上牧のパーキング(06:00)⇒ならまた湖(06:50~13:30)⇒自宅(19:30)

快晴、国境稜線(谷川岳、万太郎山)が白く聳えています。
DSC_9941
07:35頃にならまた湖に到着。
入湖管理や出艇場所の整備を行っている「オートキャンパーズならまた」のゲートが開く08:00までに、ワイルドカード号を組み立てと朝食を済ませました。
駐車場料兼環境保全料の500円を支払い、入湖届けを出して出艇。
DSC_9942
DSC_9943
エントリーポイントは段々のコンクリート、広々とした芝生で、最高ですね。
DSC_9944
オートキャンパーズならまたのパドリングマップ、見所とその由来(別紙)が纏まっていて便利です。
昨年秋と同様に時計周りで行きます。
Screenshot_20180513-082509

エスケープから 幽倉沢・板目沢と巡って行きます。
DSC_9945
殆ど無風ですが、僅かに漣が立っています。
DSC_9947
エスケープ辺り
DSC_9950
右手に残雪の尾瀬の至仏山(左)と笠ヶ岳
DSC_9955
DSC_9957
幽玄沢の入江に入って見事な鏡面、鏡面の中心に向かって漕いでいると空中に浮遊しているような感覚にとらわれて、眩暈が起きそうです。
これらの写真、上下を逆さまにしても全く判りません。
DSC_9958
DSC_9959
DSC_9962
DSC_9963
DSC_9965
石楠花
DSC_9966
DSC_9967
DSC_9969
ジャイアントロック
DSC_9970
幽玄沢、形の良い滝が落ちています。
DSC_9976
板目沢の流れ込み
DSC_9979
また鏡面が続きます。
DSC_9983
DSC_9985
DSC_9986
本流に戻って小石沢、大石沢へ
DSC_9987
DSC_9988
DSC_9992
小石沢の流れ込み
DSC_9994
DSC_9996
乗ったままの休憩
DSC_9997
少し風が吹いてきました。
DSC_9998
大石沢の流れ込み、ちょっとしたスノーブリッジがありました。
DSC_0003

DSC_0004
満水時の右岸(上流から下流へ見て)唯一の桶小屋沢手前の上陸ポイントで休憩。
DSC_0009
ヤシオツツジみたいです。
DSC_0010
本流の流れに入ると目が覚めるようなエメラルドグリーンになりました。
DSC_0016
美しい川を登って落ち込みへ。
DSC_0017
DSC_0014
こんどは左岸を小楢俣沢の入江方面へ。
小楢俣沢のジャングルクルーズ
DSC_0022
木立の中を漕ぎ進み、流れ込みへ。
DSC_0023
DSC_0025
名も無い沢の幻の滝、満水時でないとここまで辿り付けないそうです。
秋の時は流木が詰まっていていました。
DSC_0033
DSC_0028
エントリーポイントに戻ってきました。
DSC_0038
DSC_0039

ほとんどの入り江を巡って、湖の形通りの軌跡になりました。
1526045164812
久々の15kmのロングパドリング、実質的な漕行時間は3時間、平均漕行速度は4.6kmと先ず先ずです。
1526045170287

パドリング定番のカップ麺。
DSC_0042
結構なパドリングだったので、高カロリー&高塩分のカップ麺にしました。
DSC_0043
DSC_0044

満水、晴天、無風、鮮やかな新緑、雪の残る山々の遠望、パーフェクトなパドリングでした。

ならまた湖を後にして、一路帰宅の途。
6時間程走って、帰宅。

今回走行距離:532km、8.6km/L

悪天のため奥利根湖左俣コースを断念、奥利根水源の森キャンプ場には辿り着けずと残念なこともありましたが、なかなか良い旅でした。