今日も夏らしい、少しくすんだ様な青空の天気です。
朝からミンミンゼミが賑やかに鳴いていて、遠くでアブラゼミの鳴き声も聞こえます。
先週の前半ごろからセミが鳴き始めたのですが、今年の初蝉はミンミンゼミで、アブラゼミの鳴き声を聞いたのは少し後でした。
昔はアブラゼミばかりでミンミンゼミは珍しかったような記憶がありますが、最近はミンミンゼミが多くなったような、というかアブラゼミが減ったような印象があります。
NETで調べてみると、同じようなことが書かれている記事が散見されて、アブラゼミが減った(或いは減ったように感じる)理由として、次のようなことが書かれています。
①地球温暖化
アブラゼミはもともと湿度の高い環境が好きなのだが、地球温暖化の影響で乾燥が進んで、生息数を減少させている。
②鳥による捕食
アブラゼミの生息域では鳥に捕食され易い。
③もう一つ、出現時期の違いで、アブラゼミが減ったような印象を受ける可能性。
通常アブラゼミは7月上旬~、ミンミンゼミは7月下旬~と言われているが、年によってはそれが逆転する場合もある。
アブラゼミは高温と高湿度を好み、ミンミンゼミは暑さに弱いとされていて、梅雨の長短、降水量の多寡や気温によって出てくる時期が前後して、あたかもどちらかが増えたり減ったりするように感じる。
これらが複合しているのかもしれませんね。
20200808_055442

お昼は、冷ったいそば風、鰹漬け・焼き茄子・大葉茗荷長葱・とろろ冷やしそばです。
20200805_130558
各具材とそばと汁をよく冷やすのと、そば茹でる時間を規定(7分)より2分くらい長く茹でて氷水でしっかり〆る、がコツでしょうか。
そばの表面が柔らかく芯がもちっとして、喉越しがよく、美味しいです。
20200805_130647
ご馳走様でした。