10月31日に以下のような調査を始めて、今日は②で下館から水海道まで自転車で小貝川沿いに下ってきました。
<10月31日の投稿の再掲>
「もう一つ11月中旬から下旬に小貝川の川下りを計画していて、その調査を始めました。
小貝川は、2015年5月25日:小貝川リバーサイドパーク⇒豊田堰・利根川合流点(約10km)2016年11月22日:福岡堰下⇒小貝川リバーサイドパーク(約20km)、で30km程川下りをしました。
福岡堰から更に上流、筑西市の小貝川と五行川の分岐辺りからの川下りも可能そうで、かねがね調査したいと思っていました。
記録は殆どないので、自分で調べるしかありません。
先ずは道路地図のコピーを貼り合わせて、川地図の元を作って、①航空写真を見て瀬、堰や並び石等の障害の有無を確認、②現地調査で確認(自動車と自転車で)の調査を行うといった手順です。
①はYahoo MAPやGoogle MAPを使います。」

小貝川の傍を走っている関東鉄道で下館まで輪行(自転車を畳んで車内に持ち込み移動すること)して、下館から小貝川の土手道(サイクリングロード)を走って①で調査して気になっている所を偵察していく、こんな感じです。
自宅の最寄りの駅の寺原駅まで相方に送って貰い、下館行きの電車を待ちます。
DSC_4753
下館まで22駅、1時間20分ほどかかります。
因みに電車賃は1,440円、う〜ん結構高いですね。
DSC_4754
DSC_4755
筑波山を横に観て。
DSC_4756
水海道以降は単線になって、駅で電車の待ち合わせを行います。
DSC_4759
下館に到着、下車してアルブレイズH号を組み立てて、10:00小貝川の養蚕橋(県道14号線)に向かいます。
DSC_4760
小貝川支流の五行川を渡ります。
この辺りは水は澄んで、もう少し経って11月の下旬になると遡上する鮭が見えるそうです。
DSC_4763
上から覗くと大きな魚が・・・・、丸々太った鯉でした。
DSC_4762
小貝川の養蚕橋に到着して、少し下流の大きな堰(①)を偵察。
航空写真ではっきりと堰として見えました。
DSC_4772
DSC_4773
この辺りでエントリーしたいと思っていて、下流1kmぐらいまで探したのですが、適当なエントリーポイントが見つからず、堰下の左岸の河原(②)をエントリーポイント候補とすることにしました。
DSC_4774
堰横の広場でカヤックを組み立てて此処まで運ぶことになりますね。
DSC_4777
車の駐車は一つ下流の新しい「筑西大橋」の左岸上流の土手道の空きスペースに停められそうです。

筑西大橋下の水処理センター辺りの瀬(③)、右岸のブロックに寄らないように注意。
DSC_4779

石田保育園当たりの堰(石組み?)の残骸(④)、中央のみ漕行可能で要注意。
DSC_4780
DSC_4781
DSC_4782

嘉田生埼小学校辺りの瀬(⑤)、中央から左岸より瀬を漕行。
DSC_4784

この辺りから観る筑波山が一番かな。
DSC_4786

黒子橋上流の大谷川合流点の複雑な分流(⑥)、最初の分流を左へ、次の分流を右へが良さそうです。
DSC_4787
DSC_4788
DSC_4789

仲郷辺りの堰(杭?)の残骸(⑦)、右岸注意、左岸寄りを漕行。
DSC_4792

筑波山の形が少しづつ変わっていきます。
⑦下の中州(⑧)、休憩に良さそうです。
DSC_4793

穏やかな流れが続きます。
DSC_4795
小貝川ふれあい公園辺り、川の周りの樹林帯がとても綺麗です。
DSC_4796
DSC_4798
DSC_4799

13時を過ぎてお腹が空きました。
下妻のラーメンの有名店の「ドラゴンラーメン」へ。
DSC_4802
炙りチャーシュー醤油ラーメン(1,050円)、良く運動しているので、まあ良いでしょう。
スープは油分が高めですがさっぱり端麗、麺は中太のもちっとしたストレート麺、なかなか美味しいです。
DSC_4800
DSC_4801
ご馳走様でした。

再びサイクリングロードに戻って、走ります。
小貝川ふれあい公園の堰(杭?)の残骸(⑨)、右岸よりの杭の途切れたところを漕行。
DSC_4803
DSC_4804

筑波山の形が更に変わっていきます。
DSC_4807

遠くから見ると堤防より低そうな橋が見えてきました。
沈下橋でしょうか?
福岡堰から上流には沈下橋は無いときいていましたが・・・。
DSC_4809
橋の上面が堤防トップから2m前後低いです。
堤防より低いところにある橋は沈下橋であるという条件で、言えば、沈下橋となりますね。
DSC_4810
福雷橋」(⑩)とあります。
なかなか風情がありますね。
DSC_4811
なかなか良い感じです。
DSC_4814
DSC_4816

新福雷橋したの堰(杭?)の残骸(⑪)、中央を漕行。
DSC_4818

杭が目立つようになってきました。
何の目的なんでしょうかね?
DSC_4819

福岡堰が見えてきました。
DSC_4821
広大な福岡堰の上流の貯水池
DSC_4823
福岡堰上流、川幅が広く、水深が浅そうでカヤックが座礁しそうです。
カヤックを降りて引くこともあるかもしれないですね。
DSC_4826
堰を閉じると満水となる櫻並木の水路。
DSC_4827
カヌーポートも水面の遥か上です。
DSC_4828
福岡堰の下の水文近くの公園のカヌーポート、今回の川下りコースの上陸点です。
DSC_4830

水海道駅まで走って、相方にピックアップして貰って帰宅しました。

[画像:97cc7ebe-s.jpg]
[画像:a8d253aa-s.jpg]

今回調査して、小貝川が養蚕橋下から福岡堰までファルトボートで下れそうで、上流部の小さな瀬や分流する流れがあったり、中流域は美しい深い林の中を、またゆったりと、ま流れたりと、結構面白そうなことが判りました。

1日目養蚕橋~福岡堰(30km強)福岡堰泊、2日目福岡堰から利根川合流点(30km弱)の川旅を計画しようと思っています。

本日走行距離:52.2km
累計走行距離:4,240km
久々の50km超え、平たんな道でほとんど無風ではありましたが、良く走りました。