自宅(09:30)⇒紫水ファーム(09:55)

山形県在住のSuさんご夫妻が「ハラさん」さんの紫水ファームに来られてミニオフ会開催とのお話で、私もご一緒させて頂くことに。
石窯の先生のSeさん(元所有者)と神奈川県のIさんも参加されて、賑やかな石窯料理パティーになりそうです。
久々、爽やかな青空が広がりました。
(一部「ハラさん」さんとIさんの写真を拝借しました。)
FB_IMG_1540180893758

先ずは石窯用の薪作り。
Suさんに先日切った楓の丸太を斧で割ってもらいました。
枯れて数年が経っているので乾燥していて、良い薪になりそうです。
KIMG3572
1540163983

石窯で薪を焚いて加熱している間に、Seさんが郷土の秋の味覚の芋煮を炊いて、先ずは腹ごしらえ。
さすがにプロです、出汁が効いて塩梅よくとても美味しく頂きました。
IMG_20181024_094231

同じく待ち時間にカレーの準備、これは私で生ラムのカレー、Iさんは本格的なバターチキンカレー(済みません撮り忘れ)。
KIMG3574

石窯の石板(御影石)の表面温度が450℃になって、先ずはIさんのナンを焼きます。
KIMG3575
表面はパリっと香ばしく、中はフワモチっでほんのり甘い、カレーに良く合って美味しです。
中力粉でドライイースト1次発酵とのことですが、詳しいレシピを伺えば良かったですね。

少し冷めた石窯を追い焚きして温度を上げて、今度はピッツア。
生地のレシピは、10月12日の石窯初体験の時と同じです。
菜園のピーマンとアンチョビのピッツア
FB_IMG_1540180955144
ゴルゴンゾーラチーズのピッツア
KIMG3577
菜園のミニトマトとバジルとチーズを包んで、マルガリータ風カルツオーネ
1540164602
KIMG3578
今日も先ず先ずの出来で、美味しく頂きました。

レンコ鯛の塩釜
石窯の温度が低くなっていて、長時間加熱したため、塩が魚の身に廻り過ぎて塩っ辛くなってしまい、失敗。
次回は上手く作りましょう。
KIMG3582
この他にも色々と料理があったのですが、何時ものように取り忘れ多数でした。

腹ごなしの為に、紫水ファームの傍の小貝川の土手を散歩
KIMG3579
取手市は車で少し行けばこんな所があります。
KIMG3580
藤代のリバーサイドパークの「何時もの河原」が対岸に望めます。
KIMG3581

日も暮れて、宴会がまだまだ続きます。
KIMG3587
野外暖炉で焚き火を始めて、火を囲んで夜遅くまで四方山話。
大量の楓の薪を燃やし切りました。
KIMG3588
KIMG3589