茨城県かすみがうら市の歩埼の「帆引き船フェスタ2018」へ。
実は数年前に行ったことがあり、霞ヶ浦を操業中の帆引き船を観る遊覧船や地引網体験等のアトラクションがあって、なかなか楽しくてまた行こうと思っていたのですが、機会がありませんでした。
当初は5月3日の予定だったのが、悪天で今日(5月4日)に延期になっています。

自宅から48kmで、10時前には会場の駐車場に着きました。
DSC_9774
霞ヶ浦湖畔を会場へ。
五月晴れ、気温は24℃くらいで、そよ風が吹いて、絶好の行楽日和です。
DSC_9775
フェスタ開場
DSC_9776
屋台が沢山
DSC_9780
小振りの白魚丼の振る舞いがありました。
DSC_9778
ちいさなカップのご飯の上に立派な白魚干しがたっぷり、なかなか太っ腹です。
DSC_9777
うーん、とても美味しい、白魚干しをお土産に買って帰りましょう。
DSC_9779
カヤック試乗のアトラクション(100円/1人)があったので、参加しました。
1人用のシットオンのリジット艇です。
DSC_9782
私は沢山あった一般的なリジット艇でした。
1525505805992
小貝川でキャンピングカー倶楽部の方のリジット艇を借りたことがあるので、2回目ですね。
結構直進性が高く、また速くて、なかなか快適です。
1525505811746

1525505820644
相方のは、ちょっと短い艇で、真っ直ぐ漕ぐのが少し難しいみたいです。
DSC_9783
爽やかな風を受けて、気持ちの良いパドリング、色々なカヤックに乗るのもまた楽しいですね。
DSC_9784
会場に戻ると、陸上で帆引き船の帆を張っていました。
DSC_9791
そよ風を受けて、綺麗に帆が広がっています。
DSC_9792
色々なアトラクションも
DSC_9796
お昼(お弁当)に追加の食材、鯉の竜田揚げ(300円、写真奥)を購入。
DSC_9795
会場の木陰に、先日買ったフォールディングテーブルとイスを組み立て。
DSC_9786
お弁当(総菜とお稲荷さん)と鯉の竜田揚げとノンアルコールビール。
DSC_9790
最高のランチテラス、少しばかり運動?したので、とても美味しく頂きました。
DSC_9787
霞ヶ浦フィッシュ&チップス?
もしかしたらと思って聞くと、フィッシュの正体は「キャットフィッシュ」、前々から食べてみたかったので、お昼を食べたばかりというのに、ハハハ・・・。
DSC_9793
チップス(蓮根)の下に大振りキャットフィッシュの唐揚げが沢山。
キャットフィッシュは、むっちり弾力のある綺麗な白身で素直な旨味、評判通りの美味しさです。
DSC_9794

白魚干しが会場で売っていなかったので、近くの「道の駅たまつくり」へ行ってみることに。
この道の駅もお気に入りで、此方方面に来た時には必ず寄って霞ヶ浦の水産物や野菜を買って帰ります。
今日は白魚干し(300円)と鯉のあら(200円)を購入。
DSC_9797

帰り掛けに「霞ヶ浦総合公園」に寄って散歩。
DSC_9798
この公園のシンボルの風車、水辺に立つ姿が風景に合っていますね。
DSC_9805
DSC_9799
DSC_9802
DSC_9801
左の青い花は遠くからですが、5月初旬で水辺で背があまり高くないで、杜若ですね。
右手の黄色い花の水草は「アサザ」でした。
DSC_9804
蓮畑、30種以上が例年6月中旬から下旬に見頃となります。
DSC_9806
DSC_9807
前回来た時には工事中だったプール、出来上がって、子供用のじゃぶじゃぶ池が解放されていました。
DSC_9809
初夏を思わせる青空です。
DSC_9808

帰宅して夕食の準備、大きな鯉一匹のあらで鯉こくを。
DSC_9810
水と酒で洗ったあらを、沸騰した湯で湯通しの下拵え。
DSC_9811
湯通ししたあらを水から弱火でゆっくり焚き上げ、沸騰したら味噌を溶いて砂糖で少し甘みを加え、葱を散らして出来上がり。

絹さやと豚肉の炒め物、韮ともやしのナムル、鯉の洗い、エシャロット、白魚干し、おぼろ豆腐。
DSC_9813
鯉こく、この方法で作ると、鯉の旨味がよく出て、身はふっくら、美味しいです。
勿論、この方法は魚全般のあら汁、潮汁、煮物にも適応できます。
DSC_9814
ご馳走様でした。

以下、オマケです。
前回というか初めてこのフェスタに行ったのは何時か?が気になって調べてみました。
blogを書き始める前なので、2013年か2012年ではないかとNETで検索すると、ある方のblogの「帆引き船フェスタ2013」に行きつきました。
その中のある一枚の写真(お断り無しに借用、お許しをIMG_6806.JPG
地引網に入った獲物を見ている人々の中に、なんと!、帽子を被って青いジャンパーを着た私が写っていました。
こんなこともあるのですね。
因みに、獲物は鯉と鮒で、持ち帰ってくださいという呼びかけに誰も手を上げませんでしたが、私は一匹頂いて〆て、近くのコンビニで氷を買って車載の保冷バックに入れて持ち帰り、洗い、鯉こく、甘辛煮にして美味しく頂きました。
ということで前回は2013年5月4日(or5日)でした。