白い木蓮(ハクモクレン)が終わって、紫色の木蓮(モクレン)咲き始めました。
白い木蓮は2月中旬頃に咲き出すので、木蓮の咲く時期は2ヶ月くらいになるのですね。
KIMG1133

新町の染井吉野、地面に大分散っているのですが、よく見ると枝毎に散っている枝と未だ蕾の枝が、結構明確に分かれていました。
KIMG1136
手前は蕾が多い枝で、上の方は大分散っています。
KIMG1135
櫻だけでなく、植物は一般的に「開花順序」があって、「最初に主軸の茎頂の花(花序の先端か中心にある)が咲き、次に主軸から別れた枝の茎頂の花、という順に咲いていく。」という傾向があるとのことで、散った花の多い枝が主軸の茎頂で、蕾が多い枝は主軸から別れた枝に相当している可能性があります。
開花順序、暖冬による弱い休眠打破、開花後の寒の戻り、先週末の強風、こんなことが複合で影響しているかもしれませんね。

常総ふれあい道の和菓子屋さんの「伊勢屋」で櫻餅を買って帰りました。
櫻の葉の塩漬けの杏仁のような香り、薄焼きの餅と穏やかな甘みの漉し餡、美味しいですね。
因みにこの葉は「オオシマサクラ(大島桜)」の葉で、香りの成分は「クマリン」とのことです。
ヤマザクラの葉にクマリンが無く、染井吉野はエドヒガン(江戸彼岸)系とオオシマザクラの交雑種ということで、クマリンがあるそうです。
但し、葉が大きくて、葉の両面が無毛のオオシマザクラが塩漬けに最も適しているようです。
KIMG1138
ご馳走様でした。