波崎漁港(09:00)⇒自宅(12:00)

朝、私は少し寝坊しました。
DSC_8861
小さなセイゴ(鱸の子供)とクロメバル、Mさんの釣果です。
DSC_8862
残念ながら、最後まで魚の活性が低いままでした。
DSC_8863

後片付けして9時に解散。
貧果に終わりましが、楽しい釣行となりました。
Mさん、何から何までお世話になりまして、有難うございました。
Mさんまたご一緒させてください、宜しくお願い致します。

途中、「直売所しもふさ」によって、ある食材を調達して帰りました。
DSC_8865

帰宅して、ゆっくりと休んでから、釣果を捌きます。
ホシザメ、マコガレイ、セイゴ、クロメバルを頂いてしまいました。
立派なホシザメ、鮃釣りの外道で良く掛かり、何度か食べましたが、そこそこ美味しいかった記憶があります。
DSC_8866
綺麗な白身です。
DSC_8867
DSC_8869
小さなマコガレイは5枚下ろし。
DSC_8873
ある食材は「モクズガニ」です。
DSC_8868
DSC_8871
カニミソと身を取り出すのに、1時間半程掛かってしまいました

DSC_8875
手のひらサイズの姿造り、小さい魚なので食感は少し柔らかめなのですが、それでも先ず先ず美味しいです。
DSC_8874
ホシザメの刺身、味が薄いというか旨味が無くて、イマイチでした。
DSC_8876
煮付けも同様、季節?、場所?、個体差?なんでしょうかね。
DSC_8879
モクズガニの♂、味噌はねっとり濃厚、身も旨味が強く美味しい。
[画像:414a1731-s.jpg]
モクズガニ♀、内子を沢山持っていて食べ応えがありますが、味そのものは♂に軍配が上がりますね。
ご飯に山盛り盛って、醤油を少し回し掛け、蟹飯風に、とても贅沢な食べ方。
[画像:5d0a7c12-s.jpg]
ご馳走様でした。