幌延駅(05:00)⇒天塩大橋(05:20)⇒Down the teshio 151第4日目⇒天塩カヌーポート(14:00)⇒道の駅ピンネシリ(15:15)

北への旅第16日目(6月26日)
Down the teshio 151の第4日目(最終日)です。
一晩ご厄介になった幌延駅の駐車場から天塩大橋に移動して、出廷場所にプレアデス号をデポして、スタート。

KIMG0136

雲の切れ間から青空が覗く陽気で、心配された強い吹き上げの風も吹くことは無く、快適にパドリング。

KIMG0138
KIMG0139
前方に鹿が3頭泳いでいたので近づくと、岸に上がって走っていきました。
パドリング途中で鹿が泳いでいるのを見たのは、朱鞠内湖、四万十川、ここで3回目ですね。
KIMG0142
KIMG0145
思いの外上陸して休憩できるポイントがありました。
KIMG0148
KIMG0150
もぐもぐタイム
KIMG0153
もぐもぐタイムその2
KIMG0156
KIMG0155
猛禽類が獲物を突いているので、なかなか逃げません。
KIMG0162

河口近くの砂浜に上陸
KIMG0165
ある物を採りました。
KIMG0164
砂丘を越えて
KIMG0166
日本海へ
KIMG0169
日本海越しに利尻富士、感無量です。
KIMG0177
対岸の終点の天塩カヌーポートに到着。
KIMG0181
暫くすると利尻富士も綺麗な姿を見せてくれました。
KIMG0182
今日の漕行軌跡
1530027338740
1530027353913
Down the teshio 151の完漕です。
6月19日、20日、25日、26日の4日間、途中悪天とはぼろ甘えびまつりで中断したのは少し残念ですが、とても充実した川下りでした。
名寄大橋から天塩川河口まで151km、カヤックを始めた時、日本最長の天塩川川下りが一つの夢でしたが、漸くその夢が叶いました。
<川下り雑感>
・流れは全く無い。
・区間の橋は一つで川から見える人工物は風量発電機くらい。
・上陸して休める場所が結構ある。
・途中出会った生き物、水鳥小数、泳いでいた鹿、岸辺をうろつくキタキツネ、獲物を突く猛禽類。
・原野越しに利尻富士も見える。
・雲間に青空が覗く好天、吹き上げの風もそよ風程度で思いの外快適なパドリング。
・終点のカヌーポートとレストハウスの設備が素晴らしい。

天塩川河川公園のレストハウス、回送のための天塩バスターミナルの発車時間まで、ここでゆっくりと休みました。
KIMG0184
立派な施設です。
KIMG0185
KIMG0186
前回のダウン・ザ・テッシ-オ-ペッ スペシャル2011の写真が。
KIMG0187
相方がバスに乗って出発点の天塩大橋に戻り、プレアデス号を回収して帰ってきて、回送完了です。
KIMG0188

一時間強走って、今日のP泊地の道の駅ピンネシリへ。
昨年も近くのバンガローに滞在していた兵庫のNさんを訪ねて、訪れています。
ここの名物のノンホモのなかとん牛乳、たまたま販売日だったの手に入れました。
KIMG0192
北海道はジンギスカンを始め、味付け肉が沢山あって、夕食の定番となっていますが、どれを食べたか?、どれが美味しかったか?、といった情報が残っていません。
そこでこんな感じで記録を残すことに。
製品名:焼き肉ホルモン マルチョウ 塩ダレにんにく味
メーカー:㈱佐々木畜産
5段階評価:☆☆☆
コメント:普通に美味しい。少し塩分高め。
KIMG0193
本日の夕食、帆立バター、ホルモン、若芽と山芋の酢の物と北海道らしい食材です。
KIMG0195
フライパンにクッキングシートを引いてバターと帆立貝、美味しいですね。
バターと帆立貝の旨味たっぷりのスープにクラッカーを浸して一滴残らずに。
フライパンも汚れず、良い食べ方です。
KIMG0197

ご馳走様でした。