終日道の駅ばんだいに滞在

道の駅ばんだいの朝、薄っすらと雪が積もっていました。

20210224_071210
気温も漸く-1.1℃、因みに中段は本体で室温、下段左は子機1で外気、中央はベッド下のラッゲージ、右は冷蔵庫です。
20210224_071323

今日は順延した造り酒屋&喜多方街歩きで、道の駅から15kmくらいのウォーキングになります。
20210224_084248
暫くは田圃道。
20210224_084445
喜多方の街中に入って、国登録有形文化財の「旧甲斐家蔵住宅」を見物。
20210224_095936
道に面した旧店舗部、目を引く曲線の吊り階段、一本の大欅ので作られたもので、曲線部も熱で曲げたのではなく手斧で切り出したもの、此れだけで普通の家一軒分経費が掛かったそうです。
20210224_094920
当時のままの歪みのあるガラス戸の向こうの長い廊下も1本の大欅で、4枚の大板で作られているそうです。
20210224_094945
表に戻って庭の入り口から、蔵座敷へ。
20210224_095109
立派な庭の向こうに蔵座敷があります。
20210224_095136
20210224_095223
総檜造り、切目縁は大欅、壁は金箔の大唐紙、障子は紫檀、等々、贅を凝らした造りとのこと。
20210224_095729
20210224_095340
20210224_095409
蔵座敷の建築費で当時の15万円とも30万円とも謂われているとのことですが。当時の米の価格から現在の金額に換算すると、30万円で約5億円だそうです。
20210224_095836

喜多方市のメインストリート
20210224_100339

造り酒屋その1の大和川酒造、寛政2年(1790年)創業の老舗、2018年の5月の喜多方酒蔵のんびりウォーク以来3回目です。
先ずは酒蔵見学。
20210224_101100
20210224_101207
もう来週はひな祭りなんですね。
20210224_101340
巨大な杉玉、見事な三和土。
20210224_101358
江戸蔵
20210224_101413
大正蔵
20210224_101831
昭和蔵の仕込み水と松尾神社のお社。
飯豊山伏流水を珈琲用に汲んでいきました。
20210224_101853
テイスティングルームで試飲。
酒の好み「香り高く旨味甘みが強いもの」を伝えて、お店の方のお奨め4種と希望3種(内有料2品)
20210224_103530
20210224_102331
20210224_102605
20210224_102648
20210224_103042
此処から希望したものです。
前回も買った一番のお気に入りの「弥右衛門 純米活性濁り酒」、強炭酸でガス感と香りと甘酸のバランスが素晴らしいです。
今日は、前回よりガス感は弱めですが、それでも美味しいです。
20210224_103348
有料(300円)、純米大吟醸四方四里
20210224_102746
有料(400円)、純米大吟醸 いのち。
雑味が無いというべきか、すーと喉を流れる感じです。
20210224_102755

何れも美味しかったのですが、何時ものように、「とても高級なお酒より、中級くらいのお酒が美味しいい」と感じる経済的な我が家でありました。
「弥右衛門 純米活性濁り酒」(1,650円)をお買い上げです。
20210224_103533
次回も、訪れるでしょうね。
20210224_103648

路地裏を歩いていきます。
20210224_104129
少し早いお昼で、「食堂なまえ」へ。
此の店は、喜多方市の食べログ上のランキングの1位(点数:3.76、2021年2月24日時点)です。
食べログ信者ではありませんが、有用な情報源として重宝している者としては気になり、一度訪れたいと思っていました。
4人テーブル1卓、2人テーブル2卓の小さなお店で、我が家で満席になりました。
20210224_111851
20210224_105649
チャーシューメン(右、650円)、極太手打ちチャーシューメン(左、670円)。
20210224_111144
チャーシューメン、多加水中太縮れ麺。
20210224_111202
極太手打ちチャーシューメン、フィットチーネ並みの平打ち縮れ麺。
20210224_111235
さてお味は?
美味しいです、特徴が無いと謂うか、吃驚?するくらい普通に美味しいです。
スープも尖がったところも無く唯々優しい味わい、麺もツルンとした喜多方らいしい食感、バラチャーシュー・しなちく・なると・刻み葱の具材もオーソドックス、喜多方ラーメンの典型なんでしょうね。
さてさて、私はやっぱり「喜一」が一番好きですね。
因みに食べログの順位は以下の通りで、今日で①、②、④、⑤に行ったことになりました。
①食堂なまえ:3.76
②坂内食堂:3.75
③食堂はせがわ:3.71
④まこと食堂:3.69
⑤喜一:3.68

「お菓子のヤマグチ」で、今日のおやつ(喜多方ら〜めん大福と味噌餅)を購入。
20210224_112802
20210224_112809

もう一軒の買い物は此方「北見八郎平商店」。
実はある物を買おうと訪れました。
20210224_120755
20210224_120355
20210224_113820
さて、気に入った物がありました。
会津塗の汁椀です。
長年(30年くらい))使った高岡塗の汁椀がひびが入ってしまって、買い替えようと思っていました。
大振りで、汁椀以外にも料理を盛っても良さそうで、色々と応用できそうです。

20210225_154149
栃の薄い生地で軽く、赤と黒の木立の反転の揃いです。
20210225_154252
多分一生物?になるでしょう。

水曜日は休みの店が多いようです。
20210224_123739
喜多方(会津)あるあるの肉屋さん、馬が入っています。
20210224_123747

やっと「ほまれ酒造」に到着。
20210224_130230
なななんと、まさかの臨時休業、昨日は祝日の定休日だったのですが、
20210224_130431
何と2月一杯でした。
昨日に引き続き、詰めの甘さが露呈した今日でした。
このご時世、事前の電話確認は必須です。
20210224_130438

とぼとぼと道の駅まで歩きました。
20210224_133725

本日の走行軌跡

1614233754752
1614233758794
歩行距離は15.57km、久々の15km越え、飲み意地と食い維持の為せる技です。
3時間31分(3.5時間)散歩(メッツ値は3.5)した時の消費カロリーは、
3.5 × 65 × 3.5 ×1.05 = 836kcaL 
でした。

今日もP泊地は「道の駅喜多の郷」で、温泉入浴も「蔵の湯」でした。

1614233770293


喜多方ら〜めん大福と味噌餅の遅いおやつ、本物のなるとがキュート、味噌餅素朴でなかなか良い感じです。
20210224_161543
ご馳走様でした。

本日のメインディッシュの若松ミート㈱の国産馬肉の腿肉160g(1,500円)、前回同様です。20210224_174703

馬刺しの薄切りと厚切りの2皿、鰊の山椒漬け、ちょこっと白菜豚バラミルフィーユ鍋、蒟蒻のキンピラ、烏賊の塩辛。
20210224_181129
少しサシも入っていて、柔らかく優しい旨味、厚切りは添付の辛子味噌がよく合います。

20210224_180954
薄切りにすると更に優しい味わいになり、ポン酢が合います。
20210224_180948
20210224_180933
20210224_180939
奈良萬 純米原酒 おりがらみ(夢心酒造株式会社)、微炭酸のレベルですが、爽やかな甘みと酸味が印象的なお酒です。
馬刺しとよく合いました。
20210224_181144
ご馳走様でした。