野菜とこの時期の千葉のある名産を手に入れるために、また、半年に一度(は許している)のコレステロール祭りへ行くことにしました。

九十九里ファーム たまご屋さんコッコ」には開店後間もない09:07に到着。
日曜日で結構なお客さんが来ています。
KIMG2637
卵かけご飯(360円)を注文、我が家で満席となりました。
9月1日から新米とのアナウンス、嬉しいですね。
KIMG2646
さて、何時も通りにたまごかけご飯を頂きます。
「卵、ご飯(多古米)、味噌汁、もみ海苔、鰹節」はお代わり自由、かけ醤油4種、鶏そぼろと卵焼き、漬け物で、360円という太っ腹、は相変わらずです。
卵を一個づつ割って、掛け醤油を垂らしで、卵の周囲だけをザクっと掻き混ぜて食べる、を繰り返します。
卵が美味しいのは当然ですが、ご飯も千葉で一番の呼び声の高い銘柄米の「多古米」、追い打ちがけのような卵焼きも甘めで好み、鶏そぼろはアクセントと仕上げの一杯に欠かせません、と360円とは思えないクオリティの高さです。
(この文章毎回同じで、コピーペーストの遣い回しですな
KIMG2638
KIMG2639
KIMG2640
最後の〆の一個はそぼろに山盛りの鰹節と海苔で頂きます。
KIMG2641
KIMG2642
あ~、美味しかった。
前回の書置きの「次回は丼1杯、卵4個に収めましょう」は守ることが出来ました。

・2015年以前に1回?
・2015年 3月14日:丼1杯、卵4個
・2015年 9月19日:丼1.5杯、卵4個
・2016年 4月  7日:丼1.5杯、卵4個
・2016年 12月28日:丼1杯、卵4個
・2018年 5月 3日:丼1.5杯、卵5個
・2018年 9月 3日:丼1杯、卵4個
もっと沢山訪れているように思っていましたが今日で7回目なんですね。

さてこんなお知らせが、今の価格がよくぞこれでできるというレベルですので、致し方ありませんね。
今後ともこのクオリティを何時までも守り続けて頂きたいものです。
KIMG2643
ご馳走様でした。

次は「道の駅くりもと 紅小町の郷」へ。
この時期、案山子コンテストを開催しています。
KIMG2655
ざっと見た感じ。ちびまる子ちゃんの花輪君が一番かな?
KIMG2647
KIMG2656
道の駅を訪ねた目的は落花生狩り、秋の楽しみで最近は毎年通っています。
10株(1株120円×10)を抜いて、地下の落花生をもぎ取ります。
KIMG2651
今年は例年通りの出来だそうです。
KIMG2652
KIMG2653
結構な量がとれました。
帰って量ると2.2kg、生の落花生を買うのと比較すると、2~3倍程度お得ですね。
KIMG2654

帰り掛け印旛郡栄町の「ピッパラの樹」でパンを購入
KIMG2659
KIMG2660
フランス食パンと甘栗ライ麦パン、テラスで少し齧りましたが、麦の香りと味が強く、もっちりずっしりした食べ応え、これは美味しいですね。
KIMG2661

帰宅して落花生を水洗いして、塩茹でにします。
[画像:7a98890a-s.jpg]
落花生の茹で方
①分量
落花生300g
水360mL
塩大さじ1.5杯
②茹で
圧力釜で蒸気が上がってから、強火8分、弱火6分、直ちに蒸気を抜いて、笊で塩水から放す。

本日の夕食、ハンバーグ、鰤のカルパッチョとやま掛け、落花生のポタージュ(冷製)、G7のCarmenere。
KIMG2663
落花生のポタージュ(クックパッドのレシピのアレンジ)は簡単で美味しく、これは定番になりそうです。
①薄皮を剥いた塩茹で落花生100g、玉葱半分、水240mLで弱火で30分程度煮込み、火を消す前にコンソメキューブを一粒溶かす
②鍋ごと流水でよく冷やし、ミキサーで粉砕
③牛乳を適宜加え、必要に応じて塩を追加
④冷蔵庫で充分に冷やす
⑤カップに注ぎ胡椒を振る
ご馳走様でした。