牡蠣三昧番外編で、お土産に持ち帰った殻付き牡蠣で、牡蠣の燻製のオリーブオイル漬けを作りました。
①牡蠣を沸騰した状態から8分蒸します(丸い部分を下にして)。
20210305_161606
20210305_161733
②蒸し上がった牡蠣から身を取り出して、牡蠣からに溜まった蒸し汁を集めスコッチウイスキーを加えて、身に振りかけて一晩冷蔵庫で保存します(①〜②は前日に作業しました)。
20210306_084153
③②の牡蠣をキッチンペーパーでよく水分を拭き取ります。
20210306_091531
④③をスモーカーで温燻(前後60℃で20分)。
20210306_093125
20210306_094153
⑤燻し上がった牡蠣を風乾して、きつい燻製の匂いを飛ばします。
20210306_124327
⑥煮沸したガラス瓶に⑤を入れて、牡蠣の身が浸り切るまでオリーブオイルを注いで完成です。
20210306_130840
20210306_131008
出来上がりを摘まみましたが、なかなか良い出来でした。
2〜3日経つと味が落ち着いてもっと美味しくなるでしょう。

今日の夕食は、本鮪の頭身の刺身、牛肉の甘辛炒め茹でキャベツ添え、蒸し秘伝豆。
20210306_185955
鮪の頭身と表示されていましたが、「脳天」のようです。
少し筋がありますが、鮪の旨味が強く脂ものって美味しいです。
20210306_190023
20210306_190004
蒸し秘伝豆、秘伝豆は山形県名産の青大豆の一種?だそうです。
他の地方であれば、浸し豆ですね。
味が濃くなかなか美味しく、山形県を訪れると買ってきます。
20210306_190036
ご馳走様でした。