6月2日の釣行、またまためそ一匹に終わり、泣きの一回で今日も近隣某所へ。

今日は少し遅めで15:30に釣り場に到着です。
釣り開始までに、竿先に付ける当たりを伝えるための鈴をN師匠に付けて頂きました。
市販の鈴だと投げる時に道糸に絡まったり干渉したりするのですが、鈴をトップガイドに丸環で直に付ける方法でそれがありません。
それともう一つ、N師匠からおやつにと、鰻の甘露煮の押し寿司を頂きました(写真撮り忘れ)。
甘露煮は、鰻を裂いて適当な大きさに切り分けて醤油と味醂と砂糖で小一時間ことこと煮込む、という作り方とのこと。
鰻の旨味が強く、山椒が効いていて、とても美味しいですね。
沢山釣れたら作ってみたいところですが、私では無理っぽいですね
KIMG2437
KIMG2438
KIMG2440
KIMG2439
今日も18:00過ぎに時合が訪れ、N師匠にばたばたと当たりが訪れます。
今日も同じ展開?と思われましたが、私にも一回明瞭な当たりがあって、強く合わせるとしっかりとした乗りがあり、リールを巻くと結構な引きを見せて60cm弱の鰻が上がりました。
小型の部類ですが、めそ卒業の立派な鰻です。
これ以外に極小めそ(40cm弱、リリースしました)が上がり、都合2本の釣果となりました。
さて、N師匠はというと、8本上げて、5本お持ち帰りでした。
この3回、毎回同じような釣果、見事としか言いようがありません。
さて、まともな鰻を先ず一本という目標は達成できました。
N師匠、ご指導、また色々とお付き合い下さり、また鰻を頂戴して、有難うございました。
さて、N師匠に頂いた5本と私が釣った3本で、今度の土曜日に家族が集まって鰻パーティを計画しています。
今から楽しみです。