日田市内の雛祭り見物とポタリング⇒日田市(13:45)⇒豊後森町(14:20)⇒湯布院(15:40)⇒道の駅ゆふいん(17:00)

天領大橋公園の朝、今日も少し冷えました。
KIMG7491
KIMG7495
烏骨鶏の卵掛ご飯、いかなごのくぎ煮、しょうゆ豆、大根の味噌汁。
かっては高コレステロール血症で卵は極力控えていたのですが、最近は気にしなくなりましたね。
KIMG7494
ご馳走様でした。

昨日見付けたセブンイレブン日田高瀬店の併設の水汲み場で、日田銘水源流水を汲みました。
いやー、キャンピングカーの旅では助かりますね。
KIMG7496

日田町の中心へ、制限高さの表示のない跨道橋、相方に見て貰いながら潜りました。
KIMG7498

豆田西駐車場(無料)にプレアデス号を停めて、「全国京都会議」公認の小京都の日田を散走します。
古い商家の街並みが良い雰囲気、さすが公認小京都です。
KIMG7502
KIMG7507

月隈公園、豊後月隈城跡ですね。
KIMG7508
城壁の石組みが残っています。
KIMG7510
KIMG7514

物産館の「天領村の駅」に寄ってみました。
KIMG7518
KIMG7519
思わず買ってしまいました、柚子胡椒3色セット。
使っている唐辛子の色が反映していて、辛さは黄色>赤色>緑色の順だそうです。
KIMG7520
下駄は日田の名産だそうです。
KIMG7523
KIMG7525
「天領日田おひなまつり」を開催中で、先ず原次郎左衛門五醤蔵へ。
立派な醤油醸造所ですね。
KIMG7526
家で代々のお雛様、また収集したお雛様の一部を展示しています。
銘品ばかりです。
KIMG7532
KIMG7527
岩崎本家が設えたお雛様とのこと、素晴らしい意匠ですね、。
KIMG7531
KIMG7533
特に金泥で仕上げた道具類が見事です
KIMG7534
こんなものも、面白いですね。
KIMG7535
KIMG7536
素敵な店内
KIMG7537
KIMG7539
KIMG7540
碍子で電線を張り巡らせています。
KIMG7538
入り口の間口に飾ってある物を店の人に聞くと「祇園の"ぱいぱい"とのこと。
祇園の山笠の飾りで、祭りが終わると近隣に配られて、魔よけや招福に飾るそうです。
この飾りを漢字で白々(ぱいぱい)と表記するんですね。
KIMG7542
KIMG7541
KIMG7544
椎茸問屋の森菊商店
KIMG7548
ここも親子三代のお雛様が飾られていました。
KIMG7545
KIMG7546
KIMG7547
川魚屋さん
KIMG7551
夏であれば鮎が泳いでいるのでしょうが、今はアマゴとニジマスですね。
KIMG7550
日田の繁華街ですね。
KIMG7552

お昼はこの地の名物の日田焼きそばを食べようと、お目当ての店に行くと何と臨時休業。
2番目の候補は定休日で、3番目の店へ。
日田の街を行ったり来たりです。
KIMG7553
三久」、営業していました
KIMG7556
KIMG7557
日田焼きそば(生卵入り、730円)と焼きそば(680円)。
「日田やきそば」の特徴は、①鉄板の上で一部が焦げるほど麺を硬く焼いてカリカリとした新しい食感を楽しむ、②具材は豚肉とたっぷりのもやし、③濃厚ソースで仕上げる、だそうです。
太麺でカリカリとしっとりした部分が4:1ぐらいで食べ応え満点、太いもやしがしゃきしゃき、拍子のようにカットした豚肉が良い感じ、付け合わせのスープが豚骨で如何にも九州、なかなか美味しいです。
KIMG7554
日田街歩きマップのクーポンでちょっとした(クーポンでの表現)デザート(マップの)を貰いましたが、ちよっとでは無く案外しっかりしたデザートで凄く得した気分
KIMG7555
KIMG7558

造り酒屋の「日田薫長酒造」へ、酒林が未だ緑です。
KIMG7561
立派なお雛様です。
KIMG7560
KIMG7564
試飲して一本購入しました。
KIMG7567
KIMG7568
KIMG7570
本日の走行軌跡です。
Screenshot_20190313-114948
本日走行距離:10.2km
累計走行距離(CYLVA F8F):420km
総累計走行距離(ALVLAYS+CYLVA F8F):5,190km
本日消費カロリー:302kcal

湯布院へ移動する途中、豊後森駅の「豊後森機関倉庫公園」に寄りました。
相方が見付けた立ち寄りスポットです。
KIMG7572
KIMG7573
KIMG7574
1552465340891
円柱が下部に向かって少し膨らんでエンタシスのようで、ちょっと遺跡のみたいに見えます。
またモザイク状に割れたガラスがなかなか良い感じです。
KIMG7582
KIMG7580
KIMG7581
KIMG7584
KIMG7585
かっては九州各地にあった機関車庫ですが、次々取り壊されて此処だけ残ったそうです。
なかなか良いものを見物しました。

湯布院に到着
KIMG7591
KIMG7592
本日の温泉入浴は「ゆふいん泰葉」(小浴場、700円)、「まっとうな温泉(西日本版)」の無料券で入浴して、本代(東日本/西日本・合計3,600円)控除後の無料獲得総金額は9,820円となりました。
KIMG7596
KIMG7593
KIMG7594
KIMG7595
温泉の色が珍しい青色で、青色日本一に選ばれているそうです(写真で余り青く写っていませんが)。
とろんとした浴感で、ぬるぬる感もとても強く、本当に温泉らしい温泉です。
1552465682836
ナトリウム-塩化物泉(アルカリ性低張性高温泉)・無加水無加熱源泉トポトポ掛け流し・泉温/湯舟:98.4/41、青色微白濁・無臭・無味・トロヌルツル・今時温泉宿系。

夕食の一杯は
KIMG7597
鯛の白子(地物)の湯引き、豚と玉葱の甘辛炒め、トマトサラダ。
KIMG7598
ご馳走様でした。