最近、珈琲豆の焙煎に凝っている知人から、2種類の焙煎珈琲豆を頂きました。
先ず、エチオピア GRADE4 (モカ) シティローストと表記されたされたものを頂きます。
20200713_080032

古いMAGIC BULEETで粉に挽きます。
20200713_080048
20200713_080144

寺沢製菓のてらチョコバー(チーズレーズン)と一緒に頂きます。
香りが良く、程好い苦みと珈琲らしい風味で、なかなか飲みやすいです。
20200713_080735
ご馳走様でした。
暫く楽しめますね。

朝の雨が止んだので、戸頭までシルバK&H号で買物へ。
20200713_110242
此処のところの長雨で、利根川も川幅一杯の満水です。
20200713_110513

お昼は、骨付き鶏腿肉のカレー。
具材:自家製炒め玉葱ペースト、自家製トマトペースト、骨付き鶏腿肉
香辛料:S&Bカレー粉、ガラムマサラ、生姜千切り、粗びき黒胡椒、輪切りの鷹の爪
調味料:コンソメキューブ、トマトケチャップ、ウスターソース、本返し
ご飯:インディカ米(タイ産ジャスミンライス)
買物へ行っている間+αで、2時間くらい弱火で煮込みました。
簡単な割に結構本格的カレーになっています。
固めのサフランライスがトロミが少ないカレーとなかなか良く合います。
20200713_121747
ご馳走様でした。
もう少し作り込んでレシピが確定したら、紹介しようと思います。

夕食は、生メバチ鮪のダルマ、スペアリブ2種(タレ付け焼き、レンチンで叉焼風)胡瓜添え、焼きナス、ミニトマト。
生メバチ鮪の「ダルマ」と表示のあったものですが、メバチ鮪の幼魚がころっと丸いのでそう呼ぶそうです。
本鮪の幼魚は「メジ」、木肌鮪の幼魚は「キメジ」ですね。
さてダルマ、脂が少し乗っていますが、さっぱりと爽やかな味わいです。
それでも鮪族の幼魚では、何といってもメジです。
近海のメジは普通生で流通するので、メジが売ってれば即買いですね。
スペアリブ、先ず美味しいのですが、相方の何時もの「茹で⇒BBQ風ケチャップソースの付け焼き」が一番かな。
20200713_185112
ご馳走様でした。