4連休の2日目の日曜日、次女、相方、私の3人、混むのを承知で栃木県の南東部のさくら市、那珂川町、那須烏山市辺りへ出掛けることにしました。

朝7時に出発して、さくら市の喜連川へ。
10時に本日の目的地その1の「喜連川早乙女温泉」(1,100円)に到着。
喜連川の端の山中にある温泉、素晴らしい泉質と開放感のある浴室で我が家のお気に入り、鮎のシーズンには、「道の駅二宮」⇒「早乙女温泉」⇒「余一やな」のコースでよく行きました。
 20200920_095723
NETから拝借した浴室の写真。
広々として天井が高く、浴室の奥の壁が無く、とても開放的です。
広い湯舟、湯舟を取り囲む形の良い大きな石、コンクリートの床を掛け流しのお湯が綺麗に流れています。
湯舟の内側に沈んだ座り心地の良い石があって、上半身を出して涼むのにとても具合が良いです。
理想的な浴室かもしれませんね。
0c85e730607f59c9764448355062cecb
硫化水素臭と石油臭、薄濁りで陽が当たるとエメラルドグリーン、40℃くらいの温めの湯で、ゆっくりと浸かることができます。
466b6ddc7067545b42b02342dd7dbea9
ナトリウム-含硫黄-ナトリウム/カルシウム-塩化物泉(中性高張性高温泉)・加水無加熱源泉ドバドバ掛け流し・泉温/湯舟:73/40・淡緑色白濁・硫化水素臭石油臭・塩味苦味渋味・サラスベ・個性派立ち寄り湯系。

道の駅きつれがわに寄って野菜の調達。
20200920_093238

今日の目的地その2の「栃木県なかがわ水遊園」。
栃木県唯一で淡水魚中心の水族館、10年くらい前に一度訪れたことがあります。
20200920_113943
20200920_114112
20200920_114116
検温で行列ができていました。
入場料は大人650円でしたが、65歳以上は老人週間で無料でした
でも老人週間という表現、老人福祉法によって制定された表現なんでしょうが、少し抵抗を感じますね
那珂川に生息している魚類が上流から下流へ展示されています。
20200920_120151
20200920_120145
20200920_120154
20200920_120414
最後に海の生物も。
20200920_121047
もう一つのアマゾン川を再現した巨大水槽
2m超えのピラルクー、最近よく釣っていますね(あつまれ動物の森のはなしですが)。
20200920_121756
20200920_122331
併設のレストラン、ピラルクーやキャットフィッシュのメニューがあります。
20200920_122931

馬頭の「ミートショップとりよし」へ。
20200920_130458
店名はとりよしですが、豚肉と馬肉が中心で、鶏肉はありません。
お目当ての馬刺し(腿肉と霜降り肉)を購入。
20200920_130516

本日の目的地その3、烏山の「矢沢のやな」。
何時もは「寒井観光余一やな」に行くのですが、新型コロナで今年は休業してしまい、初めて矢沢のやなを訪れてみました。
20200920_132746
20200920_132801
広い食堂にぽつぽつとお客様。
20200920_132826
鮎の刺身、生き鮎でまだ口をパクパクさせています
身が厚く、良い歯ごたえ、脂が乗っていて甘く、美味しいですね。
20200920_133257
鮎の塩焼き(×2)。
私は鮎の串を抜いて塩を払って頭から食べる習慣ですが、少し焼きが甘いのか、頭のパリっと感が無く、背骨も残り、ちょっと残念です。
20200920_133820
やな定食(×1、塩焼き2本、鮎フライ、鮎の炊き込みご飯、漬物、味噌汁)
20200920_133936
先ず美味しく頂きましたが、鮎を食べた!!!感が少々希薄だったような・・・。
ご馳走様でした。
今年は簗は設置しないみたいです。
遠くに友釣りの釣り人。
20200920_135257
20200920_135314

烏山の「島崎酒造」の洞窟酒蔵見物へ。
第二次世界大戦末期に造営された戦車の製造工場跡を日本酒の熟成庫に使っているとのことです。
20200920_142041
砂岩の手堀り、だそうです。
20200920_142059
総面積2,400m×mを400人で1.5年で手掘り、凄いですね。
20200920_142151
20200920_142347
20200920_142727
20200920_142734
owner's Bottle、最大20年保存で費用は33,000円、どうなんでしょう?
20200920_143016
20200920_143013
試飲コーナーがありました。
先日の「鍋店株式会社」では私が試飲したので、今日は相方です。
20200920_143519
純米酒、純米大吟醸、大吟醸、先ず美味しいのですが、「香り高く甘み旨味が強くどっしりとした飲み心地」が好みの我が家には、ちょっと物足りないという印象であった、とのことでした。
20200920_143540

ゆっくり走って、17時に帰宅しました。

夕食は、馬刺し2種(腿肉、霜降り肉)、焼き野菜(長茄子、椎茸)、南蛮の炒め煮、茹で生落花生。
たっぷりの馬刺し、贅沢に結構厚切りを大蒜辛味噌、大蒜胡麻油、本返し(甘口醤油代わり)で頂きました。
腿肉(手前)は赤身の旨さとさくっとした食感、会津でいつも食べる馬刺しです。
霜降り肉(奥)は、脂の濃厚な甘みと旨味、ねっとりした食感、これは美味しい!!!
これだけのものはそうそう食べれませんね、堪能しました。
20200920_185121
追加の槍烏賊の筒焼き(釣り物冷凍保存6ヶ月経過)、まだ美味しく頂けます。
20200920_185659
デザートは、昨日に引き続き、三軒茶屋の「OIMO」の生スイートポテトの残り5種。
20200920_193249
ご馳走様でした。