高く、強めの炭酸、これは美味しい。
とても気に入りましたが、一般に市販されておらず、ポケットファームどきどきでの限定販売とのこと。
う~ん、残念!!
今日のお昼その2
image

玉子焼が美味しい!!、ご馳走様でした。

朝早くから、秋の一日を楽しみました。

本日は次女の課題作品の展示会があり、東京都小平市に寄って、その後、府中のサントリー武蔵野ビール工場の工場見学を予定します。

東京上野ライン、中央線、西武国分寺線で鷹の台へ。
玉川上水の道、何時もながら気持ちの良い道、後何回歩きますかね。
image

image

展示会、「アイデンティティとブランディングコミュニケーション」なるテーマ。
image

image

image

image

image

image

皆さんなかなかの力作で、何よりも、何時になく判りやすいかな!? ()

さて、武蔵野線で府中本町に向います。
見学まで少し時間があるので、 府中の「大國魂神社」辺りを散歩。

とても立派な神社です。
image

image

image

image

image


境内の種々のお社。

松尾神社、お酒の神様、サントリー武蔵野ビール工場の奉納がありました。
image

image


宮之咩神社、芸能と安産の神様、穴の開いた柄杓を奉納する風変わりな風習。
image

image



サントリー武蔵野ビール工場」へ。

東京競馬場」と「サントリー武蔵野ビール工場」の間を中央高速が通っています。
中央フリーウェイ♪
右に見える競馬場 左はビール工場♪
この道は まるで滑走路 夜空に続く ♪
」の歌詞通りなんですね。

image

image


サントリービール武蔵野工場
image


エントランスに荒井由実の色紙が。
2011年の色紙ですが、「14番目の月」なので荒井由実で良いでしょう。
image


「ザ・プレミアム・モルツ講座」と名付けられた見学のスケジュールは、映像25分、工場見学30分、試飲35分、90分と長丁場です。

image

image

image

コースの段取り、説明は洗練されています。
1時間があっという間に終わったように感じました。

試飲は、ザ・プレミアム・モルツ、ザ・プレミアム・モルツ「香るプレミアム」、ザ・プレミアム・モルツ「マスターズドリーム」の3種、摘みも3種と豪華版。
image

それぞれ個性があってとても美味しいのですが、やはりオリジナルのザ・プレミアム・モルツが好みです。
ご馳走様でした。

このサントリー武蔵野ビール工場が6つ目の工場ですが、一番かも。
素晴らしいホスピタリティ、企業としての姿勢なんでしょうね。
サントリーは、あと、京都工場と九州熊本工場の二カ所で工場見学ができます。
楽しみです。

このページのトップヘ