道の駅美瑛「丘のくら」(08:40)⇒道の駅あさひかわ(09:50)

朝早く、美瑛の「北西の丘展望公園」まで行っていってみました。
十勝岳連峰が見えるかもと期待したのですが、青空ですが雲が掛かって見えませんでした。
冬の北海道一番の絶景の呼び声が高いのですが、残念。
DSC_7249
DSC_7250
DSC_7248

今日の朝食、作り置きの鱈の煮付けを食べきって、何時もの塩鮭と切り干し大根と定山渓温泉で作った温泉卵。
DSC_7254
美味しいです。
DSC_7255

旭川の道の駅あさひかわに到着。
DSC_7256

解氷ウォッシャー液が無くなったので、近くのDCMホーマックで購入してカセットトイレの洗浄液を調整、と言っても水道水で1:1に希釈するだけですが。
DSC_7257

道の駅あさひかわに到着して、今日のお昼は内食の天婦羅そば。
DSC_7258
やはり、冬は暖かい麺類が一番ですね。
ご馳走様でした。

北の冬旅の北海道のお祭り第4で「第59回旭川冬まつり」へ。
JR旭川駅から続く氷彫刻世界大会の展示場。
DSC_7261
なかなかの大作ばかり、ライトアップもあるようで夜が楽しみです。
DSC_7263
DSC_7264
DSC_7265
途中、休憩とおやつ。
DSC_7268
鎧塚シェフのシューショコラアーモンドを二人で一つ、えらい!!
DSC_7267
とても美味しゅうございました。

常盤公園のメイン会場へ。
DSC_7269
DSC_7270
大雪像のステージ、ブルゾンちえみwithBのステージを見ました(撮影不可で写真無し)。
凄い人です。
DSC_7272
DSC_7274
旭川美術館でアートクイズQギャラリーという展示があって、入館。
DSC_7276
作品毎にQとAがあってなかなか面白く、1時間楽しんで暖かいところでゆっくりと休憩しました。
DSC_7275

さてこの旅の3回目の外飲みで「馬場ホルモン」へ。
旭川しおホルモンの発祥の店と謂われる創業60余年の店です。
DSC_7277
開店の16:30に訪れましたが、既に結構なお客さんが既に焼いて飲んでいました
DSC_7278
DSC_7284
ここの凄いところは、メニューの表示が一切なく(その理由は後で判ります)、席に案内後先ず飲み物を聞かれます。
サッポロクラシックを注文。
ところで席は細く、2名だと対面で座ることに、珍しいですね。
DSC_7279
何も言わなくても、ホルモンがサーブ。
実は料理は、ホルモン一品のみ、後は飲み物だけです。
注文しなくて、無条件で2人前のホルモンと付け合わせの玉葱が出てきます。
DSC_7280
七輪で焼いて、頂きます。
とても良い塩梅の塩味、ガツ、シロ、レバー、チレ、シロ、テッポウ・・・、とても美味しい。
旨味が強いのですがさっぱりとして、幾らでも飽きることなく食べれます。
因みに、付けダレもありません。
DSC_7281
ハイボールを頼むと角ハイボールの缶で。
DSC_7283
お替りのホルモン一人前。
DSC_7282
いやー、美味しく頂きました。
お勘定は2,600円、旭川に住んでる人が羨ましくなりました。
ご馳走様でした。
今回の外飲みホルモンシリーズ3部作はこれにて終了!?です。

ライトアップの会場を行きます。
DSC_7285
DSC_7286
DSC_7287
DSC_7288

一軒目が余りにもサクッと飲んで食べてしまった?のでもう一軒行くことに。
新子焼で有名な焼き鳥の名店「ぎんねこ」へ。
何とも渋い外観、シチュエーションがお見事!!。
店内はもっと見事、やはりここも細長いテーブルで対面座り(我が家は上がりでしたが)。
DSC_7293
美味しいお酒、記憶が怪しい。
DSC_7289
焼き鳥盛り合わせ、美味しい。
DSC_7291
DSC_7290
名物の新子焼き、鶏半身で胸をタレで、腿を塩で焼いてますが、焼き上がりを一旦お客さんに見せて、その後食べやすいようにカットするというサービスです。
鶏半身マニアとして是非食べたかった一品、タレ焼きと塩焼きが楽しめて、とても満足しました。
流石に全部食べ切れず、お持ち帰り。
DSC_7292
ご馳走様でした。

再びライトアップの会場を行きます。
DSC_7300
DSC_7301
DSC_7302
DSC_7307

駅近くの古風な銭湯の金栄津湯で本日の入浴。
街中に泊まる時、こんな銭湯も楽しみの一つです。
DSC_7310
ゆっくり温まって、帰宅しました。

本日走行距離:30km、累計走行距離:1,685km