本日も早朝から都内へ出掛けて、人足です。
お昼は雇い主のおごりで、日本橋室町の讃岐うどんの「ほし野」で頂きました。
KIMG5691
私はかけ(温、480円)で掻き揚げ(180円)、ちょっと体が冷えたので暖かいうどんにしましたが、偶々なのか?うどんにこしが無く、掛け汁のいりこだしも薄い印象です。
香川県で名店と呼ばれる所でも、茹で置きなのか、かけの熱・熱を注文すると同じようなことがあるので、仕方が無いのですが、ぶっかけかかけなら冷・冷を頼む方が無難かもしれませんね。
てなことを謂いましたが、ボリュームのあるサクサクの掻き揚げを乗せて、美味しく頂きました。
KIMG5690
ご馳走様でした。

陽も暖かく射してきたので、有楽町まで買い物へ。
KIMG5692
中央通りを京橋・銀座方面へ。
KIMG5693
京橋のモンベル、ここでカヤックのネオプレン製のパドリングジョンとフルジップジャケットを買いましたね。
KIMG5694
有楽町の「交通会館」の「徳島・香川トモニ市」で「すだち果汁(徳島産業)」(360mL、1,080円)を3本購入。
秋口から初冬は酢橘や柚子といった生の柑橘類が出回って、焼酎の炭酸割に味付けに使いますが、これからはこれが主流になりますが、消費量は1本/2箇月くらいですね。
KIMG5695

丸の内方面に抜けて、丸の内方面に向かうとこんな建物「三菱一号館美術館」(三菱地所㈱の運営)がありました。
この道は昔通ったことがあるのですが、この建物の記憶がありません。
KIMG5696
東側に入館できる入り口があり、入ってみるとこの建物に関連する展示があるのですが、この建物自身の来歴がどうもよく判りません(探し方が悪いとは思いますが)。
KIMG5697
KIMG5698
KIMG5699
KIMG5700
興味があってNETで調べると、公式ホームページの変革では、1892年1月三菱一号館着工、1894年12月三菱一号館竣工(6月部分竣工)、1968年三菱一号館解体、<この間略>、2009年4月30日「三菱一号館」復元竣工とありました。
道理で見た記憶が無かったのですね。
ところで、公式ページの変革で腑に落ちないことがあり、Wikipediaの「三菱一号館」を覗くと、解体と復元の経緯の説明があり納得(Wikipediaの情報は全て正しいものであるとは思いませんが)。
三菱地所㈱はなかなか凄い(恐ろしい?)企業と感じ入った次第です。

東京駅中央口の前に日章旗が掲揚されていることを初めて知りました(認識できましたと言うべきか?)。
掲揚できる柱がもう2本あって、国賓が訪れた場合等、その国の国旗を掲揚するするみたいですね。
KIMG5702

帰宅して、自家製干し林檎でおやつ。
しなしなで、爽やかな酸味と甘み、美味しいです。
KIMG5703
ご馳走様でした。

今日も利根川の土手に登りましが・・・・・。
KIMG5704
富士山周辺に厚めの雲があって、シルエットさえも見えませんでした。
KIMG5706
KIMG5708
ダイヤモンド富士への道は遥か、です。

椋鳥の大群、プレアデス号の上あたりに300羽ぐらい。
東電さんが鳥除けの細線を電線の上に張ってくれているのですが、それでも器用に止まっています。
この時期は諦めるしかないですね
KIMG5710

夕食は、スペアリブと槍烏賊(購入品、茨城県鹿島沖産)の刺身・しゃぶしゃぶ・アヒージョ。
KIMG5712
飲み物は台湾で家人がブレンドしたオリジナルウィスキーの水割り、とても飲みやすく量を過ごしそうになります。
KIMG5711
槍烏賊はどう料理しても美味しいですね。
ご馳走様でした。
鹿島沖に廻ってきているようなので、その内釣行しましょう。

ところで、Windows10のIMEでは人足(にんそく)はひらがなから変換できないのですね。
支那(しな)が変換できないの同じ理由(放送問題用語等を参考に自主規制)だと思うのですが、その理由を調べてもなかなか出てきません。
使わない方が無難ということでしょうか。