道の駅柿の郷くどやま(13:30)⇒高野町(14:30)⇒高野山山上ポタ

今日は午前中は雨の予報でしたが、その通りに雷交じりで断続的に驟雨が続きました。
11時くらいにやっと雨が止んで雲に切れ間ができたので、先ずは九度山町を散策して、その後に高野山に登る計画としました。
KIMG4420
KIMG4422
KIMG4419

NHKの「ブラタモリ」の2017年9月9日に放送された「#82高野山~高野山は空海テーマパーク!?~」で紹介されていた世界遺産の高野参詣町石道(九度山町の慈尊院:180町石⇒高野山壇上伽藍:1町石、総距離109m×180≒20km)の初めの女人高野の慈尊院の180町石から175町石までを歩いてみましたが、なかなか良い雰囲気でした。
吉野川の船着き場
KIMG4423
KIMG4424
KIMG4425
町石道に続く石畳の古道
KIMG4427
KIMG4428
女人高野の「慈尊院」
KIMG4429
KIMG4430
残っていた雲も消えて、雨上りの素晴らしい快晴。
KIMG4455
KIMG4456
小説の紀の川の件で女人高野の由縁も
KIMG4457
慈尊院に続いて鎮座する「丹生官省符神社」への石段
KIMG4431
その石段の途中にある第180町石、高野山に向かう町石道の始まりです。
KIMG4434
KIMG4435
KIMG4436
179町石
KIMG4438
178町石
KIMG4440
KIMG4441
177町石
KIMG4442
雨上りの古道の靄に陽が射しています。
KIMG4446
KIMG4450
176町石
KIMG4451
175町石
KIMG4452
今日の散策の軌跡
1541768620825
道の駅柿の郷くどやまに戻って、お昼に柿の葉寿司とめはり寿司。
KIMG4460
KIMG4461
ご馳走様でした。

九度山から高野山へ走って、奥の院の無料駐車場に停めて、シルバ号で高野山山上ポタリングへ。
金剛峯寺、壇上伽藍、そして1町石から6町石までゆっくり巡りました。
KIMG4462
金剛峯寺
KIMG4467
KIMG4468
KIMG4469
KIMG4474
高野山壇上伽藍
KIMG4475
KIMG4477
KIMG4478
紅葉が良い感じに色付いています。
KIMG4482
KIMG4483
1町石
KIMG4484
2町石
KIMG4485
3町石
KIMG4481
4町石
KIMG4486
5町石
KIMG4490
6町石
KIMG4493
高野山大門
KIMG4491
高野山の入り口、大変立派な門です。
KIMG4494
大門前の町石道の案内
KIMG4496
KIMG4495
偶々ここでお会いした人は、何度も町石道を歩いたことがあり、この10月には朝早く壇上伽藍(一町石)を歩き始め九土山慈尊院(百八十町石)を越えて大阪の貝塚の自宅まで77kmを歩き切ったそうです。
凄いですね。
Screenshot_20181109-164305
Screenshot_20181109-164400

夕方となり、NETで調べて気になった高野山大学の近くの高野山で唯一(?)の居酒屋の「みやさん」(
みやさん)で外飲み。
開店の17時に入店して、30分で満席。
料理はなかなか美味しく、何よりポーションが大きくとても安い、人気があるのも判ります(小人数だとちょっと辛いかも)。
夜な夜な高野山のお坊さんがお忍び(?)で通うという噂も・・・。
店の外観も良い雰囲気ですが、店内も少しカオスなテイストで雑然としていますが、嫌いではありません。
KIMG4499
店内全面にメニュー札がぶら下がってます。
KIMG4506
サッポロ黒ラベル大瓶(650円)
KIMG4500
地鶏腿肉の叩き(600円)、さっと炙った腿肉を削ぎ切りして、ボリュームいっぱい、玉葱のざく切りが良く合っています。
ぞんざいな盛り方も味の内ですかね。
KIMG4501
揚げ出し豆腐(350円)、これも結構な量です。
KIMG4502
地鶏腿肉ユッケ(480円)、似通った品を選んでしまいましたが、これもなかなか美味しいです。
KIMG4503
鶏皮チップス(450円)、凄い量ですが、サクサクな食感に誘われてペロッと。
KIMG4504
キムチ(200円)
KIMG4505
〆の塩焼きそば(550円)
KIMG4507
これに、冷酒3合を頼んで、お勘定は4,330円、安いです。
それを

KIMG4508
我が家にしては珍しくゆっくりして、シルバK&H号を押して奥の院駐車場へ。
ご馳走様でした。

広い駐車場にプレアデス号が一台、静かに夜は更けました。
何時の日か、道の駅柿の郷くどやまにプレアデス号を停めて、町石道を歩いて高野山に参詣、「みやさん」でたらふく飲んで食べて、バスと電車で戻る、というプランを実行してみたいと思った次第です。