道の駅ふたつい(06:00)⇒鶴岡市(10:40)⇒道の駅良寛の里わしま(17:30)

道の駅ふたついの朝、夜半の雨が上がりましたが、曇りがちで強い風が吹いています。
KIMG6392

朝食は、自家製鮭そぼろと自家製イクラの鮭の親子丼と味噌汁とトマトと林檎。
鮭の親子丼、毎日でも食べれますね。
KIMG6390
KIMG6391

10日に富山で約束があり、今日、明日と国道7号・国道8号を走って行きます。
強い西風が吹いて、日本海は大荒れです。
KIMG6393

移動日の今日、唯一の立ちよりスポットは鶴岡市の海辺の「琴平荘 中華そば処」です。
山形県鶴岡市三瀬の辺境(済みません)、ラーメン王国山形で一番の人気店、10月から5月の8ヶ月営業・・・、行くこと自体が困難な店としてつとに有名です。
KIMG6394
駐車場、強風が吹きすさぶ日本海の間近です。
KIMG6403
開店の30分前の10:30に着くと駐車場はほぼ満杯、手に入れたナンバーカードは37(37グループ目で80~100名、推定待ち時間は1時間くらい?)、平日なのに大した混み様です。
KIMG6396
KIMG6397
11:00、開店しました。
KIMG6399
11:40に席に案内され、中華そば(750円)、チャーシューメン(900円)、トッピング海苔(100円)を注文、11:50にサーブでした。
KIMG6400
それらしくインプレッションを。
麺:北関東から福島・山形でよくみられる多加水平打ちぴろぴろ手打ち麺、小麦の香り強め、最後までのびない、220gと麺量は東北基準のボリューム
スープ:鶏とあごだし他、化学調味料不使用でここまで強い旨味を出すのはお見事です。
叉焼:肉と脂身のバランス良くほろほろの食感
メンマ:普通に美味しい
全体:個々の素材は美味しく、集まってもとても良いバランス、文句の付けようがありせん。只、行儀がよすぎるというか、パンチというか面白みが欲しく感じてしまいました。
KIMG6402

本日の温泉入浴は「あつみ温泉正面湯」(200円)。
あつみ温泉、左岸は大箱の温泉ホテル、右岸はこじんまりとした温泉宿が続いています。
KIMG6404
飲泉所、飲まずにはいられません。
KIMG6405
足湯付きのcafe、ちょっとお洒落です。
KIMG6409
正面湯、改修工事中でした。
KIMG6408
浴室の写真はNETから拝借。
4人でいっぱいの小振りな湯舟にきりっと熱いお湯が滔々と掛け流し。
img_9
img_11
ナトリウム/カルシウム-塩化物/硫酸塩泉(中性低張性高温泉)・無加熱無加水源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯船:68/44・無色透明・微硫化水素臭・微塩味甘ダシ・サラスベ・伝統的共同浴場系。
古い温泉街の共同浴場の典型のような施設、好みです。

本日のP泊地は、道の駅良寛の里わしま。
夕食は、自家製関西風羽根つき餃子、真鯛の昆布締めのホイル蒸、鮭の塩こうじ漬けのホイル蒸、青森毛豆、帆立貝紐の煮物。
KIMG6411
真鯛の昆布締めのホイル蒸、ふっくらこんもりとした蒸し上がり、ふわふわの食感と上品な旨味、美味しいです。
昆布締めの魚でホイル蒸し、此れは色々と応用が出来そうです。
KIMG6412
KIMG6415
今日の手作り餃子、まずまずの出来です。
KIMG6414
ご馳走様でした。

今日は少し、宿題を。
KIMG6416