月例の中野の両親の墓参りへ。

菩提寺の入り口に、高札で「山門不幸」とありました。
多分そうかな?と思いながらNETで引くと、「住職の死」の意でした。
13年前の父の葬儀の時はお元気でしたが、最近亡くなられたのですね。
父より少し若いとのことでしたので、90歳以上と長生きされたようです。
KIMG3068
KIMG3063
KIMG3065
KIMG3066

取手への帰り道、葛飾区の柴又に寄ってみました。
25年くらい前までお隣の高砂に住んでいて、長女が通った幼稚園は柴又帝釈天のルンビニー幼稚園と、柴又は生活圏でした。
KIMG3069

さて今日のお目当ては「寅さん記念館」です。
とっている新聞の景品で入場券を貰っての訪問です。
高砂に住んでいた当時は未だ出来ていませんでしたね。
KIMG3086
KIMG3070
KIMG3085
KIMG3071
寅さんが生まれてから、家を飛び出して諸国を流離い、再び柴又に戻って来て、フーテンの寅さんの物語が始まるまでを解説している紙芝居風の出し物です。
KIMG3072
「くるまや」で寅さんが居眠りをしています。
KIMG3073
KIMG3074
KIMG3076
帝釈天の参道
KIMG3077
帝釈人車鉄道(金町⇔帝釈天)なるものが、1899年(明治32)~1913年(大正2年)まであったそうです。
KIMG3078
人が押したのですね。
1563410153502

KIMG3079
KIMG3082
なかなか面白かったです。

近くの「山本亭」へ。
公式ホームページの解説を借用しました。
「大正末期に建てられた山本亭は、趣ある書院造に西洋建築を取り入れた、和洋折衷の建築が特徴の建造物です。合資会社山本工場(カメラ部品メーカー)の創立者、故山本栄之助氏の住居として建てられ、大正12年の関東大震災を期に、浅草の小島町から現在地に移転。大正15年から昭和5年までに増改築を重ねました。当時は洋風建築を取り入れることが富裕層の間で流行しており、その佇まいを今に残す貴重な建築として、葛飾区が登録有形文化財に指定。昭和63年に買い取り、平成3年4月から一般公開されています。」
長女と次女の七五三の晴れ着姿を、此処で記念写真を撮りました。
KIMG3087
KIMG3089
KIMG3091
昔は何時も人が殆ど居なかったのですが、今日はウィークデイに拘らず、お客さんがぽつぽつといらしてました。
KIMG3092
KIMG3093
なかなか見事な格子細工です。
KIMG3096
KIMG3098
KIMG3097
こんな洋室も、ステンドグラスが良い感じです。
KIMG3095

柴又駅まで行きました。
KIMG3103
寅さんを見送るさくら、ですかね。
KIMG3105
帝釈天の参道
KIMG3106
KIMG3107
KIMG3108

帝釈天にお詣りしました。
KIMG3102
KIMG3109
見事な松(臥竜松)と本堂
KIMG3100

お昼は久々に、丸亀製麺。
ぶっかけ冷やし並(手前)と冷かけ並(奥)と竹輪天にかき揚げを頂きました。
冷かけは初めてですが、夏はこれも良いですね。
かき揚げは何時も次はやめようと思うのですが、毎回頼んで食べ終わって少し後悔する、の繰り返しです。
KIMG3112
相方と私で個々にグノシーのクーポンを使って、370円に350円、何か申し訳なくなりますね。
ご馳走様でした。

今日の夕食の餃子は、趣向を変えて、皮はワンタンの皮でやってみました。
餡は何時もの通りで、皮と焼き方を変えてます。
レシピの詳細は次回に載せようと思います。
KIMG3114

今日の夕食は、餃子、焼き野菜(茄子と甘唐辛子)、みそきゅう、冷やし掻き玉。
KIMG3115
ぱりぱりの羽根つき、関西風の小さな餃子のような感じ、なかなか美味しいです。
KIMG3116
冷やし掻き玉、茅乃舎の出汁、卵はふわふわで濁らせない、針生姜をたっぷり、なかなか良い出来、美味しいです。
KIMG3118
九州の長茄子、焼くととろっとした食感で、好きです。
KIMG3117
ご馳走様でした。