02:15(自宅)⇒04:00(鹿嶋港)⇒槍烏賊釣り(05:00~13:00)⇒16:00(自宅)

出船前の第3幸栄丸、ドラム缶焚き火、今時無くなりつつある漁港の遊漁船出船風景です。
KIMG0617
今日は、槍烏賊2艘、メバルとヒラメ各1艘、4艘出しです。
ウィークデイでもこの船数、鹿嶋随一の釣り宿ですね。
KIMG0618
KIMG0619

風もうねりもない海を快調に走って、鹿嶋真沖30kmで実釣開始。
KIMG0620
KIMG0621
KIMG0623
ポツンポツンと1点か多くて2点掛けで中型から大型の槍烏賊が乗って上がります。
KIMG0622
波高は1~1.5m程度、鹿嶋沖としては凪です。
KIMG0626
このくらい大きいと、ドキッとするくらいよく引きます。
KIMG0624
多分2~3杯乗って、先調子の竿先を叩いています。
このリールは、ダイワのシーボーグ300の初代モデル、既に20年使用していますが、音が大きくなって少し滑らかさが無くなったくらいで問題はありません。
KIMG0635
ヤマシタのたまご針、私は長年これ一本です。
KIMG0638
メロン・ラメに乗っていました。
KIMG0633
何時もは陽が登ると乗りが落ちていくのですが、今日は型は少し小さくなりますが、沖上がりまで良く乗りました。
KIMG0642
本当の良い凪、日和でした。
釣果は、中型主体に大型と小型が混じって、45杯でした。
前回が23杯だったので、よく乗りました。
KIMG0645

帰港して船宿のサービスのカレーを頂きます。
学校給食のようなカレーですが、これが美味しく楽しみになっています。
KIMG0647
もう一つ、この船宿の槍烏賊釣りのお楽しみのイカパック(パックに烏賊と酸素と海水を詰めて烏賊を活かして持ち帰る)のサービス(1杯分)を受け取って帰宅しました。

イカパックのなかの槍烏賊
KIMG0651
槍烏賊の活け造り
KIMG0652
槍烏賊を仰向けにして
KIMG0653
KIMG0654
胴を裂いて、腸と中骨とげそを取って
KIMG0655
表に返して縦に二つに割って
KIMG0659
皮を剥かずにそのまま横切り
KIMG0660
烏賊の活け造り、というよりバラバラ死体ですね
KIMG0666
槍烏賊の活け造りは、身は透明で、甘く、ぱりぱりとした食感、本当に美味しいです。
釣って当日の槍烏賊は魚屋で買う槍烏賊とは別物ですが、この活け槍烏賊は更に別物です。
イカパックのサービスがある限り、第3幸栄丸に通い続けるでしょう。
KIMG0669
槍烏賊とスナップエンドウと舞茸の中華風炒め
KIMG0671
ご馳走様でした。

明日、明後日に食べる槍烏賊を除いて、傘袋入れて空気を抜いて結んで、専用冷凍庫に収納しましました。
これで数か月は美味しく頂けます。
KIMG0672