道の駅良寛の里わしま(06:30)⇒富山市(10:45)⇒氷見市(12:00)

道の駅良寛の里わしまの朝、今日は強風も収まり穏やかです。
KIMG6418

国道8号線をひた走り、新潟を抜けて富山に。
昼過ぎに氷見に行きますが、富山市内のうどん屋さんの「糸庄」でお昼を頂きます。
KIMG6420
情報番組で取り上げられて、是非訪れたいと思っていました。
開店前なのに30人くらいの行列、人気があるのですね。
KIMG6419
富山市民のソウルフードと紹介されていたもつ煮込みうどん、もつ煮込みうどん(900円×2)、ご飯(150円)、生卵(60円)を注文。
ぐらぐらと沸騰した土鍋がサーブ、太目の氷見うどん、たっぷりのもつ煮、富山のかまぼこ、海老天婦羅が乗ってます。
KIMG6421
大振りでふるふるで上質なもつ煮、煮込んでも伸びない氷見うどん、ピリッと唐辛子が効いた味噌味、美味し
いです。
ご飯が良く合います。
KIMG6423
最後は、ご飯にもつ煮とたまごを乗せて丼に。
KIMG6425
ご馳走様でした。

道の駅氷見番屋街近くの公園で相方の母上と待ち合わせて。
KIMG6427
KIMG6428
富山湾越しに剣立山連峰が遠望。
冬に富山湾越しの雪の連峰を一度見てみたいと思っていますが、まだ叶っていません。
KIMG6429

氷見温泉の「永芳閣」へ。
毎年秋に相方の母上と高岡近郊の温泉に行くのが恒例になっています。
永芳閣、とても立派な温泉旅館で、かってはこの辺りでは一番高級な旅館だったそうですが、今はBBHホテルグループの傘下に入り、手軽に泊まれるようになったそうです。
KIMG6441
KIMG6442
KIMG6444
KIMG6445

部屋は、新館天遊の和室と洋室のツインルームの特別客室、本来は本館の普通の部屋だったのですがグレードアップして貰ったようです。
KIMG6440
KIMG6476
KIMG6446
KIMG6451
KIMG6452

早速一風呂浴びにに行くと、広々とした内湯と露天風呂で循環仕様、ここれだけ大きな温泉では致し方ないですが、気持ち良く入浴しました。
風呂上がりにビールを飲んで、夕食までゆっくり休息です。
部屋からも富山湾輿越しに剣立山連峰。
KIMG6449
月が昇りました。
KIMG6448

夕食は夕食会場の個別エリアでゆっくりと。
料理は、氷見名産の数々、氷見の魚の五種のお造り、鮑の踊り焼きか刺身、白海老料理(唐揚げと刺身二種)、氷見うどん、氷見牛のしゃぶしゃぶ、松茸の蒸籠飯、デザート、とても美味しく頂きました。

お品書き
KIMG6459
前菜
KIMG6458
氷見の魚介五種の刺身(鯵、ふくらぎ、梶木鮪、鰆、甘海老)
KIMG6457a
鮑の踊り焼き
KIMG6460
KIMG6469
鮑の刺身
KIMG6461
白海老唐揚げ
KIMG6468
白海老刺身二種
KIMG6467
氷見うどん
KIMG6470
氷見牛のしゃぶしゃぶ
KIMG6473
松茸の蒸籠飯と吸い物
KIMG6474
デザート
KIMG6475
またフリードリンクの飲み物がなかなかのもの、真寿泉や立山の富山の銘醸の24種のお酒(純米~純米)が飲み放題、インパクトのある生ビールのサーバー、大いに楽しみました。
楽しいビールサーバー
専用のジョッキをセットすると、綺麗な証明と共にジョッキの底部からビールが供給され、なかなかインパクトがあります。
KIMG6455
24種の銘酒飲み放題
KIMG6454
KIMG6463
*お酒の解説とお猪口がセットになっていて、これは便利
KIMG6466
4セット24種を飲み切り、推定酒量は4合、ははは、ほぼ限界です
KIMG6471

部屋に帰って、私はバタンキュー、でした。
KIMG6477

さて、当初は富山から下道を2日掛けて帰宅する予定でしたが、台風19号の進行が早まったようなので、高速も使いながら明日一日で帰宅することにしました。