私が住んでいる辺りは、四国八十八箇所の「写し」あるいは「移し」と謂われるミニチュア版が数多くあります。
江戸から明治・大正にかけて、四国八十八箇所を巡礼した人が各札所の砂や石を持ち帰り、在所の寺院等(共同墓所や神社にも)に八十八のお堂を立てて納め、在所の人々が巡礼することが盛んに行われたとのことです。
当時四国八十八箇所を巡礼できるのはごくかぎられた人で、庶民はその代わりに信仰とリクレーションを兼ねて在所の「写し」を巡ったのですね。
さて、近隣の四国八十八箇所の写しは、第1弾(2012年7月):「 新四国相馬霊場八十八箇所」、第2弾(2013年7月):「印西大師」、第3弾(2013年10月):「 東葛印旛大師霊場八十八ヶ所東葛印旛大師霊場八十八箇所」、 第4弾(2014年7月):「 吉橋組大師講八十八箇所」、第5弾(2014年11月):「新四国大沢井霊場」、第6段階(2014年12月):「利根運河大師」、第7弾(2015年5月):「江戸川八十八箇所」、第8弾(2015年9月):「佐倉八十八箇所」、第9弾(2016年7):「谷原大師」と巡り、殆ど種が尽きてしまいました。
此からは、キャンピングカーで遠方の「写し」に出掛けて巡ろうか等と考えていたのですが、その前にもう一度「新四国相馬八十八箇所」を巡ってみることにしました。
ところで、本家の「四国八十八箇所」の札所は1番から88番まで番号順に設置されて巡って行けるのですが、「写し」は半径数kmから10kmぐらいの半径に札所がランダムに設置されています。
順番通りに巡れば相当な距離となる効果を狙っているようです。
今までは、ある範囲毎に番号は無視をして近い順に札所を巡っていたのですが、今回は番号順に巡ることとしました。
番号順に巡ることを「順打ち」と謂うそうです。
今回の巡礼の条件・決め事を纏めました。
①番号順に巡る
②全て自宅から自転車で巡る
③1日の走行距離は20~30km程度に納める
④昼食は行ったことのない店で摂る

「新四国相馬霊場八十八箇所」の概要を「新四国相馬霊場八十八箇所を巡る会」のホームページから。
[画像:3be0eafc-s.jpg]
八十八箇所の全体地図
①常総線「稲戸井駅」周辺(取手市の戸頭、稻戸井)、②稲地区と「寺原駅」付近(取手市の稲、寺原)、③「取手駅」周辺と吉田地区、④小文間地区(取手市小文間)、⑤布施弁天から宝蔵寺(我孫子の布施、久寺家)、⑥「天王台駅」の周辺(我孫子市の我孫子駅と天王台駅と東我孫子駅、湖北駅周辺)、⑦湖北駅から布佐駅まで(中峠・日秀・布佐)に亘っています。
[画像:407c484f-s.jpg]
①常総線「稲戸井駅」周辺
[画像:7ebd19a5-s.jpg]
②稲地区と「寺原駅」付近
[画像:6187b423-s.jpg]
③「取手駅」周辺と吉田地区
[画像:390a982b-s.jpg]
④小文間地区
[画像:0929491a-s.jpg]
⑤布施弁天から宝蔵寺
[画像:6fb86d93-s.jpg]
⑥「天王台駅」の周辺
[画像:ad960437-s.jpg]
⑦湖北駅から布佐駅まで
[画像:06cfefc4-s.jpg]

アルブレイズK&H号、これで全て家から巡ります。
[画像:c86495ac-s.jpg]
2011年に購入して、走行距離は4,000kmを超えて、少しガタがきていますがもう少しなんとかなるでしょう。
1番から8番までは取手駅周辺で固まっていますが、それ以降は各地域に散在していて、1日で数箇所が精一杯となります。
試しに88箇所を順番に巡るシミュレーションをしてみると、22日で総走行距離概算は550kmとなりました。
前回は11日かかり、総走行距離は200kmくらいだったので、今回は倍以上ですね。

新四国相馬霊場八十八箇所の順打ちの巡礼を始めます。
同行二人 南無大師遍照金剛

利根川の土手の遊歩道を取手駅方面へ。
DSC_4687
DSC_4688

第1番の取手の名刹の長禅寺へ。
DSC_4690
茨城百景の一つです。
DSC_4691
DSC_4692
相馬霊場総本地の木札、此処は1番、5番、88番の3番の札所となっています。
3回訪れる必要があるということですね。
DSC_4693
第1番 長禅寺霊山堂(取手市取手
写し寺:徳島県竺和山霊山寺
ご詠歌:霊山の釈迦の御前にめぐりきて よろずの罪も消え失せにけり
DSC_4694
DSC_4695

第2番の念仏院へ。
DSC_4696
DSC_4697
第2番 念仏院大師堂(取手市台宿)
移し寺:徳島県日照山極楽寺
ご詠歌:極楽の弥陀の浄土へ行きたくば 南無阿弥陀仏口ぐせにせよ 
オーソドックスな大師堂ですが、なかなか立派です。
DSC_4698

第3番の八坂神社へ。
DSC_4699
DSC_4700
DSC_4701
第3番 八坂神社大師堂(取手市台宿、西照寺址(廃寺))
移し寺:徳島県亀光山金泉寺
御詠歌:極楽のたからの池を思えただ 黄金の泉すみたたえたる  
DSC_4702

第4番 台宿の不動院の大師堂(取手市台宿)
写し寺:徳島県黒嶽山(こくがくさん)大日寺
ご詠歌:眺むれば月白砂の夜半なれや ただ黒谷に墨染めの袖
[写真撮影失敗、別途取り直して掲載予定⇒12/6のその2で再訪して撮影]
DSC_5298

再び竜禅寺へ。
第5番 竜禅寺大師堂(取手市取手)
移し寺:徳島県無尽山地蔵寺
ご詠歌:六道の能化の地蔵大菩薩 みちびき給えこの世のちの世
DSC_4703

第6番の台宿の薬師堂へ
DSC_4704
第6番 台宿の薬師堂の大師堂(取手市台宿)
移し寺:徳島県温泉山安楽寺
ご詠歌:かりの世に知行争うむやくなり 安楽国の守護をのぞめよ
DSC_4705

第7番の安楽寺大へ。
DSC_4706
第7番 安楽寺大師堂(取手市吉田)
移し寺:徳島県光明山十楽寺
ご詠:人間の八苦を早く離れなば 到らん方は九品十楽
DSC_4707

第8番の井野の城山観音へ。
DSC_4708
DSC_4709
第8番 井野の城山観音の大師堂(取手市井野)
移し寺:徳島県普明山熊谷寺(くまだにじ)
ご詠歌:薪とり水くま谷の寺に来て 難行するも後の世のため
DSC_4710

本日は此処まででした。
第1番から第8番までの走行軌跡。
[画像:9bd48c7c-s.jpg]
本日走行距離:13.8km
相馬霊場累計走行距離:13.8km
累計走行距離:4,188km
番数で謂えば1/11、距離数で謂えば1/40、先は長いです。

低温調理のローストポークの2回目。
①豚肉(350g)を室温に戻して、たっぷりの胡椒と塩を塗して、真空パック。
DSC_4714
ヨーグルトメーカーで62℃/4時間の設定。
DSC_4715
牛乳パックに真空パックの肉を入れて、70℃のお湯を入れては捨ててで62℃にして、ヨーグルトメーカーにセット。
DSC_4716
4時間恒温して終了。
DSC_4717
良い出来上がりです。
DSC_4718
とても美味しい。
次は牛肉や鶏肉などをやってみましょう。